KMC Schedule
127th KMC
7月5日(Sun)
受付:13:30
開始:14:00
参加費:1000円
フォーマット:Legacy
定員:100名
会場:福島区民センター
最寄り駅:地下鉄千日前線「野田阪神駅」徒歩7分

[[今後の予定を更に見る]]

関西レガシーカレンダー(間違っていても責任は負いません。)
第126回KMC決勝戦動画

第31回KMC(チームレガシー)TOP3TeamDeckList

いつもご参加いただきましてありがとうございます!
2月16日に行われた第31回KMCは、チームレガシーとして行われました!

遠方からお越しいただいた方や、予想外のチームを組まれた方々など、運営する側としても大変おもしろいKMCとなりました!
参加チームは17チーム。つまり、51名。まさかこれだけの方々にご参加いただけるとは思っていませんでしたので、嬉しい悲鳴となりました!
ワイワイして会場でのアナウンスの声が届かないほどの大盛り上がりで、開催した甲斐がありました!ありがとうございました!

次回KMCは、3月16日(日)です。是非ご参加ください!

それでは、TOP3TeamDeckListです!ご覧ください

31th Known Magician’s Clan
2014.2.16

チームレガシー
参加チーム17組(51名)
4回戦+SE2回戦


▼▼▼TOP3デッキリスト▼▼▼

1st
TeamName:Gayeasy

Player Name:Kawasaki Keita
Deck Name:
Deck Designer:

Creature
4 《死儀礼のシャーマン/Deathrite Shaman》
4 《闇の腹心/Dark Confidant》
3 《タルモゴイフ/Tarmogoyf》
2 《漁る軟泥/Scavenging Ooze》

Spells
4 《思考囲い/Thoughtseize》
4 《突然の衰微/Abrupt Decay》
3 《コジレックの審問/Inquisition of Kozilek》
3 《罰する火/Punishing Fire》
3 《稲妻/Lightning Bolt》
4 《ヴェールのリリアナ/Liliana of the Veil》
2 《情け知らずのガラク/Garruk Relentless》
1 《森の知恵/Sylvan Library》

Lands
4 《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》
4 《湿地の干潟/Marsh Flats》
1 《霧深い雨林/Misty Rainforest》
4 《燃え柳の木立ち/Grove of the Burnwillows》
3 《Badlands》
2 《Bayou》
2 《樹上の村/Treetop Village》
1 《沼/Swamp》
1 《森/Forest》
1 《黄昏のぬかるみ/Twilight Mire》

Sideboard
4 《紅蓮破/Pyroblast》
3 《虚空の力線/Leyline of the Void》
2 《ゴルガリの魔除け/Golgari Charm》
2 《外科的摘出/Surgical Extraction》
2 《仕組まれた疫病/Engineered Plague》
1 《古えの遺恨/Ancient Grudge》
1 《真髄の針/Pithing Needle》


Player Name:Sekimoto Tatsuo
Deck Name:スニークショー
Deck Designer:dome(猫山軍団)

Creature
4 《引き裂かれし永劫、エムラクール/Emrakul, the Aeons Torn》
4 《グリセルブランド/Griselbrand》

Spells
4 《実物提示教育/Show and Tell》
4 《騙し討ち/Sneak Attack》
4 《渦まく知識/Brainstorm》
4 《思案/Ponder》
2 《定業/Preordain》
2 《ギタクシア派の調査/Gitaxian Probe》
4 《Force of Will》
2 《呪文貫き/Spell Pierce》
1 《狼狽の嵐/Flusterstorm》
1 《誤った指図/Misdirection》
4 《水蓮の花びら/Lotus Petal》

Lands
4 《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
2 《汚染された三角州/Polluted Delta》
2 《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
3 《Volcanic Island》
2 《古えの墳墓/Ancient Tomb》
2 《裏切り者の都/City of Traitors》
4 《島/Island》
1 《山/Mountain》

Sideboard
3 《血染めの月/Blood Moon》
2 《残響する真実/Echoing Truth》
2 《墓掘りの檻/Grafdigger's Cage》
2 《紅蓮地獄/Pyroclasm》
2 《赤霊破/Red Elemental Blast》
2 《裂け目の突破/Through the Breach》
1 《硫黄の精霊/Sulfur Elemental》
1 《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》


Player Name:Fukudome Yuu
Deck Name:
Deck Designer:TTW

Creature
4 《貴族の教主/Noble Hierarch》
4 《聖遺の騎士/Knight of the Reliquary》
4 《ルーンの母/Mother of Runes》
3 《スレイベンの守護者、サリア/Thalia, Guardian of Thraben》
2 《獣相のシャーマン/Fauna Shaman》
2 《漁る軟泥/Scavenging Ooze》
2 《クァーサルの群れ魔道士/Qasali Pridemage》
1 《スクリブのレインジャー/Scryb Ranger》
1 《ガドック・ティーグ/Gaddock Teeg》
1 《永遠の証人/Eternal Witness》
1 《忠臣/Loyal Retainers》
1 《大修道士、エリシュ・ノーン/Elesh Norn, Grand Cenobite》

Spells
4 《緑の太陽の頂点/Green Sun’s Zenith》
4 《剣を鍬に/Swords to Plowshares》
1 《梅澤の十手/Umezawa’s Jitte》
2 《森の知恵/Sylvan Library》
1 《遍歴の騎士、エルズペス/Elspeth, Knight-Errant》

Lands
4 《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
2 《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》
3 《Savannah》
4 《不毛の大地/Wasteland》
3 《魂の洞窟/Cavern of Souls》
2 《ドライアドの東屋/Dryad Arbor》
1 《地平線の梢/Horizon Canopy》
1 《Karakas》
1 《森/Forest》
1 《平地/Plains》
1 《ボジューカの沼/Bojuka Bog》

Sideboard
4 《神聖の力線/Leyline of Sanctity》
3 《フェアリーの忌み者/Faerie Macabre》
2 《台所の嫌がらせ屋/Kitchen Finks》
2 《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》
1 《流刑への道/Path to Exile》
1 《墓掘りの檻/Grafdigger’s Cage》
1 《太陽の勇者、エルズペス/Elspeth, Sun's Champion》
1 《エメリアの盾、イオナ/Iona, Shield of Emeria》


2nd
TeamName:Omonishi Masturbation Brothers

Player Name:Omonishi Kojiro
Deck Name:
Deck Designer:

Creature
4 《石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mystic》
3 《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》
3 《真の名の宿敵/True-Name Nemesis》

Spells
4 《渦まく知識/Brainstorm》
4 《剣を鍬に/Swords to Plowshares》
3 《思考囲い/Thoughtseize》
1 《コジレックの審問/Inquisition of Kozilek》
4 《Force of Will》
1 《対抗呪文/Counterspell》
1 《呪文貫き/Spell Pierce》
1 《至高の評決/Supreme Verdict》
1 《殴打頭蓋/Batterskull》
1 《梅澤の十手/Umezawa's Jitte》
1 《火と氷の剣/Sword of Fire and Ice》
1 《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》
2 《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》

Lands
4 《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
4 《汚染された三角州/Polluted Delta》
2 《ミシュラの工廠/Mishra's Factory》
1 《忍び寄るタール坑/Creeping Tar Pit》
3 《Tundra》
2 《Underground Sea》
1 《Scrubland》
2 《島/Island》
1 《平地/Plains》

Sideboard
2 《エーテル宣誓会の法学者/Ethersworn Canonist》
2 《安らかなる眠り/Rest in Peace》
1 《至高の評決/Supreme Verdict》
1 《否認/Negate》
1 《呪文貫き/Spell Pierce》
1 《狼狽の嵐/Flusterstorm》
1 《思考囲い/Thoughtseize》
1 《饗宴と飢餓の剣/Sword of Feast and Famine》
1 《流刑への道/Path to Exile》
1 《解呪/Disenchant》
1 《盲信的迫害/Zealous Persecution》
1 《未練ある魂/Lingering Souls》


Player Name:Yoshihara Tomoki
Deck Name:尿道おなにー
Deck Designer:よっしー

Creature
4 《死儀礼のシャーマン/Deathrite Shaman》
4 《タルモゴイフ/Tarmogoyf》
4 《闇の腹心/Dark Confidant》
2 《血編み髪のエルフ/Bloodbraid Elf》

Spells
3 《突然の衰微/Abrupt Decay》
3 《稲妻/Lightning Bolt》
3 《罰する火/Punishing Fire》
3 《Hymn to Tourach》
2 《思考囲い/Thoughtseize》
1 《コジレックの審問/Inquisition of Kozilek》
1 《壌土からの生命/Life from the Loam》
4 《ヴェールのリリアナ/Liliana of the Veil》
1 《情け知らずのガラク/Garruk Relentless》
1 《森の知恵/Sylvan Library》
1 《梅澤の十手/Umezawa's Jitte》

Lands
4 《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》
2 《湿地の干潟/Marsh Flats》
1 《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire》
1 《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》
2 《Bayou》
1 《Badlands》
1 《Taiga》
1 《偶像の石塚/Graven Cairns》
1 《黄昏のぬかるみ/Twilight Mire》
3 《不毛の大地/Wasteland》
3 《燃え柳の木立ち/Grove of the Burnwillows》
1 《樹上の村/Treetop Village》
1 《森/Forest》
1 《沼/Swamp》

Sideboard
2 《ゴルガリの魔除け/Golgari Charm》
2 《占骨術/Skeletal Scrying》
2 《仕組まれた疫病/Engineered Plague》
2 《強迫/Duress》
2 《赤霊破/Red Elemental Blast》
1 《紅蓮破/Pyroblast》
1 《窒息/Choke》
1 《トーモッドの墓所/Tormod's Crypt》
1 《梅澤の十手/Umezawa's Jitte》
1 《ラクドスの魔除け/Rakdos Charm》


Player Name:Taniguchi Hiroaki
Deck Name:
Deck Designer:

Creature
4 《信号の邪魔者/Signal Pest》
4 《メムナイト/Memnite》
4 《大霊堂のスカージ/Vault Skirge》
4 《羽ばたき飛行機械/Ornithopter》
4 《刻まれた勇者/Etched Champion》
3 《鋼の監視者/Steel Overseer》
1 《電結の荒廃者/Arcbound Ravager》

Spells
4 《陰謀団式療法/Cabal Therapy》
4 《ボーラスの工作員、テゼレット/Tezzeret, Agent of Bolas》
4 《頭蓋囲い/Cranial Plating》
4 《オパールのモックス/Mox Opal》

Lands
4 《古えの居住地/Ancient Den》
4 《囁きの大霊堂/Vault of Whispers》
4 《教議会の座席/Seat of the Synod》
4 《古えの墳墓/Ancient Tomb》

Sideboard
3 《迷宮の霊魂/Spirit of the Labyrinth》
2 《エーテル宣誓会の法学者/Ethersworn Canonist》
2 《ファイレクシアの破棄者/Phyrexian Revoker》
2 《安らかなる眠り/Rest in Peace》
2 《盲信的迫害/Zealous Persecution》
2 《ディミーアの魔除け/Dimir Charm》
1 《墓掘りの檻/Grafdigger's Cage》
1 《虚空の杯/Chalice of the Void》


3rd
TeamName:Gaydol M@ster

Player Name:Adachi Ryosuke
Deck Name:POXの向こう側へ!
Deck Designer:Takashi Matsuo

Spells
4 《暗黒の儀式/Dark Ritual》
4 《思考囲い/Thoughtseize》
4 《無垢の血/Innocent Blood》
4 《Sinkhole》
4 《小悪疫/Smallpox》
4 《ヴェールのリリアナ/Liliana of the Veil》
2 《Hymn to Tourach》
1 《世界のるつぼ/Crucible of Worlds》
1 《The Abyss》
1 《女王への懇願/Beseech the Queen》
1 《ファイレクシアのトーテム像/Phyrexian Totem》
1 《呪われた巻物/Cursed Scroll》
2 《Nether Void》

Lands
10 《沼/Swamp》
4 《ミシュラの工廠/Mishra's Factory》
4 《不毛の大地/Wasteland》
4 《ヨーグモスの墳墓、アーボーグ/Urborg, Tomb of Yawgmoth》
1 《Maze of Ith》
1 《リシャーダの港/Rishadan Port》
1 《産卵池/Spawning Pool》
1 《The Tabernacle at Pendrell Vale》
1 《陰謀団のピット/Cabal Pit》

Sideboard
1 《Chains of Mephistopheles》
1 《仕組まれた疫病/Engineered Plague》
1 《滅び/Damnation》
1 《毒の濁流/Toxic Deluge》
3 《苦花/Bitterblossom》
1 《精神壊しの罠/Mindbreak Trap》
2 《真髄の針/Pithing Needle》
3 《虚無の呪文爆弾/Nihil Spellbomb》
2 《煙突/Smokestack》


Player Name:Baba Taiki
Deck Name:俺の放火砲からゴブリン達が総出
Deck Designer:Gap

Creature
4 《ほくちの壁/Tinder Wall》
4 《猿人の指導霊/Simian Spirit Guide》
4 《Elvish Spirit Guide》

Spells
3 《巣穴からの総出/Empty the Warrens》
4 《ギタクシア派の調査/Gitaxian Probe》
4 《燃え立つ願い/Burning Wish》
4 《魔力変/Manamorphose》
4 《炎の儀式/Rite of Flame》
4 《捨て身の儀式/Desperate Ritual》
1 《発熱の儀式/Pyretic Ritual》
4 《煮えたぎる歌/Seething Song》
4 《土地譲渡/Land Grant》
4 《水蓮の花びら/Lotus Petal》
4 《ライオンの瞳のダイアモンド/Lion's Eye Diamond》
3 《金属モックス/Chrome Mox》
4 《ゴブリンの放火砲/Goblin Charbelcher》

Lands
1 《Taiga》

Sideboard
4 《ザンティッドの大群/Xantid Swarm》
3 《ゴブリンの溶接工/Goblin Welder》
2 《自然の要求/Nature's Claim》
1 《破壊放題/Shattering Spree》
1 《巣穴からの総出/Empty the Warrens》
1 《恭しき沈黙/Reverent Silence》
1 《苦悶の触手/Tendrils of Agony》
1 《先細りの収益/Diminishing Returns》
1 《簡略化/Simplify》


Player Name:Tomizawa Yusuke
Deck Name:中田の彼女
Deck Designer:Dr,Tommy

Creature
4 《石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mystic》
4 《呪文づまりのスプライト/Spellstutter Sprite》
2 《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》
2 《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》
2 《修復の天使/Restoration Angel》

Spells
4 《渦まく知識/Brainstorm》
2 《思案/Ponder》
4 《剣を鍬に/Swords to Plowshares》
4 《Force of Will》
4 《呪文貫き/Spell Pierce》
2 《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》
1 《梅澤の十手/Umezawa's Jitte》
1 《饗宴と飢餓の剣/Sword of Feast and Famine》
1 《殴打頭蓋/Batterskull》

Lands
4 《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
3 《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
1 《乾燥台地/Arid Mesa》
4 《Tundra》
1 《氷河の城砦/Glacial Fortress》
3 《変わり谷/Mutavault》
1 《Karakas》
1 《アカデミーの廃墟/Academy Ruins》
1 《雲の宮殿、朧宮/Oboro, Palace in the Clouds》
3 《島/Island》
1 《平地/Plains》

Sideboard
2 《真髄の針/Pithing Needle》
2 《外科的摘出/Surgical Extraction》
2 《安らかなる眠り/Rest in Peace》
2 《狼狽の嵐/Flusterstorm》
2 《至高の評決/Supreme Verdict》
1 《流刑への道/Path to Exile》
1 《否認/Negate》
1 《解呪/Disenchant》
1 《予期せぬ不在/Unexpectedly Absent》
1 《被覆/Envelop》

スポンサーサイト



カテゴリ : KMC記事のURL コメント (2) トラックバック (0)

【コラム】スタックを確認する#前編

     ――――――パワー2以下のハローワーク―――――

2006年。
それは私たちにとって忘れられない年となった。
氷河期の再来である。

《コールドスナップ》

レガシーに置いては《相殺》や当時こそ評価されなかったものの《暗黒の深部》など
環境に与えた影響も多いエキスパンションである。因みに筆者は《占術の岩床》と《結界師ズアー》が好き。


じゃなかった2010年―《リーマンショック》―就職氷河期の再来である。


企業はより良い人材を採用するため、より若年層に企業を知ってもらう試みを行った。
説明会はもちろん、近年はSNSを活用した採用活動がメジャーになりつつある。
もちろん国側も公正な採用活動のために日々議論を交わしている。
就職活動解禁日の設定は話題となり、企業はインターンシップを中心とした活動への移行が見られる様になった。


そんな就職活動に翻弄される一つの企業があった。

株式会社《魔の魅惑》

彼らは果たしてどのような人材を採用するのだろうか?






Boder.jpg

「君はもう内定を貰っているの?」

「はい、《エスパー石鍛冶》様、《パトリオット》様に頂いております」

「tier1上場企業だよね。そんなエリート、うちじゃ肌に合わないと思うけどなぁ」

「いえ、《魔の魅惑》様の下であれば、隙なく場に出て《殴打頭蓋》をサーチする事が出来ます」

「知ってるかい?《魔の魅惑》を出した次のターンには5マナ出せるんだよねぇ」


その言葉で、もともと色白だった《石鍛冶の神秘家》の顔は、むしろ青白くなった。




すごすごと帰っていく《石鍛冶の神秘家》を見送りつつ、《帝国の徴募兵》は冷めたコーヒーをすする。
どうしてもういくつも内定が出るような時期に、わざわざインペリアルリクルーター面接を行うのか。
彼は会社の意向に疑問を持ちつつも、次に来る学生の到着を待った。
そのときだった。

《帝国の徴募兵》の背後から、言いようのない気配がする。
まるで背中を這いずり回されるような。いや、夢の中にまで忍び寄られたような……
コーヒーカップを震える手を抑え込み、《帝国の徴募兵》は振り返った。

そこにあったのは異形だった。



猿を思わせる長い手足。
病魔にでも犯されているのか、頭部と背中は赤く腫れ上がっている。
そしてなによりも、濁った水のような虚ろな目。

それに見つめられた瞬間、《帝国の徴募兵》は喫茶店から姿を消した。




「おい、なんで帰ってきたんだ!今日は面接だろう」
《帝国の徴募兵》はあたりを見渡し、ここが自分のデスクであることに気が付いた。


「そうか、俺は手札に戻されたのか……」

「聞いてるのか、面接中にここにいるなんて、せめて良い人材でも見つけてきたんだろうな」

「はい、最高の人材。いや、イリュージョンです」


《帝国の徴募兵》は《夢で忍び寄るもの》を思い浮かべながら、真っ直ぐ上司を見つめた。




Border_4.jpg

     


☆☆☆KMCは就職活動をしながらMTGをする人を応援します☆☆☆

今宵も当コラムを読んでいただきありがとうございます。
KMCの電波コラム担当、Chunです。

当初、主催からは「みんなが新しくマジックを始めたくなるようなコラムを」という依頼を受けましたが、
どっちかと言うと「ネタが解る人だけが思わずニヤッとするコラム」を作っている気しかしません。
正直、私ののコラムを読んでレガシーを始めたら、きっと電波デッキを作ることでしょう。

《Illusions of Grandeur》や《土を食うもの》は地味に高いぞ♪


さて、ようやく主題に移りたいと思います。
実は、今までは『レガシー環境で構築をしてみよう』というテーマでコラムを書いていました。
これからは、いよいよプレイするに当たって注意すべきことを述べていきたいと思います。
いわゆる『第2章 マナー編』です。


マジック・ザ・ギャザリンングは長い歴史を持つ、完成度の高いルールが敷かれたゲームです。
そのため、覚えなければいけない基本的な事、気を付けるべき事象も多数あります。
初心者はもちろん、何か月も、何年もマジックをしているプレイヤーでも自信のない部分があることでしょう。


その中で特に重要で、マジックをするにおいて必ず重要なこと。
それはスタックだと私は感じています。
意識しすぎて、日常生活でも使ってしまいそうなくらい。


「すいません、手あいてますか?」

「ごめん、今○○やってるから」

「それは後で大丈夫です、これスタック積むんで、先解決してください!」

「――え?」


みたいな感じです。仕事もマジックも優先順位が大切ですよ。



そのスタックですが、

呪文を唱えたとき(土地は唱えません)
能力を起動したとき(マナ能力は除く)
能力が誘発したとき(常在型能力との違いに要注意)

以上3つのいずれかが起こった時に発生します。
その際に、APから優先権を得るわけですが、詳しいルールに関してはより適したサイトや書物をご確認ください。
*AP:アクティブプレイヤー


私から皆さんに意識してほしいことは、スタックは必ず発生するということです。
刹那呪文もスタックには乗るので、誘発型能力は誘発しますし、特別な処理は挟むことができます。

―特別な処理?
《リシド》で、ケンサク、ケンサクゥ!!




今回、前口上で紹介しているデッキは《アルーレン》。
tier1には至っていませんが、レガシーと言う環境において通用しうるパワーを持つデッキ。
そしてスタックに対する強い理解が求められるデッキでもあります。
Samplekistはコチラ(外部リンク)


【簡単解説】

Border_4.jpg
①:《魔の魅惑》をキャスト

Aluren.jpg

Border_4.jpg

②:何度も場に出す事で勝利に直結する『青か黒』で『3マナ以下のクリーチャー』を出す(先に場にいてもOK)

low3.jpg

Border_4.jpg

③:《洞窟のハーピー》をキャスト&自身の能力で戻す事で何度も『②』のクリーチャーを場に出す

洞窟のハーピー

このデッキの強みは《魔の魅惑》さえ戦場に出てしまえば、戦場のクリーチャーと手札全てが
脅威に変わるということです。


A『手札から《洞窟のハーピー》をキャスト』

ここで優先権が発生

A『場に出た誘発で《寄生的な大梟》戻したい』

ここでも優先権が発生

B『解決前に《寄生的な大梟》に《稲妻》』

またもや優先権が発生

A『ふふふ、今だっ!《夢で忍び寄るもの》キャスト』

やっぱり優先権が発生

B『もう一発《稲妻》』

しつこいようだが優先権が発生

A『じゃあハーピー自身を1点払って戻すわ』

もう何を言うかわかるよね?優先権が発生

B『あ……』

A『ハーピー出すで』

以下略

B『無念、投了』
A『いやや、スタックで《洞窟のハーピー》また1点払って戻す』

※投了はスタックを積みません。
たとえ親しい間柄でもやりたいことを強引にする行為には注意しましょう。



さぁ、ここにはBさんのプレイミスがあります。
お解かりでしょうか?さっそく正解VTRを見てみましょう!


A『手札から《洞窟のハーピー》をキャスト』

B『解決前に、《寄生的な大梟》に《稲妻》』

A『やるな!《夢で忍び寄るもの》キャスト』

B『もう一発《稲妻》』

A『なんで2枚も持ってるねん、さっさと梟焼いとけよ!』

B『で、《夢で忍び寄るもの》出たぞ、なんか戻せ』

A『自身戻すわ』

B『ほら、ハーピー出たぞ、なんか戻せ』

A『……自身戻すわ』


ハーピーが場かスタック上かで、大きく心証が変わりますね。
そう、どこで行動するかによってゲームは揺れ動くのです。
そのため、スタック一つを慎重に取る必要があります。


A『手札から《洞窟のハーピー》をキャスト、大梟戻す』

B『いやいや、ハーピー出る前に《寄生的な大梟》に《稲妻》撃つし』


この様な事態が起こらないように注意しましょう。
このパターンだとAさんは相手にまだ知らせる必要のない未来の行動を教える事になります。
マナーの観点からはもちろん、ゲームで不利にもなりえますよ。


みなさんが行っているマジック。その行動一つ一つに優先権は潜んでいるのです。
日常の行動一つ一つに危険が潜んでいるように……



     ――――――次回予告:もうひとつのインペリアルリクルーター面接、はじまる―――――

さすがにスタックの話は長くなるので、今回は前後編に分けて掲載します。次回もお楽しみに!!



(Chun/記者ブログ
タグ : chun
カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

第30回KMCTOP8DeckList

いつもご参加いただきましてありがとうございます!

ついに30回目を迎えましたKMCは、火曜祝日にも関わらず、47名もの方々にご参加いただきました。
ありがとうございます!
今回は、若猫杯ブースタードラフトとの共催でしたが、KMCと若猫杯のダブルネームレガシーも開催予定ですので、是非楽しみにしていてください!

「初めてKMCに参加しました!」「実は、レガシーの大会初参戦なんです!」などのお声をいただき、新しい風はまだまだ吹き荒れていることに感動と驚きを隠せない私ですが、私だけではなく、皆さんと一緒に関西レガシーを盛り上げていければと思っておりますので、ご協力お願い致します!

また、最近《暗黒の深部》を使ったデッキが目立ってきていますが、メタを見れば中々真っ当なデッキが多く見られますので基礎が大切なんだなと思う今日この頃です。

30th Known Magician’s Clan
2014.2.11
参加人数47名
6回戦

【デッキ分布】

5 UWB石鍛冶
4 Sneak Attack
3 エルフ
3 POX
2 RUGデルバー
1 UWBデルバー
1 多色デルバー
2 UWr奇跡
2 BUGコントロール
2 バント
2 ドレッジ
2 赤単バーン
2 デスタク
1 ジャンド
1 マーベリック
1 ダークマーベリック
1 リアニメイト
1 ハイタイド
1 ゴブリン
1 MUD
1 RUスティル
1 ドラスト
1 BGコントロール
1 RUGカスケード
1 暗黒の深部
4 ローグ


▼▼▼TOP8デッキリスト▼▼▼


1st
Player:Tashiro Kouichi
Deck Name:
Deck Designer:


Creature
4 《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets》
4 《石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mystic》
2 《真の名の宿敵/True-Name Nemesis》

Spells
4 《渦まく知識/Brainstorm》
4 《思案/Ponder》
4 《呪文貫き/Spell Pierce》
4 《剣を鍬に/Swords to Plowshares》
4 《稲妻/Lightning Bolt》
4 《目くらまし/Daze》
4 《Force of Will》
1 《梅澤の十手/Umezawa's Jitte》
1 《殴打頭蓋/Batterskull》

Lands
4 《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
4 《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
1 《乾燥台地/Arid Mesa》
4 《Tundra》
3 《Volcanic Island》
4 《不毛の大地/Wasteland》

Sideboard
4 《翻弄する魔道士/Meddling Mage》
3 《紅蓮破/Pyroblast》
2 《安らかなる眠り/Rest in Peace》
2 《渋面の溶岩使い/Grim Lavamancer》
1 《墓掘りの檻/Grafdigger's Cage》
1 《真の名の宿敵/True-Name Nemesis》
1 《饗宴と飢餓の剣/Sword of Feast and Famine》
1 《摩耗+損耗/Wear+Tear》



2nd
Player:Kagotani Naota
Deck Name:Esper StoneBlade
Deck Designer:KMC


Creature
4《石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mystic》
4《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》
2《真の名の宿敵/True-Name Nemesis》
1《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》

Spells
4《渦まく知識/Brainstorm》
1《思案/Ponder》
4《剣を鍬に/Swords to Plowshares》
1《至高の評決/Supreme Verdict》
3《思考囲い/Thoughtseize》
1《コジレックの審問/Inquisition of Kozilek》
3《Force of Will》
1《呪文貫き/Spell Pierce》
1《対抗呪文/Counterspell》
2《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》
2《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》
1《殴打頭蓋/Batterskull》
1《梅澤の十手/Umezawa's Jitte》
1《火と氷の剣/Sword of Fire and Ice》

Lands
4《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
4《汚染された三角州/Polluted Delta》
1《湿地の干潟/Marsh Flats》
3《Tundra》
2《Underground Sea》
1《Scrubland》
1《忍び寄るタール坑/Creeping Tar Pit》
2《ミシュラの工廠/Mishra's Factory》
1《Karakas》
2《島/Island》
1《平地/Plains》
1《沼/Swamp》

Sideboard
2《安らかなる眠り/Rest in Peace》
2《エーテル宣誓会の法学者/Ethersworn Canonist》
1《外科的摘出/Surgical Extraction》
1《思考囲い/Thoughtseize》
1《狼狽の嵐/Flusterstorm》
1《呪文貫き/Spell Pierce》
1《否認/Negate》
1《饗宴と飢餓の剣/Sword of Feast and Famine》
1《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》
1《Force of Will》
1《解呪/Disenchant》
1《流刑への道/Path to Exile》
1《至高の評決/Supreme Verdict》



3rd
Player:Niwa Hotaka
Deck Name:UR Land Still
Deck Designer:Niwa Hotaka


Creature
3 《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》
1 《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》
1 《真の名の宿敵/True-Name Nemesis》

Spells
4 《渦まく知識/Brainstorm》
3 《呪文嵌め/Spell Snare》
1 《呪文貫き/Spell Pierce》
4 《もみ消し/Stifle》
4 《Force of Will》
4 《稲妻/Lightning Bolt》
3 《噴出の稲妻/Burst Lightning》
1 《火+氷/Fire+Ice》
3 《行き詰まり/Standstill》
2 《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》
1 《世界のるつぼ/Crucible of Worlds》
1 《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》

Lands
3 《霧深い雨林/Misty Rainforest》
3 《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
1 《汚染された三角州/Polluted Delta》
4 《Volcanic Island》
1 《Tropical Island》
1 《蒸気孔/Steam Vents》
4 《ミシュラの工廠/Mishra's Factory》
4 《不毛の大地/Wasteland》
3 《島/Island》

Sideboard
2 《大祖始の遺産/Relic of Progenitus》
2 《赤霊破/Red Elemental Blast》
1 《ヴィダルケンの枷/Vedalken Shackles》
1 《古えの遺恨/Ancient Grudge》
1 《クローサの掌握/Krosan Grip》
1 《外科的摘出/Surgical Extraction》
1 《否認/Negate》
1 《狼狽の嵐/Flusterstorm》
1 《炎渦竜巻/Firespout》
1 《紅蓮地獄/Pyroclasm》
1 《硫黄の精霊/Sulfur Elemental》
1 《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》
1 《真の名の宿敵/True-Name Nemesis》



4th
Player:Kurita Yudai
Deck Name:Team KINDAI
Deck Designer:Kurita Yudai


Creature
4《死儀礼のシャーマン/Deathrite Shaman》
4《闇の腹心/Dark Confidant》
3《タルモゴイフ/Tarmogoyf》
3《吸血鬼の呪詛術士/Vampire Hexmage》
1《漁る軟泥/Scavenging Ooze》

Spells
4《思考囲い/Thoughtseize》
4《Hymn to Tourach》
3《突然の衰微/Abrupt Decay》
3《生ける願い/Living Wish》
3《輪作/Crop Rotation》
1《ゴルガリの魔除け/Golgari Charm》
1《森の知恵/Sylvan Library》
1《破滅的な行為/Pernicious Deed》
1《師範の占い独楽/Sensei's Divining Top》

Lands
4《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》
1《湿地の干潟/Marsh Flats》
1《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire》
4《Bayou》
3《不毛の大地/Wasteland》
2《ヨーグモスの墳墓、アーボーグ/Urborg, Tomb of Yawgmoth》
3《暗黒の深部/Dark Depths》
1《演劇の舞台/Thespian's Stage》
1《死の溜まる地、死蔵/Shizo, Death's Storehouse》
3《沼/Swamp》
1《森/Forest》

Sideboard
4《根絶/Extirpate》
1《吸血鬼の呪詛術士/Vampire Hexmage》
1《叫び大口/Shriekmaw》
1《マラキールの門番/Gatekeeper of Malakir》
1《クローサの掌握/Krosan Grip》
1《突然の衰微/Abrupt Decay》
1《不毛の大地/Wasteland》
1《演劇の舞台/Thespian's Stage》
1《暗黒の深部/Dark Depths》
1《Karakas》
1《市長の塔/Tower of the Magistrate》



5th
Player:Sekimoto Tatsuo
Deck Name:
Deck Designer:けみやん


Creature
4《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》
1《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》

Spells
4《渦まく知識/Brainstorm》
4《剣を鍬に/Swords to Plowshares》
4《Force of Will》
4《師範の占い独楽/Sensei’s Divining Top》
3《相殺/Counterbalance》
3《天使への願い/Entreat the Angels》
3《終末/Terminus》
3《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》
2《呪文嵌め/Spell Snare》
1《対抗呪文/Counterspell》
1《罠の橋/Ensnaring Bridge》

Lands
4《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
4《汚染された三角州/Polluted Delta》
4《Tundra》
3《Volcanic Island》
1《Karakas》
5《島/Island》
2《平地/Plains》

Sideboard
3《紅蓮破/Pyroblast》
2《安らかなる眠り/Rest in Peace》
2《摩耗+損耗/Wear+Tear》
2《至高の評決/Supreme Verdict》
1《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》
1《否認/Negate》
1《狼狽の嵐/Flusterstorm》
1《外科的摘出/Surgical Extraction》
1《血染めの月/Blood Moon》
1《雷口のヘルカイト/Thundermaw Hellkite》



6th
Player:Adachi Ryosuke
Deck Name:
Deck Designer:


Spells
4《暗黒の儀式/Dark Ritual》
4《思考囲い/Thoughtseize》
4《無垢の血/Innocent Blood》
4《Sinkhole》
4《小悪疫/Smallpox》
4《ヴェールのリリアナ/Liliana of the Veil》
2《Hymn to Tourach》
1《世界のるつぼ/Crucible of Worlds》
1《The Abyss》
1《女王への懇願/Beseech the Queen》
1《ファイレクシアのトーテム像/Phyrexian Totem》
1《呪われた巻物/Cursed Scroll》
2《Nether Void》

Lands
10《沼/Swamp》
4《ミシュラの工廠/Mishra's Factory》
4《不毛の大地/Wasteland》
4《ヨーグモスの墳墓、アーボーグ/Urborg, Tomb of Yawgmoth》
1《Maze of Ith》
1《リシャーダの港/Rishadan Port》
1《産卵池/Spawning Pool》
1《The Tabernacle at Pendrell Vale》
1《陰謀団のピット/Cabal Pit》

Sideboard
1《Chains of Mephistopheles》
1《仕組まれた疫病/Engineered Plague》
1《滅び/Damnation》
1《毒の濁流/Toxic Deluge》
3《苦花/Bitterblossom》
1《地獄界の夢/Underworld Dreams》
2《真髄の針/Pithing Needle》
3《虚無の呪文爆弾/Nihil Spellbomb》
2《煙突/Smokestack》



7th
Player:Hosaka Yoshiteru
Deck Name:SnT
Deck Designer:


Creature
4《グリセルブランド/Griselbrand》
4《引き裂かれし永劫、エムラクール/Emrakul, the Aeons Torn》

Spells
4《渦まく知識/Brainstorm》
4《思案/Ponder》
2《ギタクシア派の調査/Gitaxian Probe》
1《直観/Intuition》
4《実物提示教育/Show and Tell》
4《騙し討ち/Sneak Attack》
4《Force of Will》
3《呪文貫き/Spell Pierce》
2《目くらまし/Daze》
4《水蓮の花びら/Lotus Petal》

Lands
4《霧深い雨林/Misty Rainforest》
4《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
3《Volcanic Island》
3《古えの墳墓/Ancient Tomb》
2《裏切り者の都/City of Traitors》
3《島/Island》
1《山/Mountain》

Sideboard
4《神聖の力線/Leyline of Sanctity》
3《大祖始の遺産/Relic of Progenitus》
2《血染めの月/Blood Moon》
2《紅蓮地獄/Pyroclasm》
2《紅蓮破/Pyroblast》
1《赤霊破/Red Elemental Blast》
1《残響する真実/Echoing Truth》



8th
Player:Katayama Yuuki
Deck Name:UWr Miracle
Deck Designer:Kenon様


Creature
3 《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》
2 《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》
1 《造物の学者、ヴェンセール/Venser, Shaper Savant》

Spells
4 《渦まく知識/Brainstorm》
4 《剣を鍬に/Swords to Plowshares》
3 《終末/Terminus》
3 《天使への願い/Entreat the Angels》
2 《呪文貫き/Spell Pierce》
2 《対抗呪文/Counterspell》
3 《Force of Will》
3 《相殺/Counterbalance》
4 《師範の占い独楽/Sensei's Divining Top》
3 《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》

Lands
4 《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
3 《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
1 《乾燥台地/Arid Mesa》
3 《Volcanic Island》
3 《Tundra》
1 《秘教の門/Mystic Gate》
1 《Karakas》
5 《島/Island》
2 《平地/Plains》

Sideboard
2 《摩耗+損耗/Wear+Tear》
2 《安らかなる眠り/Rest in Peace》
2 《修復の天使/Restoration Angel》
1 《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》
1 《血染めの月/Blood Moon》
1 《罠の橋/Ensnaring Bridge》
1 《外科的摘出/Surgical Extraction》
1 《赤霊破/Red Elemental Blast》
1 《紅蓮破/Pyroblast》
1 《否認/Negate》
1 《紅蓮地獄/Pyroclasm》
1 《狼狽の嵐/Flusterstorm》

カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

第30回KMC動画

【MTG】第30回KMC決勝戦Game1【レガシー】


【MTG】第30回KMC決勝戦Game2【レガシー】

カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

第29回KMC動画

【MTG】第29回KMC決勝戦Game1【レガシー】


【MTG】第29回KMC決勝戦Game2【レガシー】


【MTG】第29回KMC決勝戦Game3【レガシー】
カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

Blog

KMCITポイントレース

○ ポイントレースについて

SEED Hadara Danpei

8 Hori Masataka
7 Yamanaka Kousuke
6 Doi Satsuki
6 Ishii Takuya
6 Kanbara Hokuto
6 Sekimoto Tatsuo
6 Yamada Mituhiro
5 Hayashibara Kazuki
5 Naoya Kawakami
5 Kodaira Syouta
5 Naota Kagotani
5 Yanagisawa Yuta
【更に見る】

コミュニティ戦ランキング

18 コストオーバー
13 Dread of Knights
12 ちびマルイちゃん
12 MTG With プロゲーマー
12 コダイラが来る Second Season
10 どつきまわしたれ本舗
10 Traiad Primus
9 Stronger Kanbara
8 ヒゲと愉快な仲間たち
6 ヒロイン特撮研究所
6 ノーエムラさべ太郎

TOP8DeckList

MOVIE

コラム

○ Eternal Party2017 カバレージNew!
○ MMM Finals 2017参加レポートNew!
○ 関西のエターナル事情(レガシー&モダン)New!
○ EternalParty2017の事前予約迫る!!賞品も決定!!

【過去の記事を読む】

twitter

WPN主催店舗について

KMCが運営するイベントは、一部の例外を除き、BIGMAGICなんば店にて主催されております。
検索フォーム
最新コメント
カウンター
管理用

Appendix