KMC Schedule
127th KMC
7月5日(Sun)
受付:13:30
開始:14:00
参加費:1000円
フォーマット:Legacy
定員:100名
会場:福島区民センター
最寄り駅:地下鉄千日前線「野田阪神駅」徒歩7分

[[今後の予定を更に見る]]

関西レガシーカレンダー(間違っていても責任は負いません。)
第126回KMC決勝戦動画

第54回KMC動画

【MTG】第54回KMC決勝戦Game1【レガシー】


【MTG】第54回KMC決勝戦Game2【レガシー】
スポンサーサイト



カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

54th KMC TOP8 Deck List

54th KMC

2016.1.24
58 Players
6 Swiss Draw

54th KMC Top8 DeckList

1st Place
Player Name:Hosaka Yoshiteru
Deck Name:
Deck Designer:


Main
4 《石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mystic》
2 《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》
2 《黄金牙、タシグル/Tasigur, the Golden Fang》
4 《渦まく知識/Brainstorm》
4 《剣を鍬に/Swords to Plowshares》
3 《思考囲い/Thoughtseize》
2 《思案/Ponder》
2 《未練ある魂/Lingering Souls》
1 《コジレックの審問/Inquisition of Kozilek》
1 《呪文貫き/Spell Pierce》
1 《対抗呪文/Counterspell》
1 《議会の採決/Council's Judgment》
4 《Force of Will》
1 《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》
1 《梅澤の十手/Umezawa's Jitte》
1 《殴打頭蓋/Batterskull》
3 《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》
4 《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
4 《汚染された三角州/Polluted Delta》
1 《湿地の干潟/Marsh Flats》
3 《Tundra》
2 《Underground Sea》
1 《Scrubland》
2 《不毛の大地/Wasteland》
1 《Karakas》
1 《忍び寄るタール坑/Creeping Tar Pit》
2 《島/Island》
1 《平地/Plains》
1 《沼/Swamp》

Side
2 《安らかなる眠り/Rest in Peace》
2 《翻弄する魔道士/Meddling Mage》
1 《外科的摘出/Surgical Extraction》
1 《呪文貫き/Spell Pierce》
1 《流刑への道/Path to Exile》
1 《否認/Negate》
1 《饗宴と飢餓の剣/Sword of Feast and Famine》
1 《狼狽の嵐/Flusterstorm》
1 《至高の評決/Supreme Verdict》
1 《石術師、ナヒリ/Nahiri, the Lithomancer》
1 《世界のるつぼ/Crucible of Worlds》
1 《解呪/Disenchant》
1 《真髄の針/Pithing Needle》


2nd Place
Player Name:Inamura Sachio
Deck Name:Grisel Storm
Deck Designer:イナムラ サチオ


Main
4 《グリセルブランド/Griselbrand》
3 《ヴリンの神童、ジェイス/Jace, Vryn's Prodigy》
1 《引き裂かれし永劫、エムラクール/Emrakul, the Aeons Torn》
1 《墓所のタイタン/Grave Titan》
1 《コーリスの子/Children of Korlis》
4 《水蓮の花びら/Lotus Petal》
4 《渦まく知識/Brainstorm》
4 《暗黒の儀式/Dark Ritual》
4 《納墓/Entomb》
4 《陰謀団式療法/Cabal Therapy》
4 《浅すぎる墓穴/Shallow Grave》
3 《御霊の復讐/Goryo's Vengeance》
3 《暴露/Unmask》
2 《再活性/Reanimate》
2 《入念な研究/Careful Study》
1 《苦悶の触手/Tendrils of Agony》
4 《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire》
3 《湿地の干潟/Marsh Flats》
2 《Underground Sea》
2 《Bayou》
1 《Scrubland》
2 《宝石鉱山/Gemstone Mine》
1 《沼/Swamp》

Side
3 《グルマグのアンコウ/Gurmag Angler》
3 《突然の衰微/Abrupt Decay》
2 《蒸気の連鎖/Chain of Vapor》
2 《外科的摘出/Surgical Extraction》
2 《真髄の針/Pithing Needle》
2 《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》
1 《防御の光網/Defense Grid》


3rd Place
Player Name:Hayaki Hirokazu
Deck Name:5/3 エルドラージ
Deck Designer:茶単愛好会(真打)


Main
4 《磁石のゴーレム/Lodestone Golem》
4 《難題の予見者/Thought-Knot Seer》
4 《現実を砕くもの/Reality Smasher》
4 《ワームとぐろエンジン/Wurmcoil Engine》
3 《トリスケリオン/Triskelion》
2 《ファイレクシアの破棄者/Phyrexian Revoker》
4 《虚空の杯/Chalice of the Void》
4 《精神石/Mind Stone》
4 《厳かなモノリス/Grim Monolith》
4 《歪める嘆き/Warping Wail》
1 《殴打頭蓋/Batterskull》
4 《古えの墳墓/Ancient Tomb》
4 《裏切り者の都/City of Traitors》
4 《エルドラージの寺院/Eldrazi Temple》
4 《魂の洞窟/Cavern of Souls》
4 《不毛の大地/Wasteland》
2 《市長の塔/Tower of the Magistrate》

Side
4 《アメジストのとげ/Thorn of Amethyst》
2 《三なる宝球/Trinisphere》
2 《漸増爆弾/Ratchet Bomb》
2 《鋼のヘルカイト/Steel Hellkite》
2 《ファイレクシアの破棄者/Phyrexian Revoker》
2 《フェアリーの忌み者/Faerie Macabre》
1 《イシュ・サーの背骨/Spine of Ish Sah》


4th Place
Player Name:Tashiro Kouichi
Deck Name:
Deck Designer:


Main

Side


5th Place
Player Name:Asai Satoshi
Deck Name:4c Lands
Deck Designer:Asai Satoshi


Main
4 《輪作/Crop Rotation》
4 《踏査/Exploration》
4 《モックス・ダイアモンド/Mox Diamond》
3 《壌土からの生命/Life from the Loam》
3 《罰する火/Punishing Fire》
2 《直観/Intuition》
1 《世界のるつぼ/Crucible of Worlds》
1 《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》
1 《Nether Void》
1 《交易路/Trade Routes》
4 《リシャーダの港/Rishadan Port》
4 《不毛の大地/Wasteland》
3 《演劇の舞台/Thespian's Stage》
2 《暗黒の深部/Dark Depths》
2 《Maze of Ith》
2 《霧深い雨林/Misty Rainforest》
1 《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》
2 《Taiga》
1 《Bayou》
2 《Tropical Island》
1 《アカデミーの廃墟/Academy Ruins》
1 《蛮族のリング/Barbarian Ring》
1 《ボジューカの沼/Bojuka Bog》
1 《幽霊街/Ghost Quarter》
1 《Glacial Chasm》
1 《Karakas》
1 《The Tabernacle at Pendrell Vale》
1 《平穏な茂み/Tranquil Thicket》
1 《すべてを護るもの、母聖樹/Boseiju, Who Shelters All》
1 《森/Forest》

Side
3 《クローサの掌握/Krosan Grip》
3 《抵抗の宝球/Sphere of Resistance》
2 《外科的摘出/Surgical Extraction》
2 《紅蓮破/Pyroblast》
1 《根絶/Extirpate》
1 《窒息/Choke》
1 《Helm of Obedience》
1 《Karakas》
1 《壊滅的な夢/Devastating Dreams》


6th Place
Player Name:Shibata Masatake
Deck Name:黒だけがいない街(足立さんみてるー?)
Deck Designer:みずぐち きよし


Main
2 《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》
2 《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》
4 《渦まく知識/Brainstorm》
4 《思案/Ponder》
4 《剣を鍬に/Swords to Plowshares》
3 《終末/Terminus》
3 《Force of Will》
2 《天使への願い/Entreat the Angels》
1 《対抗呪文/Counterspell》
1 《赤霊破/Red Elemental Blast》
1 《議会の採決/Council's Judgment》
1 《至高の評決/Supreme Verdict》
4 《相殺/Counterbalance》
4 《師範の占い独楽/Sensei's Divining Top》
3 《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》
4 《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
3 《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
2 《乾燥台地/Arid Mesa》
3 《Tundra》
2 《Volcanic Island》
1 《Karakas》
4 《島/Island》
2 《平地/Plains》

Side
2 《エーテル宣誓会の法学者/Ethersworn Canonist》
2 《安らかなる眠り/Rest in Peace》
2 《赤霊破/Red Elemental Blast》
1 《Force of Will》
1 《摩耗+損耗/Wear+Tear》
1 《謙虚/Humility》
1 《血染めの月/Blood Moon》
1 《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》
1 《呪文貫き/Spell Pierce》
1 《狼狽の嵐/Flusterstorm》
1 《造物の学者、ヴェンセール/Venser, Shaper Savant》
1 《神聖なる月光/Hallowed Moonlight》


7th Place
Player Name:Tanaka Mikito
Deck Name:戦車に通れない道はありません
Deck Designer:アテリエル


Main
4 《絵描きの召使い/Painter's Servant》
4 《オーリオックの廃品回収者/Auriok Salvagers》
2 《呪文滑り/Spellskite》
4 《ライオンの瞳のダイアモンド/Lion's Eye Diamond》
4 《水蓮の花びら/Lotus Petal》
3 《オパールのモックス/Mox Opal》
3 《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》
4 《丸砥石/Grindstone》
3 《師範の占い独楽/Sensei's Divining Top》
1 《黄鉄の呪文爆弾/Pyrite Spellbomb》
1 《虚無の呪文爆弾/Nihil Spellbomb》
4 《悟りの教示者/Enlightened Tutor》
2 《工匠の直感/Artificer's Intuition》
1 《罠の橋/Ensnaring Bridge》
1 《ダク・フェイデン/Dack Fayden》
3 《霧深い雨林/Misty Rainforest》
2 《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
2 《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
4 《古えの墳墓/Ancient Tomb》
3 《裏切り者の都/City of Traitors》
3 《Tundra》
2 《Volcanic Island》

Side
3 《紅蓮地獄/Pyroclasm》
3 《紅蓮破/Pyroblast》
2 《エーテル宣誓会の法学者/Ethersworn Canonist》
2 《墓掘りの檻/Grafdigger's Cage》
1 《拭い捨て/Wipe Away》
1 《罠の橋/Ensnaring Bridge》
1 《真髄の針/Pithing Needle》
1 《浄化の印章/Seal of Cleansing》
1 《摩耗+損耗/Wear+Tear》


8th Place
Player Name:Mizuguchi Kiyoshi
Deck Name:KAMIMURA OPI JAPAN
Deck Designer:揉山寺


Main
4 《ゴブリンの先達/Goblin Guide》
4 《僧院の速槍/Monastery Swiftspear》
4 《大歓楽の幻霊/Eidolon of the Great Revel》
2 《渋面の溶岩使い/Grim Lavamancer》
4 《Chain Lightning》
4 《溶岩の撃ち込み/Lava Spike》
4 《稲妻/Lightning Bolt》
4 《発展の代価/Price of Progress》
4 《裂け目の稲妻/Rift Bolt》
4 《火炎破/Fireblast》
2 《二股の稲妻/Forked Bolt》
3 《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire》
3 《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
2 《乾燥台地/Arid Mesa》
2 《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》
10 《山/Mountain》

Side
3 《極上の炎技/Exquisite Firecraft》
2 《赤霊破/Red Elemental Blast》
2 《紅蓮光電の柱/Pyrostatic Pillar》
2 《焼尽の猛火/Searing Blaze》
2 《粉々/Smash to Smithereens》
2 《罠の橋/Ensnaring Bridge》
2 《硫黄の渦/Sulfuric Vortex》
カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

今週末のKMCは、お得!

いつもご参加いただきましてありがとうございます!
今週末日曜日に開催するKMCは、めちゃくちゃお得なので告知させていただきます!

今週はゲートウォッチの誓いが発売になります。
皆さん狙ってるカードもあることかと思いますが…なんと!
今回の主催であるCARDBOX高槻店様から、KMCに参加された方限定でシングル15%OFF券が全員に配布されるそうです!
この機会を逃すことなく、きっちりとカードを揃えておきたいところです!

また、次回KMCではゲートウォッチのカードを使っていただけますので、是非新環境を楽しみに来てください!

ポイントレース最初の大会でもありますよ!
皆様のお越しをお待ちしております!
CARDBOX高槻店コラボ!第54回KMC

日程:1月24日(日)
フォーマット:レガシー
参加費:1000円
受付:13:15
定員:80名

■会場

CARDBOX高槻店

大阪府高槻市北園町19−12 切目 ビル 4F

■アクセス
阪急「高槻市駅」徒歩1分

■備考

定員80名ですが、若干名定員を超えての受付も致します。
ただし、若干名ですので参加者数によっては参加をお断りすることもございます。
予めご了承ください。

WPN主催店舗:CARDBOX高槻店

第55回KMC

日程:2月21日(日)
フォーマット:レガシー
参加費:1000円
受付:13:15
定員:80名

■会場
港区民センター

大阪市港区弁天2-1-5

■アクセス
地下鉄中央線・JR環状線  弁天町駅 徒歩7分

WPN主催店舗:BigMagicなんば店

第56回KMC

日程:3月13日(日)
フォーマット:レガシー
参加費:1000円
受付:13:15
定員:80名

■会場
港区民センター

大阪市港区弁天2-1-5

■アクセス
地下鉄中央線・JR環状線  弁天町駅 徒歩7分

WPN主催店舗:BigMagicなんば店

第57回KMC

日程:4月2日(土)
フォーマット:レガシー
参加費:1000円
受付:13:15
定員:80名

■会場
港区民センター

大阪市港区弁天2-1-5

■アクセス
地下鉄中央線・JR環状線  弁天町駅 徒歩7分

WPN主催店舗:BigMagicなんば店

第58回KMC

日程:5月15日(日)
フォーマット:レガシー
参加費:1000円
受付:13:15
定員:80名

■会場
港区民センター

大阪市港区弁天2-1-5

■アクセス
地下鉄中央線・JR環状線  弁天町駅 徒歩7分

WPN主催店舗:BigMagicなんば店

第59回KMC

日程:6月4日(土)
フォーマット:レガシー
参加費:1000円
受付:13:15
定員:80名

■会場
港区民センター

大阪市港区弁天2-1-5

■アクセス
地下鉄中央線・JR環状線  弁天町駅 徒歩7分

WPN主催店舗:BigMagicなんば店

第7回KMCインビテーショナル

日程:6月18日(土)
フォーマット:レガシー
参加費:無料
受付:13:15

■会場
港区民センター

大阪市港区弁天2-1-5

■アクセス
地下鉄中央線・JR環状線  弁天町駅 徒歩7分

■備考
KMCインビテーショナルは、招待制のイベントで、参加権利者のみ参加いただけます。
当日は、どなたでも参加可能な併催レガシーも開催します。

WPN主催店舗:BigMagicなんば店

KMCIT併催レガシー

日程:6月18日(土)
フォーマット:レガシー
参加費:1000円
受付:13:15
定員:60名

■会場
港区民センター

大阪市港区弁天2-1-5

■アクセス
地下鉄中央線・JR環状線  弁天町駅 徒歩7分

■備考
KMCポイントは付与されません。

WPN主催店舗:BigMagicなんば店
カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

KMC主催者せれ インタビュー「KMCインビテーショナルとは?」

KMC主催者せれ インタビュー「KMCインビテーショナルとは?」

by TTW

 半年に一度行われるKMCによる祭典、KMCインビテーショナル(以下KMCIT)。KMCの参加者にとって出場することは勲章であり、そのシーズンの総決算である。では、主催にとっては?
 このインタビューでは主催者「せれ」を通してイベントの意図に迫った

KMCIT5th会場風景
(KMCIT5thの様子)

・そもそもKMCITって?

 KMCITとは半年に一度行われる招待制の参加費無料のイベントで、ポイントレース期間中にポイントを集めた上位16位タイのプレイヤーのみが招待される。ポイントを得る方法はKMCに参加すること。さらに上位12名に入れば追加でポイントを得られる

追加で得られるポイントは以下の通り

1位6ポイント
2位5ポイント
3位4ポイント
4位4ポイント
5位~8位3ポイント
9位~12位2ポイント
以下1ポイント

※下記2大会については全ての参加者に+1ポイントが追加で付与されます。
・KMCプレミアム
・KMCclassic
なお、シングルエリミネーションが行われた場合は、シングル終了後に順位が最終順位となります



 招待されたプレイヤーはKMCITで覇を競い、上位4名には賞品が授与される。さらに優勝したプレイヤーは次回のKMCITに無条件で参加できる権利を得る

・KMCITの目的

IMG_2613.jpg
(主催者せれ)

--KMCITを開催しようと思った理由はなんですか?

せれ:「関西のプレイヤーにブランドイメージを付けたかった。そのために普段とは違う特別な大会を開催しようと考えました」

--招待制にしたのは何故ですか?

せれ:「日頃参加してくれている方への恩返しという意味を込めて招待制---つまり参加費無料にしました」

--ポイントレースという形式をとったのはどうしてですか?

せれ:「レーティングがなくなって(個人間で)切磋琢磨することがなくなったので、レーティングに代わるプレイヤーの目的を作りたかったからです」

せれ:「プレイヤー同士で競い合うことでそれがモチベーションに繋がればいいなと思い導入しました」

せれ:「またKMCITに出ることにとても価値があると思っていただきたかったので賞品を豪華にしています。それとともに普段はしないシングルエリミネーションも取り入れます」

S__21831701.jpg

(第6回KMCITでは以下の賞品がそれぞれの順位に授与された)
1位:《Volcanic Island》
2位:《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》
3位:《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》
4位:《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》



--今後の目標については何かありますか?

せれ:「ポイントレースという形式をとっている以上、出場できるのは関西圏のみです。しかし、今後は全国の方に興味をもっていただけるようなイベントにしたいと思っています」

せれ:「そのために他の地域でのインビテーショナル予選を検討中です」

--すでKMCに参加しているプレイヤーにメッセージがあればお願いします

せれ:「インビテーショナルも6回目を迎えて、少しずつ出場することに意義を見出す方が増えています。今後もより一層価値のある大会を目指しますので、皆さんも是非KMCITを目指していただければと思います」


次回、第7回KMCITは6月18日(土)港区民センターでの開催を予定しています

賞品は以下の内容を予定しています

1位:Bayou(UN)
2位:《ヴェールのリリアナ》
3位:《ヴェールのリリアナ》
4位:《ヴェールのリリアナ》


カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

KMCIT出場者クイックインタビュー

KMCIT出場者クイックインタビュー

by TTW

今回で6回目となるKMCIT。ラウンドの合間に各プレイヤーにお話を伺った

IMG_2586.jpg

Ideue Yuuki
【今日のデッキ】
Sneak Show

【2015年最もお世話になったカード】
《渋面の溶岩使い/Grim Lavamancer》

【『ゲートウォッチの誓い』のカードでレガシーに影響を与えそうなもの】
《歪める嘆き/Warping Wail》

【KMCITで要注意のライバル】
フクドメさん

【一言】
目指せ優勝


IMG_2588.jpg

Tanaka Takehiro
【今日のデッキ】
Sneak Show

【2015年最もお世話になったカード】
《時を越えた探索》

【『ゲートウォッチの誓い』のカードでレガシーに影響を与えそうなもの】
《難題の予見者/Thought-Knot Seer》
《コジレックの帰還/Kozilek's Return 》

【KMCITで要注意のライバル】
イデウエさん

正月で帰省している間ずっとどうやって勝つか考えていた

【一言】
引っ越すのでこれが最後のKMCになるので頑張りたい


IMG_2587.jpg

Yamashita Taiki
【今日のデッキ】
Death&Taxes

【2015年最もお世話になったカード】
《スレイベンの守護者、サリア/Thalia, Guardian of Thraben》

【『ゲートウォッチの誓い』のカードでレガシーに影響を与えそうなもの】
《コジレックの帰還/Kozilek's Return 》
《歪める嘆き/Warping Wail》

【KMCITで要注意のライバル】
ホリさん

【一言】
1戦目から身内で負けたけど残り全部勝ってシングル目指します。


IMG_2585.jpg

Fukudome Yuu
【今日のデッキ】
Miracle

【2015年最もお世話になったカード】
《すべてを護るもの、母聖樹/Boseiju, Who Shelters All》

【『ゲートウォッチの誓い』のカードでレガシーに影響を与えそうなもの】
《終止符のスフィンクス/Sphinx of the Final Word》
リアニメイトで活用できるのでは。除去耐性があり後続が釣りやすくなる

【KMCITで要注意のライバル】
ミズグチさん

【一言】
今度こそベスト4


IMG_2590.jpg

Nakatsuka Tomoaki
【今日のデッキ】
Dark Maverick

【2015年最もお世話になったカード】
《聖遺の騎士/Knight of the Reliquary》

【『ゲートウォッチの誓い』のカードでレガシーに影響を与えそうなもの】
《コジレックの帰還/Kozilek's Return 》
《難題の予見者/Thought-Knot Seer》


【KMCITで要注意のライバル】
フクドメさん
あっ、同い年で20歳(笑)の暗黒皇帝!

【一言】
レガシーは楽しむもの


IMG_2591.jpg

Mizuguchi Kiyoshi
【今日のデッキ】
Grixis Delver

【2015年最もお世話になったカード】
《ギタクシア派の調査/Gitaxian Probe》

【『ゲートウォッチの誓い』のカードでレガシーに影響を与えそうなもの】
チェックしてないからなー。
あ!《不毛の大地/Wasteland》!!

【KMCITで要注意のライバル】
同い年なのでオモニシさんとフクドメさん

【一言】
全員ぶち殺します


IMG_2593.jpg

Nishimura Tatsuya
【今日のデッキ】
Miracle

【2015年最もお世話になったカード】
《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》

【『ゲートウォッチの誓い』のカードでレガシーに影響を与えそうなもの】
見てないからなー。
あっ《不毛の大地/Wasteland》!!!!!!

【KMCITで要注意のライバル】
同い年なのでミズグチ、オモニシ、フクドメの三人!(編注:同い年ではありません)

【一言】
全員ぶち殺します


IMG_2596.jpg

Omonishi Kojiro
【今日のデッキ】
Esper Stoneblade

【2015年最もお世話になったカード】
《思考囲い/Thoughtseize》

【『ゲートウォッチの誓い』のカードでレガシーに影響を与えそうなもの】
《作り変えるもの/Matter Reshaper》

【KMCITで要注意のライバル】
イデウエさん、フクドメ、ミズグチ

【一言】
石鍛冶道場入門生募集中


IMG_2609.jpg

Kawasaki Keita
【今日のデッキ】
Miracle

【2015年最もお世話になったカード】
《稲妻/Lightning Bolt》
GPシンガポールでお世話になりました。

【『ゲートウォッチの誓い』のカードでレガシーに影響を与えそうなもの】
《歪める嘆き/Warping Wail》

【KMCITで要注意のライバル】
コンボ系で使う人。練度が足りなくて受けがまだよくわかっていないから

【一言】
連覇に向けて頑張ります


decktech03.jpg

Banba Taiki
【今日のデッキ】
ANT

【2015年最もお世話になったカード】
《冥府の教示者/Infernal Tutor》

心の中では《僧院の導師/Monastery Mentor》

【『ゲートウォッチの誓い』のカードでレガシーに影響を与えそうなもの】
《難題の予見者/Thought-Knot Seer》

代わりに《磁石のゴーレム/Lodestone Golem》が減ってくれたらANT的にはうれしい

【KMCITで要注意のライバル】
フクドメさん、ミズグチさん、カワサキさん、ニシムラさん、イデウエさん、オモニシさん

【一言】
エタパで《Volcanic Island》はもらえなかったので今回でいただきます


IMG_2610.jpg

Hayaki Hirokazu
【今日のデッキ】
MUD

【2015年最もお世話になったカード】
《トリスケリオン/Triskelion》

【『ゲートウォッチの誓い』のカードでレガシーに影響を与えそうなもの】
《歪める嘆き/Warping Wail》
《難題の予見者/Thought-Knot Seer》

【KMCITで要注意のライバル】
ヤマシタさん。デッキ的にしんどい

【一言】
MUD1月末から大進化を遂げます!乞うご期待


IMG_2611.jpg

Fujimoto Youzou
【今日のデッキ】
UR CounterBurn

【2015年最もお世話になったカード】
《墓忍び/Tombstalker》

【『ゲートウォッチの誓い』のカードでレガシーに影響を与えそうなもの】
《歪める嘆き/Warping Wail》

【KMCITで要注意のライバル】
全員。皆さん強いので

【一言】
KMCをいつも開催していただいてありがとうございます


IMG_2589.jpg

Adachi Ryosuke
【今日のデッキ】
Pox

【2015年最もお世話になったカード】
《罠の橋/Ensnaring Bridge》

【『ゲートウォッチの誓い』のカードでレガシーに影響を与えそうなもの】
《歪める嘆き/Warping Wail》

【KMCITで要注意のライバル】
ホリさん
デッキ相性最悪。やばすぎ

【一言】
黒の誓いの効果

:BBB
エンチャント

場に出たときにBBB。
PWが起動能力を起動したとき、各対戦相手は1枚ランダムディスカード




IMG_2614.jpg

Hori Masataka
【今日のデッキ】
Lands

【2015年最もお世話になったカード】
《壌土からの生命/Life from the Loam》

【『ゲートウォッチの誓い』のカードでレガシーに影響を与えそうなもの】
Lands目線なら《世界を壊すもの/World Breaker》

【KMCITで要注意のライバル】
バンバさん

【一言】
(KMCへ)今年もよろしくお願いします


IMG_2615.jpg

Tamura Shigeyuki
【今日のデッキ】
白黒Pox

【2015年最もお世話になったカード】
《未練ある魂/Lingering Souls》

【『ゲートウォッチの誓い』のカードでレガシーに影響を与えそうなもの】
《難題の予見者/Thought-Knot Seer》

【KMCITで要注意のライバル】
ホリさん

【一言】
次回は頑張ります。


IMG_2632.jpg

Yamada Taichi
【今日のデッキ】
Merfolk

【2015年最もお世話になったカード】
マーフォークたち

【『ゲートウォッチの誓い』のカードでレガシーに影響を与えそうなもの】
《歪める嘆き/Warping Wail》

【KMCITで要注意のライバル】
全員

【一言】
KMCといったら毎回違うデッキにあたるのが楽しみだったのですが、今回はインビテーショナルということで奇跡に3回当たりました。疲れました(笑)
カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

KMCIT6th TOP4プロフィール

KMCIT6th TOP4プロフィール

KMCIT6th_top4.jpg


スイスラウンド1位
decktech03.jpg

①氏名
Banba Taiki

②年齢
25歳

③よくいくショップ・大会
イエローサブマリン京都店、BIG MAGICなんば店、KMC

④今日使ったデッキと選択した理由
デッキ:ANT
理由:エタパ優勝して、別のデッキ使えなくなった。使ったらナメてんのかって煽られそうでこわかった

⑤スイスラウンドの成績
3-0-1(1Bye)

⑥今日一番印象に残ったこと
全16人でいでっちがBye持ちだったので、おこぼれにあずかって1回戦目がByeだったこと

⑦今後のKMCITに望むこと
今度は1回で良いから(普段のKMCで)TOP8に入ってIT出たいです


スイスラウンド2位
IMG_2586.jpg

①氏名
Ideue Yuuki

②年齢
アラサー

③よくいくショップ・大会
イエローサブマリン京都店

④今日使ったデッキと選択した理由
デッキ:スニークショー
理由:今期調子が良かったから

⑤スイスラウンドの成績
3-0-1

⑥今日一番印象に残ったこと
《魂の洞窟》2枚にすると初手によくきて助かる

⑦今後のKMCITに望むこと
開いていただけるだけで感謝です

スイスラウンド3位
IMG_2609.jpg

①氏名
Kawasaki Keita

②年齢
29歳

③よくいくショップ・大会
BIG MAGICなんば店、KMC

④今日使ったデッキと選択した理由
デッキ:奇跡
理由:どんなデッキ相手でも戦えるので

⑤スイスラウンドの成績
3-1

⑥今日一番印象に残ったこと
きついデッキばかり当たった(5回でMUD1回、SnT3回)

⑦今後のKMCITに望むこと
引き続きお祭として楽しみたいです


スイスラウンド4位
IMG_2632.jpg

①氏名
Yamada Taichi

②年齢
アラフォー

③よくいくショップ・大会
MO

④今日使ったデッキと選択した理由
デッキ:マーフォーク
理由:いつも使ってるから

⑤スイスラウンドの成績
負勝勝勝の3-1(4位)

⑥今日一番印象に残ったこと
キセキに3回(決勝次第で4回)当たったこと

⑦今後のKMCITに望むこと
いつものKMCで十分楽しいので、必ずしも無くても良いかな?と
カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

KMCIT6th SF2 Yamada Taichi(Merfolk)vs Banba Taiki(ANT)

KMCIT6th SF2 Yamada Taichi(Merfolk)vs Banba Taiki(ANT)

by TTW

KMCIT6th_SF_01.jpg

2015年の下半期を駆け抜けた猛者たちもすで残り4人となった。
準決勝だ。ここからは負けは許されない。ただ勝つのみである。

予選を3-0-1(1ID)で勝ち抜き早々に決勝ラウンド進出を決めたのはBanba。デッキテクにも登場する彼はEternal Party 2015の優勝者。勢いそのままにKMCITの初戴冠も果たすのか。

対するYamadaはKMCIT初参加。決戦の場に立ちはだかるのはEternal Party王者。相手にとって不足はない。

Game1

KMCIT6th_SF_02.jpg
(Banba Taiki)

両者初手7枚で始まった準決勝。先手はスイス上位のBanbaから。
Banbaの立ち上がりは《霧深い雨林》から。

後手のYamadaは《魂の洞窟》で指定マーフォークから《呪い捕らえ》を唱える。

Banbaは《霧深い雨林》で《島》をサーチしてから《渦まく知識》。その後《汚染された三角州》から《沼》をサーチ。《陰謀団式療法》を唱えるが、《呪い捕らえ》の餌食に。

だが、Banbaはくじけず《水蓮の花びら》からもう一度《陰謀団式療法》。これは通り、指定は《虚空の杯》。ここを逃しては落とすチャンスはもうないとばかりに迷わずコールする。Banbaの読みはヒットしてYamadaの手札から《虚空の杯》が失われる。

防御の手段を奪われたYamadaは攻撃あるのみ。《真の名の宿敵》を公開しながら《銀エラの達人》をプレイ。その後もYamadaは《銀エラの達人》を2枚の《幻影の像》で量産し手札を減らすことなくクロックを拡大する。

初めにリソースを大量に使ったBanbaは苦しそうで中々動けない。

そうこうしている間に2枚目の《虚空の杯》をトップしたYamada。この時点でBanbaのライフは一桁になっておりダメ押しに近い。

Banbaは次のドローを確認すると投了した。

Yamada 1-0 Banba


Game2
Banbaは《霧深い雨林》から《Underground Sea》をサーチして《思案》。

Yamadaは《島》を置くのみで1ターン目を終える。

2ターン目Banbaは《ギタクシア派の調査》でYamadaの手札を覗き見る。

《島》
《変わり谷》
《魂の洞窟》
《アトランティスの王》
《川の殺し屋、シグ》
《幻影の像》
《梅澤の十手/Umezawa's Jitte》


Banba「思っていたのと違う」

そう、Yamadaの手札に防御の2文字はない。全力で殴りに行く気満々だ。そして手札に見えたレガシーでは珍しいカードにBanbaは感嘆する。

Banba「《川の殺し屋、シグ/Sygg, River Cutthroat》いいよねー」

ターンを受けたYamadaは《アトランティスの王》。これにBanbaは迷うことなく《突然の衰微》を切る。

KMCIT6th_SF_03.jpg
(Yamada Taichi)

そしてついにYamadaは《川の殺し屋、シグ》を唱える。Yamadaの場には《変わり谷》もいるため、すぐにでも誘発条件を達成できそうだ。

Banbaは《僧院の導師》を唱えてから《水蓮の花びら》2枚と《ライオンの瞳のダイアモンド》を唱える。そこからさらに《強迫》でYamadaの手札から《梅澤の十手》を奪う。

だが、Yamadaは止まらない。《アトランティスの王》を唱え、《変わり谷》と《川の殺し屋、シグ》でアタック。これでBanbaのライフは10。《川の殺し屋、シグ》の誘発能力でYamadaの手札が補充される。

返しにBanbaは《僧院の導師》を一度《暗黒の儀式》で果敢させトークンと共にアタック。だが、ライフに余裕があるYamadaはこの攻撃を全てライフで受けとめる。

Yamadaは返しに2体目の《真珠三叉矛の達人》を並べ、《真珠三叉矛の達人》と《変わり谷》、《川の殺し屋、シグ》でアタックしてぴったり10点を削り切った。

Yamada 2-0 Banba

Yamada win!
カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

KMCIT6th Round3 Kawasaki Keita(Miracle) vs Ideue Yuuki(SnT)

KMCIT6th Round3 Kawasaki Keita(Miracle) vs Ideue Yuuki(SnT)

by TTW

KMCIT6th_R3_01.jpg

「今日はこっち向きの日」そう言って筆者から見て左側の席を陣取るKawasaki。
対するIdeueも「じゃあ俺はこっち」とのりのりだ。

ここまで全勝の2人はこの試合に勝てば次のラウンドでIDによるシングルエリミネーション進出が確定する。絶好調の2人はかたや前回の覇者Kawasakiとかたやポイントレース1位のIdeue。この2人の対決は始めから決まっていたかのようにこの席に収束した。果たして最強はどちらだ。


Game1
KMCIT6th_R3_02.jpg
(Ideue Yuuki)

両者7枚キープで戦いが始まった。
先手のIdeueは《島》から《定業》。まずは初動を安定させる。

後手2ターン目、Kawasakiは《溢れかえる岸辺》を立てながら《師範の占い独楽》をプレイ。Ideueは対応して《渦まく知識》を唱えて手札を整理したあとに《師範の占い独楽》を受け入れる。

返す刀でIdeueは《実物提示教育》をプレイ。
これにKawasakiは《精神を刻む者、ジェイス》をコストに《Force of Will》を唱え《実物提示教育》を打ち消す。さらに次のIdeueのドロー後に《ヴェンディリオン三人衆》をプレイするKawasaki。これにIdeueは《渦まく知識》を合わせる。序盤から攻防が目まぐるしく入れ替わる激しい展開だ。

《沸騰する小湖》
《沸騰する小湖》
《実物提示教育》
《実物提示教育》
《渦まく知識》
《ギタクシア派の調査》



さて、《ヴェンディリオン三人衆》の誘発能力の解決。Kawasakiは公開された2枚の《実物提示教育》から1枚をボトムに送ることを選択した。

Ideueは能力解決後にメインに入り《ギタクシア派の調査》。Kawasakiに対抗手段がないことを確認してから《実物提示教育》を唱え《グリセルブランド》を登場させる。

ターンを受けたKawasakiは《渦まく知識》で解決策を探そうとするが、これにIdeueは《グリセルブランド》の能力を起動して《Force of Will》で阻止。

《グリセルブランド》のアタックを受け、《精神を刻む者、ジェイス》まで登場したKawasakiは次のゲームに進むことを決めた。

Kawasaki0-1 Ideue


Game2
KMCIT6th_R3_03.jpg
(Kawasaki Keita)

先手のKawasakiは7枚でキープ。後手のIdeueは1マリガンし、占術はトップのままにした。

Kawasakiは《Tundra》から《師範の占い独楽》スタート。

後手2ターン目にIdeueが電光石火の攻めを見せた。《水蓮の花びら/Lotus Petal》を唱えてから《魂の洞窟》を人間指定でセット。さらに《僧院の導師》をプレイする!

いきなりの窮地に立たされたKawasakiだが、《僧院の導師》の戦闘に合わせて《ヴェンディリオン三人衆》をキャスト。
これにIdeueは《実物提示教育》をコストに《Force of Will》。Kawasakiも《思案》をコストに《Force of Will》。

だが、Ideueは《狼狽の嵐》でKawasakiの《Force of Will》を吹き飛ばし、打ち消し合戦に勝利する。果敢2回とトークン2体が出た上で《ヴェンディリオン三人衆》を打ち消したIdeue。そのままKawasakiに《僧院の導師》のアタックを直撃させライフを12点まで削る。

返すターン、Kawasakiは《師範の占い独楽》を唱える。
しかし、Ideueは《師範の占い独楽》に《拭い捨て》。反撃の糸を掴ませない。果敢によって膨れ上がった戦力で7点ダメージを与え、Kawasakiの残りライフを5とする。

Ideueの場には既に3体のモンク・トークンと《僧院の導師》がいる。ドローを確認したKawasakiは投了した。


Kawasaki 0-2 Ideue

Ideue win!
カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

KMCIT6th Round1 Yamashita Taiki(Death&Taxes) vs Tanaka Takehiro(SnT)

KMCIT6th Round1 Yamashita Taiki(Death&Taxes) vs Tanaka Takehiro(SnT)

by TTW

KMCIT6th_R1_01.jpg


KMCIT6thの招待者は17名だが、1名が欠席したため参加者16名での開始となった。スイスラウンド4回戦の後に、上位4名によるシングルエリミネーション2回戦で王者を決定する。まずはその始めの一歩。1ラウンド目の様子をお送りしよう。

お伝えする試合はKu'zの二人の対決。同大学のサークルで切磋琢磨し合う仲だが、今は敵同士。勝者一人のみが残る非情な戦いの口火が切って落とされた。

Game1
両者7枚でキープ。

KMCIT6th_R1_03.jpg
(Yamashita Taiki)

ダイスロールで勝利して先手を取ったYamashitaは勢いよく《リシャーダの港》から《霊気の薬瓶》スタート。

対するTanakaは《ギタクシア派の調査》と《思案》を唱え、《水蓮の花びら》を置いてエンド。Yamashitaの《スレイベンの守護者、サリア》に備える。

YamashitaはTanakaのアップキープに《リシャーダの港》を起動して《島》をタップ。
これに対応してTanakaは《渦まく知識》。

メインに入ったTanakaは《古えの墳墓》セットから《実物提示教育》をプレイ。前のターンの前方確認で《Karakas》がないことは知っているため強気に仕掛ける。Tanakaの場には《引き裂かれし永劫、エムラクール》。Yamashitaの場には《迷宮の霊魂》が提示される。

次のターンTanakaが見守る中、Yamashitaはセットランドをした。《平地》をセットランド−−−《Karakas》ではない。

Tanakaの《引き裂かれし永劫、エムラクール》がYamashitaの戦場を滅殺した。

Yamashita 0-1 Tanaka


Game2
先手のYamashitaは7枚キープ。後手のTanakaは1マリガンで占術の結果はトップのままだ。

先手のYamashitaは《Karakas》から《霊気の薬瓶》スタート。「先程のようにいかない」と言わんばかりの好スタートだ。

Tanakaは《沸騰する小湖》から《山》を出し《渋面の溶岩使い》で第1ターンを終える。除去を抜くであろうDeath&Taxesの裏をかいたサイドボードだが、そこはお互いの手の内を知り尽くす中。Yamashitaは涼しい顔で受け入れる。

Yamashitaは《不毛の大地》をセットから《ファイレクシアの破棄者》を唱えて《渋面の溶岩使い》を指定。さらに次のターンには《エーテル宣誓会の法学者》を唱えると《霊気の薬瓶》を起動して《スレイベンの守護者、サリア》を追加。Tanakaをヘイトベア軍団で猛然と攻め立てる。

Yamashitaの4ターン目には自分の戦闘中に唱えられたTanakaの《渦まく知識》に 《霊気の薬瓶》から《迷宮の霊魂》を合わせる完璧な動き。この戦闘でTanakaのライフは残り10まで落ち込む。

苦しくなったTanakaはフルタップで《騙し討ち》をプレイして次のターンに望みを託す。

しかし、その希望すら刈り取るかのように《ちらつき鬼火》が登場する。Tanakaのブロッカーは排除され、Yamashitaのヘイトベア軍団がTanakaのライフを0にした。

Yamashita 1-1 Tanaka


Game3
KMCIT6th_R1_04
(Tanaka Takehiro)

先手のTanakaは7枚キープ。後手のYamashitaは1マリガンの手札を悩んだ末にキープ。占術でライブラリートップを下に送った。

先手のTanakaは《沸騰する小湖》を起動して《山》をサーチ。そこから《ギタクシア派の調査》。

《平地》
《不毛の大地》
《霊気の薬瓶》
《霊気の薬瓶》
《議会の採決》
《石鍛冶の神秘家》



Yamashitaの6枚の手札を確認したTanakaは《渋面の溶岩使い》をプレイしてエンドする。

後手のYamashitaは《平地》から《霊気の薬瓶》を出してエンド。

Tanakaは《定業》を唱え《渋面の溶岩使い》でYamashitaをアタックする。これでYamashitaのライフは19点。

ターンが返ってきたYamashitaは焼かれるのを覚悟で《エーテル宣誓会の法学者》をプレイする。貴重なクロックだが止まっている暇はない。Yamashitaはエンド前に《霊気の薬瓶》を起動するがクリーチャーを出さずにTanakaの出方を窺う。Yamashitaは自分のメインフェイズに攻撃してから《石鍛冶の神秘家》を土地からプレイ。《石鍛冶の神秘家》のサーチは《火と氷の剣》だ。

YamashitaはTanakaの《溢れかえる岸辺》の起動に合わせて《霊気の薬瓶》から《スレイベンの守護者、サリア》。これに意表をつかれたTanakaの行動が止まる。このターンするべき行動が制限されたTanakaは仕方なく《渋面の溶岩使い》で《石鍛冶の神秘家》を除去するのみでターン終了。Yamashitaのクロックを止めることに注力する。

Yamasitaは《不毛の大地》で《Volcanic Island》を破壊してから2枚目の《霊気の薬瓶》をプレイ。さらに《霊気の薬瓶》から《弁論の幻霊》を戦場に送り込む。Yamashitaの場についに《渋面の溶岩使い》で対処できないクリーチャーが現れる。

それでもTanakaの手つきに淀みはない。《思案》を唱えてから《渋面の溶岩使い》で《スレイベンの守護者、サリア》を除去する。

Yamashitaも負けじと《弁論の幻霊》でアタックしTanakaのライフを11にする。

Tanakaは尚も《思案》を唱えるが次の手が見つからない。《弁論の幻霊》の攻撃を受けてライフ10になる。それでも着々と準備を進めるTanaka。《血染めの月》を唱えて《Karakas》を止める。

耐え忍んだTanakaはついに《騙し討ち》を引き込みプレイする。
Yamashitaは《騙し討ち》の起動スタックで《迷宮の霊魂》を場に出し《グリセルブランド》の登場に備えるのだが、現れたのは《引き裂かれし永劫、エムラクール》。そのまま突撃を開始した《引き裂かれし永劫、エムラクール》によってYamashitaは滅殺6と15点のダメージを受ける。これでYamashitaのライフは残り4点。

そして追い打ちの《渋面の溶岩使い》の能力起動でライフが2点まで減らされる。これでライフが尽きることを悟ったYamashitaは投了を決意した。

Yamashita 1-2 Tanaka

Tanaka win!
カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

6th KMCIT Final Movie

【MTG】第6回KMCIT決勝戦Game1【レガシー】


【MTG】第6回KMCIT決勝戦Game2【レガシー】


【MTG】第6回KMCIT決勝戦Game3【レガシー】
カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

KMCIT併催レガシー TOP8 Deck List

KMCIT SideEvent

2016.1.16
28 Players
5 Swiss Draw

KMCIT SideEvent Top8 DeckList

1st Place
Player Name:Inoue Daiki
Deck Name:
Deck Designer:


Main
4 《死儀礼のシャーマン/Deathrite Shaman》
4 《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets》
4 《若き紅蓮術士/Young Pyromancer》
2 《グルマグのアンコウ/Gurmag Angler》
4 《渦まく知識/Brainstorm》
4 《思案/Ponder》
4 《ギタクシア派の調査/Gitaxian Probe》
4 《目くらまし/Daze》
4 《Force of Will》
4 《もみ消し/Stifle》
4 《稲妻/Lightning Bolt》
4 《不毛の大地/Wasteland》
3 《Volcanic Island》
2 《Underground Sea》
1 《Tropical Island》
3 《汚染された三角州/Polluted Delta》
3 《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
2 《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》

Side
2 《陰謀団式療法/Cabal Therapy》
2 《外科的摘出/Surgical Extraction》
1 《ラクドスの魔除け/Rakdos Charm》
1 《二股の稲妻/Forked Bolt》
1 《突然の衰微/Abrupt Decay》
1 《冬の宝珠/Winter Orb》
1 《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》
1 《真の名の宿敵/True-Name Nemesis》
1 《紅蓮破/Pyroblast》
1 《赤霊破/Red Elemental Blast》
1 《硫黄の渦/Sulfuric Vortex》
1 《真髄の針/Pithing Needle》
1 《苦い真理/Painful Truths》


2nd Place
Player Name:Niwa Hotaka
Deck Name:Counter Burn
Deck Designer:


Main
2 《渋面の溶岩使い/Grim Lavamancer》
4 《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》
4 《渦まく知識/Brainstorm》
3 《呪文嵌め/Spell Snare》
3 《もみ消し/Stifle》
2 《対抗呪文/Counterspell》
4 《Force of Will》
4 《稲妻/Lightning Bolt》
2 《噴出の稲妻/Burst Lightning》
2 《焦熱の合流点/Fiery Confluence》
4 《行き詰まり/Standstill》
2 《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》
4 《Volcanic Island》
1 《蒸気孔/Steam Vents》
2 《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
2 《汚染された三角州/Polluted Delta》
2 《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
2 《霧深い雨林/Misty Rainforest》
3 《島/Island》
4 《ミシュラの工廠/Mishra's Factory》
2 《フェアリーの集会場/Faerie Conclave》
2 《不毛の大地/Wasteland》

Side
2 《硫黄の精霊/Sulfur Elemental》
2 《水没/Submerge》
2 《仕組まれた疫病/Engineered Plague》
2 《狼狽の嵐/Flusterstorm》
2 《紅蓮破/Pyroblast》
1 《赤霊破/Red Elemental Blast》
1 《青霊破/Blue Elemental Blast》
1 《外科的摘出/Surgical Extraction》
1 《トーモッドの墓所/Tormod's Crypt》
1 《大祖始の遺産/Relic of Progenitus》


3rd Place
Player Name:Niwa Takahiro
Deck Name:白単ストンピィ
Deck Designer:Niwa Takahiro


Main
3 《ルーンの母/Mother of Runes》
3 《スレイベンの守護者、サリア/Thalia, Guardian of Thraben》
3 《管区の隊長/Precinct Captain》
3 《石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mystic》
3 《オレスコスの王、ブリマーズ/Brimaz, King of Oreskos》
2 《鏡の精体/Mirror Entity》
3 《磁石のゴーレム/Lodestone Golem》
3 《三なる宝球/Trinisphere》
3 《霊気の薬瓶/AEther Vial》
4 《忘却の輪/Oblivion Ring》
3 《ハルマゲドン/Armageddon》
1 《梅澤の十手/Umezawa's Jitte》
1 《殴打頭蓋/Batterskull》
1 《遍歴の騎士、エルズペス/Elspeth, Knight-Errant》
1 《太陽の勇者、エルズペス/Elspeth, Sun's Champion》
11 《平地/Plains》
1 《Karakas》
3 《トロウケアの敷石/Flagstones of Trokair》
4 《古えの墳墓/Ancient Tomb》
4 《裏切り者の都/City of Traitors》 

Side
2 《封じ込める僧侶/Containment Priest》
2 《悟りの教示者/Enlightened Tutor》
2 《安らかなる眠り/Rest in Peace》
1 《大変動/Cataclysm》
1 《Helm of Obedience》
1 《議会の採決/Council's Judgment》
1 《神聖の力線/Leyline of Sanctity》
1 《真髄の針/Pithing Needle》
1 《火と氷の剣/Sword of Fire and Ice》
1 《赤の防御円/Circle of Protection: Red》
1 《亡霊の牢獄/Ghostly Prison》
1 《弁論の幻霊/Eidolon of Rhetoric》


4th Place
Player Name:Yomura Syuuta
Deck Name:Dredge
Deck Designer:Shuta Yomura


Main
4 《ゴルガリの墓トロール/Golgari Grave-Troll》
4 《臭い草のインプ/Stinkweed Imp》
4 《ナルコメーバ/Narcomoeba》
3 《朽ちゆくインプ/Putrid Imp》
3 《イチョリッド/Ichorid》

2 《ゴルガリの凶漢/Golgari Thug》
1 《憎悪縛りの剥ぎ取り/Flayer of the Hatebound》
4 《信仰無き物あさり/Faithless Looting》
4 《入念な研究/Careful Study》
4 《打開/Breakthrough》
4 《陰謀団式療法/Cabal Therapy》
2 《戦慄の復活/Dread Return》 
4 《黄泉からの橋/Bridge from Below》
4 《ライオンの瞳のダイアモンド/Lion's Eye Diamond》
3 《水蓮の花びら/Lotus Petal》
4 《真鍮の都/City of Brass》
3 《セファリッドの円形競技場/Cephalid Coliseum》
2 《宝石鉱山/Gemstone Mine》
1 《マナの合流点/Mana Confluence》

Side
4 《炎の嵐/Firestorm》
3 《突然の衰微/Abrupt Decay》
2 《知られざる楽園/Undiscovered Paradise》
2 《宝石鉱山/Gemstone Mine》
1 《イチョリッド/Ichorid》
1 《狂気の種父/Sire of Insanity》
1 《大修道士、エリシュ・ノーン/Elesh Norn, Grand Cenobite》
1 《エメリアの盾、イオナ/Iona, Shield of Emeria》


5th Place
Player Name:Kusakabe Kyohei
Deck Name:
Deck Designer:


Main
4 《ルーンの母/Mother of Runes》
4 《ファイレクシアの破棄者/Phyrexian Revoker》
4 《スレイベンの守護者、サリア/Thalia, Guardian of Thraben》
4 《石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mystic》
4 《ちらつき鬼火/Flickerwisp》
2 《セラの報復者/Serra Avenger》
2 《迷宮の霊魂/Spirit of the Labyrinth》
2 《ミラディンの十字軍/Mirran Crusader》
4 《剣を鍬に/Swords to Plowshares》
4 《霊気の薬瓶/AEther Vial》
1 《梅澤の十手/Umezawa's Jitte》
1 《火と氷の剣/Sword of Fire and Ice》
1 《殴打頭蓋/Batterskull》
4 《不毛の大地/Wasteland》
4 《リシャーダの港/Rishadan Port》
3 《Karakas》
1 《魂の洞窟/Cavern of Souls》
1 《地平線の梢/Horizon Canopy》
1 《トロウケアの敷石/Flagstones of Trokair》
9 《平地/Plains》

Side
3 《エーテル宣誓会の法学者/Ethersworn Canonist》
3 《安らかなる眠り/Rest in Peace》
2 《絶対の法/Absolute Law》
2 《封じ込める僧侶/Containment Priest》
2 《議会の採決/Council's Judgment》
1 《太陽の槍/Sunlance》
1 《真髄の針/Pithing Needle》
1 《大変動/Cataclysm》


6th Place
Player Name:Takahashi Naohiro
Deck Name:Counter Top Goyf
Deck Designer:Naohiro Takahashi


Main
4 《死儀礼のシャーマン/Deathrite Shaman》
2 《タルモゴイフ/Tarmogoyf》
2 《闇の腹心/Dark Confidant》
2 《真の名の宿敵/True-Name Nemesis》
1 《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》
1 《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》
4 《渦まく知識/Brainstorm》
2 《思案/Ponder》
4 《思考囲い/Thoughtseize》
4 《突然の衰微/Abrupt Decay》
4 《Force of Will》
4 《相殺/Counterbalance》
4 《師範の占い独楽/Sensei's Divining Top》
1 《ヴェールのリリアナ/Liliana of the Veil》
1 《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》
2 《不毛の大地/Wasteland》
4 《汚染された三角州/Polluted Delta》
3 《霧深い雨林/Misty Rainforest》
2 《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》
3 《Underground Sea》
3 《Tropical Island》
1 《Bayou》
1 《島/Island》
1 《沼/Swamp》

Side
2 《呪文貫き/Spell Pierce》
2 《見栄え損ない/Disfigure》
2 《毒の濁流/Toxic Deluge》
1 《破滅的な行為/Pernicious Deed》
1 《真髄の針/Pithing Needle》
1 《虚無の呪文爆弾/Nihil Spellbomb》
1 《外科的摘出/Surgical Extraction》
1 《被覆/Envelop》
1 《水流破/Hydroblast》
1 《漁る軟泥/Scavenging Ooze》
1 《仕組まれた疫病/Engineered Plague》
1 《ゴルガリの魔除け/Golgari Charm》


7th Place
Player Name:Tutui Seiya
Deck Name:SCARLET BLITZ
Deck Designer:近大MTGサークル「Ku'z」


Main
4 《雷口のヘルカイト/Thundermaw Hellkite》
4 《ゴブリンの熟練扇動者/Goblin Rabblemaster》
4 《月の大魔術師/Magus of the Moon》
4 《猿人の指導霊/Simian Spirit Guide》
3 《大いなる狩りの巫師/Shaman of the Great Hunt》
1 《強欲なドラゴン/Avaricious Dragon》
4 《焦熱の合流点/Fiery Confluence》
4 《三なる宝球/Trinisphere》
4 《虚空の杯/Chalice of the Void》
4 《金属モックス/Chrome Mox》
4 《血染めの月/Blood Moon》
2 《槌のコス/Koth of the Hammer》
4 《裏切り者の都/City of Traitors》
4 《古えの墳墓/Ancient Tomb》
10 《山/Mountain》

Side
3 《硫黄の精霊/Sulfur Elemental》
2 《ファイレクシアの破棄者/Phyrexian Revoker》
2 《トーモッドの墓所/Tormod's Crypt》
2 《混沌のねじれ/Chaos Warp》
1 《Anarchy》
1 《沸騰/Boil》
1 《火山の流弾/Volcanic Fallout》
1 《氷の干渉器/Icy Manipulator》
1 《転倒の磁石/Tumble Magnet》
1 《チャンドラ・ナラー/Chandra Nalaar》

8th Place
Player Name:Hamada Yuuki
Deck Name:
Deck Designer:


Main

Side
カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

6th KMCIT All Player Deck List

6th KMC Invitational

2016.1.16
16 Players
4 Swiss Draw + 2 Single Elimination

6th KMCIT All Players DeckList


1st Place
Player Name:Ideue Yuuki
Deck Name:スニーク・ショー
Deck Designer:


Main
3 《グリセルブランド/Griselbrand》
4 《引き裂かれし永劫、エムラクール/Emrakul, the Aeons Torn》
4 《実物提示教育/Show and Tell》
4 《騙し討ち/Sneak Attack》
4 《Force of Will》
4 《渦まく知識/Brainstorm》
4 《思案/Ponder》
1 《定業/Preordain》
2 《ギタクシア派の調査/Gitaxian Probe》
2 《呪文貫き/Spell Pierce》
2 《狼狽の嵐/Flusterstorm》
2 《師範の占い独楽/Sensei's Divining Top》
1 《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》
4 《水蓮の花びら/Lotus Petal》
4 《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
3 《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
2 《Volcanic Island》
1 《Tundra》
3 《古えの墳墓/Ancient Tomb》
2 《裏切り者の都/City of Traitors》
3 《島/Island》
1 《山/Mountain》

Side
4 《僧院の導師/Monastery Mentor》
2 《渋面の溶岩使い/Grim Lavamancer》
2 《突然のショック/Sudden Shock》
2 《魂の洞窟/Cavern of Souls》
1 《拭い捨て/Wipe Away》
1 《摩耗+損耗/Wear+Tear》
1 《稲妻/Lightning Bolt》
1 《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》
1 《ヴリンの神童、ジェイス/Jace, Vryn's Prodigy》


2nd Place
Player Name:Yamada Taichi
Deck Name:いつもの魚
Deck Designer:自分


Main
4 《呪い捕らえ/Cursecatcher》
4 《銀エラの達人/Silvergill Adept》
4 《アトランティスの王/Lord of Atlantis》
4 《真珠三叉矛の達人/Master of the Pearl Trident》
3 《幻影の像/Phantasmal Image》
1 《川の殺し屋、シグ/Sygg, River Cutthroat》
4 《真の名の宿敵/True-Name Nemesis》
2 《潮流の先駆け/Harbinger of the Tides》
2 《目くらまし/Daze》
4 《Force of Will》
4 《霊気の薬瓶/AEther Vial》
3 《虚空の杯/Chalice of the Void》
4 《変わり谷/Mutavault》
4 《魂の洞窟/Cavern of Souls》
13 《島/Island》

Side
3 《大祖始の遺産/Relic of Progenitus》
2 《白鳥の歌/Swan Song》
2 《基本に帰れ/Back to Basics》
2 《梅澤の十手/Umezawa's Jitte》
2 《潮流の先駆け/Harbinger of the Tides》
1 《真髄の針/Pithing Needle》
1 《虚空の杯/Chalice of the Void》
1 《墓掘りの檻/Grafdigger's Cage》
1 《造物の学者、ヴェンセール/Venser, Shaper Savant》


3rd Place
Player Name:Banba Taiki
Deck Name:無彩限のANTム・ワールド
Deck Designer:坂上 さつき


Main
4 《水蓮の花びら/Lotus Petal》
4 《ライオンの瞳のダイアモンド/Lion's Eye Diamond》
4 《ギタクシア派の調査/Gitaxian Probe》
4 《渦まく知識/Brainstorm》
4 《思案/Ponder》
2 《定業/Preordain》
4 《暗黒の儀式/Dark Ritual》
4 《強迫/Duress》
3 《陰謀団式療法/Cabal Therapy》
4 《陰謀団の儀式/Cabal Ritual》
4 《冥府の教示者/Infernal Tutor》
1 《苦悶の触手/Tendrils of Agony》
1 《炎の中の過去/Past in Flames》
1 《むかつき/Ad Nauseam》
1 《闇の誓願/Dark Petition》
4 《汚染された三角州/Polluted Delta》
4 《霧深い雨林/Misty Rainforest》
2 《Underground Sea》
1 《Tropical Island》
1 《Bayou》
1 《Volcanic Island》
1 《島/Island》
1 《沼/Swamp》

Side
4 《僧院の導師/Monastery Mentor》
3 《突然の衰微/Abrupt Decay》
2 《夜の戦慄/Dread of Night》
2 《蒸気の連鎖/Chain of Vapor》
1 《陰謀団式療法/Cabal Therapy》
1 《見栄え損ない/Disfigure》
1 《巣穴からの総出/Empty the Warrens》
1 《Tundra》


4th Place
Player Name:Kawasaki Keita
Deck Name:
Deck Designer:


Main
2 《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》
2 《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》
4 《渦まく知識/Brainstorm》
4 《思案/Ponder》
3 《剣を鍬に/Swords to Plowshares》
3 《終末/Terminus》
3 《Force of Will》
2 《天使への願い/Entreat the Angels》
1 《呪文嵌め/Spell Snare》
1 《紅蓮破/Pyroblast》
1 《至高の評決/Supreme Verdict》
1 《議会の採決/Council's Judgment》
1 《対抗呪文/Counterspell》
3 《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》
4 《相殺/Counterbalance》
4 《師範の占い独楽/Sensei's Divining Top》
4 《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
3 《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
2 《乾燥台地/Arid Mesa》
3 《Tundra》
2 《Volcanic Island》
1 《Karakas》
4 《島/Island》
2 《平地/Plains》

Side
2 《僧院の導師/Monastery Mentor》
2 《狼狽の嵐/Flusterstorm》
2 《紅蓮破/Pyroblast》
2 《安らかなる眠り/Rest in Peace》
1 《対抗呪文/Counterspell》
1 《Force of Will》
1 《封じ込める僧侶/Containment Priest》
1 《摩耗+損耗/Wear+Tear》
1 《魂の洞窟/Cavern of Souls》
1 《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》
1 《造物の学者、ヴェンセール/Venser, Shaper Savant》


5th Place
Player Name:Hori Masataka
Deck Name:Lands ver.27
Deck Designer:Hori Masataka


Main
4 《ギャンブル/Gamble》
4 《輪作/Crop Rotation》
4 《罰する火/Punishing Fire》
4 《踏査/Exploration》
4 《モックス・ダイアモンド/Mox Diamond》
4 《壌土からの生命/Life from the Loam》
1 《マナ結合/Manabond》
1 《森の知恵/Sylvan Library》
1 《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》
1 《霧深い雨林/Misty Rainforest》
1 《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》
2 《Taiga》
1 《森/Forest》
4 《燃え柳の木立ち/Grove of the Burnwillows》
4 《不毛の大地/Wasteland》
4 《リシャーダの港/Rishadan Port》
4 《演劇の舞台/Thespian's Stage》
3 《暗黒の深部/Dark Depths》
2 《平穏な茂み/Tranquil Thicket》
3 《Maze of Ith》
1 《Glacial Chasm》
1 《The Tabernacle at Pendrell Vale》
1 《すべてを護るもの、母聖樹/Boseiju, Who Shelters All》
1 《幽霊街/Ghost Quarter》

Side
4 《クローサの掌握/Krosan Grip》
2 《真髄の針/Pithing Needle》
2 《溶鉄の渦/Molten Vortex》
2 《虚空の杯/Chalice of the Void》
1 《世界を目覚めさせる者、ニッサ/Nissa, Worldwaker》
1 《罠の橋/Ensnaring Bridge》
1 《沸騰/Boil》
1 《Karakas》
1 《世界のるつぼ/Crucible of Worlds》


6th Place
Player Name:Yamashita Taiki
Deck Name:死と税金
Deck Designer:近大MTGサークル「Ku'z」


Main
4 《ルーンの母/Mother of Runes》
4 《スレイベンの守護者、サリア/Thalia, Guardian of Thraben》
4 《石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mystic》
3 《セラの報復者/Serra Avenger》
3 《ファイレクシアの破棄者/Phyrexian Revoker》
2 《迷宮の霊魂/Spirit of the Labyrinth》
4 《ちらつき鬼火/Flickerwisp》
2 《ミラディンの十字軍/Mirran Crusader》
1 《オレスコスの王、ブリマーズ/Brimaz, King of Oreskos》
4 《剣を鍬に/Swords to Plowshares》
4 《霊気の薬瓶/AEther Vial》
1 《梅澤の十手/Umezawa's Jitte》
1 《火と氷の剣/Sword of Fire and Ice》
1 《殴打頭蓋/Batterskull》
4 《不毛の大地/Wasteland》
4 《リシャーダの港/Rishadan Port》
1 《魂の洞窟/Cavern of Souls》
1 《地平線の梢/Horizon Canopy》
1 《トロウケアの敷石/Flagstones of Trokair》
3 《Karakas》
8 《平地/Plains》

Side
2 《太陽の槍/Sunlance》
2 《真髄の針/Pithing Needle》
2 《議会の採決/Council's Judgment》
2 《大変動/Cataclysm》
2 《安らかなる眠り/Rest in Peace》
1 《万力鎖/Manriki-Gusari》
1 《漸増爆弾/Ratchet Bomb》
1 《封じ込める僧侶/Containment Priest》
1 《エーテル宣誓会の法学者/Ethersworn Canonist》
1 《弁論の幻霊/Eidolon of Rhetoric》


7th Place
Player Name:Tanaka Takehiro
Deck Name:Sneak Show
Deck Designer:近大MTGサークル「Ku'z」


Main
4 《グリセルブランド/Griselbrand》
3 《引き裂かれし永劫、エムラクール/Emrakul, the Aeons Torn》
4 《実物提示教育/Show and Tell》
4 《騙し討ち/Sneak Attack》
4 《渦まく知識/Brainstorm》
4 《思案/Ponder》
2 《定業/Preordain》
3 《ギタクシア派の調査/Gitaxian Probe》
3 《呪文貫き/Spell Pierce》
2 《イゼットの魔除け/Izzet Charm》
1 《師範の占い独楽/Sensei's Divining Top》
4 《Force of Will》
3 《水蓮の花びら/Lotus Petal》
4 《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
3 《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
1 《汚染された三角州/Polluted Delta》
3 《Volcanic Island》
2 《古えの墳墓/Ancient Tomb》
2 《裏切り者の都/City of Traitors》
3 《島/Island》
1 《山/Mountain》

Side
3 《紅蓮地獄/Pyroclasm》
2 《血染めの月/Blood Moon》
1 《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》
1 《狼狽の嵐/Flusterstorm》
1 《裂け目の突破/Through the Breach》
1 《残響する真実/Echoing Truth》
1 《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》
1 《紅蓮破/Pyroblast》
1 《赤霊破/Red Elemental Blast》
1 《すべてを護るもの、母聖樹/Boseiju, Who Shelters All》
1 《突然のショック/Sudden Shock》
1 《渋面の溶岩使い/Grim Lavamancer》


8th Place
Player Name:Fukudome Yuu
Deck Name:61ミラクル
Deck Designer:猫山軍団


Main
3 《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》
1 《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》
1 《僧院の導師/Monastery Mentor》
1 《天使への願い/Entreat the Angels》
4 《渦まく知識/Brainstorm》
4 《思案/Ponder》
4 《剣を鍬に/Swords to Plowshares》
4 《終末/Terminus》
4 《Force of Will》
2 《対抗呪文/Counterspell》
3 《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》
4 《相殺/Counterbalance》
4 《師範の占い独楽/Sensei's Divining Top》
4 《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
3 《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
2 《乾燥台地/Arid Mesa》
3 《Tundra》
3 《Volcanic Island》
1 《Karakas》
4 《島/Island》
2 《平地/Plains》

Side
2 《狼狽の嵐/Flusterstorm》
2 《赤霊破/Red Elemental Blast》
1 《紅蓮破/Pyroblast》
2 《封じ込める僧侶/Containment Priest》
2 《摩耗+損耗/Wear+Tear》
1 《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》
1 《天界の粛清/Celestial Purge》
1 《外科的摘出/Surgical Extraction》
1 《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》
1 《僧院の導師/Monastery Mentor》
1 《安らかなる眠り/Rest in Peace》


9th Place
Player Name:Nishimura Tatsuya
Deck Name:
Deck Designer:


Main
2 《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》
2 《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》
4 《渦まく知識/Brainstorm》
3 《思案/Ponder》
3 《剣を鍬に/Swords to Plowshares》
3 《終末/Terminus》
2 《天使への願い/Entreat the Angels》
1 《紅蓮破/Pyroblast》
1 《対抗呪文/Counterspell》
1 《議会の採決/Council's Judgment》
1 《至高の評決/Supreme Verdict》
3 《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》
4 《Force of Will》
4 《相殺/Counterbalance》
4 《師範の占い独楽/Sensei's Divining Top》
4 《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
4 《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
2 《乾燥台地/Arid Mesa》
1 《Karakas》
3 《Tundra》
2 《Volcanic Island》
4 《島/Island》
2 《平地/Plains》

Side
2 《封じ込める僧侶/Containment Priest》
2 《僧院の導師/Monastery Mentor》
2 《狼狽の嵐/Flusterstorm》
2 《安らかなる眠り/Rest in Peace》
1 《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》
1 《造物の学者、ヴェンセール/Venser, Shaper Savant》
1 《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》
1 《赤霊破/Red Elemental Blast》
1 《紅蓮破/Pyroblast》
1 《摩耗+損耗/Wear+Tear》
1 《至高の評決/Supreme Verdict》


10th Place
Player Name:Omonishi Kojiro
Deck Name:
Deck Designer:


Main
4 《石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mystic》
3 《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》
3 《黄金牙、タシグル/Tasigur, the Golden Fang》
4 《渦まく知識/Brainstorm》
4 《思案/Ponder》
4 《剣を鍬に/Swords to Plowshares》
3 《思考囲い/Thoughtseize》
1 《コジレックの審問/Inquisition of Kozilek》
2 《対抗呪文/Counterspell》
4 《Force of Will》
1 《呪文貫き/Spell Pierce》
1 《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》
1 《梅澤の十手/Umezawa's Jitte》
1 《殴打頭蓋/Batterskull》
2 《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》
4 《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
4 《汚染された三角州/Polluted Delta》
1 《湿地の干潟/Marsh Flats》
3 《Tundra》
2 《Underground Sea》
1 《Scrubland》
1 《Karakas》
2 《不毛の大地/Wasteland》
2 《島/Island》
1 《平地/Plains》
1 《沼/Swamp》

Side
2 《エーテル宣誓会の法学者/Ethersworn Canonist》
2 《安らかなる眠り/Rest in Peace》
1 《狼狽の嵐/Flusterstorm》
1 《饗宴と飢餓の剣/Sword of Feast and Famine》
1 《真髄の針/Pithing Needle》
1 《解呪/Disenchant》
1 《外科的摘出/Surgical Extraction》
1 《世界のるつぼ/Crucible of Worlds》
1 《流刑への道/Path to Exile》
1 《仕組まれた疫病/Engineered Plague》
1 《否認/Negate》
1 《至高の評決/Supreme Verdict》
1 《石術師、ナヒリ/Nahiri, the Lithomancer》


11th Place
Player Name:Mizuguchi Kiyoshi
Deck Name:たけひこ
Deck Designer:からあげ倶楽部


Main
4 《死儀礼のシャーマン/Deathrite Shaman》
4 《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets》
3 《若き紅蓮術士/Young Pyromancer》
2 《グルマグのアンコウ/Gurmag Angler》
4 《渦まく知識/Brainstorm》
4 《思案/Ponder》
4 《ギタクシア派の調査/Gitaxian Probe》
4 《もみ消し/Stifle》
4 《稲妻/Lightning Bolt》
4 《目くらまし/Daze》
4 《Force of Will》
1 《二股の稲妻/Forked Bolt》
4 《不毛の大地/Wasteland》
2 《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
2 《汚染された三角州/Polluted Delta》
2 《霧深い雨林/Misty Rainforest》
2 《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
3 《Volcanic Island》
2 《Underground Sea》
1 《Tropical Island》

Side
3 《陰謀団式療法/Cabal Therapy》
2 《紅蓮破/Pyroblast》
1 《暗黒破/Darkblast》
1 《狼狽の嵐/Flusterstorm》
1 《真髄の針/Pithing Needle》
1 《外科的摘出/Surgical Extraction》
1 《古えの遺恨/Ancient Grudge》
1 《無のロッド/Null Rod》
1 《四肢切断/Dismember》
1 《硫黄の精霊/Sulfur Elemental》
1 《硫黄の渦/Sulfuric Vortex》
1 《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》


12th Place
Player Name:Adachi Ryosuke
Deck Name:黒だけがいない誓い
Deck Designer:松尾 尚史


Main
4 《暗黒の儀式/Dark Ritual》
4 《無垢の血/Innocent Blood》
4 《ヴェールのリリアナ/Liliana of the Veil》
4 《小悪疫/Smallpox》
4 《思考囲い/Thoughtseize》
2 《Hymn to Tourach》
2 《Nether Void》
2 《Sinkhole》
1 《女王への懇願/Beseech the Queen》
1 《呪われた巻物/Cursed Scroll》
1 《奈落の総ざらい/Empty the Pits》
1 《罠の橋/Ensnaring Bridge》
1 《The Abyss》
1 《Word of Command》
1 《世界のるつぼ/Crucible of Worlds》
9 《沼/Swamp》
4 《ミシュラの工廠/Mishra's Factory》
4 《ヨーグモスの墳墓、アーボーグ/Urborg, Tomb of Yawgmoth》
4 《不毛の大地/Wasteland》
2 《産卵池/Spawning Pool》
1 《陰謀団のピット/Cabal Pit》
1 《Maze of Ith》
1 《リシャーダの港/Rishadan Port》
1 《The Tabernacle at Pendrell Vale》

Side
4 《苦花/Bitterblossom》
2 《真髄の針/Pithing Needle》
1 《Chains of Mephistopheles》
1 《仕組まれた疫病/Engineered Plague》
1 《根絶/Extirpate》
1 《虚無の呪文爆弾/Nihil Spellbomb》
1 《漸増爆弾/Ratchet Bomb》
1 《外科的摘出/Surgical Extraction》
1 《The Tabernacle at Pendrell Vale》
1 《毒の濁流/Toxic Deluge》
1 《地獄界の夢/Underworld Dreams》


13th Place
Player Name:Tamura Shigeyuki
Deck Name:白黒ポックス
Deck Designer:Tamura Shigeyuki


Main
3 《恐血鬼/Bloodghast》
2 《墓忍び/Tombstalker》
4 《暗黒の儀式/Dark Ritual》
4 《思考囲い/Thoughtseize》
4 《小悪疫/Smallpox》
4 《未練ある魂/Lingering Souls》
3 《無垢の血/Innocent Blood》
3 《Hymn to Tourach》
3 《名誉回復/Vindicate》
1 《毒の濁流/Toxic Deluge》
4 《ヴェールのリリアナ/Liliana of the Veil》
4 《不毛の大地/Wasteland》
4 《湿地の干潟/Marsh Flats》
2 《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》
2 《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire》
1 《汚染された三角州/Polluted Delta》
1 《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
4 《Scrubland》
6 《沼/Swamp》
1 《平地/Plains》

Side
3 《苦花/Bitterblossom》
3 《真髄の針/Pithing Needle》
3 《外科的摘出/Surgical Extraction》
2 《梅澤の十手/Umezawa's Jitte》
2 《ハルマゲドン/Armageddon》
1 《毒の濁流/Toxic Deluge》
1 《イニストラードの君主、ソリン/Sorin, Lord of Innistrad》


14th Place
Player Name:Hayaki Hirokazu
Deck Name:お祭り用
Deck Designer:茶単愛好会(仮)


Main
4 《銅のノーム/Copper Gnomes》
4 《金属細工師/Metalworker》
4 《磁石のゴーレム/Lodestone Golem》
4 《カルドーサの鍛冶場主/Kuldotha Forgemaster》
4 《トリスケリオン/Triskelion》
4 《ワームとぐろエンジン/Wurmcoil Engine》
2 《隔離するタイタン/Sundering Titan》
1 《白金の帝像/Platinum Emperion》
1 《荒廃鋼の巨像/Blightsteel Colossus》
4 《虚空の杯/Chalice of the Void》
4 《厳かなモノリス/Grim Monolith》
2 《稲妻のすね当て/Lightning Greaves》
4 《古えの墳墓/Ancient Tomb》
4 《裏切り者の都/City of Traitors》
4 《ミシュラの工廠/Mishra's Factory》
4 《不毛の大地/Wasteland》
4 《魂の洞窟/Cavern of Souls》
2 《市長の塔/Tower of the Magistrate》

Side
4 《アメジストのとげ/Thorn of Amethyst》
2 《三なる宝球/Trinisphere》
2 《鋼のヘルカイト/Steel Hellkite》
2 《ファイレクシアの破棄者/Phyrexian Revoker》
2 《漸増爆弾/Ratchet Bomb》
2 《フェアリーの忌み者/Faerie Macabre》
1 《イシュ・サーの背骨/Spine of Ish Sah》


15th Place
Player Name:Nakatsuka Tomoaki
Deck Name:サイ Games
Deck Designer:


Main
4 《死儀礼のシャーマン/Deathrite Shaman》
4 《スレイベンの守護者、サリア/Thalia, Guardian of Thraben》
4 《聖遺の騎士/Knight of the Reliquary》
3 《ルーンの母/Mother of Runes》
2 《クァーサルの群れ魔道士/Qasali Pridemage》
2 《漁る軟泥/Scavenging Ooze》
1 《森を護る者/Sylvan Safekeeper》
1 《石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mystic》
1 《ガドック・ティーグ/Gaddock Teeg》
1 《スクリブのレインジャー/Scryb Ranger》
1 《包囲サイ/Siege Rhino》
4 《剣を鍬に/Swords to Plowshares》
4 《緑の太陽の頂点/Green Sun's Zenith》
2 《突然の衰微/Abrupt Decay》
1 《梅澤の十手/Umezawa's Jitte》
1 《火と氷の剣/Sword of Fire and Ice》
1 《森の知恵/Sylvan Library》
4 《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
3 《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》
3 《不毛の大地/Wasteland》
3 《Savannah》
2 《Bayou》
1 《Scrubland》
1 《Karakas》
1 《暗黒の深部/Dark Depths》
1 《演劇の舞台/Thespian's Stage》
1 《ボジューカの沼/Bojuka Bog》
1 《ドライアドの東屋/Dryad Arbor》
1 《森/Forest》
1 《平地/Plains》

Side
4 《思考囲い/Thoughtseize》
2 《真髄の針/Pithing Needle》
2 《仕組まれた疫病/Engineered Plague》
2 《窒息/Choke》
1 《外科的摘出/Surgical Extraction》
1 《盲信的迫害/Zealous Persecution》
1 《クローサの掌握/Krosan Grip》
1 《ガドック・ティーグ/Gaddock Teeg》
1 《封じ込める僧侶/Containment Priest》


16th Place
Player Name:Fujimoto Youzou
Deck Name:UR Counter Burn
Deck Designer:Yozo Fujimoto


Main
1 《渋面の溶岩使い/Grim Lavamancer》
3 《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》
1 《真の名の宿敵/True-Name Nemesis》
3 《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》
4 《渦まく知識/Brainstorm》
4 《稲妻/Lightning Bolt》
4 《行き詰まり/Standstill》
2 《対抗呪文/Counterspell》
2 《焦熱の合流点/Fiery Confluence》
1 《死亡+退場/Dead+Gone》
1 《突然のショック/Sudden Shock》
1 《噴出の稲妻/Burst Lightning》
1 《紅蓮破/Pyroblast》
1 《赤霊破/Red Elemental Blast》
1 《呪文嵌め/Spell Snare》
1 《狼狽の嵐/Flusterstorm》
4 《Force of Will》
2 《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》
4 《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
2 《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
1 《霧深い雨林/Misty Rainforest》
1 《汚染された三角州/Polluted Delta》
4 《ミシュラの工廠/Mishra's Factory》
2 《フェアリーの集会場/Faerie Conclave》
1 《変わり谷/Mutavault》
4 《Volcanic Island》
1 《蒸気孔/Steam Vents》
2 《島/Island》
1 《山/Mountain》

Side
2 《発展の代価/Price of Progress》
2 《硫黄の精霊/Sulfur Elemental》
2 《外科的摘出/Surgical Extraction》
1 《真髄の針/Pithing Needle》
1 《粉々/Smash to Smithereens》
1 《渋面の溶岩使い/Grim Lavamancer》
1 《赤霊破/Red Elemental Blast》
1 《紅蓮地獄/Pyroclasm》
1 《狼狽の嵐/Flusterstorm》
1 《呪文づまりのスプライト/Spellstutter Sprite》
1 《呪文嵌め/Spell Snare》
1 《テフェリーの反応/Teferi's Response》
カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

第54回KMC!CARDBOX高槻店コラボKMC!

いつもお世話になっております!

2015年下期KMCITが終わり、リセットされた2016年上期一発目のKMC!
ポイントレースがリセット!つまり、だれでもインビテーショナルを狙える!
また告知いたしますが、第7回KMCITの賞品も、かなり豪華となっております!

そんな第54回KMCは、CARDBOX高槻店様コラボとなります!
しかも、駅近!徒歩マジで1分のやつ!

これはもう行くしかない!

そして、第7回KMCインビテーショナルまでの予定も決定いたしました!
ご確認ください!

CARDBOX高槻店コラボ!第54回KMC

日程:1月24日(日)
フォーマット:レガシー
参加費:1000円
受付:13:15
定員:80名

■会場

CARDBOX高槻店

大阪府高槻市北園町19−12 切目 ビル 4F

■アクセス
阪急「高槻市駅」徒歩1分

■備考

定員80名ですが、若干名定員を超えての受付も致します。
ただし、若干名ですので参加者数によっては参加をお断りすることもございます。
予めご了承ください。

WPN主催店舗:CARDBOX高槻店


第55回KMC

日程:2月21日(日)
フォーマット:レガシー
参加費:1000円
受付:13:15
定員:80名

■会場
港区民センター

大阪市港区弁天2-1-5

■アクセス
地下鉄中央線・JR環状線  弁天町駅 徒歩7分

WPN主催店舗:BigMagicなんば店


第56回KMC

日程:3月13日(日)
フォーマット:レガシー
参加費:1000円
受付:13:15
定員:80名

■会場
港区民センター

大阪市港区弁天2-1-5

■アクセス
地下鉄中央線・JR環状線  弁天町駅 徒歩7分

WPN主催店舗:BigMagicなんば店


第57回KMC

日程:4月2日(土)
フォーマット:レガシー
参加費:1000円
受付:13:15
定員:80名

■会場
港区民センター

大阪市港区弁天2-1-5

■アクセス
地下鉄中央線・JR環状線  弁天町駅 徒歩7分

WPN主催店舗:BigMagicなんば店


第58回KMC

日程:5月15日(日)
フォーマット:レガシー
参加費:1000円
受付:13:15
定員:80名

■会場
港区民センター

大阪市港区弁天2-1-5

■アクセス
地下鉄中央線・JR環状線  弁天町駅 徒歩7分

WPN主催店舗:BigMagicなんば店


第59回KMC

日程:6月4日(土)
フォーマット:レガシー
参加費:1000円
受付:13:15
定員:80名

■会場
港区民センター

大阪市港区弁天2-1-5

■アクセス
地下鉄中央線・JR環状線  弁天町駅 徒歩7分

WPN主催店舗:BigMagicなんば店


第7回KMCインビテーショナル

日程:6月18日(土)
フォーマット:レガシー
参加費:無料
受付:13:15

■会場
港区民センター

大阪市港区弁天2-1-5

■アクセス
地下鉄中央線・JR環状線  弁天町駅 徒歩7分

■備考
KMCインビテーショナルは、招待制のイベントで、参加権利者のみ参加いただけます。
当日は、どなたでも参加可能な併催レガシーも開催します。

WPN主催店舗:BigMagicなんば店


KMCIT併催レガシー

日程:6月18日(土)
フォーマット:レガシー
参加費:1000円
受付:13:15
定員:60名

■会場
港区民センター

大阪市港区弁天2-1-5

■アクセス
地下鉄中央線・JR環状線  弁天町駅 徒歩7分

■備考
KMCポイントは付与されません。

WPN主催店舗:BigMagicなんば店

カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

【Deck Tech】 Eternal Party 2015 優勝者 馬場大樹のANT

【Deck Tech】 Eternal Party 2015 優勝者 馬場大樹のANT

by TTW

--まずはEternal Party 2015優勝おめでとうございます。

馬場:「ありがとうございます」

etp_se3_08.jpg


--早速ですが、デッキ解説の方に入りたいと思います。まずはメインデッキの解説をお願いします

馬場:「とは言ってもANTは完成されているリストが存在するのでメインデッキは特に解説するところがないんですよね(笑)」

--確かに(笑)かなり研究が進んでいるデッキなのでメインは差異がないことが多いですね

馬場:「それでも言わないといけないところは《闇の誓願》を1枚差しているところと、土地が15枚のところです」

decktech05.jpg




Eternal Party 2015 1st Place

Player Name:Banba Taiki
Deck Name:ANT殺教室
Deck Designer:坂上さつき

4 《汚染された三角州/Polluted Delta》
4 《霧深い雨林/Misty Rainforest》
2 《Underground Sea》
1 《Volcanic Island》
1 《Tropical Island》
1 《Bayou》
1 《島/Island》
1 《沼/Swamp》

-土地(15)-

4 《水蓮の花びら/Lotus Petal》
4 《ライオンの瞳のダイアモンド/Lion's Eye Diamond》
4 《ギタクシア派の調査/Gitaxian Probe》
4 《渦まく知識/Brainstorm》
4 《思案/Ponder》
4 《暗黒の儀式/Dark Ritual》
4 《陰謀団の儀式/Cabal Ritual》
4 《強迫/Duress》
4 《冥府の教示者/Infernal Tutor》
3 《陰謀団式療法/Cabal Therapy》
2 《定業/Preordain》
1 《炎の中の過去/Past in Flames》
1 《むかつき/Ad Nauseam》
1 《闇の誓願/Dark Petition》
1 《苦悶の触手/Tendrils of Agony》

-呪文(45)-

4 《僧院の導師/Monastery Mentor》
3 《夜の戦慄/Dread of Night》
3 《突然の衰微/Abrupt Decay》
2 《蒸気の連鎖/Chain of Vapor》
1 《陰謀団式療法/Cabal Therapy》
1 《巣穴からの総出/Empty the Warrens》
1 《Tundra》

-サイドボード(15)-




1:《闇の誓願/Dark Petition》について

decktech04.jpeg

馬場:「まず《闇の誓願》ですが、元々この枠は《師範の占い独楽》でした」

馬場:「《師範の占い独楽》を採用していた理由は《Hymn to Tourach》などの手札破壊が環境に増えたからです」

馬場:「しかし考えていた以上にGrixis Delverの動きが早くて《師範の占い独楽》では手札破壊をケアしきれませんでした」

馬場:「そこで手札破壊をケアするよりも速度を上げることにしました」

--戦略の転換ですね

馬場:「あと、(《闇の誓願》に対して)ずっと否定的だったのですが、知り合いに怒られて使ってみたら強かったのもあります(笑)」


2:土地が15枚の理由

decktech06.jpg


--次に土地についてお願いします

馬場:「土地ですが15枚にしていることと、《Bayou》と《Tropical Island》の緑マナ源2枚を取っているところが調整した点です」

馬場:「土地は15枚と多めですが、これはサイドボードの《僧院の導師》を強く意識しています」

馬場:「またサイドボードの《Tundra》が凄く重要で、《僧院の導師》をサイドインする際に一緒に入れるのですが『じゃあ、何を抜くの?』ということになって」

馬場:「多分土地14枚なら《Bayou》と交換するのですが、《Bayou》が抜けてしまうとどうしても緑マナが欲しい局面が多くてそうなると緑マナ源に困る」

馬場:「《島》と入れ替えるという方法もあるのですが、《僧院の導師》はGrixis Delverにもサイドインするのでそうなると基本地形は残しておきたい」

馬場:「そこでメインから《Tropical Island》を追加しておくことでサイドボード後に《Tundra》と入れ替えられるようにしています」

馬場:「また最近のGrixis Delverは土地ハメをしてくることが多くて(土地を増やすことは)その対策も兼ねています」

--確かに最近のGrixis Delverは《もみ消し》を採用しています

馬場:「そう! ここ1ヶ月ぐらいで一気に増えました」

馬場:「それまでは《もみ消し》が入っていなくてそこそこ勝てましたがあれで一気に勝率が下がりました」

馬場:「ですから、土地は絶対に多めにしたいと思っていました」

馬場:「それと緑マナを意識しているのでフェッチランドは絶対に《霧深い雨林》です」

馬場:「《溢れかえる岸辺》を採用すると《Bayou》をサーチできないので使っていません」

馬場:「余談ですが、ANTのサイドボードは《汚染された三角州》以外に採用されているフェッチランドの種類で、ある程度推測することができます」

馬場:「緑マナを強く意識していると《霧深い雨林》を使うので《ザンティッドの大群》がサイドボードに入っている可能性が高いです」

馬場:「逆に《沸騰する小湖》だと赤マナを意識しているので《若き紅蓮術士》の可能性があるなどが分かります」

馬場:「なので、実はメインのフェッチランドをよく観察しておくことでサイドボーディングする際の助けになります」

馬場:「私が緑マナを意識したのもこの考えが前提にあって、《ザンティッドの大群》を意識させて全体除去を抜かせたところに《僧院の導師》で裏をかくという意図があります」

馬場:「でも、正直そこまで考えていてくれるプレイヤーが何人いるのかと聞かれると自信がありません(笑)」

なるほど。ANTの世界はフェッチランド1枚を取っても奥が深い世界のようだ。


3:サイドボードについて

decktech02.jpg



4 《僧院の導師/Monastery Mentor》
3 《夜の戦慄/Dread of Night》
3 《突然の衰微/Abrupt Decay》
2 《蒸気の連鎖/Chain of Vapor》
1 《陰謀団式療法/Cabal Therapy》
1 《巣穴からの総出/Empty the Warrens》
1 《Tundra》

-サイドボード(15)-




--サイドボードの調整点をお願いします

馬場:「まずこれは確実な失敗点なのですが、3枚の《夜の戦慄》です。1枚は《見栄え損ない》にするべきでした」

馬場:「というのも、結局ヘイトベアに対しても《見栄え損ない》は強いカードです。しかも最近は《死儀礼のシャーマン》が凄く増えています。しかし、《夜の戦慄》はその《死儀礼のシャーマン》には何にもしないです」

馬場:「その点、《見栄え損ない》はナチュラルにプレイできるカードなのでとても使い勝手がいいです」

馬場:「また最近は、Dark Maverickのようなタフネスが2以上のヘイトベアを積んだデッキが出始めてそういう相手に《夜の戦慄》はいまいちでした」

--《ガドック・ティーグ》や《エーテル宣誓会の法学者》ですね

馬場:「そうそう(笑)関東のデッキリスト−−−ヤソ(八十岡翔太)のリストを見ると《見栄え損ない》が2枚取られていて『会場で失敗したー!』と思いました」

馬場:「まあ《夜の戦慄》でどうにもならないカードを対処するために《突然の衰微》が入っているのですが、そもそも《突然の衰微》は2マナかかる上に色拘束が厳しいので過信はできません。そういうデッキは往々にして土地も壊してきますからね」

--そうですね。そこがもし《見栄え損ない》だとヘイトベアを除去しつつストームを稼いでコンボを決めるなどの動きもできますよね

馬場:「はい。だから、確実に1枚は《見栄え損ない》にするべきです。今は《夜の戦慄》を1枚減らして《見栄え損ない》を取っています」


5:サイドボードの《僧院の導師/Monastery Mentor》について

decktech07.jpeg


馬場:「そしてサイドボードの追加の《陰謀団式療法》は《僧院の導師》を意識して採用しています」

馬場:「ハンデス8枚体制にすることでまず相手の《僧院の導師》を対処するカードを全て奪います」

馬場:「次に《僧院の導師》を場に出してから《陰謀団式療法》で相手の手札をズタズタにすることで簡単に勝てます」

馬場:「だから《僧院の導師》をサイドインする相手にはほぼ一緒に《陰謀団式療法》もサイドインしています」

--《稲妻》などサイド後も残りやすい除去もあるので前方確認は必須ですね

馬場:「そうそう」

馬場:「そもそも《僧院の導師》を使おうと思った理由が奇跡と、これは昔の話になるのですが、Omnitellがいたからです」

馬場:「この二つのデッキに対してハンデス戦略は有効で、特にOmnitell相手に《僧院の導師》+《陰謀団式療法》をすればまず間違いなく勝てました」

馬場:「はじめに《陰謀団式療法》で《僧院の導師》を打ち消す《Force of Will》を奪って、その後にフラッシュバックでコンボパーツを奪うという動きが気にいっていました」

馬場:「《時を越えた探索》が禁止になったときどうしたものかなーと考えたのですが、しかしSnTには変わらずこの動きが強いので採用に踏み切りました」

馬場:「ただ最近は《巣穴からの総出》の流行もあって全体除去が残りやすいのが悩みです」


馬場:「裏話になるのですが、決勝戦のフクドメさんの試合ではデッキの中に《終末》は残っていたのですが、手札の中で対処できるカードは《対抗呪文》しかなくて《対抗呪文》を使わせることに成功しました」

馬場:「全体除去を残していてもそのときの手札に打ち消ししかないと打ち消しを切らせることができます。なのでバレていても強いと実感しました」

馬場:「欠点は《僧院の導師》と《Tundra》で5枚スロットを圧迫していることです。それを嫌うなら素直に《巣穴からの総出》をおすすめします」


5:《巣穴からの総出/Empty the Warrens》

馬場:「次に役割が被っているように思える《巣穴からの総出》ですが、このカードは《僧院の導師》をサイドインしないマッチアップで使います」

馬場:「例えばRUG Delverです。私はRUG Delverには《僧院の導師》は絶対にサイドインしません」

--それは何故?

馬場:「火力が絶対に残っているのと、《僧院の導師》をサイドインしなくても勝てるマッチアップだからです」

馬場:「あとはJundにも《巣穴からの総出》をサイドインします」

--早いターンからトークンを並べたい相手に使うと

馬場:「そうです」

馬場:「《巣穴からの総出》はサイドボード後もコンボで勝てるマッチアップで使います」


6:各デッキに対するサイドボードプラン

馬場:「まず、《僧院の導師》をサイドインするマッチアップです」

馬場:「《僧院の導師》をサイドインするのは『打ち消し+何か』で対策してくるような相手です」

馬場:「そして《僧院の導師》をサイドインする場合は基本的に《僧院の導師》4枚+《突然の衰微》3枚+《Tundra》1枚+ 《陰謀団式療法》1枚の合計9枚をサイドインします」

in
4 《僧院の導師/Monastery Mentor》
3 《突然の衰微/Abrupt Decay》
1 《陰謀団式療法/Cabal Therapy》
1 《Tundra》



馬場:「まずは奇跡です。奇跡は打ち消し+《相殺》の打ち消しと置物の2種類で対策してくるのでサイドインします。サイドボード後は《僧院の導師》を強く意識して動きます」

馬場:「奇跡は《僧院の導師》とコンボのどちらで勝つのか分岐点が難しいマッチアップです」

馬場:「初手に《僧院の導師》があるときは《僧院の導師》で勝つプランを。初手に《冥府の教示者》だけの場合はコンボを念頭におきつつ《僧院の導師》を引いたときのことも考えて動きます」

馬場:「両方ともない手札をキープした場合は《僧院の導師》のプランを優先します」

vs Miracle
in
4 《僧院の導師/Monastery Mentor》
3 《突然の衰微/Abrupt Decay》
1 《陰謀団式療法/Cabal Therapy》
1 《Tundra》


out
2 《定業/Preordain》
2 《陰謀団の儀式/Cabal Ritual》
1 《闇の誓願/Dark Petition》
1 《Tropical Island》
1 《冥府の教示者/Infernal Tutor》
1 《島/Island》
1 《ライオンの瞳のダイアモンド/Lion's Eye Diamond》



馬場:「SnTは《突然の衰微》が必要ないので代わりにコンボパーツを残します」

馬場:「何故《ライオンの瞳のダイアモンド》を抜くのかはBIG MAGICの朴さんの記事に解説が書いてあるで見てください」

馬場:「実は(《僧院の導師》は)朴さんの《若き紅蓮術士》に触発されて試したサイドボードなので基本的な理論は同じです」

vs SnT
in
4 《僧院の導師/Monastery Mentor》
1 《陰謀団式療法/Cabal Therapy》
1 《Tundra》


out
2 《定業/Preordain》
1 《陰謀団の儀式/Cabal Ritual》
1 《闇の誓願/Dark Petition》
1 《Tropical Island》
1 《ライオンの瞳のダイアモンド/Lion's Eye Diamond》




馬場:「次はBUG Delverです。打ち消し+手札破壊のデッキです」

馬場:「BUG Delverは土地破壊もしてくるので《冥府の教示者》を2枚抜いて代わりに《島》を残します」

馬場:「このマッチアップはほぼ《僧院の導師》頼りです」

vs BUG Delver
in
4 《僧院の導師/Monastery Mentor》
3 《突然の衰微/Abrupt Decay》
1 《陰謀団式療法/Cabal Therapy》
1 《Tundra》


out
2 《定業/Preordain》
2 《陰謀団の儀式/Cabal Ritual》
2 《冥府の教示者/Infernal Tutor》
1 《闇の誓願/Dark Petition》
1 《Tropical Island》
1 《ライオンの瞳のダイアモンド/Lion's Eye Diamond》



馬場:「そしてGrixis Delverです。Grixis DelverはBUG Delverと同じく打ち消し+手札破壊のデッキですがBUG Delver以上にスピードがあります」

馬場:「そのため《むかつき》がいらないケースが多く、《冥府の教示者》の代わりに1枚サイドアウトします」

馬場:「これは一緒に調整していたメンバーとも議論になっていた点で、Eternal Party当日まで意見が割れていました」

馬場:「しかし、ライフをなるべく使わないコンボルートの方がよいという結論になりました」

vs Grixis Delver
in
4 《僧院の導師/Monastery Mentor》
3 《突然の衰微/Abrupt Decay》
1 《陰謀団式療法/Cabal Therapy》
1 《Tundra》


out
2 《定業/Preordain》
2 《陰謀団の儀式/Cabal Ritual》
1 《むかつき/Ad Nauseam》
1 《冥府の教示者/Infernal Tutor》
1 《闇の誓願/Dark Petition》
1 《Tropical Island》
1 《ライオンの瞳のダイアモンド/Lion's Eye Diamond》



馬場:「最後にDeath&Taxesです」

馬場:「《強迫》が役に立たないので全て抜きます」

馬場:「それと《陰謀団式療法》も2枚まで減らします」

馬場:「理由としてはヘイトベアの種類が多くて当てにくいのと、出てから対処できるカードをたくさんサイドインするので手札破壊に拘る必要がないからです」


vs Death&Taxes
in
3 《夜の戦慄/Dread of Night》
3 《突然の衰微/Abrupt Decay》
2 《蒸気の連鎖/Chain of Vapor》


out
4 《強迫/Duress》
1 《陰謀団式療法/Cabal Therapy》
1 《陰謀団の儀式/Cabal Ritual》
1 《闇の誓願/Dark Petition》
1 《定業/Preordain》



馬場:「《僧院の導師》を使ったサイドボードは慣れないうちは勝率が下がります」

馬場:「私自身、使い始めて最初の1ヶ月は心が折れそうなほど負け込みました(苦笑)」

馬場:「試して止めてを繰り返して、ようやく3回目で手になじむようになりました」

馬場:「サイドボード後の勝ち方が普通のANTと全く違うので仕方ないのですけどね(笑)」

--両方の勝ち筋を状況に応じて使い分ける判断力が必要となると。要するに練習は大事ということですね

馬場:「そうそう(笑)」

decktech08.jpg
(馬場 大樹)
カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

第6回KMCインビテーショナル出場選手紹介

第6回KMCインビテーショナル出場選手紹介

it6.png

-1月某日-

フォー次郎:「KMCIT(KMCインビテーショナル)は今週土曜日開催か」

フォー次郎:「うーん。どんな調整しようか」

???:「何を悩んでいるのですか?」

フォー次郎:「ん?TTWやんどうしたん?」

TTW:「KMCITに向けての調整ですか」

フォー次郎:「そうそう」

フォー次郎:「週末に行われるKMCITは招待制大会で、招待の条件はポイントレース上位16位タイまでやねん」

フォー次郎:「当然、参加者は勝ち上がった強豪ばかりやからいつも以上に準備が必要やねんな」

TTW:「なるほど」

フォー次郎:開催案内見てみ」

TTW:「お、今回の賞品は《Volcanic Island》ですか」

フォー次郎:「いやそこじゃなくて」

フォー次郎:「招待されているメンバーの一覧」

TTW:「何このボスラッシュ…」

フォー次郎:「強い人ばっかりやねんなぁ」

フォー次郎:「だからいつも以上にリサーチが必要やねん」

TTW:「そういうことなら少しお手伝いしましょう」

フォー次郎:「マジで!?」

TTW:「ええ、ポイント順にプレイヤーを紹介していきます」

TTW:「今回KMCITの出場権を獲得したのはポイントレースを勝ち抜いた16名とSEED1名の総勢17名」

TTW:「それではいきましょう」

フォー次郎:「第6回KMCインビテーショナル出場選手紹介!!」


Kawasaki.jpg

Kawasaki Keita(SEED)

今期の成績:なし

得意なデッキ:Grixis Delverなど

人物紹介


フォー次郎:「出た、前回の覇者!」

TTW:「そして私たちと同じく『猫山軍団』のメンバーです」

フォー次郎:「俺もチームメイトとして負けてられへんな!」

TTW:前回のシングルエリミネーションで格付け終了した感はありますが…」

フォー次郎:「悲しいこと言うのやめよ!」

nekoyama_01.jpg
(猫山軍団)


TTW:「カワサキさんにとって、昨年はプレイヤーとして大きく躍進した年でした」

フォー次郎:「 GPTOP4、PT出場、そしてBigs加入」

フォー次郎:「 競技プレイヤーとして大きく一歩踏み出した年やったね」

フォー次郎:「 友人として本当に嬉しく思うと同時にちょっと寂しい気持ちも…」

TTW:「と言うと?」

フォー次郎:「いや、何か遠い人になった感じがする」

TTW:「大丈夫ですよ」

フォー次郎:「?」

TTW:「GPTOP8の写真でも舌出してます。つまり同一人物です」

フォー次郎:「判断基準そこなん!?」



▽このプレイヤーの関連記事
第5回KMCIT動画





kmcit6th_Ideue.jpeg

Ideue Yuuki(21ポイント)

今期の成績:第53回KMC優勝、第52回KMC8位、第50回KMC5位、第48回KMC優勝

得意なデッキ:Omnitell、SnT

人物紹介



TTW:「次にご紹介するのはポイントレース首位のイデウエさんです」

フォー次郎:「イデウエさんまた1位通過か。これで何度目?」

TTW:「KMCIT4th以来の2度目です」

TTW:「特に今期は優勝2回、合計得点は21点とダントツ首位です。アベレージも3.5点と大暴れでした」

フォー次郎:「ふーん。平均3.5点ってどれぐらいすごいの?」

TTW:順位的に言えば『毎回5位以上を維持しないといけない』と言えば難易度が実感できるかと」

フォー次郎:「毎回TOP8(笑)。怪物か!?」

fnl_01.jpg
(イデウエの所属グループ、FNL)

フォー次郎:「さて、イデウエさんと言えばコンボデッキだけど今期は何を使っていたの?」

TTW:「2015年下半期はSnTですね」

TTW:「上半期はOmnitellを使っていたのですが、禁止改定で《時を越えた探索/Dig Through Time》が禁止になったためSnTに移行しました」

フォー次郎:「Omnitellを使用していた人によく聞く話やね」

TTW:「ええ。ですが、デッキが変わっても変わらず勝ち続けるのは流石の一言に尽きます」

TTW:「これまでSnTを使用していた経験があるので回し慣れていないということはないのですけど、それでも簡単なことではないです」

フォー次郎:「年季の差を見せつけたな!」



▽このプレイヤーの関連記事
KMCIT4th プレイヤーインタビュー
第53回KMC動画
第48回KMC動画





nekoyama_02.jpg
(*写真提供:CARDSHOP蒼猫亭様、4月29日開催「蒼猫亭主催PPTQ戦乱のゼンディカー」より)

Omonishi Kojiro(14ポイント)

今期の成績:第51回KMC3位、第50回KMC優勝

得意なデッキ:Esper Stoneblade

人物紹介


フォー次郎:「自分の紹介すんの!?」

TTW:「ん?何か問題が?」

フォー次郎:「いやいや、恥ずかしいやん?」

TTW:「あっ、じゃあ紹介はなしで」

TTW:「えーと、次はー」

フォー次郎:「仕方ないなぁ、かっこよさ3倍で紹介してくれてもええんやで?」

TTW:「スーパーウルトラ最強のフォー次郎さんです。以上」

フォー次郎:「誠に申し訳ありません!もうちょい紹介して(泣)」

TTW:「仕方ないですね」

TTW:「まず、フォー次郎さんの今期の成績です。第50回優勝、第51回3位と素晴らしいですね」

TTW:「今期は参加回数が少ないのにこの成績はすごいです」

フォー次郎:「今期は本当に運が良かった。忙しくて後半しか出れてなかったから諦めてたんよね」

フォー次郎:「久しぶりに出たKMCでそのまま優勝出来たのが大きかった」

TTW:「優勝した第50回は100人越えのときですからね」

TTW:「いつも以上に厳しかったと思います」

フォー次郎:「厳しかったね〜。昔のKMCに比べるとプレイヤーのレベルがぐんと上がっているから、大変な試合ばっかりやった」

フォー次郎:「やからこそ、優勝出来たときの喜びもひとしおやったね」

TTW:「レベルが上がったと言いましたがそれはKMCITにも言えることだと思います」

TTW:「自信のほうはありますか?」

フォー次郎:「もちろん優勝!と言いたいところやけど、皆上手いプレイヤーばかりやからなぁ。当日までデッキを練り込んどくわ」

TTW:「期待しています」

TTW:「初代優勝者として周りから警戒されているフォー次郎さんですが、フォー次郎さんから見ても要注意のプレイヤーはいますか?」

フォー次郎:「基本はみんな要注意だけど、平均して成績の良いイデウエさん、フクドメ、ミズグチの3人!」

フォー次郎:「最近はこの3人に負け続けている(泣)」

TTW:「リベンジしたいところですね」

TTW:「それでは3人に向けて一言どうぞ」

フォー次郎:「首を洗って待っとけや!」



▽このプレイヤーの関連記事
【デッキ解説】ストーンフォー次郎のこのデッキを使え!!-エスパー石鍛冶
【デッキ解説】ストーンフォー次郎のこのデッキを使え!!-エスパー石鍛冶【サイドボード編】
【MTG】第1回KMCIT、決勝戦【レガシー】(外部リンク:ニコニコ動画)
【観戦記事】第1回KMCIT 決勝:《オモニシ コウジロウ》vs《タニグチ ヒロアキ》
【観戦記事】第1回KMCIT R2:《オモニシ コウジロウ》vs《ヤオ シュンスケ》




kmcit6th_Fukudome.jpeg

Fukudome Yuu(13ポイント)

今期の成績:Eternal Party 2015 準優勝、第53回KMC6位、第51回KMC優勝

得意なデッキ:combo、Miracle

人物紹介


TTW:「続きましては猫山軍団メンバー。そしてKMCIT1stから唯一の皆勤出場者フクドメさんです」

フォー次郎:「フクドメは本当に安定しているなー」

フォー次郎:「俺も3rdまで皆勤だったけど、4thで参加出来なかった…」

TTW:「そもそもKMCITに出場するのが難しいですよね」

フォー次郎:「そうそう。前回のポイントレース抜け1位が今回はポイントが足りなくてKMCITに参加出来ないとかざらにあるし…」

TTW:「………」

フォー次郎::「まぁ、君の事なんやけどな(笑)」

TTW::「言ってるじゃないですか!」



フォー次郎:「しかし、今回のフクドメさんに関しては色々ニュースがあるね」

TTW:「ええ。まずはデッキ変更ですね」

フォー次郎:「まさかのMiracleやもんなー」

TTW:「SnT使って優勝した3ヶ月後にしれっとMiracle使ってEternal Partyで準優勝してますからね」

TTW:「プレイヤー性能の高さを見せつけられました」

フォー次郎:「最初フクドメがコンボ以外使い始めたときは何事かと思った(笑)」

TTW:「ええ、そういった声はいくつか耳にしました。ですが個人的には『原点回帰したか』というのが正直な感想です」

フォー次郎:「というと?」

TTW:「私が初めてフクドメさんと会ったときはLandstillを使っていて典型的なコントロールプレイヤーでした」

フォー次郎:「何それいつの話!?」

TTW:「まだ《タルモゴイフ/Tarmogoyf》が出る前の話です(笑)」

フォー次郎:「なるほど。じゃあ、コントロールデッキの経験値も十分ということやね」

TTW:「ええ、問題ないと思います」

フォー次郎:「そしてさっきも言ったけどEternal Party準優勝!」

TTW:「はい。決勝で惜しくも敗退しましたがそれでも誇るべき結果です」

TTW:「そして今回のKMCITではEternal Party決勝戦の相手も出場しているのでリベンジのチャンスでもあります」

フォー次郎:「KMCITの結果も楽しみだけど、リベンジなるかも注目やね」



▽このプレイヤーの関連記事
BCLエターナルパーティー&エターナルフェスティバル・ダブルトライアル 決勝 福留 友(京都)vs篠原 元(大阪)
第51回KMC動画
Eternal Party'2015 Final Movie
Eternal Party 2015 決勝戦 馬場大樹(大阪) vs 福留友(大阪)
Eternal Party 2015 準決勝 福留 友(京都)vs加藤 晃彦(愛媛県)
KMCIT5th Round1 Fukudome Yuu(Omnitell) vs Adachi Ryousuke(Omnitell)
第51回KMC動画
第33回KMC動画
17th KMC動画





kmcit6th_Mune.jpeg

Mune Kento(13ポイント)

今期の成績:第53回KMC準優勝、第52回KMC準優勝、第51回KMC7位

得意なデッキ:Grixis Delver、Jeskai Stoneblede

人物紹介


TTW:「さあ、どんどん紹介していきましょう。Ku'z(キューズ)から初参加、ムネさんです」

フォー次郎:「近畿大学のMTGサークルの方やね」

TTW:「はい。正式名称は『近畿大学MTGサークルKu'z』といいます」

フォー次郎:「ほうほう」

TTW:「非常に活動的なグループで色んなイベントに参加しています」

フォー次郎:「KMCにもよくグループで来てるし、めっちゃ仲よさそうにしているグループだから覚えている」

TTW:「ええ。本当に楽しそうにMTGをするグループです」

フォー次郎:「うんうん。来るだけでKMCの雰囲気が明るくなる」

TTW:「MTGに対する意欲も高く、KMCITに向けて日々研鑽を重ねています」

TTW:「2015上半期は残念ながらKu'sからは一人もKMCIT出場者を出せなかったのですが、そのときの雪辱は今回果たされましたね」

フォー次郎:「実際、KMCIT5thのときに『来シーズンこそは!』と意気込んでいたので来るような予感はしていた」

フォー次郎:「ずっと努力してきた成果が実を結んだんやね」

TTW:「ムネさん自身も熱心な方で他の同じデッキを使っているプレイヤーと活発に意見交換をしているそうです」

フォー次郎:「それが下半期の成果に繋がったと」

TTW:「はい。KMCITも優勝できる実力は十分にあると思います」

TTW:「KMCITはボスラッシュと呼ばれることがありますがそんな有力なプレイヤーたちとも引けは取りません」

フォー次郎:「いいね。初参加にして初優勝なるか!」




kmcit6th_Yamada.jpg


Yamada Taichi(13ポイント)

今期の成績:第53回KMC4位、第49回2位

得意なデッキ:Merfolk

人物紹介


TTW:「次にご紹介しますのはKMCIT初参加、今年からKMCにお越しいただいているヤマダさんです」

フォー次郎:「Merfolkを使っている方だね」

TTW:「はい。見かけ初めて以来ずっとMerfolk一筋ですね」

フォー次郎:「最近数は減ったけどまだまだ有力なデッキだよね」

TTW:「ええ。ですがヤマダさんが出てくるまでは中々TOP8には残らないデッキでした。そのためしばらくKMCではMerfolkが目立つことがありませんでした」

フォー次郎:「それがようやく復活したと」

TTW:「はい。関西Merfolk界期待の新星です」

フォー次郎:「プレイヤーとしても熱心な方だよね」

TTW:「はい。自分で調べて色々な大会に出ています」

フォー次郎:「継続は力なり。KMCITでも活躍しそうだ」



▽このプレイヤーの関連記事
KMC49th Round7 Yamada Taichi(Merfolk)vs Hamabata Hiroshi(Omnitell)





kmcit6tn_Hayaki.jpeg

Hayaki Hirokazu(12ポイント)

今期の成績:第52回KMC7位、第48回KMC準優勝

得意なデッキ:MUD、MUD Post

人物紹介



TTW:「茶単愛好会からはハヤキさんが出場です」

フォー次郎:「一貫して茶単系デッキを使っている方だね」

TTW:「はい。そして構築の技量に優れたプレイヤーです」

フォー次郎:「そうなんだ?」

TTW:「茶単と言えばマナ加速を背景にブン回りでたたみかけるデッキですが、反面噛み合わないと上手く機能しません」

TTW:「この問題をハヤキさんは高度な調整で解決しています」

フォー次郎:「例えばどんな工夫が?」

TTW:「通常、MUDのマナ加速といえば《金属細工師/Metalworker》と《厳かなモノリス/Grim Monolith》だけなのですが、ハヤキさんのデッキにはこれに加えて追加でマナアーティファクトが入っています」

TTW:「MUDのときは《精神石/Mind Stone》を、MUD Postのときは《スランの発電機/Thran Dynamo》を採用しています」

TTW:「特に《精神石/Mind Stone》が素晴らしいですね」

TTW:「序盤はマナスクリューを回避し、終盤のマナフラッドを解決する渋いカード選択です。ハヤキさんの構築の魅力は、安定性を向上しつつMUD本来の回ったときの強さを失わない高い完成度です」

TTW:「MUDは序盤の拘束力を追求することはあっても、安定性を追求するということは中々ないので優れた視点だと思います」

フォー次郎:「確かにドロー操作がないデッキで如何に安定性を確保するかは結構重要な課題やからなぁ」

フォー次郎:「特にレガシーのような強力なドロースペルが使える環境だと差がつきやすいし無視できない問題だしね」

TTW:「またMUD Postのように制圧力の高いカードが多く入ったデッキでは純粋にマナの量を重視して《スランの発電機/Thran Dynamo》を採用しているのもデッキの特徴をよく捉えています」

フォー次郎:「ふむふむ」

TTW:「そして妨害系アーティファクトの選択も優れています。OmnitellとDelverが多いときは土地とクリーチャーの両方を縛ることが出来る《からみつく鉄線/Tangle Wire》が入っていました」

フォー次郎:「優れたメタゲーム対策やね。KMCITのように出場者が分かっている大会では手強そう」

TTW:「はい。KMCITに向けて何かしら対策をしてくると思います」

TTW:「当日のデッキリストが楽しみです」




kmcit6th_Tanaka.jpg

Tanaka Takehiro(12ポイント)

今期の成績:第50回KMC準優勝、第48回KMC8位

得意なデッキ:Omnitell、SnT、Reanimator

人物紹介


TTW:「Ku'zから二人目の出場者タナカさんです」

フォー次郎:「彼爽やかだよね」

TTW:「ええ。礼義正しくて紳士的な方ですね」

フォー次郎:「彼がリーダー的存在なの?」

TTW:「特に誰がリーダーという方はいないように思えますがタナカさんの回りにまとまっていることが多いですね」

フォー次郎:「ほうほう」

TTW:「しっかりした方なのは間違いないです。一度タナカさんが運営リーダーのときにKu`zのイベントに参加したことがあるのですがスムーズな運営で1日楽しめました」

フォー次郎:「Ku`zいろいろやってるな」

TTW:「そうそう。Ku`zのサイトにはコラムも掲載されていますよ」

フォー次郎:「マジで!?」

TTW:「タナカさんのコラムもありますよ」

フォー次郎:「読も読も」

TTW:「レガシーのコラムもあるので是非」



フォー次郎:「タナカさんと言えばコンボデッキだけど今期は何を使っていたの?」

TTW:「今期はもっぱらSnTですね。私もエムラクールに殴られました」

フォー次郎:「それ負けてんじゃん」

TTW:「負けましたが何か?」

フォー次郎:「お、おう。しかしフクドメがコンボから乗り換えたと思ったらまた新しいコンボプレイヤーが出てきたなぁ。これは一筋縄ではいかない予感が…」

TTW:「ポイントレースごとにメタゲームが変わるのがKMCITの難しいところであり、楽しいところでもありますね」

フォー次郎:「何にせよ負けてられん!」





フォー次郎:「………ところで」

TTW:「はい?」

フォー次郎:「この写真どういう状況なの?」

TTW:「ANTに黒指定の《エメリアの盾、イオナ/Iona, Shield of Emeria》を釣ったら《蒸気の連鎖/Chain of Vapor》くらって負けたシーンです」

フォー次郎:「何故そのシーンをプロフィール写真に選んだ(笑)」




other_01.jpg
(*写真提供:CARDSHOP蒼猫亭様、3月28日開催「蒼猫亭主催GPT京都」より)

Nishimura Tatsuya(11ポイント)

今期の成績:第50回KMC4位、第49回KMC優勝

得意なデッキ:Grixis Delver、Miracle

人物紹介


TTW:「続きましては2度目2連続の出場となるニシムラさんです」

フォー次郎:「なんだかんだそつなく勝つなぁ」

TTW:「今回は参加回数が少ないのにきったりKMCIT出場を決めているあたり勝負強さが出ていますね」

フォー次郎:「実はニシムラくんのMiracleと相性が悪い」

TTW:「以前よく負ける言ってましたね」

フォー次郎:「普通に上手いのと勝負どころでちゃんと持ってるのがきつい」

TTW:「プレイングしっかりしてますからね」

TTW:「しかし、今期はどっちのデッキで出てくるかわかりませんね」

フォー次郎:「普通に考えれば優勝したMiracleだけど、直近の大会ではGrixis Delverで入賞しているしなぁ…」

TTW:「正直読めないです」

フォー次郎:「ニシムラくんのデッキ選択次第でKMCITのメタゲームの流れがガラッと変わりそうだ」

TTW:「自力があるので他のデッキも使えそうですし難しいところです」



▽このプレイヤーの関連記事
49thKMC動画






GuruKMC07.jpg


Fujimoto Youzou(10ポイント)

今期の成績:KMC協賛 グルランド「島」レガシー 準優勝、第49回KMC4位

得意なデッキ:Grixis Delver

人物紹介


TTW:「次は二人目となるGrixis Delverの乗り手、フジモトさんです」

フォー次郎:「出場納得の実力者」

フォー次郎:「たしかKMCと外の大会でもよく勝っているんだよね?」

TTW:「はい。BMO Legacy TOP8に、最近ではGP神戸のサイドイベント『KMC協賛 グルランド「島」レガシー』でもTOP8に残っています」

フォー次郎:「大きい大会に強いわけだ」

TTW:「ええ。正直今回のKMCITでフジモトさんが優勝しても驚きません。それぐらい強い方です」

フォー次郎:「なるほど」

TTW:「それとフジモトさんを語る上で外せないのはご兄弟の存在です」

フォー次郎:「兄弟がいるの?」

TTW:「はい。3兄弟で兄が二人いるのですが、なんと全員MTGやっているのですよね」

フォー次郎:「珍しい!!」

TTW:「しかも皆さん強いです。『KMC協賛 グルランド「島」レガシー』でも兄弟でTOP8に残っています」

フォー次郎:「それは凄い」

TTW:「正直、身近に調整相手がいるのは羨ましいです」

フォー次郎:「それが強い人なら尚更やね」

TTW:「はい。上のお兄さんも同じデッキを使っているので意見交換もしやすいのでバッチリです」

フォー次郎:「完璧だ(笑)」




kmcit6th_Mizuguchi.jpeg

Mizuguchi Kiyoshi(10ポイント)

今期の成績:Eternal Party 2015 TOP4、第52回KMC優勝

得意なデッキ:Grixis Delver

人物紹介


TTW:「この紹介文はバウンスされました」

フォー次郎:「《波止場の用心棒/Waterfront Bouncer》かよ」

kmcit6th_other01.jpeg

TTW:「………」

フォー次郎:「えっ、終わり?」

TTW:「えー、続きましては」

フォー次郎:「待てや」



TTW:「分かりましたよ。真面目に紹介します」

TTW:「ミズグチさんは『仏』の愛称で親しまれるプレイヤーです。人柄もとても穏やかな方で所属するコミュニティ『布団會』の皆さんにも慕われています」

huton_01.jpg
(大阪布団會)

TTW:「アグロなデッキを好んで使用する方です。Burn、Goblin、RUG Delver、Grixis Delverなどを使っています」

TTW:「今期は特にGrixis Delverを使っています」

フォー次郎:「KMCのGrixis Delverと言えばミズグチ、ムネさん、フジモトさんの三人のイメージが強いね」

TTW:「ええ。2015年下半期ポイントレースはイデウエさんとタナカさんがSnTで奇跡を狩る。そしてミズグチさんはコンボを戒める立ち位置としてメタゲームに君臨していました」

TTW:「そして下半期の成績は素晴らしいの一言に尽きますね。第52回KMCでは優勝、『Eternal Party 2015』では3位と目覚ましい成績です」

フォー次郎:「最近本当に強い!」

フォー次郎:「KMCIT出場経験も複数ありで、KMCIT1stと2ndではTOP4とこれは間違いなく優勝候補やね」

TTW:「ええ。今度こそ優勝なるか楽しみです」



▽このプレイヤーの関連記事
Eternal Party 2015 bye2プレイヤーインタビュー 水口 清志
Eternal Party 2015 ROUND5 福留友(大阪) vs 水口清志(大阪)





タムラシゲユキ

Tamura Shigeyuki(10ポイント)

今期の成績:第53回KMC7位、第51回KMC5位

得意なデッキ:Deadguy Ale

人物紹介


TTW:「次にご紹介するのはタムラさんです」

フォー次郎:「タムラさんも皆勤とまではいかなくても出場回数多いよね」

TTW:「ええ、1stと4thを除く全てのKMCITに参加していまるので4回目となるはずです」

フォー次郎:「1stのポイントレースの頃はまだKMCに参加していなかったはずだから、通い始めてからほぼ毎回KMCIT出場を決めているわけか」

TTW:「何気に凄いことですよね」

フォー次郎:「しかもタムラさんの場合は白黒というレガシーでもメジャーではないカラーリングで勝ち続けているからなぁ」

TTW:「決してメタゲームに食い込むような強力なアーキタイプではありませんが安定して勝てるのはやり込みの成果でしょう」

フォー次郎:「今シーズンはDeadguy Aleというより白黒ポックスに変わっていたけどそれでも優秀な成績を残しているよね」

TTW:「おそらく白黒という色が好きなのでしょう」

フォー次郎:「典型的な職人系プレイヤーだ」

TTW:「そして、ただ経験があるだけではなく戦術も卓越しています」

フォー次郎:「自分の有利な土俵に相手を引きずり込むのが上手いよね」

TTW:「ええ。タムラさんと対戦していると気がついたら『あれ?これやばいんじゃ?』ってなっているときがあります」

フォー次郎:「戦巧者なんやね」

TTW:「はい。KMCITでも是非優勝して欲しいです」



▽このプレイヤーの関連記事
第45回KMC動画






kmcit6th_Banba.jpeg

Banba Taiki(9ポイント)

今期の成績:Eternal Party2015優勝

得意なデッキ:ANT、Domain Zoo

人物紹介


TTW:「まずは」

フォー次郎:「うん」

フォー次郎&TTW:「Eternal Party2015優勝おめでとうございます!!」


フォー次郎:「まあ、今期最大の戦果だよね」

TTW:「本人によるとKMCでは一度もTOP8に残れなかったそうですが最後の最後で決めてきました」

フォー次郎:「決勝は狂気の勝負に出て勝ったあたりここ一番の勝負強さはトップクラス」

TTW:「KMCITも期待できそうです」



フォー次郎:「ところでさ」

TTW:「はい」

フォー次郎:「つっこんだ方がいいのか迷ったけど」

TTW:「はい」

フォー次郎:「写真は何してんの?」

TTW:「魔貫○殺砲で吹っ飛んでいます」

フォー次郎:「おい、エタパチャンプやられているぞ」

TTW:「いいんじゃないですか?」

フォー次郎:「軽っ!」

TTW:「まあ、こんなお茶目なこともやる方だということで」

TTW:「気さくで明るい方なのですが、実は結構思慮深い方でもあります」

フォー次郎:「ほうほう。まあ、ANTは難しいデッキだからしっかり考えないときつそう」

TTW:「それもありますが人間関係もしっかり考えている方です。他の人のフォローに回っているところをよく見ます」

TTW:「何気ないふとした気遣いができる出来る人です」

TTW:「イデウエさんもそうですが初めての運営で撤収前にふっとお茶を差し入れてくれたときはちょっと感動しました」

フォー次郎:「ええ話や」

TTW:「それとアダチさんのフォロー」

フォー次郎:「結局奴か!!」



▽このプレイヤーの関連記事
Eternal Party 2015 準々決勝 馬場 大樹(大阪)vs堀 雅貴(大阪)
Eternal Party'2015 Final Movie
Eternal Party 2015 決勝戦 馬場大樹(大阪) vs 福留友(大阪)
【Deck Tech】 Eternal Party 2015 優勝者 馬場大樹のANT





kmcit6th_Hori.jpeg

Hori Masataka(9ポイント)

今期の成績:Eternal Party 2015 TOP8、第48回KMC7位

得意なデッキ:Lands

人物紹介


TTW:「さあさあ、プレイヤー紹介も佳境に入ってきました」

フォー次郎:「次はホリくんだね」

TTW:「はい。KMCの土地単といえばこの方」

フォー次郎:「それとタキサカさんやね」

TTW:「お二人とも同じデッキを使っているということで調整結果を共有してますね」

フォー次郎:「そうそう。そしてホリくんの調整といえばこのカード」

kmcit6th_other02.jpg

TTW:「《幽霊街/Ghost Quarter》ですね」

フォー次郎:「《不毛の大地/Wasteland》から逃れようと基本地形を持ってきた相手を追い詰めるこのカード」

TTW:「ロック戦略が徹底されていますよね」

フォー次郎:「ここまでされると流石にきつい」

TTW:「Eternal Party 準々決勝でも活躍していました」

フォー次郎:「《幽霊街/Ghost Quarter》に限らずホリくんのデッキは研究の結果が随所に見られる。油断ならない相手」

TTW:「本人もLands全一を目指すと言ってましたし、凄い熱意です」

TTW:「KMCITではどんな調整をしてくるのでしょうか」



▽このプレイヤーの関連記事
Eternal Party 2015 準々決勝 馬場 大樹(大阪)vs堀 雅貴(大阪)
第44回KMC動画





kmcit6th_Yamashita.jpg

Yamashita Taiki(9ポイント)

今期の成績:第52回KMC6位

得意なデッキ:Death&Taxes

人物紹介




TTW:「3人目のKu`zはヤマシタさんです」

フォー次郎:「今回Ku`z多いな!」

TTW:「大躍進ですね」

フォー次郎:「次こそKMCITにメンバーを送り込むと言ったのは本当だったわけだ」

TTW:「実力のあるコミュニティなので誰か入ってくるとは思っていましたがこんなにたくさん出場者が出るとは思いませんでした」

フォー次郎:「ヤマシタさんはデスタクを使っているのだよね?」

TTW:「はい。先シーズンからずっとデスタクです」

フォー次郎:「Ku`zはみんな別々のデッキ使っていて面白いな。出場した三人とも違うデッキだし」

TTW:「それでいてみんな結果を残せるのは流石です」

フォー次郎:「うん。コミュニティのレベルが高い」

TTW:「そしてヤマシタさんはKu`zのムードメーカーでもあります」

フォー次郎:「確かに『お、あそこ楽しそうにしているな』と思って見たら大体ヤマシタさんがいる(笑)」

TTW:「いないと違和感感じますからね」

フォー次郎:「グループ内に一人は必要なタイプの人だね」




kmcit6th_AdachiJPG.jpg

Adachi Ryosuke(8ポイント)

今期の成績:第49回KMC6位

得意なデッキ:Pox

人物紹介


フォー次郎:「出た!暗黒皇帝」

TTW:「KMCのマスコットキャラ(非公認)アダチさんです」

フォー次郎:「この人もしぶとく残るよなぁ」

TTW:「なんだかんだ強い人です」

フォー次郎:「で、写真は何してんの?」

TTW:「黒オースらしいです」

フォー次郎:「黒オースって『ゲートウォッチの誓い』の誓いサイクル?」

TTW:「そうです」

フォー次郎:「黒に誓いはなかったよね…?」

TTW:「はい。『アヴァシンの帰還』に続いてまた黒だけハブられたのが不満だそうです」

フォー次郎:「ストーリー的に仕方なくない?」

フォー次郎:「まあ、強化パーツが1枚減ったように見えるから気持ちはわかるけど…」

TTW:「レアの枚数は各色均等なんですけどね」

フォー次郎:「感情的には納得いかなかったわけか」

TTW:「そしたら『俺自身が誓いになることだ』と言い始めて」

フォー次郎:「その結果がこれか」

TTW:「これにはグループのメンバーも苦笑いでした」

fnl_01.jpg
(グループの皆さん)

フォー次郎:「で、効果は決まってるの?」

TTW:「決まってません」

フォー次郎:「決めとけよ!」



▽このプレイヤーの関連記事
これからの「悪疫」の話をしよう -前編-
これからの「悪疫」の話をしよう -後編-
冥界舞踏編への誘い
エターナルWトライアル 八尾 俊佑(兵庫県)vs足立 了亮(京都)
Friday Night Legacy Round2 Niwa Takahiro(Mono White control)vsAdachi Ryosuke(Pox)
第38回KMC動画





kmcit6th_Nakatsuka.jpeg

Nakatsuka Tomoaki(8ポイント)

今期の成績:第51回KMC4位

得意なデッキ:Dark Maverick

人物紹介


TTW:「最後にご紹介するのはナカツカさんです」

TTW:「最後のKMCで出場に必要なポイントを1点稼いで滑り込みました」

フォー次郎:「ぎりぎりだ」

TTW:「ですが、出場してしまえば勝ちです」

フォー次郎:「そうだね。今期はどんなデッキを使っていたの?」

TTW:「Dark Maverickです。元々クリーチャーが好きな人なので愛用しています」

フォー次郎:「確かにコンバットしているときは幸せそう(笑)」

TTW:「妨害も出来るビートダウンなのでコンボデッキとも戦える良いデッキ選択です」

フォー次郎:「プレイヤーの他にもライターとしても活躍しているよね?」

TTW:「はい。KMCでは『chun』のペンネームで戦略記事を書いてます」

TTW:「ただ、勝つということだけではなく如何にレガシーを楽しむかにも視点を当てているので是非下の関連記事からご一読ください」

フォー次郎:「そういえば前回のKMCITの布団會の紹介もchunさんだったね」

huton_01.jpg

KMCIT5th 出場者&グループ紹介

TTW:「前回は紹介する側だったchunさんが今回は自身が布団會のために栄光をもぎ取りに参戦しました」

フォー次郎:「chun先生の勇気がKMCを救うと信じて」

TTW:「ご愛読ありがとうございました」



▽このプレイヤーの関連記事
【コラム】ただレガシーを楽しむということ
カードの力を100%以上引き出す
【コラム】ひとつのデッキを使い続ける
【コラム】知識の蓄積は力になる
【コラム】スタックを確認する#前編
【コラム】<番外編>あまり当たらないデッキこそ知ろう~エンチャントレス編~

負けを認める
【コラム】スタックを理解する




企画:ストーンフォー次郎、TTW
文:TTW


カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

新たなるレガシーFNM!

いつもお世話になっております!

今日は、試みとしてレガシーFNMを開催してくださることとなった店舗様をご紹介したく、告知をさせていただくこととなりました!

その店舗様は、「にじいろくじら」様!

大阪市営地下鉄、御堂筋「あびこ駅」から徒歩7分の店舗様で、FNMの開始時間は、なんと20時半!!

20時半開始のFNMとか、社会人には嬉しすぎます!
その後のフリープレイなどで白熱してしまっても、始発まで営業なので安心してください!
しかも、ここのジャッジは、日本のマジックシーンを支えて下さっているスペシャルな方です!

これはもう参加するしかない!
皆様のご参加を心よりお待ちしております!
にじくじFNMレガシー
日程:1月8日(金)
開始:20:30
参加費:500円
フォーマット:レガシー

にじいろくじら
http://kujira.f-o-r.net
大阪府大阪市住吉区苅田3-10-30-102
06-6693-1300
カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

EternalPartyカバレージ移管!と、新年一発目のKMC告知!

あけましておめでとうございます!
旧年はお世話になりました!
今年もよろしくお願いいたします!

昨年12月27日に行われました「Eternal Party'2015」のカバレージを、KMCサイトにて掲載させていただいておりましたが、その全てをEternalParty公式サイトに移管させていただきました!
カバレージをまだ読んでいない方、もう一度見返したい方は、是非EternalParty公式サイトへお越し下さい!
KMCサイトの下部リンク部分にて、Eternal Party公式サイトへのリンクを貼り付けております。

Eternal Party公式サイト
http://mtgkmc.web.fc2.com/etp.html


また、新年一発目のKMCは、1月16日に行われるKMCインビテーショナル(以下、KMCIT)です!
KMCIT本戦自体は、招待制の無料イベントとなっておりますが、サイドイベントとして通常のレガシーイベントも開催されます!
是非みなさまご来場ください!

第6回KMCインビテーショナル!
http://mtgkmc.blog.fc2.com/blog-entry-349.html

KMCIT併催レガシー

日程:1月16日(土)
フォーマット:レガシー
参加費:1000円
受付:13:15
定員:128名

■会場
浪速区民センター

大阪市浪速区稲荷2丁目4番3号

■アクセス
地下鉄千日前線「桜川駅」 徒歩7分
(7番出口からなにわ筋を南へ約300メートル西側)

■備考
KMCポイントは付与されません。予めご了承ください。

WPN主催店舗:BigMagicなんば店

カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

Eternal Party2015 カバレージ

カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

Blog

KMCITポイントレース

○ ポイントレースについて

SEED Hadara Danpei

8 Hori Masataka
7 Yamanaka Kousuke
6 Doi Satsuki
6 Ishii Takuya
6 Kanbara Hokuto
6 Sekimoto Tatsuo
6 Yamada Mituhiro
5 Hayashibara Kazuki
5 Naoya Kawakami
5 Kodaira Syouta
5 Naota Kagotani
5 Yanagisawa Yuta
【更に見る】

コミュニティ戦ランキング

18 コストオーバー
13 Dread of Knights
12 ちびマルイちゃん
12 MTG With プロゲーマー
12 コダイラが来る Second Season
10 どつきまわしたれ本舗
10 Traiad Primus
9 Stronger Kanbara
8 ヒゲと愉快な仲間たち
6 ヒロイン特撮研究所
6 ノーエムラさべ太郎

TOP8DeckList

MOVIE

コラム

○ Eternal Party2017 カバレージNew!
○ MMM Finals 2017参加レポートNew!
○ 関西のエターナル事情(レガシー&モダン)New!
○ EternalParty2017の事前予約迫る!!賞品も決定!!

【過去の記事を読む】

twitter

WPN主催店舗について

KMCが運営するイベントは、一部の例外を除き、BIGMAGICなんば店にて主催されております。
検索フォーム
最新コメント
カウンター
管理用

Appendix