KMC Schedule
127th KMC
7月5日(Sun)
受付:13:30
開始:14:00
参加費:1000円
フォーマット:Legacy
定員:100名
会場:福島区民センター
最寄り駅:地下鉄千日前線「野田阪神駅」徒歩7分

[[今後の予定を更に見る]]

関西レガシーカレンダー(間違っていても責任は負いません。)
第126回KMC決勝戦動画

ANTはもう無理なのか?

初めまして。
関東でANT(Ad Nauseam Tendrils/Ad Storm)や、TES(The Epic Storm)を好んで使っているアッツーというものです。
今回は猫山先輩より『ANTの現状教えてーな』とのことで記事を書かせていただくこととなりました。



ANTとは・・・

《むかつき》や《炎の中の過去》によってストームを貯めて《苦悶の触手》にて相手のライフをドレインして勝つデッキです。
レガシーの中でも一時期はトップメタを張っていたデッキであり、環境最強とまで謡われていましたが
最近では偶にTOP8に居る程度の結果しか出せておりません。
このコラムでは「何故ANTが勝てないのか?」という事について、原因と対策を考察してみようと思います。


まずは参考にレシピを上げておきます。


■Spells■Lands
4《暗黒の儀式/Dark Ritual》4《汚染された三角州/Polluted Delta》
4《陰謀団の儀式/Cabal Ritual》4《霧深い雨林/Misty Rainforest》
4《強迫/Duress》2《Underground Sea》
3《陰謀団式療法/Cabal Therapy》1《Volcanic Island》
4《渦まく知識/Brainstorm》1《Tropical Island》
4《思案/Ponder》2《島/Island》
2《定業/Preordain》1《沼/Swamp》
4《ギタクシア派の調査/Gitaxian Probe》
4《冥府の教示者/Infernal Tutor》■Sideboard
4《ライオンの瞳のダイアモンド/Lion's Eye Diamond》4《ザンティッドの大群/Xantid Swarm》
4《水蓮の花びら/Lotus Petal》3《蒸気の連鎖/Chain of Vapor》
1《むかつき/Ad Nauseam》3《突然の衰微/Abrupt Decay》
1《苦悶の触手/Tendrils of Agony》3《外科的摘出/Surgical Extraction》
1《Grim Tutor》2《虐殺/Massacre》
1《炎の中の過去/Past in Flames》


これは僕が今年の1月エンダルゲームスにてスイスラウンド5-0、シングルを勝ち抜きファイナルに残り準優勝した時のレシピです。
基本的にはSCGでErikRill、CarstenCotterが使っていたANTのコピーデッキですが、一部変更しています。

メインボードの変更点として、マナ基盤が元にしたレシピでは《Underground Sea》3枚、《島》1枚であったところを
《Underground Sea》を2枚、《島》を2枚に変更しています。

基本地形を増やした理由は、相手の特殊土地破壊を防ぎ、マナを安全に伸ばすことによって
《呪文貫き》や《目くらまし》といったマナ否定カウンター呪文を避けるためです。
このデッキでは基本的に黒マナは仕掛けるターンにさえあれば良い為、《Underground Sea》を減らしても問題が無いと判断しました。


また、サイドボードについても変更点があります。
このデッキのサイドボードは《神聖の力線》以外なら、何でも壊せる《突然の衰微》3枚と
コンボパーツにもなり《神聖の力線》をバウンスできる《蒸気の連鎖》2枚は確定枠と思っていいです。
しかし、残りの10枚は個人の好みやメタゲームによって変更できるのが大きな強みでもあります。

本来のレシピでの《花の絨毯》を取っていたスペースに《ザンディッドの大群》を採用しています。
マナを生み出すだけの《花の絨毯》とは違い、生き残った場合には、相手のカウンター呪文全てを無視することができます。
環境には《ザンディッドの大群》をカウンター出来るハードカウンター呪文が《Force of Will》くらいしか存在しない為
例え打消されたとしても仕事をしていると言えるでしょう。

また《ザンディッドの大群》は《陰謀団式療法》のフラッシュバックのコストにも出来るので、仮に相手が除去を持っていたとしても
優先権をパスしなければ除去されるタイミングが無いため、最低限の仕事をするのが魅力です。



逆に《花の絨毯》の魅力としては、エンチャントゆえに除去されづらく、発生させたマナで行動回数を増やせることが挙げられます。

このデッキを使っていると、キャントリップを連打してストームを稼ぎに行くパターンも存在し
行動回数を増やす事で相手のカウンターを上回る事、相手にカウンター呪文を打たせて友情ストームを成立させる事が出来ます。
また、こちらが《花の絨毯》を場に出すと、対戦相手は容易に《島》を持って来る事がデメリットになると考えるため
結果的に相手の行動も制限できる点が魅力と言えます。

またサイドボード後、大抵の相手は墓地対策を入れてくるので《陰謀団の儀式》がスレッショルドを達成できず
マナを思うように伸ばせないといった状況に陥ることがあるのですが、《花の絨毯》はその問題を解決してくれます。

しかし《破滅的な享楽》や《突然の衰微》が印刷され、以前よりも破壊され易くなったのも解雇の大きな原因です。
また場に残っても元々大量のマナを生み出せる構造のデッキなので
妨害にならない場合が多く相手にしてみればハードカウンター呪文を握っていれば脅威ではないといえます。


元にしたレシピの置物対策は《虐殺》、《Karakas》、《蒸気の連鎖》、《突然の衰微》を採用しています。
しかし、この僕のレシピではいくつか変更点があります。

《Karakas》は抜き、代わりに2枚目の《虐殺》、又は《仕組まれた爆薬》などを採用しています。
《Karakas》はスニークショーやリアニメイト相手には悪くないのですが、マーベリックやデスタンドタックスと言った相手には
《不毛の大地》の的でしかなく、かなり限定的な場面でしか効果を発揮しないので解雇しました。

《虐殺》は、ほとんどのヘイトベアーを一掃でき、更にはマナコストを支払う必要が無いゆえ
プレイしたターンにコンボ始動という事も可能にしてくれるため、非常に強力です。
単体除去のみでは、ヘイトベアーが2体並んだ場合、ANTは非常に動きにくいです。
又、除去手段を探しに行くドロースペルもヘイトベアーの影響によって制限されます。
ゆえに、現在は素引きできるように2枚採用していますが、《虐殺》では対策が出来ないヘイトベアーも存在します。



《ガドック・ティーグ》です。




《虐殺》は点数で見たマナコストが4なので《ガドック・ティーグ》がいるとプレイできません。
このためにメタゲームによってはいくつか除去手段を散らす必要性があります。主な候補としては《殺戮の契約》です。
《殺戮の契約》なら《ガドック・ティーグ》の影響を受けず、除去することが出来ます。

しかし、《死儀礼のシャーマン》には触れないので《見栄え損ない》や、バウンス呪文での代用といったアレンジ案も存在します。
例えば、かつてエルフがトップメタにいた際には《蔓延》、デス&タックスが流行っていた際には《仕組まれた爆薬》等を使っていました。

また今回のレシピでは5枚目の教示者である《Grim Tutor》を採用しています。サイドボードに《闇の腹心》を採用していません。
この2種のカードには必要性の有無をよく問われる事があり、別の折に回を分けて私の意見と不要論を例に挙げて展開して行こうと思います。


最近のメタゲームは主観ですが、ミラクル、チームアメリカ、スニークショーというのがTier.1だと思います。
それらにANTは有利とは言い切れないのが現状です。
次回以降では、それぞれのデッキについて具体的に何が原因で勝てないのか・・・
それらを相手にしたときの対策とプレイングについて、挙げていきます。


~続く~
スポンサーサイト



Blog

KMCITポイントレース

○ ポイントレースについて

SEED Hadara Danpei

8 Hori Masataka
7 Yamanaka Kousuke
6 Doi Satsuki
6 Ishii Takuya
6 Kanbara Hokuto
6 Sekimoto Tatsuo
6 Yamada Mituhiro
5 Hayashibara Kazuki
5 Naoya Kawakami
5 Kodaira Syouta
5 Naota Kagotani
5 Yanagisawa Yuta
【更に見る】

コミュニティ戦ランキング

18 コストオーバー
13 Dread of Knights
12 ちびマルイちゃん
12 MTG With プロゲーマー
12 コダイラが来る Second Season
10 どつきまわしたれ本舗
10 Traiad Primus
9 Stronger Kanbara
8 ヒゲと愉快な仲間たち
6 ヒロイン特撮研究所
6 ノーエムラさべ太郎

TOP8DeckList

MOVIE

コラム

○ Eternal Party2017 カバレージNew!
○ MMM Finals 2017参加レポートNew!
○ 関西のエターナル事情(レガシー&モダン)New!
○ EternalParty2017の事前予約迫る!!賞品も決定!!

【過去の記事を読む】

twitter

WPN主催店舗について

KMCが運営するイベントは、一部の例外を除き、BIGMAGICなんば店にて主催されております。
検索フォーム
最新コメント
カウンター
管理用

Appendix