KMC Schedule
127th KMC
7月5日(Sun)
受付:13:30
開始:14:00
参加費:1000円
フォーマット:Legacy
定員:100名
会場:福島区民センター
最寄り駅:地下鉄千日前線「野田阪神駅」徒歩7分

[[今後の予定を更に見る]]

関西レガシーカレンダー(間違っていても責任は負いません。)
第126回KMC決勝戦動画

第83回KMC動画

第83回KMC決勝戦Game1動画


第83回KMC決勝戦Game2動画


第83回KMC決勝戦Game3動画

スポンサーサイト



カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

83th KMC Top8 Deck List

83th KMC

2017.8.27
66 Players
7 Swiss Draw

83th KMC Top8 DeckList

1st Place
Player Name:Nishikawa Tatsuya
Deck Name:すうぃ〜てぃ〜
Deck Designer:しゅがはP


4 《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets》
4 《僧院の速槍/Monastery Swiftspear》
3 《嵐追いの魔道士/Stormchaser Mage》
1 《騒乱の歓楽者/Bedlam Reveler》
1 《真の名の宿敵/True-Name Nemesis》
1 《血水の化身/Bloodwater Entity》
-クリーチャー(14)-

4 《渦まく知識/Brainstorm》
4 《目くらまし/Daze》
4 《意志の力/Force of Will》
4 《稲妻/Lightning Bolt》
4 《ギタクシア派の調査/Gitaxian Probe》
4 《思案/Ponder》
3 《稲妻の連鎖/Chain Lightning》
2 《発展の代価/Price of Progress》
1 《火炎破/Fireblast》
-呪文(30)-

4 《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
3 《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
3 《Volcanic Island》
2 《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire》
2 《島/Island》
2 《山/Mountain》
-土地(16)-

-Side(15)-
2 《狼狽の嵐/Flusterstorm》
2 《粉々/Smash to Smithereens》
2 《外科的摘出/Surgical Extraction》
2 《紅蓮破/Pyroblast》
2 《乱暴+転落/Rough // Tumble》
1 《渋面の溶岩使い/Grim Lavamancer》
1 《硫黄の精霊/Sulfur Elemental》
1 《血染めの月/Blood Moon》
1 《真髄の針/Pithing Needle》
1 《罠の橋/Ensnaring Bridge》


2nd Place
Player Name:Okawa Hiroshi
Deck Name:Jund var カワノヘ
Deck Designer:


Main
4 《死儀礼のシャーマン/Deathrite Shaman》
4 《タルモゴイフ/Tarmogoyf》
2 《闇の腹心/Dark Confidant》
2 《残忍な剥ぎ取り/Grim Flayer》
-クリーチャー(12)-

4 《ヴェールのリリアナ/Liliana of the Veil》
4 《罰する火/Punishing Fire》
4 《思考囲い/Thoughtseize》
3 《Hymn to Tourach》
3 《致命的な一押し/Fatal Push》
2 《突然の衰微/Abrupt Decay》
2 《反逆の先導者、チャンドラ/Chandra, Torch of Defiance》
1 《コラガンの命令/Kolaghan's Command》
1 《森の知恵/Sylvan Library》
1 《最後の望み、リリアナ/Liliana, the Last Hope》
-呪文(25)-

4 《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》
4 《燃え柳の木立ち/Grove of the Burnwillows》
3 《Badlands》
3 《Bayou》
3 《汚染された三角州/Polluted Delta》
3 《不毛の大地/Wasteland》
1 《沼/Swamp》
1 《森/Forest》
1 《樹木茂る/Wooded Foothills》
-土地(23)-

-Side(15)-
3 《強迫/Duress》
3 《外科的摘出/Surgical Extraction》
2 《悪魔の布告/Diabolic Edict》
2 《紅蓮破/Pyroblast》
2 《ゴルガリの魔除け/Golgari Charm》
1 《墓掘りの檻/Grafdigger's Cage》
1 《漁る軟泥/Scavenging Ooze》
1 《失われた遺産/Lost Legacy》


3rd Place
Player Name:Mizuguchi Kiyoshi
Deck Name:智弁和歌田中
Deck Designer:田中ポリス


Main
4 《死儀礼のシャーマン/Deathrite Shaman》
4 《悪意の大梟/Baleful Strix》
4 《洞窟のハーピー/Cavern Harpy》
4 《断片無き工作員/Shardless Agent》
3 《トレストの使者、レオヴォルド/Leovold, Emissary of Trest》
2 《寄生的な大梟/Parasitic Strix》
1 《とぐろ巻きの巫女/Coiling Oracle》
-クリーチャー(22)-

4 《渦まく知識/Brainstorm》
4 《Force of Will》
4 《魔の魅惑/Aluren》
3 《思案/Ponder》
3 《突然の衰微/Abrupt Decay》
-呪文(18)-

4 《霧深い雨林/Misty Rainforest》
3 《汚染された三角州/Polluted Delta》
3 《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》
2 《Underground Sea》
2 《Tropical Island》
2 《Bayou》
2 《森/Forest》
1 《島/Island》
1 《沼/Swamp》
-土地(20)-

-Side(15)-
2 《花の絨毯/Carpet of Flowers》
2 《第四橋をうろつく者/Fourth Bridge Prowler》
2 《外科的摘出/Surgical Extraction》
2 《思考囲い/Thoughtseize》
1 《夜の戦慄/Dread of Night》
1 《墓掘りの檻/Grafdigger's Cage》
1 《真髄の針/Pithing Needle》
1 《悪魔の布告/Diabolic Edict》
1 《梅澤の十手/Umezawa's Jitte》
1 《クローサの掌握/Krosan Grip》
1 《毒の濁流/Toxic Deluge》


4th Place
Player Name:Banba Taiki
Deck Name:終末になにしてますか? デッキありますか? 貸してもらっていいですか?
Deck Designer:TTW


Main
4 《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》
-クリーチャー(4)-

4 《渦まく知識/Brainstorm》
4 《意志の力/Force of Will》
4 《思案/Ponder》
4 《終末/Terminus》
3 《剣を鍬に/Swords to Plowshares》
3 《先触れ/Portent》
3 《予報/Predict》
3 《対抗呪文/Counterspell》
2 《呪文嵌め/Spell Snare》
2 《ゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikar》
2 《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》
1 《議会の採決/Council's Judgment》
1 《狼狽の嵐/Flusterstorm》
-呪文(36)-

4 《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
4 《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
4 《島/Island》
3 《Tundra》
2 《平地/Plains》
1 《乾燥台地/Arid Mesa》
1 《Volcanic Island》
1 《山/Mountain》
-土地(20)-

-Side(15)-
3 《外科的摘出/Surgical Extraction》
2 《神聖の力線/Leyline of Sanctity》
2 《狼狽の嵐/Flusterstorm》
2 《摩耗+損耗/Wear+Tear》
2 《紅蓮地獄/Pyroclasm》
1 《僧院の導師/Monastery Mentor》
1 《紅蓮破/Pyroblast》
1 《赤霊破/Red Elemental Blast》
1 《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》


5th Place
Player Name:Harada Dampei
Deck Name:Black Company
Deck Designer:聖遺はマナクリwith下水研究会


Main
4 《死儀礼のシャーマン/Deathrite Shaman》
4 《悪意の大梟/Baleful Strix》
4 《呪文捕らえ/Spell Queller》
3 《石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mystic》
3 《不屈の追跡者/Tireless Tracker》
2 《トレストの使者、レオヴォルド/Leovold, Emissary of Trest》
2 《貴族の教主/Noble Hierarch》
1 《ヴリンの神童、ジェイス/Jace, Vryn's Prodigy》
1 《オルゾフの司教/Orzhov Pontiff》
1 《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》
-クリーチャー(25)-

4 《渦まく知識/Brainstorm》
3 《集合した中隊/Collected Company》
3 《意志の力/Force of Will》
3 《剣を鍬に/Swords to Plowshares》
1 《梅澤の十手/Umezawa's Jitte》
1 《殴打頭蓋/Batterskull》
-呪文(15)-

4 《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》
3 《汚染された三角州/Polluted Delta》
2 《霧深い雨林/Misty Rainforest》
2 《Bayou》
2 《Underground Sea》
2 《Tropical Island》
1 《Tundra》
1 《Scrubland》
1 《Savannah》
1 《森/Forest》
1 《沼/Swamp》
-土地(20)-

-Side(15)-
2 《弁論の幻霊/Eidolon of Rhetoric》
2 《フェアリーの忌み者/Faerie Macabre》
2 《狼狽の嵐/Flusterstorm》
2 《神聖の力線/Leyline of Sanctity》
2 《安らかなる眠り/Rest in Peace》
1 《仕組まれた疫病/Engineered Plague》
1 《エーテル宣誓会の法学者/Ethersworn Canonist》
1 《意志の力/Force of Will》
1 《ゴルガリの魔除け/Golgari Charm》
1 《再利用の賢者/Reclamation Sage》


6th Place
Player Name:Yanagisawa Yuta
Deck Name:すうぃ〜てぃ〜にイかれた
Deck Designer:


4 《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets》
3 《真の名の宿敵/True-Name Nemesis》
3 《若き紅蓮術士/Young Pyromancer》
2 《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》
2 《渋面の溶岩使い/Grim Lavamancer》
-クリーチャー(14)-

4 《渦まく知識/Brainstorm》
4 《目くらまし/Daze》
4 《意志の力/Force of Will》
4 《稲妻/Lightning Bolt》
4 《思案/Ponder》
3 《もみ消し/Stifle》
3 《呪文貫き/Spell Pierce》
2 《ギタクシア派の調査/Gitaxian Probe》
-呪文(28)-

4 《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
4 《不毛の大地/Wasteland》
3 《Volcanic Island》
2 《汚染された三角州/Polluted Delta》
2 《島/Island》
1 《山/Mountain》
1 《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
1 《霧深い雨林/Misty Rainforest》
-土地(18)-

-Side(15)-
2 《削剥/Abrade》
2 《外科的摘出/Surgical Extraction》
2 《発展の代価/Price of Progress》
1 《紅蓮破/Pyroblast》
1 《真髄の針/Pithing Needle》
1 《狼狽の嵐/Flusterstorm》
1 《墓掘りの檻/Grafdigger's Cage》
1 《侵襲手術/Invasive Surgery》
1 《呪文嵌め/Spell Snare》
1 《水流破/Hydroblast》
1 《赤霊破/Red Elemental Blast》
1 《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》


7th Place
Player Name:Mitsuboshi Yuki
Deck Name:
Deck Designer:

Main
4 《石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mystic》
4 《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》
4 《真の名の宿敵/True-Name Nemesis》
-クリーチャー(12)-

4 《渦まく知識/Brainstorm》
4 《思案/Ponder》
4 《剣を鍬に/Swords to Plowshares》
4 《意志の力/Force of Will》
2 《呪文貫き/Spell Pierce》
2 《対抗呪文/Counterspell》
2 《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》
2 《議会の採決/Council's Judgment》
1 《呪文嵌め/Spell Snare》
1 《梅澤の十手/Umezawa's Jitte》
1 《殴打頭蓋/Batterskull》
-呪文(27)-

6 《島/Island》
4 《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
4 《汚染された三角州/Polluted Delta》
3 《Tundra》
2 《平地/Plains》
1 《乾燥台地/Arid Mesa》
1 《カラカス/Karakas》
-土地(21)-

-Side(15)-
2 《基本に帰れ/Back to Basics》
2 《至高の評決/Supreme Verdict》
2 《狼狽の嵐/Flusterstorm》
2 《外科的摘出/Surgical Extraction》
2 《封じ込める僧侶/Containment Priest》
2 《エーテル宣誓会の法学者/Ethersworn Canonist》
1 《聖域の僧院長/Sanctum Prelate》
1 《解呪/Disenchant》
1 《真髄の針/Pithing Needle》


8th Place
Player Name:Nakatsuka Tomoaki
Deck Name:バイヤルを4にするリスク
Deck Designer:下水研究会


Main
4 《ルーンの母/Mother of Runes》
4 《石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mystic》
4 《スレイベンの守護者、サリア/Thalia, Guardian of Thraben》
4 《ちらつき鬼火/Flickerwisp》
3 《ファイレクシアの破棄者/Phyrexian Revoker》
2 《セラの報復者/Serra Avenger》
2 《異端聖戦士、サリア/Thalia, Heretic Cathar》
2 《聖域の僧院長/Sanctum Prelate》
2 《護衛募集員/Recruiter of the Guard》
-クリーチャー(27)-

4 《剣を鍬に/Swords to Plowshares》
4 《霊気の薬瓶/AEther Vial》
1 《殴打頭蓋/Batterskull》
1 《火と氷の剣/Sword of Fire and Ice》
1 《梅澤の十手/Umezawa's Jitte》
-呪文(11)-

9 《平地/Plains》
4 《リシャーダの港/Rishadan Port》
4 《不毛の大地/Wasteland》
3 《カラカス/Karakas》
1 《魂の洞窟/Cavern of Souls》
1 《地平線の梢/Horizon Canopy》
-土地(22)-

-Side(15)-
2 《封じ込める僧侶/Containment Priest》
2 《エーテル宣誓会の法学者/Ethersworn Canonist》
2 《フェアリーの忌み者/Faerie Macabre》
2 《安らかなる眠り/Rest in Peace》
2 《議会の採決/Council's Judgment》
1 《真髄の針/Pithing Needle》
1 《流刑への道/Path to Exile》
1 《浄化の印章/Seal of Cleansing》
1《戦争と平和の剣/Sword of War and Peace》
1 《ゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikar》
カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

熱すぎる!EternalParty2017!

いつもお世話になっております!
KMCのせれでございます。

皆さんはもうご存知でしょうか?
毎年開催されているレガシーのビックイベント「EternalParty」の日程が決まっていること。
そして、そのトライアルが激アツだということを!

まずは、EternalParty2017の詳細をご覧ください。

Eternal Party 2017

【開催日時】2017年12月9日(土)
【参加費】事前受付 3,500円/当日受付 4,000円
【定員】226名
【フォーマット】レガシー

【会場】大阪市立都島区民センター(大阪府大阪市都島区中野町2-16-25 / TEL 06-6352-6100)
【最寄駅】JR環状線「桜ノ宮」「京橋」駅より徒歩約10分/JR東西線「大阪城北詰」駅より徒歩約10分 アクセス情報はこちら

【備考】本戦は、WPNプレミアトーナメントとなり、プレインズウォーカーポイント倍率は4倍となります。

【主催店舗】BIG MAGICなんば店

【URL】http://mtg.bigmagic.net/article/etp-mmmf2017.html

事前予約は11月1日からを予定しておりますので、是非皆様ご準備ください!

さてさて、そんなエタパですが、トライアルが激アツです!

まず、関西で行われるレガシーイベントにも関わらず、トライアルは全国で行われます!
しかも、関西(大阪・京都・兵庫・奈良・三重・和歌山・滋賀)以外で行われたトライアルで優勝された方には、1Byeに加えて本戦参加費が無料となります!
現時点で決まっているトライアルの日程をお伝えしますが、ほぼ毎週あります!
これからも増えます!
レガシーし放題!
今からギアを上げていきましょう!

 9月 2日 MTG専門店しかのつの
 9月 3日 カードボックス高槻店
 9月 9日 ドラゴンスター日本橋2号店
 9月10日 アノアデザイン
        日本選手権2017
 9月16日 イエローサブマリン マジッカーズ福岡店
 9月17日 Gameshopさかいや
        カードゲームショップ ばぶるす
10月 8日 駿河屋高槻店トレカ館
10月 9日 BigMagic名古屋店
10月15日 BLACK FROG
        MINT福岡店
10月28日 ラックス奈良柏木店
10月29日 晴れる屋福岡店
11月 3日 ファイヤボール熊本店
11月 5日 竜星のあらしinワールド
11月18日 カードショップふらっと
11月26日 カードキングダム博多住吉店
12月 3日 晴れる屋大阪店

ちなみに、賞品を今考えている最中ですが、1位と2位には黒枠デュアルランドは確定です!
そんな中、カードショップふらっと様より賞品の提供をいただきました!
S__31727620.jpg
やばくないっすか。
リバイズドスターターです!しかも、今回の為にBOXから封を切ってのご提供です!
これも賞品にします!
ふらっと様ありがとうございます!

さて、皆様!
レガシーに本気を出していきましょう!
カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

「レガシーを始めるきっかけ」クロカワ タクミインタビュー

「レガシーを始めるきっかけ」クロカワ タクミインタビュー

インタビュアー:ミズグチキヨシ

クロカワ02
(クロカワ タクミ)

レガシーフォーマットでの国内初開催は2015年のグランプリ京都でした。それに伴い新規参入したプレイヤーは数知れず。三人目となるクロカワさんもその一人。前の二人より始めた時期は早いですが、KMCへ参加していただくようになったのは最近です。環境の変化も体験したクロカワさんの語るレガシーとは。


--レガシーを始めようと思ったきっかけは何ですか?

クロカワ:2015年のグランプリ京都をきっかけに、周りでレガシーを始めようという方がたくさん出てきました。
クロカワ:それに便乗して始めたという感じですね。


--きっかけになったカードやデッキはありますか?

クロカワ:モダンでマーフォークを組んでいたんですが、レガシーを始めるにあたって周りの方達がモダンをやらなくなってしまって(笑)。

クロカワ:それだったらマーフォークをレガシーにしようと思いまして。

--なるほど。確かにマーフォークなら多くのパーツがレガシーにも流用できますね。

クロカワ03


--実際にレガシーをやってみてどうでしたか?

クロカワ:スタン、モダンと比べてカードパワーが高くて、本当に楽しいなと。

クロカワ:《真の名の宿敵》、《意志の力》、《虚空の杯》は特にパワーがあるなと感じました。

虚空の杯真の名の宿敵


クロカワ:《虚空の杯》はレガシーを始めた頃では流行っていませんでした。

クロカワ:ただ実際に使ってみると、1マナのカードが多い環境だから色んなカードをメタれて凄く強いと感じるようになりましたね。

--確かに。僕もよくやられている側です(笑)

クロカワ:(笑)

--ちなみにマーフォークを使っていて一番お気に入りのカードってありますか?

クロカワ:やっぱり《真の名の宿敵》ですね。

--レガシーならではのカードですね。

--始める前と何か印象が変わったということってありますか?

クロカワ:モダンでは《魂の洞窟》がそこまで強みを感じなかったんです。

Cavern of Souls


クロカワ:レガシーだと参入した頃は《師範の占い独楽》がまだ使用可能で、奇跡コントロールの《相殺》に対して凄く強かったんです。

クロカワ:それで《魂の洞窟》の印象はかなり変わりましたね。

--未だに部族デッキだと存在感ありますね。

クロカワ01
クロカワさんは現在デスアンドタックス(*注1)を使っています。もちろんこのデッキでも《魂の洞窟》は大活躍しています!


--普段活動されている地域はどこですか?

クロカワ:僕は地元が兵庫県なのですが、近くにカードショップが無いので、比較的近いビデオインアメリカ福知山店さんまで足を運んでよく遊んでますね。

クロカワ:FNMでレガシーとモダンをやっているので、スタンダード以外も遊べるというのは環境的には恵まれていました。

--FNMでレガシーをやっておられる店舗は大阪でも数が限られるのでなかなか貴重ですね。



--新しくレガシーを始めてみようと思っている方に向けてメッセージをお願いします。

クロカワ:資産的なことを言うと、僕も始めたときに使っていたマーフォークも、一部のカードは高いんですけど、部族デッキが好きなら比較的参入しやすいと思いますね。

クロカワ:あとはデスアンドタックスなど、なるべくデュアルランドを使わないデッキを選択しても、レガシーでしか出来ない動きというのは出来ますしね。

クロカワ:せっかくレガシーをやるならレガシーならではの動きを体験してもらいたいです。

--デュアルランドを使わなくても一線級のデッキはありますね。

クロカワ:そうですね。それを調べてみて使ってみてもレガシーは楽しめるんじゃないかなと。

--ありがとうございました。


3回に分けてレガシーに参入して比較的、日が浅いプレイヤーの方3名にインタビューを行いました。始められた理由は違えど、皆さんそれぞれレガシー環境を楽しまれていました。インタビュー中で紹介させていただいたデッキの他にも、各種デルバーデッキや土地単、リアニメイトなどレガシーならではのデッキや動きがたくさんあります。(*注2)
今回のインタビューでもしレガシー環境に興味を持っていただけましたら、一度自分にあったデッキを探してみてもいいのではないでしょうか?そのデッキを持ってぜひ近くの大会へ参加してみてください。私たちは皆さんのご参入を心待ちにしています。それではKMCの会場でお会いしましょう。


注1:デスアンドタックス(Death & Taxes)
《霊気の薬瓶》を利用した白単のビートダウン。コンボやコントロールに強い《スレイベンの守護者、サリア》とビートダウンに強い《石鍛冶の神秘家》が共存しており幅広いデッキと戦える。また《カラカス》や《リシャーダの港》を使ってテクニカルな戦略も取ることができる万能選手。デッキ名の由来は18世紀のアメリカの政治家、ベンジャミン・フランクリンの言葉から。死と税金=「逃れることができないもの」

注2:
デルバーデッキ
《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets》をデッキの中心にしたビートダウン。軽量の呪文で固められ、攻撃力と妨害能力に優れる。レガシーと言えばこれをイメージする人が多いほどポピュラーなデッキである。現在のトップメタの一角。

土地単
デッキの半分以上が土地で構成された常識破りのデッキ。《演劇の舞台》と《暗黒の深部》による一撃必殺に加え、《壌土からの生命》と《不毛の大地》によるロックを兼ね備えるデッキ。

リアニメイト
《納墓》で墓地に落としたフィニッシャーを《再活性》で場に出すデッキ。デッキ名の由来は《再活性/Reanimate》から。レガシーでは墓地から出すクリーチャーとして《グリセルブランド》、《エメリアの盾、イオナ》、《墓所のタイタン》などがよく選ばれている。
カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

「レガシーを始めるきっかけ」イズモト ヤスヒロインタビュー

「レガシーを始めるきっかけ」イズモト ヤスヒロインタビュー

インタビュアー:ミズグチ キヨシ

 イズモト01


「周りに勧められて始めました」マジック:ザ・ギャザリングに限らず多く人が通る道ではないでしょうか。最近レガシーを始めた方々にインタビューするこの企画では「どのような理由でレガシーを始めたのか?」をインタビューを通して迫っていきたいと思っています。二人目となるイズモトさんは周囲のコミュニティに誘われて始めたそうです。一体どのようなところにレガシーの魅力を感じたのでしょうか?


--レガシーを始めようと思ったきっかけは何ですか?

イズモト:きっかけはナカツカさん(Chun*注1)です

イズモト:レガシーを始めるにあたって「まず、自分がやりたいことが分かってから始めた方がいい」と言いわれました

イズモト:自分の場合は、モダンで遊んでいるうちに(マジックで)自分のやりたいことがわかってきました

イズモト:その中でナカツカさんからレガシーの環境を聞いて始めるときかなと思いました


--きっかけになったカードやデッキはありますか?

イズモト:最初はバーンを作りました

イズモト:モダンでバーンを組んで自分のやりたいことがわかったので、レガシーでもバーンをやってみたくて組みました



--実際にレガシーをやってみてどうでしたか?

イズモト:正直最初はボコボコにされました(笑)

--(笑)

イズモト:ですがとても楽しかったです

イズモト:やりたいことが分かっていて周囲に教えてくれる人がいることが一番ですね。悩んだときに色々と相談できます

イズモト:逆に理由がふわっとしているならしっかり調べてから始める方がいいです

--事前のリサーチが大切ですね

イズモト:そうですね。車の試乗会…とはちょっと違うかもしれませんが(始める前に)一度どんな環境なのか周りに聞いて遊んでみるといいですね

--友達にデッキを借りてフリープレイで遊んでみるなどの機会があればいいですね

イズモト:そうですね。そういったチャンスがあれば理想的です


--普段活動されている地域はどこですか?

さかいやとドラゴンスター岸和田店です

特にさかいやの店長さんにはデッキの相談にのってもらっています。あとは水口さんにも!

イズモト02

がっちり握手を交わす二人。イズモトさんはエルドラージやドラゴンストンピィも使っています。その際に周りからアドバイスをもらって参考にしているそうです


--最後に新しくレガシーを始めようと思っている方に向けてメッセージをいただけますか

イズモト:レガシーに限らずMTGは懐の広いゲームです。やっぱり楽しい趣味です

イズモト:その中でもレガシーはカードプールが広いのでおすすめです

イズモト:たくさん使えるカードの中からきっと自分のやりたいことが見つかると思います。レガシーは本当に楽しくて懐が広いです

イズモト:是非皆さんもレガシーを始めてみてください!



注1:Chun
KMCで活躍するコラムライター。主な著作はこちら

【コラム】ただレガシーを楽しむということ
カードの力を100%以上引き出す
【コラム】ひとつのデッキを使い続ける
【コラム】知識の蓄積は力になる
【コラム】スタックを確認する#前編
【コラム】<番外編>あまり当たらないデッキこそ知ろう~エンチャントレス編~

負けを認める
【コラム】スタックを理解する

カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

「レガシーを始めるきっかけ」ヤマダ ミツヒロインタビュー

「レガシーを始めるきっかけ」ヤマダ ミツヒロインタビュー

インタビュアー:ミズグチ キヨシ

ヤマダ01
(ヤマダ ミツヒロ)

レガシーを始めるきっかけは人それぞれ。昔使っていたカードが使いたくて、周囲に勧められて、イベントを見て興味を持ってなど様々だと思います。今回はなんと「レガシーの競技インベントに参加したくて」という向上心溢れる理由で参入したヤマダ ミツヒロさんをご紹介します。ヤマダさんの驚異的なところはなんといっても少ない参加経験の間に積み上げた実績の数々です。「日本レガシー選手権2017 Spring」で自身レガシー大会2回目にしてベスト4に、さらにその後KMCIT9th併催レガシーで優勝するなど期待の実力派プレイヤーです



--レガシーを始めようと思ったきっかけは何ですか?

ヤマダ:元々スタンとモダンをやっていて、PPTQ(プロツアー予備予選)やグランプリにも参加していました

--確かにヤマダさんは競技プレイヤーのイメージがありますね

ヤマダ:そうですね(笑)競技フォーマットを中心にプレイしています

ヤマダ:で、そんなときにGP千葉2016が開催されてフォーマットが「レガシー!?デッキ持ってない!」ってなって(笑)

ヤマダ:結局、グランプリは参加できなかったのですがレガシーをやりたい気持ちは強く残りました

ヤマダ:それにMMM(マンスリー・モダン・マスターズ *注1)に参加したときに、横でやっているKMCを見ていたのでレガシー自体に興味はありました

ヤマダ:それで思い切って始めてみようと(笑)


--レガシーを始めるきっかけになったカードやデッキはありますか?

ヤマダ:感染(*注2)ですね

ヤマダ:StarCityGamesのTom Ross(*注3)の感染を見て衝撃を受けました

--大量の強化呪文で《貴族の教主》が殴りかかってゲームを決めたり衝撃的でしたね

ヤマダ:ええ(笑)

ヤマダ:(Tom Rossの対戦)動画を見て「レガシーすげー!!」ってなりました!

ヤマダ:やはり強い人のプレイを見ているとやる気が出ますね

ぎらつかせのエルフ激励



--実際にレガシーをやってみてどうでしたか?

ヤマダ:《渦まく知識》が難しいですね。選択肢がいっぱいあります

ヤマダ:あと、試合を振り返ることがたくさんあるフォーマットですね

ヤマダ:スタンやモダンでも「あのときこうしていれば…」っていうのはあるのですがレガシーは特にそれが多いです

ヤマダ:《渦まく知識》1つを取ってもそうですがとにかく選択肢が多いです

--そこが面白いところですよね

ヤマダ:ええ。プレイしがいがあります

ヤマダ02



--普段活動されている地域はどこですか?

ヤマダ:アノアデザインです

--《意志の力》より《グリセルブランド》が多い魔境と聞きますが(笑)

ヤマダ:ええ、概ねその通りです(笑)

ヤマダ:青よりコンボが多いです


--最後に新しくレガシーを始めようと思っている方に向けてメッセージをいただけますか

ヤマダ:初期投資が大変です。自分の場合は思い切ってまとめて買いましたが人それぞれだと思います

--自分にあった集め方をするのが良さそうですね

ヤマダ:はい

ヤマダ:あとはとにかく考えることが多いフォーマットなので楽しいです!


その後ヤマダさんはグリクシスコントロールを使って見事3位に入賞しました。おめでとうございます!

Player Name:Yamada Mituhiro
Deck Name:グリコン(再活性いらないデス)
Deck Designer:

Main
4 《若き紅蓮術士/Young Pyromancer》
3 《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》
3 《グルマグのアンコウ/Gurmag Angler》
4 《渦まく知識/Brainstorm》
4 《思案/Ponder》
4 《ギタクシア派の調査/Gitaxian Probe》
2 《思考掃き/Thought Scour》
4 《陰謀団式療法/Cabal Therapy》
1 《思考囲い/Thoughtseize》
4 《稲妻/Lightning Bolt》
1 《再活性/Reanimate》
2 《コラガンの命令/Kolaghan's Command》
4 《Force of Will》
1 《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》
1 《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》
4 《汚染された三角州/Polluted Delta》
3 《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
2 《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire》
3 《Volcanic Island》
2 《Underground Sea》
1 《Badlands》
2 《島/Island》
1 《沼/Swamp》

Side
2 《血染めの月/Blood Moon》
2 《悪意の大梟/Baleful Strix》
2 《外科的摘出/Surgical Extraction》
2 《紅蓮破/Pyroblast》
2 《悪魔の布告/Diabolic Edict》
1 《侵襲手術/Invasive Surgery》
1 《真髄の針/Pithing Needle》
1 《対抗呪文/Counterspell》
1 《毒の濁流/Toxic Deluge》
1 《嵐の神、ケラノス/Keranos, God of Storms》



注1:MMM(マンスリー・モダン・マスターズ)
BIGMAGICなんば店が主催するモダンの草の根大会。平均70名を集める関西最大級の定期イベント。月に1度KMCと同時開催され会場には合計で150人近くのプレイヤーが集まる

注2:感染
感染とは「ミラディンの傷跡」ブロックでキーワード化された感染を持つカードを中心に構築されたデッキである。感染を持つクリーチャーはダメージを毒カウンターの形で対戦相手に与え、毒カウンターが10個貯まるとプレイヤーは敗北する。マジック・ザ:ギャザリングにおいて毒カウンターを減らす方法は非常に限られており、一度ダメージを受けると回復することはほぼ不可能である。現在は主にモダンやレガシーで活躍している。レガシーではモダンのカードに加え《激励》や《狂暴化》といった軽くて修正値の大きい強化呪文、《意志の力》や《目くらまし》などのピッチカウンターを使うことが出来る

注3:Tom Ross(トム・ロス)
アメリカのマジックプレイヤー。主な戦績はプロツアーホノルル2009ベスト8など。レガシーではグランプリニュージャージー2014で感染を使い準優勝している。StarCityGamesではTom Rossが描かれた毒カウンターが発売されるなど感染デッキの権威である
カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

82th KMC Top8 Deck List

82th KMC

2017.8.13
70 Players
7 Swiss Draw

82th KMC Top8 DeckList

1st Place
Player Name:Ideue Yuuki
Deck Name:膝蹴りスニーク
Deck Designer:Ideue Yuuki


Main
4 《グリセルブランド/Griselbrand》
3 《引き裂かれし永劫、エムラクール/Emrakul, the Aeons Torn》
4 《実物提示教育/Show and Tell》
4 《騙し討ち/Sneak Attack》
4 《渦まく知識/Brainstorm》
4 《思案/Ponder》
2 《定業/Preordain》
3 《予報/Predict》
1 《直観/Intuition》
3 《呪文貫き/Spell Pierce》
1 《狼狽の嵐/Flusterstorm》
4 《Force of Will》
1 《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》
3 《水蓮の花びら/Lotus Petal》
4 《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
3 《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
3 《古えの墳墓/Ancient Tomb》
2 《裏切り者の都/City of Traitors》
3 《Volcanic Island》
3 《島/Island》
1 《山/Mountain》

Side
3 《削剥/Abrade》
2 《渋面の溶岩使い/Grim Lavamancer》
2 《熱烈の神ハゾレト/Hazoret the Fervent》
2 《嵐の神、ケラノス/Keranos, God of Storms》
1 《紅蓮地獄/Pyroclasm》
1 《赤霊破/Red Elemental Blast》
1 《血染めの月/Blood Moon》
1 《狼狽の嵐/Flusterstorm》
1 《大祖始の遺産/Relic of Progenitus》
1 《魂の洞窟/Cavern of Souls》


2nd Place
Player Name:Fujihira Kohei
Deck Name:BUG Delver
Deck Designer:やすこう


Main
4 《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets》
4 《死儀礼のシャーマン/Deathrite Shaman》
3 《タルモゴイフ/Tarmogoyf》
2 《闇の腹心/Dark Confidant》
2 《真の名の宿敵/True-Name Nemesis》
1 《トレストの使者、レオヴォルド/Leovold, Emissary of Trest》
4 《渦まく知識/Brainstorm》
3 《思案/Ponder》
4 《Force of Will》
3 《目くらまし/Daze》
3 《Hymn to Tourach》
3 《突然の衰微/Abrupt Decay》
2 《致命的な一押し/Fatal Push》
1 《四肢切断/Dismember》
1 《森の知恵/Sylvan Library》
1 《最後の望み、リリアナ/Liliana, the Last Hope》
4 《不毛の大地/Wasteland》
4 《汚染された三角州/Polluted Delta》
3 《霧深い雨林/Misty Rainforest》
1 《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》
4 《Underground Sea》
2 《Bayou》
1 《Tropical Island》

Side
2 《死の重み/Dead Weight》
2 《狼狽の嵐/Flusterstorm》
1 《自然のままに/Natural State》
1 《外科的摘出/Surgical Extraction》
1 《水流破/Hydroblast》
1 《思考囲い/Thoughtseize》
1 《悪魔の布告/Diabolic Edict》
1 《無のロッド/Null Rod》
1 《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》
1 《梅澤の十手/Umezawa's Jitte》
1 《毒の濁流/Toxic Deluge》
1 《大渦の脈動/Maelstrom Pulse》
1 《ネル・トース族のメーレン/Meren of Clan Nel Toth》


3rd Place
Player Name:Yamada Mituhiro
Deck Name:グリコン(再活性いらないデス)
Deck Designer:


Main
4 《若き紅蓮術士/Young Pyromancer》
3 《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》
3 《グルマグのアンコウ/Gurmag Angler》
4 《渦まく知識/Brainstorm》
4 《思案/Ponder》
4 《ギタクシア派の調査/Gitaxian Probe》
2 《思考掃き/Thought Scour》
4 《陰謀団式療法/Cabal Therapy》
1 《思考囲い/Thoughtseize》
4 《稲妻/Lightning Bolt》
1 《再活性/Reanimate》
2 《コラガンの命令/Kolaghan's Command》
4 《Force of Will》
1 《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》
1 《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》
4 《汚染された三角州/Polluted Delta》
3 《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
2 《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire》
3 《Volcanic Island》
2 《Underground Sea》
1 《Badlands》
2 《島/Island》
1 《沼/Swamp》

Side
2 《血染めの月/Blood Moon》
2 《悪意の大梟/Baleful Strix》
2 《外科的摘出/Surgical Extraction》
2 《紅蓮破/Pyroblast》
2 《悪魔の布告/Diabolic Edict》
1 《侵襲手術/Invasive Surgery》
1 《真髄の針/Pithing Needle》
1 《対抗呪文/Counterspell》
1 《毒の濁流/Toxic Deluge》
1 《嵐の神、ケラノス/Keranos, God of Storms》


4th Place
Player Name:Sekimoto Tatsuo
Deck Name:
Deck Designer:


Main
4 《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》
4 《渦まく知識/Brainstorm》
4 《思案/Ponder》
4 《終末/Terminus》
3 《剣を鍬に/Swords to Plowshares》
3 《先触れ/Portent》
3 《予報/Predict》
3 《対抗呪文/Counterspell》
2 《呪文嵌め/Spell Snare》
1 《議会の採決/Council's Judgment》
1 《狼狽の嵐/Flusterstorm》
4 《Force of Will》
2 《ゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikar》
2 《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》
4 《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
4 《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
1 《乾燥台地/Arid Mesa》
3 《Tundra》
1 《Volcanic Island》
4 《島/Island》
2 《平地/Plains》
1 《山/Mountain》

Side
3 《神聖の力線/Leyline of Sanctity》
3 《外科的摘出/Surgical Extraction》
2 《狼狽の嵐/Flusterstorm》
2 《摩耗+損耗/Wear+Tear》
2 《紅蓮地獄/Pyroclasm》
1 《紅蓮破/Pyroblast》
1 《赤霊破/Red Elemental Blast》
1 《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》


5th Place
Player Name:Takisaka Toru
Deck Name:4c土地単
Deck Designer:Toru Takisaka


Main
4 《踏査/Exploration》
4 《ギャンブル/Gamble》
4 《輪作/Crop Rotation》
4 《罰する火/Punishing Fire》
4 《壌土からの生命/Life from the Loam》
1 《溶鉄の渦/Molten Vortex》
4 《モックス・ダイアモンド/Mox Diamond》
4 《演劇の舞台/Thespian's Stage》
4 《燃え柳の木立ち/Grove of the Burnwillows》
4 《不毛の大地/Wasteland》
4 《リシャーダの港/Rishadan Port》
3 《暗黒の深部/Dark Depths》
3 《Maze of Ith》
1 《The Tabernacle at Pendrell Vale》
1 《Karakas》
1 《Glacial Chasm》
1 《古えの墳墓/Ancient Tomb》
1 《幽霊街/Ghost Quarter》
1 《平穏な茂み/Tranquil Thicket》
1 《ボジューカの沼/Bojuka Bog》
1 《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》
1 《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
1 《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》
1 《森/Forest》

Side
4 《抵抗の宝球/Sphere of Resistance》
3 《クローサの掌握/Krosan Grip》
3 《未練ある魂/Lingering Souls》
2 《アメジストのとげ/Thorn of Amethyst》
1 《つぶやき林/Murmuring Bosk》
1 《虚空の杯/Chalice of the Void》
1 《真髄の針/Pithing Needle》


6th Place
Player Name:Yamanaka Kousuke
Deck Name:Tin Fin(Tendrils less)
Deck Designer:大阪布団會


Main
3 《グリセルブランド/Griselbrand》
1 《墓所のタイタン/Grave Titan》
1 《コーリスの子/Children of Korlis》
1 《引き裂かれし永劫、エムラクール/Emrakul, the Aeons Torn》
4 《渦まく知識/Brainstorm》
4 《思案/Ponder》
4 《暗黒の儀式/Dark Ritual》
4 《納墓/Entomb》
4 《浅すぎる墓穴/Shallow Grave》
2 《再活性/Reanimate》
2 《御霊の復讐/Goryo's Vengeance》
3 《陰謀団式療法/Cabal Therapy》
2 《思考囲い/Thoughtseize》
3 《集団的蛮行/Collective Brutality》
3 《暴露/Unmask》
4 《水蓮の花びら/Lotus Petal》
4 《汚染された三角州/Polluted Delta》
2 《湿地の干潟/Marsh Flats》
1 《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
1 《Lake of the Dead》
3 《Underground Sea》
2 《Scrubland》
1 《島/Island》
1 《沼/Swamp》

Side
2 《剣を鍬に/Swords to Plowshares》
2 《静寂/Serenity》
2 《僧院の導師/Monastery Mentor》
2 《実物提示教育/Show and Tell》
2 《最後の望み、リリアナ/Liliana, the Last Hope》
1 《真髄の針/Pithing Needle》
1 《漸増爆弾/Ratchet Bomb》
1 《残響する真実/Echoing Truth》
1 《墓所のタイタン/Grave Titan》
1 《Lake of the Dead》


7th Place
Player Name:Shibata Masataka
Deck Name:祝 Storm部完売
Deck Designer:


Main
4 《死儀礼のシャーマン/Deathrite Shaman》
4 《ワイアウッドの共生虫/Wirewood Symbiote》
4 《エルフの幻想家/Elvish Visionary》
3 《遺産のドルイド/Heritage Druid》
3 《イラクサの歩哨/Nettle Sentinel》
3 《クウィリーオン・レインジャー/Quirion Ranger》
2 《樺の知識のレインジャー/Birchlore Rangers》
2 《孔蹄のビヒモス/Craterhoof Behemoth》
1 《ドゥイネンの精鋭/Dwynen's Elite》
1 《再利用の賢者/Reclamation Sage》
1 《レンの地の群れ使い/Wren's Run Packmaster》
1 《トレストの使者、レオヴォルド/Leovold, Emissary of Trest》
4 《緑の太陽の頂点/Green Sun's Zenith》
4 《垣間見る自然/Glimpse of Nature》
4 《自然の秩序/Natural Order》
4 《ガイアの揺籃の地/Gaea's Cradle》
2 《ドライアドの東屋/Dryad Arbor》
1 《魂の洞窟/Cavern of Souls》
2 《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》
2 《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》
2 《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
1 《霧深い雨林/Misty Rainforest》
2 《Bayou》
1 《Tropical Island》
2 《森/Forest》

Side
3 《陰謀団式療法/Cabal Therapy》
3 《突然の衰微/Abrupt Decay》
1 《思考囲い/Thoughtseize》
1 《クローサの掌握/Krosan Grip》
1 《外科的摘出/Surgical Extraction》
1 《森の知恵/Sylvan Library》
1 《無のロッド/Null Rod》
1 《漁る軟泥/Scavenging Ooze》
1 《自由なる者ルーリク・サー/Ruric Thar, the Unbowed》
1 《世界棘のワーム/Worldspine Wurm》
1 《野生語りのガラク/Garruk Wildspeaker》


8th Place
Player Name:Mizuguchi Kiyoshi
Deck Name:組合
Deck Designer:田中ポリス


Main
4 《死儀礼のシャーマン/Deathrite Shaman》
4 《悪意の大梟/Baleful Strix》
4 《洞窟のハーピー/Cavern Harpy》
4 《断片無き工作員/Shardless Agent》
3 《トレストの使者、レオヴォルド/Leovold, Emissary of Trest》
2 《寄生的な大梟/Parasitic Strix》
1 《とぐろ巻きの巫女/Coiling Oracle》
4 《渦まく知識/Brainstorm》
3 《思案/Ponder》
3 《突然の衰微/Abrupt Decay》
4 《Force of Will》
4 《魔の魅惑/Aluren》
3 《汚染された三角州/Polluted Delta》
3 《霧深い雨林/Misty Rainforest》
3 《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》
2 《Underground Sea》
2 《Tropical Island》
2 《Bayou》
2 《森/Forest》
2 《島/Island》
1 《沼/Swamp》

Side
2 《花の絨毯/Carpet of Flowers》
2 《第四橋をうろつく者/Fourth Bridge Prowler》
2 《外科的摘出/Surgical Extraction》
2 《思考囲い/Thoughtseize》
1 《夜の戦慄/Dread of Night》
1 《墓掘りの檻/Grafdigger's Cage》
1 《真髄の針/Pithing Needle》
1 《悪魔の布告/Diabolic Edict》
1 《梅澤の十手/Umezawa's Jitte》
1 《クローサの掌握/Krosan Grip》
1 《毒の濁流/Toxic Deluge》
カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

第82回KMC動画

第82回KMC決勝戦Game1動画


第82回KMC決勝戦Game2動画

カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

10th KMCIT 日程決定!

いつもお世話になっております!

10thKMCインビテーショナル(以下、KMCIT)の日程が1月21日(日)に決まりましたので、ご報告させていただきます!
詳細は下記をご参照ください!

先日も告知しました通り、今回は記念すべき第10回目のKMCITとなりますので賞品が豪華です!
優勝者には、多言語黒枠《Volcanic Island》が贈呈されます!
また、過去にKMCITにて優勝された方全員に参加権利がございます!
もちろんポイントレース上位者にも権利はございます!

ポイントレース対象KMCは今後変更の可能性もありますが、残すところあと8回となっております!
ぜひ皆さま奮闘ください!

ポイントレース、コミュニティ戦もしております!
上位3チームに賞品を贈呈します!
賞品は、KMCダイスやKMCトークン、その他サプライを予定しております!

今回はKMCポイント配分を12位までに拡げています。
是非上位を目指してください!

第10回KMCインビテーショナル

日程:1月21日(日)
フォーマット:レガシー
参加費:無料
受付:13:15

■会場
港区民センター

大阪市港区弁天2-1-5

■アクセス
地下鉄中央線・JR環状線  弁天町駅 徒歩7分

■備考
招待制の大会です。当日は、どなたでもご参加いただける併催レガシーも開催されます。

WPN主催店舗:BIGMAGICなんば店


KMCポイントレースについて

第10回KMCITは、招待制の参加無料のレガシーイベントとなります。
参加権利条件は、以下の通りとなります。

【KMCIT参加条件】
・過去のKMCIT優勝者
・ポイントレース上位16位タイ

【ポイント配分】
1位5P
2位4P
3位3P
4位3P
5~12位2P
以下1P

半期のポイントの合計を集計し、その上位16位タイの方々に参加権利を付与します。

【BYEについて】
ポイントレース個人1位のプレイヤーに1BYE。

【賞品】
優勝者に多言語黒枠《Volcanic Island》

カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

遠征をしよう!~九州レガシー選手権100th FPL~

いつもお世話になっております!
KMC主催のせれでございます。

今回は、「遠征をしよう!」と題しまして、関西以外で行われているイベントの紹介などを勝手にしていこうと思っております。
ちなみに、まじで勝手に紹介していますので、問題あるようならご連絡ください。削除いたします。

ってことで、第1回目は、九州で行われているレガシーイベント「Fukuoka Premium Legacy(以下FPL)」の記念すべき100回目となるイベント「九州レガシー選手権100th FPL」についてのご紹介です!

とりあえず、僕のしょーもない話もするので、長くなりますがお付き合いください(笑


イベントを盛り上げる為にどうすればいいのか。他のイベントを参考にしてみよう!ということで、昔色々と検索しまくったことがありました。
検索してまず最初に思ったことは、イベントの告知はするんだけど、結果を載せない。
デッキリストが無い。どんなイベントだったのか分からない。
「レガシーしたい!どっかでイベントやってないかな?」って思ってイベント告知を見つけたらそりゃまぁとりあえず行くんだけど。
どんなイベントか分かったほうがワクワクするし、当日寝過ごす確率も減るはず!

マジックやっててネットで見るものって大半がデッキリストじゃない?そりゃ暇なら動画とかコラムとか見ようと思うけどさ?
今や晴れる屋さんがデッキリスト更新しまくってますけど、レガシーのデッキリスト見ようと思ったら海外サイトを見るほか無かった。
それくらい、本当にデッキリストをどこも載せない。
けど、それをやっていたイベントがFPLさんでした。

やっぱりそういうイベントなので、色々と試行錯誤をされていました。
賞品の受け渡し方とか色々。

「あー、日本のレガシーのイベントでやる気があるのはここだけなのかな。」と、他のイベント主催者の方々には申し訳ないですが、ネットを通してはそう感じてしまいました。
あ、そりゃ関東で開催されていたAMCさんとかすごいんですよ。
もちろん参考にしました。
AMCさんを参考にせず、一体どこを参考にするのかレベルですよ。
けど、個人的な感想で言えば、熱を感じたのはFPLさんでした。

そんなFPLさんの100回目となる記念大会は、めちゃくちゃ豪華みたいです!
遠征して、万が一優勝したら、めっちゃ気持ちいいし、めっちゃかっこよくないですか?
僕もめっちゃ遠征してみたいです!
関西から颯爽と現れたレガシープレイヤーが優勝!ないしは、TOP8!
かっけー!

たまにKMCに遠征してくださる方々がいらっしゃいます。
めちゃくちゃ嬉しいです。
まじでありがとうございます!
この前の二日連続KMCのために、ホテルを取り、一人で四国のほぼ九州くらいの位置から来て下さった方がいて、感動しました!
この場をお借りしてお礼申し上げます。

まぁそんなことで、関西の皆さんも遠征しましょうよ!

ちなみに交通費は、ピーチで飛行機でいくなら、開催日前日の8月19日から開催日翌日の8月21日の復路で19950円です。
ホテル安いとこ泊まったら二泊で10000円くらいです。
イベント参加費予約で4000円みたいなので、35000円あったら九州レガシー選手権の優勝狙えます!

福岡は方言がかわいいし、食べ物もおいしいし、修羅の国だし。

行く価値あり!!

ってことで、そんな九州レガシー選手権のトライアルをKMCにて開催させていただけることになりました!
アポ取ってトライアルさせてもらえるように土下座しました!
次のKMCは、通常のKMCに加えて、優勝者には「九州レガシー選手権100th FPL」での1BYEが授与されます。

ちなみに、このコラムは宣伝ではなく、全てまじで本音の記事なので!
ついでに宣伝してるだけです!
皆様是非次のKMCに参加して、BYEを手に入れ、九州遠征をしましょう!

以下、次回KMCの告知と、「九州レガシー選手権100th FPL」の告知です。

第82回KMC
日程:8月13日(日)
フォーマット:レガシー
参加費:1000円
受付:13:15

■会場
港区民センター

大阪市港区弁天2-1-5

■アクセス
地下鉄中央線・JR環状線  弁天町駅 徒歩7分

WPN主催店舗:BIGMAGICなんば店


九州レガシー選手権100th FPL

【日時】
8月20日(日)
受付10:00-10:45

【フォーマット】
レガシー

【試合形式】
スイスラウンド4-7回戦
上位8名による決勝トーナメント

【会場】
晴れる屋福岡店
〒810-0041
福岡県福岡市中央区大名2丁目1-53 天神吉田ビル6階
HP→http://www.hareruyamtg.com/jp/store/fukuoka_top.aspx

【定員】
100名

【参加費】
予約受付)4000円
当日受付)4500円

【予約受付】
受付窓口は晴れる屋福岡店になります
予約受付期間8/1~8/19(23:59まで)
店頭・電話・メールによる受付対応(営業時間外はメールのみ)
名前・DCIナンバーが受付で必要になります(参加費の支払いは大会当日です)
メール)hareruya.fukuoka@gmail.com
電話)092-707-3232

【賞品】
1st…Underground Sea
2nd…Volcanic Island
3rd…Tundra
4th…Bayou
5th…Savannah
6th…Scrubland
7th…Taiga
8th…Plateau

上位16名には副賞として、16個の賞品から順位取り
黒枠Tropical Island
Badlands
From the Vault:Twenty
GP名古屋エンジェルプレイマット


【オンラインペアリング】
対戦組み合わせ等をスマホから確認出来るオンラインペアリングが当日使用可能です。
下記からダウンロード可能です。
http://www.hareruyamtg.com/onlinepairing/fukuoka.html

【注意事項】
・DCIナンバーが必要になります。
・カードは新旧混ざると判別可能ですので、不透明スリーブをご使用ください。四隅が同色でないスリーブの使用は出来ません。
・貴重品の管理は自己責任でお願いします。
・本大会はみんなでMTGを楽しむためのものです。イカサマ等に対しては厳しい対応を致します。
・会場内でのトレード及び金銭のやりとりは禁止です。

【運営】
晴れる屋福岡店
アラキ(ヘッドジャッジ)
スミカワ(ジャッジ)
しるびあ(主催)

【問い合わせ先】
ご不明点等あれば、気軽に問い合わせ下さい。
しるびあ
s15silviawataru@yahoo.co.jp
晴れる屋福岡店
メール)hareruya.fukuoka@gmail.com
電話)092-707-3232

カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

Blog

KMCITポイントレース

○ ポイントレースについて

SEED Hadara Danpei

8 Hori Masataka
7 Yamanaka Kousuke
6 Doi Satsuki
6 Ishii Takuya
6 Kanbara Hokuto
6 Sekimoto Tatsuo
6 Yamada Mituhiro
5 Hayashibara Kazuki
5 Naoya Kawakami
5 Kodaira Syouta
5 Naota Kagotani
5 Yanagisawa Yuta
【更に見る】

コミュニティ戦ランキング

18 コストオーバー
13 Dread of Knights
12 ちびマルイちゃん
12 MTG With プロゲーマー
12 コダイラが来る Second Season
10 どつきまわしたれ本舗
10 Traiad Primus
9 Stronger Kanbara
8 ヒゲと愉快な仲間たち
6 ヒロイン特撮研究所
6 ノーエムラさべ太郎

TOP8DeckList

MOVIE

コラム

○ Eternal Party2017 カバレージNew!
○ MMM Finals 2017参加レポートNew!
○ 関西のエターナル事情(レガシー&モダン)New!
○ EternalParty2017の事前予約迫る!!賞品も決定!!

【過去の記事を読む】

twitter

WPN主催店舗について

KMCが運営するイベントは、一部の例外を除き、BIGMAGICなんば店にて主催されております。
検索フォーム
最新コメント
カウンター
管理用

Appendix