KMC Schedule
127th KMC
7月5日(Sun)
受付:13:30
開始:14:00
参加費:1000円
フォーマット:Legacy
定員:100名
会場:福島区民センター
最寄り駅:地下鉄千日前線「野田阪神駅」徒歩7分

[[今後の予定を更に見る]]

関西レガシーカレンダー(間違っていても責任は負いません。)
第126回KMC決勝戦動画

【GP神戸#サイドイベント:】KMC協賛 神戸牛レガシー 優勝者デッキリスト





Ishi Kazuma

 Player:Ishi Kazuma
 Deck Name:天子への願い
 Designer:フォンターナ
優勝
 //Creature
 2《石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mystic》
 1《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》
 1《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》

 //Spells
 4《剣を鍬に/Swords to Plowshares》
 4《渦まく知識/Brainstorm》
 4《Force of Will》
 2《呪文貫き/Spell Pierce》
 2《対抗呪文/Counterspell》
 1《思案/Ponder》
 4《終末/Terminus》
 2《天使への願い/Entreat the Angels》
 1《議会の採決/Council's Judgment》
 1《殴打頭蓋/Batterskull》
 4《師範の占い独楽/Sensei's Divining Top》
 3《相殺/Counterbalance》
 3《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》

 //Lands
 4《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
 4《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
 2《乾燥台地/Arid Mesa》
 2《Tundra》
 2《Volcanic Island》
 3《島/Island》
 2《平地/Plains》
 1《山/Mountain》
 1《Karakas》

 ■Sideboard
 2《翻弄する魔道士/Meddling Mage》
 1《イゼットの静電術師/Izzet Staticaster》
 2《安らかなる眠り/Rest in Peace》
 1《墓掘りの檻/Grafdigger's Cage》
 1《真髄の針/Pithing Needle》
 1《饗宴と飢餓の剣/Sword of Feast and Famine》
 1《血染めの月/Blood Moon》
 1《呪文貫き/Spell Pierce》
 1《赤霊破/Red Elemental Blast》
 1《紅蓮破/Pyroblast》
 1《至高の評決/Supreme Verdict》
 1《摩耗/Wear》
 1《モグの分捕り/Mogg Salvage》




その他のコンテンツはこちらの『Bigmagic』様の公式サイトにて随時更新中です

coverage.jpg







スポンサーサイト



カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

【KMC Modern】 TOP4 Decklist

 Player Name:Satake Yukihiro
 Deck Name:
 Deck Designer:チャン・コリン
1st Place

 //Creature(26)
 4《極楽鳥/Birds of Paradise》
 2《貴族の教主/Noble Hierarch》
 2《根の壁/Wall of Roots》
 2《復活の声/Voice of Resurgence》
 2《台所の嫌がらせ屋/Kitchen Finks》
 2《修復の天使/Restoration Angel》
 1《呪文滑り/Spellskite》
 1《漁る軟泥/Scavenging Ooze》
 1《永遠の証人/Eternal Witness》
 1《スパイクの飼育係/Spike Feeder》
 1《刃の接合者/Blade Splicer》
 1《オルゾフの司教/Orzhov Pontiff》
 1《再利用の賢者/Reclamation Sage》
 1《残忍なレッドキャップ/Murderous Redcap》
 1《静寂の守り手、リンヴァーラ/Linvala, Keeper of Silence》
 1《目覚ましヒバリ/Reveillark》
 1《テューンの大天使/Archangel of Thune》
 1《叫び大口/Shriekmaw》

 //Spells(11)
 4《出産の殻/Birthing Pod》
 2《流刑への道/Path to Exile》
 2《突然の衰微/Abrupt Decay》
 2《召喚の調べ/Chord of Calling》
 1《四肢切断/Dismember》

 //Lands(23)
 4《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》
 2《霧深い雨林/Misty Rainforest》
 2《湿地の干潟/Marsh Flats》
 2《草むした墓/Overgrown Tomb》
 1《神無き祭殿/Godless Shrine》
 1《寺院の庭/Temple Garden》
 3《ガヴォニーの居住区/Gavony Township》
 3《剃刀境の茂み/Razorverge Thicket》
 1《ラノワールの荒原/Llanowar Wastes》
 2《森/Forest》
 1《沼/Swamp》
 1《平地/Plains》


 ■Sideboard(15)
 3《思考囲い/Thoughtseize》
 2《未練ある魂/Lingering Souls》
 2《忍び寄る腐食/Creeping Corrosion》
 1《弁論の幻霊/Eidolon of Rhetoric》
 1《罪の収集者/Sin Collector》
 1《戦争の報い、禍汰奇/Kataki, War's Wage》
 1《四肢切断/Dismember》
 1《最後のトロール、スラーン/Thrun, the Last Troll》
 1《鷺群れのシガルダ/Sigarda, Host of Heron》
 1《強情なベイロス/Obstinate Baloth》
 1《クァーサルの群れ魔道士/Qasali Pridemage》


 Player Name:Takahashi Kazuya
 Deck Name:
 Deck Designer:
2nd Place

 //Creature(14)
 4《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》
 4《刃の接合者/Blade Splicer》
 4《修復の天使/Restoration Angel》
 2《雷口のヘルカイト/Thundermaw Hellkite》

 //Spells(21)

 4《稲妻/Lightning Bolt》
 4《稲妻のらせん/Lightning Helix》
 3《流刑への道/Path to Exile》
 2《戦導者のらせん/Warleader's Helix》
 2《電解/Electrolyze》
 2《マナ漏出/Mana Leak》
 2《差し戻し/Remand》
 2《呪文嵌め/Spell Snare》

 //Lands(25)
 4《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
 3《乾燥台地/Arid Mesa》
 3《蒸気孔/Steam Vents》
 2《神聖なる泉/Hallowed Fountain》
 1《聖なる鋳造所/Sacred Foundry》
 4《天界の列柱/Celestial Colonnade》
 3《変わり谷/Mutavault》
 1《硫黄の滝/Sulfur Falls》
 1《断崖の避難所/Clifftop Retreat》
 1《島/Island》
 1《山/Mountain》
 1《平地/Plains》


 ■Sideboard(15)
 3《摩耗/Wear+損耗/Tear》
 2《溶鉄の雨/Molten Rain》
 1《神々の憤怒/Anger of the Gods》
 1《至高の評決/Supreme Verdict》
 1《ボロスの魔除け/Boros Charm》
 1《聖別されたスフィンクス/Consecrated Sphinx》
 1《白鳥の歌/Swan Song》
 1《否認/Negate》
 1《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》
 1《天界の粛清/Celestial Purge》
 1《焼却/Combust》
 1《嵐の神、ケラノス/Keranos, God of Storms》


 Player Name:No Name
 Deck Name:
 Deck Designer:
3rd Place

 //Creature(16)
 4《詐欺師の総督/Deceiver Exarch》
 3《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》
 3《渋面の溶岩使い/Grim Lavamancer》
 2《やっかい児/Pestermite》
 2《呪文滑り/Spellskite》
 2《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》

 //Spells(21)
 4《稲妻/Lightning Bolt》
 4《差し戻し/Remand》
 4《血清の幻視/Serum Visions》
 3《欠片の双子/Splinter Twin》
 2《血染めの月/Blood Moon》
 2《電解/Electrolyze》
 1《謎めいた命令/Cryptic Command》
 1《よじれた映像/Twisted Image》

 //Lands(23)
 4《霧深い雨林/Misty Rainforest》
 4《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
 3《蒸気孔/Steam Vents》
 1《踏み鳴らされる地/Stomping Ground》
 3《硫黄の滝/Sulfur Falls》
 2《僻地の灯台/Desolate Lighthouse》
 5《島/Island》
 1《山/Mountain》


 ■Sideboard(15)
 2《誘惑蒔き/Sower of Temptation》
 2《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》
 2《払拭/Dispel》
 1《否認/Negate》
 1《マグマのしぶき/Magma Spray》
 1《古えの遺恨/Ancient Grudge》
 1《焼却/Combust》
 1《殴打頭蓋/Batterskull》
 1《血染めの月/Blood Moon》
 1《嵐の息吹のドラゴン/Stormbreath Dragon》
 1《ハーキルの召還術/Hurkyl's Recall》
 1《不忠の糸/Threads of Disloyalty》


 Player Name:Yoshihara Tomoki
 Deck Name:Shrimp Blue
 Deck Designer:よっしー
4th Place

 //Creature(13)
 4《修復の天使/Restoration Angel》
 4《聖トラフトの霊/Geist of Saint Traft》
 3《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》
 1《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》
 1《鏡割りのキキジキ/Kiki-Jiki, Mirror Breaker》

 //Spells(21)
 4《稲妻/Lightning Bolt》
 4《稲妻のらせん/Lightning Helix》
 4《流刑への道/Path to Exile》
 3《マナ漏出/Mana Leak》
 3《謎めいた命令/Cryptic Command》
 3《呪文嵌め/Spell Snare》

 //Lands(26)
 4《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
 2《乾燥台地/Arid Mesa》
 2《神聖なる泉/Hallowed Fountain》
 1《聖なる鋳造所/Sacred Foundry》
 2《蒸気孔/Steam Vents》
 4《天界の列柱/Celestial Colonnade》
 3《変わり谷/Mutavault》
 2《硫黄の滝/Sulfur Falls》
 1《滝の断崖/Cascade Bluffs》
 3《島/Island》
 1《山/Mountain》
 1《平地/Plains》


 ■Sideboard(15)
 2《対抗変転/Counterflux》
 2《大祖始の遺産/Relic of Progenitus》
 2《刃の接合者/Blade Splicer》
 2《石のような静寂/Stony Silence》
 1《摩耗/Wear+損耗/Tear》
 1《払拭/Dispel》
 1《天界の粛清/Celestial Purge》
 1《焼却/Combust》
 1《神聖なる埋葬/Hallowed Burial》
 1《イゼットの静電術師/Izzet Staticaster》
 1《神の怒り/Wrath of God》

カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

第38回KMC動画

【MTG】第38回KMC決勝戦Game1【レガシー】


【MTG】第38回KMC決勝戦Game2【レガシー】


【MTG】第38回KMC決勝戦Game3【レガシー】
カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

【第38回KMC】#Eternal Party2014 トライアル TOP4-Decklist

第1回Eternal Party2014トライアル

参加者54

スイスラウンド5回戦の後、シングルエリミネーション2回戦を行い見事優勝を飾ったのは
関西最強のPox使い『Adachi Ryousuke』さんでした、おめでとうございます!!



image(2).jpg

 Plaer Name:Adachi Ryousuke
 Deck Name:Pox引退します
 Deck Designer:松尾尚史
1st Place

  /Sells
 4《小悪疫/Smallpox》
 4《暗黒の儀式/Dark Ritual》
 4《無垢の血/Innocent Blood》
 4《思考囲い/Thoughtseize》
 4《ヴェールのリリアナ/Liliana of the Veil》
 4《Sinkhole》
 2《Hymn to Tourach》
 2《Nether Void》
 1《女王への懇願/Beseech the Queen》
 1《呪われた巻物/Cursed Scroll》
 1《ファイレクシアのトーテム像/Phyrexian Totem》
 1《世界のるつぼ/Crucible of Worlds》
 1《The Abyss》

 /Lands
 10《沼/Swamp》
 4《ヨーグモスの墳墓、アーボーグ/Urborg, Tomb of Yawgmoth》
 4《不毛の大地/Wasteland》
 4《ミシュラの工廠/Mishra's Factory》
 1《陰謀団のピット/Cabal Pit》
 1《リシャーダの港/Rishadan Port》
 1《産卵池/Spawning Pool》
 1《Maze of Ith》
 1《The Tabernacle at Pendrell Vale》


 ■Sideboard
 3《苦花/Bitterblossom》
 2《滅び/Damnation》
 2《罠の橋/Ensnaring Bridge》
 2《真髄の針/Pithing Needle》
 1《地獄界の夢/Underworld Dreams》
 1《墓掘りの檻/Grafdigger's Cage》
 1《根絶/Extirpate》
 1《外科的摘出/Surgical Extraction》
 1《毒の濁流/Toxic Deluge》
 1《煙突/Smokestack》



 Player Name:Ideue Yuuki
 Deck Name:
 Deck Designer:
2nd Place

 /Creature
 4《引き裂かれし永劫、エムラクール/Emrakul, the Aeons Torn》
 4《グリセルブランド/Griselbrand》

 /Spells
 4《渦まく知識/Brainstorm》
 4《思案/Ponder》
 4《実物提示教育/Show and Tell》
 4《騙し討ち/Sneak Attack》
 4《水蓮の花びら/Lotus Petal》
 4《Force of Will》
 4《呪文貫き/Spell Pierce》
 2《師範の占い独楽/Sensei's Divining Top》
 2《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》
 1《血染めの月/Blood Moon》

 /Lands
 4《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
 3《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
 3《Volcanic Island》
 3《古えの墳墓/Ancient Tomb》
 2《裏切り者の都/City of Traitors》
 3《島/Island》
 1《山/Mountain》


 ■Sideboard
 2《墓掘りの檻/Grafdigger's Cage》
 2《血染めの月/Blood Moon》
 2《紅蓮地獄/Pyroclasm》
 1《防御の光網/Defense Grid》
 1《裂け目の突破/Through the Breach》
 1《赤霊破/Red Elemental Blast》
 1《紅蓮破/Pyroblast》
 1《残響する真実/Echoing Truth》
 1《古えの遺恨/Ancient Grudge》
 1《狼狽の嵐/Flusterstorm》
 1《破壊放題/Shattering Spree》
 1《すべてを護るもの、母聖樹/Boseiju, Who Shelters All》


 Player Name:Fukudome Yuu
 Deck Name:猫山スニーク
 Deck Designer:dome
3rd Place

 /Creature
 4《引き裂かれし永劫、エムラクール/Emrakul, the Aeons Torn》
 3《グリセルブランド/Griselbrand》

 /Spells
 4《渦まく知識/Brainstorm》
 4《思案/Ponder》
 4《実物提示教育/Show and Tell》
 4《騙し討ち/Sneak Attack》
 4《水蓮の花びら/Lotus Petal》
 4《Force of Will》
 3《呪文貫き/Spell Pierce》
 2《血染めの月/Blood Moon》
 2《ギタクシア派の調査/Gitaxian Probe》
 1《師範の占い独楽/Sensei's Divining Top》
 1《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》

 /Lands
 4《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
 2《汚染された三角州/Polluted Delta》
 1《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
 1《霧深い雨林/Misty Rainforest》
 3《Volcanic Island》
 2《古えの墳墓/Ancient Tomb》
 2《裏切り者の都/City of Traitors》
 4《島/Island》
 1《山/Mountain》


 ■Sideboard
 3《防御の光網/Defense Grid》
 2《墓掘りの檻/Grafdigger's Cage》
 2《裂け目の突破/Through the Breach》
 2《紅蓮地獄/Pyroclasm》
 1《赤霊破/Red Elemental Blast》
 1《紅蓮破/Pyroblast》
 1《硫黄の精霊/Sulfur Elemental》
 1《拭い捨て/Wipe Away》
 1《残響する真実/Echoing Truth》
 1《大祖始の遺産/Relic of Progenitus》


 Player Name:Yoshihara Tomoki
 Deck Name:Shrimp Blue
 Deck Designer:よっしー
4th Place

 /Creature
 3《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》
 2《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》

 /Spells
 4《渦まく知識/Brainstorm》
 4《剣を鍬に/Swords to Plowshares》
 4《Force of Will》
 4《終末/Terminus》
 4《師範の占い独楽/Sensei's Divining Top》
 3《相殺/Counterbalance》
 3《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》
 2《天使への願い/Entreat the Angels》
 2《対抗呪文/Counterspell》
 1《呪文貫き/Spell Pierce》
 1《赤霊破/Red Elemental Blast》
 1《議会の採決/Council's Judgment》

 /Lands
 4《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
 4《汚染された三角州/Polluted Delta》
 3《Tundra》
 2《Volcanic Island》
 1《Karakas》
 6《島/Island》
 2《平地/Plains》


 ■Sideboard
 2《摩耗+損耗/Wear+Tear》
 2《安らかなる眠り/Rest in Peace》
 2《石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mystic》
 2《紅蓮破/Pyroblast》
 1《赤霊破/Red Elemental Blast》
 1《青霊破/Blue Elemental Blast》
 1《火と氷の剣/Sword of Fire and Ice》
 1《殴打頭蓋/Batterskull》
 1《狼狽の嵐/Flusterstorm》
 1《謙虚/Humility》
 1《血染めの月/Blood Moon》



*デッキ分布

14.jpg

カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

【コラム】スタックを理解する


パワー2以下のハローワーク


インペルアルリクルーター面接。
それは《帝国の徴募兵》が必要な人材をスカウトし、新社会人い活躍を与えるものである。

ここに一つの企業がある。
株式会社《ペインター》。
2008年設立の、砥石と染色に定評のあるコンボ堅きな新鋭企業である。

彼らは果たしてどのような人材を採用するのだろうか?



Border_4.jpg
 imperial recruiter crop

「君はもう内定をもらっているの?」

「はい、《バーン》様に。あとは《パトリオット》様の最終面接が決まったところです。」


「ほう、《バーン》か。うちのことも随分研究しているそうだね」
「はい!御社の製品に不利益を被る《ファイレクシアの破棄者》は私が燃やします」


勇む《渋面の溶岩使い》 渋面の溶岩使い
《帝国の徴募兵》も彼を社長面接に呼びかけるのもいいのではないか、と考えていた。










????「ちょっと待ちな!あんた、業界研究が足りてないんじゃないかい?」


jaya ballard


突然現れたのは、とても面接とは思えないスタイリッシュな恰好の炎の魔術師であった。

「ちょっと待てよ、今は俺の面接中だ」
「いーや、もう終わりだよ。環境には《真髄の針》のほうがよっぽど多いって知ってまだ面接を続けるのかい?」

その言葉で、《渋面の溶岩使い》は名前の通りの渋面を示した。


肩を怒らせながら帰っていく《渋面の溶岩使い》を見送りつつ、《帝国の徴募兵》は熱々のコーヒーをすする。
《ヤヤ・バラード》の炎で温めてもらったのだ。

「で、あなたなら《真髄の針》を破壊できるとでも」
「ええ、御社が得意とする染色の技術があれば、だけどね」

《帝国の徴募兵》は彼女の中にある“灯”を見逃さなかった。
そして、会社が成長するチャンスも。。。。






「次の紹介はペインタデッキやー」
と思っていたらdomeさんがタイムリーにKMCを優勝されたので、デッキ紹介部分は割愛。
おめでとうございます。


てことで前回のおさらい。►前編:【コラム】スタックを理解する


●(ほぼ)全ての行動に優先権が発生します
●スタックを確認しましょう



はい、以上です。
MOをやっている人ならば、しっかりと確認できるのできっと大丈夫なことでしょう。


さて、後編にあたる今回では、どのような事態にスタックに関する問題が起きやすいか。
また、どのような事態にスタックを使ったテクニックを披露できるか。
それらの一例を紹介していきたいと思います。

その際、この間GP名古屋の最中、名古屋市内の飲み会で私が覚えた
『合コンの“さしすせそ”』と絡み合わせてみますね。


テーマ1:スタックを理解していないと起きやすい問題~


フェッチランド起動⇒解決

よくある問題1位ですね。勝手に探してはいけません。
探し始めたときに唱えられたものが《エイヴンの思考検閲者》なら、まだやり直しが聞きます。

《もみ消し》なら?ジャッジ出場です、青くないからと言って安心してはいけません。

 ⇒《疑念の影》
 ⇒《束縛》
 ⇒《魔力変》からの……
白 ⇒《霊気の薬瓶》から《レオニンの裁き人》


など、言い出せばキリがありません。レガシーではあまりみないカードも多いですね。
でも、禁止でもない限り可能性はありますよね?

「わぁ、“しらなかったぁ”」

では済まされません。


プレインズウォーカーの起動型能力

これも初心者が勘違いしやすい事象のひとつ。
この頼もしい仲間は『忠誠度カウンターを増やす(減らす)』ことをコストに『テキストに書かれている内容』を起動します。

つまり、

.《精神を刻むものジェイス》着地⇒+能力起動。そこに《稲妻》を打ち込んだ結果は

.忠誠度カウンターが2個置かれた《精神を刻むものジェイス》がある状態で能力が解決されます

「じゃあ能力を使う前に《稲妻》や!」

.《精神を刻むものジェイス》着地⇒+能力起動
そう、着地後スグに能力を起動した際、優先権が移らないため、《稲妻》を打ち込めないのです。

「“そうなんだぁ”」

そう思った方は、ひとつマジックが上手になれましたよ!


●ドローステップの優先権

こんなところにもあるんですよ、優先権。
カードを引いた後に誘発型能力が解決されます。
レガシーでよく見るカードだと《森の知恵》あたりが有力ですね。

そして、このドローステップによくキャストされるのが、《外科的摘出》や《ヴェンデリオン三人衆》などです。
引いたカードがインスタントタイミングで唱えられないカードなら、そのまま追放領域やライブラリーの底へ…なんて事にも。

引いたカードをすぐに唱えるのではなく、ここでも優先権の確認を行えば、

「“さすが!”ルールをわかってる」と評価されること間違いなし!



テーマ:2 スタックを理解していれば使えるテクニック~


●《ヴェールのリリアナ》をやっつけろ

+1能力でハンド、―2能力で場のクリーチャーを墓地送りにする優秀なプレインズウォーカー。
名だたるプレイヤーなら知っている、ちょっとした対策を共有しましょう。

リリアナの性質上、お互いの手札、もしくはあなたの場が壊滅に近づいている場合が多数です。


.もし、相手の手札がゼロなら、相手はアドバンテージを失わずに手札のカードを1枚要求するわけです


「なら、相手の手札を増やしましょう」


《ヴェールのリリアナ》能力起動⇒解決
その間にバウンス呪文を唱えたら?そう、一種のパーマネント破壊に早変わり!

「“センスあるぅ”」


.次に、こちらのクリーチャーが1体の時に相手が―2能力を使ってきたら、それは確定除去と同じ効果ですね

「なら、クリーチャーを増やしましょう」

《ヴェールのリリアナ》能力起動⇒解決
その間に《瞬唱の魔道士》を唱えたら?緑絡みのフェッチランドを起動させて《ドライアドの東屋》をプレイしたら?
なんと、あなたの場に元からいたクリーチャーが守られました!

「“すごぉい”」


いかがでしたか?
もちろんこれらはほんの一例に過ぎません。
カードを知ることで可能性をドンドン広げていきましょう!

ゲームを買っても説明書を読まないのは、それが一人だけでするものならば構いません。
ただ、誰かとするのであれば、その人と楽しむために説明書を読むべきだと私は思います。

上手なプレイヤーは、構築やプランニング、プレイングはもちろん、ルールへの理解も深いです。
いきなりプレイスキルを上げることは不可能でも、ルールを覚えることはできると思いませんか?


最後に、本日覚えたことを復習しましょう。


  • さ すが
  • し らなかった
  • す ごい 
  • せ ンスある
  • そ -なんだ



・・・・・・え、こっちじゃない?
タグ : chun
カテゴリ : KMC記事のURL コメント (2) トラックバック (0)

第37回KMC動画

【MTG】第37回KMC決勝戦Game1【レガシー】


【MTG】第37回KMC決勝戦Game2【レガシー】


【MTG】第37回KMC決勝戦Game3【レガシー】
カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

【第37回:KMC】 TOP8デッキリスト公開‼‼



雨ニモマケ’s 風ニモマケ’s


kmc_37.jpg



 Player Name : Kurita Yudai
 Deck Name : Kurita Yudai
 Deck Designer :近畿大学MTGサークル"Kuz"の皆様
1st Place

 //Creature
 4《死儀礼のシャーマン/Deathrite Shaman》
 4《断片無き工作員/Shardless Agent》
 4《タルモゴイフ/Tarmogoyf》
 2《悪意の大梟/Baleful Strix》

 //Spells
 4《渦まく知識/Brainstorm》
 4《突然の衰微/Abrupt Decay》
 4《Force of Will》
 4《Hymn to Tourach》
 1《思考囲い/Thoughtseize》
 2《祖先の幻視/Ancestral Vision》
 1《森の知恵/Sylvan Library》
 1《毒の濁流/Toxic Deluge》
 1《大渦の脈動/Maelstrom Pulse》
 2《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》
 1《ヴェールのリリアナ/Liliana of the Veil》

 //Lands
 4《霧深い雨林/Misty Rainforest》
 4《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》
 1《汚染された三角州/Polluted Delta》
 1《湿地の干潟/Marsh Flats》
 3《Underground Sea》
 3《Bayou》
 3《Tropical Island》
 2《不毛の大地/Wasteland》
 1《忍び寄るタール坑/Creeping Tar Pit》
 1《沼/Swamp》


 ■Sideboard
 申し訳ございません。
 リストチェックを怠った運営側のミスによりサイドボードが不明です
 以後、この様な事がないよう気を付けます




 Player Name : Niwa Hotaka
 Deck Name : UR-Landstill
 Deck Designer :
2nd Place

 //Creature
 4《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》

 //Spells
 4《渦まく知識/Brainstorm》
 4《Force of  Will》
 3《呪文嵌め/Spell Snare》
 2《呪文貫き/Spell Pierce》
 3《もみ消し/Stifle》
 4《稲妻/Lightning Bolt》
 3《噴出の稲妻/Burst Lightning》
 1《電解/Electrolyze》
 2《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》
 4《行き詰まり/Standstill》
 2《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》

 //Lands
 3《汚染された三角州/Polluted Delta》
 2《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
 2《霧深い雨林/Misty Rainforest》
 4《Volcanic  Island》
 1《Underground  Sea》
 1《蒸気孔/Steam Vents》
 4《ミシュラの工廠/Mishra's Factory》
 1《忍び寄るタール坑/Creeping Tar Pit》
 4《不毛の大地/Wasteland》
 2《島/Island》

 
 ■Sideboard
 2《赤霊破/Red Elemental Blast》
 2《紅蓮破/Pyroblast》
 2《粉々/Smash to Smithereens》
 2《大祖始の遺産/Relic of Progenitus》
 1《真髄の針/Pithing Needle》
 1《紅蓮地獄/Pyroclasm》
 1《否認/Negate》
 1《狼狽の嵐/Flusterstorm》
 1《外科的摘出/Surgical Extraction》
 1《虐殺/Massacre》
 1《非業の死/Perish》










 Player Name : Nishitani Yutaka
 Deck Name : UR Delver With
 Deck Designer :くらたはる
3rd Place

 //Creature
 4《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets》
 4《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》
 4《若き紅蓮術士/Young Pyromancer》
 2《真の名の宿敵/True-Name Nemesis》

 //Spells
 4《渦まく知識/Brainstorm》
 4《思案/Ponder》
 4《ギタクシア派の調査/Gitaxian Probe》
 4《Force of  Will》
 4《目くらまし/Daze》
 4《稲妻/Lightning Bolt》
 4《Chain  Lightning》

 //Lands
 4《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
 2《霧深い雨林/Misty Rainforest》
 1《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》
 1《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
 3《Volcanic  Island》
 1《Tropical  Island》
 4《不毛の大地/Wasteland》
 1《島/Island》
 1《山/Mountain》

 
 ■Sideboard
 3《罠の橋/Ensnaring Bridge》
 3《赤霊破/Red Elemental Blast》
 2《外科的摘出/Surgical Extraction》
 2《渋面の溶岩使い/Grim Lavamancer》
 2《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》
 1《破壊的な享楽/Destructive Revelry》
 1《古えの遺恨/Ancient Grudge》
 1《硫黄の精霊/Sulfur Elemental》



 Player Name : Kagotani Naota
 Deck Name : 遅れました・・・
 Deck Designer :足立了亮
4th Place

 //Creature
 4《石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mystic》
 3《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》
 1《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》

 //Spells
 4《渦まく知識/Brainstorm》
 4《剣を鍬に/Swords to Plowshares》
 3《思考囲い/Thoughtseize》

 1《コジレックの審問/Inquisition of Kozilek》
 4《Force of  Will》
 1《対抗呪文/Counterspell》
 1《呪文貫き/Spell Pierce》
 2《未練ある魂/Lingering Souls》
 1《議会の採決/Council's Judgment》
 2《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》
 1《梅澤の十手/Umezawa's Jitte》
 1《殴打頭蓋/Batterskull》
 3《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》

 //Lands
 4《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
 2《汚染された三角州/Polluted Delta》
 2《湿地の干潟/Marsh Flats》
 3《Tundra》
 2《Underground  Sea》
 1《Scrubland》
 1《Karakas》
 2《ミシュラの工廠/Mishra's Factory》
 1《忍び寄るタール坑/Creeping Tar Pit》
 2《島/Island》
 2《平地》
 1《沼/Swamp》


 ■Sideboard
 2《安らかなる眠り/Rest in Peace》
 2《エーテル宣誓会の法学者/Ethersworn Canonist》
 1《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》
 1《思考囲い/Thoughtseize》
 1《外科的摘出/Surgical Extraction》
 1《未練ある魂/Lingering Souls》
 1《議会の採決/Council's Judgment》
 1《盲信的迫害/Zealous Persecution》
 1《至高の評決/Supreme Verdict》
 1《否認/Negate》
 1《狼狽の嵐/Flusterstorm》
 1《流刑への道/Path to Exile》
 1《饗宴と飢餓の剣/Sword of Feast and Famine》





 Player Name : Ujimasa Yasuhiro
 Deck Name : B-U-JI-
 Deck Designer : Ujimasa Yasuhiro
5th Place

 //Creature
 4《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets》
 4《死儀礼のシャーマン/Deathrite Shaman》
 4《タルモゴイフ/Tarmogoyf》

 //Spells
 4《渦まく知識/Brainstorm》
 4《思案/Ponder》
 4《Force of Will》
 4《目くらまし/Daze》
 2《呪文貫き/Spell Pierce》
 3《Hymn to Tourach》
 3《突然の衰微/Abrupt Decay》
 2《見栄え損ない/Disfigure》
 2《ヴェールのリリアナ/Liliana of the Veil》
 1《森の知恵/Sylvan Library》

 //Lands
 3《汚染された三角州/Polluted Delta》
 3《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》
 2《霧深い雨林/Misty Rainforest》
 4《Underground Sea》
 2《Bayou》
 1《Tropical Island》
 4《不毛の大地/Wasteland》


 ■Sideboard
 2《思考囲い/Thoughtseize》
 2《外科的摘出/Surgical Extraction》
 2《ゴルガリの魔除け/Golgari Charm》
 2《真髄の針/Pithing Needle》
 2《墓掘りの檻/Grafdigger's Cage》
 1《無のロッド/Null Rod》
 1《虐殺/Massacre》
 1《仕組まれた疫病/Engineered Plague》
 1《突然の衰微/Abrupt Decay》
 1《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》



 Player Name : Yomura Syuuta
 Deck Name : Dredge
 Deck Designer :
6th Place

 //Creature
 4《ゴルガリの墓トロール/Golgari Grave-Troll》
 4《ナルコメーバ/Narcomoeba》
 4《臭い草のインプ/Stinkweed Imp》
 3《イチョリッド/Ichorid》
 2《朽ちゆくインプ/Putrid Imp》
 2《ゴルガリの凶漢/Golgari Thug》
 1《憎悪縛りの剥ぎ取り/Flayer of the Hatebound》
 1《グリセルブランド/Griselbrand》

 //Spells
 4《ライオンの瞳のダイアモンド/Lion's Eye Diamond》
 4《陰謀団式療法/Cabal Therapy》
 4《黄泉からの橋/Bridge from Below》
 4《信仰無き物あさり/Faithless Looting》
 3《入念な研究/Careful Study》
 3《打開/Breakthrough》
 3《戦慄の復活/Dread Return》

 //Lands
 4《宝石鉱山/Gemstone Mine》
 4《真鍮の都/City of Brass》
 2《知られざる楽園/Undiscovered Paradise》
 1《セファリッドの円形競技場/Cephalid Coliseum》
 1《マナの合流点/Mana Confluence》

 
 ■Sideboard
 4《自然の要求/Nature's Claim》
 3《突然の衰微/Abrupt Decay》
 3《炎の嵐/Firestorm》
 1《エメリアの盾、イオナ/Iona, Shield of Emeria》
 1《狂気の種父/Sire of Insanity》
 1《打開/Breakthrough》
 1《イチョリッド/Ichorid》
 1《大修道士、エリシュ・ノーン/Elesh Norn, Grand Cenobite》



 Player Name : Kabeya Atsushi
 Deck Name : Kabeya Atsushi
 Deck Designer : BUG Delver
7th Place

 //Creature
 4《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets》
 4《死儀礼のシャーマン/Deathrite Shaman》
 4《タルモゴイフ/Tarmogoyf》

 //Spells
 4《渦まく知識/Brainstorm》
 3《思案/Ponder》
 1《ディミーアの魔除け/Dimir Charm》
 4《Force of Will》
 3《目くらまし/Daze》
 4《突然の衰微/Abrupt Decay》
 4《Hymn to Tourach》
 2《ヴェールのリリアナ/Liliana of the Veil》
 1《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》
 1《森の知恵/Sylvan Library》


 //Lands
 4《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》
 3《汚染された三角州/Polluted Delta》
 2《霧深い雨林/Misty Rainforest》
 4《Underground  Sea》
 2《Bayou》
 1《Tropical  Island》
 4《不毛の大地/Wasteland》


 ■Sideboard
 2《水没/Submerge》
 2《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》
 2《見栄え損ない/Disfigure》
 2《ゴルガリの魔除け/Golgari Charm》
 1《外科的摘出/Surgical Extraction》
 1《無のロッド/Null Rod》
 1《真髄の針/Pithing Needle》
 1《墓掘りの檻/Grafdigger's Cage》
 1《森の知恵/Sylvan Library》
 1《狼狽の嵐/Flusterstorm》
 1《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》









 Player Name : Fukudome  Yuu
 Deck Name : Sneak Show
 Deck Designer : dome
8th Place

 //Creature
 4《引き裂かれし永劫、エムラクール/Emrakul, the Aeons Torn》
 3《グリセルブランド/Griselbrand》

 //Spells
 4《渦まく知識/Brainstorm》
 4《思案/Ponder》
 1《定業/Preordain》
 2《ギタクシア派の調査/Gitaxian Probe》
 4《Force of Will》
 3《呪文貫き/Spell Pierce》
 4《実物提示教育/Show and Tell》
 4《騙し討ち/Sneak Attack》
 4《水蓮の花びら/Lotus Petal》
 1《師範の占い独楽/Sensei's Divining Top》
 2《血染めの月/Blood Moon》
 
 //Lands
 4《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
 2《汚染された三角州/Polluted Delta》
 1《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
 1《霧深い雨林/Misty Rainforest》
 2《古えの墳墓/Ancient Tomb》
 2《裏切り者の都/City of Traitors》
 3《Volcanic Island》
 4《島/Island》
 1《山/Mountain》


 ■Sideboard
 2《紅蓮地獄/Pyroclasm》
 2《裂け目の突破/Through the Breach》
 2《墓掘りの檻/Grafdigger's Cage》
 2《すべてを護るもの、母聖樹/Boseiju, Who Shelters All》
 1《赤霊破/Red Elemental Blast》
 1《紅蓮破/Pyroblast》
 1《硫黄の精霊/Sulfur Elemental》
 1《真価の宗匠/Magister of Worth》
 1《大祖始の遺産/Relic of Progenitus》
 1《拭い捨て/Wipe Away》
 1《残響する真実/Echoing Truth》




第37回KMC-デッキ分布
...参加者39名
8.jpg





■観戦記事
ヨシザワ ケイタ(エルフ) vs カワサキ マサツグ(バント)  text by Tatsuo Sekimoto (TTW)

カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

8月14日はエタパトライアルKMC!!

いつもお世話になっております!

本日は台風直撃のKMCですが、39名もの”危険を恐れない者”たちにご参加いただきました!

さて、そんなKMCですが、4日後の8月14日(木)にもKMCを開催します!

しかも、エターナルパーティ2014のトライアルでもあります!
世界最速第1回目のトライアルを優勝して、安心のBYEを最速で手に入れましょう!

もちろん、ポイントレース対象大会でもあります!

なお、当初は此花区民ホールと告知していましたが、場所が変わっておりますので、ご注意ください。
日程:8月14日(木)
フォーマット:レガシー
参加費:¥1000
受付:13:10
■会場
市民交流センターなにわ
■アクセス
JR「芦原橋」駅から徒歩1分

また、17日にはKMC初のモダンフォーマットが開催されます!
神戸直前の大規模な草の根大会となりますので、是非ご参加ください!
日程:8月17日(日)
フォーマット:モダン
参加費:¥1000
受付:13:10
  定員:64名
■会場
福島区民センター
■アクセス
http://www.city.osaka.lg.jp/shimin/page/0000016603.html
カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

負けを認める

――――――グリセルさん 第1話―――――


すきすきすきすき コンボ すき~ あいしてる♪
すきすきすきすき すき? すき~ グ~リ~セル~さん♪


この罠の橋わたるべからず~

「グリセルさーん、一大事にござるー!」

いつものようにエムラ衛門が暗黒寺(※)に駆け込んできました。
このお寺にはどんな問題でもドローと力技で解決する、邪悪な小坊主がいるためです。

「はーい」

登場、我らがグリセルさん。
今日は一体どんなゴリ押しを見せてくれるのでしょうか?


『このはしわたるべからず』

川に架けられていたのは《罠の橋》。
これでは対戦相手の戦場へは参れません。

「ふっふっふ。グリセルブランドよ、この橋を渡らないと儂を倒せぬぞ」

橋の向こうで高笑いをするはミラクル将軍。
果ては《Tundra》の極寒の地から、飛んで熱帯の《Volcanic Island》まで。
3つの色に渡る領地を持つ、それはお偉いお殿様。
独楽回しの達人でもあるそうな。

「将軍の手札は4枚。従者の天使たちは渡れて、我らのみが渡ることができないのです。」

「あわてないあわてない、さっそく7枚ドローして考えてみましょう」

グリセルさんはおもむろにライブラリーから7枚のカードを引き、少し考えた末、さらに追加のドロー。
計14点のライフを支払うことができたのも、ミラクル将軍がライフへのプレッシャーをかけるのが得意ではなかったからです。

「何か思いつきましたか」

「はい。今のママで橋を渡ることができないなら、渡れるように作りかえればいいのです」

18枚の手札をひらひらさせながら、グリセルさんは意地の悪い笑顔を浮かべます。

「では大工さんに登場していただきましょう」

キャスト!《ダク・フェイデン》《罠の橋》を対象に、《ー2》能力を起動!


なんということでしょう。
あんなに狭かった《罠の橋》が、エムラ衛門も渡れる広々とした空間に。
飛行クリーチャーすらもとらえる謎のうねうねした物体も、匠の細やかな気配りにより取り払われたのでした。
これには家族も大喜び。
さっそくエムラ衛門とグリセルさんはミラクル将軍をひとやすみさせに橋を渡ります。


「はーい。面白かった?じゃーねー」


※安国寺と読みは同じですが、実際の人物・建物・団体とは一切関係ありません。あしからず。


     ―――――――――――――――




「先人の所業を笑いにかえる、それがパロディである」

みなさんこんにちは。
某国民的アニメを見たことない世代には今回の冒頭部分が伝わらないのでは、とドキドキするChunです。
著作権的な意味でもドキドキしております。


さて、今回は《奇跡》vs《スニークショー》という、このコラムにあるまじき取り合わせです。
中華料理屋でオムライスを頼むようなものですね。

大きな大会ではそれなりの数のプレイヤーが使用する《スニークショー》
一般的な対策方法は2つ、うち1つが



出させない

と言うものになります。
ハンデスでキーカードを抜くも、ヘイトベアーでライフ共々圧力をかけるも、《実物提示教育》を打ち消すもよし!
それでも《実物提示教育》が通ってしまったらどうしましょう?
そこでもう1つの解決法

クリーチャーを無力化する


の登場です。
《スニークショー》には基本大型クリーチャーしかいない構成が多いので、(《ヴェンデリオン三人衆》等のサポートクリーチャーがいる事もあります)
《罠の橋》は対策不可能なカードになりえます。
クリーチャーの枚数が圧倒的に少ないので、《謙虚》を置いて数で勝つ方法もありますね。

ここで、対策カードを置かれた《スニークショー》側の視点に立ってみましょう。

……そう、何もできません。
上記のグリセルさんのように対策カードキラーがあるのであればいいのですが、サイド戦でもない限り絶望的です。
まだ《奇跡》側には《精神を刻む者、ジェイス》もいなければ、天使トークンが暴力的に並んでいるわけではありません。
しかし、このまま続けても《スニークショー》が勝つことはないでしょう。


「続けますか?」


当たり前ですが、マジックの大会では投了が認められています。
なんでもすぐに投了するのはせっかく勝てたかもしれない場面をフイにするかもしれません。
状況によっては対戦相手に不快感を与えるかもしれません。
しかし、あなたが絶対に勝てないと感じた場面においてはどうでしょう?
あなたを追い詰めた対戦相手の手腕に敬意を表して、負けを認めることも大切だとは思いませんか?

現実的な側面でいうと与えられた時間は有限です。
圧倒的な場面を展開されたのが1セット目だった場合、あなたは投了するかどうかを考えて欲しいのです。


続けるメリット
もしかしたら勝てるかもしれない
相手のデッキの中身がより分かるかもしれない

投了するメリット
2戦目、3戦目に時間を多く割ける
試合が長引くほどギャラリーが増え、あなたのデッキや戦術が第3者の目に留まる危険性を回避できる


もちろんこれは一例に過ぎません。その中でもみなさんに特に考えて欲しいことが

もしかしたら勝てるかもしれない

の部分です。
あなたには“もしかしたら”の中身を思い描いてプレイ出来ていますか?
不利な状況からどうすれば勝てるのか、そのヴィジョンもなくだらだらと引いたカードに一喜一憂していませんか?
逆に、勝てるプランが明確に潜んでいるのに、場の優劣だけで投了を選択していませんか?


負けを認めることも重要なプレイングの1つです。

・お互いの場の状況を把握すること
・続けた場合、どうすれば勝てるのかを思い描けること
・残り時間と、その時間をどう当てるのかを考えること
・なにより、対戦相手と気持ちのいい試合をすること


全てを意識してこそ、初めて戦略的な投了ができるというものです。

まずできること、それは自分のデッキの中身を正確に理解すること。
あなたのデッキの力を最大限引き出して、対戦相手と充実した時間を作りましょう!
それでも負けることは多々あります。
そのときは潔く負けを認めましょう。


……どうしよう、今回本編ほぼボケ無しに書いてしまった。



     ――――――グリセルさん 第2話―――――


すきすきすきすき コンボ すき あいしてる♪
すきすきすきすき すき すき グリセルさん♪


この罠の橋わたるべからず

■□■主要登場人物■□■
グリセルさん:対戦相手をひとやすみさせることに定評のある小坊主
ミラクル将軍:《罠の橋》もいいけど、クリーチャーを出させない努力もしよう
エムラ衛門:暗黒寺に駆け込む際に滅殺6が誘発している
ダク・フェイデン:筆者予想ではスニークショーで案外活躍できるのでは、なリフォームの匠


今回も架けられている《罠の橋》。一度は破れた戦法だが、そこは稀代のミラクル将軍。
転んでもタダでは起きません。

「おやぁ。将軍様、今回は警備の方を雇ったんですね」

橋の隣にある駐在所には《平和の番人》{時給(1)(白)}が。
これでは橋の幅を広げても、渡ることはできません。

「ふっふっふ。諦めて用心棒ジェイスに精神を刻まれるがいいわ」

「慌てない慌てない、今回は一気に14枚引いてしまいましょう」

《水蓮の花びら》をキャスト。
さらに《金属モックス》をキャストして、《御霊の復讐》を刻印。
黒マナから《暗黒の儀式》、もう一回《暗黒の儀式》!

「まさか貴様、デッキを変えたのか!」

怒りに顔を赤くするミラクル将軍。
しかしストームが9に達するころには血の気がひいて青ざめ……
最後に《苦悶の触手》が将軍に絡みつき、白い泡を吹いてひとやすみさせられたのでした。

「さすがミラクル将軍、顔色だけでトリコロールを表すなんて」


「次回、?屏風に隠れたる雄ジカ退治?をお楽しみに、ねっ!」
タグ : chun
カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

エターナルパーティ2014開催!!

「時は五年前まで遡る…。」

レガシープレイヤーなら誰もが羨望するあの大会が、KMCプロデュースの元、ついに開催されます!

エターナルパーティ2014の復活です!!



Bigmagic様の運営するサイト、Bigwebにてファクトシートが掲載されております!

Bigweb【エターナルパーティ2014】特設ページ⇒http://www.bigmagic.net/etp2014/



カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

Blog

KMCITポイントレース

○ ポイントレースについて

SEED Hadara Danpei

8 Hori Masataka
7 Yamanaka Kousuke
6 Doi Satsuki
6 Ishii Takuya
6 Kanbara Hokuto
6 Sekimoto Tatsuo
6 Yamada Mituhiro
5 Hayashibara Kazuki
5 Naoya Kawakami
5 Kodaira Syouta
5 Naota Kagotani
5 Yanagisawa Yuta
【更に見る】

コミュニティ戦ランキング

18 コストオーバー
13 Dread of Knights
12 ちびマルイちゃん
12 MTG With プロゲーマー
12 コダイラが来る Second Season
10 どつきまわしたれ本舗
10 Traiad Primus
9 Stronger Kanbara
8 ヒゲと愉快な仲間たち
6 ヒロイン特撮研究所
6 ノーエムラさべ太郎

TOP8DeckList

MOVIE

コラム

○ Eternal Party2017 カバレージNew!
○ MMM Finals 2017参加レポートNew!
○ 関西のエターナル事情(レガシー&モダン)New!
○ EternalParty2017の事前予約迫る!!賞品も決定!!

【過去の記事を読む】

twitter

WPN主催店舗について

KMCが運営するイベントは、一部の例外を除き、BIGMAGICなんば店にて主催されております。
検索フォーム
最新コメント
カウンター
管理用

Appendix