KMC Schedule
127th KMC
7月5日(Sun)
受付:13:30
開始:14:00
参加費:1000円
フォーマット:Legacy
定員:100名
会場:福島区民センター
最寄り駅:地下鉄千日前線「野田阪神駅」徒歩7分

[[今後の予定を更に見る]]

関西レガシーカレンダー(間違っていても責任は負いません。)
第126回KMC決勝戦動画

KMCIT7th 準優勝 Niwa Hotaka vs Omonishi Koujirou

KMCIT7th 準優勝 Niwa Hotaka(URg Control) vs Omonishi Koujirou(Esper Stoneblade)

KMCIT7th_01.jpg

集った19人の猛者たちも4人まで絞り込まれた。残ったのはOmonishi、Morishima、Mizuguchi、Niwaの4名。ここまで激戦の連続だったが、4人の表情には歓喜が満ちている。

そして残り2戦、KMCIT7thの王座を目指してそれぞれの戦場へと向かう。
この記事ではその一つ、 Niwa HotakaとOmonishi Koujirouの対戦の様子をお送りする。


KMCIT7th_02.jpg

OmonishiはKMCIT1stの優勝者、これまで何度もKMCITに出場したまごうことなき強者だ。前人未到の2度のKMCIT優勝を目指してここまでやってきた。対するNiwaも負けていない。彼もKMCITに出場した回数はOmonishiに引けをとっていない。彼にとって初の戴冠まで残り2勝。その前に立ちはだかる相手が初代王者なのは運命だろうか?

Game1
7枚の手札をキープした両者。先手はスイスラウンド上位のOmonishiだ。
戦いの口火を切るのはOmonishiの《思案》。3枚見て順番を並び替えてドロー。
後手のNIwaは《沸騰する小湖》を置いてエンドする静かな立ち上がり。

KMCIT7th_03.jpg
(Omonishi Koujirou)

Omonishiは3ターン目に《未練ある魂》で攻める。
Niwaは焦らずエンド前に2枚のフェッチランドを起動して《罰する火》でスピリット・トークンを1体始末する。さらに自分のターンに《真の名の宿敵》をプレイして反撃する。
これに危険を察知したOmonishiは間髪いれず《意志の力》で打ち消す。

Omonishiは前のターンから生き残っているスピリット・トークンの片割れでアタックしてNiwaのライフは17点にする。さらに、第2メインフェイズにOmonishiは2枚目の《未練ある魂》唱えて戦線を拡大する。これで墓地には2枚の《未練ある魂》があり、しばらくOmonishiの戦力は尽きることがなさそうだ。だが、あまりゆっくりもしていられない。何故ならNiwaの墓地には《罰する火》があり、Niwaが《燃え柳の木立》をトップデッキした瞬間に殲滅戦が始まってしまう。

Niwaは2枚目の《罰する火》をターン終了時に唱えてスピリット・トークンを1体減らす。これで、Omonishiの場にスピリット・トークンは2体だけになる。

だが、Omonishiの攻撃の手は緩まない。次のターンには2枚の《未練ある魂》をフラッシュバックさせる。その内1枚はNiwaの《呪文貫き》によって打ち消されるが都合4体の1/1飛行が並ぶ。Omonishiは召喚酔いしていない2体のトークンを攻撃に向かわせNiwaのライフを15点まで削る。

次のターンにNiwaがセットした4枚目の土地は《燃え柳の木立》!
Omonishiは4体のトークンを突撃させるが1体が焼かれ3点ダメージ。しかし、Niwaのライフは12点とまだまだ遠い。時間のなくなったOmonishiは5マナを払い《殴打頭蓋》を戦場に送り込む。ここからは時間との勝負だ。

KMCIT_04.jpg
(Niwa Hotaka)

だが、Niwaの方も苦しい。土地が4枚でストップしてしまったため思うように《罰する火》を回すことができない。それでも次のOmonishiの戦闘フェイズ中に《稲妻》2枚でスピリット・トークン2体を除去し、ついにスピリット・トークンを全滅させる。だが、《殴打頭蓋》のアタックが通ってしまい残りライフ8点。ここまで《殴打頭蓋》の細菌・トークンを除去しようとしなかったNiwaの意図はおそらく《ダグ・フェイデン》による逆転を狙ったものだろう。仮に引けなくとも、5枚目の土地が引き込めれば2枚の《罰する火》によって細菌・トークンを焼くこともできる。追い詰められても冷静に逆転の1手を見据えるNiwa。プレイングは勿論、胆力も凄まじい。

ターンとの勝負のOmonishi。
ライフとの勝負のNiwa。
それぞれにタイムリミットが突きつけられる。

一方、戦闘フェイズを終えたOmonishi。残り8点をどう削るつもりなのか。戦場にクリーチャーが欲しいOmonishiは第2メインフェイズに《瞬唱の魔道士》を唱え、墓地から《思案》をフラッシュバック。さらに《梅澤の十手》を場に出して細菌・トークンに装備してターンエンド。

次のドローでも土地が来ないNiwa。土地を求め《思案》を唱えるがシャッフルからのドローでも土地を引き込むことができない。

Omonishiは《殴打頭蓋》と《梅澤の十手》が装備された細菌・トークンと《瞬唱の魔道士》を突っ込ませるが、《瞬唱の魔道士》は《罰する火》で除去される。だが、細菌・トークンのアタックが通りNiwaのライフは4点に。さらに《梅澤の十手》にカウンターが乗り細菌・トークンは容易に除去されない状態になる。

そしてOmonishiは追撃となる《黄金牙、タシグル》!
これがとどめとなった。

Niwa 0-1 Omonishi


Game2
Game1と同じく両者7枚でキープを決めた。
Niwaの立ち上がりは《渦まく知識》。2ターン目の自分のメインフェイズで唱えるが、なんと土地が1枚も来ない。

その隙に《石鍛冶の神秘家》を通したOmonishiは《殴打頭蓋》をサーチ。

次のターン、Niwaはディスカードするしかない。そして終了ステップ中に《殴打頭蓋》が現れる。

4ターン目にもう一度《石鍛冶の神秘家》を起動するOmonishi。《梅澤の十手》を場に出し細菌・トークンに装備する。これで一気にダメージが加速した。

結局、Niwaはゲームが終了するまで2枚目の土地を引くことができなかった。

Niwa 0-2 Omonishi

Omonishi WIn!
スポンサーサイト



カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

7th KMC Invitational Final Movie

7th KMCIT決勝戦Game1動画


7th KMCIT決勝戦Game2動画


7th KMCIT決勝戦Game3動画


カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

7th KMC Invitational 特設ページ



KMCIT7th_Omonishi.jpg

第7回KMCインビテーショナル優勝はOmonishi Kojiroさんでした。
おめでとうございます!!


KMCIT7th_01.jpg

▽開催案内
第7回KMCインビテーショナル!


▽全出場選手紹介
KMCIT7th プレイヤー紹介


▽KMCITの軌跡
KMCIT6th
KMCIT5th
KMCIT4th
KMCIT3rd
KMCIT2nd
KMCIT1st


▽観戦記事
準決勝KMCIT7th 準優勝 Niwa Hotaka(URg Control) vs Omonishi Koujirou(Esper Stoneblade)


▽ビデオカバレージ
決勝7th KMCIT Final Movie


▽All Players Deck List
7th KMCIT All Players Deck List


▽KMCIT併催レガシーTOP8 Deck List
KMCIT併催レガシー TOP8 Deck List
カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

KMCIT Side Event Legacy Top8 DeckList

KMCIT Side Event Legacy

2016.6.4
29 Players
5 Swiss Draw + 2 SE

KMCIT Side Event Legacy Top8 DeckList

1st Place
Player Name:Kusakabe Kyohei
Deck Name:
Deck Designer:


Main
4 《死儀礼のシャーマン/Deathrite Shaman》
4 《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets》
4 《タルモゴイフ/Tarmogoyf》
1 《グルマグのアンコウ/Gurmag Angler》
4 《渦まく知識/Brainstorm》
4 《思案/Ponder》
4 《稲妻/Lightning Bolt》
4 《目くらまし/Daze》
4 《Force of Will》
3 《もみ消し/Stifle》
3 《突然の衰微/Abrupt Decay》
2 《呪文貫き/Spell Pierce》
4 《不毛の大地/Wasteland》
3 《汚染された三角州/Polluted Delta》
3 《霧深い雨林/Misty Rainforest》
3 《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
2 《Underground Sea》
2 《Tropical Island》
2 《Volcanic Island》

Side
2 《紅蓮破/Pyroblast》
2 《ゴルガリの魔除け/Golgari Charm》
2 《外科的摘出/Surgical Extraction》
1 《狼狽の嵐/Flusterstorm》
1 《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》
1 《真の名の宿敵/True-Name Nemesis》
1 《森の知恵/Sylvan Library》
1 《無のロッド/Null Rod》
1 《二股の稲妻/Forked Bolt》
1 《古えの遺恨/Ancient Grudge》
1 《苦い真理/Painful Truths》
1 《残忍な切断/Murderous Cut》


2nd Place
Player Name:Sakamoto Masafumi
Deck Name:ばぐかすけぇど
Deck Designer:Sakamoto Masafumi


Main
4 《死儀礼のシャーマン/Deathrite Shaman》
4 《タルモゴイフ/Tarmogoyf》
4 《断片無き工作員/Shardless Agent》
2 《悪意の大梟/Baleful Strix》
4 《祖先の幻視/Ancestral Vision》
4 《渦まく知識/Brainstorm》
4 《突然の衰微/Abrupt Decay》
4 《Force of Will》
3 《Hymn to Tourach》
1 《見栄え損ない/Disfigure》
1 《毒の濁流/Toxic Deluge》
1 《大渦の脈動/Maelstrom Pulse》
2 《ヴェールのリリアナ/Liliana of the Veil》
1 《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》
4 《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》
3 《汚染された三角州/Polluted Delta》
1 《霧深い雨林/Misty Rainforest》
3 《Underground Sea》
2 《Tropical Island》
2 《Bayou》
2 《不毛の大地/Wasteland》
2 《忍び寄るタール坑/Creeping Tar Pit》
1 《森/Forest》
1 《沼/Swamp》

Side
2 《虚空の力線/Leyline of the Void》
2 《思考囲い/Thoughtseize》
2 《狼狽の嵐/Flusterstorm》
1 《真髄の針/Pithing Needle》
1 《虐殺/Massacre》
1 《見栄え損ない/Disfigure》
1 《クローサの掌握/Krosan Grip》
1 《仕組まれた疫病/Engineered Plague》
1 《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》
1 《墓掘りの檻/Grafdigger's Cage》
1 《外科的摘出/Surgical Extraction》
1 《ゴルガリの魔除け/Golgari Charm》


3rd Place
Player Name:Nishikawa Seigo
Deck Name:トリコミラクル
Deck Designer:


Main
3 《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》
4 《渦まく知識/Brainstorm》
4 《思案/Ponder》
4 《剣を鍬に/Swords to Plowshares》
4 《Force of Will》
4 《終末/Terminus》
2 《天使への願い/Entreat the Angels》
2 《対抗呪文/Counterspell》
1 《議会の採決/Council's Judgment》
4 《相殺/Counterbalance》
4 《師範の占い独楽/Sensei's Divining Top》
3 《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》
4 《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
4 《汚染された三角州/Polluted Delta》
1 《乾燥台地/Arid Mesa》
3 《Tundra》
3 《Volcanic Island》
4 《島/Island》
2 《平地/Plains》

Side
2 《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》
2 《狼狽の嵐/Flusterstorm》
2 《赤霊破/Red Elemental Blast》
2 《外科的摘出/Surgical Extraction》
2 《摩耗+損耗/Wear+Tear》
1 《紅蓮破/Pyroblast》
1 《基本に帰れ/Back to Basics》
1 《Moat》
1 《遍歴の騎士、エルズペス/Elspeth, Knight-Errant》


4th Place
Player Name:Shibata Masataka
Deck Name:イデニキリスペクト
Deck Designer:2ヶ月前のイデウエさん


Main
4 《グリセルブランド/Griselbrand》
3 《引き裂かれし永劫、エムラクール/Emrakul, the Aeons Torn》
4 《実物提示教育/Show and Tell》
4 《騙し討ち/Sneak Attack》
4 《渦まく知識/Brainstorm》
4 《思案/Ponder》
2 《ギタクシア派の調査/Gitaxian Probe》
2 《呪文貫き/Spell Pierce》
2 《狼狽の嵐/Flusterstorm》
4 《Force of Will》
4 《水蓮の花びら/Lotus Petal》
3 《師範の占い独楽/Sensei's Divining Top》
1 《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》
4 《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
4 《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
2 《裏切り者の都/City of Traitors》
2 《古えの墳墓/Ancient Tomb》
2 《Volcanic Island》
1 《Tundra》
3 《島/Island》
1 《山/Mountain》

Side
3 《僧院の導師/Monastery Mentor》
2 《渋面の溶岩使い/Grim Lavamancer》
2 《突然のショック/Sudden Shock》
2 《紅蓮地獄/Pyroclasm》
1 《墓掘りの檻/Grafdigger's Cage》
1 《呪文貫き/Spell Pierce》
1 《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》
1 《摩耗+損耗/Wear+Tear》
1 《魂の洞窟/Cavern of Souls》
1 《拭い捨て/Wipe Away》


5th Place
Player Name:Maehara Kouichi
Deck Name:Cloud note
Deck Designer:前原 向一


Main
4 《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》
4 《粗石の魔道士/Trinket Mage》
3 《Phyrexian Dreadnought》
1 《渋面の溶岩使い/Grim Lavamancer》
4 《渦まく知識/Brainstorm》
4 《もみ消し/Stifle》
4 《稲妻/Lightning Bolt》
4 《Force of Will》
3 《雲変化/Cloudform》
2 《呪文嵌め/Spell Snare》
1 《呪文貫き/Spell Pierce》
1 《師範の占い独楽/Sensei's Divining Top》
1 《真髄の針/Pithing Needle》
1 《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》
1 《呪われた巻物/Cursed Scroll》
4 《不毛の大地/Wasteland》
4 《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
2 《霧深い雨林/Misty Rainforest》
2 《魂の洞窟/Cavern of Souls》
2 《アカデミーの廃墟/Academy Ruins》
1 《教議会の座席/Seat of the Synod》
2 《Tundra》
2 《Volcanic Island》
2 《島/Island》
1 《山/Mountain》

Side
2 《紅蓮破/Pyroblast》
1 《真髄の針/Pithing Needle》
1 《狼狽の嵐/Flusterstorm》
1 《侵襲手術/Invasive Surgery》
1 《トーモッドの墓所/Tormod's Crypt》
1 《誤った指図/Misdirection》
1 《嵐の神、ケラノス/Keranos, God of Storms》
1 《渋面の溶岩使い/Grim Lavamancer》
1 《摩耗+損耗/Wear+Tear》
1 《粉々/Smash to Smithereens》
1 《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》
1 《外科的摘出/Surgical Extraction》
1 《残響する真実/Echoing Truth》
1 《焦熱の合流点/Fiery Confluence》


6th Place
Player Name:Hamada Yuuki
Deck Name:4cデルバー
Deck Designer:


Main
4 《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets》
4 《死儀礼のシャーマン/Deathrite Shaman》
3 《若き紅蓮術士/Young Pyromancer》
2 《グルマグのアンコウ/Gurmag Angler》
2 《渋面の溶岩使い/Grim Lavamancer》
4 《渦まく知識/Brainstorm》
4 《思案/Ponder》
4 《稲妻/Lightning Bolt》
4 《もみ消し/Stifle》
4 《目くらまし/Daze》
4 《Force of Will》
2 《突然の衰微/Abrupt Decay》
2 《占骨術/Skeletal Scrying》
4 《不毛の大地/Wasteland》
4 《汚染された三角州/Polluted Delta》
3 《霧深い雨林/Misty Rainforest》
2 《Underground Sea》
2 《Volcanic Island》
1 《Tropical Island》
1 《Bayou》

Side
3 《赤霊破/Red Elemental Blast》
2 《突然の衰微/Abrupt Decay》
2 《真髄の針/Pithing Needle》
2 《狼狽の嵐/Flusterstorm》
1 《墓掘りの檻/Grafdigger's Cage》
1 《外科的摘出/Surgical Extraction》
1 《古えの遺恨/Ancient Grudge》
1 《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》
1 《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》
1 《罠の橋/Ensnaring Bridge》
1 《真の名の宿敵/True-Name Nemesis》


7th Place
Player Name:Niwa Takahiro
Deck Name:BG Depths
Deck Designer:Niwa Takahiro


Main
4 《死儀礼のシャーマン/Deathrite Shaman》
4 《タルモゴイフ/Tarmogoyf》
3 《闇の腹心/Dark Confidant》
2 《吸血鬼の呪詛術士/Vampire Hexmage》
2 《ゲトの血の長、カリタス/Kalitas, Bloodchief of Ghet》
4 《思考囲い/Thoughtseize》
4 《Hymn to Tourach》
3 《突然の衰微/Abrupt Decay》
3 《生ける願い/Living Wish》
2 《コジレックの審問/Inquisition of Kozilek》
2 《大渦の脈動/Maelstrom Pulse》
1 《森の知恵/Sylvan Library》
3 《ヴェールのリリアナ/Liliana of the Veil》
4 《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》
4 《Bayou》
3 《不毛の大地/Wasteland》
3 《ヨーグモスの墳墓、アーボーグ/Urborg, Tomb of Yawgmoth》
2 《暗黒の深部/Dark Depths》
2 《演劇の舞台/Thespian's Stage》
3 《沼/Swamp》
2 《森/Forest》

Side
2 《根絶/Extirpate》
2 《窒息/Choke》
1 《吸血鬼の呪詛術士/Vampire Hexmage》
1 《叫び大口/Shriekmaw》
1 《毒の濁流/Toxic Deluge》
1 《破滅的な行為/Pernicious Deed》
1 《蜘蛛の襲来/Arachnogenesis》
1 《精神染み/Stain the Mind》
1 《Karakas》
1 《暗黒の深部/Dark Depths》
1 《不毛の大地/Wasteland》
1 《演劇の舞台/Thespian's Stage》
1 《ボジューカの沼/Bojuka Bog》


8th Place
Player Name:Hukutani Yuuto
Deck Name:URデルバー
Deck Designer:


Main
4 《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets》
4 《僧院の速槍/Monastery Swiftspear》
4 《嵐追いの魔道士/Stormchaser Mage》
4 《稲妻/Lightning Bolt》
4 《Chain Lightning》
4 《渦まく知識/Brainstorm》
4 《思案/Ponder》
4 《ギタクシア派の調査/Gitaxian Probe》
4 《目くらまし/Daze》
4 《Force of Will》
3 《発展の代価/Price of Progress》
1 《火炎破/Fireblast》
4 《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
4 《汚染された三角州/Polluted Delta》
2 《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
3 《Volcanic Island》
2 《島/Island》
1 《山/Mountain》

Side
3 《赤霊破/Red Elemental Blast》
2 《二股の稲妻/Forked Bolt》
2 《呪文貫き/Spell Pierce》
2 《狼狽の嵐/Flusterstorm》
2 《渋面の溶岩使い/Grim Lavamancer》
2 《硫黄の渦/Sulfuric Vortex》
1 《発展の代価/Price of Progress》
1 《極上の炎技/Exquisite Firecraft》
カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

KMC Invitational All Player Deck List

7th KMCIT

2016.6.18
19 Players
5 Swiss Draw + 2 SE

7th KMC Invitational All Player Deck List

1st Place
Player Name:Omonishi Kojiro
Deck Name:
Deck Designer:


Main
4 《石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mystic》
2 《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》
2 《黄金牙、タシグル/Tasigur, the Golden Fang》
4 《Force of Will》
4 《剣を鍬に/Swords to Plowshares》
4 《渦まく知識/Brainstorm》
3 《思考囲い/Thoughtseize》
2 《思案/Ponder》
2 《未練ある魂/Lingering Souls》
1 《コジレックの審問/Inquisition of Kozilek》
1 《呪文貫き/Spell Pierce》
1 《対抗呪文/Counterspell》
1 《議会の採決/Council's Judgment》
3 《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》
1 《梅澤の十手/Umezawa's Jitte》
1 《殴打頭蓋/Batterskull》
1 《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》
4 《汚染された三角州/Polluted Delta》
4 《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
1 《湿地の干潟/Marsh Flats》
3 《Tundra》
2 《Underground Sea》
1 《Scrubland》
2 《不毛の大地/Wasteland》
1 《Karakas》
1 《忍び寄るタール坑/Creeping Tar Pit》
2 《島/Island》
1 《沼/Swamp》
1 《平地/Plains》

Side
2 《安らかなる眠り/Rest in Peace》
1 《世界のるつぼ/Crucible of Worlds》
1 《呪文貫き/Spell Pierce》
2 《外科的摘出/Surgical Extraction》
1 《概念泥棒/Notion Thief》
1 《流刑への道/Path to Exile》
1 《狼狽の嵐/Flusterstorm》
1 《真髄の針/Pithing Needle》
1 《石術師、ナヒリ/Nahiri, the Lithomancer》
1 《至高の評決/Supreme Verdict》
1 《解呪/Disenchant》
1 《謙虚/Humility》
1 《饗宴と飢餓の剣/Sword of Feast and Famine》


2nd Place
Player Name:Morisima Ryota
Deck Name:
Deck Designer:


Main
4 《渦まく知識/Brainstorm》
4 《思案/Ponder》
4 《ギタクシア派の調査/Gitaxian Probe》
2 《定業/Preordain》
4 《暗黒の儀式/Dark Ritual》
4 《陰謀団の儀式/Cabal Ritual》
4 《冥府の教示者/Infernal Tutor》
4 《強迫/Duress》
3 《陰謀団式療法/Cabal Therapy》
4 《水蓮の花びら/Lotus Petal》
4 《ライオンの瞳のダイアモンド/Lion's Eye Diamond》
1 《むかつき/Ad Nauseam》
1 《苦悶の触手/Tendrils of Agony》
1 《炎の中の過去/Past in Flames》
1 《闇の誓願/Dark Petition》
4 《汚染された三角州/Polluted Delta》
4 《霧深い雨林/Misty Rainforest》
2 《Underground Sea》
1 《Volcanic Island》
1 《Tropical Island》
1 《Bayou》
1 《沼/Swamp》
1 《島/Island》

Side
4 《僧院の導師/Monastery Mentor》
3 《突然の衰微/Abrupt Decay》
2 《蒸気の連鎖/Chain of Vapor》
1 《巣穴からの総出/Empty the Warrens》
1 《Tundra》
1 《見栄え損ない/Disfigure》
1 《陰謀団式療法/Cabal Therapy》
1 《狼狽の嵐/Flusterstorm》
1 《外科的摘出/Surgical Extraction》


3rd Place
Player Name:Mizuguchi Kiyoshi
Deck Name:
Deck Designer:


Main
4 《死儀礼のシャーマン/Deathrite Shaman》
4 《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets》
3 《若き紅蓮術士/Young Pyromancer》
2 《グルマグのアンコウ/Gurmag Angler》
4 《渦まく知識/Brainstorm》
4 《思案/Ponder》
4 《ギタクシア派の調査/Gitaxian Probe》
4 《稲妻/Lightning Bolt》
4 《もみ消し/Stifle》
4 《目くらまし/Daze》
4 《Force of Will》
1 《二股の稲妻/Forked Bolt》
4 《不毛の大地/Wasteland》
2 《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
2 《霧深い雨林/Misty Rainforest》
2 《汚染された三角州/Polluted Delta》
2 《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
3 《Volcanic Island》
2 《Underground Sea》
1 《Tropical Island》

Side
3 《陰謀団式療法/Cabal Therapy》
2 《外科的摘出/Surgical Extraction》
2 《真髄の針/Pithing Needle》
2 《紅蓮破/Pyroblast》
2 《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》
1 《古えの遺恨/Ancient Grudge》
1 《四肢切断/Dismember》
1 《暗黒破/Darkblast》
1 《夜の戦慄/Dread of Night》


4th Place
Player Name:Niwa Hotaka
Deck Name:Punishing Counter Burn
Deck Designer:Niwa Hotaka


Main
4 《氷の中の存在/Thing in the Ice》
2 《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》
2 《真の名の宿敵/True-Name Nemesis》
4 《渦まく知識/Brainstorm》
4 《思案/Ponder》
4 《稲妻/Lightning Bolt》
4 《罰する火/Punishing Fire》
2 《もみ消し/Stifle》
2 《呪文嵌め/Spell Snare》
2 《呪文貫き/Spell Pierce》
4 《Force of Will》
2 《ダク・フェイデン/Dack Fayden》
2 《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》
4 《燃え柳の木立ち/Grove of the Burnwillows》
4 《Volcanic Island》
2 《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
2 《汚染された三角州/Polluted Delta》
2 《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
2 《霧深い雨林/Misty Rainforest》
2 《不毛の大地/Wasteland》
4 《島/Island》

Side
2 《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》
2 《赤霊破/Red Elemental Blast》
2 《紅蓮破/Pyroblast》
2 《外科的摘出/Surgical Extraction》
2 《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》
2 《灰からの再興/From the Ashes》
1 《狼狽の嵐/Flusterstorm》
1 《否認/Negate》
1 《古えの遺恨/Ancient Grudge》


5th Place
Player Name:Sekimoto Tatsuo
Deck Name:
Deck Designer:


Main
3 《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》
3 《僧院の導師/Monastery Mentor》
4 《渦まく知識/Brainstorm》
4 《思案/Ponder》
4 《終末/Terminus》
3 《剣を鍬に/Swords to Plowshares》
2 《予報/Predict》
2 《対抗呪文/Counterspell》
1 《呪文嵌め/Spell Snare》
4 《相殺/Counterbalance》
4 《師範の占い独楽/Sensei's Divining Top》
2 《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》
4 《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
4 《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
1 《乾燥台地/Arid Mesa》
3 《Tundra》
2 《Volcanic Island》
4 《島/Island》
2 《平地/Plains》

Side
3 《狼狽の嵐/Flusterstorm》
2 《外科的摘出/Surgical Extraction》
2 《摩耗+損耗/Wear+Tear》
2 《紅蓮破/Pyroblast》
1 《赤霊破/Red Elemental Blast》
1 《封じ込める僧侶/Containment Priest》
1 《硫黄の精霊/Sulfur Elemental》
1 《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》
1 《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》
1 《山/Mountain》


6th Place
Player Name:Arita Kazuhiro
Deck Name:BUG リアニ
Deck Designer:ワシ


Main
3 《グリセルブランド/Griselbrand》
1 《墓所のタイタン/Grave Titan》
1 《エメリアの盾、イオナ/Iona, Shield of Emeria》
1 《大修道士、エリシュ・ノーン/Elesh Norn, Grand Cenobite》
1 《核の占い師、ジン=ギタクシアス/Jin-Gitaxias, Core Augur》
1 《潮吹きの暴君/Tidespout Tyrant》
1 《不運な研究者/Hapless Researcher》
4 《渦まく知識/Brainstorm》
4 《思案/Ponder》
4 《納墓/Entomb》
4 《再活性/Reanimate》
4 《死体発掘/Exhume》
4 《入念な研究/Careful Study》
4 《Force of Will》
3 《目くらまし/Daze》
1 《実物提示教育/Show and Tell》
1 《動く死体/Animate Dead》
3 《水蓮の花びら/Lotus Petal》
4 《汚染された三角州/Polluted Delta》
2 《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》
2 《霧深い雨林/Misty Rainforest》
3 《Underground Sea》
1 《Tropical Island》
1 《Bayou》
1 《沼/Swamp》
1 《島/Island》

Side
3 《突然の衰微/Abrupt Decay》
2 《すべてを護るもの、母聖樹/Boseiju, Who Shelters All》
2 《真髄の針/Pithing Needle》
2 《狼狽の嵐/Flusterstorm》
2 《実物提示教育/Show and Tell》
1 《花の絨毯/Carpet of Flowers》
1 《見栄え損ない/Disfigure》
1 《灰燼の乗り手/Ashen Rider》
1 《嵐の神、ケラノス/Keranos, God of Storms》


7th Place
Player Name:Tashiro Kouichi
Deck Name:
Deck Designer:


Main
4 《グリセルブランド/Griselbrand》
4 《引き裂かれし永劫、エムラクール/Emrakul, the Aeons Torn》
4 《渦まく知識/Brainstorm》
4 《思案/Ponder》
1 《定業/Preordain》
3 《ギタクシア派の調査/Gitaxian Probe》
3 《呪文貫き/Spell Pierce》
1 《狼狽の嵐/Flusterstorm》
4 《Force of Will》
4 《実物提示教育/Show and Tell》
4 《騙し討ち/Sneak Attack》
4 《水蓮の花びら/Lotus Petal》
4 《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
3 《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
3 《Volcanic Island》
3 《古えの墳墓/Ancient Tomb》
2 《裏切り者の都/City of Traitors》
3 《島/Island》
1 《山/Mountain》

Side
3 《血染めの月/Blood Moon》
2 《裂け目の突破/Through the Breach》
2 《墓掘りの檻/Grafdigger's Cage》
2 《拭い捨て/Wipe Away》
2 《紅蓮破/Pyroblast》
2 《紅蓮地獄/Pyroclasm》
1 《狼狽の嵐/Flusterstorm》
1 《突然のショック/Sudden Shock》


8th Place
Player Name:Hosaka Yoshiteru
Deck Name:ESB
Deck Designer:


Main
4 《石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mystic》
2 《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》
2 《黄金牙、タシグル/Tasigur, the Golden Fang》
4 《渦まく知識/Brainstorm》
4 《剣を鍬に/Swords to Plowshares》
3 《思考囲い/Thoughtseize》
2 《思案/Ponder》
2 《未練ある魂/Lingering Souls》
1 《コジレックの審問/Inquisition of Kozilek》
1 《呪文貫き/Spell Pierce》
1 《対抗呪文/Counterspell》
1 《議会の採決/Council's Judgment》
4 《Force of Will》
1 《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》
1 《殴打頭蓋/Batterskull》
1 《梅澤の十手/Umezawa's Jitte》
3 《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》
4 《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
4 《汚染された三角州/Polluted Delta》
1 《湿地の干潟/Marsh Flats》
2 《不毛の大地/Wasteland》
3 《Tundra》
2 《Underground Sea》
1 《Scrubland》
1 《Karakas》
1 《忍び寄るタール坑/Creeping Tar Pit》
2 《島/Island》
1 《平地/Plains》
1 《沼/Swamp》

Side
4 《外科的摘出/Surgical Extraction》
1 《流刑への道/Path to Exile》
1 《至高の評決/Supreme Verdict》
1 《世界のるつぼ/Crucible of Worlds》
1 《見栄え損ない/Disfigure》
1 《真髄の針/Pithing Needle》
1 《仕組まれた疫病/Engineered Plague》
1 《石術師、ナヒリ/Nahiri, the Lithomancer》
1 《饗宴と飢餓の剣/Sword of Feast and Famine》
1 《呪文貫き/Spell Pierce》
1 《謙虚/Humility》
1 《概念泥棒/Notion Thief》


9th Place
Player Name:Iwasaki Kouichi
Deck Name:WMUD
Deck Designer:


Main
4 《金属細工師/Metalworker》
4 《磁石のゴーレム/Lodestone Golem》
2 《カルドーサの鍛冶場主/Kuldotha Forgemaster》
2 《ワームとぐろエンジン/Wurmcoil Engine》
1 《荒廃鋼の巨像/Blightsteel Colossus》
4 《虚空の杯/Chalice of the Void》
3 《モックス・ダイアモンド/Mox Diamond》
3 《厳かなモノリス/Grim Monolith》
3 《世界のるつぼ/Crucible of Worlds》
3 《強制の門/Coercive Portal》
3 《殴打頭蓋/Batterskull》
1 《稲妻のすね当て/Lightning Greaves》
1 《ニンの杖/Staff of Nin》
1 《精霊龍、ウギン/Ugin, the Spirit Dragon》
4 《不毛の大地/Wasteland》
4 《魂の洞窟/Cavern of Souls》
4 《ダークスティールの城塞/Darksteel Citadel》
4 《裏切り者の都/City of Traitors》
4 《古えの墳墓/Ancient Tomb》
2 《古えの居住地/Ancient Den》
2 《ミシュラの工廠/Mishra's Factory》

Side
3 《減衰のマトリックス/Damping Matrix》
2 《エーテル宣誓会の法学者/Ethersworn Canonist》
2 《スレイベンの守護者、サリア/Thalia, Guardian of Thraben》
2 《封じ込める僧侶/Containment Priest》
2 《沈黙の調停者/Silent Arbiter》
1 《鋼のヘルカイト/Steel Hellkite》
1 《解放された者、カーン/Karn Liberated》
1 《トーモッドの墓所/Tormod's Crypt》
1 《Karakas》


10th Place
Player Name:Tamura Shigeyuki
Deck Name:デスアンドタックス・トロンベ
Deck Designer:Tamura Shigeyuki


Main
4 《ルーンの母/Mother of Runes》
4 《死儀礼のシャーマン/Deathrite Shaman》
4 《石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mystic》
4 《スレイベンの守護者、サリア/Thalia, Guardian of Thraben》
4 《ヴリンの翼馬/Vryn Wingmare》
3 《セラの報復者/Serra Avenger》
3 《潮の虚ろの漕ぎ手/Tidehollow Sculler》
2 《闇の腹心/Dark Confidant》
4 《剣を鍬に/Swords to Plowshares》
4 《霊気の薬瓶/AEther Vial》
1 《梅澤の十手/Umezawa's Jitte》
1 《殴打頭蓋/Batterskull》
1 《光と影の剣/Sword of Light and Shadow》
4 《湿地の干潟/Marsh Flats》
2 《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
1 《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》
4 《不毛の大地/Wasteland》
4 《Scrubland》
1 《Bayou》
1 《Savannah》
1 《Karakas》
2 《平地/Plains》
1 《沼/Swamp》

Side
2 《真髄の針/Pithing Needle》
2 《封じ込める僧侶/Containment Priest》
2 《ガドック・ティーグ/Gaddock Teeg》
2 《安らかなる眠り/Rest in Peace》
2 《議会の採決/Council's Judgment》
2 《オルゾフの司教/Orzhov Pontiff》
1 《絶対の法/Absolute Law》
1 《再利用の賢者/Reclamation Sage》
1 《静寂の守り手、リンヴァーラ/Linvala, Keeper of Silence》


11th Place
Player Name:Ishii Takuya
Deck Name:
Deck Designer:


Main
4 《イラクサの歩哨/Nettle Sentinel》
4 《ワイアウッドの共生虫/Wirewood Symbiote》
4 《死儀礼のシャーマン/Deathrite Shaman》
4 《エルフの幻想家/Elvish Visionary》
3 《遺産のドルイド/Heritage Druid》
2 《孔蹄のビヒモス/Craterhoof Behemoth》
1 《樺の知識のレインジャー/Birchlore Rangers》
1 《レンの地の群れ使い/Wren's Run Packmaster》
1 《漁る軟泥/Scavenging Ooze》
1 《再利用の賢者/Reclamation Sage》
4 《垣間見る自然/Glimpse of Nature》
4 《緑の太陽の頂点/Green Sun's Zenith》
4 《自然の秩序/Natural Order》
1 《突然の衰微/Abrupt Decay》
4 《ガイアの揺籃の地/Gaea's Cradle》
3 《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》
2 《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》
2 《霧深い雨林/Misty Rainforest》
2 《ドライアドの東屋/Dryad Arbor》
1 《魂の洞窟/Cavern of Souls》
2 《Bayou》
1 《Savannah》
2 《森/Forest》

Side
3 《外科的摘出/Surgical Extraction》
3 《突然の衰微/Abrupt Decay》
3 《陰謀団式療法/Cabal Therapy》
1 《ガドック・ティーグ/Gaddock Teeg》
1 《真髄の針/Pithing Needle》
1 《窒息/Choke》
1 《クローサの掌握/Krosan Grip》
1 《罠の橋/Ensnaring Bridge》
1 《自由なる者ルーリク・サー/Ruric Thar, the Unbowed》


12th Place
Player Name:Takisaka Toru
Deck Name:
Deck Designer:


Main
4 《モックス・ダイアモンド/Mox Diamond》
4 《ギャンブル/Gamble》
4 《輪作/Crop Rotation》
4 《踏査/Exploration》
4 《壌土からの生命/Life from the Loam》
3 《罰する火/Punishing Fire》
2 《溶鉄の渦/Molten Vortex》
1 《マナ結合/Manabond》
1 《森の知恵/Sylvan Library》
4 《燃え柳の木立ち/Grove of the Burnwillows》
4 《リシャーダの港/Rishadan Port》
4 《演劇の舞台/Thespian's Stage》
4 《不毛の大地/Wasteland》
3 《Maze of Ith》
3 《暗黒の深部/Dark Depths》
2 《Tundra》
1 《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
1 《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》
1 《霧深い雨林/Misty Rainforest》
1 《Glacial Chasm》
1 《幽霊街/Ghost Quarter》
1 《ボジューカの沼/Bojuka Bog》
1 《平穏な茂み/Tranquil Thicket》
1 《The Tabernacle at Pendrell Vale》
1 《森/Forest》

Side
4 《クローサの掌握/Krosan Grip》
3 《窒息/Choke》
2 《平穏な茂み/Tranquil Thicket》
2 《真髄の針/Pithing Needle》
2 《世界を目覚めさせる者、ニッサ/Nissa, Worldwaker》
1 《Karakas》
1 《森の知恵/Sylvan Library》


13th Place
Player Name:Fukudome Yuu
Deck Name:61ミラクル
Deck Designer:


Main
3 《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》
1 《僧院の導師/Monastery Mentor》
4 《渦まく知識/Brainstorm》
4 《思案/Ponder》
3 《剣を鍬に/Swords to Plowshares》
4 《Force of Will》
4 《終末/Terminus》
1 《天使への願い/Entreat the Angels》
2 《対抗呪文/Counterspell》
1 《摩耗+損耗/Wear+Tear》
1 《紅蓮破/Pyroblast》
1 《予報/Predict》
1 《呪文嵌め/Spell Snare》
4 《相殺/Counterbalance》
4 《師範の占い独楽/Sensei's Divining Top》
2 《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》
4 《汚染された三角州/Polluted Delta》
4 《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
1 《乾燥台地/Arid Mesa》
3 《Volcanic Island》
3 《Tundra》
4 《島/Island》
2 《平地/Plains》

Side
3 《狼狽の嵐/Flusterstorm》
2 《赤霊破/Red Elemental Blast》
2 《外科的摘出/Surgical Extraction》
1 《紅蓮破/Pyroblast》
1 《摩耗+損耗/Wear+Tear》
1 《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》
1 《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》
1 《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》
1 《硫黄の精霊/Sulfur Elemental》
1 《僧院の導師/Monastery Mentor》



14th Place
Player Name:Hori Masataka
Deck Name:30 Lands - いつからLandsを使うと錯覚していた?
Deck Designer:Hori Masataka


Main
1 《隔離するタイタン/Sundering Titan》
1 《引き裂かれし永劫、エムラクール/Emrakul, the Aeons Torn》
1 《ワームとぐろエンジン/Wurmcoil Engine》
1 《絶え間ない飢餓、ウラモグ/Ulamog, the Ceaseless Hunger》
1 《真実の解体者、コジレック/Kozilek, Butcher of Truth》
4 《真髄の針/Pithing Needle》
4 《探検の地図/Expedition Map》
3 《厳かなモノリス/Grim Monolith》
3 《歪める嘆き/Warping Wail》
3 《ニンの杖/Staff of Nin》
2 《Candelabra of Tawnos》
2 《精神石/Mind Stone》
1 《交易所/Trading Post》
1 《世界のるつぼ/Crucible of Worlds》
2 《精霊龍、ウギン/Ugin, the Spirit Dragon》
4 《微光地/Glimmerpost》
4 《雲上の座/Cloudpost》
4 《ヴェズーヴァ/Vesuva》
3 《古えの墳墓/Ancient Tomb》
2 《演劇の舞台/Thespian's Stage》
2 《ヨーグモスの墳墓、アーボーグ/Urborg, Tomb of Yawgmoth》
2 《Karakas》
2 《Maze of Ith》
1 《ウギンの目/Eye of Ugin》
1 《魂の洞窟/Cavern of Souls》
1 《黄塵地帯/Dust Bowl》
1 《埋没した廃墟/Buried Ruin》
1 《The Tabernacle at Pendrell Vale》

Side
3 《外科的摘出/Surgical Extraction》
2 《磁石のゴーレム/Lodestone Golem》
2 《難題の予見者/Thought-Knot Seer》
2 《罠の橋/Ensnaring Bridge》
2 《抵抗の宝球/Sphere of Resistance》
2 《魂の裏切りの夜/Night of Souls' Betrayal》
1 《全ては塵/All Is Dust》
1 《歪める嘆き/Warping Wail》


15th Place
Player Name:Yomura Shuta
Deck Name:Dredge
Deck Designer:Yomura Shuta


Main
4 《臭い草のインプ/Stinkweed Imp》
4 《ゴルガリの墓トロール/Golgari Grave-Troll》
4 《ナルコメーバ/Narcomoeba》
3 《朽ちゆくインプ/Putrid Imp》
3 《イチョリッド/Ichorid》
2 《ゴルガリの凶漢/Golgari Thug》
1 《憎悪縛りの剥ぎ取り/Flayer of the Hatebound》
4 《黄泉からの橋/Bridge from Below》
4 《信仰無き物あさり/Faithless Looting》
4 《入念な研究/Careful Study》
4 《打開/Breakthrough》
4 《陰謀団式療法/Cabal Therapy》
2 《戦慄の復活/Dread Return》
4 《ライオンの瞳のダイアモンド/Lion's Eye Diamond》
3 《水蓮の花びら/Lotus Petal》
4 《マナの合流点/Mana Confluence》
3 《セファリッドの円形競技場/Cephalid Coliseum》
2 《宝石鉱山/Gemstone Mine》
1 《真鍮の都/City of Brass》

Side
4 《炎の嵐/Firestorm》
3 《突然の衰微/Abrupt Decay》
2 《真鍮の都/City of Brass》
1 《宝石鉱山/Gemstone Mine》
1 《知られざる楽園/Undiscovered Paradise》
1 《戦慄の復活/Dread Return》
1 《グリセルブランド/Griselbrand》
1 《大修道士、エリシュ・ノーン/Elesh Norn, Grand Cenobite》
1 《大いなるガルガドン/Greater Gargadon》


16th Place
Player Name:Asai Hiroto
Deck Name:
Deck Designer:


Main
4 《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets》
4 《死儀礼のシャーマン/Deathrite Shaman》
4 《タルモゴイフ/Tarmogoyf》
3 《闇の腹心/Dark Confidant》
4 《渦まく知識/Brainstorm》
4 《思案/Ponder》
4 《突然の衰微/Abrupt Decay》
4 《目くらまし/Daze》
4 《Force of Will》
3 《Hymn to Tourach》
2 《見栄え損ない/Disfigure》
1 《呪文貫き/Spell Pierce》
4 《不毛の大地/Wasteland》
4 《霧深い雨林/Misty Rainforest》
3 《汚染された三角州/Polluted Delta》
2 《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》
3 《Underground Sea》
2 《Bayou》
1 《Tropical Island》

Side
2 《思考囲い/Thoughtseize》
2 《ゴルガリの魔除け/Golgari Charm》
2 《真の名の宿敵/True-Name Nemesis》
1 《見栄え損ない/Disfigure》
1 《狼狽の嵐/Flusterstorm》
1 《無のロッド/Null Rod》
1 《真髄の針/Pithing Needle》
1 《森の知恵/Sylvan Library》
1 《外科的摘出/Surgical Extraction》
1 《毒の濁流/Toxic Deluge》
1 《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》
1 《情け知らずのガラク/Garruk Relentless》


17th Place
Player Name:Yanagisawa Yuuta
Deck Name:対Miracle用Miracle
Deck Designer:Yanagisawa Yuuta


Main
3 《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》
3 《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》
2 《僧院の導師/Monastery Mentor》
4 《渦まく知識/Brainstorm》
3 《思案/Ponder》
3 《剣を鍬に/Swords to Plowshares》
3 《終末/Terminus》
3 《Force of Will》
2 《紅蓮破/Pyroblast》
1 《赤霊破/Red Elemental Blast》
1 《対抗呪文/Counterspell》
4 《相殺/Counterbalance》
4 《師範の占い独楽/Sensei's Divining Top》
3 《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》
4 《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
3 《汚染された三角州/Polluted Delta》
2 《乾燥台地/Arid Mesa》
3 《Tundra》
3 《Volcanic Island》
1 《Karakas》
1 《魂の洞窟/Cavern of Souls》
3 《島/Island》
1 《平地/Plains》

Side
3 《翻弄する魔道士/Meddling Mage》
2 《封じ込める僧侶/Containment Priest》
2 《摩耗+損耗/Wear+Tear》
2 《呪文嵌め/Spell Snare》
2 《侵襲手術/Invasive Surgery》
1 《安らかなる眠り/Rest in Peace》
1 《外科的摘出/Surgical Extraction》
1 《真髄の針/Pithing Needle》
1 《剣を鍬に/Swords to Plowshares》


18th Place
Player Name:Ideue Yuuki
Deck Name:
Deck Designer:


Main
4 《グリセルブランド/Griselbrand》
3 《引き裂かれし永劫、エムラクール/Emrakul, the Aeons Torn》
4 《実物提示教育/Show and Tell》
4 《騙し討ち/Sneak Attack》
4 《渦まく知識/Brainstorm》
4 《思案/Ponder》
2 《定業/Preordain》
2 《呪文貫き/Spell Pierce》
2 《狼狽の嵐/Flusterstorm》
4 《Force of Will》
4 《水蓮の花びら/Lotus Petal》
2 《師範の占い独楽/Sensei's Divining Top》
1 《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》
1 《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》
4 《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
3 《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
3 《古えの墳墓/Ancient Tomb》
2 《裏切り者の都/City of Traitors》
2 《Volcanic Island》
1 《Tundra》
3 《島/Island》
1 《山/Mountain》

Side
3 《僧院の導師/Monastery Mentor》
2 《渋面の溶岩使い/Grim Lavamancer》
2 《突然のショック/Sudden Shock》
1 《魂の洞窟/Cavern of Souls》
1 《墓掘りの檻/Grafdigger's Cage》
1 《外科的摘出/Surgical Extraction》
1 《紅蓮地獄/Pyroclasm》
1 《血染めの月/Blood Moon》
1 《拭い捨て/Wipe Away》
1 《摩耗+損耗/Wear+Tear》
1 《先駆ける者、ナヒリ/Nahiri, the Harbinger》


19th Place
Player Name:Hayaki Hirokazu
Deck Name:Eldrazi MUD
Deck Designer:茶単同好会(哲学)


Main
4 《磁石のゴーレム/Lodestone Golem》
4 《難題の予見者/Thought-Knot Seer》
4 《現実を砕くもの/Reality Smasher》
4 《ワームとぐろエンジン/Wurmcoil Engine》
1 《終末を招くもの/Endbringer》
4 《虚空の杯/Chalice of the Void》
4 《歪める嘆き/Warping Wail》
4 《厳かなモノリス/Grim Monolith》
4 《精神石/Mind Stone》
1 《殴打頭蓋/Batterskull》
2 《解放された者、カーン/Karn Liberated》
4 《古えの墳墓/Ancient Tomb》
4 《不毛の大地/Wasteland》
4 《ミシュラの工廠/Mishra's Factory》
4 《魂の洞窟/Cavern of Souls》
3 《裏切り者の都/City of Traitors》
1 《Karakas》

Side
4 《アメジストのとげ/Thorn of Amethyst》
3 《フェアリーの忌み者/Faerie Macabre》
2 《ファイレクシアの破棄者/Phyrexian Revoker》
2 《四肢切断/Dismember》
1 《梅澤の十手/Umezawa's Jitte》
1 《鋼のヘルカイト/Steel Hellkite》
1 《イシュ・サーの背骨/Spine of Ish Sah》
1 《終末を招くもの/Endbringer》
カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

KMCIT7th プレイヤー紹介

KMCIT7th プレイヤー紹介

誰かが言った「KMCで一番強いやつは誰だ?」
また誰かが言った「一番勝っているやつだろう」
すると様々なプレイヤーの名前が上がった

最後に誰かが言った「じゃあ、そいつらみんな戦わせれば最強が決まる」
KMCITが幕をあげる

 kansei_01

SEED Ideue Yuuki
18 Takisaka Toru
17 Tamura Shigeyuki
16 Sekimoto Tatsu
15 Omonishi Kojiro
15 Yanagisawa Yuuta
14 Fukudome Yuu
14 Niwa Hotaka
13 Hosaka Yoshiteru
13 Mizuguchi Kiyoshi
12 Hori Masataka
12 Ishii Takuya
11 Arita Kazuhiro
11 Asai Hiroto
11 Iwasaki Kouichi
11 Yomura Syuuta
10 Hayaki Hirokazu
10 Morisima Ryouta
10 Tashiro Kouichi



KMCIT7th_Ideue.jpg
氏名Ideue Yuuki
今期のポイント14ポイント(Seed)
今期の主な戦績59th8位、57th7位、55th2位
前回の覇者Ideue。今期はSeedとしてすでにKMCITの出場が確定していたが、ポイントレースも手を抜くことなく戦い抜き堂々の6位タイにつける。その強さは依然健在で、前人未到の2連覇の期待が高まる


fnl_04.jpg
氏名Takisaka Toru
今期のポイント18ポイント
今期の主な戦績60th優勝、57th優勝、55th6位
今回のポイントレース首位のTakisaka。以前から強豪プレイヤーとして認知されていたが、今期は優勝2回と申し分ない成績をあげている。Lands一筋でここまで上り詰めたTakisaka。初優勝なるか


KMCIT7th_Tamura.jpg
氏名Tamura Shigeyuki
今期のポイント17ポイント
今期の主な戦績58th5位、57th4位、55th優勝
KMCIT多数出場の古豪Tamura。だが、今回のTamuraは一味違う。KMC55thで初優勝を決め、以来ポイントレースも59thまで首位を維持するなど絶好調だ。白黒をこよなく愛し様々な形の構築にトライしている。《小悪疫》や《陥没孔》で土地破壊に特化した形で優勝したかと思えば、《霊気の薬瓶》による展開からビートダウンしていく形で連続入賞するなど大活躍した


KMCIT7th_Omonishi_04.jpg
氏名Omonishi Koujiro
今期のポイント15ポイント
今期の主な戦績60th5位、59th優勝、56th2位
初代王者のOmonishi。「ストーンフォー次郎」の異名を持つ関西エスパー石鍛冶界の大御所。KMC黎明期から快進撃を続けて来たのだが、KMC6thのシーズンは成績が伸び悩んだ。だが、雌伏のときは終わった。今期は息を吹き返し再び屍の山を築いた。あとは冠を取り戻すばかりである


KMCIT7th_Yanagisawa.jpg
氏名Yanagisawa Yuuta
今期のポイント15ポイント
今期の主な戦績58th優勝、57th2位
KMCIT初出場ながら確かな存在感を見せつけるYanagisawa。それもそのはず、最後までTamuraとポイントレース首位争いを繰り広げた実力者である。使用デッキもEsper Control、RUG Delver、Eldrazi、BUG Cascadeととにかく多才。様々なデッキで結果を残せるのは実力者の証


KMCIT7th_Fukudome.jpg
氏名Fukudome Yuu
今期のポイント14ポイント
今期の主な戦績60th2位、56th3位
関西コンボ界の大御所といえばこの人。なのだが…Eternal Party 2015ではMiracleを駆り準優勝してコンボ以外のデッキの腕も一線級であることを見せつけた。KMCIT1stから唯一の皆勤賞の持ち主。悲願の優勝なるか


KMCIT7th_Niwa.jpg
氏名Niwa Hotaka
今期のポイント14ポイント
今期の主な戦績59th8位、57th8位、55th2位
Niwaも古くから活躍する強豪。カウンターバーンをこよなく愛し、これまで数多くの栄冠を飾ってきた。その構築能力の高さは「週刊デッキウォッチング」の目に止まるほど。『イニストラードを覆う影』より《氷の中の存在》という武器を得て縦横無尽に駆け抜けた。Fukudome同様、いつ優勝してもおかしくない強豪だ

KMCIT7th_Hosaka.jpg
氏名Hosaka Yoshiteru
今期のポイント13ポイント
今期の主な戦績60th6位、54th優勝
エスパー石鍛冶の使い手はOmonishiだけではない!と言わんばかりに覇気を振りまくHosaka。今期のポイントレースでエスパー石鍛冶が大きな存在感を見せたのはこの二人の活躍によるものと言って過言はないだろう。今期は優勝も経験しており勢い十分


KMCIT7th_Mizugushi.jpg
氏名Mizuguchi Kiyoshi
今期のポイント13ポイント
今期の主な戦績58th4位、54th8位
KMCから放たれた刺客Mizugushi。KMCIT2ndでは準優勝するなど経験と実績を兼ね備えたプレイヤーだ。強豪たちをなぎ倒し見事優勝なるか


KMCIT7th_Hori.jpg
氏名Hori Masataka
今期のポイント12ポイント
今期の主な戦績59th7位
KMCのメタゲームにおいてLandsは決して多い方…とは言えないのだがみんな警戒しているのには理由がある。それは使うプレイヤーが二人とも強いからだ。一人はすでに紹介したTakisaka。もう一人はこの方、Horiだ。19人と決して多くない出場者。Landsと当たることは覚悟すべきだろう


KMCIT7th_Ishii.jpg
氏名Ishii Takuya
今期のポイント12ポイント
今期の主な戦績60th3位、57th8位
Miracleの荒れ狂うメタゲームの前にElves!は消えたかと思われた。それはKMCでも例外ではない。かと思われたがここに一人、気焔を吐き続ける男がいた。Ishiiだ。57thに入賞、60thには3位に残り着実に結果を残してKMCIT進出を決めた。クリーチャー・コンボという立ち位置はKMCITのメタゲームに大きな影響を与えるだろう


KMCIT7th_Araita.jpg
氏名Arita Kazuhiro
今期のポイント11ポイント
今期の主な戦績59th3位、56th7位
こちらもKMCIT初出場のプレイヤーだ。Yanagisawa同様多様なデッキの使い手で、今期のKMCはReanimatorとGrixis Delverで入賞している。だが、彼が真に得意とするのはBUGカラーのデッキ。まだまだ底が見えない恐ろしいプレイヤーだ


KMCIT7th_Asai.jpg
氏名Asai Hiroto
今期のポイント11ポイント
今期の主な戦績56th優勝
56thの優勝者Asai。彼もすでにベテランと呼んでいいほどの経験を積んでおり、KMCIT出場も納得の腕の持ち主だ。宿敵Omonishiを撃ち破る舞台は整った。56thの雪辱を果たすことはできるのだろうか?


KMCIT7th_Iwasaki.jpg
氏名Iwasaki Kouichi
今期のポイント11ポイント
今期の主な戦績56th4位
独自のリストを使い勝ち残った異色のコンボ使いIwasaki。今期の相棒はEurekaTell。緑をタッチすることによりOmnitellとはまた違った長所を獲得することに成功した。元々ダイナミックなプレイを好むIwasakiにとってEurekaTellは性に合っているのだろう。一際楽しそうにプレイしている様子が印象的だ


KMCIT7th_Yomura.jpg
氏名Yomura Syuuta
今期のポイント11ポイント
今期の主な戦績58th6位、55th5位
過去のKMCIT優勝者は言った「KMCITに墓地対策はいらない」。だが、それがどんな事態を引き起こすのかを次のKMCITで思い知らせた男がいる。Yomuraだ。彼の使うDredgeはコンボデッキらしく速さを意識した構築になっている。どうしても対策が薄くなりがちな墓地対策。メタゲームの空隙をつくことができるか!?


KMCIT7th_Hayaki.jpg
氏名Hayaki Hirokazu
今期のポイント10ポイント
今期の主な戦績54th3位
KMCにその名を轟かす「茶単愛好会」。巷で大流行のEldraziの長所を取り入れつつも、独自のリストに仕上げて結果を残した。これも茶単に対する愛がなせる技か


KMCIT7th_Morishima.jpg
氏名Morishima Ryouta
今期のポイント10ポイント
今期の主な戦績58th7位
Eldraziの流行によりANTは死滅したかに思われた。しかし、Morishimaは諦めていなかった。その執念が実りKMCITに見事進出した。GP Pragueでも栄冠を飾ったデッキタイプ。それがこの男の手に渡るのは脅威だろう


KMCIT7th_Tashiro.jpg
氏名Tashiro Kouichi
今期のポイント10ポイント
今期の主な戦績54th4位
KMCIT3rdの王者Tashiro。間違いなく実力者なのだが、最近はKMCの参加回数に恵まれずKMCITに出場することが難しかった。だが、今期はしっかり成績を残し出場を決めた。実はKMCITは1st以来2度優勝した人間がいない。毎回変わる王者の歴史を撃ち破るのはTashiroかもしれない
カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

今週末18日は、KMCインビテーショナル!

いつもお世話になっております!
今週末土曜日の18日には、ついにKMCインビテーショナルが開催されます!

インビテーショナルは、この半期で好成績を残された方のみが参加いただけるイベントですが、当日はどなたでもご参加いただける併催レガシーも開催いたしますので、皆様是非ご参加ください!

今一度、KMCインビテーショナルへの参加権利者を告知いたしますので、ご確認ください!
SEED Ideue Yuuki
18 Takisaka Toru
17 Tamura Shigeyuki
16 Sekimoto Tatsu
15 Omonishi Kojiro
15 Yanagisawa Yuuta
14 Fukudome Yuu
14 Niwa Hotaka
13 Hosaka Yoshiteru
13 Mizuguchi Kiyoshi
12 Hori Masataka
12 Ishii Takuya
11 Arita Kazuhiro
11 Asai Hiroto
11 Iwasaki Kouichi
11 Yomura Syuuta
10 Hayaki Hirokazu
10 Morisima Ryouta
10 Tashiro Kouichi

第7回KMCインビテーショナル

日程:6月18日(土)
フォーマット:レガシー
参加費:無料
受付:13:15

■会場
港区民センター

大阪市港区弁天2-1-5

■アクセス
地下鉄中央線・JR環状線  弁天町駅 徒歩7分

■備考
KMCインビテーショナルは、招待制のイベントで、参加権利者のみ参加いただけます。
当日は、どなたでも参加可能な併催レガシーも開催します。

WPN主催店舗:BigMagicなんば店
KMCIT併催レガシー

日程:6月18日(土)
フォーマット:レガシー
参加費:1000円
受付:13:15
定員:60名

■会場
港区民センター

大阪市港区弁天2-1-5

■アクセス
地下鉄中央線・JR環状線  弁天町駅 徒歩7分

■備考
KMCポイントは付与されません。

WPN主催店舗:BigMagicなんば店
カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

Miracleミラーマッチ勝率アップを目指して(1)

Miracleミラーマッチ勝率アップを目指して(1)

どうもお久しぶりです。TTWです。
今回は戦略系のコラムです。お題は「奇跡ミラーをいかにして戦うか」です。
最近はめっきりコラムを投稿してなかったので不安でいっぱいですが、最後までお付き合いしていただけたら幸いです。

とにもかくにもまずはサンプルリスト。

Grand Prix Seattle-Tacoma 2015 3位
Player:Brian Demars
Deck Name:Jeskai Miracles

Main
2 《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》
2 《僧院の導師/Monastery Mentor》

-クリーチャー(4)-

4 《渦まく知識/Brainstorm》
4 《思案/Ponder》
4 《終末/Terminus》
4 《剣を鍬に/Swords to Plowshares》
4 《Force of Will》
4 《相殺/Counterbalance》
4 《師範の占い独楽/Sensei's Divining Top》
3 《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》
2 《対抗呪文/Counterspell》
1 《議会の採決/Council's Judgment》
1 《天使への願い/Entreat the Angels》

-呪文(35)-

4 《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
4 《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
4 《島/Island》
3 《Tundra》
2 《乾燥台地/Arid Mesa》
2 《Volcanic Island》
2 《平地/Plains》

-土地(21)-


Side
3 《紅蓮破/Pyroblast》
2 《摩耗+損耗/Wear+Tear》
2 《血染めの月/Blood Moon》
2 《狼狽の嵐/Flusterstorm》
2 《封じ込める僧侶/Containment Priest》
2 《安らかなる眠り/Rest in Peace》
1 《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》
1 《イゼットの静電術師/Izzet Staticaster》



一口にミラーマッチと言ってもデッキリストは人によって違いますが、イメージする上での参考なればと思います。またサンプルには入っていませんが、最近はメインボードに《予報》が入っているタイプも流行っています。


chapter1:メインデッキのカードについて


このコラムでは如何にして奇跡ミラーマッチの攻防を有利に進めていくかを解説します。初めに攻防のポイントを説明する前にキーカードをあげていきます。

デッキには様々なカードが入っています。そして手札の中から最も勝算の高い行動を選択していきます。行動の選択肢は大きく分けて二つあります。攻めるか守るかです。このコラムでは、以下の行動とカードを便宜的に下のように呼びます。

自分から行動すること=攻撃側
相手の行動を待つこと=防衛側

自分から動いて状況を有利にするカード=攻撃スペル
相手の動きを妨害して不利を防ぐカード=防衛スペル





1:メインデッキの各カード評価




メインデッキに入っているカードの解説です。すでにだいたい把握されている方はchapter2まで飛ばしてください。

攻撃スペル(盤面を有利にするカード)

相殺
《相殺》
もっとも軽く、《師範の占い独楽》のハーフロックが決まった際は《精神を刻む者、ジェイス》をもしのぐ制圧力を発揮するカードです。ミラーマッチは必然的にマナ域も被っているためナチュラル相殺も起こりやすいです。マストカウンター。

しゅんしょ1
《瞬唱の魔道士》
瞬速を活かして攻めの起点を作り出すことは勿論、打ち消し呪文をフラッシュバックすることにより防衛にも使えるアタッカーです。ミラーマッチにおけるサイド後のキー・クリーチャー。

ヴェンディリオン三人衆
《ヴェンディリオン三人衆》
相手の攻めの起点を潰すことから自分の《相殺》や《精神を刻む者、ジェイス》を通すことまで多方面で活躍するクリーチャーです。パワーも3ありアタッカーとして及第点。瞬速であるため隙をつくりにくいのが利点です。

jace_20151227155808130.jpg
《精神を刻む者、ジェイス》
最強のカードパワーを誇る1枚。クリーチャー戦が主体になりにくいミラーマッチでは落ちにくく、また自身が生み出したアドバンテージで自分を守るため非常に強力なカードです。当然マストカウンター。

天使への願い
《天使への願い》
インスタントタイミングで大量ダメージを見込める1枚ですが、メイン戦は《終末》が残っているためこのカードで決着をつけるのは難しいです。しかしながら、《相殺》にほぼ引っかからないマナ域のコストでプレイできるため《相殺》によるロックを決められたあとでも逆転できる可能性がある呪文です。本領を発揮するのは《終末》が減るサイド後から。

decktech07.jpeg
《僧院の導師》
メンターといえばこれまではサイドボードでの運用が中心でしたが、《天使への願い》に負けないぐらいの打点を発揮するためメインから投入するリストも増えました。《天使への願い》と違い、少ないマナでも活躍できる反面インスタントタイミングでの奇襲攻撃は出来ません。このカードも本領を発揮するのは除去が抜けるサイド後からでしょう。


防衛スペル(打ち消し呪文など)

Force of Will
《Force of Will》
打ち消しで相手の脅威から自分を守ることは勿論、自分の攻めをゴリ押すことにも使える呪文です。唯一マナがなくとも唱えられる呪文であるためここ一番で最も頼りになるカードです。反面、ディスアドバンテージもあるため打ち消したことに見合う取引をする必要があります。

対抗呪文
《対抗呪文》
唯一カードアドバンテージを失わずなんでも消せる呪文です。これと《瞬唱の魔道士》があるときの安心感は大きいです。《紅蓮破》や《赤霊破》で消せない呪文も1:1が取れる貴重な呪文です。

議会の採決
《議会の採決》
戦場に出たあととはいえ、《紅蓮破》や《赤霊破》より幅広いパーマネントを除去できる呪文です。3マナであるため《相殺》されにくい除去ですが、ソーサリーであるためどうしても隙ができます。


不要牌(攻防に影響しないカード。または限定的にしか役に立たないカード)

STP
《剣を鋤に》
攻防のほとんどが非クリーチャー・スペルに関わるものであるため活躍するタイミングが中々ない呪文です。サイド後もそれほど有効なカードではありません。

終末
《終末》
打ち消し以外で《天使への願い》や《僧院の導師》を対処できますが、序盤で必要なカードではないためどうしても無駄牌になりやすいです。また劣勢前提で活躍するカードであるため、自分が有利なときはどうしても使いにくいです。

《平地》
白の呪文を唱える頻度が少ないため白マナしか出ない土地が活躍する機会は少ないです。また、3ターン目まではUUUが出るようにセットランドしたいためセットするのは後半以降ーーーぶっちゃけセットランドしない方がいいまであります。


ドロー操作呪文

《師範の占い独楽》《渦まく知識》《思案》
次回で解説します。

その他防衛スペル

サンプルリストには入っていませんが、メインから投入されていることがよくある呪文です。

パイロ
《紅蓮破》
青い呪文が飛び交うミラーマッチではほぼ1マナの《対抗呪文》として機能します。戦場に出たあとのパーマネントにも対応できるのも良いところです。

スネア1
《呪文嵌め》
後手でも2ターン目の《相殺》に対応できる数少ない呪文です。その他にも《対抗呪文》と《瞬唱の魔道士》に対応できるため中盤以降も活躍できる呪文です。


chapter2:メインゲームの立ち回り方




1:攻防のポイント




・攻撃側のポイント
メインゲームは積極的に攻めることも視野に入れることが大切です。このとき、相手の手札が強過ぎる場合を想定しないことが必要です。(例えば相手が1マナのカウンター+相殺を持っている場合など)
自分の手札に除去が腐っているように、相手の手札にも除去が腐っていて有効牌がそれほど多くない状況がそこそこあります。過信はいけませんが、過大評価も勝機を逸します。

特に先手2ターン目の《相殺》は自分が《対抗呪文》《呪文嵌め》《紅蓮破》を持っていないときは出し惜しみせずにぶつけるべきです。相手の迎撃手段は《呪文嵌め》《紅蓮破》(または《赤霊破》)《Force of Will》に限られるので以外と打ち消されないタイミングです。メインの《呪文嵌め》と《紅蓮破》は多くとも入っていて合計2枚程度、リストによっては1マナカウンターが入っていないものもあります。加えて《Force of Will》はプレイされても1:2交換でこちらが有利です。メインゲームは相手がドロー操作を唱える前、体制が整えきらない間に攻め込む判断が必要とされます。逆にゲーム中盤、相手の手札が整え終わったあとには慎重に攻めることが大切です。


・防衛側のポイント
1枚でも《Force of Will》以外のカウンターがあるなら防衛側に回ることをお勧めします。そして攻めるときは必ず打ち消しを構えながら攻めることが大切です。



2:序盤の攻防の選択




攻めるタイミングでないときに攻めて反撃に遭う。攻めないといけない場面で守りに入ってしまって負ける。MTGあるあるです。ではMiracleミラーマッチの攻めと守りの分岐点はどこか?と聞かれると以下の三つの要素を総合して判断します。それは「自分の手札の内容」、「相手のセットランドの状況」、「相手の手札の枚数」の三つの条件です。特に序盤では「自分の手札の内容」と「相手のセットランドの状況」の二つが重要なポイントです。

:自分の手札の内容から判断する

簡単に言うと「攻めのカードが多いときは攻めろ、守りのカードが多いときは待ち」です。

・攻撃側に回る場合


攻撃側に回る場合の手札の基準は攻撃スペル>防衛スペルの状況です。

例:《相殺》《思案》《精神を刻む者、ジェイス》《剣を鋤に》《Volcanic Island》《Tundra》《溢れかえる岸辺》
(先手2ターン目ドロー後、自分の場には《島》のみ。相手の場には《溢れかえる岸辺》が1枚)


手札に攻め手しかない場合は攻めの一手です。下手に待っても相手の手札が充実していく一方になる可能性があるためカウンターを使わせた方がよいです。運良く通ればラッキー!そのままゲームの流れを持っていけます。相手が既にこちらより質の高い手札ーーー具体的には攻撃スペルと防衛スペルの両方をバランスよく所持していた場合はどのみち遅かれ早かれ負けます。メインはときに強気に出ることが要求されます


・例:《相殺》《思案》《精神を刻む者、ジェイス》《呪文嵌め》《Volcanic Island》《Tundra》《溢れかえる岸辺》
(先手2ターン目ドロー後、自分の場には《島》のみ。相手の場には《溢れかえる岸辺》が1枚)


次は攻撃スペル2枚に対して、防衛スペル1枚の場合ですね。この場合も自分から動いていくことになります。しかし、1点注意が必要です。それは必ず攻撃スペルと防衛スペルを同時に唱えられるタイミングで攻めることです。

何故なら相手も同様に《相殺》を持っている場合、2ターン目に《相殺》をプレイすると相手も《相殺》をプレイしてきます。こうなるとナチュラル相殺できるかの運ゲーになります。そして高確率で手札の《呪文嵌め》は腐ります。

ところが《呪文嵌め》を構えてターンを渡した場合、相手が《相殺》をプレイしてきた場合は《呪文嵌め》で相手の《相殺》を撃ち落として、返しに《相殺》をプレイしてマウントを取ることができます。
相手が動かなければ3ターン目に《相殺》を自分がプレイして、相手が《対抗呪文》を唱えてきた場合は《呪文嵌め》で打ち消して《相殺》を通すことができます。また相手にカウンターがない場合や《Force of Will》などでこちらの《相殺》を打ち消された場合でも、次のターンにプレイされる《相殺》を《呪文嵌め》で打ち消せます。

より多くの状況に対応できるのは後者なので、後者を選択しましょう。

勿論、相手の手札に対処手段が一切ない場合は2ターン目に《相殺》をプレイする価値はあるのですが、それならよっぽど相手のトップデッキが強くない限りは3ターン目に攻めても同じということになります。リスクを回避できるときは回避しましょう。

上記の手札の場合ですと、3ターン目の攻防で引き分けても次のターンに《精神を刻む者、ジェイス》でもう一度攻められるのも攻撃側に立つ理由の後押しになっています。

ですから、上記の手札だと2ターン目に《相殺》をプレイするよりは「2ターン目は《呪文嵌め》を構えて、3ターン目に《呪文嵌め》を構えながら《相殺》をプレイする」がベターになります。


・防衛側のポイント

防衛側に回る場合の手札の基準は攻撃スペル<防衛スペルの状況です。

防衛側は基本的に打ち消しがある限り「ガン待ち」していいのですが、注意すべきポイントがあります。

①《Force of Will》で待たない
②攻めに切り替えるポイントをつくっておく

①について理由は簡単です。手札が減るからです。
防衛側を長く続けるコツは手札の枚数を維持することです。手札の数が多いとそれだけ相手は予想しないといけないことが増えます。また自分は手札の枚数が多いほど選択肢が増えます。

そのため防衛側に回るのなら出来れば《対抗呪文》や《呪文嵌め》、《紅蓮破》といった1:1が取れる呪文を構えたいです。《Force of Will》1枚を最終防衛ラインとして持っているのはありですが、2回以上ピッチコストで支払う前提で守ることはできることなら避けたいです。
ですから防衛側に回った際にドロー操作で見つけるべきは《Force of Will》より《対抗呪文》です。

②についてはずっと防衛側では勝てないので、どこかのタイミングで攻撃側に切り替わる必要があります。そのタイミングですが、相手の攻めをカウンターで潰したあとに反撃するのがベストです。もう自分が守り切るのに十分な手札が整ったと思ったら、それ以降は《相殺》や《精神を刻む者、ジェイス》といったカードを探しましょう。

また、瞬速持ちのクリーチャーは防衛側のときに真価を発揮します。普段は《対抗呪文》などを構えて、相手が動かなければエンド前に《渦まく知識》を唱えます。また《対抗呪文》を構えて、次のターンも相手が動かなければ《瞬唱の魔道士》で《渦まく知識》をフラッシュバックさせつつ殴る。という動き方をすれば隙なく手札を減らすことなくゲームを動かすことができます。そうしてやむなく動いてきた相手をカウンターで討ち取って、隙ができたところを《相殺》で蓋をするのが王道のパターンです。

メインゲームで防衛側に回るかどうかは初手に依存するところが大きいのですが、決まれば強い戦略です。

:例外(《Force of Will》が手札にありかつ手札に攻撃スペルがある場合)

例:《相殺》《思案》《Force of Will》《Force of Will》《Volcanic Island》《Tundra》《溢れかえる岸辺》
(先手2ターン目ドロー後、自分の場には《島》のみ。相手の場には《溢れかえる岸辺》が1枚)



上記ような手札の場合は攻撃側に回ります。
「ちょっと待って。攻撃スペル<防衛スペルのときは防衛側に回るはずじゃあ?」と思うかもしれません。ですが、このようなときは《Force of Will》で《相殺》を押し込むべきです。

《Force of Will》は本質的に損をするカードです。しかし、一時的に損をしても長期的にアドバンテージを取れる取引であるならそれは損ではありません。上のような手札の場合は《Force of Will》で失ったアドバンテージを《相殺》が(将来的に)取り返してくれる可能性が高いです。だからここで《Force of Will》を使うべきであり攻めるべきなのです。

また、この手札で防衛側に回った場合はどうでしょうか?2度のピッチコストで手札から《相殺》と《思案》が失われ………うーん、そのあとの展望が見えませんね。

《Force of Will》を最終防衛ラインに使うか、詰めの一手に使うかは状況によって流動的です。しかし、自分の攻撃の手数が相手の防衛の手数より上回っていると判断したときは《Force of Will》で押し込むことを視野に入れた作戦を立てるべきです。

長くなってしまったので一旦ここまでとします。
続きは「2:序盤の攻防の選択」の「相手のセットランドの状況から判断する」からスタートします。



文:TTW
校正:せれさん
写真協力:寿司さん、Domeさん
その他:KMC運営の皆様

タグ : TTW
カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

第60回KMC結果と、KMCIT権利者確定!

いつもお世話になっております!

6月4日に行われました第60回KMCには70名もの方々にご参加いただきました!
ありがとうございました!

当日は、Windows10のアップデートテロのせいで進行が大きく遅れ、皆様には多大なるご迷惑をおかけしましたことを心よりお詫び申し上げます。
皆様が心よく笑顔で対応してくださったおかげで、なんとか無事終えることが出来ました。
ありがとうございました。
これからも関西レガシーに貢献し、恩返しをしていきたいと思っておりますので、よろしくお願い致します。

そして、施設閉館時間の兼ね合いで順位表を公表できていなかったので、こちらにて報告させていただきます。
加えて、ポイントレース、TOP8DeckList、決勝戦動画をアップしましたので、併せてご覧ください。
今回の決勝は、土地単VSエルドラージでしたので、動画も見る価値有り!
是非皆様ご覧ください!

103796_201606050126182989_1.jpg103796_201606050126182989_2.jpg

60th KMC Top8 DeckList
http://mtgkmc.blog.fc2.com/blog-entry-391.html
第60回KMC動画
http://mtgkmc.blog.fc2.com/blog-entry-392.html

最後になりましたが、今回のKMCでインビテーショナル権利者が確定致しました。
権利者の一覧と、次回KMCの告知をさせていただいて、終わりたいと思います。
SEED Ideue Yuuki
18 Takisaka Toru
17 Tamura Shigeyuki
16 Sekimoto Tatsu
15 Omonishi Kojiro
15 Yanagisawa Yuuta
14 Fukudome Yuu
14 Niwa Hotaka
13 Hosaka Yoshiteru
13 Mizuguchi Kiyoshi
12 Hori Masataka
12 Ishii Takuya
11 Arita Kazuhiro
11 Asai Hiroto
11 Iwasaki Kouichi
11 Yomura Syuuta
10 Hayaki Hirokazu
10 Morisima Ryouta
10 Tashiro Kouichi

第7回KMCインビテーショナル

日程:6月18日(土)
フォーマット:レガシー
参加費:無料
受付:13:15

■会場
港区民センター

大阪市港区弁天2-1-5

■アクセス
地下鉄中央線・JR環状線  弁天町駅 徒歩7分

■備考
KMCインビテーショナルは、招待制のイベントで、参加権利者のみ参加いただけます。
当日は、どなたでも参加可能な併催レガシーも開催します。

WPN主催店舗:BigMagicなんば店
KMCIT併催レガシー

日程:6月18日(土)
フォーマット:レガシー
参加費:1000円
受付:13:15
定員:60名

■会場
港区民センター

大阪市港区弁天2-1-5

■アクセス
地下鉄中央線・JR環状線  弁天町駅 徒歩7分

■備考
KMCポイントは付与されません。

WPN主催店舗:BigMagicなんば店
カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

第60回KMC動画

第60回KMC決勝戦Game1動画


第60回KMC決勝戦Game2動画

カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

60th KMC Top8 DeckList

60th KMC

2016.6.4
70 Players
7 Swiss Draw

60th KMC Top8 DeckList

1st Place
Player Name:Takisaka Toru
Deck Name:LANDS
Deck Designer:


Main
4 《モックス・ダイアモンド/Mox Diamond》
4 《ギャンブル/Gamble》
4 《輪作/Crop Rotation》
4 《踏査/Exploration》
4 《壌土からの生命/Life from the Loam》
3 《罰する火/Punishing Fire》
2 《溶鉄の渦/Molten Vortex》
1 《マナ結合/Manabond》
1 《森の知恵/Sylvan Library》
4 《燃え柳の木立ち/Grove of the Burnwillows》
4 《リシャーダの港/Rishadan Port》
4 《演劇の舞台/Thespian's Stage》
4 《不毛の大地/Wasteland》
3 《Maze of Ith》
3 《暗黒の深部/Dark Depths》
2 《Taiga》
1 《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
1 《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》
1 《霧深い雨林/Misty Rainforest》
1 《Glacial Chasm》
1 《幽霊街/Ghost Quarter》
1 《ボジューカの沼/Bojuka Bog》
1 《平穏な茂み/Tranquil Thicket》
1 《The Tabernacle at Pendrell Vale》
1 《森/Forest》

Side
4 《クローサの掌握/Krosan Grip》
3 《抵抗の宝球/Sphere of Resistance》
2 《窒息/Choke》
2 《真髄の針/Pithing Needle》
2 《世界を目覚めさせる者、ニッサ/Nissa, Worldwaker》
1 《Karakas》
1 《虚空の杯/Chalice of the Void》

2nd Place
Player Name:Fukudome Yuu
Deck Name:
Deck Designer:


Main
4 《渦まく知識/Brainstorm》
4 《思案/Ponder》
4 《終末/Terminus》
4 《Force of Will》
4 《相殺/Counterbalance》
4 《師範の占い独楽/Sensei's Divining Top》
3 《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》
3 《剣を鍬に/Swords to Plowshares》
3 《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》
2 《対抗呪文/Counterspell》
2 《天使への願い/Entreat the Angels》
1 《呪文嵌め/Spell Snare》
1 《紅蓮破/Pyroblast》
1 《摩耗+損耗/Wear+Tear》
4 《島/Island》
4 《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
4 《汚染された三角州/Polluted Delta》
3 《Tundra》
3 《Volcanic Island》
2 《平地/Plains》
1 《乾燥台地/Arid Mesa》

Side
2 《赤霊破/Red Elemental Blast》
2 《僧院の導師/Monastery Mentor》
2 《狼狽の嵐/Flusterstorm》
2 《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》
1 《外科的摘出/Surgical Extraction》
1 《安らかなる眠り/Rest in Peace》
1 《硫黄の精霊/Sulfur Elemental》
1 《封じ込める僧侶/Containment Priest》
1 《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》
1 《摩耗+損耗/Wear+Tear》
1 《剣を鍬に/Swords to Plowshares》


3rd Place
Player Name:Ishii Takuya
Deck Name:
Deck Designer:


Main
4 《死儀礼のシャーマン/Deathrite Shaman》
4 《イラクサの歩哨/Nettle Sentinel》
4 《ワイアウッドの共生虫/Wirewood Symbiote》
4 《エルフの幻想家/Elvish Visionary》
3 《クウィリーオン・レインジャー/Quirion Ranger》
3 《遺産のドルイド/Heritage Druid》
1 《樺の知識のレインジャー/Birchlore Rangers》
1 《漁る軟泥/Scavenging Ooze》
1 《再利用の賢者/Reclamation Sage》
1 《レンの地の群れ使い/Wren's Run Packmaster》
1 《孔蹄のビヒモス/Craterhoof Behemoth》
4 《緑の太陽の頂点/Green Sun's Zenith》
4 《垣間見る自然/Glimpse of Nature》
4 《自然の秩序/Natural Order》
1 《突然の衰微/Abrupt Decay》
4 《ガイアの揺籃の地/Gaea's Cradle》
3 《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》
2 《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》
2 《霧深い雨林/Misty Rainforest》
2 《ドライアドの東屋/Dryad Arbor》
1 《魂の洞窟/Cavern of Souls》
2 《Bayou》
1 《Savannah》
2 《森/Forest》

Side
3 《突然の衰微/Abrupt Decay》
3 《陰謀団式療法/Cabal Therapy》
2 《外科的摘出/Surgical Extraction》
1 《森の知恵/Sylvan Library》
1 《クローサの掌握/Krosan Grip》
1 《罠の橋/Ensnaring Bridge》
1 《窒息/Choke》
1 《ガドック・ティーグ/Gaddock Teeg》
1 《自由なる者ルーリク・サー/Ruric Thar, the Unbowed》
1 《真髄の針/Pithing Needle》
1 《罠の橋/Ensnaring Bridge》


4th Place
Player Name:Sakamoto Masahumi
Deck Name:BUGかすけいど
Deck Designer:


Main
4 《死儀礼のシャーマン/Deathrite Shaman》
4 《タルモゴイフ/Tarmogoyf》
4 《断片無き工作員/Shardless Agent》
2 《悪意の大梟/Baleful Strix》
4 《祖先の幻視/Ancestral Vision》
4 《渦まく知識/Brainstorm》
4 《突然の衰微/Abrupt Decay》
4 《Force of Will》
3 《Hymn to Tourach》
1 《見栄え損ない/Disfigure》
1 《毒の濁流/Toxic Deluge》
1 《大渦の脈動/Maelstrom Pulse》
2 《ヴェールのリリアナ/Liliana of the Veil》
1 《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》
4 《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》
3 《汚染された三角州/Polluted Delta》
1 《霧深い雨林/Misty Rainforest》
3 《Underground Sea》
2 《Tropical Island》
2 《Bayou》
2 《不毛の大地/Wasteland》
2 《忍び寄るタール坑/Creeping Tar Pit》
1 《森/Forest》
1 《沼/Swamp》

Side
2 《虚空の力線/Leyline of the Void》
1 《真髄の針/Pithing Needle》
1 《虐殺/Massacre》
1 《梅澤の十手/Umezawa's Jitte》
1 《見栄え損ない/Disfigure》
1 《クローサの掌握/Krosan Grip》
1 《仕組まれた疫病/Engineered Plague》
1 《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》
1 《墓掘りの檻/Grafdigger's Cage》
1 《破滅的な行為/Pernicious Deed》
1 《外科的摘出/Surgical Extraction》
1 《思考囲い/Thoughtseize》
1 《ゴルガリの魔除け/Golgari Charm》
1 《狼狽の嵐/Flusterstorm》


5th Place
Player Name:Omonishi Kojiro
Deck Name:
Deck Designer:


Main
4 《石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mystic》
2 《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》
2 《黄金牙、タシグル/Tasigur, the Golden Fang》
4 《Force of Will》
4 《剣を鍬に/Swords to Plowshares》
4 《渦まく知識/Brainstorm》
3 《思考囲い/Thoughtseize》
2 《思案/Ponder》
2 《未練ある魂/Lingering Souls》
1 《コジレックの審問/Inquisition of Kozilek》
1 《呪文貫き/Spell Pierce》
1 《対抗呪文/Counterspell》
1 《議会の採決/Council's Judgment》
3 《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》
1 《梅澤の十手/Umezawa's Jitte》
1 《殴打頭蓋/Batterskull》
1 《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》
4 《汚染された三角州/Polluted Delta》
4 《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
1 《湿地の干潟/Marsh Flats》
3 《Tundra》
2 《Underground Sea》
1 《Scrubland》
2 《不毛の大地/Wasteland》
1 《Karakas》
1 《忍び寄るタール坑/Creeping Tar Pit》
2 《島/Island》
1 《沼/Swamp》
1 《平地/Plains》

Side
2 《安らかなる眠り/Rest in Peace》
1 《世界のるつぼ/Crucible of Worlds》
1 《仕組まれた疫病/Engineered Plague》
1 《呪文貫き/Spell Pierce》
1 《外科的摘出/Surgical Extraction》
1 《概念泥棒/Notion Thief》
1 《流刑への道/Path to Exile》
1 《狼狽の嵐/Flusterstorm》
1 《真髄の針/Pithing Needle》
1 《石術師、ナヒリ/Nahiri, the Lithomancer》
1 《至高の評決/Supreme Verdict》
1 《解呪/Disenchant》
1 《謙虚/Humility》
1 《饗宴と飢餓の剣/Sword of Feast and Famine》


6th Place
Player Name:Hosaka Yoshiteru
Deck Name:
Deck Designer:


Main
4 《石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mystic》
2 《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》
2 《黄金牙、タシグル/Tasigur, the Golden Fang》
4 《渦まく知識/Brainstorm》
4 《剣を鍬に/Swords to Plowshares》
3 《思考囲い/Thoughtseize》
2 《思案/Ponder》
2 《未練ある魂/Lingering Souls》
1 《コジレックの審問/Inquisition of Kozilek》
1 《呪文貫き/Spell Pierce》
1 《対抗呪文/Counterspell》
1 《議会の採決/Council's Judgment》
4 《Force of Will》
1 《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》
1 《梅澤の十手/Umezawa's Jitte》
1 《殴打頭蓋/Batterskull》
3 《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》
4 《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
4 《汚染された三角州/Polluted Delta》
1 《湿地の干潟/Marsh Flats》
3 《Tundra》
2 《Underground Sea》
1 《Scrubland》
2 《不毛の大地/Wasteland》
1 《Karakas》
1 《忍び寄るタール坑/Creeping Tar Pit》
2 《島/Island》
1 《平地/Plains》
1 《沼/Swamp》

Side
2 《外科的摘出/Surgical Extraction》
2 《放逐する僧侶/Banisher Priest》
1 《至高の評決/Supreme Verdict》
1 《仕組まれた疫病/Engineered Plague》
1 《饗宴と飢餓の剣/Sword of Feast and Famine》
1 《狼狽の嵐/Flusterstorm》
1 《解呪/Disenchant》
1 《真髄の針/Pithing Needle》
1 《石術師、ナヒリ/Nahiri, the Lithomancer》
1 《呪文貫き/Spell Pierce》
1 《流刑への道/Path to Exile》
1 《世界のるつぼ/Crucible of Worlds》
1 《謙虚/Humility》


7th Place
Player Name:Tsujisaka Shouichi
Deck Name:エルドラージ(タッチ白)
Deck Designer:


Main
4 《難題の予見者/Thought-Knot Seer》
4 《変位エルドラージ/Eldrazi Displacer》
4 《現実を砕くもの/Reality Smasher》
4 《エルドラージのミミック/Eldrazi Mimic》
4 《果てしなきもの/Endless One》
2 《終末を招くもの/Endbringer》
4 《虚空の杯/Chalice of the Void》
3 《アメジストのとげ/Thorn of Amethyst》
3 《団結のタリスマン/Talisman of Unity》
2 《四肢切断/Dismember》
2 《歪める嘆き/Warping Wail》
4 《ウギンの目/Eye of Ugin》
4 《エルドラージの寺院/Eldrazi Temple》
4 《古えの墳墓/Ancient Tomb》
4 《裏切り者の都/City of Traitors》
4 《魂の洞窟/Cavern of Souls》
2 《低木林地/Brushland》
1 《Karakas》
1 《ヨーグモスの墳墓、アーボーグ/Urborg, Tomb of Yawgmoth》

Side
4 《ファイレクシアの破棄者/Phyrexian Revoker》
2 《フェアリーの忌み者/Faerie Macabre》
2 《梅澤の十手/Umezawa's Jitte》
2 《漸増爆弾/Ratchet Bomb》
2 《歪める嘆き/Warping Wail》
1 《トーモッドの墓所/Tormod's Crypt》
1 《火と氷の剣/Sword of Fire and Ice》
1 《火薬樽/Powder Keg》


8th Place
Player Name:Ueno Sho
Deck Name:カナスレ
Deck Designer:Ueno Shou


Main
4 《敏捷なマングース/Nimble Mongoose》
4 《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets》
4 《タルモゴイフ/Tarmogoyf》
4 《渦まく知識/Brainstorm》
4 《思案/Ponder》
4 《もみ消し/Stifle》
4 《稲妻/Lightning Bolt》
4 《目くらまし/Daze》
4 《Force of Will》
2 《呪文貫き/Spell Pierce》
2 《撹乱/Disrupt》
1 《二股の稲妻/Forked Bolt》
1 《四肢切断/Dismember》
4 《不毛の大地/Wasteland》
3 《汚染された三角州/Polluted Delta》
3 《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
2 《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》
2 《Volcanic Island》
2 《Tropical Island》
1 《蒸気孔/Steam Vents》
1 《繁殖池/Breeding Pool》

Side
2 《外科的摘出/Surgical Extraction》
2 《呪文嵌め/Spell Snare》
2 《火+氷/Fire/Ice》
2 《古えの遺恨/Ancient Grudge》
1 《方向転換/Divert》
1 《赤霊破/Red Elemental Blast》
1 《真髄の針/Pithing Needle》
1 《墓掘りの檻/Grafdigger's Cage》
1 《狼狽の嵐/Flusterstorm》
1 《発展の代価/Price of Progress》
1 《森の知恵/Sylvan Library》
カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

Blog

KMCITポイントレース

○ ポイントレースについて

SEED Hadara Danpei

8 Hori Masataka
7 Yamanaka Kousuke
6 Doi Satsuki
6 Ishii Takuya
6 Kanbara Hokuto
6 Sekimoto Tatsuo
6 Yamada Mituhiro
5 Hayashibara Kazuki
5 Naoya Kawakami
5 Kodaira Syouta
5 Naota Kagotani
5 Yanagisawa Yuta
【更に見る】

コミュニティ戦ランキング

18 コストオーバー
13 Dread of Knights
12 ちびマルイちゃん
12 MTG With プロゲーマー
12 コダイラが来る Second Season
10 どつきまわしたれ本舗
10 Traiad Primus
9 Stronger Kanbara
8 ヒゲと愉快な仲間たち
6 ヒロイン特撮研究所
6 ノーエムラさべ太郎

TOP8DeckList

MOVIE

コラム

○ Eternal Party2017 カバレージNew!
○ MMM Finals 2017参加レポートNew!
○ 関西のエターナル事情(レガシー&モダン)New!
○ EternalParty2017の事前予約迫る!!賞品も決定!!

【過去の記事を読む】

twitter

WPN主催店舗について

KMCが運営するイベントは、一部の例外を除き、BIGMAGICなんば店にて主催されております。
検索フォーム
最新コメント
カウンター
管理用

Appendix