KMC Schedule
127th KMC
7月5日(Sun)
受付:13:30
開始:14:00
参加費:1000円
フォーマット:Legacy
定員:100名
会場:福島区民センター
最寄り駅:地下鉄千日前線「野田阪神駅」徒歩7分

[[今後の予定を更に見る]]

関西レガシーカレンダー(間違っていても責任は負いません。)
第126回KMC決勝戦動画

29日は、せれと遊ぼう!緊急開催KMC!

いつもお世話になっております!

皆様GP京都はお疲れ様でした!
GP京都が終わって、テンションが下がってる人から、むしろ上がっている人まで様々かと思いますが、私せれは上がっている派です!

そんなテンション上がっている派のせれが遊ぶため、29日にレガシーの大会を緊急開催することになりました!
賞品は、参加人数に応じて変わりますが、プラスSSSで手に入れたBOXを無償提供しますので、お得な大会ではあると思います!

せれと遊びたい!という方は、是非ご参加ください!

ちなみに、KMCポイントレース対象外です。ご了承ください。
また、開催場所はいつもと全然違います。その点についてもご注意ください。
緊急開催KMCライト

日程:4月29日(祝・水)

フォーマット:レガシー
参加費:1000円
受付:13:30~
定員:59名

主催も参加する形の大会となります。ご了承ください。
KMCポイントレース対象外です。

■会場
大阪市立西区民センター

住所:大阪市西区北堀江 4-2-7

■アクセス
地下鉄 千日前線「西長堀」駅 ⑦番出口 北へ100m
地下鉄 鶴見緑地線「西長堀」駅 ③番出口 南へ100m

スポンサーサイト



カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

【チームレガシー】第47回KMC&【招待制】KMCIT

いつもお世話になっております!
先日のKMCClassicには沢山の方々にご参加いただきました!
この場をお借りしてお礼申し上げます。

さて、GP京都まであと一週間となりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
毎週末開かれるGPT、個人でやっている調整会など、若干の疲労も見え隠れしているころでしょうか。
とにかく、GP京都までは突っ走りましょう!

そして、GP京都後のゴールデンウィークに開催されるKMCは、チームレガシーです!
GP京都後の息抜き、そして、久々に帰省した友人たちと和気藹々としたレガシーを楽しみませんか?

ちなみに、このチームレガシーKMCが招待制イベントKMCインビテーショナルトーナメント(以下、KMCIT)までの最後のポイントレース対象KMCです!

シードのプレイヤー1人を除く、KMCポイントレースTOP16タイのポイント保持者にKMCITへの参加権が授与されます。
賞品は、写真の通り今回も豪華です!
もちろん、参加費も無料です!
そして、前回から継続して、ポイントレース1位の方に記念品の贈呈も予定しております!
S__10895368.jpg
また、当日は、通常のレガシー大会(ポイントレース除外)も開催されますので、どなたでもご参加ください!

レガシーを楽しみ尽くしましょう!
皆様のご参加を心よりお待ち申しております!
第46回KMC

日程:5月4日(祝・月)

フォーマット:チームレガシー(スイス+TOP4によるSE2回戦)
参加費:3000円
受付:13:30~

チームレガシーです。
参加費は、チーム単位のものです。


■会場

市民交流センターひがしよどがわ

大阪府大阪市東淀川区西淡路1丁目4−18
TEL:06-6321-3816

■アクセス
JR「新大阪」駅、東口から徒歩5分

5th KMC Invitational Tounament

日程:6月20日(土)

フォーマット:レガシー(スイス+TOP4によるSE2回戦)
参加費:無料
受付:13:30~


招待制イベントです。
シードのプレイヤー1人を除く、KMCポイントレースTOP16タイのプレイヤーにのみ参加権がございます。


■会場

市民交流センターひがしよどがわ

大阪府大阪市東淀川区西淡路1丁目4−18
TEL:06-6321-3816

■アクセス
JR「新大阪」駅、東口から徒歩5分
KMCIT併催 KMCすぺしゃる

日程:6月20日(土)

フォーマット:レガシー
参加費:1000円
受付:13:30~

通常のレガシー大会です。どなたでもご参加いただけます。
KMCポイントレース除外大会です。


■会場

市民交流センターひがしよどがわ

大阪府大阪市東淀川区西淡路1丁目4−18
TEL:06-6321-3816

■アクセス
JR「新大阪」駅、東口から徒歩5分
カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

仏が如く ~KMCClassic参戦記~

皆さんこんにちは!
S__10379308.jpg

仏です。

さて、今回はKMCCに参加してきたレポートをお送りしようと思います。
GP京都まで残すところもあと僅か!会場にお集まりいただいたプレイヤーの皆さんからの熱気が伝わります!僕も負けてはいられません!それではいってみましょう!

デッキは最近ずっと使っているCanadian Thresholdです。
リストはこちら

4 《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets》
4 《敏捷なマングース/Nimble Mongoose》
4 《タルモゴイフ/Tarmogoyf》
4 《渦まく知識/Brainstorm》
4 《思案/Ponder》
4 《稲妻/Lightning Bolt》
4 《もみ消し/Stifle》
4 《目くらまし/Daze》
4 《Force of Will》
3 《ギタクシア派の調査/Gitaxian Probe》
2 《呪文貫き/Spell Pierce》
1 《二股の稲妻/Forked Bolt》
4 《不毛の大地/Wasteland》
3 《Volcanic Island》
3 《Tropical Island》
2 《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
2 《霧深い雨林/Misty Rainforest》
2 《汚染された三角州/Polluted Delta》
2 《沸騰する小湖/Scalding Tarn》


R1 Grixis Delver
いきなりフィーチャーに呼ばれました!
S__10379309.jpg

今までフィーチャーされたマッチはほとんど勝ったことがなかったのでほんと緊張しましたが勝てて良かったです^_^;
詳しくはカバレージで!!
○○
1-0

R2 MUD
メインから罠橋!サイド後勝ち確と思っていたら白金の帝像!負け!
全く考えていなかったカードが出てきて焦りました^_^;
×○×
1-1

R3 Jeskai Blade
目くらまし、Force of Willで相手のスペルを全て弾いてマングースで殴り勝ち!サイド後はもみ消しと不毛の大地で土地事故させているうちに殴り勝つというCanadian Thresholdらしい勝ち方でした。
○○
2-1

R4 UR Delver
メイン、サイドともに相手のクリーチャーを丁寧に除去しつつ、タルモゴイフ、マングースで寄り切り!
○○
3-1

R5 Sultai Delver
メインはリリアナとタシグルの前に完敗!サイド後は土地事故させつつマングースで勝ち!
×○○
4-1

R6 Death&Tax
メインはタルモゴイフ連打で勝ち!サイド後はうまいことこちらのマナ基盤を破壊され、相手のクロックに追い付けず負け!
○××
4-2
ここでTop8は目無しに(。-_-。)

R7 UR Delver
メイン、サイドともに若き紅蓮術師を処理出来ず、こちらのマナ基盤が噛み合わないうちに削り切られて負け!G2で発展の代価で引き分けたのが印象的でした!
×-×
4-3


最終成績は4-3と勝ち切れませんでした>_<
今回のKMCCの直前のGPTで2Byeを獲得出来ていたので、気持ち的には楽な気持ちで臨むことが出来ました。勝ち切れなかったのは残念ではありましたが、今回学ぶことも多く、レガシーは本当に奥が深いなと感じました。
4-1の時点で同じ勝敗ラインのところにDeath&Tax、Canadian Thresholdが多くいたように見えましたが、上位には残れなかったようですね。オムニテルの強さを思い知らされる結果となりました。
Top8に残られたプレイヤーの皆さんおめでとうございます!白熱したゲームを見せていただき、こちらも熱くなっておりました!

GP京都のフォーマットがレガシーと発表され、今までGP本戦とは無縁であったレガシープレイヤー達も活気付いてきました。もちろん僕もその一人です。
冒頭でも述べましたが、会場にお集まりいただいた皆さんからの熱気が伝わってきて、レガシーの盛り上がりがよくわかりました。
S__22544388.jpg


KMCではいつもプレイヤー同士和気あいあいとマジックしたり、話しをしている場面をよく見かけ、アットホームな雰囲気で本当にいい大会だなぁと感じています。今回も決勝戦が終わり撤収作業をしていると、残っておられたプレイヤーの皆さんが、誰が何かを言った訳でもないのですが、各々がそれぞれ撤収作業を手伝ってくださいました。おかげで予定していた時間よりもずっと早く作業を終えることが出来ました。大会の場所を提供するのは僕たちの仕事なのですが、KMCの大会というのは本当にプレイヤーの皆さんを含め、全員で成り立っているんだなぁということを実感して本当に嬉しく思いました!

S__2998408.jpg

参加いただきましたプレイヤーの皆さん、スタッフ、ジャッジの皆さん本当にお疲れ様でした!
GP京都まで残り時間も少ないですが突っ走っていきましょう!
あ、もちろんGP後もKMCをよろしくお願いします(^-^)/
以上、仏でした!
カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

KMC Classic2 まとめ

IMG_1958.jpg
優勝はOmnitellを使用した 上本 貴大さんでした!おめでとうございます!

■カバレージ
KMC Classic2 SF : 佐竹 志太(兵庫県)vs高橋 良平(大阪府)

KMC Classic2 Round7
: 今川 浩匡(大阪府)vs滝坂 透(京都府)

KMC Classic2 Round5
: 上本 貴大(京都府)vs福留 友(京都府)

KMC Classic2 Round3
: 佐竹 志太(兵庫県)vs田村 成幸(大阪府)

KMC Classic2 Round1
: 水口 清志(大阪府)vsFujimoto Youzou(京都府)


■観戦動画■
KMC Classic2 決勝 : 上本 貴大(京都府)vs 高橋 良平(大阪府)



KMC Classic2 TOP16 DeckList & Metagame Breakdown

KMC Classic2 TOP8 Profile

カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

KMC Classic2 SF 佐竹 志太(兵庫県)vs高橋 良平(大阪府)

KMC Classic2 SF 佐竹 志太(兵庫県)vs高橋 良平(大阪府)

95名の頂点を決める戦いも今や佳境。決勝卓を決める戦いをお伝えしよう。

Game1
KMCC2R3_03.jpg

両者7枚キープ。
先手の佐竹は《Tundra》をセットしてエンド。高橋は《Bayou》から《イラクサの歩哨》。ターンを受けた佐竹は《思案》から《不毛の大地/》を引き込み起動してエンド。

高橋は戦闘のあと《ワイアウッドの共生虫》をプレイして終了。佐竹は《ワイアウッドの共生虫》を《稲妻》して場に残さない。

だが、高橋の手は止まらない。《クウィリーオン・レインジャー》と《ワイアウッドの共生虫》を追加して、エルフ達で確実にライフを削っていく。しかし、佐竹も攻められているばかりではない。《石鍛冶の神秘家》をプレイし《梅澤の十手》をサーチ。反撃の狼煙を上げた。長引くのは危険と判断した高橋はここで《自然の秩序》。コストを払ったあとの場には《ラノワールのエルフ》と《イラクサの歩哨》が。渾身の《孔蹄のビヒモス》が佐竹の残り9点のライフを奪い去った。



佐竹 0-1 高橋


Game2
先手の佐竹はダブルマリガン。高橋は7枚キープ。あとが無い佐竹には厳しい開幕だ。

後手の高橋は1ターン目に《緑の太陽の頂点》X=0。出てきた《ドライアドの東屋》は佐竹によって即《稲妻》される。続く佐竹は自分のターンに《エーテル宣誓会の法学者》。高橋の行動を縛りつつクロックを確保する。
takahashi.jpg
さらに高橋のアップキープに《死儀礼のシャーマン》に《稲妻》を打ち込み。高橋の場を《Bayou》のみにする。
高橋は《遺産のドルイド》と《ドライアドの東屋》で立て直し図る。さらに次のターンに《ワイアウッドの共生虫》をプレイするが、これは佐竹の温存していた《剣を鍬に》によって農場送りに。

佐竹の《エーテル宣誓会の法学者》と高橋のエルフ達との殴り合いが続くが、高橋が《突然の衰微》を引いたことにより均衡が崩れる。高橋は《垣間見る自然》を唱え勝負に出る。佐竹は対応して《瞬唱の魔道士》を唱え、《稲妻》をフラッシュバックして《遺産のドルイド》を除去するが《垣間見る自然》が止まらない。高橋は《ワイアウッドの共生虫》、《クウィリーオン・レインジャー》と唱えドローを始める。《ワイアウッドの共生虫/》を起動して《クウィリーオン・レインジャー》をもう一度唱え最後に《エルフの幻想家》をプレイしてマナを使いきった。

大量の手札を確保した高橋は自信を持って《自然の秩序》を唱えた。
佐竹に解決策は…なかった。



佐竹 0-2 高橋

高橋 win!
カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

KMC Classic2 Round7 今川 浩匡(大阪府)vs滝坂 透(京都府)

KMC Classic2 Round7 今川 浩匡(大阪府)vs滝坂 透(京都府)
KMCC2R7_01.jpg

バーン駆る今川はここ関西で開催されているManawalkという草の根大会の主催者。(http://ameblo.jp/manawalk/)対する滝坂はレガシーを初めて以来土地単を使い続ける生粋の土地単使いだ。
ここはバブルマッチ。勝てばTop8、何としても勝ちたい一戦だ。

Game1
KMCC2R7_02.jpg

両者7枚キープ。
先手の今川は《沸騰する小湖》起動から《山》を出し《ゴブリンの先達》を走らせる。対する滝坂は《モックス・ダイアモンド》スタートだがマナを立ててエンド。今川は返すターンにもう一度《ゴブリンの先達》を走らせるが、滝坂の《罰する火》で先達は墓地へ。

《ギャンブル》をプレイした滝坂のゲームはこれからが真骨頂。さらに《カラスの罪》を2回唱え、今川の手札を奪う。今川は《渋面の溶岩使い》を戦場に送り込むが《燃え柳の木立ち》から《罰する火》が回収されすぐに除去される。今川の手札を奪うべく、滝坂は《カラスの罪》を回顧し続ける。
ここで少しでもライフを詰めておきたい今川は《カラスの罪》にスタックして《火炎破》をピッチコストでプレイ。これで滝坂のライフは残り8。火力と土地を引き込めれば十分射程圏内のライフとなった。

しかし、今川が土地を引き込む前に滝坂が2枚目の《ギャンブル》を引き当てた。《壌土からの生命》と《カラスの罪》によるロックが完成してしまったのを見た今川は投了を選んだ。

今川 0-1 滝坂


Game2
先手の今川は1マリガン。滝坂は7枚でキープした。
先手の今川は《大祖始の遺産》スタート。まずは滝坂の行動に制限をかける。
KMCC2R7_03.jpg
しかし、滝坂の行動は素晴らしかった。1枚目の《モックス・ダイアモンド》をプレイし、コストは《Maze of Ith》。
さらに2枚目の《モックス・ダイアモンド》をプレイし、《暗黒の深部》を捨てる。《壌土からの生命》で《暗黒の深部》を回収してターンエンド。早くもコンボにリーチをかけた。

次のターンには《輪作》をプレイして《演劇の舞台》をサーチ。手札から2枚目の《暗黒の深部》をセットして準備完了。とどめとばかりに《Zuran Orb》をセットした滝坂のライフはまだ14も残っている。

滝坂が完璧な動きで勝負を制した。


今川 0-2 滝坂


滝坂 win!
カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

KMC Classic2 Round5 上本 貴大(京都府)vs福留 友(京都府)

KMC Classic2 Round5 上本 貴大(京都府)vs福留 友(京都府)

ここまで全勝の二人は奇しくも同じデッキ。Omnitellだ。デッキチェックの間に互いのデッキに対する感想を述べあい情報交換する。お題は「奇跡コントロールに対してどのように動くか?」というものだった。和気あいあいと談笑する二人だが試合開始となった途端ピンと張りつめた空気になった。

Game1
KMCC2R5_01.jpg

両者7枚キープ。ダイスで勝った上本だが、後手を選択。ミラーマッチは互いに1killがない上に相手の行動にスタックコンボを決められるため、手札の多い後手の方が有利という判断だ。その選択を聞いた福留もいぶかしむ様子はない。当然といった様な態度だ。先手が喉から手が出るほど欲しいレガシー環境にしては珍しい光景だろう。だが、そんな常識すら捉われないのは二人がOmnitellについて深い知識を有しているという証左だ。

後手の上本は《ギタクシア派の調査》で福留の手札を確認。《島》《島》《裏切りものの都》《時を越えた探索》《溢れかえる岸辺》《実物提示教育》というもの。2ターンに渡ってドロー・ゴーを続ける福留に対して、上本は《定業》《思案》とキャントリップを重ねて行く。

福留が動いたの4ターン目。セットランドせず《渦まく知識》。その後《溢れかえる岸辺》を起動したあとに《ギタクシア派の調査》。上本の手札を見ると《時を越えた探索》《時を越えた探索》《Force of Will》《実物提示教育》《渦まく知識》《狡猾な願い》《引き裂かれし永劫、エムラクール》。

少し考えた福留は《実物提示教育》をプレイ。これに上本は「きつー」と唸る。手札を見た上での挑戦状だ。仕掛けた側に勝算が無いわけがない。この挑戦に乗るのは危険と判断した上本は回避行動を開始する。《渦巻く知識》をプレイした後に上本は《Force of Will》をプレイ。福留も《Force of Will》で応戦。さらに上本は《Force of Will》。手札が一気に減った上本だが、この攻防で溜まった墓地を使い《時を越えた探索》。ゲームの主導権を譲らない。

上本はメインに再び《ギタクシア派の調査》をプレイしたあとに《思案》を唱えエンド。

その後はお互い《裏切りものの都》をセットするがそれ以外に動きがなくドロー・ゴーが続く。先に仕掛けたのは福留。エンド前に《時を越えた探索》を唱える。上本は《狡猾な願い》を唱え、《狼狽の嵐》を手札に加えそのままプレイ。《時を越えた探索》を打ち消す。しかし、これは囮で福留は《実物提示教育》をプレイし解決される。互いに場に出したカードは《全知》。マナを用いない勝負が始まった。

優先権のある福留はまず《引き裂かれし永劫、エムラクール》をプレイ。追加ターンを得ようとする。それに対して上本は《時を越えた探索》をプレイ。福留もスタックで《時を越えた探索》をプレイ。しかし、上本が一枚上手でさらにその上から《狡猾な願い》をプレイ。福留にこれ以上の対応はなく上本の《狡猾な願い》が解決へ。上本は《火想者の予見》を手札に加え、そのままプレイ。《渦まく知識》《衝動》《狡猾な願い》をライブラリーからサーチするOmnitellのお決まりのルートだ。サーチした《狡猾な願い》を使い《蟻の解き放ち》をサイドボードから手札を加える。上本は《渦まく知識》をプレイして《引き裂かれし永劫、エムラクール》をライブラリートップへ。激突に勝つ準備は整った。福留は自分のライブラリーが0になる前に《引き裂かれし永劫、エムラクール》をめくることは無かった。

上本 1-0 福留


Game2
KMCC2R5_02.jpg
両者7枚キープ。先手・後手の選択権のある福留は後手を選択。

序盤は互いにキャントリップで手札を整えあう。
まずは上本の《ギタクシア派の調査》が福留の手札をあらわにする。《時を越えた探索》《定業》《Force of Will》《狡猾な願い》《すべてを護るもの、母聖樹》《ギタクシア派の調査》が公開された。上本はこのマッチで輝く《すべてを護るもの、母聖樹》をセットしてエンドお返しとばかりに福留も《ギタクシア派の調査》。福留は上本の手札に打ち消しがないことを確認すると自分のメインに《時を越えた探索》。上本は思わず「うわー」とぼやくが通っててしまう。

しかし、上本にも《時を越えた探索》をプレイする機会があり《すべてを護るもの、母聖樹》から安全にプレイ。
もう一度《ギタクシア派の調査》で福留の手札を見るが手札の内容は《Force of Will》《狡猾な願い》《狡猾な願い》《全知》《引き裂かれし永劫、エムラクール》《沸騰する小湖》《裏切りものの都》。福留の2枚の《狡猾な願い》が頭の痛い要素だ。

もはや手数で上回るしかない上本。《時を越えた探索》で手札を増やし、勝負を仕掛ける。優先権のある上本は《引き裂かれし永劫、エムラクール》をプレイ。福留は誘発にスタックで《すべてを護るもの、母聖樹》からマナを支払い《狡猾な願い》。これに対応して上本は《狡猾な願い》。福留が《Force of Will》をプレイ。スタックで上本も《Force of Will》。それにスタックで福留は2枚目の《狡猾な願い》。対応して上本も2枚目の《狡猾な願い》。

壮絶なスタックの応戦は上本が制した。上本は最初に解決された《狡猾な願い》で《火想者の予見》を手札に加える。そこから《拭い捨て》を呼び込み、福留の《全知》に打ち込むと福留は上本に握手を求めた。

KMCC2R5_03.jpg


上本 2-0 福留

上本 win!
カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

KMC Classic2 Round3 佐竹 志太(兵庫県)vs田村 成幸(大阪府)

KMC Classic2 Round3 佐竹 志太(兵庫県)vs田村 成幸(大阪府)
KMCC2R3_01.jpg

佐竹はKMCポイントレース上位16名のみが参加できるKMCIT常連。独自のトリコ石鍛冶を使い数々の勝利を収めた猛者だ。
対する田村はデットガイエールで直前のトライアルでBYEを獲得し好調なままここまで来た。どちらも実力は十分。それでは第3ラウンドをお送りしよう。


Game1
KMCC2R3_02.jpg

先手の田村は7枚キープ。後手の佐竹1マリガン。
1ターン目の田村は《Scrubland》から《死儀礼のシャーマン》。後手の佐竹はこれを即座に《剣を鍬に》で排除。しかし、田村は《不毛の大地》を起動し佐竹の《Tundra》を破壊、2体目の《死儀礼のシャーマン》を送り込みゲームを振り出しに戻す。今度の《死儀礼のシャーマン》は除去されず場に残る。田村の次の攻め手は《石鍛冶の神秘家》。これは佐竹の《Force of Will》で阻まれる。佐竹はお返しとばかりに《石鍛冶の神秘家》をプレイして《殴打頭蓋》をサーチ。

だが、田村の攻勢はやまない。《不毛の大地》を起動して2枚目の《Tundra》を破壊。さらに《見栄え損ない》で佐竹の《石鍛冶の神秘家》を除去する。佐竹は《渦まく知識》で解答を求めるがしかし「絶望が見えた」と呟く。セットランドはなくターンを返すのみ。田村の続く《光と影の剣》は《Force of Will》するも、次のターンに《ヴェールのリリアナ》が通ってしまう。こうなれば田村はアタックしつつ手札を締め上げるのみ。《迷宮の霊魂》が追加されいよいよ苦しくなった佐竹は第1ゲームをたたむことを決めた。


佐竹 0-1 田村


Game2
KMCC2R3_03.jpg

先手の佐竹は1マリガン。後手の田村は7枚キープ。

田村の第3ターンまでは互いに土地を置きあうのみでターンが進行する。後手の田村が3ターン目に切った《新緑の地下墓地》に対して佐竹は《もみ消し》。田村も《不毛の大地》で応戦し、土地の壊し合いが始まる。返すターンに佐竹は《不毛の大地》起動して、田村の場から全ての土地をなくす。だが、田村は土地が止まることなくセットし続ける。

土地をめぐる鍔迫り合いの次は《石鍛冶の神秘家》による攻防。互いに出した石鍛冶を田村は《剣を鍬に》で処理。佐竹は………対処できない。

《石鍛冶の神秘家》を起動する権利を得た田村は小考し何もせずエンド。佐竹のエンド前に石鍛冶の起動能力を起動する。これに佐竹は《ヴェンディリオン三人衆》を合わせ《殴打頭蓋》を引っこ抜く。だがしかし、その横には《梅澤の十手》が。戦場にアンタップ状態の《Karakas》がある佐竹は《梅澤の十手》が装備された《石鍛冶の神秘家》の攻撃をかわすが、第2メインに田村の《コジレックの審問》によって手札に返った《ヴェンディリオン三人衆》が落とされてしまう。しかし、渋い顔したのはハンデスを仕掛けた側の田村。佐竹の残りの手札は《復讐のアジャニ》《殴打頭蓋》《殴打頭蓋》《時を越えた探索》《瞬唱の魔道士》とパワフルだ。

返すターンに佐竹は《復讐のアジャニ》で《梅澤の十手》のついた《石鍛冶の神秘家》を除去。田村は《名誉回復》で《復讐のアジャニ》を即座に破壊。《石鍛冶の神秘家》を引き込んだ佐竹はゆっくりとゲームを有利なものに変えていく。《時を越えた探索》と《渦まく知識》を駆使して手札をさらに厚くする。


それでも田村は《コジレックの審問》と《ヴェールのリリアナ》で簡単にゲームを渡さない。しかし、《ヴェールのリリアナ》のマイナス能力は《瞬唱の魔道士》によってかわされる。佐竹は生き残った《石鍛冶の神秘家》で《殴打頭蓋》を送り込むがこれは《解呪》。佐竹は追加で2枚目の《殴打頭蓋》も戦場に送り込むが《名誉回復》で破壊され中々盤面を確保することが出来ない。


一方の田村も盤面を維持するためにやむなく《ヴェールのリリアナ》を使いきるが、《未練ある魂》と《遍歴の騎士、エルズペス》で虎視眈々と逆襲を図る。しかし、佐竹の《真の名の宿敵》と《稲妻》によって《遍歴の騎士、エルズペス》は墓地へ。田村の《死儀礼のシャーマン》と《闇の腹心》という追加戦力に対して、佐竹の《瞬唱の魔道士》による《時を越えた探索》フラッシュバックで一進一退の攻防が続く。《闇の腹心》は《稲妻》で除去し、《天界の列柱》と《真の名の宿敵》でライフを削り始める佐竹。

田村は《光と影の剣》のライフゲインで必死に耐えようとするが、佐竹のクロックの大きさの前に敗北した。

佐竹 1-1 田村

Game3

両者7枚キープ。先手の田村は《思考囲い》から。佐竹の手札から《稲妻》を落とす。
佐竹は《思案》を唱えシャッフルを選択してエンド。続く田村の2ターン目、《闇の腹心》。除去を露払いした上でのプレイだが、即座に《剣を鍬に》が飛んでくる。
ここで制限時間が来たために延長5ターンへ。ゲームは決着がつくことなく引き分けに。

佐竹 1-1-1 田村
引き分け
カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

KMC Classic2 Round1 水口 清志(大阪府)vs Fujimoto Youzou(京都府)

KMC Classic2 Round1 水口 清志(大阪府)vs Fujimoto Youzou(京都府)

参加者95名。スイスラウンド7回戦の後にシングルエリミネーション3回戦によって勝者が決定される長い戦いが始まった。RUGDelverを駆るは水口。対するFujimotoのデッキは4cDelver。緒戦はテンポデッキ同士の対決をお送りしよう。
KMCC2R1_01.jpg


Game1
KMCC2R1_03.jpg

先手の水口は1マリガン。後手のFujimotoは7枚キープでスタート。

水口は《霧深い雨林》置くのみでスタート。Fujimotoも《Underground Sea》おくのみでエンド。デルバー対決には珍しい静かな立ち上がりだ。

ゲームが動いたのは2ターン目のFujimotoから。《秘密を掘り下げる者》をプレイして、《不毛の大地》で水口の《Tropical Island》を破壊する。さらに3ターン目のアップキープにFujimotoは《秘密を掘り下げる者》の誘発にスタックして《渦まく知識》をプレイ。《思案》をライブラリートップに置き《秘密を掘り下げる者》を変身させる。そのまま攻撃を宣言し主導権を確保することに成功したかと思われた。
しかし、Fujimotoの土地が止まってしまい。それ以上の行動がとれない。

それを尻目に水口は《タルモゴイフ》をプレイ。Fujimotoは即座に《目くらまし》をプレイするが、水口も《目くらまし》。テンポ対決で重要な役割を持ち得る《タルモゴイフ》が降臨した。さらに、水口は《敏捷なマングース》を追加し、《不毛の大地》を起動して逆襲し始めた。
こうなれば《昆虫の逸脱者》で少しでも多くのライフを削りたいFujimotoだが、次のターンには水口の《稲妻》によって撃ち落とされる。だが、Fujimotoはここで待望の2枚目の土地を引き込み《墓忍び》を戦場に送り込む。

これで《タルモゴイフ》のサイズは3/4まで縮小し、盤面は膠着するかと思われた。攻撃こそしないものの、水口は攻め手を緩めない。2体目の《敏捷なマングース》を召喚しさらに《不毛の大地》を起動し、Fujimotoのなけなしの土地を破壊する。活路を求めてプレイされたFujimotoの《渦まく知識》も水口は容赦なく《目くらまし》で打ち消す。
《稲妻》を引き込んだ水口はフルアタックを仕掛け、《タルモゴイフ》+《稲妻》で《墓忍び》をトレードする。
防壁を失い、土地も失ったFujimotoに2体のスレッショルドしたマングースが襲いかかった。


水口 1-0 Fujimoto


Game2
KMCC2R1_02.jpg

先手のFujimotoは7枚キープ。後手の水口はまたしても1マリガン。先手のFujimotoは《渋面の溶岩使い》スタート。

後手の水口は《ギタクシア派の調査》から。Fujimotoの手札の内容は《稲妻》《渦巻く知識》《真の名の宿敵》《Underground Sea》《血染めのぬかるみ》。
手札を確認した水口は《思案》。先程と同じくクロックを探しに行くスタートだ。

2ターン目に少し悩んだFujimotoは《渋面の溶岩使い》をアタックに向かわせずエンド。これに対して水口も《不毛の大地》を置くのみでエンド。アップキープに《不毛の大地》を起動して《Volcanic Island》を破壊。
さらに続くターンに起動された《血染めのぬかるみ》を《もみ消し》しようとするが、これはFujimotoの《目くらまし》によって阻まれる。しかも《目くらまし》のプレイ前に出された黒マナによって黒黒を確保したFujimotoの《Hymn to Tourach》が直撃。《敏捷なマングース》と《タルモゴイフ》が落ちて一気に辛くなる。

だが、水口はそれでも手札に残った《タルモゴイフ》と《不毛の大地》を動員し、Fujimotoの《真の名の宿敵》のプレイを阻みつつ戦線を構築する。Fujimotoも《死儀礼のシャーマン》を召喚し、飛び道具によってのダメージソースを構築。次のターンには手札が1枚であることを確認したFujimotoは意を決して、《真の名の宿敵》をプレイ。だが、これは水口の渾身の《赤霊破》! 流石にこれには顔をしかめるFujimoto。

そして次のターンには水口は《敏捷なマングース》を引き込む。一気にダメージレースで優位に立った水口は自軍の生物をひたすらレッドゾーンに送り込み続ける。Fujimotoも《渋面の溶岩使い》と《死儀礼のシャーマン》の射撃で応戦するが些か心もとない。ライフが3点まで落ち込んだ時点で遂に耐えられなくなり、《渋面の溶岩使い》と《死儀礼のシャーマン》を《タルモゴイフ》と《敏捷なマングース》の前にブロックさせる。最後に置き土産とばかりに起動能力を起動するが、水口のもみ消しによって阻まれる。水口の残りライフは8。
万策尽きたFujimotoに提示された水口の最後の手札は《稲妻》だった。



水口 2-0 Fujimoto

水口 win!
カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

KMC Classic TOP8 Profile

KMCC_top8.jpg
上段左上側から Satake / Yoshizawa / Takahashi / Uemoto
下段左下側より Oonishi / Fukudome / Takisaka / Nakatsuka




satake.jpg

1.お名前 年齢 お住まいの都道府県

Satake Yukihiro 34 兵庫

2.スイスラウンドの順位
4位

3.よく行くショップ 大会

竜のしっぽ

4.今日使ったデッキと選択した理由
STKブレード繁栄の為

5.スイスラウンドの成績
5‐0‐2

6.今日一番印象に残ったこと
Landsと、オムニテルに勝てたこと

7.GP京都に向けて意気込みをお願いします
Bye ください




Uemoto.jpg

1.お名前 年齢 お住まいの都道府県
Uemoto Takahito 25 京都

2.スイスラウンドの順位


3.よく行くショップ 大会
京都アメドリ/イエサブ

4.今日使ったデッキと選択した理由
Omnitell 強い人に勧められたから

5.スイスラウンドの成績
5‐0‐2

6.今日一番印象に残ったこと
2T目、エムラを決勝で決めたこと

7.GP京都に向けて意気込みをお願いします
絶対2日目行きたい



yoshizawa.jpg

1.お名前 年齢 お住まいの都道府県
Yoshizawa Keita 27 大阪

2.スイスラウンドの順位
6位

3.よく行くショップ 大会
KMC、BM、さかいや、スノーの酒場、チロル杯

4.今日使ったデッキと選択した理由
ねこたま頑張れ、頑張れ(はーと/青赤全知)

5.スイスラウンドの成績
5‐1‐1

6.今日一番印象に残ったこと
しんちゃんに《エラダムリーの呼び声》を《呪文嵌め》されてゲームを落とした

7.GP京都に向けて意気込みをお願いします
大阪布団會を盛り上げていく。




nakatsuka.jpg

1.お名前 年齢 お住まいの都道府県
Nakatsuka Tomoaki 28 大阪

2.スイスラウンドの順位
7位

3.よく行くショップ 大会
KMC、さかいや・アノアデザイン事務所

4.今日使ったデッキと選択した理由
マーヴェリック
一番使い慣れていることと、《包囲サイ》はレガシーでも強いと言う確信があったこと。

5.スイスラウンドの成績
5‐1‐1

6.今日一番印象に残ったこと
M3で瞬唱1体にライフを刈り取られたこと

7.GP京都に向けて意気込みをお願いします
結婚します! 優勝賞金で式開きます




fukudome.jpg

1.お名前 年齢 お住まいの都道府県
Fukudome Yuu 27 京都

2.スイスラウンドの順位
1位

3.よく行くショップ 大会
BM、Pコア、イエサブ、ホビステ,,etc
レガシーあるところ全て

4.今日使ったデッキと選択した理由
URオムニテル最強’(たった今、SE負けたけどなッ!!))

5.スイスラウンドの成績
6‐1

6.今日一番印象に残ったこと
SNT引いたら勝ちの所で引けた、爆薬引いたら勝ちで引けた。

7.GP京都に向けて意気込みをお願いします
初日抜けたい。




takahashi.jpg


1.お名前 年齢 お住まいの都道府県
Takahashi Ryouhei 28 大阪

2.スイスラウンドの順位
8位

3.よく行くショップ 大会
BM

4.今日使ったデッキと選択した理由
エルフ レガシーはエルフ一択!

5.スイスラウンドの成績

5‐1‐1

6.今日一番印象に残ったこと
《大祖始》で走り回ったこと。

7.GP京都に向けて意気込みをお願いします
2日目に行く!



Oonishi.jpg

1.お名前 年齢 お住まいの都道府県
oonishi Tatsuya 30 三重県

2.スイスラウンドの順位
2位

3.よく行くショップ 大会
Magician's Place(名古屋のジャッジ主催)

4.今日使ったデッキと選択した理由
ANT 練習のため

5.スイスラウンドの成績
6‐1

6.今日一番印象に残ったこと
有利なエルフにミスって負け、へたくそ。

7.GP京都に向けて意気込みをお願いします
トップ8目標で




takisaka.jpg

1.お名前 年齢 お住まいの都道府県
Takisaka Toru

2.スイスラウンドの順位
5位

3.よく行くショップ 大会
イエサブ京都店

4.今日使ったデッキと選択した理由
土地単
コンセプトがCoolだと思って4か月くらい前から使ってる。

5.スイスラウンドの成績
5‐0‐2

6.今日一番印象に残ったこと
まだ大会には出始めてから長くないですが、
そこそこ皆さんに顔を覚えてもらえている様で嬉しく思います。

7.GP京都に向けて意気込みをお願いします
勝ちます? まずはbyeが欲しい。。。



カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

KMCClassic動画

【MTG】KMCClassic決勝戦Game1【レガシー】


【MTG】KMCClassic決勝戦Game2【レガシー】
カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

KMCClassic TOP16DeckList & Metagame Breakdown

KMCClassic

2015.4.4
95 Players
スイス7回戦+SE3回戦

【Metagame Breakdown】

8 OmniTell
8 RUG Delver
6 Miracle
5 UR Burn
5 Burn
5 BUG Delver
5 Death & Taxes
4 ANT
4 Trico Blade
3 Jeskai Blade
3 Esper Blade
3 Lands
2 Grixis Delver
2 Death Blade
2 Junk
2 Deadguy Ele
2 Jund
2 Dark Maverick
2 Bant
2 Elves!
2 Reanimate
2 POX
2 MUD
1 Nic Fit
1 Patriot
1 UW Blade
1 Fish
1 The Rock
1 Post
1 Slivers
1 Dredge
1 The Tezzerator
1 High Tide
1 Infect
1 Salvagers
2 Rogue


KMCClassic TOP16 DeckList

1st Place

Player Name:Uemoto Takehiro
Deck Name:
Deck Designer:


Main
3 《引き裂かれし永劫、エムラクール/Emrakul, the Aeons Torn》
4 《実物提示教育/Show and Tell》
4 《全知/Omniscience》
4 《狡猾な願い/Cunning Wish》
4 《時を越えた探索/Dig Through Time》
4 《Force of Will》
4 《渦まく知識/Brainstorm》
4 《思案/Ponder》
3 《ギタクシア派の調査/Gitaxian Probe》
3 《定業/Preordain》
2 《呪文貫き/Spell Pierce》
1 《直観/Intuition》
1 《衝動/Impulse》
4 《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
4 《汚染された三角州/Polluted Delta》
3 《裏切り者の都/City of Traitors》
1 《すべてを護るもの、母聖樹/Boseiju, Who Shelters All》
2 《Volcanic Island》
5 《島/Island》

Side
2 《赤霊破/Red Elemental Blast》
1 《火想者の予見/Firemind's Foresight》
1 《エラダムリーの呼び声/Eladamri's Call》
1 《紅蓮地獄/Pyroclasm》
1 《蟻の解き放ち/Release the Ants》
1 《貪欲な罠/Ravenous Trap》
1 《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》
1 《外科的摘出/Surgical Extraction》
1 《裂け目の突破/Through the Breach》
1 《サファイアの魔除け/Sapphire Charm》
1 《拭い捨て/Wipe Away》
1 《すべてを護るもの、母聖樹/Boseiju, Who Shelters All》
1 《計略縛り/Trickbind》
1 《狼狽の嵐/Flusterstorm》


2nd Place

Player Name:Takahashi Ryohei
Deck Name:Elves
Deck Designer:ryou


Main
4 《クウィリーオン・レインジャー/Quirion Ranger》
4 《死儀礼のシャーマン/Deathrite Shaman》
4 《ワイアウッドの共生虫/Wirewood Symbiote》
4 《エルフの幻想家/Elvish Visionary》
3 《遺産のドルイド/Heritage Druid》
3 《イラクサの歩哨/Nettle Sentinel》
2 《孔蹄のビヒモス/Craterhoof Behemoth》
1 《樺の知識のレインジャー/Birchlore Rangers》
1 《ラノワールのエルフ/Llanowar Elves》
1 《エルフの神秘家/Elvish Mystic》
1 《漁る軟泥/Scavenging Ooze》
1 《再利用の賢者/Reclamation Sage》
4 《垣間見る自然/Glimpse of Nature》
4 《自然の秩序/Natural Order》
4 《緑の太陽の頂点/Green Sun's Zenith》
4 《ガイアの揺籃の地/Gaea's Cradle》
4 《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》
3 《霧深い雨林/Misty Rainforest》
1 《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》
2 《ドライアドの東屋/Dryad Arbor》
2 《Bayou》
1 《Tropical Island》

Side
3 《白鳥の歌/Swan Song》
3 《陰謀団式療法/Cabal Therapy》
3 《思考囲い/Thoughtseize》
3 《突然の衰微/Abrupt Decay》
1 《弱者の石/Meekstone》
1 《大祖始/Progenitus》
1 《世界棘のワーム/Worldspine Wurm》


3rd Place

Player Name:Satake Yukihiro
Deck Name:STK Blade
Deck Designer:


Main
4 《石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mystic》
2 《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》
2 《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》
2 《真の名の宿敵/True-Name Nemesis》
4 《渦まく知識/Brainstorm》
4 《もみ消し/Stifle》
4 《稲妻/Lightning Bolt》
4 《Force of Will》
3 《剣を鍬に/Swords to Plowshares》
2 《時を越えた探索/Dig Through Time》
1 《思案/Ponder》
1 《マナ漏出/Mana Leak》
1 《赤霊破/Red Elemental Blast》
1 《殴打頭蓋/Batterskull》
1 《梅澤の十手/Umezawa's Jitte》
1 《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》
4 《不毛の大地/Wasteland》
4 《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
3 《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
1 《乾燥台地/Arid Mesa》
3 《Tundra》
2 《Volcanic Island》
1 《Plateau》
1 《天界の列柱/Celestial Colonnade》
1 《Karakas》
2 《島/Island》
1 《平地/Plains》

Side
3 《翻弄する魔道士/Meddling Mage》
2 《紅蓮破/Pyroblast》
2 《安らかなる眠り/Rest in Peace》
2 《エーテル宣誓会の法学者/Ethersworn Canonist》
1 《摩耗+損耗/Wear+Tear》
1 《復讐のアジャニ/Ajani Vengeant》
1 《殴打頭蓋/Batterskull》
1 《狼狽の嵐/Flusterstorm》
1 《否認/Negate》
1 《議会の採決/Council's Judgment》


4th Place

Player Name:Nakatsuka Tomoaki
Deck Name:仏への異常な愛情また私は如何にしてさかいやフライデーに行くのを止めてアノアデザインで忌避されるアブザンアグロを使うようになったか
Deck Designer:大阪布団會下水研究室


Main
4 《死儀礼のシャーマン/Deathrite Shaman》
3 《ルーンの母/Mother of Runes》
4 《スレイベンの守護者、サリア/Thalia, Guardian of Thraben》
2 《石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mystic》
2 《漁る軟泥/Scavenging Ooze》
2 《クァーサルの群れ魔道士/Qasali Pridemage》
1 《ガドック・ティーグ/Gaddock Teeg》
1 《スクリブのレインジャー/Scryb Ranger》
1 《ロクソドンの強打者/Loxodon Smiter》
3 《聖遺の騎士/Knight of the Reliquary》
1 《包囲サイ/Siege Rhino》
4 《剣を鍬に/Swords to Plowshares》
3 《緑の太陽の頂点/Green Sun's Zenith》
2 《突然の衰微/Abrupt Decay》
1 《集合した中隊/Collected Company》
1 《森の知恵/Sylvan Library》
1 《梅澤の十手/Umezawa's Jitte》
1 《火と氷の剣/Sword of Fire and Ice》
4 《不毛の大地/Wasteland》
4 《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》
4 《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
2 《Savannah》
2 《Bayou》
1 《Scrubland》
1 《Karakas》
1 《魂の洞窟/Cavern of Souls》
1 《ドライアドの東屋/Dryad Arbor》
1 《活発な野生林/Stirring Wildwood》
1 《森/Forest》
1 《平地/Plains》

Side
4 《思考囲い/Thoughtseize》
3 《窒息/Choke》
2 《盲信的迫害/Zealous Persecution》
2 《エーテル宣誓会の法学者/Ethersworn Canonist》
2 《クローサの掌握/Krosan Grip》
1 《ガドック・ティーグ/Gaddock Teeg》
1 《外科的摘出/Surgical Extraction》



5th Place

Player Name:Oonishi Tatsuya
Deck Name:
Deck Designer:morph


Main
4 《暗黒の儀式/Dark Ritual》
4 《渦まく知識/Brainstorm》
4 《思案/Ponder》
4 《ギタクシア派の調査/Gitaxian Probe》
4 《強迫/Duress》
4 《陰謀団の儀式/Cabal Ritual》
4 《冥府の教示者/Infernal Tutor》
3 《陰謀団式療法/Cabal Therapy》
2 《定業/Preordain》
1 《Grim Tutor》
1 《むかつき/Ad Nauseam》
1 《炎の中の過去/Past in Flames》
1 《苦悶の触手/Tendrils of Agony》
1 《蒸気の連鎖/Chain of Vapor》
4 《ライオンの瞳のダイアモンド/Lion's Eye Diamond》
4 《水蓮の花びら/Lotus Petal》
4 《汚染された三角州/Polluted Delta》
3 《霧深い雨林/Misty Rainforest》
1 《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire》
2 《Underground Sea》
1 《Volcanic Island》
2 《島/Island》
1 《沼/Swamp》

Side
3 《突然の衰微/Abrupt Decay》
3 《ザンティッドの大群/Xantid Swarm》
2 《巣穴からの総出/Empty the Warrens》
1 《蒸気の連鎖/Chain of Vapor》
1 《Tropical Island》
1 《根絶/Extirpate》
1 《外科的摘出/Surgical Extraction》
1 《虐殺/Massacre》
1 《ハーキルの召還術/Hurkyl's Recall》
1 《恭しき沈黙/Reverent Silence》


6th Place

Player Name:Fukudome Yuu
Deck Name:まんちゃん全知
Deck Designer:dome


Main
3 《引き裂かれし永劫、エムラクール/Emrakul, the Aeons Torn》
4 《実物提示教育/Show and Tell》
4 《全知/Omniscience》
4 《狡猾な願い/Cunning Wish》
4 《時を越えた探索/Dig Through Time》
4 《Force of Will》
4 《渦まく知識/Brainstorm》
4 《思案/Ponder》
3 《定業/Preordain》
3 《ギタクシア派の調査/Gitaxian Probe》
2 《呪文貫き/Spell Pierce》
1 《狼狽の嵐/Flusterstorm》
1 《直観/Intuition》
3 《裏切り者の都/City of Traitors》
1 《すべてを護るもの、母聖樹/Boseiju, Who Shelters All》
2 《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
2 《汚染された三角州/Polluted Delta》
2 《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
2 《霧深い雨林/Misty Rainforest》
1 《Karakas》
2 《Volcanic Island》
4 《島/Island》

Side
2 《拭い捨て/Wipe Away》
2 《圧服/Overmaster》
1 《外科的摘出/Surgical Extraction》
1 《直観/Intuition》
1 《計略縛り/Trickbind》
1 《裂け目の突破/Through the Breach》
1 《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》
1 《紅蓮地獄/Pyroclasm》
1 《狼狽の嵐/Flusterstorm》
1 《墓掘りの檻/Grafdigger's Cage》
1 《赤霊破/Red Elemental Blast》
1 《サファイアの魔除け/Sapphire Charm》
1 《誤った指図/Misdirection》


7th Place

Player Name:Takisaka Toru
Deck Name:RGB Lands
Deck Designer:


Main
4 《ギャンブル/Gamble》
4 《壌土からの生命/Life from the Loam》
4 《踏査/Exploration》
3 《輪作/Crop Rotation》
3 《罰する火/Punishing Fire》
2 《カラスの罪/Raven's Crime》
2 《森の知恵/Sylvan Library》
4 《モックス・ダイアモンド/Mox Diamond》
3 《不毛の大地/Wasteland》
4 《リシャーダの港/Rishadan Port》
4 《演劇の舞台/Thespian's Stage》
4 《燃え柳の木立ち/Grove of the Burnwillows》
3 《暗黒の深部/Dark Depths》
3 《Maze of Ith》
2 《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
1 《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》
1 《平穏な茂み/Tranquil Thicket》
1 《幽霊街/Ghost Quarter》
1 《ボジューカの沼/Bojuka Bog》
1 《The Tabernacle at Pendrell Vale》
1 《Glacial Chasm》
1 《ヨーグモスの墳墓、アーボーグ/Urborg, Tomb of Yawgmoth》
2 《Bayou》
1 《Taiga》
1 《森/Forest》

Side
3 《クローサの掌握/Krosan Grip》
3 《吸血鬼の呪詛術士/Vampire Hexmage》
2 《突然の衰微/Abrupt Decay》
2 《殺戮遊戯/Slaughter Games》
1 《Zuran Orb》
1 《暗黒の深部/Dark Depths》
1 《輪作/Crop Rotation》
1 《紅蓮破/Pyroblast》
1 《蟲の収穫/Worm Harvest》


8th Place

Player Name:Yoshizawa Keita
Deck Name:ねこたま頑張れ、頑張れ(はーと
Deck Designer:


Main
1 《引き裂かれし永劫、エムラクール/Emrakul, the Aeons Torn》
4 《実物提示教育/Show and Tell》
4 《全知/Omniscience》
4 《狡猾な願い/Cunning Wish》
4 《時を越えた探索/Dig Through Time》
4 《Force of Will》
4 《渦まく知識/Brainstorm》
4 《思案/Ponder》
4 《ギタクシア派の調査/Gitaxian Probe》
3 《定業/Preordain》
2 《呪文貫き/Spell Pierce》
1 《狼狽の嵐/Flusterstorm》
1 《直観/Intuition》
1 《衝動/Impulse》
2 《霧深い雨林/Misty Rainforest》
2 《汚染された三角州/Polluted Delta》
2 《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
2 《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
2 《裏切り者の都/City of Traitors》
1 《水晶鉱脈/Crystal Vein》
1 《すべてを護るもの、母聖樹/Boseiju, Who Shelters All》
2 《Volcanic Island》
5 《島/Island》

Side
1 《紅蓮破/Pyroblast》
1 《赤霊破/Red Elemental Blast》
1 《すべてを護るもの、母聖樹/Boseiju, Who Shelters All》
1 《狼狽の嵐/Flusterstorm》
1 《貪欲な罠/Ravenous Trap》
1 《拭い捨て/Wipe Away》
1 《急流/Rushing River》
1 《墓掘りの檻/Grafdigger's Cage》
1 《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》
1 《紅蓮地獄/Pyroclasm》
1 《エラダムリーの呼び声/Eladamri's Call》
1 《火想者の予見/Firemind's Foresight》
1 《蟻の解き放ち/Release the Ants》
1 《サファイアの魔除け/Sapphire Charm》
1 《裂け目の突破/Through the Breach》


9th Place

Player Name:Hosaka Yoshiteru
Deck Name:
Deck Designer:


Main
4 《石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mystic》
2 《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》
1 《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》
4 《渦まく知識/Brainstorm》
4 《剣を鍬に/Swords to Plowshares》
4 《Force of Will》
3 《思考囲い/Thoughtseize》
3 《時を越えた探索/Dig Through Time》
2 《未練ある魂/Lingering Souls》
1 《思案/Ponder》
1 《呪文貫き/Spell Pierce》
1 《コジレックの審問/Inquisition of Kozilek》
1 《議会の採決/Council's Judgment》
1 《至高の評決/Supreme Verdict》
1 《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》
1 《殴打頭蓋/Batterskull》
1 《梅澤の十手/Umezawa's Jitte》
2 《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》
4 《汚染された三角州/Polluted Delta》
4 《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
1 《乾燥台地/Arid Mesa》
3 《Tundra》
2 《Underground Sea》
1 《Scrubland》
2 《ミシュラの工廠/Mishra's Factory》
1 《忍び寄るタール坑/Creeping Tar Pit》
1 《Karakas》
2 《島/Island》
1 《沼/Swamp》
1 《平地/Plains》

Side
2 《外科的摘出/Surgical Extraction》
2 《封じ込める僧侶/Containment Priest》
2 《翻弄する魔道士/Meddling Mage》
1 《未練ある魂/Lingering Souls》
1 《解呪/Disenchant》
1 《真髄の針/Pithing Needle》
1 《仕組まれた疫病/Engineered Plague》
1 《狼狽の嵐/Flusterstorm》
1 《饗宴と飢餓の剣/Sword of Feast and Famine》
1 《思考囲い/Thoughtseize》
1 《エーテル宣誓会の法学者/Ethersworn Canonist》
1 《否認/Negate》


10th Place

Player Name:Hori Masataka
Deck Name:
Deck Designer:


Main
4 《ギャンブル/Gamble》
4 《壌土からの生命/Life from the Loam》
4 《輪作/Crop Rotation》
4 《罰する火/Punishing Fire》
4 《踏査/Exploration》
1 《マナ結合/Manabond》
1 《森の知恵/Sylvan Library》
4 《モックス・ダイアモンド/Mox Diamond》
4 《不毛の大地/Wasteland》
4 《リシャーダの港/Rishadan Port》
4 《演劇の舞台/Thespian's Stage》
4 《燃え柳の木立ち/Grove of the Burnwillows》
3 《暗黒の深部/Dark Depths》
3 《Maze of Ith》
3 《霧深い雨林/Misty Rainforest》
2 《平穏な茂み/Tranquil Thicket》
2 《Taiga》
1 《Bayou》
1 《幽霊街/Ghost Quarter》
1 《The Tabernacle at Pendrell Vale》
1 《Glacial Chasm》
1 《森/Forest》

Side
4 《殺戮遊戯/Slaughter Games》
3 《クローサの掌握/Krosan Grip》
2 《突然の衰微/Abrupt Decay》
2 《突撃の地鳴り/Seismic Assault》
2 《抵抗の宝球/Sphere of Resistance》
1 《Karakas》
1 《ボジューカの沼/Bojuka Bog》


11th Place

Player Name:Sugimoto Yuuki
Deck Name:
Deck Designer:


Main
4 《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets》
4 《敏捷なマングース/Nimble Mongoose》
4 《タルモゴイフ/Tarmogoyf》
4 《渦まく知識/Brainstorm》
4 《思案/Ponder》
4 《稲妻/Lightning Bolt》
4 《もみ消し/Stifle》
4 《目くらまし/Daze》
4 《Force of Will》
2 《呪文貫き/Spell Pierce》
2 《ギタクシア派の調査/Gitaxian Probe》
1 《四肢切断/Dismember》
1 《死亡+退場/Dead/Gone》
4 《不毛の大地/Wasteland》
3 《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》
3 《汚染された三角州/Polluted Delta》
2 《霧深い雨林/Misty Rainforest》
3 《Tropical Island》
3 《Volcanic Island》

Side
2 《古えの遺恨/Ancient Grudge》
2 《乱暴+転落/Rough/Tumble》
2 《水没/Submerge》
2 《渋面の溶岩使い/Grim Lavamancer》
2 《紅蓮破/Pyroblast》
1 《赤霊破/Red Elemental Blast》
1 《硫黄の渦/Sulfuric Vortex》
1 《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》
1 《狼狽の嵐/Flusterstorm》
1 《真髄の針/Pithing Needle》


12th Place

Player Name:Yao Shunsuke
Deck Name:Death Blade
Deck Designer:ヤオ シュンスケ


Main
4 《死儀礼のシャーマン/Deathrite Shaman》
4 《石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mystic》
3 《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》
1 《真の名の宿敵/True-Name Nemesis》
4 《渦まく知識/Brainstorm》
4 《思案/Ponder》
4 《思考囲い/Thoughtseize》
4 《剣を鍬に/Swords to Plowshares》
4 《Force of Will》
1 《議会の採決/Council's Judgment》
1 《盲信的迫害/Zealous Persecution》
1 《殴打頭蓋/Batterskull》
1 《梅澤の十手/Umezawa's Jitte》
2 《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》
4 《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
4 《汚染された三角州/Polluted Delta》
1 《湿地の干潟/Marsh Flats》
3 《不毛の大地/Wasteland》
1 《Karakas》
2 《Underground Sea》
2 《Tundra》
1 《Tropical Island》
1 《Scrubland》
1 《島/Island》
1 《平地/Plains》
1 《沼/Swamp》

Side
3 《翻弄する魔道士/Meddling Mage》
2 《封じ込める僧侶/Containment Priest》
1 《石術師、ナヒリ/Nahiri, the Lithomancer》
1 《遍歴の騎士、エルズペス/Elspeth, Knight-Errant》
1 《真の名の宿敵/True-Name Nemesis》
1 《解呪/Disenchant》
1 《狼狽の嵐/Flusterstorm》
1 《外科的摘出/Surgical Extraction》
1 《盲信的迫害/Zealous Persecution》
1 《至高の評決/Supreme Verdict》
1 《饗宴と飢餓の剣/Sword of Feast and Famine》
1 《呪文貫き/Spell Pierce》


13th Place

Player Name:Yasuda Masayuki
Deck Name:ジャージ
Deck Designer:


Main
3 《若き紅蓮術士/Young Pyromancer》
3 《僧院の導師/Monastery Mentor》
2 《石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mystic》
2 《翻弄する魔道士/Meddling Mage》
1 《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》
4 《渦まく知識/Brainstorm》
4 《思案/Ponder》
4 《ギタクシア派の調査/Gitaxian Probe》
4 《稲妻/Lightning Bolt》
4 《Force of Will》
4 《時を越えた探索/Dig Through Time》
2 《剣を鍬に/Swords to Plowshares》
2 《呪文貫き/Spell Pierce》
1 《紅蓮破/Pyroblast》
1 《殴打頭蓋/Batterskull》
1 《梅澤の十手/Umezawa's Jitte》
4 《汚染された三角州/Polluted Delta》
3 《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
3 《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
3 《Tundra》
3 《Volcanic Island》
1 《魂の洞窟/Cavern of Souls》
1 《島/Island》

Side
3 《エーテル宣誓会の法学者/Ethersworn Canonist》
2 《封じ込める僧侶/Containment Priest》
2 《紅蓮破/Pyroblast》
1 《流刑への道/Path to Exile》
1 《硫黄の渦/Sulfuric Vortex》
1 《議会の採決/Council's Judgment》
1 《摩耗+損耗/Wear+Tear》
1 《真髄の針/Pithing Needle》
1 《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》
1 《狼狽の嵐/Flusterstorm》
1 《真の名の宿敵/True-Name Nemesis》


14th Place

Player Name:Inoue Daiki
Deck Name:
Deck Designer:


Main
4 《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets》
4 《僧院の速槍/Monastery Swiftspear》
4 《若き紅蓮術士/Young Pyromancer》
1 《真の名の宿敵/True-Name Nemesis》
4 《渦まく知識/Brainstorm》
4 《思案/Ponder》
4 《ギタクシア派の調査/Gitaxian Probe》
4 《稲妻/Lightning Bolt》
4 《目くらまし/Daze》
4 《Force of Will》
3 《時を越えた探索/Dig Through Time》
2 《Chain Lightning》
2 《二股の稲妻/Forked Bolt》
4 《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
4 《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
1 《汚染された三角州/Polluted Delta》
1 《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire》
2 《Volcanic Island》
1 《蒸気孔/Steam Vents》
2 《島/Island》
1 《山/Mountain》

Side
3 《発展の代価/Price of Progress》
2 《硫黄の渦/Sulfuric Vortex》
2 《渋面の溶岩使い/Grim Lavamancer》
2 《紅蓮破/Pyroblast》
2 《被覆/Envelop》
1 《粉々/Smash to Smithereens》
1 《真髄の針/Pithing Needle》
1 《無のロッド/Null Rod》
1 《墓掘りの檻/Grafdigger's Cage》


15th Place

Player Name:Yoshida Takefumi
Deck Name:
Deck Designer:


Main
4 《ルーンの母/Mother of Runes》
4 《石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mystic》
4 《スレイベンの守護者、サリア/Thalia, Guardian of Thraben》
3 《ファイレクシアの破棄者/Phyrexian Revoker》
3 《セラの報復者/Serra Avenger》
3 《ちらつき鬼火/Flickerwisp》
2 《ミラディンの十字軍/Mirran Crusader》
2 《迷宮の霊魂/Spirit of the Labyrinth》
1 《オレスコスの王、ブリマーズ/Brimaz, King of Oreskos》
4 《剣を鍬に/Swords to Plowshares》
4 《霊気の薬瓶/AEther Vial》
1 《殴打頭蓋/Batterskull》
1 《梅澤の十手/Umezawa's Jitte》
1 《火と氷の剣/Sword of Fire and Ice》
4 《不毛の大地/Wasteland》
4 《リシャーダの港/Rishadan Port》
3 《Karakas》
1 《魂の洞窟/Cavern of Souls》
1 《地平線の梢/Horizon Canopy》
1 《トロウケアの敷石/Flagstones of Trokair》
9 《平地/Plains》

Side
2 《大変動/Cataclysm》
2 《安らかなる眠り/Rest in Peace》
2 《エーテル宣誓会の法学者/Ethersworn Canonist》
1 《悟りの教示者/Enlightened Tutor》
1 《墓掘りの檻/Grafdigger's Cage》
1 《真髄の針/Pithing Needle》
1 《太陽の槍/Sunlance》
1 《絶対の法/Absolute Law》
1 《万力鎖/Manriki-Gusari》
1 《漸増爆弾/Ratchet Bomb》
1 《忘却の輪/Oblivion Ring》
1 《議会の採決/Council's Judgment》


16th Place

Player Name:Tanaka Takehiro
Deck Name:Reanimate
Deck Designer:近大MTGサークルKu'z


Main
2 《グリセルブランド/Griselbrand》
1 《大修道士、エリシュ・ノーン/Elesh Norn, Grand Cenobite》
1 《エメリアの盾、イオナ/Iona, Shield of Emeria》
1 《墓所のタイタン/Grave Titan》
1 《潮吹きの暴君/Tidespout Tyrant》
1 《灰燼の乗り手/Ashen Rider》
1 《不運な研究者/Hapless Researcher》
4 《渦まく知識/Brainstorm》
4 《思案/Ponder》
4 《納墓/Entomb》
4 《入念な研究/Careful Study》
4 《死体発掘/Exhume》
4 《目くらまし/Daze》
4 《Force of Will》
3 《再活性/Reanimate》
2 《思考囲い/Thoughtseize》
2 《動く死体/Animate Dead》
1 《真髄の針/Pithing Needle》
4 《汚染された三角州/Polluted Delta》
3 《霧深い雨林/Misty Rainforest》
2 《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》
3 《Underground Sea》
1 《Tropical Island》
1 《Bayou》
1 《島/Island》
1 《沼/Swamp》

Side
4 《突然の衰微/Abrupt Decay》
2 《見栄え損ない/Disfigure》
2 《花の絨毯/Carpet of Flowers》
1 《ヴェールのリリアナ/Liliana of the Veil》
1 《真髄の針/Pithing Needle》
1 《残響する真実/Echoing Truth》
1 《虐殺/Massacre》
1 《自然の要求/Nature's Claim》
1 《ワームとぐろエンジン/Wurmcoil Engine》
1 《夜の戦慄/Dread of Night》
カテゴリ : KMC記事のURL コメント (2) トラックバック (0)

今週土曜日、4月4日は、レガシーイベントKMCClassicが開催されます!!

いつもお世話になっております!

今週土曜日、4月4日は、レガシーのビックイベント、KMCClassicが開催されます!

賞品は超豪華!
GP京都前の最終調整に持ってこいのイベント!
当日は、関西にて他にGPTがありません!

もう、参加する以外の選択肢はありません!
是非皆様ご参加ください!

以下、大会詳細です!!
KMCClassic

日程:4月4日(土)

フォーマット:レガシー
当日受付:3500円

受付:9時45分〜10時15分
開始時間:10時30分

定員:150名

当日は、デッキリストの提出があります。
KMCポイントレースのポイント配分にプラス1の大会です。

■会場
浪速区民センタ
〒556-0023 大阪市浪速区稲荷2-4-3

■アクセス
地下鉄千日前線「桜川」徒歩10分
1位 【黒枠】多言語Volcanic Island + GP名古屋Rebecca Guay名古屋エンジェルプレイマット

2位 Underground Sea    + GP神戸サムライRob Alexander & Jason Chanサイン入りプレイマット

3位 Tundra         + GP静岡獅子舞Christopher Moellerサイン入りプレイマット

4位 Tropical Island    + BMO厳島神社FOIL仕様プレイマット

5位 Badland        + GP静岡ジャッジ限定Rebecca Guay天使プレイマット

6位 Svannah        + BMO富士山プレイマット

7位 Scrubland       + BMO屋久杉プレイマット

8位 Plateau        + BMO吉野桜プレイマット

9位~12位 5パック

13~16位 4パック
KMCClassicは、これに加えて通常のKMCポイントにプラス1の大会です。
1位 7P
2位 6P
3位 5P
4位 5P
5位~8位 4P
9~12位 3P
13位~ 2P
カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

Blog

KMCITポイントレース

○ ポイントレースについて

SEED Hadara Danpei

8 Hori Masataka
7 Yamanaka Kousuke
6 Doi Satsuki
6 Ishii Takuya
6 Kanbara Hokuto
6 Sekimoto Tatsuo
6 Yamada Mituhiro
5 Hayashibara Kazuki
5 Naoya Kawakami
5 Kodaira Syouta
5 Naota Kagotani
5 Yanagisawa Yuta
【更に見る】

コミュニティ戦ランキング

18 コストオーバー
13 Dread of Knights
12 ちびマルイちゃん
12 MTG With プロゲーマー
12 コダイラが来る Second Season
10 どつきまわしたれ本舗
10 Traiad Primus
9 Stronger Kanbara
8 ヒゲと愉快な仲間たち
6 ヒロイン特撮研究所
6 ノーエムラさべ太郎

TOP8DeckList

MOVIE

コラム

○ Eternal Party2017 カバレージNew!
○ MMM Finals 2017参加レポートNew!
○ 関西のエターナル事情(レガシー&モダン)New!
○ EternalParty2017の事前予約迫る!!賞品も決定!!

【過去の記事を読む】

twitter

WPN主催店舗について

KMCが運営するイベントは、一部の例外を除き、BIGMAGICなんば店にて主催されております。
検索フォーム
最新コメント
カウンター
管理用

Appendix