FC2ブログ
KMC Schedule
13th KMCIT 併催レガシー
6月30日(Sun)
受付:13:30
開始:14:00
参加費:1000円
フォーマット:Legacy
定員:50名
会場:港区民センター
最寄り駅:JR環状線「弁天町」駅より徒歩約5分

[[今後の予定を更に見る]]


関西レガシーカレンダー(間違っていても責任は負いません。)
111th KMC Final Movie

【コラム】1枚で相手を完封しよう!

みなさん、こんにちは。haniwappoです。

巷では大人気コラムニストchun氏の暗黒面に堕ちた版といわれております。
今回はKMCの影の立役者H氏より「書けやゴルァ」と脅かされた依頼されたので、デュエルコマンダー(以下DC)の
記事を書かせていただきます。



早速ですが、皆さん、相手のデッキをたった1枚で完封できるカードがあれば使いたいと思いませんか?
デュアルランドで溢れ返ったレガシー環境に《基本に帰れ》(通称:BtB)を置くことに生きがいにしませんでしたか?
後者に同意いただける方は私と仲良しになれそうです。

しかし、DCでは多様性を潰してしまうカード《基本に帰れ》《冬の宝珠》
序盤の展開で差がつきすぎてしまうカード《Mana Drain》《太陽の指輪》は禁止されております。

なぜなら1対1の対戦であるため、対処出来ないとゲームが一方的になるからです。
統率者戦(EDH)は多人数戦のため、序盤の展開で出遅れても蚊帳の外になるだけで精々生殺しがいいとこです。
交渉次第では手助けを得られるかもしれません。(*倒したら1パック貰える環境を除きます)


前述の通り「対処されなかったら勝ち」カードの禁止が多いですが、DC環境で使えるカードの中には
まだまだ特定のデッキを完封出来るカードは存在します。
そこで今回は、相手のデッキを如何に完封するか、以下の4つの観点で書いていきたいと思います。
少しでも構築の役に立つことが出来れば幸いです。


①.ジェネラル否定
②.マナクリーチャー(以下、マナクリ)否定
③.アーティファクト否定
④.墓地否定

Border_4.jpg



①.ジェネラル否定

《最後のトロール、スラーン》などジェネラルに極端に依存するデッキは数多く存在します。
そう言ったデッキに効果的なのがジェネラルをプレイさせないカードです。
《翻弄する魔道士》《虚空石のガーゴイル》《金輪際》がそれにあたります。
序盤にこれらを展開してしまえば、後は守るだけで完封です。

金輪際_メッダー_ガーゴイル

中でも《翻弄する魔道士》は色的にも相手のハンドを確認し易く、殴れ、
ジェネラルに依存しないデッキ相手にも腐る事は少ないのでオススメです。
起動型能力が脅威なジェネラルが周囲に多いのであれば、《真髄の針》や《ファイレクシアの破棄者》も良いですね。

針_リボカー

②.マナクリ否定

先日《自然の秩序》が禁止されてしまいましたが、DCはまだまだ緑が強い環境です。
その1つとして、マナクリにより序盤を固められることが挙げられます。
そのマナクリを潰す事が出来れば序盤でマウント取れること間違いなしです。
《電謀》や《紅蓮地獄》でも良いですが一時的にしか過ぎません。
《呪われたトーテム像》《静寂の守り手、リンヴァーラ》で永久に縛りましょう。

PECangel.jpg

《静寂の守り手リンヴァーラ》は少し重いですが、サイズも十分で対戦相手しか影響が出ませんのでオススメです。
自分のデッキはアーティファクトを中心にマナ加速を行う構成にすることで、相手だけを貶めることが可能になります。
これらのカードはアーティファクトと相性の良い青白系には入れやすそうです。


③.アーティファクト否定

「②.マナクリ否定」とは逆のパターンです。
これまで対緑の観点ばかりでしたが、自分が緑を中心に構築する場合どうしたら相手を完封できるでしょうか。
緑を使わない相手はマナ加速をどうしてもアーティファクトに頼ることが多いです。
そのマナ加速を潰してやりましょう。

Power9がひしめいているVintageでは御用達、《無のロッド》、《石のような静寂》です。

Nullstone.jpg

しかし、①、②で挙げたカードと違って腐りやすいのと、DC最強カードの一角《梅澤の十手》を使用出来なくなってしまうデメリットがあります。
それでも統率者戦ですら強力でしたので試してみる価値はあります。
逆にこれらのカードを意識し、各種アーティファクトランドはシナジーが無ければ極力採用しない事をオススメします。


④.墓地否定

4つ目は墓地です。
Legacyでは「取り敢えず墓地対策はサイドに4枚」と言われる事が多いように、DCでも立派なリソースの一つです。
《再活性》等のリアニメイト系呪文はコストが軽いため、序盤に強力なクリーチャーが出てきてしまいます。
出てしまってからの対処ではどうしようもないことが多いですので、どうにかして出させない様にしましょう。

幸いマジックの歴史の中でも墓地対策と呼ばれるカードは多々ありますので、対策もし易いです。
しかし《トーモッドの墓所》や《外科的摘出》など「墓地対策しかしません!」と言うカードは
対戦相手によっては腐り易いのであまりオススメしません。

墓地対1


以下のように「単体でも十分機能するカード」「コンボの片割れ」の様なカードを選定するべきでしょう。


・《死儀礼のシャーマン》《漁る軟泥》
→ただ強い。

・《ボジューカの沼》
→土地で対策できるのが強みです。
《輪作》や《聖遺の騎士》があれば、インスタントタイミングでサーチも出来ますしね。

・《安らかなる眠り》《虚空の力線》
→《Helm of Obedience》とのコンボが有名です。



長々と書いてしまいましたが、今回挙げたカードを全部入れたからといって圧勝出来るわけではありません。
「殴り勝つデッキだからクリーチャーで対策しよう」や、「白が入っているから《悟りの教示者》でサーチし易いカードを入れよう」など、自分のデッキに合った対策をしましょう。


いつも特定のデッキに泣かされている皆さん、ぜひ今回挙げたカードを使用して完封しましょう!
※やりすぎてリアルな関係を壊すことだけはしないでくださいね!



haniwappo/記者ブログ
スポンサーサイト
タグ : haniwappo
カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

Blog

KMCITポイントレース

○ ポイントレースについて

SEED Hori Masataka

15 Harada Danpei
14 Fukudome Yuu
13 Kyogoku Kyosuke
12 Kagotani Naota
11 Doi Satsuki
11 Hamada Tomoki
11 Hiroi Naoto
11 Iwasaki Kouichi
11 Sakamoto Taiga
10 Mizuguchi Kiyoshi
10 Nishikawa Tatsuya
10 Nunotani Akira
10 Sekimoto Tatsuo
10 Tanaka Mikito
10 Yamaguchi Takuya
10 Yamanaka Kousuke
10 Yamano Nobuteru
10 Yamada Mitsuhiro
【更に見る】

コミュニティ戦ランキング

36 人間失格
30 黄鶏屋Ama's
27 (地上波初)LA・LA・LA・LANDS
26 Dread of Knights
24 Striker Niwa
24 MIKITO
23 地獄の沙汰も俺ら次第
21 ガバニキの会
20 Team Cabagames
20 ワッショイ!ゴミクズ
19 ポアスル
14 Mana Capsule HTT
6 Mana Capsule Wii
5 Mana Capsule NGN

TOP8DeckList

MOVIE

コラム

○ Eternal Party2017 カバレージNew!
○ MMM Finals 2017参加レポートNew!
○ 関西のエターナル事情(レガシー&モダン)New!
○ EternalParty2017の事前予約迫る!!賞品も決定!!

【過去の記事を読む】

WPN主催店舗について

KMCが運営するイベントは、一部の例外を除き、BIGMAGICなんば店にて主催されております。

twitter

リンク

コラムニスト一覧
検索フォーム
最新コメント
カウンター
管理用

Appendix