KMC Schedule
127th KMC
7月5日(Sun)
受付:13:30
開始:14:00
参加費:1000円
フォーマット:Legacy
定員:100名
会場:福島区民センター
最寄り駅:地下鉄千日前線「野田阪神駅」徒歩7分

[[今後の予定を更に見る]]

関西レガシーカレンダー(間違っていても責任は負いません。)
第126回KMC決勝戦動画

第36回KMC動画

【MTG】第36回KMC決勝戦Game1【レガシー】


【MTG】第36回KMC決勝戦Game2【レガシー】


【MTG】第36回KMC決勝戦Game3【レガシー】
スポンサーサイト



カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

第36回KMC トップ8デッキリスト




Border_4.jpg
image.jpg
Border_4.jpg




 Player  Name : Tokuyama Kouta
 Deck Name : Merfolk
 Deck Designer : 猫山
1st Place

 //Creature

 4《トリトンの岸忍び/Triton Shorestalker》
 4《アトランティスの王/Lord of Atlantis》
 4《銀エラの達人/Silvergill Adept》
 4《真珠三叉矛の人魚/Merfolk of the Pearl Trident》
 4《真の名の宿敵/True-Name Nemesis》
 4《石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mystic》
 1《幻影の像/Phantasmal Image》


 //Spells
 4《霊気の薬瓶/AEther Vial》
 4《Force of Will》
 3《呪文貫き/Spell Pierce》
 2《梅澤の十手/Umezawa's Jitte》
 1《火と氷の剣/Sword of Fire and Ice》


 //Lands
 4《汚染された三角州/Polluted Delta》
 3《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
 2《Tundra》
 4《島/Island》
 4《変わり谷/Mutavault》
 4《魂の洞窟/Cavern of Souls》


 ■Sideboard

 4《虚空の杯/Chalice of the Void》
 3《青霊破/Blue Elemental Blast》
 2《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》
 2《安らかなる眠り/Rest in Peace》
 2《冬眠/Hibernation》
 2《墓掘りの檻/Grafdigger's Cage》
(60)(15)




 Player Name : Ideue Yuuki
 Deck Name : Sneak and Show
 Deck Designer :
2nd Place

  //Creature
 4《引き裂かれし永劫、エムラクール/Emrakul, the Aeons Torn》
 4《グリセルブランド/Griselbrand》

 
 //Spells
 4《渦まく知識/Brainstorm》
 4《思案/Ponder》
 4《Force of Will》
 4《呪文貫き/Spell Pierce》
 4《実物提示教育/Show and Tell》
 4《騙し討ち/Sneak Attack》
 4《水蓮の花びら/Lotus Petal》
 2《師範の占い独楽/Sensei's Divining Top》
 2《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》
 1《誤った指図/Misdirection》

 
//Lands
 4《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
 3《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
 3《古えの墳墓/Ancient Tomb》
 2《裏切り者の都/City of Traitors》
 3《Volcanic Island》
 3《島/Island》
 1《山/Mountain》



 ■
Sideboard
 3《紅蓮地獄/Pyroclasm》
 3《血染めの月/Blood Moon》
 2《残響する真実/Echoing Truth》
 2《墓掘りの檻/Grafdigger's Cage》
 2《紅蓮破/Pyroblast》
 1《赤霊破/Red Elemental Blast》
 1《古えの遺恨/Ancient Grudge》
 1《狼狽の嵐/Flusterstorm》

(60)(15)




 Player Name : Sakimoto Shinya
 Deck Name :
 Deck Designer :
3rd Place

  //Creature
 4《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets》
 4《石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mystic》
 2《真の名の宿敵/True-Name Nemesis》
 1《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》

 
 //Spells
 4《渦まく知識/Brainstorm》
 4《思案/Ponder》
 4《稲妻/Lightning Bolt》
 3《剣を鍬に/Swords to Plowshares》
 4《Force of Will》
 4《目くらまし/Daze》
 2《呪文貫き/Spell Pierce》
 2《ギタクシア派の調査/Gitaxian Probe》
 1《火と氷の剣/Sword of Fire and Ice》
 1《梅澤の十手/Umezawa's Jitte》
 1《殴打頭蓋/Batterskull》

 
 //Lands
 3《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
 3《乾燥台地/Arid Mesa》
 2《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
 4《不毛の大地/Wasteland》
 3《Volcanic Island》
 2《Tundra》
 1《島/Island》
 1《平地/Plains》


 ■
Sideboard
 3《翻弄する魔道士/Meddling Mage》
 2《安らかなる眠り/Rest in Peace》
 1《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》
 1《エーテル宣誓会の法学者/Ethersworn Canonist》
 1《饗宴と飢餓の剣/Sword of Feast and Famine》
 1《墓掘りの檻/Grafdigger's Cage》
 1《剣を鍬に/Swords to Plowshares》
 1《狼狽の嵐/Flusterstorm》
 1《誤った指図/Misdirection》
 1《摩耗+損耗/Wear+Tear》
 1《赤霊破/Red Elemental Blast》
 1《紅蓮破/Pyroblast》

(60)(15)




 Player Name : Hosaka Yoshiteru
 Deck Name : ESB
 Deck Designer :
4th Place

 //Creature
 4《石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mystic》
 3《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》
 2《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》
 2《真の名の宿敵/True-Name Nemesis》

 
 //Spells
 4《渦まく知識/Brainstorm》
 4《剣を鍬に/Swords to Plowshares》
 4《Force of Will》
 1《対抗呪文/Counterspell》
 1《呪文貫き/Spell Pierce》
 3《思考囲い/Thoughtseize》
 1《コジレックの審問/Inquisition of Kozilek》
 1《思案/Ponder》
 3《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》
 2《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》
 1《梅澤の十手/Umezawa's Jitte》
 1《殴打頭蓋/Batterskull》

 
 //Lands
 4《汚染された三角州/Polluted Delta》
 4《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
 1《湿地の干潟/Marsh Flats》
 3《Underground Sea》
 3《Tundra》
 1《Scrubland》
 2《ミシュラの工廠/Mishra's Factory》
 1《忍び寄るタール坑/Creeping Tar Pit》
 1《Karakas》
 2《島/Island》
 1《沼/Swamp》


 ■
Sideboard
 2《安らかなる眠り/Rest in Peace》
 1《外科的摘出/Surgical Extraction》
 2《否認/Negate》
 1《呪文貫き/Spell Pierce》
 1《未練ある魂/Lingering Souls》
 1《流刑への道/Path to Exile》
 1《解呪/Disenchant》
 1《思考囲い/Thoughtseize》
 1《強迫/Duress》
 1《盲信的迫害/Zealous Persecution》
 1《至高の評決/Supreme Verdict》
 1《真髄の針/Pithing Needle》
 1《饗宴と飢餓の剣/Sword of Feast and Famine》

(60)(15)




 Player Name : Fukudome  Yuu
 Deck Name : Sneak Show
 Deck Designer : dome
5th Place

 //Creature
 4《引き裂かれし永劫、エムラクール/Emrakul, the Aeons Torn》
 3《グリセルブランド/Griselbrand》


 //Spells
 4《渦まく知識/Brainstorm》
 4《思案/Ponder》
 1《定業/Preordain》
 2《ギタクシア派の調査/Gitaxian Probe》
 4《Force of Will》
 3《呪文貫き/Spell Pierce》
 4《実物提示教育/Show and Tell》
 4《騙し討ち/Sneak Attack》
 4《水蓮の花びら/Lotus Petal》
 1《師範の占い独楽/Sensei's Divining Top》
 2《血染めの月/Blood Moon》

 
 //Lands
 4《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
 2《汚染された三角州/Polluted Delta》
 1《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
 1《霧深い雨林/Misty Rainforest》
 2《古えの墳墓/Ancient Tomb》
 2《裏切り者の都/City of Traitors》
 3《Volcanic Island》
 4《島/Island》
 1《山/Mountain》


 ■
Sideboard
 2《紅蓮地獄/Pyroclasm》
 2《裂け目の突破/Through the Breach》
 2《墓掘りの檻/Grafdigger's Cage》
 1《赤霊破/Red Elemental Blast》
 1《紅蓮破/Pyroblast》
 1《硫黄の精霊/Sulfur Elemental》
 1《真価の宗匠/Magister of Worth》
 1《大祖始の遺産/Relic of Progenitus》
 1《狼狽の嵐/Flusterstorm》
 1《圧服/Overmaster》
 1《拭い捨て/Wipe Away》
 1《残響する真実/Echoing Truth》

(60)(15)




 Player Name : Nakashima Ayumu
 Deck Name : The  Epic  Storm
 Deck Designer : Ayumu Nakashima
6th Place

  //Spells
 4《陰謀団式療法/Cabal Therapy》
 4《渦まく知識/Brainstorm》
 4《思案/Ponder》
 4《ギタクシア派の調査/Gitaxian Probe》
 4《暗黒の儀式/Dark Ritual》
 4《炎の儀式/Rite of Flame》
 2《陰謀団の儀式/Cabal Ritual》
 4《ライオンの瞳のダイアモンド/Lion's Eye Diamond》
 4《水蓮の花びら/Lotus Petal》
 2《金属モックス/Chrome Mox》
 3《沈黙/Silence》
 4《燃え立つ願い/Burning Wish》
 3《冥府の教示者/Infernal Tutor》
 1《むかつき/Ad Nauseam》
 1《巣穴からの総出/Empty the Warrens》


 //Lands
 4《宝石鉱山/Gemstone Mine》
 3《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire》
 2《マナの合流点/Mana Confluence》
 2《Underground Sea》
 1《Volcanic Island》


 ■
Sideboard
 2《ザンティッドの大群/Xantid Swarm》
 2《突然の衰微/Abrupt Decay》
 2《紅蓮破/Pyroblast》
 1《テレミンの演技/Telemin Performance》
 1《思考囲い/Thoughtseize》
 1《炎の中の過去/Past in Flames》
 1《冥府の教示者/Infernal Tutor》
 1《虐殺/Massacre》
 1《蒸気の連鎖/Chain of Vapor》
 1《ぶどう弾/Grapeshot》
 1《巣穴からの総出/Empty the Warrens》
 1《苦悶の触手/Tendrils of Agony》

(60)(15)




 Player Name : Kawase Masahiro
 Deck Name : Canadian  Infected
 Deck Designer : Kawase Masahiro
7th Place

 //Creature
 4《貴族の教主/Noble Hierarch》
 4《ぎらつかせのエルフ/Glistener Elf》
 4《荒廃の工作員/Blighted Agent》

 //Spells
 4《渦まく知識/Brainstorm》
 4《Force of Will》
 4《目くらまし/Daze》
 2《呪文貫き/Spell Pierce》
 2《ギタクシア派の調査/Gitaxian Probe》
 3《もみ消し/Stifle》
 4《激励/Invigorate》
 3《巨森の蔦/Vines of Vastwood》
 1《Berserk》
 1《輪作/Crop Rotation》


 //Lands
 4《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
 4《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》
 4《墨蛾の生息地/Inkmoth Nexus》
 3《Tropical Island》
 3《不毛の大地/Wasteland》
 1《ペンデルヘイヴン/Pendelhaven》
 1《森/Forest》


 ■
Sideboard
 3《自然の要求/Nature's Claim》
 2《四肢切断/Dismember》
 2《水没/Submerge》
 2《外科的摘出/Surgical Extraction》
 1《大祖始/Progenitus》
 1《真髄の針/Pithing Needle》
 1《被覆/Envelop》
 1《狼狽の嵐/Flusterstorm》
 1《方向転換/Divert》
 1《残響する真実/Echoing Truth》

(60)(15)




 Player Name : Tsujiura Hiroshi
 Deck Name : WBG  Infect
 Deck Designer : Tsujiura Hiroshi
8th Place

 //Creature
 4《ぎらつかせのエルフ/Glistener Elf》
 2《疫病のとげ刺し/Plague Stinger》
 2《ルーンの母/Mother of Runes》
 2《屍百足/Necropede》
 2《胆液爪のマイア/Ichorclaw Myr》
 1《呪文滑り/Spellskite》


 //Spells
 4《思考囲い/Thoughtseize》
 4《剣を鍬に/Swords to Plowshares》
 4《突然の衰微/Abrupt Decay》
 4《激励/Invigorate》
 2《地うねり/Groundswell》
 2《変異原性の成長/Mutagenic Growth》
 2《ヴェールのリリアナ/Liliana of the Veil》
 1《師範の占い独楽/Sensei's Divining Top》
 1《梅澤の十手/Umezawa's Jitte》

 
 //Lands
 4《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》
 4《湿地の干潟/Marsh Flats》
 4《墨蛾の生息地/Inkmoth Nexus》
 3《不毛の大地/Wasteland》
 2《Bayou》
 2《Scrubland》
 1《Savannah》
 1《ペンデルヘイヴン/Pendelhaven》
 1《森/Forest》
 1《沼/Swamp》


 ■
Sideboard
 4《神聖の力線/Leyline of Sanctity》
 2《罠の橋/Ensnaring Bridge》
 2《真髄の針/Pithing Needle》
 2《花の絨毯/Carpet of Flowers》
 2《安らかなる眠り/Rest in Peace》
 1《外科的摘出/Surgical Extraction》
 1《破滅的な行為/Pernicious Deed》
 1《ゴルガリの魔除け/Golgari Charm》

(60)(15)


【ビデオアーカイブ:決勝戦】
Sneak Show VsMerfolk

Game:1  ►Game:2  ►Game:3


【次回告知】
8月10日(日曜日)
受付:13:15~
参加費:1000円
賞品:上位陣にデュアルランド含む優良シングルカード
会場:市民交流センターひがしよどがわ

最寄り駅:JR「新大阪」駅より徒歩約5分


カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

第13回KMC優勝デッキ紹介 ~Goblins Imperial Painter~



こんばんは。Domeです。
今回は3月のKMCを優勝したゴブリンデッキの紹介をするべきなのですが、なんと優勝した仏さん本人がデッキ紹介してくれました!
これ以上説明するのは蛇足なので3月分は飛ばすことにします。
仏さんの記事は最新型のゴブリンデッキの構成について非常に分かり易く、かつ説得力のあるものなのでぜひとも読んでみてください!
►►【デッキ解説】KMC#32 優勝デッキ-Goblins-


さて、都合よく紹介記事を1回分サボったところで今度は4月のKMCを優勝したデッキを紹介します。
今年のKMCは毎月優勝アーキタイプが変わっていて、いわゆるレガシーらしい混沌さと多様性を実感できます。
さまざまなデッキが入り乱れる中では、やはり多色化して対応力を高めた3色デッキ(エスパー、BUG何とか、ジャンド、UWRデルバー・・・)が支持を集めることになります。
そんな中で珍しい単色デッキが4月のKMCを優勝しました。
その色は「赤」、しかし漢の赤単バーンではなく、卑怯とも言える一撃必殺を搭載したデッキでした。



Player:Fukudome Yuu
Deck Name:猫山赤単
Deck Designer:dome

Creature

4《絵描きの召使い/Painter's Servant》
4《帝国の徴募兵/Imperial Recruiter》
4《猿人の指導霊/Simian Spirit Guide》
2《月の大魔術師/Magus of the Moon》
1《ゴブリンの溶接工/Goblin Welder》
1《特務魔道士ヤヤ・バラード/Jaya Ballard, Task Mage》
1《ファイレクシアの破棄者/Phyrexian Revoker》

Spells
3《赤霊破/Red Elemental Blast》
3《紅蓮破/Pyroblast》
2《稲妻/Lightning Bolt》
2《死亡+退場/Dead/Gone》
4《血染めの月/Blood Moon》
4《丸砥石/Grindstone》
3《師範の占い独楽/Sensei's Divining Top》
2《水蓮の花びら/Lotus Petal》
1《紅蓮の達人チャンドラ/Chandra, Pyromaster》

Lands

4《古えの墳墓/Ancient Tomb》
4《裏切り者の都/City of Traitors》
11《山/Mountain》

■Sideboard
3《罠の橋/Ensnaring Bridge》
3《アメジストのとげ/Thorn of Amethyst》
2《漸増爆弾/Ratchet Bomb》
2《フェアリーの忌み者/Faerie Macabre》
1《トーモッドの墓所/Tormod's Crypt》
1《ファイレクシアの破棄者/Phyrexian Revoker》
1《紅蓮破/Pyroblast》
1《ゴブリンの溶接工/Goblin Welder》
1《躁の蛮人/Manic Vandal》




何と筆者自身が優勝してしまいました(笑
まさか自分のデッキを紹介することになるとは・・・・。照れるやら嬉しいやら。

4月KMCを優勝したのは赤単ペインターでした。ペインターとは《絵描きの召使い》(ペインター)と《丸砥石》のコンボデッキです。

絵描きの召使い 丸砥石
《絵描きの召使い》でライブラリーの全てのカードに共通の色を付加することで《丸砥石》の起動型能力のボーナスを発生させ続け
ライブラリーを全て墓地に落としてライブラリーアウトさせる事ができます。

また色指定を青にすることで《赤霊破》と《紅蓮破》を1マナの《名誉回復》兼《対抗呪文》として使うコンボも盛り込まれており
このコンボを前提に《赤霊破》と《紅蓮破》がメインデッキから大量に搭載されており
レガシー環境に満ち溢れる青いデッキ・カードに対して高い耐性を持つとされています。

・コンボデッキなのに赤単色で組まれる理由は赤ブラスト以外にもペインターをサーチできる《帝国の徴募兵》
・ペインターとコンボを形成する《特務魔導士ヤヤ・バラード》
・破壊されたペインター・《丸砥石》を回収する《ゴブリン溶接工》を採用できる

帝国の徴募兵 ヤヤバラード 溶接工
など、ペインター関連で多くのコンボ・シナジーが採用できるのですが、もう1つ別口の強力な勝ち手段を赤から採用しています。


それがメインから6枚採用された「月」です。

血染めの月 月の大魔術師

4枚の《血染めの月》、2枚の《月の大魔術師》を8枚の2マナランドと、6枚の0マナ加速から高速で設置し相手の土地をロックします。
BUG、RUG、UWR、エスパー、ジャンド・・・
いずれのデッキもフェッチランドとデュアルランド満載なので月が設置されると殆ど身動きが取れなくなります。
この赤単ペインターデッキでは先手1ターン目から月を設置する事が出来るので事実上の1ターンキルが発生する事もあり得ます。

火力で対処できる《月の大魔術師》の方は兎も角、《血染めの月》をメインから対処する手段は《突然の衰微》と、打ち消しぐらいしかありません。
《突然の衰微》を使うデッキはデュアルランドによって《突然の衰微》を打つ前提なので月が出ると、ほぼ衰微することが出来ません。
(一応事前にケアすればマナを立てる事で撃つことが出来ますが。)

一方、打ち消しで対処しようとすると今度はメインから採用された赤ブラストが火を噴きます。

red elemental blast pyroblast.jpg
基本土地がそれなりに入ったデッキ・・・例えば奇跡コントロール等には月は効きにくく腐るカードに見えますが
実際はフェッチランドが起動できなくなり、《渦まく知識》や《師範の占い独楽》が弱くなるので全く腐るマッチアップは殆どありません。

赤単ペインターは上記ペインター関係のコンボか、各種"月"によるマナロック2つのどちらかを目指すのですが
ペインターよりも"月"を優先してプレイする事が多いですね。


主観ですが、月1枚で勝てるマッチアップが6~7割ほどあると思っているのでそれに期待したプレイです。もはや月がメイン
ペインターがおまけの扱いですが、月が効かないマッチでは2マナランドから高速でコンボを決めて瞬殺を狙えるようになっており
ある程度相補的な組み合わせになっています。


メインデッキはペインターコンボ+月+αで構成されており、サイドはメインで足りない部分を補うカードがほとんどです。

《罠の橋》は《タルモゴイフ》等の巨大生物から身を守るカードになります。
月が優先的に対処されるため、サイド後も割られにくい上に《ゴブリンの溶接工》で回収出来るため、かなり信用できるカードになります
・・・・が最大の採用理由は「スニークショウ」に対して抵抗するためです。

スニークショウは赤いカード(《騙し討ち》)によるコンボなので月が効きづらい上に、エムラクールの存在により
ペインター+《丸砥石》で勝つ事が出来ないと言う赤単ペインターにとって最悪のマッチアップです。
本当は4枚《罠の橋》を入れたいくらいなのですが枚数の関係で仕方なく3枚になっています。

《アメジストのとげ》は追加のコンボ対策、《漸増爆弾》は赤では触れないエンチャント対策になるのですが、《アメジストのとげ》も
《漸増爆弾》も《ゴブリン溶接工》で使い回せるのがポイントです。
《フェアリーの忌み者》と《トーモッドの墓所》は墓地対策になります。

《フェアリーの忌み者》は《帝国の徴募兵》でサーチでき、《トーモッドの墓所》はこれまた《ゴブリンの溶接工》で使い回せるのを買っての採用で、《躁の蛮人》は《帝国の徴募兵》でサーチできるアーティファクト破壊で、後の1枚挿しはメインデッキの追加分になります。



今回の赤単ペインターデッキ優勝は多色化したレガシーをメタった結果といえます。
このまま多色環境が続けば赤単ペインターで勝ち続けることが出来るとができるので筆者としてはありがたいのですが
果たして次のKMCはどうなるのでしょうか?要注目ですね!!




(dome/記者ブログ

カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

Blog

KMCITポイントレース

○ ポイントレースについて

SEED Hadara Danpei

8 Hori Masataka
7 Yamanaka Kousuke
6 Doi Satsuki
6 Ishii Takuya
6 Kanbara Hokuto
6 Sekimoto Tatsuo
6 Yamada Mituhiro
5 Hayashibara Kazuki
5 Naoya Kawakami
5 Kodaira Syouta
5 Naota Kagotani
5 Yanagisawa Yuta
【更に見る】

コミュニティ戦ランキング

18 コストオーバー
13 Dread of Knights
12 ちびマルイちゃん
12 MTG With プロゲーマー
12 コダイラが来る Second Season
10 どつきまわしたれ本舗
10 Traiad Primus
9 Stronger Kanbara
8 ヒゲと愉快な仲間たち
6 ヒロイン特撮研究所
6 ノーエムラさべ太郎

TOP8DeckList

MOVIE

コラム

○ Eternal Party2017 カバレージNew!
○ MMM Finals 2017参加レポートNew!
○ 関西のエターナル事情(レガシー&モダン)New!
○ EternalParty2017の事前予約迫る!!賞品も決定!!

【過去の記事を読む】

twitter

WPN主催店舗について

KMCが運営するイベントは、一部の例外を除き、BIGMAGICなんば店にて主催されております。
検索フォーム
最新コメント
カウンター
管理用

Appendix