KMC開催予定
83th KMC
8月27日(日)
受付:13:15
開始:14:00
参加費:1000円
定員:85人
会場:駿河屋 高槻トレカ館
最寄り駅:JR「高槻駅」、阪急「高槻市駅」徒歩5分

【今後の予定を更に見る】


関西レガシーカレンダー(間違っていても責任は負いません。)
82th KMC Final Movie

BCLエターナルパーティー&エターナルフェスティバル・ダブルトライアル 決勝 福留 友(京都)vs篠原 元(大阪)

BCLエターナルパーティー&エターナルフェスティバル・ダブルトライアル 決勝 福留 友(京都)vs篠原 元(大阪)

by TTW

IMG_2384.jpg


決勝だ。
福留は先日のトライアルですでに1BYEを手に入れており、2BYEを目指してここまで勝ち上がった。一方、篠原はまだBYEはない。是が非でも欲しい。

 さて、決勝は奇しくも準決勝と同じマッチアップ。Miracle vs ANTだ。
準決勝まで勝ち残ったデッキの3/4がMiracleとその隆盛ぶりを見せつけながら、2度のミラーマッチを制してこの席に座っている福留。福留は普段コンボデッキを好んで使用しており、ANTに対する造詣も深い。敵に回すと厄介な相手だ。
 対する篠原も先程の準決勝でMiracleを撃破しており、勢いに乗っている。「ANTの腕では福留さんに叶わない」という篠原だが、今日の福留のデッキはANTではない。知識の差をデッキ習熟度の差で覆す可能性はある。

 決戦の火ぶたが切って落とされた。


Game1
IMG_2386.jpg
(篠原 元)

先手はスイス上位の篠原。悩んだ末にキープを決める。

《ギタクシア派の調査》で見た福留の手札は強烈。《Volcanic Island》《相殺》《相殺》《渦まく知識》《渦まく知識》《剣を鍬に》《終末》。青マナを1枚引ければ勝てる、という手札だ。



篠原は《思考囲い》で1枚《相殺》を抜くが厳しい。まだ《相殺》が1枚残っている。しかし、篠原は《相殺》をプレイされる前に続けて2ターン目に《強迫》。スタックで《渦まく知識》が飛んでくるかと思いきや、福留はそのまま公開。それもそのはず、福留は3枚目の《相殺》をトップデッキしていた。

篠原「おかしいなー」

と首をかしげる篠原。この展開は予想外だ。

これで勝負ありかと思いきや、福留は何と土地が1枚でストップしてしまう。《渦まく知識》をプレイして、福留は2枚目の土地を引くがそれは何と《平地》…。青マナダブルシンボルが出ない。

仕方なく《師範の占い独楽》をおいてエンド。
だが、4ターン目。ついに福留はフェッチランドを見つけ《相殺》を設置。

これで仕掛けるしかなくなった篠原は《暗黒の儀式》。福留は《師範の占い独楽》をタップせずそのままトップを公開。トップは《精神を刻む者、ジェイス》。

篠原「あかんやん」

どうやら《炎の中の過去》ルートのようだ。
次のターン篠原は《陰謀団の儀式》でもう一度仕掛けるが、これは《瞬唱の魔道士》が公開されカウンター。いよいよ苦しい。

土地が順調に伸び始めた福留は《瞬唱の魔道士》でしかけ始める。
さらに《僧院の導師》までが戦線に加わり、猶予がなくなる。

《瞬唱の魔道士》が出てきたということはトップに2があるかもしれない。だが、立ち止まるわけにもいかず、篠原は《陰謀団の儀式》で仕掛ける。結果は—通った! 
5マナを得た篠原はまずは《冥府の教示者》をプレイ。ここで福留はようやく動いた。《師範の占い独楽》を起動して《対抗呪文》を公開。

進退きわまった篠原は《ライオンの瞳のダイアモンド》2枚から《炎の中の過去》を裏表で2度仕掛けた。
しかし、福留はこれを2セットの《Force of Will》で退けた。


福留 1-0 篠原


Game2
両者7枚を悩まずキープ。
篠原は《ギタクシア派の調査》。福留の手札を確認後に《思案》。3枚見てその中から取る。
福留は《Tundra》をセットするのみでエンド。

2ターン目、篠原はまたも《思案》。2枚目の土地を置きエンド。

篠原は3ターン目に《思考囲い》。これに福留は《対抗呪文》で応戦。
《思考囲い》は打ち消されたが手の内は知りたい篠原。《ギタクシア派の調査》で手札を見ると福留の手札には危険物が。
《汚染された三角州》《Force of Will》《精神を刻む者、ジェイス》《ヴェンディリオン三人衆》《瞬唱の魔道士》《相殺》と、《対抗呪文》で守ったのも納得の手札だ。

現在のところ緑マナがない篠原にとっては厳しい布陣だ。だが、福留は《相殺》をおかずに《ヴェンディリオン三人衆》を構える。《突然の衰微》を落としてから確実にロックを決めに行く慎重な立ち回りを狙う。

ならばと篠原は《汚染された三角州》から《Tropical Island》をサーチして《ザンティッドの大群》。
これに福留はスタックで《ヴェンディリオン三人衆》を合わせ、篠原の手札である《狼狽の嵐》《暗黒の儀式》《陰謀団の儀式》《冥府の教示者》の中から《狼狽の嵐》を奪う。さらに《ザンティッドの大群》は《Force of Will》。

《Force of Will》を切らせた篠原は《暗黒の儀式》を唱える。これに福留は《Force of Will》を唱えてコンボの出だしを許さない。

篠原は次のターンにもう一度《暗黒の儀式》で仕掛けるが、福留は《相殺》で《相殺》を公開。
ナチュラル相殺こそ起こらなかったものの、うなだれる篠原。2マナが唱えれないとなるとあとが続かない篠原はこのターンのコンボ始動を断念する。

こうなれば全力で仕掛けるしかない篠原は《師範の占い独楽》を引かれる前に4度目のコンボをしかけた。
まずは《虐殺》をプレイ。《相殺》で公開されたのは《渦まく知識》。今が安全と判断した篠原は《陰謀団の儀式》をプレイ。福留は《相殺》の誘発スタックでフェッチランドを起動してライブラリートップを変更する。そして公開されたのは《汚染された三角州》。これが最後のチャンスとみた篠原は続けて《冥府の教示者》を唱え、《炎の中の過去》までつないだ。

大量のストームが福留を呑み込んだ。


福留 1-1 篠原


Game3
両者7枚でキープ。
後手の篠原の《強迫》によってゲームが動き出した。福留は《強迫》に対応して《渦まく知識》を唱え手札を退避させる。
福留は「抜けるもんなら抜いてみろ」とばかりに手札の2枚の《相殺》を公開。篠原は仕方なくそのうちの1枚を捨てさせる。

IMG_2388.jpg
(福留 友)

2ターン目に福留は予定通りに《相殺》をプレイ。
だが、篠原にも《突然の衰微》という頼れるサイドカードがあり、引ければまだゲームの行方はわからない。

篠原は《突然の衰微》を見つけるために《ザンティッドの大群》を囮にしてトップを確認してからドロー操作を唱えるなど、巧妙に仕掛ける。しかし福留は《渦まく知識》を上手く使いこれを弾く。

福留のペースかと思われたがここで福留の土地が3枚でストップ。ゲームが膠着する。
先にゲームを動かしにかかったのは福留。《思案》で4枚目の土地を見つけたところで、ついに《外科的摘出》で仕掛ける。対象は《ザンティッドの大群》だが主目的は対戦相手の手札の確認。果たして公開された内容は《暗黒の儀式》《暗黒の儀式》《陰謀団の儀式》《陰謀団の儀式》《冥府の教示者》《冥府の教示者》だ。

篠原「ポーカーなら最強」

そう篠原の手札は2ペアならぬ3ペアだ。

福留「ポーカーは6枚手札ないけどな」

とすかさずつっこむ福留。舌戦にも手を抜かない。

そして福留は篠原のエンド前に《瞬唱の魔道士》。《渦まく知識》をフラッシュバックして手札の枚数を維持しつつクロックをだす。《瞬唱の魔道士》がアタックして篠原のライフは15。

次の篠原のエンド前にも、福留はもう1枚の《瞬唱の魔道士》を戦線に追加する。そして福留はついに《師範の占い独楽》に辿りついた。さらに篠原のドローステップにたたみかけるように、福留は《ヴェンディリオン三人衆》で手札を検閲。先ほどの6枚の手札に《闇の誓願》が加わった7枚の篠原の手札が公開される。《闇の誓願》をボトムに送り優先権を返す。

篠原は入れ替わりで引いた《強迫》をプレイするが、福留に《相殺》で《狼狽の嵐》を公開されてカウンターされる。

《師範の占い独楽》がある状態で《狼狽の嵐》を積まれてはどうにもならないANT。
篠原は負けを認めた。


福留 2-1 篠原

福留 win!

優勝はMiracleを駆る福留 友(京都)! 福留はこれで二つとなるBYEを獲得した。
おめでとう福留!
スポンサーサイト
カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

BCLエターナルパーティー&エターナルフェスティバル・ダブルトライアル 準決勝 山本 真矢(大阪)vs篠原 元(大阪)

BCLエターナルパーティー&エターナルフェスティバル・ダブルトライアル 準決勝 山本 真矢(大阪)vs篠原 元(大阪)

by TTW

IMG_2354.jpg


年に一度、関西一のレガシープレイヤーを決定するエターナルの祭典「Eternal Party'2015」が12月27日に大阪で開催される。その前哨戦として各地でトライアルが行われるのだが、今日はBIG MAGICなんば店でトライアルがある。今回は関東のエターナルの祭典「エターナル フェスティバル 2015」のトライアルも兼ねているため、いつもより活気に満ちている。それもそうだ。ここで勝てばどちらのBYEも手に入るのだ。

すでにスイスラウンドは終了し残るプレイヤーは4名となった。
山本は準決勝にまで残った3人のMiracleのうちの一人だ。対する篠原は準決勝まで生き残った唯一ANTだ。あと2勝で栄誉とBYEが手に入る。決勝に進むのはどちらだ。


Game1
IMG_2356.jpg
(篠原 元)

先手はスイスラウンド1位で駆け抜けた篠原。篠原は悩んでマリガンを選択した。
対する山本もマリガンを宣言。結局両者1マリガンで試合が始まった。マリガンによる占術は篠原がトップ。山本はボトムに送ることを選択した。

先手の篠原は《ギタクシア派の調査》で山本の手札を確認。《Volcanic Island》《乾燥台地》《汚染された三角州》《Force of Will》《師範の占い独楽》《師範の占い独楽》が公開される。篠原にとって目下の課題は《Force of Will》か。そのあと篠原は《汚染された三角州》を起動して《Underground Sea》をサーチし。《思案》を唱えて、3枚見てシャッフルせず1枚取る。

後手の山本は《師範の占い独楽》スタート。

2ターン目に篠原は《汚染された三角州》セットから《渦まく知識》。フェッチランドを織り交ぜ手札を整える。そのあとに《定業》を唱え、2枚ともデッキボトムへ送ったあとに1ドロー。

山本は2枚目の《師範の占い独楽》を出す。
長引くと不利と判断した篠原は《暗黒の儀式》で仕掛ける。スタックで山本は《師範の占い独楽》をタップしてドロー。さらに《汚染された三角州》を起動してシャッフル後に《師範の占い独楽》でルック。その後に山本は《暗黒の儀式》を《Force of Will》(コストは《Force of Will》)でカウンター。篠原の出鼻をくじく。

4ターン目篠原は、今度は《陰謀団の儀式》で仕掛ける。スレッショルドが達成しているため黒5マナがマナプールへ。
さらに《強迫》で山本の手札に脅威がないことを確認しつつ《剣を鍬に》を捨てさせる。そして満を持して《むかつき》を唱える。

《むかつき》の序盤に《炎の中の過去》がめくれたため冒険せずにライフを残し、手札を増やすのみとする。
《冥府の教示者》で《ライオンの瞳のダイアモンド》を公開し、次のターンに備える。

が、ここで篠原は《ライオンの瞳のダイアモンド》を2枚と《炎の中の過去》でストームが足りていることに気づきそのまま《苦悶の触手》を唱えた。
手札が土地のみの山本は為す術がなかった。

山本 0-1 篠原


Game2
先手は山本。今度は両者7枚でキープした。

IMG_2357.jpg
(山本 真矢)

先手の山本は《Tundra》から《思案》。

対する篠原はGame1と同じく《ギタクシア派の調査》。《沸騰する小湖》《Tundra》《Volcanic Island》《渦まく知識》《対抗呪文》《Force of Will》と硬い手札だ。手札を確認してから篠原は《思案》。ここまでGame1の焼き増しだ。だが、今度は3枚見てシャッフル。

先手2ターン目の山本は《Volcanic Island》を置くのみでエンド。《対抗呪文》を構え3ターンキルに備える。

篠原は自分のメインに《Volcanic Island》から《渦まく知識》。山本はこれに《対抗呪文》。土地が1枚で止まっていると判断してたたみかけに出た形だ。だが篠原は手札に土地を所持しており、セットランドから《思案》をプレイ。3枚みてライブラリートップから取る。

3ターン目、山本の奇襲が炸裂した。《血染めの月》だ。これは篠原も予想外で完璧に刺さってしまう。キャントリップを狙い撃ちにした意図はこれだったのか。赤マナ以外のマナ供給が止まってしまった篠原は《ギタクシア派の調査》で手札を確認後、《ライオンの瞳のダイアモンド》。これを山本は《Force of Will》。

凌ぎきった山本は待望の《相殺》を見つけロックにかかる。
篠原も何とか返しに《水蓮の花びら》を置くが、次のターンには《師範の占い独楽》と《相殺》によるハーフロックが完成してしまう。通常ならばここでサイドボードの《突然の衰微》で《相殺》を壊すことが出来るのだが《血染めの月》でそれもままならない。

ゆっくり盤面を掌握し始める山本。そしてついに《精神を刻む者、ジェイス》が降臨し、篠原のデッキトップを検閲し始める。《精神を刻む者、ジェイス》の忠誠値が2つずつ上がり続ける。

ついに《精神を刻む者、ジェイス》の忠誠値が13に達した段階で篠原はやむなくコンボを仕掛けたが、山本のライブラリートップと《相殺》がそれを許さなかった。



山本 1-1 篠原


Game3
あっさりキープを決めた篠原に対して山本は悩んで7枚の手札をキープ。
山本が悩んだ理由は先手の篠原の《ギタクシア派の調査》で明らかとなった。
《島》《Force of Will》《精神を刻む者、ジェイス》《渦まく知識》《瞬唱の魔道士》《瞬唱の魔道士》《師範の占い独楽》
そう、土地が1枚しかないのだ。

手札を確認した篠原は《思考囲い》で《Force of Will》を捨てさせる。
後手の山本は島を置くのみでエンド。

2ターン目にも篠原は《ギタクシア派の調査》。山本の手札に《対抗呪文》が加わったことを確認。
山本は後手2ターン目に待望の2枚目の土地—《沸騰する小湖》をドローする。

3ターン目、篠原は《水蓮の花びら》を置いてきて山本は一瞬ひやっとするがそれ以上に動きはない。
山本は3枚目の土地を求めてエンド前に《渦まく知識》。無事《Volcanic Island》を発見する。

4ターン目の自分のエンド前に山本の《師範の占い独楽》ルックスタックで1マナしかない間にコンボを仕掛ける。
篠原は《暗黒の儀式》から《むかつき》。ライフ16からスタート。
《むかつき》はライフ3で止める。しかし、エンド前に唱えたために大量のディスカードをするのみでエンド。

IMG_2380.jpg
(画像はライフ3点の時点)

長引くと不利と判断した篠原は次のターンにしっかり殺せる手札を吟味して山本へとターンを返す。
ここは山本にとっても正念場。ここを乗り切れば勝利は近い。

山本は《相殺》をプレイ。だが、これは篠原はエンド前に《突然の衰微》。
メインに入った篠原は《強迫》で《対抗呪文》を捨てさせる。

残った《瞬唱の魔道士》2枚はこのターンはマナが足り無いため機能することはない。
篠原は意を決して《暗黒の儀式》。山本はスタックで《師範の占い独楽》を起動。
目当てのものがなくフェッチランドを起動。《師範の占い独楽》をもう一度見て篠原に優先権を渡す。

篠原は《陰謀団の儀式》を唱え、さらに《ライオンの瞳のダイアモンド》そして《冥府の教示者》唱え(スタックで《ライオンの瞳のダイアモンド》を起動し、赤マナ3点を生み出す)《炎の中の過去》をサーチ。そして墓地から大量の呪文を唱え、《苦悶の触手》を唱えた。

《苦悶の触手》が山本のライフを吸いつくした。


山本 1-2 篠原

篠原 win!
タグ : TTW
カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

Friday Night Legacy Round2 Niwa Takahiro(Mono White control)vsAdachi Ryosuke(Pox)

Friday Night Legacy Round2 Niwa Takahiro(Mono White control)vsAdachi Ryosuke(Pox)

by TTW

IMG_2344.jpg


 京都にはFriday Night Legacyと呼ばれる平日レガシーのイベントがある。ここイエローサブマリン京都店で毎週金曜日に行われるこのイベントは4年以上続く由緒ある大会だ。創設者はあの「日本レガシー選手権2015 Autumn」の覇者、泉 優(東京)である。レガシーをこよなく愛する彼が東京に行ってからも脈々と受け継がれたこのイベントは今日も京都に根付いている。さて、今回はそんな老舗平日レガシーの常連二人の試合の様子をお送りしよう。


Game1
IMG_2347.jpg


両者7枚でキープして第1ゲームが始まった。
先手のNiwaは《アクロスの英雄、キテオン》を出しターンエンド。

対するAdachiは《思考囲い》でまずは手札から切り崩す。公開されたNiwaの手札は《古えの墳墓》《平地》《遍歴の騎士、エルズペス》《忘却の輪》《徴税の大天使》。NIwaのデッキはDeath&Taxesなどの白単ウィニー系かと思いきや、白スタックス系のデッキのようだ。Adachiは少し悩んだ上で、自分のデッキにとって最も危険な《遍歴の騎士、エルズペス》を捨てさせた。

2ターン目にNiwaは《古えの墳墓》をセットして《アクロスの英雄、キテオン》でアタック。Adachiのライフを16とする。
ターンを受けたAdachiは相手のデッキの中身が予想できないため、《不毛の大地》を《古えの墳墓》に対して起動するか悩む。しかし、手札に見えた《徴税の大天使》はトリプルシンボルのため次に出てくることはない。次のターンに脅威を出される危険性は少ないと判断したAdachiは自身のマナを伸ばすことを選択した。

Adachiの予想通り、Niwaの行動は《平地》のセットランドと《アクロスの英雄、キテオン》のアタックのみだった。しかし、その《アクロスの英雄、キテオン》もそろそろ対処しないと不味い。Adachiは《ヴェールのリリアナ》をプレイし、マイナス2能力を起動。Niwaは《アクロスの英雄、キテオン》を生け贄に捧げる。

ならばとNiwaは二の矢である《徴税の大天使》を放つ。
しかし、Adachiは落ち着いて《ヴェールのリリアナ》のプラス1能力を起動してから《The Abyss》をプレイした。
《徴税の大天使》は深淵に呑みこまれていってしまったが、Niwaも《忘却の輪》で《ヴェールのリリアナ》を追放。一進一退の攻防が続く。

Adachiは2度目の《思考囲い》を唱え、Niwaの手札を覗くとそこには《ハルマゲドン》と《オレスコスの王、ブリマーズ》が。《ハルマゲドン》は予想外だったようで、

Adachi「いったいどんなデッキなんだ…?」

と首をかしげる。

だが、目に付いた《ハルマゲドン》には釣られず《オレスコスの王、ブリマーズ》を捨てさせる。そして《世界のるつぼ》をプレイして、《ハルマゲドン》に備える。

だが、Adachiの疑問はすぐに氷解する。Niwaが《霊気の薬瓶》を唱えるとAdachiは

Adachi「すべての点が線で繋がった!」

と言い放った。

すっかり手札が尽きてしまった両者だが、Adachiには《産卵池》と《ミシュラの工廠》というクロックが場に残っている。3点づつNiwaのライフを削り始めたところでAdachiがトップデッキしたのは《女王への懇願》。《呪われた巻物》をサーチしてダメージを加速させる。

とにかく耐えなければいけないNiwaは、相手の場に《世界のるつぼ》があるのを承知の上で《ハルマゲドン》をプレイしダメージを少しでも減らす。

しかし、《霊気の薬瓶》があるとは言え《The Abyss》がどうにもならないNiwa。結局防衛線を構築する前にAdachiの復旧が先に完了してしまった。

Niwa 0-1 Adachi


Game2
先手のNiwaは1マリガン。後手のAdachiは悩んだ上で《ヨーグモスの墳墓、アーボーグ》3枚と《不毛の大地》《小悪疫》《暗黒の儀式》《女王への懇願》の手札をキープする。

NiwaはGame1と同じく《アクロスの英雄、キテオン》スタート。しかも、セットランドは《トロウケアの敷石》と上々の滑り出しだ。

IMG_2351.jpg


これに渋い顔をしながらAdachiは《女王への懇願》。サーチは《The Tabernacle at Pendrell Vale》。まずはクリーチャーの排除から取りかかる算段だ。

Niwaは《裏切り者の都》をセットして《アクロスの英雄、キテオン》でアタック。
2ターン目のAdachiは《小悪疫》。溜まりに溜まった《ヨーグモスの墳墓、アーボーグ》を処分しつつNiwaを足止めする。Niwaは後々のことを考え、ここは《トロウケアの敷石》ではなく《裏切り者の都》を生け贄に捧げる。

続くターンもAdachiはNiwaがセットした直後の《平地》を対象に《Sinkhole》。妨害を続ける。
だが、Niwaのセットランドも止まらず《スレイベンの守護者、サリア》が戦場に出てくる。
Adachiは《スレイベンの守護者、サリア》を《ヴェールのリリアナ》で対処するがこれは囮。Niwaの本命は《オレスコスの王、ブリマーズ》だった。

忠誠値が1の《ヴェールのリリアナ》は除去が間に合わず、《オレスコスの王、ブリマーズ》の前に倒れた。
流れに乗ったNiwaは《オレスコスの王、ブリマーズ》でさらに攻撃し、Adachiのライフを残り13点にする。

Adachiも《The Tabernacle at Pendrell Vale》でトークンの増殖を防ぐが、Niwaの場には《平地》と《トロウケアの敷石》があるため、自分のターンには都合3体のトークンが並ぶ。ここでAdachiは《小悪疫》をトップデッキするが、トークン軍団と《トロウケアの敷石》が壁になり攻略できそうにもない。しかし、動かないわけにもいかず《小悪疫》をプレイ。
と、ここで思わぬことが起こった。Niwaが間違えて《トロウケアの敷石》ではなく、《平地》を生け贄に捧げてしまったのだ。

これでアップキープに土地が1枚になってしまったNiwa。仕方なく、《オレスコスの王、ブリマーズ》のみを生き残らせる。《オレスコスの王、ブリマーズ》はアタックしてAdachiの残りライフは8点。

Adachiのターン。《無垢の血》をトップデッキ。まだ、足りない。
再度攻撃を受け、Adachiのライフは4。ここで除去をトップできれば………という場面でAdachiは《無垢の血》をトップデッキ!
2枚続けて《無垢の血》をプレイすることでNiwaの《オレスコスの王、ブリマーズ》をトークン諸共葬る。

これで流れを取り返したAdachiは《奈落の総ざらい》を引く。《不毛の大地》で自身の《The Tabernacle at Pendrell Vale》を破壊したあとに《奈落の総ざらい》をX=7でキャスト。
ゾンビ軍団がNiwaに一気に流れ込んだ。


Niwa 0-2 Adachi

Adachi Win!
タグ : TTW
カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

エタパトライアル追加!

エターナルパーティのトライアルが追加されました!

それに伴い、再度トライアルの日程一覧を掲載いたしますので、ご確認ください!

BCLエタパトライアル

日程:11月28日(土)
フォーマット:レガシー
参加費:500円
受付:12:30~12:50 開始:13:00
定員:48名

■会場
BIGMAGICなんば店
大阪府大阪市 浪速区難波中2丁目4−15
■アクセス
地下鉄「なんば」駅、徒歩7分

WPN主催店舗:BIGMAGICなんば店

地主杯

日程:11月29日(日)
フォーマット:レガシー
参加費:1500円
開始:15:00
定員:30名

■会場
Gameshopさかいや
大阪府大阪市浪速区難波中2-1-5
■アクセス
地下鉄「なんば」駅、徒歩7分

WPN主催店舗:Gameshopさかいや

CARDBOX高槻店レガシー

日程:12月5日(土)
フォーマット:レガシー
参加費:1000円
受付:12:30~12:50 開始:13:00

■備考
ドリンクバー付き
■会場
CARD BOX 高槻店
大阪府高槻市 北園町19-12 切目ビル 4F
■アクセス
阪急「高槻市」駅、徒歩1分

WPN主催店舗:CARDBOX高槻店

ひばりや杯

日程:12月13日(日)
フォーマット:レガシー
参加費:1000円
受付:9:55
開始:10:00
定員:54人

■会場
内膳町すみれホール(4階 シクラメンA)
奈良県橿原市内膳町1-2-24

■アクセス
近鉄「大和八木駅」徒歩2分

近鉄大和八木駅の改札を抜けたら、右側にミスタードーナツがあります。
その辺りから右側を向くと写真の様な景色が見えるはずです。
写真右端の辺りにすみれホールの文字が見えていると思いますので、そこの建物の4階です。

WPN主催店舗:ひばりや

第53回KMC

日程:12月23日(水・祝)
フォーマット:レガシー
参加費:1000円
受付:13:15
定員:128人

■会場
浪速区民センター
大阪市浪速区稲荷2丁目4番3号
■アクセス
地下鉄千日前線「桜川駅」 徒歩7分
(7番出口からなにわ筋を南へ約300メートル西側)

WPN主催店舗:BIGMAGICなんば店

BCLエタパトライアル

日程:12月26日(土)
フォーマット:レガシー
参加費:500円
受付:12:30~12:50 開始:13:00
定員:48名

■会場
BIGMAGICなんば店
大阪府大阪市 浪速区難波中2丁目4−15
■アクセス
地下鉄「なんば」駅、徒歩7分

WPN主催店舗:BIGMAGICなんば店

エターナルパーティ2015公式サイト
http://mtgkmc.web.fc2.com/etp.html

エターナルパーティ事前予約
http://mtgkmc.web.fc2.com/etp/reserve.html

カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

KMC協賛 グルランド「島」レガシー

KMC協賛 グルランド「島」レガシー


GuruKMC03.jpg


2015.11.22
108 Players
7 Swiss Draw + 3 Single Elimination

Guru Land「Island」Legacy TOP8 DeckList

GuruKMC08.jpg
(Matsubara Takeyuki)


1st Place
Player Name:Matsubara Takeyuki
Deck Name:
Deck Designer:


4《汚染された三角州/Polluted Delta》
4《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
3《Tundra》
2《Underground Sea》
2《不毛の大地/Wasteland》
2《島/Island》
1《Karakas》
1《Scrubland》
1《平地/Plains》
1《忍び寄るタール坑/Creeping Tar Pit》
1《沼/Swamp》
1《湿地の干潟/Marsh Flats》

-土地(23)-


4《石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mystic》
2《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》
2《黄金牙、タシグル/Tasigur, the Golden Fang》

-クリーチャー(8)-


4《Force of Will》
4《剣を鍬に/Swords to Plowshares》
4《渦まく知識/Brainstorm》
3《思考囲い/Thoughtseize》
3《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》
2《思案/Ponder》
2《未練ある魂/Lingering Souls》
1《コジレックの審問/Inquisition of Kozilek》
1《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》
1《呪文貫き/Spell Pierce》
1《対抗呪文/Counterspell》
1《梅澤の十手/Umezawa's Jitte》
1《殴打頭蓋/Batterskull》
1《議会の採決/Council's Judgment》

-呪文(29)-



2《安らかなる眠り/Rest in Peace》
2《翻弄する魔道士/Meddling Mage》
1《世界のるつぼ》
1《否認/Negate》
1《呪文貫き/Spell Pierce》
1《外科的摘出/Surgical Extraction》
1《流刑への道/Path to Exile》
1《狼狽の嵐/Flusterstorm》
1《真髄の針/Pithing Needle》
1《石術師、ナヒリ/Nahiri, the Lithomancer》
1《至高の評決/Supreme Verdict》
1《解呪/Disenchant》
1《饗宴と飢餓の剣/Sword of Feast and Famine》

-サイドボード(15)-



GuruKMC07.jpg
(Fujimoto Youzou)


2nd Place
Player Name:Fujimoto Youzou
Deck Name:兄弟top8
Deck Designer:



4《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire》
4《不毛の大地/Wasteland》
3《Volcanic Island》
3《Underground Sea》
2《汚染された三角州/Polluted Delta》
2《霧深い雨林/Misty Rainforest》
1《Bayou》

-土地(19)-


4《死儀礼のシャーマン/Deathrite Shaman》
4《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets》
3《若き紅蓮術士/Young Pyromancer》
2《墓忍び/Tombstalker》

-クリーチャー(13)-


4《稲妻/Lightning Bolt》
4《渦まく知識/Brainstorm》
3《もみ消し/Stifle》
3《目くらまし/Daze》
3《Force of Will》
3《ギタクシア派の調査/Gitaxian Probe》
3《思案/Ponder》
2《陰謀団式療法/Cabal Therapy》
1《呪文貫き/Spell Pierce》
1《思考囲い/Thoughtseize》
1《二股の稲妻/Forked Bolt》

-呪文(28)-


2《外科的摘出/Surgical Extraction》
2《紅蓮破/Pyroblast》
2《突然の衰微/Abrupt Decay》
1《四肢切断/Dismember》
1《呪文貫き/Spell Pierce》
1《Force of Will》
1《思考囲い/Thoughtseize》
1《非業の死/Perish》
1《夜の戦慄/Dread of Night》
1《硫黄の渦/Sulfuric Vortex》
1《真髄の針/Pithing Needle》
1《無のロッド/Null Rod》

-サイドボード(15)-



Oda Hideto
(Oda Hideto)


3rd Place
Player Name:Oda Hideto
Deck Name:
Deck Designer:



4《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
3《Volcanic Island》
3《島/Island》
2《古えの墳墓/Ancient Tomb》
2《汚染された三角州/Polluted Delta》
2《裏切り者の都/City of Traitors》
1《すべてを護るもの、母聖樹/Boseiju, Who Shelters All》
1《山/Mountain》
1《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》

-土地(19)-


4《グリセルブランド/Griselbrand》
3《引き裂かれし永劫、エムラクール/Emrakul, the Aeons Torn》

-クリーチャー(7)-


4《実物提示教育/Show and Tell》
4《Force of Will》
4《渦まく知識/Brainstorm》
4《水蓮の花びら/Lotus Petal》
4《思案/Ponder》
4《騙し討ち/Sneak Attack》
3《ギタクシア派の調査/Gitaxian Probe》
2《定業/Preordain》
2《呪文貫き/Spell Pierce》
2《全知/Omniscience》
1《狼狽の嵐/Flusterstorm》

-呪文(34)-


15 サイドボード
2《防御の光網/Defense Grid》
2《渋面の溶岩使い/Grim Lavamancer》
2《墓掘りの檻/Grafdigger's Cage》
2《血染めの月/Blood Moon》
1《狼狽の嵐/Flusterstorm》
1《拭い捨て/Wipe Away》
1《紅蓮破/Pyroblast》
1《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》
1《裂け目の突破/Through the Breach》
1《赤霊破/Red Elemental Blast》
1《紅蓮地獄/Pyroclasm》



GuruKMC09.jpg
(Aoyagi Motohiko)


4th Place
Player Name:Aoyagi Motohiko
Deck Name:NOBUO―MIRACLE
Deck Designer:



4《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》

4《汚染された三角州/Polluted Delta》
3《Tundra》

4《島/Island》

2《平地/Plains》

2《Volcanic Island》

2《乾燥台地/Arid Mesa》
1《Karakas》

-土地(22)-



2《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》

2《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》

-クリーチャー(4)



4《渦まく知識/Brainstorm》

4《相殺/Counterbalance》

4《師範の占い独楽/Sensei’s Divining Top》

3《終末/Terminus》
3《思案/Ponder》

3《剣を鍬に/Swords to Plowshares》

3《Force of Will》

3《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》

2《天使への願い/Entreat the Angels》

1《呪文嵌め/Spell Snare》

1《紅蓮破/Pyroblast》
1《対抗呪文/Counterspell》

1《議会の採決/Council’s Judgment》

1《至高の評決/Supreme Verdict》

-呪文(34)-



2《封じ込める僧侶/Containment Priest》

2《僧院の導師/Monastery Mentor》

2《狼狽の嵐/Flusterstorm》
2《赤霊破/Red Elemental Blast》

1《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》

1《摩耗+損耗/Wear+Tear》

1《対抗呪文/Counterspell》

1《至高の評決/Supreme Verdict》

1《Force of Will》

1《安らかなる眠り/Rest in Peace》

1《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》


-サイドボード(15)-
 


Yanagisawa Yuuta
(Yanagisawa Yuuta)


5th Place
Player Name:Yanagisawa Yuuta
Deck Name:Esper PWC
Deck Designer:


4《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
4《汚染された三角州/Polluted Delta》
3《島/Island》
2《Tundra》
2《Underground Sea》
2《平地/Plains》
1《湿地の干潟/Marsh Flats》
1《Scurbland》
1《Karakas》
1《アカデミーの廃墟/Academy Ruins》
1《沼/Swamp》

-土地(22)-


4《悪意の大梟/Baleful Strix》
3《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage/Snapcaster Mage》

-クリーチャー(7)-


4《渦まく知識/Brainstorm》
4《Force of Will》
3《剣を鍬に/Swords to Plowshares》
3《思案/Ponder》
3《至高の評決/Supreme Verdict》
2《呪文嵌め/Spell Snare》
2《呪文貫き/Spell Pierce》
2《対抗呪文/Counterspell》
2《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》
1《議会の採決/Council's Judgment》
1《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》
1《遍歴の騎士、エルズペス/Elspeth, Knight-Errant》
1《ゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikar》
1《卓絶のナーセット/Narset Transcendent》
1《イニストラードの君主、ソリン》

-呪文(30)-


2《思考囲い/Thoughtseize》
2《安らかなる眠り/Rest in Peace》
1《真髄の針/Pithing Needle》
1《墓掘りの檻/Grafdigger's Cage》
1《強迫/Duress》
1《青霊破/Blue Elemental Blast》
1《剣を鍬に/Swords to Plowshares》
1《解呪/Disenchant》
1《神聖なる月光/Hallowed Moonlight》
1《石のような静寂/Stony Silence》
1《盲信的迫害/Zealous Persecution》
1《外科的摘出/Surgical Extraction》
1《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》

-サイドボード(15)-



Tamura Ryo
(Tamura Ryo)


6th Place
Player Name:Tamura Ryo
Deck Name:
Deck Designer:



4《燃え柳の木立ち/Grove of the Burnwillows》
4《不毛の大地/Wasteland》
4《暗黒の深部/Dark Depths》
4《演劇の舞台/Thespian's Stage》
4《リシャーダの港/Rishadan Port》
3《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》
3《Taiga》
3《Maze of Ith》
2《平穏な茂み/Tranquil Thicket》
1《森/Forest》
1《裂け岩の扉/Riftstone Portal》
1《The Tabernacle at Pendrell Vale》
1《Glacial Chasm》

-土地(35)-


4《踏査/Exploration》
4《ギャンブル/Gamble》
4《罰する火/Punishing Fire》
4《壌土からの生命/Life from the Loam》
4《輪作/Crop Rotation》
4《モックス・ダイアモンド/Mox Diamond》
1《マナ結合/Manabond》

-呪文(25)-


4《抵抗の宝球/Sphere of Resistance》
4《クローサの掌握/Krosan Grip》
2《虚空の杯/Chalice of the Void》
2《窒息/Choke》
1《アメジストのとげ/Thorn of Amethyst》
1《ボジューカの沼/Bojuka Bog》
1《Karakas》

-サイドボード(15)-



Ono Jun
(Ono Jun)


7th Place
Player Name:Ono Jun
Deck Name:リアニメイト
Deck Designer:



4《汚染された三角州/Polluted Delta》
4《Undergroun Sea》
3《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire》
2《島/Island》
2《沼/Swamp》

-土地(15)-


4《グリセルブランド/Griselbrand》
1《潮吹きの暴君/Tidespout Tyrant》
1《大修道士、エリシュ・ノーン》
1《霊異種/AEtherling》
1《墓所のタイタン/Grave Titan》
1《不運な研究者/Hapless Researcher》

-クリーチャー(9)-


4《納墓/Entomb》
4《死体発掘/Exhume》
4《再活性/Reanimate》
4《目くらまし/Daze》
4《水蓮の花びら/Lotus Petal》
3《入念な研究/Careful Study》
3《Force of Will》
3《思案/Ponder》
2《動く死体/Animate Dead》

-呪文(31)-


3《実物提示教育/Show and Tell》
3《強迫/Duress》
2《外科的摘出/Surgical Extraction》
2《見栄え損ない/Disfigure》
2《真髄の針/Pithing Needle》
1《残響する真実/Echoing Truth》
1《エメリアの盾、イオナ/Iona, Shield of Emeria》
1《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》

-サイドボード(15)-



GuruKMC06.jpg
(Fujimoto Hiroki)


8th Place
Player Name:Fujimoto Hiroki
Deck Name:兄弟top8
Deck Designer:



4《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
4《汚染された三角州/Polluted Delta》
3《不毛の大地/Wasteland》
2《Tropical Island》
2《Underground Sea》
1《Badlands》
1《Taiga》
1《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》
1《Volcanic Island》

-土地(19)-


4《死儀礼のシャーマン/Deathrite Shaman》
4《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets》
4《タルモゴイフ/Tarmogoyf》
2《闇の腹心/Dark Confidant》
1《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》

-クリーチャー(15)-


4《渦まく知識/Brainstorm》
4《稲妻/Lightning Bolt》
4《思案/Ponder》
4《目くらまし/Daze》
3《Force of Will》
2《突然の衰微/Abrupt Decay》
2《呪文貫き/Spell Pierce》
1《四肢切断/Dismember》
1《コラガンの命令/Kolaghan's Command》
1《森の知恵/Sylvan Library》

-呪文(26)-

3《思考囲い/Thoughtseize》
2《ゴルガリの魔除け/Golgari Charm》
2《歓楽者ゼナゴス/Xenagos, the Reveler》
2《外科的摘出/Surgical Extraction》
2《紅蓮破/Pyroblast》
1《狼狽の嵐/Flusterstorm》
1《方向転換/Divert》
1《Force of Will》
1《黄金牙、タシグル/Tasigur, the Golden Fang》

-サイドボード(15)-
カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

さぁ、次はエタパだよ!!【日本2大レガシー大会トライアルの告知】

GP神戸はお疲れ様で御座いました!
せれでございます!

GP神戸では、土曜日曜と、ステージイベントにて司会進行を務めさせていただいておりました。
サイドイベントのレガシーでは、沢山の関西圏の方々が入賞されており、とても嬉しく思いました。
皆様おめでとうございます!

さて、そんなGP神戸も終わりを告げ、次のビックイベントといえば・・・・

そう!
エターナルパーティです!
12月27日に開催されるこのビックイベントに乗り遅れることなかれ!

そんなエターナルパーティのトライアルが12月23日のKMCにて開催されます。
そして、そのKMCは・・・なんと!!!

関東圏最大のレガシーイベントであるエターナルフェスティバル2015のトライアルも兼ねることとなりました!!

日本2大レガシー大会ダブルネームトライアルです!

しかも、エタパトライアルに関しては、「おかわりトライアル」として2度開催されます!
是非みなさま、12月23日のKMCにご来場ください!
第53回KMC(エターナルパーティ2015・エターナルフェスティバル2015トライアル)

日程:12月23日(水・祝)
フォーマット:レガシー
参加費:1000円
受付:13:15
定員:128人

■会場
浪速区民センター

大阪市浪速区稲荷2丁目4番3号

■アクセス
地下鉄千日前線「桜川駅」 徒歩7分
(7番出口からなにわ筋を南へ約300メートル西側)

■備考
優勝者にはエターナルパーティ2015の1Byeが授与されます。
準優勝者にはエターナルフェスティバル2015の1Byeが授与されます。

エターナルパーティ2015の開催日は、12月27日。
エターナルフェスティバル2015の開催日は、12月26,27日です。
お気をつけください。


WPN主催店舗:BigMagicなんば店
おかわりトライアル

日程:12月23日(水・祝)
フォーマット:レガシー
参加費:1000円
受付:15:45
定員:32人

■会場
浪速区民センター

■備考
優勝者にはエターナルパーティ2015の1Byeが授与されます。


WPN主催店舗:BigMagicなんば店

エターナルパーティ公式サイト
http://mtgkmc.web.fc2.com/etp.html
エターナルパーティ事前予約ページ
http://mtgkmc.web.fc2.com/etp/reserve.html

エターナルフェスティバル公式サイト
http://www5f.biglobe.ne.jp/~FDC/EFT/
カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

GP神戸のレガシー大会スケジュールをおさらい!

いつもお世話になっております!
せれでございます!

GP神戸まで残すところ10日を切りました!
ここで、レガシーフォーマットで開催されるイベントを少し復習しておきましょう。

まずは、GP中ずっと開催されている8人構築についてです。

【受付】
金曜12:00-18:00
土曜9:30-18:00(9:30-13:00の間は参加費500円引き)
日曜8:00-18:00(8:00-12:00の間は参加費500円引き)
【参加費】1,500円
【ルール適用度】一般
【備考】8名集まり次第開催
シングルエリミネーション3回戦
【賞品】
1位に特製プレイマットどちらか1枚と「戦乱のゼンディカ―」の日本語版1BOXが贈られます。


友達とショッピングやトーク、トレードを楽しみながら、んでもってステージイベントも楽しみながら!
気軽にレガシーを楽しみたい方は、8人構築!
ちなみに、8人集まるまで席について待たないといけませんが、8人構築のスタッフは、集まりそうなフォーマットを推して人を集めてくれる傾向にあるので、せっかく待つなら友達と誘い合って参加しましょう!

いやいや、俺はガチでレガシーするんじゃー!って方には、三日間あるレガシーイベント全てに参加しましょう!
受付時間と対戦数を考えると、イベントに朝から参加したら夜までガッツリレガシーを楽しめます!
しかも三日連続で朝から晩まで!
なんたる贅沢!
それでは、イベントをご紹介しましょう。

アーティストレガシー
フォーマット:レガシー
【受付】11:30-12:00
【参加費】1,500円
【定員】128人
【ルール適用度】一般
【デッキリストの提出】不要。優勝者のみデッキリストの提出
【備考】参加人数に応じて異なります。最大7回戦です。
【賞品】
優勝者には、GP神戸参加アーティストである、Chris Rahn& rk postのお二人より特別な仕様のアーティストプルーフと《オラン=リーフのハイドラ/Oran-Rief Hydra》の大判カード
また、2敗までのプレイヤーには「戦乱のゼンディカ―」日本語版ブースターパック

最大7回戦のレガシー。SEなしです。
アーティストプルーフは魅力ですね。次の日の日本レガシー選手権に向けての最終調整の場でしょうか。

日本レガシー選手権2015 Autumn
フォーマット:レガシー
【受付】9:00-9:30
【参加費】3500円
【定員】先着226名
【ルール適用度】競技
【デッキリストの提出】必要。
【備考】参加人数に応じたスイスラウンド終了後、TOP8による決勝ラウンドを行います。
【賞品】
決勝ラウンドの優勝者は以下の賞品から一つを選びます。
・サンディエゴコミックコン2015ブラックプレインズウォーカーセット
・エルドラージ覚醒日本語版ブースターパック1box
準優勝者は優勝者が選択しなかったほうの賞品が贈られます。
TOP8には特製プレイマット。
2敗までのプレイヤーには戦乱のゼンディカ―日本語版ブースターパック

日本レガシー選手権・・・。これで優勝すれば所謂タイトルホルダーとなれますね。賞品だけではない名誉が貴方に与えられます。
レガシープレイヤーなら参加しなければ!!
8回戦+SE3回戦かな?
デッキリストの提出が必要となりますので、事前に準備していってくださいね。

グルランド「島」レガシー
フォーマット:レガシー
【受付】10:00-10:30
【参加費】2500円
【定員】128名
【ルール適用度】一般
【デッキリストの提出】不要
【備考】スイスラウンド終了時に上位8名によるシングルエリミネーションを行います。
【賞品】
優勝者にはグルランド《島》
準優勝者は統率者(初代)日本語版が1セット
2敗までのプレイヤーには「戦乱のゼンディカ―」日本語版ブースターパック

KMC協賛レガシーです!無条件に参加しましょう!
最後まで残れば10回戦になるのでしょうか。

ということで、GP神戸まで残すところあとわずか!
KMCにいつもご参加いただいている方々に是非優勝して欲しいところです!
私は土日ステージイベントで進行をしていますので参加出来ませんが、ステージより皆様のご活躍を切に願っております!
暇があればステージにも遊びに来て下さいね!

あ、そうそう、エターナルパーティの事前予約をまだしていない方は、急いで事前予約をお願いします!!

http://mtgkmc.web.fc2.com/etp/reserve.html

カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

レガシーのススメ

お久しぶりのコラムです。
”せれ”でございます!

以前ツイッターで投稿したネタを、今回コラムにしてみました。
なので、僕の投稿を見た方にとっては、1度見た内容になると思いますが、ご了承くださいませ。

このコラムを見てくださっている方の9割以上が既にレガシーをしている方だと思います。
レガシーをしていない方が、KMCのサイトを見ることもないでしょうし、そもそもKMCという存在自体知らない方がほとんどだと思います。
でも、そんな方々にレガシーを始めてほしいと願い、このコラムを書きます。

つまり、今これを読んでくださっている貴方のまわりにいる、レガシーをしていない方がターゲットのコラムです!
なにが言いたいかと言うと、このコラムを読んで、みんなでレガシープレイヤーを増やそう!ということです!

では、どうやって増やすのかって話ですが、レガシーを始めるためには、いくつか必要なものあります。
まず一つは、仲間がいるかどうかだと思います。
ただ、そこは貴方がいるのでクリアしちゃってます!

では、もう一つ、レガシーのデッキが必要ですよね。
ただ、レガシーのデッキは高い。だから始めない。始められない。
それを解消してしまえば、レガシーを始めてもらえるわけです。

そんなわけで、スタンプレイヤーが参入しやすいであろうデッキを考えてみました。
このコラムをきっかけに、「俺は私は、こんなデッキ考えたよ!これを友達に勧めよう!」となってくれれば幸いです。
モダンプレイヤーに勧めるレガシーデッキなら、更に色んなデッキが組めそうですね。

スタンプレイヤー向けレガシーのススメデッキ

4 《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets》
4 《ヴリンの神童、ジェイス/Jace, Vryn's Prodigy》
4 《僧院の導師/Monastery Mentor》
4 《渦まく知識/Brainstorm》
4 《思案/Ponder》
4 《ギタクシア派の調査/Gitaxian Probe》
4 《剣を鍬に/Swords to Plowshares》
4 《呪文貫き/Spell Pierce》
4 《使徒の祝福/Apostle's Blessing》
1 《議会の採決/Council's Judgment》
4 《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
4 《汚染された三角州/Polluted Delta》
1 《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
3 《大草原の川/Prairie Stream》
1 《神聖なる泉/Hallowed Fountain》
6 《島/Island》
4 《平地/Plains》



《渦まく知識/Brainstorm》や《剣を鍬に/Swords to Plowshares》は買わないといけませんが、レガシーを始める上で買って損のないカードですし、レガシーの代表カードで高額カードである《Force of Will》の代用カードとして、《使徒の祝福/Apostle's Blessing》を採用しています。
相手の阻害は出来ませんが、《Force of Will》の持つ役割の半分である《僧院の導師/Monastery Mentor》を除去から守る為に、かつ、アタックを通す目的でも使えるカードです。
また、もう一つの高額代表カードであるデュアルランドは、今回収録された《大草原の川/Prairie Stream》にて代用可能で、《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets》を1ターン目に出す為に一枚だけ《神聖なる泉/Hallowed Fountain》を採用しています。

強いか弱いかは別ですが、大会に出たらレガシーを知らない方でも、一勝は出来るデッキだと思います。
勝てないと楽しめませんしね。


といった風に、こういったデッキをレガシーをしていない方に勧めて、レガシープレイヤーを増やせば、貴方もハッピー。まわりもハッピー。レガシー界全体もハッピー。で、世界が平和になること間違いなし!

僕、私はこんなデッキ考えたよ!って教えてくだされば、KMCサイトにてご紹介もさせていただきます。

れっつレガシー!
カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

52th KMC TOP8 DeckList

52th KMC

2015.11.03
49 Players
6 Swiss Draw

52th KMC TOP8 DeckList

1st Place
Player Name:Mizuguchi Kiyoshi
Deck Name:
Deck Designer:


Main
4 《死儀礼のシャーマン/Deathrite Shaman》
4 《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets》
3 《若き紅蓮術士/Young Pyromancer》
2 《グルマグのアンコウ/Gurmag Angler》
4 《渦まく知識/Brainstorm》
4 《思案/Ponder》
4 《ギタクシア派の調査/Gitaxian Probe》
4 《稲妻/Lightning Bolt》
4 《もみ消し/Stifle》
4 《目くらまし/Daze》
4 《Force of Will》
1 《二股の稲妻/Forked Bolt》
4 《不毛の大地/Wasteland》
2 《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
2 《霧深い雨林/Misty Rainforest》
2 《汚染された三角州/Polluted Delta》
2 《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
3 《Volcanic Island》
2 《Underground Sea》
1 《Tropical Island》

Side
4 《陰謀団式療法/Cabal Therapy》
2 《赤霊破/Red Elemental Blast》
2 《外科的摘出/Surgical Extraction》
1 《古えの遺恨/Ancient Grudge》
1 《四肢切断/Dismember》
1 《夜の戦慄/Dread of Night》
1 《イゼットの静電術師/Izzet Staticaster》
1 《無のロッド/Null Rod》
1 《真髄の針/Pithing Needle》
1 《硫黄の渦/Sulfuric Vortex》


2nd Place
Player Name:Mune Kento
Deck Name:
Deck Designer:


Main
4 《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets》
4 《若き紅蓮術士/Young Pyromancer》
2 《グルマグのアンコウ/Gurmag Angler》
2 《黄金牙、タシグル/Tasigur, the Golden Fang》
4 《渦まく知識/Brainstorm》
4 《思案/Ponder》
4 《ギタクシア派の調査/Gitaxian Probe》
4 《もみ消し/Stifle》
4 《稲妻/Lightning Bolt》
4 《目くらまし/Daze》
4 《Force of Will》
1 《四肢切断/Dismember》
1 《二股の稲妻/Forked Bolt》
1 《呪文貫き/Spell Pierce》
4 《不毛の大地/Wasteland》
4 《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
4 《汚染された三角州/Polluted Delta》
3 《Volcanic Island》
2 《Underground Sea》
1 《島/Island》

Side
4 《陰謀団式療法/Cabal Therapy》
2 《狼狽の嵐/Flusterstorm》
2 《紅蓮破/Pyroblast》
1 《魂の洞窟/Cavern of Souls》
1 《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》
1 《二股の稲妻/Forked Bolt》
1 《墓掘りの檻/Grafdigger's Cage》
1 《真髄の針/Pithing Needle》
1 《ラクドスの魔除け/Rakdos Charm》
1 《外科的摘出/Surgical Extraction》


3rd Place
Player Name:Tutui Seiya
Deck Name:ジャンド
Deck Designer:


Main
4 《死儀礼のシャーマン/Deathrite Shaman》
4 《闇の腹心/Dark Confidant》
4 《タルモゴイフ/Tarmogoyf》
2 《血編み髪のエルフ/Bloodbraid Elf》
1 《漁る軟泥/Scavenging Ooze》
4 《思考囲い/Thoughtseize》
3 《稲妻/Lightning Bolt》
3 《罰する火/Punishing Fire》
3 《突然の衰微/Abrupt Decay》
3 《Hymn to Tourach》
1 《悪魔の布告/Diabolic Edict》
1 《森の知恵/Sylvan Library》
4 《ヴェールのリリアナ/Liliana of the Veil》
4 《燃え柳の木立ち/Grove of the Burnwillows》
3 《不毛の大地/Wasteland》
3 《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire》
3 《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》
2 《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》
3 《Badlands》
2 《Bayou》
2 《沼/Swamp》
1 《森/Forest》

Side
2 《強迫/Duress》
2 《根絶/Extirpate》
2 《ゴルガリの魔除け/Golgari Charm》
2 《真髄の針/Pithing Needle》
1 《仕組まれた疫病/Engineered Plague》
1 《墓掘りの檻/Grafdigger's Cage》
1 《コラガンの命令/Kolaghan's Command》
1 《クローサの掌握/Krosan Grip》
1 《壌土からの生命/Life from the Loam》
1 《毒の濁流/Toxic Deluge》
1 《梅澤の十手/Umezawa's Jitte》


4th Place
Player Name:Tanaka Mikito
Deck Name:
Deck Designer:


Main
4 《死儀礼のシャーマン/Deathrite Shaman》
4 《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets》
3 《真の名の宿敵/True-Name Nemesis》
1 《聖トラフトの霊/Geist of Saint Traft》
1 《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》
4 《渦まく知識/Brainstorm》
2 《思案/Ponder》
3 《剣を鍬に/Swords to Plowshares》
3 《思考囲い/Thoughtseize》
3 《目くらまし/Daze》
2 《盲信的迫害/Zealous Persecution》
2 《未練ある魂/Lingering Souls》
4 《Force of Will》
1 《偵察/Reconnaissance》
1 《師範の占い独楽/Sensei's Divining Top》
1 《梅澤の十手/Umezawa's Jitte》
1 《遍歴の騎士、エルズペス/Elspeth, Knight-Errant》
4 《不毛の大地/Wasteland》
4 《霧深い雨林/Misty Rainforest》
4 《汚染された三角州/Polluted Delta》
1 《湿地の干潟/Marsh Flats》
3 《Tundra》
2 《Underground Sea》
1 《Bayou》
1 《Karakas》

Side
2 《苦花/Bitterblossom》
2 《エーテル宣誓会の法学者/Ethersworn Canonist》
2 《狼狽の嵐/Flusterstorm》
2 《墓掘りの檻/Grafdigger's Cage》
2 《翻弄する魔道士/Meddling Mage》
2 《真髄の針/Pithing Needle》
1 《解呪/Disenchant》
1 《浄化の印章/Seal of Cleansing》
1 《盲信的迫害/Zealous Persecution》


5th Place
Player Name:Araki Isao
Deck Name:マーフォーク
Deck Designer:


Main
4 《呪い捕らえ/Cursecatcher》
4 《銀エラの達人/Silvergill Adept》
4 《アトランティスの王/Lord of Atlantis》
4 《真珠三叉矛の達人/Master of the Pearl Trident》
4 《真の名の宿敵/True-Name Nemesis》
3 《幻影の像/Phantasmal Image》
2 《潮流の先駆け/Harbinger of the Tides》
2 《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》
4 《Force of Will》
2 《残響する真実/Echoing Truth》
4 《霊気の薬瓶/AEther Vial》
3 《虚空の杯/Chalice of the Void》
4 《魂の洞窟/Cavern of Souls》
4 《変わり谷/Mutavault》
12 《島/Island》

Side
2 《基本に帰れ/Back to Basics》
2 《大祖始の遺産/Relic of Progenitus》
2 《呪文貫き/Spell Pierce》
2 《水没/Submerge》
1 《秘儀の研究室/Arcane Laboratory》
1 《虚空の杯/Chalice of the Void》
1 《四肢切断/Dismember》
1 《墓掘りの檻/Grafdigger's Cage》
1 《真髄の針/Pithing Needle》
1 《梅澤の十手/Umezawa's Jitte》
1 《潮流の先駆け/Harbinger of the Tides》


6th Place
Player Name:Yamashita Taiki
Deck Name:デス&タックス
Deck Designer:


Main
4 《ルーンの母/Mother of Runes》
4 《石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mystic》
4 《スレイベンの守護者、サリア/Thalia, Guardian of Thraben》
3 《ちらつき鬼火/Flickerwisp》
3 《ファイレクシアの破棄者/Phyrexian Revoker》
3 《セラの報復者/Serra Avenger》
2 《ヨツンの兵卒/Jotun Grunt》
2 《迷宮の霊魂/Spirit of the Labyrinth》
1 《エイヴンの思考検閲者/Aven Mindcensor》
1 《オレスコスの王、ブリマーズ/Brimaz, King of Oreskos》
1 《ミラディンの十字軍/Mirran Crusader》
4 《剣を鍬に/Swords to Plowshares》
4 《霊気の薬瓶/AEther Vial》
1 《殴打頭蓋/Batterskull》
1 《火と氷の剣/Sword of Fire and Ice》
1 《梅澤の十手/Umezawa's Jitte》
4 《リシャーダの港/Rishadan Port》
4 《不毛の大地/Wasteland》
3 《Karakas》
1 《魂の洞窟/Cavern of Souls》
1 《トロウケアの敷石/Flagstones of Trokair》
1 《地平線の梢/Horizon Canopy》
8 《平地/Plains》

Side
2 《大変動/Cataclysm》
2 《封じ込める僧侶/Containment Priest》
2 《安らかなる眠り/Rest in Peace》
1 《議会の採決/Council's Judgment》
1 《解呪/Disenchant》
1 《弁論の幻霊/Eidolon of Rhetoric》
1 《エーテル宣誓会の法学者/Ethersworn Canonist》
1 《ゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikar》
1 《万力鎖/Manriki-Gusari》
1 《真髄の針/Pithing Needle》
1 《太陽の槍/Sunlance》
1 《外科的摘出/Surgical Extraction》


7th Place
Player Name:Hayaki Hirokazu
Deck Name:MUD
Deck Designer:


Main
4 《カルドーサの鍛冶場主/Kuldotha Forgemaster》
4 《磁石のゴーレム/Lodestone Golem》
4 《金属細工師/Metalworker》
4 《トリスケリオン/Triskelion》
2 《鋼のヘルカイト/Steel Hellkite》
2 《ワームとぐろエンジン/Wurmcoil Engine》
1 《白金の帝像/Platinum Emperion》
1 《隔離するタイタン/Sundering Titan》
4 《虚空の杯/Chalice of the Void》
4 《厳かなモノリス/Grim Monolith》
2 《稲妻のすね当て/Lightning Greaves》
2 《スランの発電機/Thran Dynamo》
2 《精霊龍、ウギン/Ugin, the Spirit Dragon》
1 《威圧の杖/Staff of Domination》
1 《ニンの杖/Staff of Nin》
4 《古えの墳墓/Ancient Tomb》
4 《魂の洞窟/Cavern of Souls》
4 《裏切り者の都/City of Traitors》
4 《ミシュラの工廠/Mishra's Factory》
4 《不毛の大地/Wasteland》
2 《市長の塔/Tower of the Magistrate》

Side
4 《アメジストのとげ/Thorn of Amethyst》
3 《フェアリーの忌み者/Faerie Macabre》
2 《十二足獣/Dodecapod》
2 《ワームとぐろエンジン/Wurmcoil Engine》
1 《イシュ・サーの背骨/Spine of Ish Sah》
1 《三なる宝球/Trinisphere》
1 《姥の仮面/Uba Mask》
1 《梅澤の十手/Umezawa's Jitte》


8th Place
Player Name:Ideue Yuki
Deck Name:
Deck Designer:


Main
4 《引き裂かれし永劫、エムラクール/Emrakul, the Aeons Torn》
3 《グリセルブランド/Griselbrand》
1 《全知/Omniscience》
4 《実物提示教育/Show and Tell》
4 《騙し討ち/Sneak Attack》
4 《渦まく知識/Brainstorm》
4 《思案/Ponder》
3 《ギタクシア派の調査/Gitaxian Probe》
1 《定業/Preordain》
4 《Force of Will》
2 《呪文貫き/Spell Pierce》
1 《狼狽の嵐/Flusterstorm》
2 《師範の占い独楽/Sensei's Divining Top》
1 《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》
3 《水蓮の花びら/Lotus Petal》
4 《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
3 《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
2 《古えの墳墓/Ancient Tomb》
2 《裏切り者の都/City of Traitors》
3 《Volcanic Island》
1 《Tundra》
3 《島/Island》
1 《山/Mountain》

Side
4 《僧院の導師/Monastery Mentor》
2 《突然のショック/Sudden Shock》
2 《渋面の溶岩使い/Grim Lavamancer》
2 《狼狽の嵐/Flusterstorm》
1 《紅蓮破/Pyroblast》
1 《拭い捨て/Wipe Away》
1 《墓掘りの檻/Grafdigger's Cage》
1 《摩耗+損耗/Wear+Tear》
1 《魂の洞窟/Cavern of Souls》
カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

Blog

KMCITポイントレース

○ ポイントレースについて

SEED 過去のIT優勝者

11 Fukudome Yuu
10 Fujihira Kouhei
10 Ideue Yuuki
8 Kagotani Naota
8 Yamashita Taiki
7 Ishii Takuya
7 Niwa Takahiro
6 Morisima Ryouta
6 Sawase Kouichi
6 Takashima Tatsuya
6 Tamura Shigeyuki
【更に見る】

コミュニティ戦ランキング

37 Adachi and Traitors
24 アンチ柳澤流
21 買取ゴリラPro's
18 濱田興業
15 柳澤流木っ端
13 KMC
13 黒タイタンとボンバーマンを愛する倶楽部
11 熱烈歓迎P者
9 V.I.アメリカ
9 アノアめんばーず2nd Season
2 柳澤流暴行

TOP8DeckList

MOVIE

コラム

○ 10th KMCITを目指せ!New!
○ 9th KMC Invitational 特設ページNew!
○ メンタルマジック戦略考察
○ 他の人たちにはない可能性
○ 8th KMC Invitational 特設ページ

【過去の記事を読む】

WPN主催店舗について

KMCが運営するイベントは、一部の例外を除き、BIGMAGICなんば店にて主催されております。

twitter

リンク

コラムニスト一覧
検索フォーム
最新コメント
カウンター
管理用

Appendix