KMC Schedule
127th KMC
7月5日(Sun)
受付:13:30
開始:14:00
参加費:1000円
フォーマット:Legacy
定員:100名
会場:福島区民センター
最寄り駅:地下鉄千日前線「野田阪神駅」徒歩7分

[[今後の予定を更に見る]]

関西レガシーカレンダー(間違っていても責任は負いません。)
第126回KMC決勝戦動画

第3回KMCIT動画

Punishing Jund vs Patriot

【MTG】第3回KMCIT5回戦Game:1



【MTG】第3回KMCIT5回戦Game:2



【MTG】第3回KMCIT5回戦Game:3




Merfolk vs UWb-StoneBlade

【MTG】第3回KMCIT SE Game:1



【MTG】第3回KMCIT SE Game:2



【MTG】第3回KMCIT SE Game:3




Patriot vs UWb-StoneBlade

【MTG】第3回KMCIT決勝戦Game:1



【MTG】第3回KMCIT決勝戦Game:2



【MTG】第3回KMCIT決勝戦Game:3


スポンサーサイト



カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

KMCIT Coverage

第3回KMCIT、決勝トーナメント第1回戦 タシロ コウイチ(パトリオット) vs セキモト タツオ(UWrミラクル)

激戦のスイスドロー5回戦が終了し、第三代KMCIT王者の称号を決める4人が出揃った。

予選1位:オモニシコウジロウ
予選2位:タシロコウイチ
予選3位:セキモトタツオ
予選4位:トクヤマコウタ

オモニシ コウジロウ(準優勝) タシロ コウイチ(優勝) セキモト タツオ(4位)トクヤマ コウタ(3位)

KMCはおろか、日本のレガシーの中でも一本名の通ったメンバーの集結である。





第3回KMCIT、決勝トーナメント第1回戦
タシロ コウイチ(パトリオット) vs セキモト タツオ(UWrミラクル) 〜Last Card〜

予選2位通過のタシロは、GP広島ベスト8経験を持つなど、レガシーのみならずオールラウンドで活躍する実力者。
予選最終戦では「苦手」と語るジャンドに逆転勝ちを収め、意気揚々と席に着く。

一方のセキモトは最終戦ID、第3位でトーナメント進出。
なんとこれまで3回のKMCITその全てでベスト4に進出、前回は見事に優勝まで収めている。
直近でもEnternalFestival2013で準優勝、後一歩で悔し涙にくれたが、関西の雄ここにありを見せ付けた。

そんな猛者二人の対決を前に、自然と観衆も周囲に集まり始める





■Game1

予選上位のタシロ、当然先手を選択し、初手を確認すると……じっと考え込む。

《秘密を掘り下げる者》
《石鍛冶の神秘家》
《石鍛冶の神秘家》
《Force of Will》
《Force of Will》
《Volcanic Island》
《不毛の大地》

「ちょっと考えます」と宣言し、目の前にある7枚に集中するタシロ。

対戦相手のセキモトがミラクルであることはわかっている。初手の《秘密を掘り下げる者》は願っても止まないクリーチャーだ。
一方で仮に白を引き込めなかった時に《石鍛冶の神秘家》の扱い。
決して早いわけではないとは言え、《相殺》《師範の占い独楽》を駆使する相手のデッキはどこまで此方に猶予を与えてくれるのか。



そしてタシロは最終的にこれを受け入れる。
当然《秘密を掘り下げる者》からスタートするタシロ。予測どおり飛んできたセキモトの《剣を鍬に》を《Force of Will》。

タシロのアップキープ、トップのカードは公開されない。
だが、メインフェイズにそのカードは力強く打ち付けられる。《Tundra》


《秘密を掘り下げる者》の変身と白の引き込み、何れかの道を通せると読んだタシロ。
見事に《石鍛冶の神秘家》をキャスト。《殴打頭蓋》を調達する。

石鍛冶の神秘家 殴打頭蓋

この石鍛冶にはセキモトから2枚目の《剣を鍬に》が当てられるが、タシロにも2枚目の《石鍛冶の神秘家》が控えている。
そして流石に3枚目の《剣を鍬に》は無いセキモト。

《殴打頭蓋》《梅澤の十手》とあるタシロを前にして《渦まく知識》で回答を探すセキモト。一息ついて、ひとまずターンエンド。

《思案》を公開して《秘密を掘り下げる者》が知識の深遠に辿り着くと、今度はタシロ自らが《思案》。
見えた3枚は《Tundra》《剣を鍬に》《秘密を掘り下げる者》

《秘密を掘り下げる者》を追加していくのか、とも思われたが、小考の後この3枚の受け入れを拒否。
新鮮なトップからもたらされたのは《真の名の宿敵》。


true-name nemesis


引き寄せるものが実に強い。




《渦まく知識》と《師範の占い独楽》で手札を整えるセキモト。まずは《議会の採決》。

議会の採決

タシロが手札の《梅澤の十手》を《石鍛冶の神秘家》の力で場に送り込むと、緊急議会が開催される。

セキモト党の提唱する《石鍛冶の神秘家》の罪状が満場一致で採決され、これが場から取り除かれる。
議会の決定はさしものタシロ党首も受け入れざるを得ない。

《昆虫の逸脱者》の対処法があるのか、《殴打頭蓋》への対抗策が無いのか、セキモトの手札に隠されるカードはいったい。

タシロは当然十手を《昆虫の逸脱者》に装備し攻撃。
そしてセキモトから示された対処法は《精神を刻む者、ジェイス》。一時的にとは言え戦場からクリーチャーがいなくなる。

しかしセキモトの思惑をよそに現れるのは、先にタシロを引き込んだ《真の名の宿敵》。
セキモトにとって直接此れを対策できるのは《終末》のみ。
それでも環境を支配する宿敵を対策できるのがミラクルというデッキの真骨頂。


さぁ・・・《終末》を準備しよう。まずはジェイスがライブラリートップを操作。《師範の占い独楽》を起動して掘り下げ・・・
……セキモトの手が止まる。やや残念そうに《溢れかえる岸辺》を起動。



ここでのシャッフルは大事と、軽く肩を回すタシロ。何気ない仕草だが、緊張感が伝わってくる。

セキモトは再び独楽にマナの力を込める……が、セキモトの次のアクションは《終末》のキャストではなく、デッキを静かに片付けることであった。

初手からの判断を読みきったタシロが、一気の寄りきりを決め先勝を収める。




■Game2

先手がセキモトに移ると、今度は両者共に即座にキープを宣言。これは良い戦いが期待できるか。

タシロの2ターン目《石鍛冶の神秘家》が両者のファーストスペル。
これを特に問題なく通したセキモトだが、タシロが《饗宴と飢餓の剣》をサーチするのを見て「緑黒剣?」とやや怪訝な表情。

それもそのはず、タシロの手札に既に揃う《殴打頭蓋》と《梅澤の十手》。

セキモトは《渦まく知識》で手札とライブラリーを整えると《相殺》をキャストする。これには「おー」と思わず声が出るタシロ。
手札の《呪文貫き》を合わせる事も出来たがじっくりと考えた後、《相殺》の着地を許可。
未だ見えぬ《師範の占い独楽》なり、後の脅威の《終末》などに照準を合わせたか。

タシロの《石鍛冶の神秘家》の力で《殴打頭蓋》が場に呼び込まれるものの、この装備品に巣くう細菌はセキモトが農場の肥料とし、戦場には落ち着いた空気が流れ続ける。
続くターンには《饗宴と飢餓の剣》を場に出るが、孤軍奮闘の《石鍛冶の神秘家》自体はセキモトが《瞬唱の魔道士》から《剣を鍬に》フラッシュバックで排除。装備品は許してもそれを使用する存在は絶対に許容しない。

セキモトの《精神を刻む者、ジェイス》こそは、タシロの《Force of Will》で退けられるものの、その隙に《師範の占い独楽》。
《相殺》+《師範の占い独楽》が揃ってしまい、マナも潤沢。一つまた一つとセキモトが世界を組み立てていく。

手札に《稲妻》が溜まるものの、クロッカーを引き込めないタシロ。やむなく《梅澤の十手》をキャストしていく。


これに考え込むセキモト。
ひとまず《相殺》誘発から《瞬唱の魔道士》で《渦まく知識》をフラッシュバック。手札の2マナを積み込むか・・・?

……積み込めない? やや長考するセキモト。

それでいて積み込んだカードもライブラリーに送り込みたくない模様。
フェッチランドを起動する事もなく、この《梅澤の十手》にはOKのサイン。

セキモトに2マナのスペルは無いのか?

セキモトの動きを見たタシロ、意を決するように《石鍛冶の神秘家》。
装備品そのものはもうライブラリーには恐らく無いであろうが、クリーチャー自体を着地させたくないセキモト。
《師範の占い独楽》を回し、フェッチランドを起動し、再度《師範の占い独楽》。
いつもの流れをスムーズにこなし、ここは2マナスペルを見つけたいところ。

セキモトの思いは通じ、無事《石鍛冶の神秘家》を見つける事で《相殺》を成立させる。

そうなると今度はセキモトの《石鍛冶の神秘家》のターン。《殴打頭蓋》を手にする事でゲーム展開はいよいよ終盤か。
この《殴打頭蓋》を暴れさせるわけにはいかないタシロ。
目の前の《相殺》《師範の占い独楽》を前にして、少し逡巡するも《稲妻》でお伺い。

セキモトは当然これを《相殺》……する事ができない。
《師範の占い独楽》をライブラリーに戻してまで《石鍛冶の神秘家》を守るものではないと、《稲妻》を受け入れていく。
まだまだ終盤は早かったか。



試合を観戦するギャラリーも黙り込み、お互いのキャストするスペルの声、「どうぞ」の言葉、筆者のタイプ音のみが響き渡る室内。
得も言われぬ緊張感が場を包み始める。


タシロは《稲妻》に続き《思案》。これをも受け入れたセキモト。
しかし《思案》から引っ張り込まれた《渋面の溶岩使い》はやむなく《師範の占い独楽》で《相殺》を行う。

セキモトは《師範の占い独楽》を手に入れてから当然此れを設置しようとするのだが、そこにはタシロの《Force of Will》。
セキモトを支え続けた1枚を失ってしまう結果に。しかしタシロもここで手放したのは《真の名の宿敵》。
痛みわけと言って良い結果か。


セキモトの《殴打頭蓋》、タシロの《殴打頭蓋》が手札と場を行ったり来たり。
隙を見つけてはお互いを殴り、両者のライフは11ターンを経過して共に21。
勝利の女神は未だどちらに微笑むか決めかねている。

《秘密を掘り下げる者》を引き込んだタシロ。これを《相殺》出来ないセキモト。
《師範の占い独楽》を失った影響がじわじわと現れてくる。このデルバーは続くターンに《紅蓮破》を公開。


少し前まで人間だった筈のものは、剣と十手を持つ5/4飛行という化け物に。
攻撃をしかけ、引き込んだ《紅蓮破》で、最後の障壁《相殺》割り込みに行く。

だがここでセキモトのライブラリートップも《紅蓮破》!!
《相殺》を守った上、《昆虫の逸脱者》の運命も定まったか。周囲からも思わず感嘆の声が上がる。

セキモトの《殴打頭蓋》にはタシロの《稲妻》連弾、タシロの《昆虫の逸脱者》にはセキモトの《紅蓮破》。
この試合幾度目かの静かな戦場へ。


タシロが《殴打頭蓋》を戻し、此れをキャスト。
合わせ鏡のようにセキモトも《殴打頭蓋》を手札に戻す。そしてキャスト、倒すのは5マナ、ではなく6マナ・・・


terminus_crop.jpg

しかしタシロもさるもの。
引き込んでいた《紅蓮破》を相殺に向けると、流石にこれをカウンターする事は適わず。
終に《相殺》+《師範の占い独楽》の呪縛を打ち破る。

今宵幾度繰り返されたのか《殴打頭蓋》の出し入れ。
タシロの細菌トークンには《剣を鍬に》が飛ぶ。セキモトのまだまだ負けてはいない。

タシロは《稲妻》を引き込み、これの打ち時を模索し始める。

そして、遂にタシロは待ちに待った《真の名の宿敵》を見つけるや否や即座にキャスト。
そしてこれにノータイムでトップを捲ってしまうセキモト。


だが場に《相殺》は既に無い。
ピーンと張り詰めた緊張感の中、セキモト程の男でもおかしてしまうミス。

セキモトには注意が与えられ、ジャッジの手によって強制的にライブラリーがシャッフル。
ここが試合の山、そう皆が思い始める。

タシロの《真の名の宿敵》は《梅澤の十手》と《饗宴と飢餓の剣》を両の手に持ち、緊急で《終末》が必要なセキモト。

自身のメインフェイズで《瞬唱の魔道士》。
《終末》ではなく《渦まく知識》を再利用したことで、手札の《終末》を積み込む、のかと思われた。

だが、次のセキモトの行動は《溢れかえる岸辺》起動。《終末》は、無い。



セキモト
「あの場面は、仮に墓地の《終末》を打っても、結局相手の《殴打頭蓋》との戦いが続くだけで、それまでの引き伸ばし繰り返しに過ぎません。相手に十手や剣がある以上不利なのはこちらなので、《渦まく知識》でとにかく掘り進み、直接解決策を探すしか道はありませんでした。ライブラリーにはまだ残ってましたし」




セキモトに残されたカードはあと2枚。《Force of Will》をドローしたタシロ。
《殴打頭蓋》も《真の名の宿敵》に装備させ、9/7絆魂・プロテクション(セキモト)の究極生物が完成。
当然攻撃が通り、タシロの土地もアンタップし、《Force of Will》の準備も万全。

セキモトに残されたカードはあと1枚。

フェッチランド後のまっさらなドロー。

セキモトはそのカードを見るや、それを場に伏せ、計算を始める。
そしてその計算が完了すると、「ドローフェーズ」にカードを公開した。

奇跡だ!!!
奇跡は奇跡でも《天使への願い》 X=6

sf191_039zcav4h5.jpg


タシロは1人慌てず騒がず、予定通りに《Force of Will》をキャスト。
対して公開されるセキモトのハンドに残された最後の一枚《赤霊破》が叩き付けられる。

一瞬愕然とした表情を見せるタシロ。
だが自身の手に残る最後のカードを改めて確認すると、すぐにいつものタシロに戻る。

この時点でライフは両者22。

タシロは《真の名の宿敵》で攻撃。《梅澤の十手》のカウンターを2つ(残1)使用すると、13点のライフと2つのカウンターを獲得する。


セキモト:9
タシロ:35



セキモトは《殴打頭蓋》を天使に纏わせ全軍に攻撃指令。


セキモト:17
タシロ:7



「エンド」



そのセキモトの言葉をさえぎる様にタシロから公開されたのは、タシロが目をやった一枚のカード



《稲妻》 to You。





セキモトは頭を垂れ「ありがとうございました」と敗北を認めるのであった。
その瞬間、何かから解き放たれたかのように場の空気が穏やかに戻る。


タシロWin!
第三回KMCIT決勝進出。




カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

第3回KMCIT、予選スイスラウンド第5回戦

トクヤマ コウタ(石鍛冶マーフォーク) vs サタケ ユキヒロ(パトリオット)
〜《真の名の宿敵/True-Name Nemesis》〜


DSC_0871.jpg サタケ


4回戦を終え上位二人(オモニシ・セキモト)は悠々のIDでシングル進出を決めた。
残りの2席は3位〜6位の4人から、3位vs4位の勝利者と5位vs6位の勝利者に与えられる。
ここでは正真正銘のバブルマッチ、5位トクヤマと6位サタケの一戦をお送りしたい。


■Game1

ダイスロールに勝利したサタケは、しかし手札を見て若干表情を曇らせる。
じっくりとプランを検討した後、やむなくと言った感じでマリガン。トクヤマは静かに、しかし力強く「やります」と一言。

相手の手札が強いと判断したのか、サタケはマリガン後の手札にもやや納得がいっていない感じだったが、これ以上遅れを取るわけにはいかないとゲームを開始することを了承する。



両者《島》をセットしてから、トクヤマが《Force of Will》をバックアップに《霊気の薬瓶》。
続くターンには《梅澤の十手》を設置していく。


サタケは自身3ターン目に《真の名の宿敵》。
それを見てトクヤマ、思わず「あー」と声が漏れるも、直ぐに気持ちを落ち着けて、薬瓶から《トリトンの岸忍び》。
自ターンにはこれに十手を持たせると、《アトランティスの王》を追加、まずは先制の一太刀を浴びせる。

しかしながら、《アトランティスの王》の加護にいるのは、トクヤマのマーフォーク軍団のみならず。
サタケの《真の名の宿敵》もまたマーフォーク。4点の反撃を行うと《稲妻》で王を打ち落とした。

アップキープに少し首を捻ったトクヤマ。
《霊気の薬瓶》の上に載せているダイスを暫し触った後、意を決したようにカウンターを3に。
手札から二人目の《アトランティスの王》をキャストすると、再び《トリトンの岸忍び》に攻撃指示。

トクヤマが《霊気の薬瓶》のカウンターを上げたのを受け、しばし考え込むサタケ。恐らく相手から出てくるのは《真の名の宿敵》。
とは言え、そこに対処する術があるわけでもない。
こちらも《梅澤の十手》を場に送り込み、《真の名の宿敵》に持たせて反撃を行う。そしてエンドを宣言

当然のように、トクヤマの旗下には《真の名の宿敵》。
《真の名の宿敵》+《梅澤の十手》合戦の泥仕合を呈し始める。

……かと思われたが

トクヤマのライブラリートップに潜むは、3枚目となる《アトランティスの王》。堪らず《梅澤の十手》の能力で第2の王は退けるも
第3の王の力を受けた《トリトンの岸忍び》と《真の名の宿敵》の攻撃を交わす術がないサタケ。
トクヤマが《梅澤の十手》の能力を起動すること三度。一気に12点のライフを失い残り4。

サタケは祈るようにライブラリートップを覗くも、そこに解決策はなし。
《霊気の薬瓶》のために、毎ターンのアクションが一つずつ多かったトクヤマが、《梅澤の十手》の力を使いきって押し切る形となった。


サイドボードに入るや否や、あっという間に作業を完了するトクヤマ。思わずサタケからは「早っ‼‼」という声が漏れる。
しかしながら、相手につられる事なく、最後の一枚までじっくりと吟味する姿にはどこか風格めいたものも感じられる。

 が、「入れたくないカードしかない……」思わず漏れるサタケの本音。



■Game2

少し首を傾けながら「行きます」というサタケに対し、即座にキープを宣言したトクヤマ。Game1の勢いはいまだ生きているか。

Game1よろしく《変わり谷》から《霊気の薬瓶》というスタートに対して、今再びの《呪文貫き》。
今度はトクヤマから《Force of Will》が飛んで来る事はなく、まずは一息のサタケ。

トクヤマの二の矢は《石鍛冶の神秘家》、これで《火と氷の剣》を手札に加えていく。
パトリオットであるサタケにとって癌となりかねないこの剣を対処すべく、サタケは《ヴェンディリオン三人衆》を向かわせる。

そこで公開されたトクヤマのハンドが

《アトランティスの王》
《石鍛冶の神秘家》
《ヴェンディリオン三人衆》
《火と氷の剣》
《変わり谷》
《魂の洞窟》

と言うもの。

剣を狙っても、《石鍛冶の神秘家》のおかわりがある。
若干出鼻を挫かれた感じのサタケではあるが、ここは《ヴェンディリオン三人衆》を抜くことに方針転換。
自身の手札を守る形を選択していく。ここでトクヤマにもたらされたのは《トリトンの岸忍び》。

そして次のターン、トップから引き込んだのは

《真の名の宿敵》!即座に《魂の洞窟》経由でこれが場に降り立つ。


魂の洞窟 

思わず笑みがこぼれるサタケ。
手札とマナ、そして相手の《真の名の宿敵》に順番に目をやりやや思考にもぐった後、《ヴェンディリオン三人衆》で攻撃をしかけるとターンを返す。

そしてトクヤマ、ここでの更なる《真の名の宿敵》ドロー!!

true-name nemesis

思わぬ福音を前に《火と氷の剣》を出すか、それとも追加の《真の名の宿敵》か・・・よりダメージ効率が高い方法を検討するトクヤマ。
最終的には、先のサタケの《ヴェンディリオン三人衆》で、自身の三人衆が底に送られたことから、

相手には剣に対抗する術がある」と判断。《石鍛冶の神秘家》と《真の名の宿敵》をレッドゾーンに送り込む。


この動きで、剣ではない新たな何かがあることを察するサタケ。
数秒後それが追加の《真の名の宿敵》である事が判明すると、流石に苦笑を禁じえない。

更なる次ターンにはトクヤマが《真珠三叉矛の達人》。マーフォークを信じたトクヤマにデッキも答えを返していく。

サタケは、《真珠三叉矛の達人》と、マーフォークの化身たる《変わり谷》こそは《稲妻》で落とすものの、肝心要の《真の名の宿敵》が止まらない。

サタケは《精神を刻む者、ジェイス》に全てを託し、ライブラリーを掘り進めるものの、さしもの神と言えど
相手が触れられぬ存在ではどうにもならず。目の前にいる3/1は正真正銘サタケの真の宿敵となったのであった。


トクヤマWin。KMCIT、決勝トーナメント進出!




カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

All Player Decks

Player Name:Fukudome Yuu9th
►Creature
4《帝国の徴募兵/Imperial Recruiter》
4《絵描きの召使い/Painter's Servant》
4《猿人の指導霊/Simian Spirit Guide》
2《月の大魔術師/Magus of the Moon》
1《ゴブリンの溶接工/Goblin Welder》
1《ファイレクシアの破棄者/Phyrexian Revoker》

►Spells
4《丸砥石/Grindstone》
4《血染めの月/Blood Moon》
3《稲妻/Lightning Bolt》
3《師範の占い独楽/Sensei's Divining Top》
3《紅蓮破/Pyroblast》
3《赤霊破/Red Elemental Blast》
2《罠の橋/Ensnaring Bridge》
2《水蓮の花びら/Lotus Petal》
1《特務魔道士ヤヤ・バラード/Jaya Ballard, Task Mage》

►Lands
10《山/Mountain》
4《古えの墳墓/Ancient Tomb》
4《裏切り者の都/City of Traitors》
1《大焼炉/Great Furnace》
Sideboard
3《アメジストのとげ/Thorn of Amethyst》
2《罠の橋/Ensnaring Bridge》
2《紅蓮地獄/Pyroclasm》
2《漸増爆弾/Ratchet Bomb》
1《ファイレクシアの破棄者/Phyrexian Revoker》
1《ゴブリンの溶接工/Goblin Welder》
1《躁の蛮人/Manic Vandal》
1《稲妻/Lightning Bolt》
1《紅蓮の達人チャンドラ/Chandra, Pyromaster》
1《紅蓮破/Pyroblast》



Player Name:Satake Yukihiro10th
►Creature
4《石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mystic》
3《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》
3《真の名の宿敵/True-Name Nemesis》
2《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》

►Spells

4《渦まく知識/Brainstorm》
4《稲妻/Lightning Bolt》
3《剣を鍬に/Swords to Plowshares》
3《Force of Will》
2《思案/Ponder》
2《議会の採決/Council's Judgment》
1《誤った指図/Misdirection》
1《マナ漏出/Mana Leak》
1《呪文貫き/Spell Pierce》
2《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》
1《復讐のアジャニ/Ajani Vengeant》
1《梅澤の十手/Umezawa's Jitte》
1《殴打頭蓋/Batterskull》

►Lands
3《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
3《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
1《乾燥台地/Arid Mesa》
3《不毛の大地/Wasteland》
3《Tundra》
2《Volcanic Island》
2《Plateau》
2《ミシュラの工廠/Mishra's Factory》
1《天界の列柱/Celestial Colonnade》
2《島/Island》
1《平地》
Sideboard
2《紅蓮破/Pyroblast》
2《安らかなる眠り/Rest in Peace》
1《外科的摘出/Surgical Extraction》
1《翻弄する魔道士/Meddling Mage》
1《二股の稲妻/Forked Bolt》
1《否認/Negate》
1《払拭/Dispel》
1《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》
1《真髄の針/Pithing Needle》
1《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》
1《火と氷の剣/Sword of Fire and Ice》
1《殴打頭蓋/Batterskull》
1《摩耗+損耗/Wear+Tear》



Player Name:Katayama Yuuki11th
►Creature
3《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》
2《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》

►Spells
4《剣を鍬に/Swords to Plowshares》
4《渦まく知識/Brainstorm》
1《思案/Ponder》
3《Force of Will》
2《対抗呪文/Counterspell》
2《呪文嵌め/Spell Snare》
1《誤った指図/Misdirection》
4《師範の占い独楽/Sensei's Divining Top》
3《相殺/Counterbalance》
3《終末/Terminus》
3《天使への願い/Entreat the Angels》
3《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》

►Lands
4《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
3《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
1《乾燥台地/Arid Mesa》
3《Tundra》
3《Volcanic Island》
4《島/Island》
2《平地》
1《秘教の門/Mystic Gate》
1《Karakas》
Sideboard
2《修復の天使/Restoration Angel》
2《摩耗+損耗/Wear+Tear》
2《安らかなる眠り/Rest in Peace》
1《外科的摘出/Surgical Extraction》
1《移し変え/Redirect》
1《狼狽の嵐/Flusterstorm》
1《紅蓮破/Pyroblast》
1《赤霊破/Red Elemental Blast》
1《天界の粛清/Celestial Purge》
1《至高の評決/Supreme Verdict》
1《真髄の針/Pithing Needle》
1《罠の橋/Ensnaring Bridge》



Player Name:Banba Taiki12th
►Spells
4《渦まく知識/Brainstorm》
4《思案/Ponder》
4《ギタクシア派の調査/Gitaxian Probe》
4《暗黒の儀式/Dark Ritual》
4《強迫/Duress》
4《師範の占い独楽/Sensei's Divining Top》
4《ライオンの瞳のダイアモンド/Lion's Eye Diamond》
3《水蓮の花びら/Lotus Petal》
3《沈黙/Silence》
3《燃え立つ願い/Burning Wish》
3《最後の審判/Doomsday》
1《汚物の雨/Rain of Filth》
1《蒸気の連鎖/Chain of Vapor》
1《留まらぬ発想/Ideas Unbound》

►Lands
4《汚染された三角州/Polluted Delta》
4《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
1《湿地の干潟/Marsh Flats》
2《Underground Sea》
1《Volcanic Island》
1《Scrubland》
1《Badlands》
1《Tundra》
1《島/Island》
1《沼/Swamp》
Sideboard
3《突然の衰微/Abrupt Decay》
2《虐殺/Massacre》
2《苦悶の触手/Tendrils of Agony》
1《巣穴からの総出/Empty the Warrens》
1《引き裂かれし永劫、エムラクール/Emrakul, the Aeons Torn》
1《冥府の契約/Infernal Contract》
1《時のらせん/Time Spiral》
1《陰謀団式療法/Cabal Therapy》
1《最後の審判/Doomsday》
1《殻船着の島/Shelldock Isle》
1《Tropical Island》



Player Name:Mizuguchi Kiyoshi13th
►Creature
4《ゴブリンの従僕/Goblin Lackey》
4《巣穴の煽動者/Warren Instigator》
4《ゴブリンの首謀者/Goblin Ringleader》
4《ゴブリンの酋長/Goblin Chieftain》
4《ゴブリンの女看守/Goblin Matron》
3《宝石の手の焼却者/Gempalm Incinerator》
2《棘鞭使い/Stingscourger》
1《タクタクの潰し屋/Tuktuk Scrapper》
1《ゴブリンの群衆追い/Goblin Piledriver》
1《猪牙のしもべ/Boartusk Liege》
1《群衆の親分、クレンコ/Krenko, Mob Boss》
1《包囲攻撃の司令官/Siege-Gang Commander》
1《鏡割りのキキジキ/Kiki-Jiki, Mirror Breaker》

►Spells
4《霊気の薬瓶/AEther Vial》
3《タール火/Tarfire》
1《紅蓮操作/Pyrokinesis》

►Lands
4《山/Mountain》
4《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire》
3《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》
4《不毛の大地/Wasteland》
4《魂の洞窟/Cavern of Souls》
2《Plateau》
Sideboard
4《安らかなる眠り/Rest in Peace》
2《摩耗+損耗/Wear+Tear》
2《エーテル宣誓会の法学者/Ethersworn Canonist》
2《アメジストのとげ/Thorn of Amethyst》
2《虚空の杯/Chalice of the Void》
1《ファイレクシアの破棄者/Phyrexian Revoker》
1《タクタクの潰し屋/Tuktuk Scrapper》
1《紅蓮操作/Pyrokinesis》



Player Name:Tanaka Mikito14th
►Creature
4《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets》
4《死儀礼のシャーマン/Deathrite Shaman》
3《聖トラフトの霊/Geist of Saint Traft》
3《真の名の宿敵/True-Name Nemesis》

►Spells
4《渦まく知識/Brainstorm》
3《思案/Ponder》
3《Force of Will》
3《目くらまし/Daze》
1《呪文貫き/Spell Pierce》
3《もみ消し/Stifle》
3《剣を鍬に/Swords to Plowshares》
2《未練ある魂/Lingering Souls》
2《盲信的迫害/Zealous Persecution》
1《ヴェールのリリアナ/Liliana of the Veil》
1《梅澤の十手/Umezawa's Jitte》

►Lands
3《汚染された三角州/Polluted Delta》
2《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
2《湿地の干潟/Marsh Flats》
1《霧深い雨林/Misty Rainforest》
3《Underground Sea》
2《Tundra》
1《Tropical Island》
1《Scrubland》
4《不毛の大地/Wasteland》
1《Karakas》
Sideboard
2《苦花/Bitterblossom》
2《真髄の針/Pithing Needle》
1《罠の橋/Ensnaring Bridge》
1《ファイレクシアの破棄者/Phyrexian Revoker》
1《Force of Will》
1《否認/Negate》
1《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》
1《浄化の印章/Seal of Cleansing》
1《解呪/Disenchant》
1《剣を鍬に/Swords to Plowshares》
1《議会の採決/Council's Judgment》
1《権威の行動/Act of Authority》
1《思考囲い/Thoughtseize》



Player Name:Kagotani Naota15th
►Creature
4《石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mystic》
3《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》
1《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》

►Spells
4《渦まく知識/Brainstorm》
4《剣を鍬に/Swords to Plowshares》
4《Force of Will》
1《呪文貫き/Spell Pierce》
1《対抗呪文/Counterspell》
3《思考囲い/Thoughtseize》
1《コジレックの審問/Inquisition of Kozilek》
1《思案/Ponder》
1《議会の採決/Council's Judgment》
3《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》
2《未練ある魂/Lingering Souls》
2《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》
1《梅澤の十手/Umezawa's Jitte》
1《殴打頭蓋/Batterskull》

►Lands
4《汚染された三角州/Polluted Delta》
4《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
1《湿地の干潟/Marsh Flats》
3《Tundra》
2《Underground Sea》
1《Scrubland》
2《島/Island》
1《平地》
1《沼/Swamp》
2《ミシュラの工廠/Mishra's Factory》
1《忍び寄るタール坑/Creeping Tar Pit》
1《Karakas》
Sideboard
2《安らかなる眠り/Rest in Peace》
1《外科的摘出/Surgical Extraction》
1《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》
1《真の名の宿敵/True-Name Nemesis》
1《呪文貫き/Spell Pierce》
1《否認/Negate》
1《狼狽の嵐/Flusterstorm》
1《流刑への道/Path to Exile》
1《解呪/Disenchant》
1《盲信的迫害/Zealous Persecution》
1《至高の評決/Supreme Verdict》
1《未練ある魂/Lingering Souls》
1《思考囲い/Thoughtseize》
1《饗宴と飢餓の剣/Sword of Feast and Famine》



Player Name:Niwa Hotaka16th
►Creature
3《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》
3《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》

►Spells
4《渦まく知識/Brainstorm》
4《蓄積した知識/Accumulated Knowledge》
4《稲妻/Lightning Bolt》
2《噴出の稲妻/Burst Lightning》
1《継承順位/Order of Succession》
3《呪文嵌め/Spell Snare》
2《Force of Will》
2《対抗呪文/Counterspell》
1《呪文貫き/Spell Pierce》
3《血染めの月/Blood Moon》
3《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》
2《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》

►Lands
4《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
4《霧深い雨林/Misty Rainforest》
4《ミシュラの工廠/Mishra's Factory》
4《Volcanic Island》
1《Tundra》
5《冠雪の島/Snow-Covered Island》
1《冠雪の山/Snow-Covered Mountain》
Sideboard
2《Force of Will》
2《紅蓮破/Pyroblast》
2《赤霊破/Red Elemental Blast》
2《摩耗+損耗/Wear+Tear》
2《真髄の針/Pithing Needle》
2《安らかなる眠り/Rest in Peace》
1《外科的摘出/Surgical Extraction》
1《火山の流弾/Volcanic Fallout》
1《紅蓮地獄/Pyroclasm》



Player Name:Taniguchi Hiroaki17th
►Creature
4《極楽鳥/Birds of Paradise》
3《貴族の教主/Noble Hierarch》
2《死儀礼のシャーマン/Deathrite Shaman》
2《オレスコスの王、ブリマーズ/Brimaz, King of Oreskos》
1《スラーグ牙/Thragtusk》
1《漁る軟泥/Scavenging Ooze》
1《復活の声/Voice of Resurgence》
1《前駆ミミック/Progenitor Mimic》
1《聖遺の騎士/Knight of the Reliquary》
1《クァーサルの群れ魔道士/Qasali Pridemage》
1《スクリブのレインジャー/Scryb Ranger》
1《トレストの密偵長、エドリック/Edric, Spymaster of Trest》
1《ガドック・ティーグ/Gaddock Teeg》
1《高原の狩りの達人/Huntmaster of the Fells》
1《世界を喰らう者、ポルクラノス/Polukranos, World Eater》
1《錯乱した隠遁者/Deranged Hermit》
1《彩色マンティコア/Chromanticore》

►Spells
4《緑の太陽の頂点/Green Sun's Zenith》
4《未練ある魂/Lingering Souls》
3《対立/Opposition》
3《突然の衰微/Abrupt Decay》
1《英雄の導師、アジャニ/Ajani, Mentor of Heroes》

►Lands
4《霧深い雨林/Misty Rainforest》
3《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
1《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
2《Savannah》
1《Tropical Island》
1《Taiga》
1《Bayou》
1《Tundra》
1《Scrubland》
1《黄塵地帯/Dust Bowl》
1《ドライアドの東屋/Dryad Arbor》
1《ガイアの揺籃の地/Gaea's Cradle》
1《ガヴォニーの居住区/Gavony Township》
1《島/Island》
1《森/Forest》
1《平地》
Sideboard
2《剣を鍬に/Swords to Plowshares》
2《石のような静寂/Stony Silence》
2《盲信的迫害/Zealous Persecution》
2《悟りの教示者/Enlightened Tutor》
1《安らかなる眠り/Rest in Peace》
1《拘留の宝球/Detention Sphere》
1《摩耗+損耗/Wear+Tear》
1《鷺群れのシガルダ/Sigarda, Host of Herons》
1《軍勢の集結/Assemble the Legion》
1《萎れ葉のしもべ/Wilt-Leaf Liege》
1《歓楽者ゼナゴス/Xenagos, the Reveler》



Player Name:Wakabayashi Taichi18th
►Creature
4《老練の探険者/Veteran Explorer》
4《死儀礼のシャーマン/Deathrite Shaman》
2《闇の腹心/Dark Confidant》
2《残忍なレッドキャップ/Murderous Redcap》
2《墓所のタイタン/Grave Titan》
1《ヴィリジアンのシャーマン/Viridian Shaman》
1《ヴィリジアンの密使/Viridian Emissary》
1《ゲラルフの伝書使/Geralf's Messenger》
1《ウッド・エルフ/Wood Elves》
1《花の壁/Wall of Blossoms》
1《ファイレクシアの抹消者/Phyrexian Obliterator》
1《錯乱した隠遁者/Deranged Hermit》
1《スラーグ牙/Thragtusk》
1《叫び大口/Shriekmaw》
1《囁く者、シェオルドレッド/Sheoldred, Whispering One》

►Spells
4《陰謀団式療法/Cabal Therapy》
3《出産の殻/Birthing Pod》
2《師範の占い独楽/Sensei's Divining Top》
2《破滅的な行為/Pernicious Deed》
2《突然の衰微/Abrupt Decay》
1《緑の太陽の頂点/Green Sun's Zenith》
1《繰り返す悪夢/Recurring Nightmare》

►Lands
4《汚染された三角州/Polluted Delta》
4《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》
4《Bayou》
1《ファイレクシアの塔/Phyrexian Tower》
1《黄塵地帯/Dust Bowl》
6《沼/Swamp》
1《森/Forest》

Sideboard
3《思考囲い/Thoughtseize》
1《強迫/Duress》
1《根絶/Extirpate》
1《外科的摘出/Surgical Extraction》
1《窒息/Choke》
1《自然の要求/Nature's Claim》
1《最後のトロール、スラーン/Thrun, the Last Troll》
1《酸のスライム/Acidic Slime》
1《ヴェールのリリアナ/Liliana of the Veil》
1《毒の濁流/Toxic Deluge》
1《突然の衰微/Abrupt Decay》
1《破滅的な行為/Pernicious Deed》
1《大渦の脈動/Maelstrom Pulse》


TOP4 Player Decks
TOP8 Player Decks

⇒トップページへ戻る

カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

KMCに参加しよう


by Seigo Nishikawa

 2014年6月8日(日)大阪は市民交流センターなにわにおいて、第3回KMCITが満を持して開催される。

 常日頃から研鑽し、調整を重ねたデッキを大々的にお披露目する時がやってきたのである。場と手札とまだ見ぬライブラリーを駆使して相手よりも一歩上に行こうとする頭脳と頭脳のぶつかり合い。

会場風景


 選ばれた選手が見せる知的遊戯は私たちを興奮の坩堝へと誘う。
 
 Magic:the Gatering20年の歴史に間違いなく一つの楔を打ち込んだKMCが……


……えっ、KMCITって何? ですか。

失礼。興奮しすぎて肝心なことをご説明するのを失念していました。


KMCIT

KMCITバナー


KMCITとは、KMCInvitatitonalの略。
Invitationalとは"招待者"の意。即ちKMCITとは、招待された選手のみが参加できるKMCのことです。


 「それ以前にKMCってなによ?」という声が聞こえてきそうですね。

 KMCとは、正式名称を"Known Magician's Clan"と呼ぶ、大阪を中心に毎月行われるレガシーの大会です。2011年12月に産声を上げてから早2年半、これまでに都合38回の開催を重ね、参加者は平均60名弱、2014年上半期だけでも正味142名の参加者を集める大会となりました。

主催者近影


 説明が前後してしまいましたが、この毎月行われているKMCにおいて優秀な成績を収めたプレイヤーを招待し最強位を決めてしまおう、というのがKMCITの目的です。

 招待なので参加費は勿論無料! それでいてしっかりとした賞品が準備され、果てはKMCIT優勝者の称号まで与えられるのです。

 此れを読んでいる貴方もそろそろKMCITに参加したくなってきたのではないですか?
 
 では続いて、KMCITに招待されるための方法をご説明いたしましょう。


KMCITの出場権を獲得しよう!

 KMCITに招待される選手はポイントで決定されます。シーズン(各年の上半期・下半期)のポイント獲得者上位16名に出場権が与えられるという按配です。


1.KMCに参加しよう。

 まずはKMCに参加しなければ話は始まりません。毎回の大会に参加すると、それだけで1ポイントを手に入れる事ができます。
 2014年上半期であれば、6回の個人戦と1回のチーム戦がありましたので、これに全て参加すればトータル7ポイントを獲得できる計算になりますね。

……7?

 今回のKMCITの16位条件は8ポイント。7じゃ足りないじゃないですか!?


2.参加したKMCで上位入賞しよう。

 KMCの各大会で上位8位までに入賞すると、参加ポイントの1ポイントに加え、順位に応じたポイントを追加で獲得することができます。

その内訳は
1位:4ポイント
2位:3ポイント
3位〜4位:2ポイント
5位〜8位:1ポイント

 優勝すれば一気に5ポイントです。KMCITへの参加資格はもう目の前にぶら下がっていますね。

今回の招待選手を見ても
第29回優勝:Wakabayashi Taichi(ポイントレース9位)
第30回優勝:Tashiro Kouichi(同2位)
第32回優勝:Mizuguchi Kiyoshi(同3位)
第33回優勝:Fukudome Yuu(同1位)
第34回優勝:Taniguchi Hiroaki(同3位)
第35回優勝:Tokuyama Kouta(同9位)

 と各大会の優勝者は全員権利を手中にしています(第31回は3人チーム戦なので掲載は割愛)。
 このことは裏を返せば、KMCITこそがまさに実力者が一同に集結する大会であるいう証左である、と言えるでしょう。

ワカバヤシ


 シーズンごとにポイントはリセットされますので、次回KMCは皆再び0ポイント、横一線のスタートとなります。段々とKMCITに参加している自分の姿が現実味を帯びてきたのではないですか。

 参加選手はよく言います。「KMCITは毎試合ボスラッシュだ」と。

 貴方もそこに肩を並べてはみませんか?


 KMCに毎回参加するのは大変? 確かに、日曜日と言えども開けるのは大変なことです。ですがそんな貴方にも、一発逆転のチャンスがありますよ。


3.KMC提携大会で権利を獲得しよう。

 どうしてもKMCとは予定があわせにくいという貴方も諦めるのは早計です。
 KMCITは、KMCでポイントを獲得する他に、KMCと提携している店舗大会の優勝者にも参加権利が与えられています。貴方がいつも贔屓にしているあのお店で、提携大会が開かれていないか、調べてみても遅くはありません。

 「○○店代表」……想像するだけで涎が出そうです。

注:第3回KMCITの提携大会は、BigMagicなんば店とカードショップ蒼猫亭で開催されました。
注:第4回KMCITの提携大会が、いつどの店舗で行われるかは、現時点では未定です。




 私たちは、是非とも貴方を第4回KMCITに招待したいと考えています。選ばれた選手と言う恍惚を味わって欲しいと思っています。
 そのためにはまず第一歩、KMCへの参加をお待ちしています。

さぁ目の前にあるデッキを持って、Let's KMC!



*次回大会情報
PTQ併催KMCすぺしゃる

6月21日(日)
受付:12:30~
参加費:1000円(ポイントレース除外)
会場:都島区民センター
最寄り駅:JR環状線「桜ノ宮」駅、「京橋」駅より徒歩約10分



⇒トップページへ戻る

カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

KMCIT_TOP8

Player Name:Kaneda Yoshiyuki5th
►Creature
4《死儀礼のシャーマン/Deathrite Shaman》
4《闇の腹心/Dark Confidant》
3《タルモゴイフ/Tarmogoyf》
3《血編み髪のエルフ/Bloodbraid Elf》
2《聖遺の騎士/Knight of the Reliquary》
1《漁る軟泥/Scavenging Ooze》

►Spells
3《稲妻/Lightning Bolt》
3《罰する火/Punishing Fire》
3《突然の衰微/Abrupt Decay》
3《思考囲い/Thoughtseize》
2《Hymn to Tourach》
1《コジレックの審問/Inquisition of Kozilek》
1《ゴルガリの魔除け/Golgari Charm》
1《森の知恵/Sylvan Library》
4《ヴェールのリリアナ/Liliana of the Veil》

►Lands
4《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》
2《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire》
1《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》
3《燃え柳の木立ち/Grove of the Burnwillows》
3《不毛の大地/Wasteland》
3《Badlands》
2《Bayou》
1《Scrubland》
1《Plateau》
1《Karakas》
1《森/Forest》
1《沼/Swamp》
Sideboard
2《赤霊破/Red Elemental Blast》
2《外科的摘出/Surgical Extraction》
2《仕組まれた疫病/Engineered Plague》
1《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》
1《聖遺の騎士/Knight of the Reliquary》
1《大渦の脈動/Maelstrom Pulse》
1《たい肥/Compost》
1《壌土からの生命/Life from the Loam》
1《クローサの掌握/Krosan Grip》
1《古えの遺恨/Ancient Grudge》
1《真髄の針/Pithing Needle》
1《墓掘りの檻/Grafdigger's Cage》



Player Name:Ideue Yuuki6th
►Creature
4《引き裂かれし永劫、エムラクール/Emrakul, the Aeons Torn》
4《グリセルブランド/Griselbrand》

►Spells
4《渦まく知識/Brainstorm》
4《思案/Ponder》
4《騙し討ち/Sneak Attack》
4《実物提示教育/Show and Tell》
4《Force of Will》
4《呪文貫き/Spell Pierce》
1《誤った指図/Misdirection》
4《水蓮の花びら/Lotus Petal》
2《師範の占い独楽/Sensei's Divining Top》
2《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》

►Lands
4《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
3《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
3《Volcanic Island》
3《古えの墳墓/Ancient Tomb》
2《裏切り者の都/City of Traitors》
3《島/Island》
1《山/Mountain》
Sideboard
3《血染めの月/Blood Moon》
3《紅蓮地獄/Pyroclasm》
2《墓掘りの檻/Grafdigger's Cage》
2《残響する真実/Echoing Truth》
2《紅蓮破/Pyroblast》
1《赤霊破/Red Elemental Blast》
1《狼狽の嵐/Flusterstorm》
1《古えの遺恨/Ancient Grudge》



Player Name:Adachi Ryosuke7th
►Spells
4《暗黒の儀式/Dark Ritual》
4《無垢の血/Innocent Blood》
4《思考囲い/Thoughtseize》
2《Hymn to Tourach》
4《Sinkhole》
4《小悪疫/Smallpox》
4《ヴェールのリリアナ/Liliana of the Veil》
2《Nether Void》
1《呪われた巻物/Cursed Scroll》
1《ファイレクシアのトーテム像/Phyrexian Totem》
1《世界のるつぼ/Crucible of Worlds》
1《女王への懇願/Beseech the Queen》
1《The Abyss》

►Lands
10《沼/Swamp》
4《ヨーグモスの墳墓、アーボーグ/Urborg, Tomb of Yawgmoth》
4《ミシュラの工廠/Mishra's Factory》
4《不毛の大地/Wasteland》
1《The Tabernacle at Pendrell Vale》
1《陰謀団のピット/Cabal Pit》
1《産卵池/Spawning Pool》
1《Maze of Ith》
1《リシャーダの港/Rishadan Port》
Sideboard
3《苦花/Bitterblossom》
2《仕組まれた疫病/Engineered Plague》
2《墓掘りの檻/Grafdigger's Cage》
2《罠の橋/Ensnaring Bridge》
2《真髄の針/Pithing Needle》
1《煙突/Smokestack》
1《根絶/Extirpate》
1《外科的摘出/Surgical Extraction》
1《毒の濁流/Toxic Deluge》



Player Name:Kawasaki Keita8th
►Creature
4《死儀礼のシャーマン/Deathrite Shaman》
4《闇の腹心/Dark Confidant》
4《タルモゴイフ/Tarmogoyf》

►Spells
4《思考囲い/Thoughtseize》
2《コジレックの審問/Inquisition of Kozilek》
4《突然の衰微/Abrupt Decay》
3《稲妻/Lightning Bolt》
3《罰する火/Punishing Fire》
2《森の知恵/Sylvan Library》
1《梅澤の十手/Umezawa's Jitte》
4《ヴェールのリリアナ/Liliana of the Veil》
1《情け知らずのガラク/Garruk Relentless》

►Lands
4《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》
4《湿地の干潟/Marsh Flats》
4《燃え柳の木立ち/Grove of the Burnwillows》
4《不毛の大地/Wasteland》
3《Badlands》
2《Bayou》
1《樹上の村/Treetop Village》
1《沼/Swamp》
1《森/Forest》
Sideboard
3《外科的摘出/Surgical Extraction》
3《紅蓮破/Pyroblast》
2《真髄の針/Pithing Needle》
1《毒の濁流/Toxic Deluge》
1《古えの遺恨/Ancient Grudge》
1《ゴルガリの魔除け/Golgari Charm》
1《大渦の脈動/Maelstrom Pulse》
1《壌土からの生命/Life from the Loam》
1《硫黄の精霊/Sulfur Elemental》
1《情け知らずのガラク/Garruk Relentless》


TOP4 Player Decks

All Player Decks

⇒トップページへ戻る

カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

KMCIT_TOP4


single.jpg




1st Place
タシロ コウイチ(優勝)
Player Name:Tashiro Kouichi
Deck Archetype : Patriot

►Creature
4《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets》
4《石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mystic》
2《真の名の宿敵/True-Name Nemesis》

►Spells
4《渦まく知識/Brainstorm》
4《思案/Ponder》
4《Force of Will》
4《目くらまし/Daze》
4《呪文貫き/Spell Pierce》
4《剣を鍬に/Swords to Plowshares》
4《稲妻/Lightning Bolt》
1《梅澤の十手/Umezawa's Jitte》
1《殴打頭蓋/Batterskull》

►Lands
4《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
4《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
1《乾燥台地/Arid Mesa》
4《不毛の大地/Wasteland》
4《Tundra》
3《Volcanic Island》

Sideboard
4《翻弄する魔道士/Meddling Mage》
3《紅蓮破/Pyroblast》
2《渋面の溶岩使い/Grim Lavamancer》
2《安らかなる眠り/Rest in Peace》
1《墓掘りの檻/Grafdigger's Cage》
1《真の名の宿敵/True-Name Nemesis》
1《議会の採決/Council's Judgment》
1《饗宴と飢餓の剣/Sword of Feast and Famine》


2nd Place
オモニシ コウジロウ(準優勝)
Player Name:Omonishi Koujiro
Deck Archetype : UWb StoneBlade

►Creature
4《石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mystic》
3《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》
1《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》

►Spells
4《渦まく知識/Brainstorm》
4《剣を鍬に/Swords to Plowshares》
4《Force of Will》
3《思考囲い/Thoughtseize》
1《コジレックの審問/Inquisition of Kozilek》
1《思案/Ponder》
1《議会の採決/Council's Judgment》
1《対抗呪文/Counterspell》
1《呪文貫き/Spell Pierce》
3《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》
2《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》
2《未練ある魂/Lingering Souls》
1《梅澤の十手/Umezawa's Jitte》
1《殴打頭蓋/Batterskull》

►Lands

4《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
3《汚染された三角州/Polluted Delta》
1《湿地の干潟/Marsh Flats》
3《Tundra》
2《Undreground Sea》
1《Scrubland》
2《島/Island》
2《平地》
1《沼/Swamp》
2《ミシュラの工廠/Mishra's Factory》
1《忍び寄るタール坑/Creeping Tar Pit》
1《Karakas》

Sideboard
2《エーテル宣誓会の法学者/Ethersworn Canonist》
2《安らかなる眠り/Rest in Peace》
1《外科的摘出/Surgical Extraction》
1《否認/Negate》
1《呪文貫き/Spell Pierce》
1《狼狽の嵐/Flusterstorm》
1《流刑への道/Path to Exile》
1《思考囲い/Thoughtseize》
1《議会の採決/Council's Judgment》
1《青霊破/Blue Elemental Blast》
1《未練ある魂/Lingering Souls》
1《饗宴と飢餓の剣/Sword of Feast and Famine》
1《真の名の宿敵/True-Name Nemesis》



3rd Place
セキモト タツオ(4位)
Player Name:Sekimoto Tatsuo
Deck Archetype : UWr Miracle

►Creature
4《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》
2《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》

►Spells
4《渦まく知識/Brainstorm》
4《Force of Will》
4《剣を鍬に/Swords to Plowshares》
3《天使への願い/Entreat the Angels》
3《終末/Terminus》
2《呪文貫き/Spell Pierce》
1《議会の採決/Council's Judgment》
3《相殺/Counterbalance》
4《師範の占い独楽/Sensei's Divining Top》
3《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》

►Lands
4《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
2《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
2《汚染された三角州/Polluted Delta》
3《Tundra》
3《Volcanic Island》
5《島/Island》
2《平地》
1《Karaks》

Sideboard
3《紅蓮破/Pyroblast》
3《安らかなる眠り/Rest in Peace》
3《石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mystic》
2《狼狽の嵐/Flusterstorm》
1《殴打頭蓋/Batterskull》
1《梅澤の十手/Umezawa's Jitte》
1《摩耗+損耗/Wear+Tear》
1《謙虚/Humility》


4th Place
トクヤマ コウタ(3位)
Player Name:Tokuyama Kouta
Deck Archetype : Merfolk

Creature
4《トリトンの岸忍び/Triton Shorestalker》
4《銀エラの達人/Silvergill Adept》
4《真珠三叉矛の達人/Master of the Pearl Trident》
4《真の名の宿敵/True-Name Nemesis》
4《石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mystic》
3《幻影の像/Phantasmal Image》
1《大クラゲ/Man-o'-War》

Spells
4《Force of Will》
4《霊気の薬瓶/AEther Vial》
2《梅澤の十手/Umezawa's Jitte》
1《火と氷の剣/Sword of Fire and Ice》
1《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》

Lands
4《汚染された三角州/Polluted Delta》
3《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
4《魂の洞窟/Cavern of Souls》
4《変わり谷/Mutavault》
4《島/Island》
2《Tundra》

Sideboard
3《青霊破/Blue Elemental Blast》
2《安らかなる眠り/Rest in Peace》
2《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》
2《迷宮の霊魂/Spirit of the Labyrinth》
2《墓掘りの檻/Grafdigger's Cage》
1《引き裂かれし永劫、エムラクール/Emrakul, the Aeons Torn》
1《鋼の妨害/Steel Sabotage》
1《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》
1《残響する真実/Echoing Truth》




集合写真






TOP8 Player Decks
All Player Decks

トップページへ戻る

カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

Blog

KMCITポイントレース

○ ポイントレースについて

SEED Hadara Danpei

8 Hori Masataka
7 Yamanaka Kousuke
6 Doi Satsuki
6 Ishii Takuya
6 Kanbara Hokuto
6 Sekimoto Tatsuo
6 Yamada Mituhiro
5 Hayashibara Kazuki
5 Naoya Kawakami
5 Kodaira Syouta
5 Naota Kagotani
5 Yanagisawa Yuta
【更に見る】

コミュニティ戦ランキング

18 コストオーバー
13 Dread of Knights
12 ちびマルイちゃん
12 MTG With プロゲーマー
12 コダイラが来る Second Season
10 どつきまわしたれ本舗
10 Traiad Primus
9 Stronger Kanbara
8 ヒゲと愉快な仲間たち
6 ヒロイン特撮研究所
6 ノーエムラさべ太郎

TOP8DeckList

MOVIE

コラム

○ Eternal Party2017 カバレージNew!
○ MMM Finals 2017参加レポートNew!
○ 関西のエターナル事情(レガシー&モダン)New!
○ EternalParty2017の事前予約迫る!!賞品も決定!!

【過去の記事を読む】

twitter

WPN主催店舗について

KMCが運営するイベントは、一部の例外を除き、BIGMAGICなんば店にて主催されております。
検索フォーム
最新コメント
カウンター
管理用

Appendix