KMC Schedule
127th KMC
7月5日(Sun)
受付:13:30
開始:14:00
参加費:1000円
フォーマット:Legacy
定員:100名
会場:福島区民センター
最寄り駅:地下鉄千日前線「野田阪神駅」徒歩7分

[[今後の予定を更に見る]]

関西レガシーカレンダー(間違っていても責任は負いません。)
第126回KMC決勝戦動画

第29回KMCTOP8DeckList

あけましておめでとうございます、いつもお世話になっております。
先日、第29回KMCが行われました!

二周年大会でもあった今大会には、63名もの方々にご参加いただきました!
初めての方もいらっしゃったりと、KMCClassicの影響が出ているのかな?と嬉しくなりました!
ありがとうございました!

今後ともよろしくお願いいたします!

それでは、第29回KMCのTOP8DeckListとデッキ分布をご覧ください!

29th Known Magician’s Clan

2014.1.25/参加人数63名/6回戦

【デッキ分布】
3 UW石鍛冶
3 UWB石鍛冶
3 UWR石鍛冶
4 パトリオット(UWR)
2 RUGデルバー
4 BUGデルバー
2 多色デルバー
4 ミラクル
1 BUG コントロール
1 BUGカスケード
4 デッドガイ
3 ジャンク
4 Death&Taxi
3 ジャンド
2 NayaZoo
2 バント
1 Nic Fit
2 Sneak
1 ハイタイド
1 ドレッジ
1 Elves
1 ゴブリン
3 黒単POX
1 ポスト
1 親和
1 感染
5 ローグ

▼▼▼TOP8デッキリスト▼▼▼

1st
Player:Wakabayashi Taichi
Deck Name:Explorer Pod
Deck Designer:ワカバヤシ タイチ

Creature
4 《死儀礼のシャーマン/Deathrite Shaman》
4 《老練の探険者/Veteran Explorer》
2 《闇の腹心/Dark Confidant》
2 《ファイレクシアの抹消者/Phyrexian Obliterator》
2 《ゲラルフの伝書使/Geralf's Messenger》
2 《残忍なレッドキャップ/Murderous Redcap》
1 《貪欲なるネズミ/Ravenous Rats》
1 《ウッド・エルフ/Wood Elves》
1 《ヴィリジアンのシャーマン/Viridian Shaman》
1 《叫び大口/Shriekmaw》
1 《アスフォデルの灰色商人/Gray Merchant of Asphodel》
1 《スラーグ牙/Thragtusk》
1 《ワームとぐろエンジン/Wurmcoil Engine》
1 《墓所のタイタン/Grave Titan》
1 《囁く者、シェオルドレッド/Sheoldred, Whispering One》

Spells
4 《陰謀団式療法/Cabal Therapy》
2 《突然の衰微/Abrupt Decay》
3 《出産の殻/Birthing Pod》
2 《師範の占い独楽/Sensei's Divining Top》
2 《破滅的な行為/Pernicious Deed》
1 《繰り返す悪夢/Recurring Nightmare》

Lands
4 《汚染された三角州/Polluted Delta》
4 《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》
1 《湿地の干潟/Marsh Flats》
4 《Bayou》
6 《沼/Swamp》
1 《森/Forest》
1 《ファイレクシアの塔/Phyrexian Tower》

Sideboard
3 《思考囲い/Thoughtseize》
3 《自然の要求/Nature's Claim》
2 《強迫/Duress》
1 《ヴェールのリリアナ/Liliana of the Veil》
1 《破滅的な行為/Pernicious Deed》
1 《突然の衰微/Abrupt Decay》
1 《酸のスライム/Acidic Slime》
1 《外科的摘出/Surgical Extraction》
1 《毒の濁流/Toxic Deluge》
1 《根絶/Extirpate》



2nd
Player:Katayama Yuki
Deck Name:UWr Miracle
Deck Designer:

Creature
3 《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》
2 《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》
1 《造物の学者、ヴェンセール/Venser, Shaper Savant》

Spells
4 《渦まく知識/Brainstorm》
4 《剣を鍬に/Swords to Plowshares》
3 《終末/Terminus》
3 《天使への願い/Entreat the Angels》
2 《呪文貫き/Spell Pierce》
2 《対抗呪文/Counterspell》
3 《Force of Will》
3 《相殺/Counterbalance》
4 《師範の占い独楽/Sensei's Divining Top》
3 《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》

Lands
4 《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
3 《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
1 《乾燥台地/Arid Mesa》
3 《Volcanic Island》
3 《Tundra》
1 《秘教の門/Mystic Gate》
1 《Karakas》
5 《島/Island》
2 《平地/Plains》

Sideboard
2 《摩耗+損耗/Wear+Tear》
2 《安らかなる眠り/Rest in Peace》
2 《修復の天使/Restoration Angel》
1 《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》
1 《血染めの月/Blood Moon》
1 《罠の橋/Ensnaring Bridge》
1 《外科的摘出/Surgical Extraction》
1 《赤霊破/Red Elemental Blast》
1 《紅蓮破/Pyroblast》
1 《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》
1 《狼狽の嵐/Flusterstorm》



3rd
Player:Ideue Yuuki
Deck Name:
Deck Designer:

Creature
4 《グリセルブランド/Griselbrand》
4 《引き裂かれし永劫、エムラクール/Emrakul, the Aeons Torn》

Spells
4 《実物提示教育/Show and Tell》
4 《騙し討ち/Sneak Attack》
1 《全知/Omniscience》
2 《直観/Intuition》
4 《渦まく知識/Brainstorm》
4 《思案/Ponder》
2 《ギタクシア派の調査/Gitaxian Probe》
4 《呪文貫き/Spell Pierce》
4 《Force of Will》
4 《水蓮の花びら/Lotus Petal》

Lands
4 《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
3 《霧深い雨林/Misty Rainforest》
3 《Volcanic Island》
2 《裏切り者の都/City of Traitors》
2 《古えの墳墓/Ancient Tomb》
1 《すべてを護るもの、母聖樹/Boseiju, Who Shelters All》
3 《島/Island》
1 《山/Mountain》

Sideboard
2 《血染めの月/Blood Moon》
2 《神聖の力線/Leyline of Sanctity》
2 《残響する真実/Echoing Truth》
2 《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》
1 《狼狽の嵐/Flusterstorm》
1 《裂け目の突破/Through the Breach》
1 《全知/Omniscience》
1 《紅蓮破/Pyroblast》
1 《赤霊破/Red Elemental Blast》
1 《紅蓮地獄/Pyroclasm》
1 《白鳥の歌/Swan Song》



4th
Player:Tanaka Mikito
Deck Name:Vacuum Level Death
Deck Designer:アテリエル Feat,chun

Creature
4 《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets》
4 《死儀礼のシャーマン/Deathrite Shaman》
3 《真の名の宿敵/True-Name Nemesis》
3 《聖トラフトの霊/Geist of Saint Traft》

Spells
4 《渦まく知識/Brainstorm》
3 《思案/Ponder》
3 《剣を鍬に/Swords to Plowshares》
3 《もみ消し/Stifle》
3 《目くらまし/Daze》
3 《思考囲い/Thoughtseize》
2 《未練ある魂/Lingering Souls》
2 《盲信的迫害/Zealous Persecution》
1 《コジレックの審問/Inquisition of Kozilek》
1 《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》
1 《偵察/Reconnaissance》

Lands
3 《汚染された三角州/Polluted Delta》
2 《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
2 《湿地の干潟/Marsh Flats》
1 《霧深い雨林/Misty Rainforest》
1 《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》
2 《Underground Sea》
1 《Scrubland》
1 《Tropical Island》
1 《神聖なる泉/Hallowed Fountain》
3 《不毛の大地/Wasteland》
1 《島/Island》
1 《沼/Swamp》
1 《平地/Plains》

Sideboard
3 《Force of Will》
2 《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》
2 《エーテル宣誓会の法学者/Ethersworn Canonist》
2 《安らかなる眠り/Rest in Peace》
1 《剣を鍬に/Swords to Plowshares》
1 《狼狽の嵐/Flusterstorm》
1 《否認/Negate》
1 《強迫/Duress》
1 《仕組まれた疫病/Engineered Plague》
1 《権威の行動/Act of Authority》



5th
Player:Tashiro Koichi
Deck Name:
Deck Designer:

Creature
4 《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets》
4 《石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mystic》
2 《真の名の宿敵/True-Name Nemesis》

Spells
4 《渦まく知識/Brainstorm》
4 《思案/Ponder》
4 《呪文貫き/Spell Pierce》
4 《剣を鍬に/Swords to Plowshares》
4 《稲妻/Lightning Bolt》
4 《目くらまし/Daze》
4 《Force of Will》
1 《梅澤の十手/Umezawa's Jitte》
1 《殴打頭蓋/Batterskull》

Lands
4 《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
4 《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
1 《乾燥台地/Arid Mesa》
4 《Tundra》
3 《Volcanic Island》
4 《不毛の大地/Wasteland》

Sideboard
4 《翻弄する魔道士/Meddling Mage》
3 《紅蓮破/Pyroblast》
2 《安らかなる眠り/Rest in Peace》
2 《渋面の溶岩使い/Grim Lavamancer》
1 《墓掘りの檻/Grafdigger's Cage》
1 《真の名の宿敵/True-Name Nemesis》
1 《饗宴と飢餓の剣/Sword of Feast and Famine》
1 《摩耗+損耗/Wear+Tear》



6th
Player:Satake Yukihiro
Deck Name:チャン・コリン's Act1
Deck Designer:チャン・コリン

Creature
4 《石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mystic》
3 《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》
3 《真の名の宿敵/True-Name Nemesis》
2 《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》
2 《エーテル宣誓会の法学者/Ethersworn Canonist》

Spells
4 《渦まく知識/Brainstorm》
1 《思案/Ponder》
3 《剣を鍬に/Swords to Plowshares》
3 《稲妻/Lightning Bolt》
3 《Force of Will》
1 《対抗呪文/Counterspell》
1 《マナ漏出/Mana Leak》
1 《方向転換/Divert》
1 《誤った指図/Misdirection》
1 《梅澤の十手/Umezawa's Jitte》
1 《殴打頭蓋/Batterskull》
1 《火と氷の剣/Sword of Fire and Ice》
1 《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》
3 《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》

Lands
3 《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
3 《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
1 《乾燥台地/Arid Mesa》
2 《Tundra》
1 《Volcanic Island》
2 《Plateau》
2 《硫黄の滝/Sulfur Falls》
1 《天界の列柱/Celestial Colonnade》
2 《島/Island》
1 《平地/Plains》
2 《島/Island》
1 《平地/Plains》

Sideboard
2 《至高の評決/Supreme Verdict》
2 《安らかなる眠り/Rest in Peace》
2 《紅蓮破/Pyroblast》
2 《呪文貫き/Spell Pierce》
1 《外科的摘出/Surgical Extraction》
1 《否認/Negate》
1 《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》
1 《摩耗+損耗/Wear+Tear》
1 《太陽のタイタン/Sun Titan》
+記入漏れにより不明



7th
Player:Niwa Hotaka
Deck Name:UR Land Still
Deck Designer:Niwa Hotaka

Creature
3 《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》
1 《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》
1 《真の名の宿敵/True-Name Nemesis》

Spells
4 《渦まく知識/Brainstorm》
3 《呪文嵌め/Spell Snare》
1 《呪文貫き/Spell Pierce》
4 《もみ消し/Stifle》
4 《Force of Will》
4 《稲妻/Lightning Bolt》
3 《噴出の稲妻/Burst Lightning》
1 《火+氷/Fire+Ice》
3 《行き詰まり/Standstill》
2 《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》
1 《世界のるつぼ/Crucible of Worlds》
1 《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》

Lands
3 《霧深い雨林/Misty Rainforest》
3 《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
1 《汚染された三角州/Polluted Delta》
4 《Volcanic Island》
1 《Tropical Island》
1 《蒸気孔/Steam Vents》
4 《ミシュラの工廠/Mishra's Factory》
4 《不毛の大地/Wasteland》
3 《島/Island》

Sideboard
2 《大祖始の遺産/Relic of Progenitus》
2 《赤霊破/Red Elemental Blast》
1 《紅蓮破/Pyroblast》
1 《古えの遺恨/Ancient Grudge》
1 《クローサの掌握/Krosan Grip》
1 《外科的摘出/Surgical Extraction》
1 《否認/Negate》
1 《狼狽の嵐/Flusterstorm》
1 《炎渦竜巻/Firespout》
1 《紅蓮地獄/Pyroclasm》
1 《硫黄の精霊/Sulfur Elemental》
1 《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》
1 《真の名の宿敵/True-Name Nemesis》



8th
Player:Michael Dugan
Deck Name:Darker Maverick
Deck Designer:Michael Dugan

Creature
4 《石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mystic》
3 《死儀礼のシャーマン/Deathrite Shaman》
3 《聖遺の騎士/Knight of the Reliquary》
2 《闇の腹心/Dark Confidant》
1 《クァーサルの群れ魔道士/Qasali Pridemage》
1 《漁る軟泥/Scavenging Ooze》

Spells
4 《思考囲い/Thoughtseize》
2 《コジレックの審問/Inquisition of Kozilek》
4 《突然の衰微/Abrupt Decay》
3 《剣を鍬に/Swords to Plowshares》
2 《未練ある魂/Lingering Souls》
2 《緑の太陽の頂点/Green Sun's Zenith》
1 《ゴルガリの魔除け/Golgari Charm》
3 《ヴェールのリリアナ/Liliana of the Veil》
1 《殴打頭蓋/Batterskull》
1 《火と氷の剣/Sword of Fire and Ice》
1 《森の知恵/Sylvan Library》

Lands
4 《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》
2 《湿地の干潟/Marsh Flats》
2 《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
3 《不毛の大地/Wasteland》
2 《Bayou》
2 《Savannah》
1 《Scrubland》
1 《地平線の梢/Horizon Canopy》
1 《Karakas》
2 《沼/Swamp》
1 《平地/Plains》
1 《森/Forest》

Sideboard
2 《外科的摘出/Surgical Extraction》
2 《盲信的迫害/Zealous Persecution》
1 《壌土からの生命/Life from the Loam》
1 《エーテル宣誓会の法学者/Ethersworn Canonist》
1 《梅澤の十手/Umezawa's Jitte》
1 《クローサの掌握/Krosan Grip》
1 《剣を鍬に/Swords to Plowshares》
1 《ファイレクシアの破棄者/Phyrexian Revoker》
1 《ガドック・ティーグ/Gaddock Teeg》
1 《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》
1 《演劇の舞台/Thespian's Stage》
1 《遍歴の騎士、エルズペス/Elspeth, Knight-Errant》
1 《暗黒の深部/Dark Depths》

スポンサーサイト



カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

草の根大会をやってみよう!【前編】

こんにちは!KMCのせれで御座います。

皆さん、大会には参加されていますか?
フリープレイで十分な方も多くいらっしゃることと思います。
大会というのは、対戦相手を確保してくれる場所ですが、それだけではありません。
見知らぬ方と知り合いになれる、輪を広げられる場所でもあります。
新たな輪は、飽きを解消してくれます。
長くMTGを続けていくためにも、大会に参加することは大切なことだと思っています。

ところが、みなさんの周りを見渡してみて、満足のいく数の大会が存在していますか?
関東にお住みの方は、満足しているかもしれません。
けれども、関西を含め地方の方はどうでしょうか。

私がKMCという大会を始めた理由の一つに、大会の数が少なかったことがありました。
「無いなら作ればいい。」そう思えたとしても、なんとなく敷居が高く手を出しづらい大会運営。

そんな方の助けになれればと思い、このコラムを書くことにしました。
草の根大会を開催して、一緒にマジックを盛り上げていきましょう!


※このコラムは、草の根大会運営を始めてみたい人に向けた初歩的なものです。
より詳しくお知りになりたい方は、個別にご連絡ください。


最初に、大会をするにあたって確認しないといけないことがあります。
それは、「ウィザーズ公認イベント」にしたいかどうかです。
公認大会にすると、プレインズウォーカーポイント(PWP)を参加者に付与することが出来る等、特典が幾つかあります。
もちろん公認にしなくても大会は開催出来ます。
公認にする為には別途準備すべきことがあります。
公認にしたい方は、最後にその方法を書きますので、それを読んでください。


それでは本題に入りましょう!


まず、必要なものを用意しましょう。
ここでは、規模によっては必要の無いものもありますが、KMCで用意しているものを挙げていきます。参考にしてください。

お釣り
賞品
パソコン
プリンター(コピー紙、予備インク)
ネット環境(WiFi)
DCI新規登録用紙
テーブル番号札
ゴミ袋
筆記用具(セロハンテープ、ハサミ含む)
MTGプレイ備品(ダイスやトークン)


ネット環境の準備が難しいでしょうか。
ポケットWiFiやスマートフォンのデザリング、会場施設にネット環境。
これらが難しい場合は、店舗に会場として使わせてもらえないか相談してみましょう。
ネット環境が無くてもオフラインモードというものがありますが、あまりオススメはしません。

これらが準備出来たら、ご自身のDCIをウィザーズプレイネットワーク(WPN)に登録しましょう!

こちらで登録出来ます。
http://www.wizards.com/wpn/
※基本的にWPNは店舗の為のシステムです。個人主催者として登録出来ますが、運営をされない方の登録はご遠慮ください。

登録が出来ましたか?

それでは、もう一度このサイトに移動していただき、右下にあるウィザーズイベントレポーター(WER)をダウンロードしましょう。

これは、とてもとても便利なツールです。
これさえあれば、とても簡単に大会を運営することが出来ます!


WERの説明は後にして、それでは次に、会場の準備をしましょう。

会場になりえる場所は、

店舗のフリースペース
公共の施設(公民館等)
会議室等のレンタルスペース など

です。

カラオケBOXで大会が行われることもあります。
オススメは、レンタル料も安い公共施設ですね。
役所のホームページを徘徊すると施設利用のページがあります。探してみてください。
自治体によって利用料金が違いますので、色々と探してみるのが吉です。


それでは、下準備の最終章!
先ほどお話にもあったWERについての話です。

このWERは、プレイヤーの成績を打ち込んだり、ペアリングを出したりと大会開催中に大活躍するツールですが、実は大会前にしておかないといけないことがあります。

大会の登録です。
開催日程やフォーマット、開催場所などを事前に登録しておく必要があります。
非公認でも良い場合は、とても簡単です。まずは、その説明をします。

WERを起動しましたら、ログイン画面が出てきます。とりあえず、ログインしてください。

新規イベント作成
そうしますと、右上に「新規イベントの申請」というものがありますので、クリック。

カジュアル申請
ここで各項目を入力していき、「作成」をクリック。

これでカジュアルイベントの申請が完了です。


これで下準備が完了です!
あとは大会当日を待つばかりです!楽しみですね!


と、このままコラムを終わらせることが出来ればいいのですが、この方法では公認イベントには出来ません。
大変長くなっているコラムですが、あと少しお付き合いください!


さて、公認イベントにするメリットの一つにウィザーズ公式サイトにてイベント検索に引っかかるようになるというものがあります。
使ったことがある方もいらっしゃると思います。
見知らぬプレイヤーが、それを見て大会に来てくれる。嬉しいことですね。
この為に、会場情報等の登録が必要になります。

先ほどのWERでの大会登録をする前に、WPNに会場場所の登録手続きをお願いしないといけません。
基本はFAXだそうですが、FAXを送る為のPDFを送ってもらう為にも、一度WPNに連絡してみましょう。(WPNお問い合わせ窓口:wpnjapan@wizards.com)

ご自身のIDに会場が登録されましたでしょうか。
そうしましたら、やっとWERで大会の登録をすることになります。

公認申請
会場、日程、フォーマット等を入力し、「イベントの作成および認定」をクリック。

これで公認イベント申請が完了です。


ただ、公認イベントにする為のこれらの準備には時間がかかります。
会場登録に一週間。更に、大会開催の一週間前には大会登録を終えていないといけません。
あわせて二週間。
余裕を持った運営計画を立ててください。


そうしましたら、大会の下準備は終わりました!
お疲れ様でございました!!
あとは宣伝をいっぱいして、当日を待つばかりです!!


後編へ続く

せれ/記者ブログ
タグ : せれ
カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

【コラム】知識の蓄積は力になる

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○世界の朝ごはん○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...

ota.jpg

今朝はここ、オタリア大陸にやってきています。
《ラースの被覆》以降オタリアに移住してきた遊牧民と幻術師の伝統が合わさった、珍しい料理があるんです。

おっ、これは食をそそられるライブラリーの削られる香り。あちらの民家でしょうか、さっそくお邪魔しましょう!



違う、そうじゃない!お前は調味料というものを何もわかっちゃいない


《コーの遊牧民》がキッチンに立つ《セファリッドの幻術師》になにやら指示を繰り返しています。

それに対応して、《セファリッドの幻術師》は豪快にライブラリーを調理していきます。
ここで、何やら珍しい調理器具を取り出しました。あれは《手甲》ですね。
一体あれで何を調理するのでしょうか……


セファリッドさーん

今日は朝ごはんにお招きいただきありがとうございまーす

うわー!ライブラリーのいいにおーい


やってきたのは《ナルコメーバ》たち。
どうやらオタリアでは賑やかや朝食が当たり前の風景のようですね。



さて、食材も揃ったことだし、最後の仕上げにかかりましょうか。ちょっといらっしゃい


そういって《セファリッドの幻術師》は《ナルコメーバ》をキッチンに招きます。


はーい

なんでも手伝いまーす

あれ?もうまな板に食材なんて出てませんよー


料理を楽しみにする反面、何か悪寒を拭えない《ナルコメーバ》たち。
楽しい食卓はどこへ……



《手甲》を装備した《セファリッドの幻術師》は無表情のまま振り返ります。
いつの間にか《ナルコメーバ》を囲むように背後へ回る《コーの遊牧民》息を飲む《ナルコメーバ》
そして、彼らは最後の声を聞くのでした。




お前たちが食材だよ!


振り上げられる《手甲》。まさに戦慄!!!


...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...



「この前フリは標準仕様です!」言い切りました、今月も一先ずここまで辿り着いて頂きありがとうございます。
自分のマーベリックにテラボアは入れてないけど最近PCに導入した《TeraPad》のおかげで
コラムがちょっと書きやすくなった気がするChunです。

今回お話したいのはテキストエディタの事ではなく、テキストエディタを知ったからコラムが書きやすくなった、
と言う事です。―――つまり。知ることが効率に繋がる、と言う事です。




例えば、あなたが《セファリッド・ブレックファースト》というデッキを知らないとしましょう。

相手の1T目に出てきた《コーの遊牧民》に除去を撃ちますか?
まぁいいや、と放っておいたとしましょう。

2T目に出てきたのは《堂々たる撤廃者》
嫌な予感がしたので、返しに《堂々たる撤廃者》に《稲妻》を撃ちました
すると3T目には《セファリッドの幻術師》あれヤバくない?、と思った時にはもう手遅れ。残念

あなたは《ナルコメーバ》の命を救う事が出来ませんでした。



Continue?


よし、《セファリッド・ブレックファースト》の動きを知りましょう。

①.《セファリッドの幻術師》を0コストで対象にできるカードでひたすら対象にとる。
*《コーの遊牧民》《手甲》

②.あなたのライブラリーが0になる。
その際、ライブラリーから墓地に落ちた《ナルコメーバ》が誘発。全員場に出ます。

③.墓地にある《戦慄の復活》をフラッシュバックでキャスト。
《栄光の目覚めの天使》か、《縫合グール》か《擬態の原形質》か・・・とにかく一撃死です。





Continue!



相手の1T目に出てきた《霊気の薬瓶》―――ちょっと待って、話が違う!
そう、あなたが考える間に相手も研究を続けているのです。


この辺りは前回お話したデッキの流動性ですね。対戦相手の事を知って自分のデッキを研究する。
その研究が巧くいけば、対戦相手はそれを考慮してまたデッキの形を変える。
ひとえにTCGとは、情報戦なのです。

今まで醤油を掻けるだけが全てと思っていたのに、本が出るほど多くのレシピが!

TKG0.jpg

T(たまご)C(かけ)G(ごはん)!



あ、雑念が……




相手のこと、デッキのことを知るのはとても重要なことです。
そして、漠然と知るだけでなく、挙動まで子細に把握できればあなたの勝利は近いでしょう。

①.相手がデュアルランドを盛大に並べているのにひたすらドローカードと《強迫》しか撃ってこない。
⇒ANTを疑え

②.こっちが1T目に《島》と《師範の占い独楽》を置いたのに相手の《石鍛冶の神秘家》が《梅澤の十手》をサーチ。
⇒だいたい相手のハンドに《殴打頭蓋》がある

③.KMC主催者の好きなアーティストは《Rebecca Guay》
⇒今度《ウッド・エルフ》でも持っていこう



など、プランニングにも繋がります。



必要最低限のカードから最大限の情報を引き出す。それが勝利への近道です。

また逆に、相手に情報を読み取られないシークレットテクも一つの手法ですね。
《セファリッド・ブレックファースト》という現在では認知度の低いデッキを持ち込む。
それ自体がすでに1つの情報戦を制した証なのです。

だから実践で勝てるかはまた別の話ですが。


さぁ、みなさんも1枚でも多くのカードのことを知りましょう!
そして、日頃大会を開いてくださるお店や主催者の方に感謝しましょう!



...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...


空から光が!なんということでしょう。《Tundra》に天使が舞い降りました。《栄光の目覚めの天使》です。

mezameangel.jpg

悪いセファリッドがほくそ笑む中、ウィザードたちが勝利という名のスパイスをもたらします。

これがオタリアの朝ごはん。誰かの生の裏には死が潜む。
どんな文明も野生王国の摂理を逸脱することはないのです。


次回:世界の朝ごはん
《ナントゥーコの祭殿》でリスたちが作る、おいしいスクランブルエッグをご紹介(嘘予告)

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...



はい、セルフパロディです。
ここまで読んでセファリッドのようにほくそ笑んでくださった方へ。
いつも読んでいただきありがとうございます。



(Chun/記者ブログ
タグ : chun
カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

【コラム】第9回KMCデッキ紹介 ~第25回KMC優勝『 UR-Landstill 』

こんにちは。Domeです。

今年後半は関東のエターナルフェスティバルに始まり、CtBLやエターナルパーティ、KMCCと
大きなレガシーのイベントが毎月のようにあって、レガシープレイヤーは嬉しい悲鳴を上げていると思います。
そんな合間に行われた第25回KMCの優勝デッキを紹介します。

Border_4.jpg


第25回KMCでは上位6名が青いデッキで、更にその内5名が《剣を鍬に》を採用した青白絡みのデッキという偏りで
レガシーにおけるこのカラーリングの強さがうかがえる結果となりました。
ところが、残り1名の青いデッキは《剣を鍬に》は採用されていなく、代わりに使われていた除去は《稲妻》を始めとする大量の火力呪文でした。


Player Name:Niwa Hotaka
Deck Name:UR-Landstill
Deck Designer:Niwa Hotaka
―――――――――――――――

/Creature
4《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》

/Spells
4《渦まく知識/Brainstorm》
4《Force of Will》
4《稲妻/Lightning Bolt》
4《もみ消し/Stifle》
3《行き詰まり/Standstill》
3《呪文嵌め/Spell Snare》
2《呪文貫き/Spell Pierce》
2《電解/Electrolyze》
2《噴出の稲妻/Burst Lightning》
2《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》
1《世界のるつぼ/Crucible of Worlds》

/Lands
4《Volcanic Island》
4《不毛の大地/Wasteland》
4《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
3《霧深い雨林/Misty Rainforest》
3《ミシュラの工廠/Mishra's Factory》
3《島/Island》
2《フェアリーの集会場/Faerie Conclave》
1《蒸気孔/Steam Vents》

Sideboard
2《赤霊破/Red Elemental Blast》
2《粉々/Smash to Smithereens》
2《大祖始の遺産/Relic of Progenitus》
2《外科的摘出/Surgical Extraction》
2《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》
1《硫黄の精霊/Sulfur Elemental》
1《誘惑蒔き/Sower of Temptation》
1《渋面の溶岩使い/Grim Lavamancer》
1《否認/Negate》
1《狼狽の嵐/Flusterstorm》




今回優勝したデッキは《行き詰まり》(と《精神を刻む者ジェイス》)をアドバンテージ源として
カードを引き増す『Landstill』と呼ばれるコントロールデッキの一種で、その中でも除去に火力を用いたタイプです。


このタイプはレガシーフォーマットが創立された頃から存在する古典的なデッキでもあります。

《剣を鍬に》等の確定除去を使った他のコントロールとの違いは、本体火力として勝利手段にもなるので
《行き詰まり》でカードを引く行為自体が勝ち筋として機能する点です。
また、赤という色は青対策の《赤霊破》及び《紅蓮破》を自然と採用出来る事から一般的に青いコントロール対決で
対戦相手より優位に立つ事が出来るのもこのデッキの利点でした。


・・・しかし、レガシーの歴史の中でこのデッキはだんだん主流から外れて行きました。
その最大の原因は《タルモゴイフ》の登場です。




巨大な《タルモゴイフ》を相手にすると《行き詰まり》で獲得したアドバンテージを簡単に取り返されてしまいます。
本体火力でダメージレースをしようにも、赤単バーンほどの高威力な火力が搭載されていないこのデッキでは
それも難しいで、そう言った点からこの手の火力を使ったコントロールはやがて自分も《タルモゴイフ》を採用した
スレッショルドやCTG(Counter Top Goyf)と言ったタルモ・ビートコントロールへと移行していきました。

しかし、最近はレガシー環境全体に占める《タルモゴイフ》の総数よりも
《死儀礼のシャーマン》《石鍛冶の神秘家》《秘密を掘り下げる者》《闇の腹心》と言った
小型クリーチャーの総数の方が多くなってきたので、火力が除去として機能する場面が多くなりました。

更にクリーチャーのみならず《精神を刻む者ジェイス》《ヴェールのリリアナ》始めとするPWを倒す事が出来る事から今回優勝した『UR-Landstill』の様な火力によるコントロールデッキも再び活躍出来る様になって来たと言えます。



さて、レガシーの歴史のお話はここまでで具体的なデッキの中身を見ていきましょう。



《行き詰まり》《瞬唱の魔道士》《精神を刻む者ジェイス》

Still_Jace_SCM.jpg

このデッキのアドバンテージ源です。これらで火力と打ち消しを引いて使い回してコントロールを行います。
コントロール手段はどれも軽めのカードが採用されているので、《行き詰まり》で引いたカードはもたつく事なく
すぐにプレイ出来ますし、《瞬唱の魔道士》でフラッシュバックも簡単です。

《行き詰まり》は貼るタイミング難しいこともあり、アドバンテージとしては少々ムラがありますが
今回のKMCの様な青いコントロールデッキが多い環境では強力です。
各種マンランドとの組み合わせは、《不毛の大地》を持たない『青白奇跡コントロール』や『エスパー石鍛冶』に効果的です。

《瞬唱の魔道士》は単純なアドバンテージだけでなく
火力で相手ライフを攻める時にはちくちく2点アタックをしてくれるのでデッキと噛み合っています。

《精神を刻む者ジェイス》は最上部の《渦まく知識》能力連打だけでなく
バウンス能力で対戦相手のクリーチャーを一旦をどけてから《行き詰まり》を貼ったり
マンランドと《瞬唱の魔道士》のアタックを強引に通してライフを詰めたり
自身の《瞬唱の魔道士》を《精神を刻む者ジェイス》のバウンス能力で戻し使い回したりも出来ます。


《呪文嵌め》《呪文貫き》

Snare_Pierce.jpg

序盤を弾く為の軽量カウンターは、合計5枚と多めに取られています。
前述の通り《タルモゴイフ》を苦手としているので《呪文嵌め》の採用は納得です。

《呪文貫き》は《不毛の大地》と組み合わせて相手に行動制限を付けるほか、マンランドへの除去を打ち消すのが主目的です。


《もみ消し》4枚

もみ消し

《不毛の大地》と組み合わせて『RUG Delver』よろしく、マナ否定戦略を取ることが出来ますが
《行き詰まり》を貼ると能動的にフェッチ・ランドの起動をもみ消す事が出来ないので
上手くマナ否定戦略と噛み合わない面もあります。

十分にアドバンテージを獲得した後の中盤から後半にかけてのマンランドによるクロックを
相手の《不毛の大地》から護るカウンターとして運用する事が多そうです。


《電解》《噴出の稲妻》

Electrolyze_burstL.jpg

定番火力の《稲妻》は4枚が当然として、残りの4枚の火力は珍しいものです。
《電解》はドロー付きの割り振り火力で《未練ある魂》《闇の腹心》《ヴェンディリオン3人衆》エルフデッキ対して
有効な火力スペルで《瞬唱の魔道士》でフラッシュバックするとかなりのアドバンテージが獲得出来ます。

《噴出の稲妻》は2点or4点を選択できる火力です。
基本的には《死儀礼のシャーマン》や《石鍛冶の神秘家》を焼くショック扱いが多そうですが
終盤にトドメの4点火力もこのデッキでは重宝しますね。

なお、《稲妻》に次ぐダメージ効率を誇る《Chain Lightning》や《裂け目の稲妻》等を差し置いて
これらのインスタント火力が採用されているのは、これまた《タルモゴイフ》をケアするためです。
ソーサリーが墓地に置かれる可能性を少しでも減らすデッキ構築です。


《世界のるつぼ》+土地

CoW_Lands.jpg

《世界のるつぼ》はマンランドと《不毛の大地》を再利用する手段です。
似たようなカードである《浄土からの生命》と違い、《突然の衰微》で割られてしまうのが欠点ですが
即座にセットランドすれば損はしないですし、再利用される土地が衰微されないので
デッキ全体として《突然の衰微》をある程度無視できる構築に仕上げてあるのが分かります。

マンランドには定番の《ミシュラの工廠》に追加して《フェアリーの集会場》が採用されています。
回避能力を生かしてこつこつとダメージを稼ぐのがデッキにマッチしています。



サイドボード

サイドボードは火力で触りにくい部分を補うボードコントロールカードと
対コントロールデッキとコンボデッキ用の絡め手の2種類に絞られています。

《未練ある魂》とマーベリックの白いクリーチャーは小粒ながら数が多く、火力が足りないこともあるので
それらを完封する《硫黄の精霊》や《渋面の溶岩使い》がサイドに採用されています。
《渋面の溶岩使い》は《大祖始の遺産》と組み合す事により《死儀礼のシャーマン》や天敵《タルモゴイフ>と言った
墓地参照カードを抑え込む事が出来るので便利です。

対マベ

《粉々》は言わずもがなの装備品、もっと言うと《殴打頭蓋》対策です。
《殴打頭蓋》は《石鍛冶の神秘家》を焼いて展開を遅らせようが、通常キャストでも十分に脅威なので
確実に破壊する必要があります。一般的な石鍛冶デッキの《殴打頭蓋》は1枚しか入っていませんが
《粉々》を2枚、さらに《瞬唱の魔道士》のフラッシュバックを組み合わせる事で
徹底的に《殴打頭蓋》を機能させないようになっています。


《誘惑蒔き》は《タルモゴイフ》を始めとする苦手な大型クリーチャー用のカードです。

誘惑撒き

青の4マナ域の《精神を刻む者ジェイス》があまりに強力すぎて影が薄くなってしまったところですが
このカードも十分に強力で、他のクリーチャー強奪カード《ヴィダルケンの枷》《不忠の糸》《精神支配》等と異なり
《突然の衰微》と《呪文貫き》を無視出来るのがポイントです。

クリーチャーですが、仕様上《ヴェールのリリアナ》にも強く《実物提示教育》により展開された
《引き裂かれし永劫エムラクール》や《グリセルブランド》まで奪えてしまうので
ときには《精神を刻む者ジェイス》以上の影響力を持つナイスサイドカードと言えるでしょう。



コントロールとコンボのサイドは定番の《ヴェンディリオン3人衆》《赤霊破》《否認》《狼狽の嵐》になっています。
メイン・サイドボード合わせてハードカウンターが《Force of Will》しかないのは少々不安ですが
《不毛の大地》とフェッチへのもみ消しで相手の行動にある程度制限を突き付ける事を考えれば
ソフトカウンターだけでも十分なのかも知れませんね。



優勝されたニワさんはこのデッキで何回もKMCで入賞しています。
《死儀礼のシャーマン》とアンチ死儀礼のレガシー環境の中で復権したと言える『UR LandSstill』ですが
彼の成績を見るに単なる一過性のものではなさそうです。

このデッキに限らずメタの変遷に伴って昔のデッキ、カードが再び輝く可能性があるのはレガシーの魅力の1つです。
今後もこの様なデッキの登場を期待して筆者もワクワクしています。

次回のKMCでも『UR Landstill』が勝ち残るのか?
はたまたトップメタデッキ群がそれに待ったをかけるのか・・それとも新たなローグデッキがそこに切り込むのか・・・

次回のKMCも要注目です!!!



(dome/記者ブログ
タグ : Dome
カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

【コラム】How to beat Canadian Threshold

How to beat Canadian Threshold


こんにちは。関東でレガシーを中心にプレイしている和歌ロックと申します。
現在は『Canadian Threshold(以下カナスレ)』を主に使用しています。

前回は『カナスレのフリースロットについて』をお話をさせていただきました。
今回はズバリ、『カナスレの倒し方について』話していこうと思います。


よく「カナスレに有利なデッキって何?」とか「カナスレの弱点って何?」と訊かれます。
一般的にカナスレは弱点の少ないデッキで、殆どのデッキと五分以上に戦える等と言うことが言われます。

しかし、そんな万能なデッキなら誰もが使っていることでしょう。
確かにレガシー環境に数多く存在するデッキの中で使用者が多いデッキだとは思いますが
レガシー環境を席巻するほど支配的とは言えません。

では、何故カナスレと言うデッキはあたかも万能かの様に称えられるのでしょうか。
先ずは、その強さの秘密に迫っていきましょう。

強みが分かれば逆に弱みが浮き彫りになってくるはずです。


Border_4.jpg

カナスレの強み

軽さ

カナスレのリストを見れば一目瞭然なのが土地の少なさです。無色マナしか出ない《不毛の大地》を除けば14枚。
しかも、内8枚はデュアルランドを持ってくるフェッチランドであり、実際に有色マナが出るのは6枚のみです。

これはレガシー環境広しといえども、群を抜いて少ない枚数です。どうしてこれほど土地を少なく出来るのか・・・
これは無論、入っているカードの平均マナコストが非常に低く設定されているからです。



リストを見てみましょう。

サンプルリスト
トーナメント:Grand Prix Washington D.C.
2013/11/16-17
成績:10位

Player:Daryl Ayers
Deck Name:
Deck Designer:
アーキタイプ:RUG Delver

Land(18)
4《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
4《汚染された三角州/Polluted Delta》
4《不毛の大地/Wasteland》
3《Tropical Island》
3《Volcanic Island》

Creature(12)
4《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets》
4《敏捷なマングース/Nimble Mongoose》
4《タルモゴイフ/Tarmogoyf》

Spells(30)
4《渦まく知識/Brainstorm》
4《思案/Ponder》
4《Force of Will》
4《目くらまし/Daze》
4《稲妻/Lightning Bolt》
4《もみ消し/Stifle》
3《呪文貫き/Spell Pierce》
1《二股の稲妻/Forked Bolt》
1《ギタクシア派の調査/Gitaxian Probe》
1《呪文嵌め/Spell Snare》

Sideboard(15)
3《水没/Submerge》
2《赤霊破/Red Elemental Blast》
2《乱暴/転落/Rough/Tumble》
2《墓掘りの檻/Grafdigger's Cage》
1《クローサの掌握/Krosan Grip》
1《古えの遺恨/Ancient Grudge》
1《狼狽の嵐/Flusterstorm》
1《呪文嵌め/Spell Snare》
1《硫黄の精霊/Sulfur Elemental》
1《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》


012カード

なんと平均マナコストが〝1〝を切っています。
これは驚異的な軽さといってよいでしょう。カナスレの強みの一つがこの軽さです。



速さとマナ否定戦略

カナスレはとても軽いデッキです。しかし軽いカードは得てして重いカードよりも弱い傾向にあります。
レガシーでは環境全体の平均マナコストがスタンやモダンよりも低いですが、その傾向はレガシーでも変わりません
単純なカードパワーでぶつかったらカナスレは大体のデッキに間違いなく負けます。
では、何故カナスレは勝てるのでしょうか?


それは〝お互いに″軽いマナ域の間に勝負を決めてしまうからです。
平均マナコスト勝負では圧勝のカナスレはまず大体の相手に先手を取れます。
しかし、そのまま相手の土地が伸びて行けば、相手の方が強いカードをプレイしてくるので負けてしまいます。

それを防ぐためには重いカードを出させないことが必要でカナスレは主に二つの戦略でこれを行っています。
それは『速いダメージクロック』と『マナ否定戦略』です。


前回も述べましたが、カナスレをトップメタに押し上げたのは間違いなく《秘密を掘り下げる者》です。

delver.jpg
このカードが1ターン目に出た場合、あっという間に相手のライフを削りきってしまいます。
もし貴方がカナスレと対戦し、負けた時に貴方の手札が4枚あったらどうでしょう?その手札は無かったも同然です。

火力呪文を本体に打つ事はカードアドバンテージを失うことと同義ですがライフを0に出来るなら
失ったカードアドバンテージは全て無かったことになります。
そう、マジックは手札の枚数ではなくライフで勝負が決まるのです。


カナスレはそのクロックの速さで相手が重いカードをプレイする前に勝ってしまいます。
しかし、ここで1つ疑問に思うかもしれません。
だからって『3ターンでゲームが決まるわけじゃないだろ?』と・・・


もちろん仰る通りです。カナスレはどんなに早くても勝つのに4~5ターン掛かりますし実際にはもっと掛かります。
では、なぜ対戦相手は重いカードをプレイできないまま負けてしまうのでしょうか?
その秘密はもう一つの戦略、『マナ否定戦略』にあります。



No Mana, No Game



レガシーは全体的に多色デッキが多い環境です。そのため、デュアルランドとフェッチランドに溢れています。
この様な多色環境がカナスレを支えているのです。

デュアルランドには《不毛の大地》が、フェッチランドには《もみ消し》がそれぞれ刺さります。
これらのカードにより、お互いを序盤のマナ域に縛っておくのです。
これによってターンは経っているのにお互いに土地が並ばない状態が続きます。

この状態でカナスレ側にクロックが居た場合どうなるでしょうか?
序盤のマナ域のままゲームが終わってしまうというわけです。


カナスレは『序盤~中盤~終盤』、隙が無いデッキではありません。序盤が圧倒的に得意なデッキなのです。
その序盤勝負に相手を引きずり込む戦略を持ち合わせているわけです。

そして中盤に差し掛かり、漸く重いカードがプレイ出来る頃にはもう取り返しのつかない場になっているのです。



汎用性

またカナスレの特徴として挙げられるのが、入っているカードの汎用性の高さです。
カナスレには対戦相手に効かないカードがほぼ存在しません。

カナスレに採用されているカードは主に『クリーチャー』と『相手の邪魔をするカード』に分かれています。

クリーチャーカードは相手がどんなデッキだろうと必要ですし
相手の邪魔をするカードもスペルを唱えないデッキはないので、やはり無駄になりません。
繰り返しになりますがレガシーはデッキの種類が多く相手により『効果的なカード・無駄になるカード』が異なります。


例えば万能除去として名高い《剣を鍬に》は、相手のデッキにクリーチャーがいなければ完全な無駄カードです。
しかし、カナスレはクリーチャー除去に火力呪文を採用しています。
これにより、たとえ相手のデッキがノンクリーチャーデッキだろうと除去が無駄になることはありません。
相手本体を狙えばいいからです。入っているカードの汎用性の高さもカナスレの強みの1つです。



vs.



カナスレに対して有効な戦略

これまではカナスレの強みを挙げてきました。ここまで読んできた方はなんと強いデッキだろうと思ったことでしょう。
勿論ここで終わってはこの記事の意味がありません、タイトル詐欺になってしまいます。
上げてから↑↑↑落としましょう↓↓↓



ここからはカナスレの弱点について話していきます。
これまでに弱点のヒントはそこかしこに散りばめられてありました。デッキの強みは反面弱みにもなり得るのです。
では、具体的にカナスレにはどのような戦略が有効なのかについて話していきましょう。


Border_4.jpg


マナ否定の被害を最小限に抑える

カナスレの軽さは既に述べた通り、相手の土地が伸びていない間にゲームを決められてこそ長所になり得ます。
ゲームが長引き、相手の場に土地が伸び始めた時に勝負を決められていない場合カナスレは負けるでしょう。
相手のプレイするカードの方がカードパワーが高く強いのだから当然の結果です。
よって『マナ否定戦略』を否定するのが一つの有効な戦略となります。

デュアルランド、フェッチランドをプレイしないのが理想ですが、先ほども述べた通り多色デッキが強い以上
これらの土地をプレイしなければならない場合が多いでしょう。
その場合どうすれば良いかについてお話していきます。



手札にデュアルランド、フェッチランドしかないという場合にはどうすればよいのでしょうか。

まずフェッチランドですが、これは相手がマナを残している場合には無闇に起動しないようにしましょう。
カナスレ側からすれば《もみ消し》のためにマナを残すという状態は都合の良い状態ではありません。
クロックを出せている様な場合は別ですが、出せていない場合は一刻も早く《もみ消し》を構えない状態にもって行きたいと思っています。
そのためには相手のフェッチランドをもみ消せるのが一番です。


カナスレは我慢比べをしたら確実に負けてしまうデッキなので、こちらから痺れを切らしてはいけません。
カナスレ側は土地が切り詰められているので、土地の並べ合いが出来ないのです。

そもそも、カナスレは3枚以上土地を並べたくないという事もあります。
フェッチランドは起動しない限り、カナスレ側の土地を1枚縛ることが出来るので
恐らくいつまでも起動しないでいれば、カナスレ側が折れてフルタップしてくるでしょう。
起動するのはそれからで良いのです。

これにより、無駄になりにくいカナスレ側のカードを1枚無駄にさせたことになります。



デュアルランドを置くのは何か手札にプレイ出来るカードがあるときにしましょう。
プレイしたカードに対処するマナを使わせることが出来れば《不毛の大地》を起動するのを遅らせる事ができます。

最悪なのは、何もプレイせずに破壊されてしまう事です。
デュアルランドを置くときには勇気を持って手札のカードをプレイしていきましょう。

基本土地であり、速いクロックを出されていない場合にはそんなに無理をする必要はありません。
逆に時間が無い場合にはガンガン勝負を仕掛けていきましょう。
カナスレ側からすれば、基本的には怖がってくれることが有難い場合が多く実際には手札がハリボテだったりします。
よって、手札を覗けるカード、手札破壊カードは非常に有効です。



No Pain, No Gain
 


マナを増やす

土地を縛ってくるならば、毎ターンのセットランド以外で使えるマナを増やせばいい、という戦略です。
レガシーにおいて、マナを払わずにクリーチャーをプレイするのに打ってつけのカードがあります。
それは《霊気の薬瓶》です。vaial_2014010618225400b.jpg
このカードは土地をプレイすることなく、クリーチャーを戦場に送り込む事ができ、更に
カナスレの得意分野であるカウンターを封じ込めることができます。


レガシー環境には《霊気の薬瓶》を使うデッキは複数存在していますが中でも
『Death and Taxes*以下デスタク』はカナスレに有利なデッキです。

ほかの《霊気の薬瓶》を使うデッキ・・・例えばマーフォークやゴブリンが
《秘密を掘り下げる者》に対しての回答が少ないのに対しデスタクには他2つよりも回答が多い構成になっています。

まず、4枚の《剣を鍬に》が搭載され、また飛行クリーチャーも入っています。
これにより《秘密を掘り下げる者》に対処する事が可能なため《霊気の薬瓶》と相まってカナスレに対し有利と言われているのです。
又これらのデッキは単色のため、カナスレお得意の『マナ否定戦略』が効き難いことも有利になる要因となっています。




《死儀礼のシャーマン》の様な、マナを生み出すクリーチャーも有効です。
生きれば使用できるマナが増えカナスレに除去を打たせれば、その分カナスレ側の展開は遅れます。

《老練の探検者》は除去すら出来ない、カナスレにとっては悪夢のようなカードです。
アタックを止めるか、土地を伸ばさせるかという不自由な二択を迫らせることが可能です。
『Nic Fit』がカナスレに有利と言われるのはこのクリーチャーのお陰と言っても過言ではありません。

Death_Veteran_20140106182254db5.jpg

最後に、自身が《不毛の大地》を使っている場合、その起動タイミングには気をつけなければなりません。
土地を伸ばすことが目標のため、基本的には起動せず取っておくことが大事です。

特にクロックを出されている場合や《もみ消し》されるタイミングでの起動は基本的に悪手になります。
逆に、相手が2枚目の土地を置いてこなかった場合や、手札に土地が無いと分かった場合には起動しましょう。
しかし、その場合もクロックを処理することが最優先です。



クロックを維持させない

カナスレの戦略は全て、クロックが維持されていて成り立つものです。
クリーチャーを除去、またはアタック不能にしてしまえば、カナスレは赤子の手を捻るように簡単に倒せます。

出来れば、軽いカードがいいでしょう。打ち消すことが出来なければなお良いです。
《突然の衰微》《至高の評決》がそれらの該当に当て嵌まります。

衰微ばでくと

最近出たカードでは《真の名の宿敵》がカナスレに強いカードです。
少し重いですが、一度出てしまえばカナスレには対処不能、地上は完全に止まります。
《未練ある魂》も重いスペルを打てるようになるまでの時間を稼いでくれるので有効です。

nemesis_Lls_2014010618275384e.jpg

また、サイドボーディング後は墓地対策も有効になります。
特に《大祖始の遺産》と《安らかな眠り》は、非常に有効な墓地対策です。
共に軽く、前者は《敏捷なマングース》を牽制しつつ、いざとなればドローできるので無駄になりにくく
後者は《敏捷なマングース》と《タルモゴイフ》を完全に封じ込めることができます。

れりくいさんたるもまん




今回はカナスレの倒し方について話させていただきました。
今までカナスレへ苦手意識を持っていた方は今回紹介したカナスレの弱点を突いて、カナスレを倒しましょう。
カナスレを使用している方はカナスレに関する知識が少しでも深まって頂けたならこれほど嬉しいことはありません。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!



和歌ロック/記者ブログ
タグ : 和歌ロック
カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

Blog

KMCITポイントレース

○ ポイントレースについて

SEED Hadara Danpei

8 Hori Masataka
7 Yamanaka Kousuke
6 Doi Satsuki
6 Ishii Takuya
6 Kanbara Hokuto
6 Sekimoto Tatsuo
6 Yamada Mituhiro
5 Hayashibara Kazuki
5 Naoya Kawakami
5 Kodaira Syouta
5 Naota Kagotani
5 Yanagisawa Yuta
【更に見る】

コミュニティ戦ランキング

18 コストオーバー
13 Dread of Knights
12 ちびマルイちゃん
12 MTG With プロゲーマー
12 コダイラが来る Second Season
10 どつきまわしたれ本舗
10 Traiad Primus
9 Stronger Kanbara
8 ヒゲと愉快な仲間たち
6 ヒロイン特撮研究所
6 ノーエムラさべ太郎

TOP8DeckList

MOVIE

コラム

○ Eternal Party2017 カバレージNew!
○ MMM Finals 2017参加レポートNew!
○ 関西のエターナル事情(レガシー&モダン)New!
○ EternalParty2017の事前予約迫る!!賞品も決定!!

【過去の記事を読む】

twitter

WPN主催店舗について

KMCが運営するイベントは、一部の例外を除き、BIGMAGICなんば店にて主催されております。
検索フォーム
最新コメント
カウンター
管理用

Appendix