KMC Schedule
127th KMC
7月5日(Sun)
受付:13:30
開始:14:00
参加費:1000円
フォーマット:Legacy
定員:100名
会場:福島区民センター
最寄り駅:地下鉄千日前線「野田阪神駅」徒歩7分

[[今後の予定を更に見る]]

関西レガシーカレンダー(間違っていても責任は負いません。)
第126回KMC決勝戦動画

13thKMCIT 併催レガシー Top8 Deck List

13th KMCIT Side Event Legacy
2019.6.30
42 Players
6 Swiss Draw

13th KMCIT Side Event Legacy Top8 DeckList

1st Place
Player Name:Kurita Yudai
Deck Name:さうすぽー流
Deck Designer:山田さん


Main
4 《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets》
4 《敏捷なマングース/Nimble Mongoose》
3 《真の名の宿敵/True-Name Nemesis》
1 《タルモゴイフ/Tarmogoyf》
4 《渦まく知識/Brainstorm》
4 《思案/Ponder》
4 《稲妻/Lightning Bolt》
4 《もみ消し/Stifle》
4 《目くらまし/Daze》
4 《Force of Will》
2 《呪文貫き/Spell Pierce》
1 《呪文嵌め/Spell Snare》
2 《レンと六番/Wrenn and Six》
4 《不毛の大地/Wasteland》
1 《焦熱島嶼域/Fiery Islet》
4 《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
2 《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
2 《汚染された三角州/Polluted Delta》
3 《Volcanic Island》
3 《Tropical Island》

Side
2 《紅蓮破/Pyroblast》
2 《古えの遺恨/Ancient Grudge》
2 《外科的摘出/Surgical Extraction》
1 《赤霊破/Red Elemental Blast》
1 《水流破/Hydroblast》
1 《青霊破/Blue Elemental Blast》
1 《冬の宝珠/Winter Orb》
1 《硫黄の渦/Sulfuric Vortex》
1 《タルモゴイフ/Tarmogoyf》
1 《若き紅蓮術士/Young Pyromancer》
1 《蒸気の絡みつき/Vapor Snag》
1 《狼狽の嵐/Flusterstorm》


2nd Place
Player Name:Okawa Hiroshi
Deck Name:リューホースペシャル
Deck Designer:


Main
3 《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》
2 《僧院の導師/Monastery Mentor》
4 《渦まく知識/Brainstorm》
4 《思案/Ponder》
4 《剣を鍬に/Swords to Plowshares》
4 《Force of Will》
4 《終末/Terminus》
2 《呪文貫き/Spell Pierce》
2 《議会の採決/Council's Judgment》
1 《定業/Preordain》
1 《予報/Predict》
1 《ドビンの拒否権/Dovin's Veto》
1 《相殺/Counterbalance》
1 《基本に帰れ/Back to Basics》
2 《覆いを割く者、ナーセット/Narset, Parter of Veils》
2 《時を解す者、テフェリー/Teferi, Time Raveler》
2 《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》
1 《ドミナリアの英雄、テフェリー/Teferi, Hero of Dominaria》
4 《虹色の眺望/Prismatic Vista》
4 《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
1 《Karakas》
1 《Tundra》
6 《島/Island》
3 《平地/Plains》

Side
2 《外科的摘出/Surgical Extraction》
2 《狼狽の嵐/Flusterstorm》
2 《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》
2 《解呪/Disenchant》
1 《相殺/Counterbalance》
1 《基本に帰れ/Back to Basics》
1 《水流破/Hydroblast》
1 《青霊破/Blue Elemental Blast》
1 《封じ込める僧侶/Containment Priest》
1 《減衰球/Damping Sphere》
1 《ゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikar》


3rd Place
Player Name:Kotsuji Ryou
Deck Name:びーじーでぷす
Deck Designer:こっつん


Main
4 《吸血鬼の呪詛術士/Vampire Hexmage》
3 《闇の腹心/Dark Confidant》
2 《森を護る者/Sylvan Safekeeper》
4 《思考囲い/Thoughtseize》
4 《輪作/Crop Rotation》
3 《突然の衰微/Abrupt Decay》
2 《コジレックの審問/Inquisition of Kozilek》
1 《強迫/Duress》
1 《壌土からの生命/Life from the Loam》
1 《森の占術/Sylvan Scrying》
1 《Hymn to Tourach》
2 《森の知恵/Sylvan Library》
4 《モックス・ダイアモンド/Mox Diamond》
1 《探検の地図/Expedition Map》
4 《暗黒の深部/Dark Depths》
4 《演劇の舞台/Thespian's Stage》
4 《ヨーグモスの墳墓、アーボーグ/Urborg, Tomb of Yawgmoth》
3 《不毛の大地/Wasteland》
1 《ボジューカの沼/Bojuka Bog》
1 《セジーリのステップ/Sejiri Steppe》
1 《育成泥炭地/Nurturing Peatland》
3 《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》
1 《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire》
1 《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
2 《Bayou》
1 《冠雪の森/Snow-Covered Forest》
1 《冠雪の沼/Snow-Covered Swamp》

Side
2 《外科的摘出/Surgical Extraction》
2 《毒の濁流/Toxic Deluge》
1 《ドライアドの東屋/Dryad Arbor》
1 《幽霊街/Ghost Quarter》
1 《Karakas》
1 《夜の戦慄/Dread of Night》
1 《Hymn to Tourach》
1 《消耗の儀式/Rite of Consumption》
1 《ゴルガリの魔除け/Golgari Charm》
1 《暗殺者の戦利品/Assassin's Trophy》
1 《最後の望み、リリアナ/Liliana, the Last Hope》
1 《絶望の力/Force of Despair》
1 《疫病を仕組むもの/Plague Engineer》


4th Place
Player Name:Kamimura Yohei
Deck Name:赤単エルドラージ
Deck Designer:djizmaさん


Main
4 《ゴブリンの熟練扇動者/Goblin Rabblemaster》
4 《現実を砕くもの/Reality Smasher》
4 《難題の予見者/Thought-Knot Seer》
4 《猿人の指導霊/Simian Spirit Guide》
2 《ゴブリンのクレーター掘り/Goblin Cratermaker》
1 《熱烈の神ハゾレト/Hazoret the Fervent》
1 《戦慄衆の勇者、ネヘブ/Neheb, Dreadhorde Champion》
4 《罰する火/Punishing Fire》
2 《焦熱の合流点/Fiery Confluence》
1 《削剥/Abrade》
4 《血染めの太陽/Blood Sun》
4 《虚空の杯/Chalice of the Void》
2 《金属モックス/Chrome Mox》
1 《混沌の船長、アングラス/Angrath, Captain of Chaos》
4 《古えの墳墓/Ancient Tomb》
4 《裏切り者の都/City of Traitors》
4 《エルドラージの寺院/Eldrazi Temple》
4 《燃え柳の木立ち/Grove of the Burnwillows》
6 《冠雪の山/Snow-Covered Mountain》

Side
4 《虚空の力線/Leyline of the Void》
2 《沸騰/Boil》
2 《死亡+退場/Dead/Gone》
2 《転倒の磁石/Tumble Magnet》
2 《三なる宝球/Trinisphere》
2 《魔術遠眼鏡/Sorcerous Spyglass》
1 《エルドラージの寸借者/Eldrazi Obligator》


5th Place
Player Name:Watanabe Takumi
Deck Name:青白ミラクル
Deck Designer:わったー


Main
4 《渦まく知識/Brainstorm》
4 《思案/Ponder》
4 《剣を鍬に/Swords to Plowshares》
4 《Force of Will》
2 《呪文貫き/Spell Pierce》
2 《目くらまし/Daze》
2 《対抗呪文/Counterspell》
2 《ドビンの拒否権/Dovin's Veto》
1 《悟りの教示者/Enlightened Tutor》
4 《安らかなる眠り/Rest in Peace》
3 《エネルギー・フィールド/Energy Field》
2 《基本に帰れ/Back to Basics》
2 《Helm of Obedience》
2 《ドミナリアの英雄、テフェリー/Teferi, Hero of Dominaria》
1 《覆いを割く者、ナーセット/Narset, Parter of Veils》
1 《時を解す者、テフェリー/Teferi, Time Raveler》
4 《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
3 《汚染された三角州/Polluted Delta》
1 《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
1 《Karakas》
1 《Tundra》
7 《島/Island》
3 《平地/Plains》

Side
3 《終末/Terminus》
2 《議会の採決/Council's Judgment》
2 《至高の評決/Supreme Verdict》
2 《光輝王の昇天/Luminarch Ascension》
2 《封じ込める僧侶/Containment Priest》
2 《解呪/Disenchant》
1 《謙虚/Humility》
1 《覆いを割く者、ナーセット/Narset, Parter of Veils》


6th Place
Player Name:Yamada Taichiro
Deck Name:汚い方
Deck Designer:ヤマダタイチロウ


Main
4 《悪意の大梟/Baleful Strix》
3 《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》
1 《グルマグのアンコウ/Gurmag Angler》
4 《渦まく知識/Brainstorm》
4 《思案/Ponder》
4 《Force of Will》
3 《Hymn to Tourach》
3 《コラガンの命令/Kolaghan's Command》
2 《稲妻/Lightning Bolt》
2 《致命的な一押し/Fatal Push》
2 《リリアナの勝利/Liliana's Triumph》
1 《思考囲い/Thoughtseize》
1 《コジレックの審問/Inquisition of Kozilek》
2 《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》
1 《最後の望み、リリアナ/Liliana, the Last Hope》
1 《覆いを割く者、ナーセット/Narset, Parter of Veils》
1 《龍神、ニコル・ボーラス/Nicol Bolas, Dragon-God》
4 《汚染された三角州/Polluted Delta》
4 《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
2 《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire》
3 《Underground Sea》
2 《Volcanic Island》
1 《Badlands》
2 《島/Island》
2 《沼/Swamp》
1 《山/Mountain》

Side
3 《外科的摘出/Surgical Extraction》
2 《基本に帰れ/Back to Basics》
2 《紅蓮破/Pyroblast》
1 《赤霊破/Red Elemental Blast》
1 《水流破/Hydroblast》
1 《狼狽の嵐/Flusterstorm》
1 《夜の戦慄/Dread of Night》
1 《湿地での被災/Marsh Casualties》
1 《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》
1 《毒の濁流/Toxic Deluge》
1 《アングラスの暴力/Angrath's Rampage》


7th Place
Player Name:Tanabe Ryouichi
Deck Name:衝撃の戦慄予言にダク・フェイデン
Deck Designer:


Main
4 《戦慄衆の秘儀術師/Dreadhorde Arcanist》
4 《断片無き工作員/Shardless Agent》
2 《タルモゴイフ/Tarmogoyf》
4 《渦まく知識/Brainstorm》
4 《稲妻/Lightning Bolt》
4 《衝撃の足音/Crashing Footfalls》
4 《Force of Will》
3 《祖先の幻視/Ancestral Vision》
3 《罰する火/Punishing Fire》
3 《予言により/As Foretold》
1 《森の知恵/Sylvan Library》
2 《ダク・フェイデン/Dack Fayden》
3 《燃え柳の木立ち/Grove of the Burnwillows》
2 《不毛の大地/Wasteland》
4 《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
2 《霧深い雨林/Misty Rainforest》
2 《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》
3 《Volcanic Island》
2 《Tropical Island》
2 《島/Island》
1 《森/Forest》
1 《山/Mountain》

Side
4 《虚空の力線/Leyline of the Void》
3 《否定の力/Force of Negation》
2 《削剥/Abrade》
2 《真髄の針/Pithing Needle》
2 《燃えがら蔦/Cindervines》
1 《不毛の大地/Wasteland》
1 《溜め込み屋のアウフ/Collector Ouphe》


8th Place
Player Name:Banba Taiki
Deck Name:ありふれた鉄屑で世界最強
Deck Designer:坂上さつき


Main
4 《歩行バリスタ/Walking Ballista》
4 《大霊堂のスカージ/Vault Skirge》
4 《電結の荒廃者/Arcbound Ravager》
4 《鋼の監視者/Steel Overseer》
3 《搭載歩行機械/Hangarback Walker》
3 《磁石のゴーレム/Lodestone Golem》
1 《屑鉄場の再構成機/Scrapyard Recombiner》
4 《虚空の杯/Chalice of the Void》
4 《水蓮の花びら/Lotus Petal》
4 《アメジストのとげ/Thorn of Amethyst》
2 《オパールのモックス/Mox Opal》
2 《大いなる創造者、カーン/Karn, the Great Creator》
4 《古えの墳墓/Ancient Tomb》
4 《裏切り者の都/City of Traitors》
4 《不毛の大地/Wasteland》
4 《ミシュラの工廠/Mishra's Factory》
3 《爆発域/Blast Zone》
1 《発明博覧会/Inventors' Fair》
1 《Karakas》

Side
4 《虚空の力線/Leyline of the Void》
3 《罠の橋/Ensnaring Bridge》
2 《呪文滑り/Spellskite》
1 《磁石のゴーレム/Lodestone Golem》
1 《魔術遠眼鏡/Sorcerous Spyglass》
1 《梅澤の十手/Umezawa's Jitte》
1 《真理と正義の剣/Sword of Truth and Justice》
1 《屑鉄場の再構成機/Scrapyard Recombiner》
1 《ウルザの後継、カーン/Karn, Scion of Urza》
スポンサーサイト



カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

13th KMC Invitational 5-19th Deck List

13th KMC Invitational

2019.6.30
19 Players
5 Swiss Draw + 2 Single Elimination

13th KMC Invitational 5th - 19th DeckList

5th Place
Player Name:Sekimoto Tatsuo
Deck Name:
Deck Designer:

Main
3 《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》
1 《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》
4 《渦まく知識/Brainstorm》
4 《思案/Ponder》
4 《剣を鍬に/Swords to Plowshares》
4 《Force of Will》
2 《先触れ/Portent》
2 《対抗呪文/Counterspell》
2 《議会の採決/Council's Judgment》
2 《否定の力/Force of Negation》
2 《至高の評決/Supreme Verdict》
2 《終末/Terminus》
1 《紅蓮破/Pyroblast》
2 《相殺/Counterbalance》
3 《覆いを割く者、ナーセット/Narset, Parter of Veils》
2 《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》
4 《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
3 《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
2 《虹色の眺望/Prismatic Vista》
2 《Tundra》
1 《Volcanic Island》
5 《島/Island》
2 《平地/Plains》
1 《山/Mountain》

Side
2 《僧院の導師/Monastery Mentor》
2 《基本に帰れ/Back to Basics》
2 《赤霊破/Red Elemental Blast》
1 《紅蓮破/Pyroblast》
1 《水流破/Hydroblast》
1 《外科的摘出/Surgical Extraction》
1 《狼狽の嵐/Flusterstorm》
1 《解呪/Disenchant》
1 《摩耗+損耗/Wear+Tear》
1 《モグの分捕り/Mogg Salvage》
1 《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》
1 《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》


6th Place
Player Name:Harada Danpei
Deck Name:Aluren
Deck Designer:

Main
4 《悪意の大梟/Baleful Strix》
4 《明日の見張り/Watcher for Tomorrow》
4 《洞窟のハーピー/Cavern Harpy》
4 《断片無き工作員/Shardless Agent》
1 《臓物の予見者/Viscera Seer》
1 《死者のインプ/Cadaver Imp》
1 《寄生的な大梟/Parasitic Strix》
1 《永遠の証人/Eternal Witness》
1 《トレストの使者、レオヴォルド/Leovold, Emissary of Trest》
4 《渦まく知識/Brainstorm》
4 《Force of Will》
3 《思案/Ponder》
3 《突然の衰微/Abrupt Decay》
2 《陰謀団式療法/Cabal Therapy》
3 《魔の魅惑/Aluren》
1 《森の知恵/Sylvan Library》
4 《汚染された三角州/Polluted Delta》
2 《霧深い雨林/Misty Rainforest》
2 《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》
1 《虹色の眺望/Prismatic Vista》
2 《Underground Sea》
2 《Tropical Island》
1 《Bayou》
2 《島/Island》
2 《沼/Swamp》
1 《森/Forest》

Side
3 《花の絨毯/Carpet of Flowers》
2 《疫病を仕組むもの/Plague Engineer》
2 《否定の力/Force of Negation》
2 《フェアリーの忌み者/Faerie Macabre》
1 《水流破/Hydroblast》
1 《突然の衰微/Abrupt Decay》
1 《虚無の呪文爆弾/Nihil Spellbomb》
1 《墓掘りの檻/Grafdigger's Cage》
1 《ネル・トース族のメーレン/Meren of Clan Nel Toth》
1 《疫病造り師/Plaguecrafter》


7th Place
Player Name:Hiroi Naoto
Deck Name:黒単リアニ
Deck Designer:きどりくん

Main
4 《墓所のタイタン/Grave Titan》
2 《グリセルブランド/Griselbrand》
1 《エメリアの盾、イオナ/Iona, Shield of Emeria》
1 《灰燼の乗り手/Ashen Rider》
1 《大修道士、エリシュ・ノーン/Elesh Norn, Grand Cenobite》
4 《暗黒の儀式/Dark Ritual》
4 《再活性/Reanimate》
4 《納墓/Entomb》
4 《思考囲い/Thoughtseize》
4 《Hymn to Tourach》
4 《集団的蛮行/Collective Brutality》
4 《動く死体/Animate Dead》
2 《小悪疫/Smallpox》
2 《暴露/Unmask》
2 《Lake of the Dead》
17 《沼/Swamp》

Side
4 《虚空の力線/Leyline of the Void》
4 《漸増爆弾/Ratchet Bomb》
3 《虐殺/Massacre》
2 《暴露/Unmask》
2 《非業の死/Perish》


8th Place
Player Name:Doi Satsuki
Deck Name:Thalia Chan Fan Club
Deck Designer:All

Main
4 《ルーンの母/Mother of Runes》
1 《ルーンの与え手/Giver of Runes》
4 《スレイベンの守護者、サリア/Thalia, Guardian of Thraben》
4 《石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mystic》
1 《セラの報復者/Serra Avenger》
1 《ファイレクシアの破棄者/Phyrexian Revoker》
1 《高名な弁護士、トミク/Tomik, Distinguished Advokist》
4 《ちらつき鬼火/Flickerwisp》
2 《護衛募集員/Recruiter of the Guard》
1 《聖域の僧院長/Sanctum Prelate》
1 《オレスコスの王、ブリマーズ/Brimaz, King of Oreskos》
1 《疫病を仕組むもの/Plague Engineer》
1 《宮殿の看守/Palace Jailer》
4 《剣を鍬に/Swords to Plowshares》
4 《霊気の薬瓶/AEther Vial》
1 《梅澤の十手/Umezawa's Jitte》
1 《火と氷の剣/Sword of Fire and Ice》
1 《殴打頭蓋/Batterskull》
4 《不毛の大地/Wasteland》
4 《リシャーダの港/Rishadan Port》
3 《Karakas》
2 《湿地の干潟/Marsh Flats》
2 《Scrubland》
1 《冠雪の平地/Snow-Covered Plains》
7 《平地/Plains》

Side
2 《外科的摘出/Surgical Extraction》
2 《議会の採決/Council's Judgment》
2 《大変動/Cataclysm》
2 《ゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikar》
1 《黒き剣のギデオン/Gideon Blackblade》
1 《天界の粛清/Celestial Purge》
1 《ギデオンの勝利/Gideon's Triumph》
1 《安らかなる眠り/Rest in Peace》
1 《呪文滑り/Spellskite》
1 《聖域の僧院長/Sanctum Prelate》
1 《疫病を仕組むもの/Plague Engineer》


9th Place
Player Name:Kagotani Naota
Deck Name:
Deck Designer:

Main
3 《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》
3 《僧院の導師/Monastery Mentor》
4 《渦まく知識/Brainstorm》
4 《思案/Ponder》
4 《剣を鍬に/Swords to Plowshares》
4 《Force of Will》
3 《終末/Terminus》
2 《先触れ/Portent》
1 《呪文嵌め/Spell Snare》
1 《紅蓮破/Pyroblast》
1 《対抗呪文/Counterspell》
1 《ドビンの拒否権/Dovin's Veto》
1 《議会の採決/Council's Judgment》
2 《相殺/Counterbalance》
3 《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》
2 《覆いを割く者、ナーセット/Narset, Parter of Veils》
1 《ドミナリアの英雄、テフェリー/Teferi, Hero of Dominaria》
4 《虹色の眺望/Prismatic Vista》
4 《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
1 《乾燥台地/Arid Mesa》
2 《Tundra》
1 《Volcanic Island》
5 《島/Island》
2 《平地/Plains》
1 《山/Mountain》

Side
2 《外科的摘出/Surgical Extraction》
2 《呪文貫き/Spell Pierce》
2 《基本に帰れ/Back to Basics》
2 《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》
1 《解呪/Disenchant》
1 《紅蓮破/Pyroblast》
1 《赤霊破/Red Elemental Blast》
1 《水流破/Hydroblast》
1 《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》
1 《オジュタイの模範/Ojutai Exemplars》
1 《自然の詠唱/Nature's Chant》


10th Place
Player Name:Nunotani Akira
Deck Name:UWトークン
Deck Designer:さつき姫

Main
3 《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》
2 《僧院の導師/Monastery Mentor》
4 《渦まく知識/Brainstorm》
4 《思案/Ponder》
4 《剣を鍬に/Swords to Plowshares》
3 《終末/Terminus》
3 《Force of Will》
2 《先触れ/Portent》
2 《呪文貫き/Spell Pierce》
2 《議会の採決/Council's Judgment》
1 《呪文嵌め/Spell Snare》
1 《予報/Predict》
1 《ドビンの拒否権/Dovin's Veto》
3 《相殺/Counterbalance》
3 《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》
1 《覆いを割く者、ナーセット/Narset, Parter of Veils》
1 《時を解す者、テフェリー/Teferi, Time Raveler》
4 《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
4 《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
1 《乾燥台地/Arid Mesa》
2 《Tundra》
2 《Volcanic Island》
5 《島/Island》
2 《平地/Plains》

Side
2 《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》
2 《基本に帰れ/Back to Basics》
2 《外科的摘出/Surgical Extraction》
2 《紅蓮破/Pyroblast》
1 《水流破/Hydroblast》
1 《狼狽の嵐/Flusterstorm》
1 《Force of Will》
1 《解呪/Disenchant》
1 《イゼットの静電術師/Izzet Staticaster》
1 《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》
1 《至高の評決/Supreme Verdict》


11th Place
Player Name:Sakamoto Taiga
Deck Name:ハイボールデルバー
Deck Designer:K'

Main
4 《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets》
3 《戦慄衆の秘儀術師/Dreadhorde Arcanist》
3 《真の名の宿敵/True-Name Nemesis》
2 《若き紅蓮術士/Young Pyromancer》
2 《グルマグのアンコウ/Gurmag Angler》
4 《渦まく知識/Brainstorm》
4 《思案/Ponder》
4 《稲妻/Lightning Bolt》
4 《目くらまし/Daze》
4 《Force of Will》
2 《呪文貫き/Spell Pierce》
2 《思考囲い/Thoughtseize》
1 《二股の稲妻/Forked Bolt》
1 《削剥/Abrade》
1 《苦花/Bitterblossom》
4 《不毛の大地/Wasteland》
2 《汚染された三角州/Polluted Delta》
2 《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
2 《霧深い雨林/Misty Rainforest》
3 《Underground Sea》
3 《Volcanic Island》
1 《島/Island》

Side
2 《外科的摘出/Surgical Extraction》
2 《紅蓮破/Pyroblast》
2 《リリアナの勝利/Liliana's Triumph》
1 《疫病を仕組むもの/Plague Engineer》
1 《硫黄の精霊/Sulfur Elemental》
1 《トーモッドの墓所/Tormod's Crypt》
1 《狼狽の嵐/Flusterstorm》
1 《水流破/Hydroblast》
1 《真髄の針/Pithing Needle》
1 《削剥/Abrade》
1 《相殺/Counterbalance》
1 《冬の宝珠/Winter Orb》


12th Place
Player Name:Nishikawa Tatsuya
Deck Name:
Deck Designer:

Main
4 《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets》
4 《戦慄衆の秘儀術師/Dreadhorde Arcanist》
3 《若き紅蓮術士/Young Pyromancer》
2 《真の名の宿敵/True-Name Nemesis》
1 《渋面の溶岩使い/Grim Lavamancer》
4 《渦まく知識/Brainstorm》
4 《思案/Ponder》
4 《稲妻/Lightning Bolt》
4 《目くらまし/Daze》
4 《Force of Will》
2 《Chain Lightning》
2 《定業/Preordain》
2 《呪文貫き/Spell Pierce》
1 《呪文嵌め/Spell Snare》
1 《蒸気の絡みつき/Vapor Snag》
4 《不毛の大地/Wasteland》
4 《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
3 《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
1 《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire》
3 《Volcanic Island》
2 《島/Island》
1 《山/Mountain》

Side
2 《外科的摘出/Surgical Extraction》
2 《狼狽の嵐/Flusterstorm》
2 《紅蓮破/Pyroblast》
1 《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》
1 《蒸気の絡みつき/Vapor Snag》
1 《呪文嵌め/Spell Snare》
1 《硫黄の精霊/Sulfur Elemental》
1 《削剥/Abrade》
1 《無のロッド/Null Rod》
1 《冬の宝珠/Winter Orb》
1 《硫黄の渦/Sulfuric Vortex》
1 《破壊放題/Shattering Spree》


13th Place
Player Name:Yamano Nobuteru
Deck Name:ありがとうサクポンリアニ
Deck Designer:サクポン

Main
4 《グリセルブランド/Griselbrand》
4 《別館の大長/Chancellor of the Annex》
1 《灰燼の乗り手/Ashen Rider》
1 《潮吹きの暴君/Tidespout Tyrant》
4 《納墓/Entomb》
4 《再活性/Reanimate》
4 《暗黒の儀式/Dark Ritual》
4 《陰謀団式療法/Cabal Therapy》
4 《信仰無き物あさり/Faithless Looting》
4 《死体発掘/Exhume》
4 《動く死体/Animate Dead》
4 《暴露/Unmask》
4 《水蓮の花びら/Lotus Petal》
2 《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire》
2 《汚染された三角州/Polluted Delta》
2 《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》
2 《湿地の干潟/Marsh Flats》
2 《Badlands》
1 《Bayou》
3 《沼/Swamp》

Side
4 《恭しき沈黙/Reverent Silence》
3 《思考囲い/Thoughtseize》
2 《突然の衰微/Abrupt Decay》
2 《ザンティッドの大群/Xantid Swarm》
1 《エメリアの盾、イオナ/Iona, Shield of Emeria》
1 《大修道士、エリシュ・ノーン/Elesh Norn, Grand Cenobite》
1 《忍耐の元型/Archetype of Endurance》
1 《嵐の神、ケラノス/Keranos, God of Storms》


14th Place
Player Name:Yamaguchi Takuya
Deck Name:赤単エルドラージテゼレット
Deck Designer:

Main
4 《猿人の指導霊/Simian Spirit Guide》
4 《ゴブリンの熟練扇動者/Goblin Rabblemaster》
4 《難題の予見者/Thought-Knot Seer》
4 《現実を砕くもの/Reality Smasher》
2 《歩行バリスタ/Walking Ballista》
1 《熱烈の神ハゾレト/Hazoret the Fervent》
1 《戦慄衆の勇者、ネヘブ/Neheb, Dreadhorde Champion》
4 《罰する火/Punishing Fire》
2 《削剥/Abrade》
2 《焦熱の合流点/Fiery Confluence》
4 《血染めの太陽/Blood Sun》
4 《虚空の杯/Chalice of the Void》
2 《金属モックス/Chrome Mox》
4 《古えの墳墓/Ancient Tomb》
4 《裏切り者の都/City of Traitors》
4 《エルドラージの寺院/Eldrazi Temple》
4 《燃え柳の木立ち/Grove of the Burnwillows》
3 《山/Mountain》
3 《冠雪の山/Snow-Covered Mountain》

Side
4 《虚空の力線/Leyline of the Void》
2 《魔術遠眼鏡/Sorcerous Spyglass》
2 《死亡+退場/Dead/Gone》
2 《三なる宝球/Trinisphere》
2 《転倒の磁石/Tumble Magnet》
1 《沸騰/Boil》
1 《紅蓮破/Pyroblast》
1 《赤霊破/Red Elemental Blast》


15th Place
Player Name:Mizuguchi Kiyoshi
Deck Name:丹田的青単
Deck Designer:丹田プロとトマトボーイ

Main
4 《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets》
4 《ニヴメイガスの精霊/Nivmagus Elemental》
4 《真の名の宿敵/True-Name Nemesis》
4 《渦まく知識/Brainstorm》
4 《思案/Ponder》
4 《狼狽の嵐/Flusterstorm》
4 《はらわた撃ち/Gut Shot》
4 《目くらまし/Daze》
4 《Force of Will》
2 《呪文貫き/Spell Pierce》
2 《呪文嵌め/Spell Snare》
1 《執着的探訪/Curious Obsession》
1 《梅澤の十手/Umezawa's Jitte》
4 《不毛の大地/Wasteland》
2 《汚染された三角州/Polluted Delta》
2 《霧深い雨林/Misty Rainforest》
2 《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
2 《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
1 《魂の洞窟/Cavern of Souls》
5 《島/Island》

Side
3 《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》
2 《水流破/Hydroblast》
2 《四肢切断/Dismember》
1 《墓掘りの檻/Grafdigger's Cage》
1 《真髄の針/Pithing Needle》
1 《呪文嵌め/Spell Snare》
1 《外科的摘出/Surgical Extraction》
1 《蒸気の絡みつき/Vapor Snag》
1 《梅澤の十手/Umezawa's Jitte》
1 《魂の洞窟/Cavern of Souls》
1 《ファイレクシア病の支配/Grip of Phyresis》


16th Place
Player Name:Hori Masataka
Deck Name:Agro Loam ver. Inv.
Deck Designer:Masataka Hori

Main
4 《闇の腹心/Dark Confidant》
3 《聖遺の騎士/Knight of the Reliquary》
1 《漁る軟泥/Scavenging Ooze》
1 《永遠の証人/Eternal Witness》
4 《突然の衰微/Abrupt Decay》
3 《罰する火/Punishing Fire》
2 《壌土からの生命/Life from the Loam》
1 《緑の太陽の頂点/Green Sun's Zenith》
1 《コラガンの命令/Kolaghan's Command》
1 《森の知恵/Sylvan Library》
4 《虚空の杯/Chalice of the Void》
4 《モックス・ダイアモンド/Mox Diamond》
3 《ヴェールのリリアナ/Liliana of the Veil》
2 《レンと六番/Wrenn and Six》
4 《不毛の大地/Wasteland》
3 《燃え柳の木立ち/Grove of the Burnwillows》
1 《Karakas》
1 《平穏な茂み/Tranquil Thicket》
1 《陰謀団のピット/Cabal Pit》
1 《Maze of Ith》
1 《ドライアドの東屋/Dryad Arbor》
1 《爆発域/Blast Zone》
1 《やせた原野/Barren Moor》
4 《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》
2 《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
2 《Bayou》
1 《Badlands》
1 《Taiga》
1 《Scrubland》
1 《Savannah》
1 《森/Forest》

Side
2 《クローサの掌握/Krosan Grip》
2 《窒息/Choke》
2 《硫黄の精霊/Sulfur Elemental》
2 《暗殺者の戦利品/Assassin's Trophy》
1 《The Tabernacle at Pendrell Vale》
1 《生命の力、ニッサ/Nissa, Vital Force》
1 《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》
1 《毒の濁流/Toxic Deluge》
1 《最後の望み、リリアナ/Liliana, the Last Hope》
1 《情け知らずのガラク/Garruk Relentless》
1 《リリアナの勝利/Liliana's Triumph》


17th Place
Player Name:Iwasaki Kouichi
Deck Name:アニメフェス in KMCIT
Deck Designer:

Main
3 《グリセルブランド/Griselbrand》
1 《墓所のタイタン/Grave Titan》
1 《エメリアの盾、イオナ/Iona, Shield of Emeria》
1 《潮吹きの暴君/Tidespout Tyrant》
4 《渦まく知識/Brainstorm》
4 《納墓/Entomb》
4 《再活性/Reanimate》
4 《目くらまし/Daze》
4 《Force of Will》
3 《暗黒の儀式/Dark Ritual》
3 《入念な研究/Careful Study》
3 《思案/Ponder》
2 《思考囲い/Thoughtseize》
2 《死体発掘/Exhume》
2 《動く死体/Animate Dead》
4 《水蓮の花びら/Lotus Petal》
4 《汚染された三角州/Polluted Delta》
3 《霧深い雨林/Misty Rainforest》
2 《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》
2 《Underground Sea》
1 《Tropical Island》
1 《Bayou》
1 《冠雪の島/Snow-Covered Island》
1 《冠雪の沼/Snow-Covered Swamp》

Side
2 《突然の衰微/Abrupt Decay》
2 《狼狽の嵐/Flusterstorm》
2 《群れネズミ/Pack Rat》
2 《実物提示教育/Show and Tell》
1 《真髄の針/Pithing Needle》
1 《残響する真実/Echoing Truth》
1 《ハーキルの召還術/Hurkyl's Recall》
1 《夜の戦慄/Dread of Night》
1 《青霊破/Blue Elemental Blast》
1 《外科的摘出/Surgical Extraction》
1 《大修道士、エリシュ・ノーン/Elesh Norn, Grand Cenobite》


18th Place
Player Name:Hamada Tomoki
Deck Name:ネメシス×装備品=破壊力!!
Deck Designer:

Main
4 《石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mystic》
3 《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》
4 《真の名の宿敵/True-Name Nemesis》
1 《宮殿の看守/Palace Jailer》
4 《渦まく知識/Brainstorm》
4 《剣を鍬に/Swords to Plowshares》
4 《思案/Ponder》
4 《Force of Will》
2 《呪文貫き/Spell Pierce》
2 《対抗呪文/Counterspell》
2 《議会の採決/Council's Judgment》
1 《梅澤の十手/Umezawa's Jitte》
1 《火と氷の剣/Sword of Fire and Ice》
1 《殴打頭蓋/Batterskull》
3 《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》
4 《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
3 《霧深い雨林/Misty Rainforest》
2 《湿地の干潟/Marsh Flats》
2 《Tundra》
6 《島/Island》
3 《平地/Plains》

Side
2 《解呪/Disenchant》
2 《封じ込める僧侶/Containment Priest》
2 《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》
2 《相殺/Counterbalance》
2 《基本に帰れ/Back to Basics》
2 《外科的摘出/Surgical Extraction》
1 《至高の評決/Supreme Verdict》
1 《ゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikar》
1 《殴打頭蓋/Batterskull》


19th Place
Player Name:Tanaka Mikito
Deck Name:白単SLV アテリエルカスタム
Deck Designer:アテリエル

Main
4 《オーリオックの廃品回収者/Auriok Salvagers》
4 《歩行バリスタ/Walking Ballista》
3 《難題の予見者/Thought-Knot Seer》
2 《僧院の導師/Monastery Mentor》
2 《聖域の僧院長/Sanctum Prelate》
4 《虚空の杯/Chalice of the Void》
4 《水蓮の花びら/Lotus Petal》
4 《オパールのモックス/Mox Opal》
3 《ライオンの瞳のダイアモンド/Lion's Eye Diamond》
4 《ウルザの後継、カーン/Karn, Scion of Urza》
4 《大いなる創造者、カーン/Karn, the Great Creator》
4 《魂の洞窟/Cavern of Souls》
4 《古えの墳墓/Ancient Tomb》
4 《裏切り者の都/City of Traitors》
4 《古えの居住地/Ancient Den》
1 《宝石の洞窟/Gemstone Caverns》
3 《冠雪の平地/Snow-Covered Plains》

Side

2 《過大な贈り物/Generous Gift》
2 《封じ込める僧侶/Containment Priest》
2 《赤の防御円/Circle of Protection: Red》
2 《トーモッドの墓所/Tormod's Crypt》
1 《魔術遠眼鏡/Sorcerous Spyglass》
1 《漸増爆弾/Ratchet Bomb》
1 《罠の橋/Ensnaring Bridge》
1 《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》
1 《ワームとぐろエンジン/Wurmcoil Engine》
1 《マイコシンスの格子/Mycosynth Lattice》
1 《ライオンの瞳のダイアモンド/Lion's Eye Diamond》
カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

13th KMC Invitational Top4 Deck List

13th KMC Invitational

2019.6.30
19 Players
5 Swiss Draw + 2 Single Elimination

13th KMC Invitational Top4 DeckList

1st Place
Player Name:Yamanaka Kousuke
Deck Name:情の61枚
Deck Designer:Yamanaka


Main
3 《グリセルブランド/Griselbrand》
1 《呪文探求者/Spellseeker》
1 《コーリスの子/Children of Korlis》
1 《墓所のタイタン/Grave Titan》
1 《引き裂かれし永劫、エムラクール/Emrakul, the Aeons Torn》
4 《渦まく知識/Brainstorm》
4 《暗黒の儀式/Dark Ritual》
4 《納墓/Entomb》
4 《浅すぎる墓穴/Shallow Grave》
3 《再活性/Reanimate》
3 《思案/Ponder》
3 《思考囲い/Thoughtseize》
3 《集団的蛮行/Collective Brutality》
2 《Hymn to Tourach》
2 《暴露/Unmask》
1 《御霊の復讐/Goryo's Vengeance》
1 《動く死体/Animate Dead》
4 《水蓮の花びら/Lotus Petal》
4 《汚染された三角州/Polluted Delta》
1 《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
1 《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire》
1 《湿地の干潟/Marsh Flats》
1 《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》
1 《Lake of the Dead》
3 《Underground Sea》
1 《Scrubland》
2 《沼/Swamp》
1 《島/Island》

Side
2 《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》
2 《外科的摘出/Surgical Extraction》
2 《最後の望み、リリアナ/Liliana, the Last Hope》
1 《静寂/Serenity》
1 《残響する真実/Echoing Truth》
1 《ハーキルの召還術/Hurkyl's Recall》
1 《秘儀の職工/Arcane Artisan》
1 《致命的な一押し/Fatal Push》
1 《夜の戦慄/Dread of Night》
1 《虐殺/Massacre》
1 《墓所のタイタン/Grave Titan》
1 《Lake of the Dead》


2nd Place
Player Name:Kyogoku Kyosuke
Deck Name:聖戦士ガンバイン
Deck Designer:シュウ(マッハ)


Main
4 《聖遺の騎士/Knight of the Reliquary》
3 《ルーンの母/Mother of Runes》
3 《貴族の教主/Noble Hierarch》
3 《スレイベンの守護者、サリア/Thalia, Guardian of Thraben》
1 《極楽鳥/Birds of Paradise》
1 《スクリブのレインジャー/Scryb Ranger》
1 《漁る軟泥/Scavenging Ooze》
1 《クァーサルの群れ魔道士/Qasali Pridemage》
1 《ガドック・ティーグ/Gaddock Teeg》
1 《ラムナプの採掘者/Ramunap Excavator》
1 《エイヴンの思考検閲者/Aven Mindcensor》
1 《不屈の追跡者/Tireless Tracker》
1 《秋の騎士/Knight of Autum》
1 《聖域の僧院長/Sanctum Prelate》
4 《剣を鍬に/Swords to Plowshares》
4 《緑の太陽の頂点/Green Sun's Zenith》
1 《議会の採決/Council's Judgment》
1 《森の知恵/Sylvan Library》
1 《梅澤の十手/Umezawa's Jitte》
1 《火と氷の剣/Sword of Fire and Ice》
2 《ゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikar》
4 《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
1 《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》
1 《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》
1 《虹色の眺望/Prismatic Vista》
4 《不毛の大地/Wasteland》
1 《Karakas》
1 《Maze of Ith》
1 《ドライアドの東屋/Dryad Arbor》
1 《地平線の梢/Horizon Canopy》
1 《爆発域/Blast Zone》
2 《Savannah》
3 《森/Forest》
2 《平地/Plains》

Side
3 《窒息/Choke》
1 《流刑への道/Path to Exile》
1 《神聖な協力/Blessed Alliance》
1 《エーテル宣誓会の法学者/Ethersworn Canonist》
1 《地の封印/Ground Seal》
1 《生命の力、ニッサ/Nissa, Vital Force》
1 《ボジューカの沼/Bojuka Bog》
1 《トーモッドの墓所/Tormod's Crypt》
1 《大変動/Cataclysm》
1 《輪作/Crop Rotation》
1 《クァーサルの群れ魔道士/Qasali Pridemage》
1 《真髄の針/Pithing Needle》
1 《活性の力/Force of Vigor》


3rd Place
Player Name:Yamada Mitsuhiro
Deck Name:さうすぽー流カナスレ
Deck Designer:


Main
4 《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets》
4 《敏捷なマングース/Nimble Mongoose》
3 《真の名の宿敵/True-Name Nemesis》
1 《タルモゴイフ/Tarmogoyf》
4 《渦まく知識/Brainstorm》
4 《思案/Ponder》
4 《稲妻/Lightning Bolt》
4 《目くらまし/Daze》
4 《Force of Will》
3 《もみ消し/Stifle》
2 《呪文貫き/Spell Pierce》
2 《呪文嵌め/Spell Snare》
2 《レンと六番/Wrenn and Six》
4 《不毛の大地/Wasteland》
1 《焦熱島嶼域/Fiery Islet》
2 《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
2 《霧深い雨林/Misty Rainforest》
2 《汚染された三角州/Polluted Delta》
2 《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
3 《Tropical Island》
3 《Volcanic Island》

Side
2 《紅蓮破/Pyroblast》
2 《外科的摘出/Surgical Extraction》
2 《古えの遺恨/Ancient Grudge》
2 《冬の宝珠/Winter Orb》
1 《タルモゴイフ/Tarmogoyf》
1 《硫黄の精霊/Sulfur Elemental》
1 《狼狽の嵐/Flusterstorm》
1 《墓掘りの檻/Grafdigger's Cage》
1 《水流破/Hydroblast》
1 《無のロッド/Null Rod》
1 《死亡+退場/Dead/Gone》


4th Place
Player Name:Fukudome Yuu
Deck Name:タツヲミラクル
Deck Designer:TTW48


Main
4 《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》
4 《渦まく知識/Brainstorm》
4 《思案/Ponder》
4 《剣を鍬に/Swords to Plowshares》
4 《Force of Will》
3 《終末/Terminus》
2 《呪文貫き/Spell Pierce》
2 《先触れ/Portent》
2 《議会の採決/Council's Judgment》
1 《対抗呪文/Counterspell》
1 《予報/Predict》
3 《相殺/Counterbalance》
2 《基本に帰れ/Back to Basics》
3 《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》
2 《覆いを割く者、ナーセット/Narset, Parter of Veils》
4 《虹色の眺望/Prismatic Vista》
4 《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
1 《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
2 《Tundra》
1 《Volcanic Island》
5 《島/Island》
2 《平地/Plains》
1 《山/Mountain》

Side
2 《紅蓮破/Pyroblast》
2 《外科的摘出/Surgical Extraction》
2 《狼狽の嵐/Flusterstorm》
2 《僧院の導師/Monastery Mentor》
1 《青霊破/Blue Elemental Blast》
1 《赤霊破/Red Elemental Blast》
1 《摩耗+損耗/Wear+Tear》
1 《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》
1 《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》
1 《硫黄の精霊/Sulfur Elemental》
1 《自然の詠唱/Nature's Chant》
カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

13th KMC Invitational 特設ページ

13th KMC Invitational 特設ページ



▽開催案内
111thKMC結果報告と、KMCIT権利者確定!


▽12th KMC Invitational プレイヤー紹介
13th KMC Invitational プレイヤー紹介 Hori Masataka
13th KMC Invitational プレイヤー紹介 Harada Danpei
13th KMC Invitational プレイヤー紹介 Fukudome Yuu
13th KMC Invitational プレイヤー紹介 Kyogoku Kyosuke
13th KMC Invitational プレイヤー紹介 Kagotani Naota
13th KMC Invitational プレイヤー紹介 Doi Satsuki
13th KMC Invitational プレイヤー紹介 Hamada Tomoki
13th KMC Invitational プレイヤー紹介 Hiroi Naoto
13th KMC Invitational プレイヤー紹介 Iwasaki Kouichi
13th KMC Invitational プレイヤー紹介 Sakamoto Taiga
13th KMC Invitational プレイヤー紹介 Mizuguchi Kiyoshi
13th KMC Invitational プレイヤー紹介 Nishikawa Tatsuya
13th KMC Invitational プレイヤー紹介 Nunotani Akira
13th KMC Invitational プレイヤー紹介 Tanaka Mikito
13th KMC Invitational プレイヤー紹介 Yamaguchi Takuya
13th KMC Invitational プレイヤー紹介 Yamanaka Kousuke
13th KMC Invitational プレイヤー紹介 Yamano Nobuteru
13th KMC Invitational プレイヤー紹介 Yamada Mitsuhiro


▽KMCITの軌跡
KMCIT12th
KMCIT11th
KMCIT10th
KMCIT9th
KMCIT8th
KMCIT7th
KMCIT6th
KMCIT5th
KMCIT4th
KMCIT3rd
KMCIT2nd
KMCIT1st


▽ビデオカバレージ
第13回KMCIT決勝戦動画


▽テキストカバレージ
13th KMC Invitational 決勝 Kyogoku Kyosuke(Maverick) vs Yamanaka Kousuke(Tin Fins)




▽All Players Deck List

13th KMC Invitational Top4 Deck List
13th KMC Invitational 5-19th Deck List


▽併催レガシー Top8 Deck List
13thKMCIT 併催レガシー Top8 Deck List


カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

13th KMC Invitational プレイヤー紹介 Harada Danpei

13th KMC Invitational プレイヤー紹介 Harada Danpei

By Mizuguchi Kiyoshi

KMCIT13th_Harada Danpei01
(デザイナー:Doi Satsuki)

 遡ること8年前。GP神戸11のサイドイベントのレガシートーナメントにKMC運営代表せれ、Harada、筆者は他数人の友人達と共に参加した。店舗大会しか出場したことのなかった我々にとってこの大会は、マジックトーナメントへの第一歩として非常に大きな意味をもたらした。

 この頃十代の少年だったHaradaもここから着実に実力をつけていく。彼の活躍はレガシーだけには留まらない。積極的に他のフォーマットもプレイし、多くのトーナメントに参加していった。KMC入賞多数、エターナルパーティ2016優勝などレガシーシーンでの輝かしい活躍はもちろんのこと、先日モダンフォーマットで行われたMF横浜19ではなんとベスト8という快挙を成し遂げる。
 この快挙に我々関西の彼の仲間達は大いに沸き、感動したことは忘れられない。大阪からタクシーで応援に駆け付けた黄鶏屋店長も大喜びであった。

KMCIT13th_Harada Danpei03

 今期のHaradaはまさに絶好調であった。チーム戦優勝、入賞多数と常に高得点を獲得し、あのベテランFukudomeをも振り切って見事ポイントレースを1位で駆け抜けた。前半戦は代名詞である感染デッキを使用し、後半戦は新たに《戦慄衆の秘儀術師》を手に入れた果敢型のURデルバーで勝ち星を重ねた。
 マナクリーチャーからのビッグアクションというのが昔のHaradaのイメージであったが、ここ数年はテンポとコンバットを重視したデッキを愛用しており、KMCのメタゲームの中でも一際異彩を放つ存在感を示している。

KMCIT13th_Harada Danpei02

 また、彼はとても紳士的なプレイヤーである。礼儀正しく人への気遣いを忘れない。KMC界隈でも多くの人から慕われ、愛されている。彼の楽しそうな笑顔と、真摯に向き合う姿勢は是非多くのプレイヤーに模範にしてほしい。

 KMCIT常連と言っても過言ではないほど、常に高いアベレージを残し続けるHarada。しかしそのITでは目立った成績は残せていない。だが今回のHaradaは今までとは勢いが違う。今期の集大成へ。Haradaが最後の難関へ立ち向かう。
カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

13th KMC Invitational プレイヤー紹介 Hori Masataka

13th KMC Invitational プレイヤー紹介 Hori Masataka

by ttw

 KMCIT13th_Hori Masataka01

 Horiは前回優勝者であり、元関西帝王。そして関西最強の土地単使いである。

 彼は明るい性格にハキハキとした喋り方をする人気者で、切れ味抜群のプレイングからときどきジョークも飛ばしてくるKMCきっての伊達男だ。

 同じくKMCIT出場のIwasakiとYamanakaとは特に仲が良い。互いに気の置けない関係であるようでよくギャグを飛ばしながら遊んでいる。たまに《毒吐きゴルナ/Spitting Gourna》に変異してやべえ話題をぶっこんで来るがまあブラックジョークの範囲内だろう。

 彼の強みは勝ちに対する貪欲さと学習能力だ。構築とは少し話題がそれてしまうのだが、彼はメンタルマジックが上手い。だが、最初から上手かったわけではない。何度も何度もやられてその度に戦略を覚えていった。またゲームをしていないときでもカードを予習することを怠らなかった。そして今ではメンタルマジックの怪物どもと互角に戦えるだけの力量を身に着けた。

 MTGに限らず彼はどんなゲームでも全力で遊ぶので、一緒にプレイしていて楽しい。勝ったときは喜び、負けたときは悔しがる。当たり前のことだが対戦ゲームの醍醐味をよく理解している。だからこそ彼が声をかけたときには多くの友達が集まってくるのだろう。

KMCIT13th_Hori Masataka02

 前回で念願のタイトルも手に入れたことだしこれまでの実績も文句なしだ。しかしながら、Horiに望むことが全くないかと言えばそうでもない。

 それはLandsでのKMCIT制覇だ。やはりレガシーでのHoriと言えばLands。もう一度LandsでKMCITの頂点を獲って欲しいと思う。確かに前回のメタゲームはバーンが最強であると見抜いたのは素晴らしい。だが、Horiが一番輝いているときはLandsを使っているときだ。 勝手な願いだが、Horiがもう一度KMCITで優勝することを願ってやまない。
カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

13th KMC Invitational プレイヤー紹介 Yamada Mitsuhiro

13th KMC Invitational プレイヤー紹介 Yamada Mitsuhiro

by ttw

KMCIT13th_Yamada Mitsuhiro01

 Yamada Mitsuhiroは爽やかな笑顔が似合う青年だ。そのイメージどおり人当たりが良く誰からも慕われている。彼のコミュニティは二人のYamadaがいるため彼は専ら「綺麗な方のYamadaくん」と呼ばれている。

 今回紹介文を書くにあたって周囲に彼のことを取材したところ案の定、まず始めに「どっちのYamadaくん?」と聞かれた。「Yamada Mitsuhiroさんの方です」と答えると「ああ、綺麗な方のYamadaくんか」と納得されたが、汚い方のYamadaくんとかいるのだろうか?

KMCIT13th_Yamada Mitsuhiro02

 いるらしい。イソップ寓話の金の斧かよ。
 
 二人は誕生月まで同じらしく中々のシンクロぶりだ。前回のKMC終了時にダブル誕生日会が開かれたそうで、そこで二人は互いのことについて語り合ったらしいが、その結果「綺麗な方のYamadaくん」は「比較的綺麗な方のYamadaくん」にまで降格したそうだ。何があった。

 しかし、筆者は誰がなんと言おうとYamada Mitsuhiroが清廉な人物であると信じている。何度か対戦したことがあるがプレイ中の態度は紳士的だし、プレイングも素晴らしい。思考も早く的確で見ていて気持ちがよい。彼はよくデルバー系デッキを使うのだが戦略のヴィジョンがしっかりしているので感想戦をしていると非常に参考になる。

 また努力家でもある。MOで日々研鑽を積んでいてその様子をtwichで配信もしている。グリクシスデルバーについてはnoteも投稿しているので気になる方はそちらも見てほしい。(リンク先は外部リンクです。さうすぽー流グリクシスデルバー解説

 そんな彼は前回KMCITではTop4と大健闘。しかし彼の限界はまだまだここではない。今度こそKMCITを制してくれると信じている。

KMCIT12th_Top4.jpg
(KMCIT12th Top4)
カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

13th KMC Invitational プレイヤー紹介 Nunotani Akira

13th KMC Invitational プレイヤー紹介 Nunotani Akira

By Kodaira shota

KMCIT13th_Nunotani Akira01

 Nunotani Akiraには人徳がある。

 穏やかな性格に丁寧な口調、礼儀を弁えるその所作からは彼に備わる良き品性が感じられる。そうであるからこそ彼を慕う者も多く、彼が参加するコミュニティの中でも目立ち過ぎず、だが確かな存在感を放っている。

 また女性への気配りも超一流であり、ある時KMCのチームレガシーに迷いこんだDeath&Tax使いの姫を最後まで完璧にエスコートしたその勇姿はとても印象深いエピソードとして今なおKMC常連の者達の語り草となっている。

 そんな彼を尊敬するならずもの達は姫を守るその姿を中世の騎士になぞらえ、彼を『団長』として崇め奉る騎士団として徒党を組んだ。最近では見習い弟子も入団し、時に厳しく、だが的確な団長の指導が確実に後進の実力を伸ばしている。この様子を見るに彼の下であれば騎士団の未来は明るいと断言できる。

 さて、プレイヤーとしてみたNunotaniは堅実なプレイを好んでいる。優れた危機察知能力を活かして常に相手の行動の先を読み、それを的確に捌くことで少しずつ自らへ有利に戦いの趨勢を傾けていく。そのまま守りに徹して相手を封殺したかと思えば突如思い切った攻めのプレイングを見せたりと柔軟性も併せ持つ。コントロールデッキを長く愛用してきた経験から来るプレイングの使い分けもまた彼の強さの一端なのだ。

 KMCITには今回が初参加となるが、今期は自身が所属する楽団の練習に参加するため大会途中でのドロップも複数回あった。その中でも確実にポイントを稼ぎ、特に優勝も経験しした。それもあのKMCが誇る『MTGマシーン』Fukudomeとの同型対決を制した勢いを活かして優勝したとあれば彼の実力の高さに疑いの余地は無い。

 MTGに趣味の時間の大半を割いている人達が多い中でイケメンで、MTG以外にもバイオリン演奏という貴い嗜みを持ち、それでいて性格も素晴らしい眩い存在がKMCITに降り立つ。
 果たしてNunotaniは魑魅魍魎が跳梁跋扈するKMCITにて並み居る残念な妖怪共を征伐して頂点へと駆け上がるのか?それとも濃すぎる障気に飲まれ、自信もまた妖怪へと堕ちてしまうのか?

 今回のKMCITも、目が放せない大会なのは間違い無さそうだ。
カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

13th KMC Invitational プレイヤー紹介 Doi Satsuki

13th KMC Invitational プレイヤー紹介 Doi Satsuki

by Morisima Ryouta

KMCIT13th_Doi Satsuki01

 一時期雨後の筍のようにいたデスアンドタックスを使うプレイヤーたちも、近頃では違うデッキを使っているところをよく見かける。
 安定性を求めて青白石鍛治へシフトしたもの。クロックの太さと柔軟性の両立を図りマーヴェリックへと移った者。ボードコントロール力を追求しミラクルやグリコンへと手を伸ばした者。パチンコの資金欲しさにフルfoilデスタクを手放した者もいたかもしれない。いなかったかもしれない。

 ならデスアンドタックスは死滅したのか、と問われれば、当然Noだ。環境に翻弄されながらも、それでも、と叫び続けた者達だ。Doiもその中の1人にして筆頭であることは間違いないだろう。

108th KMC 4th
110th KMC 3th


と、要所要所で上位入賞を続け、安定した成績で2大会連続でKMCIT出場となった。

 Doiを語る上で欠かせないのが、《夜の戦慄》に対するヘイトではなかろうか。
「はーホンマおもんない。マジでクソ」
これは筆者がサイド後1t目に上記のカードをプレイした際に発した言葉である。あの温厚で物腰柔らかなDoiの口から出たとはとても思えない。大変親しみが持てる。(語弊のないよう説明しておくが、これは知り合い同士だからこそできる言動である。面識のない人にこのような立ち居振る舞いをする方ではないので安心して欲しい)

 それでも、ともがき続けたサリアちゃん親衛隊は、優勝の二文字を捧げることができるのだろうか。

KMCIT13th_Doi Satsuki02
カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

13th KMC Invitational プレイヤー紹介 Mizuguchi Kiyoshi

13th KMC Invitational プレイヤー紹介 Mizuguchi Kiyoshi

by ttw

KMCIT13th_Mizuguchi Kiyoshi01

 Mizuguchi Kiyoshiは運営でありプレイヤーでもある。彼はプレイヤーとして活躍する傍ら、運営としてもKMCに尽力してくれている。彼の功績なくして今のKMCはないだろう。

 MizuguchiのKMCでの原点はだ。URデルバーや感染を使う今となっては珍しいが、初期のMizuguchiのトレードマークは赤だった。彼はバーンやゴブリンを駆って数々の大会で入賞を果たしてきた。その名残は今も残っており、赤の色対策である《寒け》を無限回収している。彼は「この世の《寒け》を全て集めれば《寒け》が使われることがなくなる」と語っていた。

 プレイヤーとしての経験は運営にも生かされている。運営では、Mizuguchiは主に広報を担当している。彼の目線は常にプレイヤーの立場に立っており、参加者がいかに楽しめるかを考えている。彼はプレイヤーを集めるだけではなく、その人がKMCに定着する方法まで考えて行動している。KMCがこれだけ大きくなったのは彼のおかげだろう。

KMCIT13th_Mizuguchi Kiyoshi02

 さらに国内グランプリでもステージイベントを手伝っており、MTGイベントの運営経験が豊富だ。最近ではイベント会場で女の子と写ることもあり、Twitterでそれを見たフォロワーからは「羨ましい」「けしからん」「俺のキヨシになんてことを」と怨嗟の声が出たとか出てないとか。

 全国のMizuguchi Kiyoshiファンは待ち望んでいる。彼がKMCITで優勝することを。悲願の栄光をつかむことを。
 行け、Mizuguchi!今こそ《鍛えられた鋼》の肉体をもってしてKMCITを制圧するのだ!

KMCIT13th_Mizuguchi Kiyoshi03
カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

13th KMC Invitational プレイヤー紹介 Tanaka Mikito

13th KMC Invitational プレイヤー紹介 Tanaka Mikito

By Mizuguchi Kiyoshi

KMCIT13th_ Tanaka Mikito01

 KMCITにTanaka Mikitoが帰ってきた!

 今回紹介するのはレガシー界におけるサルベイジャーコンボの生みの親といっても過言ではないだろう。Tanaka Mikitoだ。
 ここ数年のサルベイジャーコンボ界は大いに賑わっていた。新しいエキスパンションが発売される度に、デッキの軸になり得る強力なカード達を手に入れ、デッキの完成度は日々洗練されていった。その中心にいるのはもちろんTanakaである。

 Tanaka達は日夜サルベイジャーについての研究に明け暮れる。完成形など無いと言わんばかりに、対戦する度に初めて目にするようなカードで対戦相手を蹂躙していった。だがそんなTanakaも毎度試みが成功する訳ではない。事実ここ最近のKMCではあまり成績が振るわず、IT出場は危ぶまれていた。しかし今期ポイントレース最終戦にてついに復活。見事2位という高順位につけ、IT出場権利を勝ち取った。

 Tanakaと言えばサルベイジャーというのは間違いないとは思うのだが、常にクリエイティブなTanakaはそれだけには収まらない。
過去にはオリジナルのエスパーデルバーやペインターなどでも実績を残しており、様々なギミックを披露してきた実績がある。KMCITではいったいどんなギミックを我々に披露してくれるのだろうか。Tanakaのカード選択に注目だ。
カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

13th KMC Invitational プレイヤー紹介 Yamaguchi Takuya

13th KMC Invitational プレイヤー紹介 Yamaguchi Takuya

by ttw

KMCIT13th_Yamaguchi02.jpg

 柳澤流と蛮族が蔓延る地、高槻。ここには恐ろしい風土病がある。
 通称黒枠病。この病に罹った者は白枠のデュアルランドに満足できずに黒枠を求めてしまう。一般的に多く出回っているデュアルランドは白枠なのだが、アルファやベータ、多言語リバイズド初版の枠は黒い。これらは白枠よりも希少であるため高値で取引されている。

 しかしながら、別に黒枠になったところで2マナ出るわけでもないし破壊不能がつくわけでもない。カードの性能は全く変わらない。そんなことは本人たちが一番よく理解している。だがそれでも人は黒枠にしてしまうのだ。そこには理屈を超えたロマンがあるのだろう。

 黒枠病はフォイラーたちが辿り着く最後の領域にして最果ての地。ここに来てしまったらもう後戻りはできない。
 この病は一人の僧侶によって高槻にもたらされたらしい。フルフォイルから始まった病は爆発的な感染力を見せ瞬く間に広がっていった。

 ある人は言う「チームレガシーで真ん中に座ったら両隣が黒枠フルフォイルだったんです。そして気が付いたら自分の《Savannah》も黒枠になってました」

 2019年3月、一人の男が黒枠病に罹患した。黒枠にしたのはよりによって《Underground Sea》。どうみても末期です本当にありがとうございました。
 漢の名前はYamaguchi。彼は星になった。

KMCIT13th_Yamaguchi04.jpg
(星になったYamaguchiを見上げる仲間たち)

 Yamaguchiはなかみ、なかみんの愛称で仲間たちから慕われるプレイヤーだ。デッキは主にテゼレッター、白単エルドラージ、BUG系アグロを使う。
 彼は構築の研究にとても熱心だ。中でもテゼレッターのレパートリーは凄まじく、毎回とんでもないギミックを持ち込んでくる。そのため彼と戦うときはスリルと興奮に満ちている。
 それがたまらく楽しい。試合が終わったあとに試したカードの感想を聞くと驚くほど深い考察が返ってくる。そのとき思い出すのは昔、ネットも何もなかったときに自分たちで見つけてきたカードを必死に使っていた楽しさだ。

 彼は心からMTGを楽しんでいるのだろう。それが伝わってくる。

 またプレイヤーとして尊敬できる。宣言ははっきりしているし、コミュニケーションもしっかり取ってくれる。仲が良いプレイヤー同士とプレイするときは盤面に一喜一憂しながらプレイしている。
 彼と対戦するときはお互いのカードにあーだこーだ言いながら戦うことが多い。そして勝敗はどうであれ、最後は「ありがとうございました」で爽やかに終われる。だから彼とフリープレイをしていると時間を忘れて没頭してしまう。

 そんな彼はコミュニティからも愛されるプレイヤーだ。統率者戦をすれば彼の統率者である《精霊の魂、アニマー》のもとには《紅蓮破》や《水流破》がサインを求めて殺到する。
 いささか集中狙いの気がするが卓の合言葉が「一番やべえ奴から狙え」なので仕方ない。というかそれでもサラッと勝っているときがある。なんでや。

 柳澤流は優しく礼儀正しいプレイヤーが多い。師範がそういったプレイヤーなので自然とそうなったところもあるのだろうが、それでもコミュニティ全体がそういった人物を育んだのだろう。
 その中でも特に真面目で優しいYamaguchiが台頭したことを本当に誇りに思う。

 KMCITは応援したい人物が多すぎて困るのだが敢えて今一度エールを送ろう。頑張れなかみん!KMCIT13thを優勝するのだ!
カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

13th KMC Invitational プレイヤー紹介 Hiroi Naoto

13th KMC Invitational プレイヤー紹介 Hiroi Naoto

by Adachi Ryosuke

KMCIT13th_ Hiroi Naoto01
(デザイナー:Doi Satsuki)

「だからこそわしがおるんや、お前らを絶対勝たせてやるからな」

・Orange of the Third Path
 過酷溢れるレガシー界KMC大陸の遥か地下深く光も届かぬ仄暗い闇の世界、黒単界は長らく二つの勢力に分かれて覇を競っていた。此方は血に狂い退廃に耽る鬼、彼方は力に溺れ魔に堕ちし者。
 鬼と魔の間でどちらにも属せぬ人間達は、彼等に弄ばれ虐げられるだけの存在だった。人間牧場で食料として生かされるだけの人間達にとって受難の時代....人々の心が黄昏色に染まる大禍時にその男は現れた。
 日輪の断末魔を背負いし男の名はオレンジ、後に黒単界に魔にも鬼にも属さない第三の道を示し人々を絶望から解き放つ男だ。



・Orange Page
 荒ぶるKMC大陸では、屍山血河が築かれない日は存在しない。その事に目をつけたオレンジは屍術を修め、その極限まで研ぎ澄まし極めた。

 当時、黒単というカテゴリーには愛好者が多く様々なデッキが存在はしたが、poxデッキの流れを汲む黒コン型と今で言う赤単プリズンに近い動きをするデーモンストンピィ型が主流だった。
 リアニメイトデッキは青黒で組まれる事が多く、少し後に《小悪疫》で《死儀礼のシャーマン》の除去、ハンデス、土地破壊と自分の手札のクリーチャーを墓地に落すのを同時に実行でできるpoxリアニも登場したが、黒単で構築する強みを今ひとつ引き出せず、後に青黒型に戻ったり、緑黒型になり、黒単ではあまり定着しなかった。

 そんな中でオレンジは、、黒単である事を120%活かしサイド後の墓地対策に《墓所のタイタン》のハードキャストでの回答を可能にする《Lake of the Dead》と出会い、彼のレガシー人生を激変させる。
 オレンジはレガシーの情報集め、様々なパターンや新カードや海外のレシピを試しながら苦心惨憺の果て遂に"オレンジ式"と呼ばれる現在の黒単リアニメイトの基礎へと到る。

 オレンジ式リアニメイトは青黒や黒緑が主流だったリアニメイト業界を忽ち席巻し、南大阪を中心にオレンジ式の使い手が次々現れた。

 そして、彼は後進の為に"オレンジ式"のノウハウをnoteに公開している。しかも無料で。
 当初は有料にするという考えもあったが、そこで小銭を得るよりもより多くの人に読んで貰いたい、知ってほしい、このデッキを使って欲しいとの想いから権利収入の誘惑を断ち切り、無料で公開されることとなった。
 このオレンジのnoteは現在も各アーキタイプ毎の戦い方や考え方等を更新中なので、オレンジ式の使用者はもちろん、オレンジ式と対する上でも非常に参考になるので全てのプレイヤーに一読の価値があるので是非読んでもらいたい。

 その甲斐あって、彼の記事は全ての黒単リアニメイト使い達の希望となり、黒単リアニメイトの使用者は増え続け、今や日本人の10人に1人はオレンジ式の使い手と言っても過言ではない。

huton_04.jpg

・ A Clockwork Orange
非常にポジティブな性格をしているオレンジは、少しでも可能性を感じたカードは、とにかく一度試してみる。
釣り甲斐のあるクリーチャーというのは、新セットに1枚くらいは何かしら追加される事が多いが、オレンジは常にアンテナを張りそれらの可能性についてきちんと検討する。

また先入観に囚われない柔軟な思考の持ち主でもある。
一時、オレンジは黒単であるにも拘らず、《仕組まれた爆薬》をサイドボードに採用されていた。曰く「《虚空の杯》を割るカードが欲しいけど、《漸増爆弾》では置く前に《難題の予見者》に抜かれてしまうけど《仕組まれた爆薬は確実に置ける」この発想力と実行する行動力こそがオレンジの最大の武器なのだろう。

・fickle Orange ☆ Road
 オレンジ式の理論の確立によって一定の成功を修めたオレンジであるが、オレンジの道は終わらない。KMCの強豪の一人に数えられる様になって久しいオレンジだが、意外にもタイトルには恵まれず、未だ無冠。
 関西帝王戦準優勝の他にKMC入賞多数、KMCIT出場3回、今期は念願のKMC優勝も果たしたが、オレンジの求めるものはより高みにある。


 全国1億6千万人の黒単リアニメイトファンの夢と期待を背負ったオレンジはLordへのRoadを直走る。待ち受けるのは、勝利の栄冠か敗北の苦杯か?
 見事KMCIT優勝を果たし、人間の意地を見せろ、オレンジ!!!!!!
カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

13th KMC Invitational プレイヤー紹介 Hamada Tomoki

13th KMC Invitational プレイヤー紹介 Hamada Tomoki

by ttw

KMCIT13th_Hamada Tomoki01
(デザイナー:Doi Satsuki)

 ドラマはKMCIT直前に起こった。第111回KMCを優勝したのはHamada Tomoki。同時にHamadaがKMCIT連続出場を決めた瞬間でもあった。

 2019年6月15日、 KMCIT12thの出場権がかかった最後のKMCが行われた。出場のボーダーラインは10点と目されており、その時点でHamadaのポイントは6点。1位か2位になれば出場できる計算だ。だが、逆に言えば1位と2位しかない狭き門だった。
 それでもHamadaは己と青白石鍛冶を信じて戦い抜き見事1位に輝いた。この起死回生の逆転劇の裏にはとあるゲームの存在があった。

 遡ること約3ヶ月前、3月22日にアクションアドベンチャーゲーム『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』(以下隻狼)が発売された。このゲームは大人気シリーズ『ダークソウル 』の後継とも言える作品であり、シリーズ特有の高い自由度とアクション性を受け継ぎつつも独自の世界観でプレイヤーを魅了した。
 これまで西洋ファンタジーだったシリーズとは打って変わって隻狼の舞台は日本の戦国時代。しかも主人公は忍者。となればMTGでも忍者が大好きなHamadaが隻狼に触れるのはある意味必然だったのだろう。

 このゲーム、いわゆる「死にゲー」と呼ばれるジャンルにあたるのだがプレイヤーがリスタートしやすいようにある工夫がなされている。それが「回生」である。
 死亡しても回生ゲージが使用可能である限りプレイヤーはその場で復活できる。それだけ聞くと「簡単なのでは?」と思ってしまうがそんなことはない。正直それでもきつい。普通に回生を使い切って死ぬ。
 
 中でもHamadaが最も苦戦したのは後半の難所「養父」。一撃でこちらの体力を半分以上もっていく高速下段攻撃からディレイのかかった上段切りや横なぎをしてくる強敵だ。あまりの強さに多くのプレイヤーの心を折ったボスだがHamadaは決して諦めなかった。Hamadaは何度も挑戦し、ときに野球中継を見て休憩を挟みつつ、遂に撃破した。

KMCIT12th_02.jpg

 そしてHamadaのTwitterによると、とうとうプラチナトロフィーを獲得したようだ。このトロフィーの取得率は6月25日現在約8%。購入者の1割未満しか持っていないレアなトロフィーだ。このことからHamadaがMTGだけでなくアクションゲームでも相当な腕前を持っていることがわかる。

 難関にぶつかりつつも諦めない、起死回生を手繰り寄せる精神はMTGでもきっと活きてくることだろう。そしてKMCIT優勝につながる道でもあると信じている。願わくば第111回に続き『HAMADA WIN TWICE』として欲しい。最後にHamadaを最も苦しめた過去梟の台詞をもじって紹介文を締めくくりたい。

「Hamadaよ、良くぞここまで鍛え上げた!褒美を取らす」
カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

13th KMC Invitational プレイヤー紹介 Yamanaka Kousuke

13th KMC Invitational プレイヤー紹介 Yamanaka Kousuke

By Mizuguchi Kiyoshi

KMCIT13th_Yamanaka Kousuke01
(デザイナー:Doi Satsuki)

 Yamanaka Kousukeはマグロである。

 Yamanaka自身が脂の乗ったマグロであることは間違いないが、彼は釣り師でもある。釣り上げるのはグリセルブランドとエムラクール。マグロどころではない。鯨レベルの巨体を釣り上げ対戦相手をなぎ倒す。彼は愛機TinFinsを操り、多くの対戦相手をマグロ状態にしてきた。

 彼がレガシーを始めた当初はデッドガイエイルを使用していたのだが、いつの間にやらTinFinsの魅力に取り憑かれ、そこからはひたすら釣り上げる日々。そんな彼に「なんでTinFinsにしたの?」と聞いてみたところ、「渦まく知識、ハンデス、ワンキル、と自分がレガシーでやりたいことの全てが詰まったデッキがTinFinsだった」とのこと。なるほど、これは必然的な出会いだったのかもしれない。

 前回ITの紹介記事でも触れているが、Yamanakaと言えば独自の視点の持ち主で、常人では考え至らないことを平気でやってのける豪胆さも持ち合わせている。(仲間内からは構築の矛盾と揶揄されている。)
 みんなで旅行に出かけた際に、爆音の目覚ましアラームをセットしたが、Yamanaka本人は耳栓をしており全く聞こえず、同室の友人達を激怒させるというエピソードはまさにYamanakaらしさに溢れている。

 さて、Yamanakaは今回のITで3回連続の出場となる。過去2回は辛酸をなめる結果となってしまったが、今回ははたしてどのような結果が待っているのか。3度目の正直。KMC海最恐の荒波にYamanakaが三度挑む。
カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

13th KMC Invitational プレイヤー紹介 Sakamoto Taiga

13th KMC Invitational プレイヤー紹介 Sakamoto Taiga

by Morisima Ryouta

KMCIT13th_Sakamoto Taiga01
(デザイナー:Doi Satsuki)

グリクシスデルバーは、王者のデッキだった。
2018年7月6日まではーー。
《死儀礼のシャーマン》 禁止
《ギタクシア派の調査》 禁止

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 《戦慄衆の秘儀術師》の登場によるURデルバーの隆盛や、それに対抗するデッキとして《レンと6番》を新戦力に加えたRUGデルバーの復権と、デルバーデッキを取り巻く環境は、近年類を見ない速さで発展した。

 その中で、多くを失ったグリクシスデルバーは何を得たのだろうか。
 もう一度、王者のデッキと相成り得るのだろうか。

 今回紹介するプレイヤーが、その答えを知っているのかもしれない。

KMCIT13th_Sakamoto Taiga02
(写真左:Sakamoto Taiga)

 Sakamotoは禁止改定以前からグリクシスデルバーを使い続けており、KMCに於いてデルバーデッキへの理解度で彼に勝るものはそういないだろう。KMC以外の店舗大会にも積極的に参加しており、面識はなくとも見覚えのある方もいるだろう。

 彼のプレイングとデッキ構築、サイドボーディングはすべて試行錯誤と理詰めで出来ている。
 
 各アーキタイプ毎へのプレイングの最適化。
 メタによる採用カードの微調整。
 サイド後のプレイングの変え方。


 これらに明確な理由付けがされており、なんとなくや記事に載っていたから、といった漠然なものがないのだ。一貫性があり、地に足が付いている。
"レガシーが"、ではなく、"MTGが"上手いプレイヤーなのである。

 KMCITでも、その実力を遺憾なく発揮してくれるだろう。
カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

13th KMC Invitational プレイヤー紹介 Nishikawa Tatsuya

13th KMC Invitational プレイヤー紹介 Nishikawa Tatsuya

By Mizuguchi Kiyoshi

KMCIT13th_Nishikawa Tatsuya04
(デザイナー:Doi Satsuki)

 Nishikawaは滋賀県出身のプレイヤー。KMCには滋賀県のグループのメンバー達と共に継続的に参加してくれており、そのメンバーのリーダー的ポジションの人物でもある。
 爽やかな笑顔がトレードマークの好青年であり、プレイ中の態度も非常に紳士的で、是非模範にしてほしい筆者の“推し”プレイヤーの一人である。だがその爽やかな笑顔の内側にはとても熱い情熱に満ちている。日々鍛錬を怠らず、ただ貪欲に勝利を追求する。彼との対戦では非常にスリリングな一戦を味わえるはずだ。

KMCIT13th_Nishikawa Tatsuya03
(10th KMC Invitationaコミュニティ戦2位「熱烈歓迎P者」表彰式)

 Nishikawaと言えばURデルバーである。
 URの果敢型デルバーを使い続け、その実力は2017年に行われたカードボックスオープンで、スイスラウンドを1位で通過するほど。残念ながら準決勝でこちらもKMCではお馴染みのHiguchiに敗れてしまったものの、見事な戦いぶりであったことを鮮明に覚えている。丁度この時期にNishikawaは頭角を現しはじめ、KMCでも頻繁に上位入賞を重ねていたので、まさにその成果が結実したのがあのタイミングだったのだろう。極上の勝利、途方もない悔しさを経験したあの大会はNishikawaにとって大きな財産になったに違いない。

 《ギタクシア派の調査》が禁止され、しばらくの間はグリクシスコントロールなど他のデッキを使用している期間もあったが、今期ポイントレース最終戦にて、形は以前の果敢型とは違うがURデルバーを使用し見事上位入賞。今期ポイントレースでは上位入賞こそないものの、ポイント上乗せラインには頻繁に進出していたのもあり、ギリギリのところでIT出場の権利を掴み取った。

 Nishikawaにとって今回のKMCITは久々の復帰戦になる。その復帰戦に愛機URデルバーで戻ってきたところには何か運命的なものを感じざるを得ない。強敵を焼き払う必殺の稲妻を披露することが出来るか。Nishikawaの戦いぶりに注目だ。

KMCIT13th_Nishikawa Tatsuya02
カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

13th KMC Invitational プレイヤー紹介 Iwasaki Kouichi

13th KMC Invitational プレイヤー紹介 Iwasaki Kouichi

By Shinohara Gen

KMCIT13th_Iwasaki Kouichi01
(デザイナー:Doi Satsuki)

 君たちは知っているだろうか?

 時は遡ること第27回KMC。《運命の操作》で《霧虚ろのグリフィン》を追放するパッケージに《安らかなる眠り》と《Helm of Obedience》まで搭載したデッキがベスト8へと送り込まれた。IwasakiがKMCの世界に名乗りを上げた瞬間の事を。

 レガシーという広いカードプールのフォーマットにおいて、Iwasakiは常に新しいもの、新しいことにチャレンジし続けている。彼の操る《実物提示教育》デッキは、常に最新鋭の技術が散りばめられている。少しでも新しい可能性があれば、まずは自分で試してみる。疑わしいカードでも、まずは使ってみる。彼のデッキに決まった75枚という縛りは存在しない。色も構築も自由自在だ。

 スタンダード・モダン・EDHとあらゆるフォーマットを楽しむIwasakiは、筆者のチームGPでのチームメイトである。
 常に明るく、チームを盛り上げてくれるムードメーカー。ホテル探しは任せろ、お前たちは飯屋を探してくれで有名。チームの決まりは『勝ったらめでたいから飲む!負けたら残念だし飲む!』

 KMCの頂点に立った彼と、飲みに行くのが今から楽しみ!

 余談だがGP当日に毎回、Iwasakiが作って送ってくれるコラ画像がある。とんでもない技術で作られているので是非みんな活用してほしい。

KMCIT13th_Iwasaki Kouichi02
KMCIT13th_Iwasaki Kouichi03
KMCIT13th_Iwasaki Kouichi04
カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

13th KMC Invitational プレイヤー紹介 Kyogoku Kyosuke

13th KMC Invitational プレイヤー紹介 Kyogoku Kyosuke

By Mizuguchi Kiyoshi

KMCIT13th_Kyougoku Kyosuk01
(デザイナー:Doi Satsuki)

 国内のMTG界隈では昔からよくコラ素材に使用される人物が度々出現する。Kyogoku Kyosukeもその昨今のコラ素材界隈を賑わせている一人。
 有志の手によりKyogokuのコラ画像は日々世に発信され続けている。
 と言ってもKyogoku Kyosukeの名前をSNS上で見かけることはあまり多くはない。ハンドルネーム「こちょむ」。こちらの名前は一度は目にしたことがある方は多いのではなかろうか。そう、奇怪な言動行動を世に発信し続けるこの謎のアカウントこそがKyogokuなのである。
 SNS上では奇異な存在なKyogokuであるが、現実で話す際は至って普通なのが筆者の彼に対する印象である。稀に変わった異音を発することはあるものの、やり取り等で違和感を覚えたことはないので、実際に彼と対戦する際はどうか安心してほしい。

KMCIT13th_Kyougoku Kyosuk03

 普段はレガシー以外にも、モダンや統率者戦を好んで遊んでおり、マニアックなカードへの造詣も深い。
 KMCへの参加は比較的新しい方であるが、今期は積極的に参加してくれ、見事IT初出場を果たすだけでなく、ポイントレース上位争いをするほどの上振れっぷりであった。
 レガシーデッキはストーム、奇跡、URデルバーと変遷し、今期はマーベリックを操り見事IT出場権利を獲得した。黄鶏屋の常連達と行動を共にする事が多く、調整等はそこで行なっているようである。同じく黄鶏屋常連の原田もポイントレースを首位で通過し、今期のポイントレースは黄鶏屋の底力を見せつける結果となった。

 強豪ひしめくITのメタゲームの中、Kyogokuが一体どんな闘いを見せ、今宵はどんな素材を世に放つのか。ゲームの結果以外にも要注目のプレイヤーである。
KMCIT13th_Kyougoku Kyosuk04

カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

13th KMC Invitational プレイヤー紹介 Kagotani Naota

13th KMC Invitational プレイヤー紹介 Kagotani Naota

by ttw

KMCIT13th_Kagotani Naota01
(デザイナー:Doi Satsuki)

 何故KMC Invitational を開くのか?参加費は取らないのに賞品を出すし会場も取る。一見無茶ぶりが過ぎるイベントだが運営のせれはこう語る。「KMCITは感謝祭なんです。日頃参加していただいているプレイヤーに箔を付けたいんです。それにここから大きな大会で活躍するプレイヤーが生まれたら素晴らしいでしょう?」

 この理念のもとに我々運営は6年半に渡ってKMCITを続けてきた。やがてKMCITから多くのプレイヤーが羽ばたき、グランプリではTakisaka、Yanagisawa、Haradaの3人をトップ8に送り込むことが出来た。そして直近ではこの男――Kagotani Naotaが関西帝王に就任するという快挙を達成した。全て本人の実力があってこその成果だが、長年彼らを見守り続けた我々にとっても嬉しいニュースだった。

 Kagotaniはゴタニ、カゴタス、かごぴっぴのあだ名で親しまれる人気プレイヤーだ。人格者である彼はコミュニティ内でも相談を受けることが多く、あの暗黒皇帝の相談役でもある。偶に彼自身が暗黒皇帝の撃発の原因にもなるのだが、まあ火の気に近いとそういうこともある。いわゆるコラテラルダメージである。

 今年のKagotaniは素晴らしい。関西帝王戦に優勝し、GP京都2019の競技レガシーにも優勝した。もちろん今シーズンのKMCでもきっちり優勝している。さらにコミュニティ戦でも過去連覇を達成した「足立と4人の保護者達」の残党を招集して優勝した。(なんと大人げない)

 性格は穏やかで温和だが、MTGをやっているときは非常に怖い。5人くらい◯ってますと言われても納得の目つきをしている。しかしながら誤って自分の《ギデオン・ジュラ》を《審判の日》で消し飛ばすお茶目な一面もある。このどこか憎めない感じが人気の要因だろうか。

 さて今回の紹介文を書くのにあたって有志に写真をお願いしたところ100枚近い画像が送られてきた。受け取った人は軽くカゴタニ・ゲシュタルト崩壊を起こしかけたがまあ些細な問題だろう。その熱意に恐怖感謝しながらいくつか優秀な作品を掲載したいと思う。

IMG_2087.jpg

 出来ることなら全て掲載したいのだがここはKagotani記念館ではないし、全部貼るのはだる…容量の限界があるのでこの程度にとどめておきたい。

 また彼は某カレー屋の店長にいたく気に入られている。彼に1品サービスが付くのは当たり前で、ときにはドリンクとサラダとデザートが付いてきたこともあった。もはやセットメニューやんけ。
 ちなみに筆者はKagotani以上にその店に行っているのだがそんなことは一度も起こったことがない。彼は特殊な瞳術でも使っているのだろうか?

KMCIT13th_Kagotani Naota04

 前述の通り彼の仕上がりは素晴らしい。KMCIT12thではトップ4まで食い込んだことだしもうそろそろ優勝してもいい頃合いだろう。そうなったときはカレー屋でお祝いをしよう。
カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

13th KMC Invitational プレイヤー紹介 Yamano Nobuteru

13th KMC Invitational プレイヤー紹介 Yamano Nobuteru

By Miyamoto Yohei

KMCIT13th_Yamano Nobuteru01
(デザイナー:Doi Satsuki)

 過ぐる5月、マジック:ザ・ギャザリングを題材にした青春漫画『すべての人類を破壊する。それらは再生できない。』のコミックスが発売された。
 季刊誌のコロコロアニキでは昨年から『切札勝舞はマジック・ザ・ギャザリングを使いつづける』が連載され、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』や同『エンドゲーム』を手がけたルッソ兄弟がアニメシリーズの制作を発表したりと、何やらマジックのメディア展開に大きな波が来ている気がする。喜ばしい限りだ。
『すべそれ』1巻の作中時間は『エクソダス』が発売された98年6月。《発展の代価/Price of Progress》や《裏切り者の都/City of Traitors》など、お世話になっているプレイヤーも多いはずだ。
 97年には作中でも語られる名作映画『メン・イン・ブラック』や『スターシップ・トゥルーパーズ』がアメリカで公開され、『エクソダス』を率いるブロックの一番手『テンペスト』が世に出た。《水蓮の花びら/Lotus Petal》や《古えの墳墓/Ancient Tomb》がお馴染みだろう。96年にはレガシーの顔ともいえる《意志の力/Force of Will》を収録した『アライアンス』、《ライオンの瞳のダイアモンド/Lion's Eye Diamond》を擁する『ミラージュ』が界隈を賑わせた。
 そしてもうひとつ。1996年。この年、マジックは新たな歴史的分岐点を迎えることになる。
 ご存知、ヤマノ・ノブテルの誕生である。

 性格は至極謙虚――というより、いささか程度が過ぎて卑屈になっているきらいがある。SNSのHNなど、以前は『キモ之助』だとか『キモ太郎』といった、さも「私はキモい人間です」とアピールする名前を名乗っていた。誰かに斬られる前に自ら切腹しておくスタイルなのだろうが、そこまで自称して自傷するほど彼はキモくない。
 ヤマノと相対したプレイヤーならご理解いただけるはずだ。プレイは丁寧で、宣言も「《石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mystic》を起動します」とはっきりしていて分かりやすい。盤面が敗色濃厚になろうと腐ることなく、紳士的な面が崩れることもない。極まれに、そういった盤面をまくり返す際、宣言が雑n――シンプルになったうえにドヤ顔をキメてくるのはしゃらくせェ事この上ないが、まあ、概ね品行方正なプレイヤーである。
 ちなみに、執筆時点で彼のHNは以前とは異なっている。といっても、別に名前からキモさが消えたわけではない。『キモキモ山のキモの助』だ。いつの間にか3倍になっていた。ラノエルか。
 どういったシステムで名前にキモさが増していくのかは不明だが、年1ぐらいの頻度で増えている気がする。節分の豆だろうか。スナック感覚でどんどんキモくなるのは如何なものかと思う。

ラノワールの部族

 これほど酷い自称をするのも、偏に彼の自信のなさの現れだと考えている。実力はあるものの、ヤマノは未だかつて大型タイトルを手にしたことがない。記憶に新しい大会では2018年のEternal Party。優勝には及ばず、Top8に収まっている。
 他人に誇れるタイトルを勝ち取ったなら、きっと「この『キモ』は『キング・オブ・モンスター』の略なんスよww」ぐらいの事を言ってくれるはずだ。ヤマノが愛好する『Death&Taxes』はキレイなチャンねーとキレイなチャンばーと『スターシップ・トゥルーパーズ』に出てきそうなワシャワシャした奴が幅を利かせるデッキで(ハゲたおっさんもいるがハゲたおっさんは大抵どのデッキにもいる。ノーカンだ)『モンスター』と呼ぶに相応しいクリーチャーは存在しない。が、以前「アシュラマンなの?」と思うほど器用に装備品を担いだ細菌にどつかれた事がある。あれはまさしく『モンスター』だった。

 彼が『キング・オブ・モンスター・ヤマノ』を名乗るようになるか、それともまたひとつキモくなってしまうのか。13th KMCITから目が離せそうにない。
カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

13th KMC Invitational プレイヤー紹介 Fukudome Yuu

13th KMC Invitational プレイヤー紹介 Fukudome Yuu

by ttw

KMCIT13th_Fukudome Yuu01
(デザイナー:Doi Satsuki)

 太古の生物にはロマンがある。マンモスしかり恐竜しかり。そこには人類の夢がつまっている。しかし現代にいたらそれはそれで迷惑だ。今の社会システムは残念ながら怪獣が闊歩することを想定していない。だが大変遺憾なことにKMCは未だ原生動物が暴れ回る未開の地だ。文明化?なにそれおいしいの?

 FukudomeはKMC始まって以来の蛮族である。このマストドン並みにしぶとい生物が中々絶滅しないのには理由がある。強いのだ。ただただとんでもなく強いのだ。

 KMCに新たな強豪が現れようが、環境が逆風になろうが、ウルザが《Golgothian Sylex》をぶっ放してその結果氷河期が訪れようが彼はKMCITの舞台に立ち続けた。その「力こそパワー」と言わんばかりの真っ直ぐ過ぎる生存能力には呆れを通りこして感嘆してしまう。素材の味だけで真っ向勝負する天然物だ。

 また彼は関西の蛮族どもの元締めでもある。噂によればKMCに柳澤流が上陸した際に、師範を屋上に呼び出して締め上げたらしい。(好きなカードが《巻きつき蛇/Winding Constrictor》ってそういう…)

yanagisawa_style01.jpg
(締め上げられる師範)

 彼のKMCでの活躍は数え切れないぐらいある。しかも全てのKMCITに出場しているため紹介文に書くネタが尽きてしまった。(誰かこの男を止めろ)

 残っているネタはコンプライアンス的にアウトなネタばかりなので話すことに困った。どうしよう…。そうだ!あの話をしよう。

KMCIT13th_Fukudome Yuu02
(Fukudome Yuu)

 FukudomeにはMTGと同じくらい愛好している物がある。酒だ。彼の地元は酒の名産地で酒と縁が深い。中でもFukudomeは日本酒をこよなく愛する。飲みに行ったときは、最初の一杯こそ生ビールから入るがあとは大体日本酒である。日本酒がない店にいった場合?ハイカラなビールとかウイスキーを呑んでるよ。

 日本酒が好きという時点で大体察してしまうが酒に強い。アホみたいに強い。ざるを通り越して《陥没孔/Sinkhole》になっている。
「最近は歳で次の日に(酒が)残るようになってしまった」というが全然そんな気配がない。そう言いながらグラスに入ったカミカゼを神速で蒸発させていた。

 そして酔うとややこしい。そのまま野に放つと木に登り出す。その際、木に向かって「登ってええか?ええんか?返事ないってことは登ってええってことやな?」と大変シュールな会話をしていた。彼がもしクリーチャーならきっと到達が付いているだろう。

木登りカヴー


 だがFukudomeが今登りつめて手に入れるのは樹冠ではない。KMCIT王者という冠だ。誰よりも長く戦った男、誰よりも活躍した男だからこそ王者に輝いて欲しい。行けFukudome!今こそKMCIT13thの頂点へと到達/Reachするのだ!
カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

<特別編>デッキの構成と考え方

<特別編>デッキの構成と考え方

by chun

前回のコラムの続きです。

 デッキを作るときに大切なものはなんでしょうか。私はデッキが回ることだと考えています。コピーデッキから始めるのであればそれを考える必要はありません。しかし、何をもってそのデッキが動くのかを知らなければ十全に使うことはできないでしょう。デッキの改造をするにあたり屋台骨を崩してしまう恐れがあります。では、今回は新しいデッキを基にデッキが回る構成について言及していきたいと思います。

 今回私が作成した5cスーパーフレンズを形にするまでに、3つの段階を踏んでいます。

①デッキのコンセプトは何か
②デッキはどうすれば動くか
③デッキの強みを活かすor弱みを薄める方法は何か


順を追って説明していきましょう。

①デッキのコンセプトは何か

 5cスーパーフレンズはMTGの華であるプレインズウォーカーを高速、大量に展開する爽快感のあるデッキです。通常のデッキであればコストやルールの制約上枚数が絞られる――エターナル環境になると不採用デッキのほうが多い――カードタイプを並べることで、大きなアドバンテージを獲得できます。それが全色に渡れば、より見どころが増します。さて、コンセプトの華であるプレインズウォーカーをスカウトしましょう。

【プレインズウォーカーの選択】
 実はここに決まりはありません。あなたの好みに合わせて、プレインズウォーカーを選び、土地基盤を整えてください。1つアドバイスがあるとすれば、採用したプレインズウォーカーが勝てるものかどうかは意識して欲しいのです。

~勝てるもの~
 継続的にトークンを生成するもの、勝利に直結する奥義を持つものがここに分類されます。
プレインズウォーカーをデッキに入れても、この分類に当てはまらないものばかり並ぶと相手へのプレッシャーをかけられず、勝利を逃す恐れが高まります。

~補助するもの~
 勝てないカードで入るプレインズウォーカーは何か、それはドロー操作など自身に有利なもの、もしくは相手に干渉するものです。(もちろん何もしないものも含まれますが、選定段階で省いて下さいね)
 デッキのマナカーブは正直歪なため、補助プレインズウォーカーの役割は大きいですが、あくまでもエンチャントの亜種と考えてデッキへの過剰投入にならないよう注意が必要です。この部分はプレインズウォーカー以外でこなすのも方法ですが、マナ基盤の関係上緑と無色以外のカードは安定して唱えにくいというジレンマを抱えています。灯争大戦のアンコモン・プレインズウォーカーはわかりやすいですが、他にも起動能力では場や手札を有利にするが勝ちきれないものは多くあります。

~両方の役割を持つもの~
 求めてるもので、いかにこれらを活用できるかがポイントです。プレインズウォーカーは能力を複数持つので、色拘束さえ乗り越えればそのまま採用されるものや条件を満たせばフィニッシャーになりうるものがあります。例えば《ダク・フェイデン》は通常はドロー操作をこなし続けます。ところが相手がアーティファクトを利用していれば妨害手段として機能、《液鋼の塗膜》があれば小マイナスが、《罰する火》があれば奥義が勝利に直結します。

ダク・フェイデン液鋼の塗膜

【まとめと補足】
・デッキのコンセプトを持つ
・カードの役割を把握する
・役割に応じたバランスをみる


②デッキはどうすれば動くか

 夢のようなカード選択を実現するために必要なものはマナ基盤です。それも少なくとも相手の妨害なく回した時にプレインズウォーカーをつっかえることなく唱えられるようなものでなければなりません。一人で回して動くのかを、当たり前ですがここで取らぬ狸の皮算用にならぬよう研究して下さい。

【デッキの根幹となるもの】
 ドローカードが《ニッサの誓い》1種のみのため、初手7枚でプレインズウォーカーまでの道筋を辿れるか、を検討します。
ニッサの誓い

~10枚の壁~
《ニッサの誓い》
《次元間の標》

 この2枚です。プレインズウォーカーを出すための土台です。ここで、初手7枚のうち欲しいカードが手元にあるようにするにはどれだけの枚数がいるでしょうか。細かい計算は省略しますが、10枚ほどが求められています。そのため、《ニッサの誓い》と同じ色、マナコストの《極楽鳥》を採用しており、以下それを元に進めさせていただきます。この部分は《モックスダイアモンド》や《金属モックス》でも、マナ加速ではない妨害カードを採用し堅実に展開する方法でも構いません。

~2マナランドの採用~
《悪鬼の血脈、ティボルト》
《レンと六番》

 これらを除き、プレインズウォーカーのマナコストは3以上です。当然デッキ内のコストは高くなるため、回避するには2ターン目に3マナプレインズウォーカー着地を目指したいと考えました。そこで《古の墳墓》《裏切り者の都》の登場です。前述の《極楽鳥》と合わせて合計10枚採用することで2ターン目に3マナプレインズウォーカーを着地させることを理論上可能としています。

【まとめと補足】
・重要なカードがいつ必要かをわかっておく
・必要な場面に応じた枚数を、必要とあらば似た役割のカードで補足しつつ準備する
・初手は徹底的にチェックする



③デッキの強みを活かすor弱みを薄める方法は何か

 プレインズウォーカーの多くは一度場に着地してしまえばアドバンテージを即座に与えてくれるものが多く、中長期戦で無類の強さを発揮します。また、色の特性上あらゆるプレインズウォーカーを採用できるため、構築の自由度が高く、幅広く環境に対応できます。

 一方でプレインズウォーカーの性質上行動の多くがソーサリータイミングに絞られており、相手のトリッキーな動きや押し付けのアクションに対しては苦手です。また、前述の色の強みはマナ基盤を攻められる、序盤の行動のパターンは基盤を整えるのみというワンパターンになるという弱みでもあります。これらの強みを活かすor弱みを補うためサポート色やサイドボードを選択していきましょう。

【色拘束】
 デッキの根幹項目の関係上、緑がメインカラーとなります。さらに《次元間の標》のマナ能力はダブルシンボルより濃い色拘束のプレインズウォーカーを出しにくいため、単色での強力なものは手当たり次第に投入することをオススメできません。5色デッキではありますが、緑タッチ最大2色程度のイメージで考え、そこに当てはまらないダブルシンボルのプレインズウォーカー採用は事故のリスクを天秤にかけてください。

 《ニッサの誓い》がなくても《精神を刻むもの、ジェイス》と《最後の望み、リリアナ》と《ゼンディカーの同盟者、ギデオン》をすべて出すことはできます。しかし出すための労力は相当なものです。

 タッチされる色の呪文があなたを守ります。それは白の盤面確保か、青のカウンターか、黒の手札破壊か、赤の火力か、はたまた無色か。環境、好み、使いたいプレインズウォーカーとよく相談してください。


~白~
主なダブルシンボル以上のプレインズウォーカー
《ゼンディカーの同盟者、ギデオン》トークン生成で場を守り、プラス能力は対戦相手のライフをいち早く0にします。
《試練に臨むギデオン》特定のデッキに対しての守りに優れていて、攻撃力も持ち合わせています。
《慈悲深きセラ》マナに対して出てくるトークンが強く、場を整えれば奥義が信頼できるものがあります。

試練に臨むギデオン慈悲深きセラ

 白はクリーチャーの除去や場のカードに触ることに優れています。《剣を鋤に》があれば《ルーンの母》や《秘密を掘り下げる者》、《戦慄衆の秘儀術師》に悩まされることが少なくなります。またプレインズウォーカーの協力を仰ぐカードが優秀なカラーでもあります。マナを伸ばして《ゲートウォッチ配備》は夢があります、2マナランドとマナクリーチャーを採用しているので、その夢は手に届くところにあります。元々大振りなデッキをさらに大きくするものではあるので、採用する場合は序盤やカウンターを意識した構成に変化させましょう。個人的には《ニッサの誓い》まで選択できる《ウェザーライトへの乗艦》がオススメです。

ゲートウォッチ配備ウェザーライトへの乗艦


~青~
主なダブルシンボル以上のプレインズウォーカー
《覆いを割く者、ナーセット》ドローを阻害し、後続のプレインズウォーカーを探します。
《精神を刻む者、ジェイス》妨害もドロー操作も優秀で、奥義は勝ちに直結します。
《工匠の達人、テゼレット》飛行持ちのトークンはブロッカーとしても優秀で、場が整えば毎ターン追加2ドローも充分ねらえます。

工匠の達人、テゼレット

 青はやはりドローです。《ニッサの誓い》はこのデッキにおいて実質《思案》ですが、8枚体制になればかなりゲームプランを立てやすくなります。あえて《渦巻く知識》と言わなかったのは特殊土地を多く採用するうえでフェッチランドに割く枠が少ないからです。
採用する場合は《燃え柳の木立ち》を入れる余裕はないでしょう。というより、赤以外を選択しないのではあれば《燃え柳の木立ち》の採用はお勧めしません。あとは序盤の展開次第であっさり負けが確定するデッキなので、青いプレインズウォーカーを増せば《意志の力》が使えます。失ったハンドアドバンテージの回復はとても容易かつデッキの弱みを綺麗にカバーできるカードです。もちろん弱点はデッキ構成を青よりにしなければならない、という点につきます。

~黒~
主なダブルシンボル以上のプレインズウォーカー
《ヴェールのリリアナ》低マナながら手札に干渉でき、各マイナス能力も相手の場に影響を与えます。
《最後の望み、リリアナ》相手のタフネス1クリーチャーを完封しつつ勝利に直結する奥義を目指せます。
《龍神、ニコルボーラス》アドバンテージを確実にとれ、また状況に応じて使える能力が他のデッキとは比べ物になりません。

 黒は手札破壊とクリーチャー除去に特化しています。コンボデッキやカウンターに対する弱点は《思考囲い》を始めとする手札破壊が有効です。これが腐るマッチアップの多くに対してはプレインズウォーカーでの物量戦略が通用することが多いです。
 
 さらに2つのポイントがあります。1つは《暗黒の儀式》があれば1ターン目に特定のプレインズウォーカーを着地させられること。安定性は落ちますが、2ターン目じゃあ間に合わないのであれば黒のハイリスクハイリターンを味わうのも一興です。そしてもう1つは灯争大戦で追加されたカード、《古呪》です。そう、撃たれたら負けるカードではあるほど、灯を捧げる対象に困らない場。例えばストーリーよろしく《龍神、ニコル・ボーラス》以外を捧げると、相手の場に伝説がなければ勝ちます。

龍神、ニコル・ボーラス古呪


~赤~
主なダブルシンボル以上のプレインズウォーカー
《反逆の先導者、チャンドラ》疑似ドローやクリーチャー除去もさることながら、平均マナコストの高いデッキのためプラス能力も重宝します。
《主無き者、サルカン》このデッキにおいては出れば勝ちクラスの強さをほこり、またマイナス能力は強力なブロッカーでもあります。
《炎呼び、チャンドラ》貴重な全体火力。プラス能力の打点の高さも相手へのプレッシャーになります。

 赤は火力でクリーチャーや相手プレインズウォーカーにけん制します。赤いプレインズウォーカーはディスカードを要求するものが多く、《罰する火》はデッキの柔軟性を持たせる意味合いもあります。サイドボードでは強力な青対策である《赤霊破》《紅蓮破》やアーティファクト破壊が使用できます。

 さて、3つのポイントを説明しましたが、この段階でコンセプトが揺らいだり、やりたいことをするためのマナ基盤が確保できなくなっている場合があります。また、構築に隙間のようなものが感じられる場合があります。もう一度①に戻り、再考するか、コンセプトの外にあるカードで穴を埋めます。今から話すことは全てのデッキに当てはまるものではないので、ご注意ください。


④違うコンセプトで補う
このデッキの場合、
・クリーチャーを参照するプレインズウォーカーなど、一部仕事をしない能力がある
・いびつなマナカーブがうまく作動しないときのセーフティネットがない
・初速が弱い

 等の補助カードだけでは心もとない弱点が確認できました。もちろんこれを無視してデッキを尖らせるのも一つの方法です。しかし、早期決着を望めないデッキであるほどこの穴が目につく場面は多くなります。今回私は多くの無色マナが確保されていることから、とあるカードに目をつけました。

キランの真意号
《キランの真意号》
2マナランドから出せるため2ターン目から4点のクロックを確保しうる、強力なアタッカーかつブロッカー。マナ加速に失敗した場合でもターンを無駄にせずに済みます。忠誠度カウンターがコストにあたるため、奥義を目指さないプレインズウォーカーにも重要な役割を持たせることができます。

《難題の予見者》
最短2ターンで着地でき、このデッキの弱点である高速デッキの出鼻を挫くカード。色事故が起きた場合でも着地可能。サイズも大きく、プレインズウォーカーが奥義を目指さなくとも打点での勝利に貢献できます。

 《キランの真意号》に関してはコンセプトの範囲内といってもいいのでしょうが、このようにコンセプト内やサポートカードに囚われないことで新しい強みが生まれます。前項で書いた「欲張る」という域に達しないように意識することが矛盾ない構築の秘訣です。メインはコンセプトを守り、思い切ってアグレッシブサイドボーディングをするのも方法のひとつですが、注意点がひとつ。入れ替え後の60枚にに無駄稗が生じるようではいけません。軸をずらすと軸を変えるは違い、軸を変えるには15枚のサイドボードは少ないです。

【まとめと補足】
・マナカーブや色バランスなど、歪みでないか確認する(意図的な歪みの場合も機能しているかを確認する)
・コンセプトは大事だが囚われず、広い視点でデッキに向いたカードを探す
・軸のずらし幅がわからないうちは極力コンセプトに忠実にする
・デッキの強みと弱みを理解する
・欲張ることはデッキの強みを薄めることにつながりやすい
・強みを特化させるか、弱みを補うか、どちらがデッキを強めるかは戦い方に準ずる



 穴を埋めるというのはデッキ内部のことだけでなく、外部に対してもあてはまります。当たるデッキを想定してそれに対応したカードを入れる、というのも方法の1つです。コンボが多いなら1ターン目から入れる妨害手段を標準装備する、といったことです。

 ここまでお読みいただきありがとうございました。今回は特定のデッキを引き合いに出しつつ記載していきましたが、考え方の基本はそう変わるものではありません。考え、繰り返し、構築の矛盾がなくなった頃には望む60枚ができていることでしょう。ただ、サイドボードまで含む75枚は決して一人では完成しません。苦手なデッキ、されて嫌なことを考えるうちにサイドボードは導き出されます。しかし、だいたいにおいてそれは15枚の枠に収まらないでしょう。これはあなたが出場する大会のメタゲームを読んだうえで決めるべきだと思っています。環境の研究もデッキ構築においては重要なので、たくさん大会を楽しむと同時に構築のヒントを見つけてください。新しいデッキがどんどん世に出されるのを楽しみにしています。

 最後に、特定のデッキに対して効果の強いプレインズウォーカーを一部紹介したいと思います。

盾魔道士、テヨ
《盾魔道士、テヨ》
プレイヤーへの火力や《苦悶の触手》のようなカードを使う特定のコンボに対して絶大な力を発揮します。
タフネス3の壁も相手の速度を大きく落としうるため、こちらが得意とする速度帯での戦いに持ち込めます。

3031313.jpg
《夢を引き裂く者、アショク》
こちらも相手の速度を落としうるカードです。
各種フェッチランドに限らず、《石鍛冶の神秘家》や《納墓》など、効果の影響を受ける相手は多く、忠誠度カウンターさえ増やせればフィニッシャーとして機能する場面も。

オルゾフの簒奪者、ケイヤ
《オルゾフの簒奪者、ケイヤ》
墓地とマナコスト1以下のカード両方に干渉できるのはレガシー環境においては意外と効果範囲が広いです。
単体では奥義で勝つのは難しいですが、追撃としては申し分ない火力が見込まれます。

 最近のプレインズウォーカーの位置づけの変化が感じられますね。マジックは常に新しくなっているのです。環境も新しくなっていくので、あなたの考えたコンセプトが主流になる可能性もあります。それではよい構築を。
カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

<特別編>灯争大戦のカードを使った新しいデッキを作る~虹の彼方に~ 

<特別編>灯争大戦のカードを使った新しいデッキを作る~虹の彼方に~  

by chun

1
 デッキを作る楽しみは多様だ。有名な大会で勝ったデッキリストを揃える人がいる。デッキ掲載サイトでリストを眺め、そのなかでメタに合わせた調整をする人がいる。同じデッキを愛する仲間と意見を出し合い、アイデアを共有する人がいる。そして、新しいリストをこの手で生み出そうとする人がいる。  

Johnny, Combo Player

2
 5月15日。僕の元に一本の電話がかかってきた。発信元はKMC主催者であるせれ氏。LINEで簡単にやりとりができる時代に突然の電話、少し身構えながらも発信ボタンを押す。

chun「お疲れ様です、先日のKMCではお世話になりました」
せれ「こっちこそありがとー。実はそのとき、変わったデッキ持ってたやんなー」
chun「はい、まだ試作品ですが」 

 かつてインターネットが普及していなかったあの頃、熱心なプレイヤーは月刊の雑誌から情報を得ていた。雑誌の存在を知らない僕は、一からデッキを作っていた。今でも新しいカードがプレビューされる頃は全く新しいものを作りたくなるときがある。ちょうどそのときは灯争大戦発売直後。僕はあるカードを使った新デッキを仮組みしていた。

せれ「あれ、完成させてくれへん?そんで記事書いてほしいんやけど」

 せれ氏曰く、今回のパックはレガシーにも大きい影響を与えているのでKMCでも新しいデッキを紹介したいのだとか。そんなおりに僕のデッキが目に留まったのだという。

chun「え、有名どころなら色んな人が新カード試してますよ」
せれ「それやったらあかんねん、使われてるカードを1~2種類入れているだけやったらどこも記事にしてるやん」
chun「たしかにそうですが、強い人の興味はひけない気が」
せれ「新しい人は興味持ってくれるかもしれへんやろ。その人がKMC来たらもっと盛り上がるやん」


 こういう話をするとき、KMCがなぜ今も活気づいている大会なのかがよくわかる。「わかりました、人に見せられる形にしてコラム書きます。灯争大戦のってことは『基本セット2020』発売(2019年7月20日)までが期限ですね」せやなと答えるせれ氏の声には笑いが含まれていたような気がした。二ヶ月でアーキタイプの存在しないデッキを形にし、初見者に納得してもらう紹介をする。これはなかなかハードだぞと自分に言い聞かせた。このとき、あまり熱心でないプレイヤーである僕はある事実を逃していた。『モダンホライゾン』の発売日は基本セットよりも早い2019年6月14日であることに。

KMCIT5th会場風景


 カラーは5色。かねてより豪勢なデッキというものはプレイヤーの心を掴んできた。さらに実績が伴えばいうことなし。 ――KMC第2回優勝の『レインボー』ムラオカさんのデッキ―― ――KMC第34回優勝のタニグチさんのデッキ―― これらを超える。プロジェクト『Over the Rainbow』の始まりである。

 では5色の基盤となるものは何か。ここで灯争大戦で僕が惹かれたカードを紹介しよう。それは《大いなる創造者、カーン》でも《覆いを割く者、ナーセット》でもなく、これだ。

次元間の標

 ――《次元間の標》―― 2色のプレインズウォーカー(以下PW)を唱える役に立ち、またライフゲインも遅くなると思われるデッキと相性がいい。目指すは、《次元間の標》を主軸に据えたPWコントロール、いやPWアグロだ。もちろん、1種類のカードで多くを補うことはできない。ただし、2種類以上のカードがあれば十分安定した基盤を形成できる。 ――《ニッサの誓い》―― ――《極楽鳥》―― この3種12枚が5色のマナベースだ。さらに踏み込もう。PWのほぼ全てが点数でみたマナコストが3以上で、灯争大戦後もそれは変わらない。(例外は《悪鬼の血脈、ティボルト》と表面がクリーチャーのギデオン、ジェイスだけだ。 《自然に仕える者、ニッサ》は点数でみたマナコストは2だが2マナで唱えることはまずないだろう)
 悠長に3ターン目3マナを待つわけにはいかないので選択肢は2つだ。・2ターン目に3マナを出す・2ターン目までは妨害に徹するここで、1ターン目の選択にさきほどの3種類のカードを上げていることを思い出してほしい。《極楽鳥》はすでに選択している。いち早くPWを呼び出してやろうじゃないか。では《次元間の標》《ニッサの誓い》の場合2ターン目にもう2マナを捻出する方法はなんだろう。

《古の墳墓》
《裏切り者の都》
《金属モックス》

 優先順位は上から順だ。PWは一体呼んで終わりというわけにはいかない、多く展開したい。《次元間の標》があればPWを唱えたときに《古の墳墓》からのダメージが半分帰ってくる。ハンド消費は後からアドバンテージとして帰ってくるだろうが、なるべくなら避けたい。以上から導き出したマナベース+αがこちらだ。

-土地22-
5 《緑絡みのフェッチランド》
4 《緑絡みのデュアルランド》
4 《次元間の標/Interplanar Beacon》
4 《古えの墳墓/Ancient Tomb》
4 《裏切り者の都/City of Traitors》
2 《反射池/Reflecting Pool》
1 《森/Forest》

-クリーチャー4-
《極楽鳥/Birds of Paradise》

-アーティファクト1-
1 《金属モックス/Chrome Mox)》

-エンチャント4-
4 《ニッサの誓い/Oath of Nissa》



 《マナの合流点》4、《真鍮の都》4も試したが、さすがに痛かった。そして大事なことは緑マナだ。《ニッサの誓い》さえ出ればマナベースは解決するのだ。 ジャンプアップこそ可能にしたマナベースだが、やはり2マナ域の空白は気になった。PWが手薄なところはPWを守るカードがいいだろう、ということで思考を巡らせ、僕はとあるカードに思い至った。色拘束が緩く、PWとの相性がいいカード。 ――《キランの真意号》―― 攻守一体、まさにこのデッキが求めていたものであった。

キランの真意号

 あとは《ダク・フェイデン》の採用はもう決めていたので彼と相性のよい《罰する火》を選択した。マナベースもそれにあわせた。

-土地22-
4 《緑絡みのデュアルランド》
4 《次元間の標/Interplanar Beacon》
4 《古えの墳墓/Ancient Tomb》
3 《緑絡みのフェッチランド》
3 《燃え柳の木立ち/Grove of the Burnwillows》
2 《裏切り者の都/City of Traitors》
1 《反射池/Reflecting Pool》
1 《森/Forest》

-クリーチャー4-
《極楽鳥/Birds of Paradise》

-インスタント3-
3 《罰する火/Punishing Fire》

-アーティファクト4-
3 《キランの真意号/Heart of Kiran》
1 《金属モックス/Chrome Mox》

-エンチャント4-
4 《ニッサの誓い/Oath of Nissa》


 ここまでで37枚。つまり23枚もの枠をPWにあてることができる。これは前人未到の域ではなかろうか。僕は昂揚した。勢いのままにPWを投入した。2ターン目に3マナ出るんだから、ということで《三なる宝球》までいれてみた。

5月16日
5Cスーパーフレンズ

-土地22-
4 《緑絡みのデュアルランド》
4 《次元間の標/Interplanar Beacon》
4 《古えの墳墓/Ancient Tomb》
3 《緑絡みのフェッチランド》
3 《燃え柳の木立ち/Grove of the Burnwillows》
2 《裏切り者の都/City of Traitors》
1 《反射池/Reflecting Pool》
1 《森/Forest》

-クリーチャー4-
《極楽鳥/Birds of Paradise》

-インスタント3-
3 《罰する火/Punishing Fire》

-アーティファクト4-
3 《キランの真意号/Heart of Kiran》
1 《金属モックス/Chrome Mox》

-エンチャント4-
4 《ニッサの誓い/Oath of Nissa》

-プレインズウォーカー21-
2 《運命を変える者、アミナトゥ/Aminatou, the Fateshifter》
2 《巧妙な偶像破壊者、ダレッティ/Daretti, Ingenious Iconoclast》
2 《ダク・フェイデン/Dack Fayden》
2 《覆いを割く者、ナーセット/Narset, Parter of Veils》
2 《夢を引き裂く者、アショク/Ashiok, Dream Render》
2 《寛大なる者、アジャニ/Ajani, the Greathearted》
1 《崇高な工匠、サヒーリ/Saheeli, Sublime Artificer》
1 《大判事、ドビン/Dovin, Grand Arbiter》
1 《ウルザの後継、カーン/Karn, Scion of Urza》
1 《ゴルガリの女王、ヴラスカ/Vraska, Golgari Queen》
1 《野生語りのガラク/Garruk Wildspeaker》
1 《反逆の先導者、チャンドラ/Chandra, Torch of Defiance》
1 《復讐のアジャニ/Ajani Vengeant》
1 《生命の力、ニッサ/Nissa, Vital Force》
1 《人知を超えるもの、ウギン/Ugin, the Ineffable》


ダレッティアミナトゥ

4
 5月17日、ひとつの朗報が舞い込んだ。前回のKMCのときにたたき台をみせたプレイヤーの一人からデッキを使ってみたいとの声がかかったのだ。新デッキを作るのに視点は多いほうがいい。僕は使うだけでなく調整チームに入らないかと提案し、承諾を得た。プロジェクトチーム発足の瞬間である。
 彼の名はうつしの氏。BUGをメインとする続唱の研究に秀でた彼ならPWによる盤面のアドバンテージ獲得に対しての知見も広い。彼はさっそく2つの意見を用意してくれた。

・直接的なアドバンテージを有しないPWの採用は極力控える
・相手クリーチャーの攻撃からPWを守る方法があればより効果的な運用ができること


 さらに彼は《ヴェールのリリアナ》《最後の望み、リリアナ》をはじめとする、すでにレガシー環境で活躍しているPWを積極的に使うべく、黒を主体とした構築を始めることにしたのだ。(《次元間の標》、《極楽鳥》の性質上ダブルシンボルのPWを採用するにはそれなりのリスクがあり、主体となるカラーの選択が必要だった)2つの方向での研究、連日調整ライングループへの投稿は行われた。

5月20日
うつしの制作 黒ベース

-土地22-
6 《緑フェッチ》
4 《次元間の標/Interplanar Beacon》
4 《古えの墳墓/Ancient Tomb》
2 《裏切り者の都/City of Traitors》
2 《:Bayou》
1 《Tropical island》
1 《Taiga》
1 《Savannah》
1 《森/Forest》

-クリーチャー4-
4 《極楽鳥/Birds of Paradise》

-インスタント3-
3 《濃霧/Fog》

-アーティファクト6-
3 《キランの真意号/Heart of Kiran》
2 《罠の橋/Ensnaring Bridge》
1 《金属モックス/Chrome Mox》

-エンチャント4-
4 《ニッサの誓い/Oath of Nissa》

-プレインズウォーカー21-
2 《運命を変える者、アミナトゥ/Aminatou, the Fateshifter》
2 《巧妙な偶像破壊者、ダレッティ/Daretti, Ingenious Iconoclast》
2 《ダク・フェイデン/Dack Fayden》
2 《覆いを割く者、ナーセット/Narset, Parter of Veils》
2 《オルゾフの簒奪者、ケイヤ/Kaya, Orzhov Usurper》
1 《時を解す者、テフェリー/Teferi, Time Raveler》
1 《支配の片腕、ドビン/Dovin, Hand of Control》
1 《ヴェールのリリアナ/Liliana of the Veil》
1 《最後の望み、リリアナ/Liliana, the Last Hope》
1 《ウルザの後継、カーン/Karn, Scion of Urza》
1 《ゴルガリの女王、ヴラスカ/Vraska, Golgari Queen》
1 《先駆ける者、ナヒリ/Nahiri, the Harbinger》
1 《情け知らずのガラク/Garruk Relentless》
1 《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》
1 《反逆の先導者、チャンドラ/Chandra, Torch of Defiance》
1 《主無き者、サルカン/Sarkhan the Masterless》

side
3 《仕組まれた疫病/Engineered Plague》
2 《盾魔道士、テヨ/Teyo, the Shieldmage》
2 《クローサの掌握/Krosan Grip》
1 《支配の片腕、ドビン/Dovin, Hand of Control》
1 《夢を引き裂く者、アショク/Ashiok, Dream Render》
1 《最後の望み、リリアナ/Liliana, the Last Hope》
1 《花の絨毯/Carpet of Flowers》
1 《外科的摘出/Surgical Extraction》
1 《呪文貫き/Spell Pierce》
1 《真髄の針/Pithing Needle》



5
 5月25日、第110回KMC当日。モダンホライゾン発売日を考えるとこれが唯一の大舞台である。残念ながら僕は参加できなかったので、うつしの氏に全てを託した。 その日の報告を楽しみにしていたのだが、結果は無残なものだった。PWの性質上インスタントタイミングでの行動に弱く、またコンボへの耐性の低さをつかれて1勝もできなかった。特に《戦慄衆の秘儀術師》を使ったURデルバーは早い段階でアドバンテージを獲得していく厄介なもので、PWはソフトカウンターではじかれやすい。
 そう、負けたら終わりではなく、課題や気づきを持って帰れるのだ。全く新しい試みの緒戦とはそういうもの、惨敗には喫したが、得るものは大きい。さらに朗報もあった。 《レンと六番》公開。 待望の2マナPWである。チームは気づきを活かし、まずは平日大会での全勝、ゆくゆくはKMCへのリベンジを目指し、調整を再開した。僕が意識したポイントは2つ。守りきれないのであれば押し切る形をとること。使用するPWの能力に無駄を持たせないこと。要するに追加のクリーチャー採用である。打点が高く、相手への妨害手段があるもの。このデッキのマナ基盤は5色でありながら、無色マナをふんだんに使用している。つまり、《難題の予見者》を無理なく採用できるのだ。手札のカードを1枚追放はささやかだが、サイドボードで様々なヘイトPWと組み合わせれば大きな意味を持つだろう。その他のコンボ耐性はサイドボードに任せ、メインはPWと4/4クリーチャーを押し付ける形をとった。そして――

6月3日カードショップ黄鶏屋 平日大会全勝

-土地22-
4 《次元間の標/Interplanar Beacon》
4 《古えの墳墓/Ancient Tomb》
3 《緑フェッチ》
3 《燃え柳の木立ち/Grove of the Burnwillows》
2 《裏切り者の都/City of Traitors》
1 《反射池/Reflecting Pool》
1  《森/Forest》
1 《:Bayou》
1 《Tropical island》
1 《Taiga》
1 《Savannah》

-クリーチャー8-
4 《極楽鳥/Birds of Paradise》
3 《難題の予見者/Thought-Knot Seer》
1 《引き裂かれし永劫、エムラクール/Emrakul, the Aeons Torn》

-インスタント3-
3 《罰する火/Punishing Fire》

-アーティファクト3-
3 《キランの真意号/Heart of Kiran》

-エンチャント4-
4 《ニッサの誓い/Oath of Nissa》

-プレインズウォーカー20-
3 《先駆ける者、ナヒリ/Nahiri, the Harbinger》
3 《ダク・フェイデン/Dack Fayden》
2 《運命を変える者、アミナトゥ/Aminatou, the Fateshifter》
2 《巧妙な偶像破壊者、ダレッティ/Daretti, Ingenious Iconoclast》
2 《反逆の先導者、チャンドラ/Chandra, Torch of Defiance》
2 《支配の片腕、ドビン/Dovin, Hand of Control》
1 《オルゾフの簒奪者、ケイヤ/Kaya, Orzhov Usurper》
1 《最後の望み、リリアナ/Liliana, the Last Hope》
1 《覆いを割く者、ナーセット/Narset, Parter of Veils》
1 《崇高な工匠、サヒーリ/Saheeli, Sublime Artificer》
1 《ゴルガリの女王、ヴラスカ/Vraska, Golgari Queen》
1 《歓楽者ゼナゴス/Xenagos, the Reveler》

side
2 《三なる宝球/Trinisphere》
2 《盾魔道士、テヨ/Teyo, the Shieldmage》
2 《紅蓮破/Pyroblast》
2 《夢を引き裂く者、アショク/Ashiok, Dream Render》
2 《トーモッドの墓所/Tormod's Crypt》
2 《罠の橋/Ensnaring Bridge》
2 《クローサの掌握/Krosan Grip》
1 《花の絨毯/Carpet of Flowers》


小さな一歩だ。だがこれを続ければ大きな行程へと繋がっていく。モダンホライゾンのカードもまた、レガシー環境に意味を与えるだろう。新しいカードが世に出るたび、可能性が現れる。次はどんなことをしようか。
カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

111thKMC結果報告と、KMCIT権利者確定!

いつもお世話になっております!

111th KMCが行われました!
石川県や東京都からもご参加いただき、106名での開催となりました!
ありがとうございました!
今回のKMCは、モダンホライゾン発売後初のKMCでした。レンと六番や全色フェッチたちが活躍していました!
そんな111th KMCのTop8DeckListと決勝戦動画をKMCサイトにアップしました!是非ご覧ください!
111th KMC Top8 DeckList
http://mtgkmc.blog.fc2.com/blog-entry-665.html

111th KMC 決勝戦動画
http://mtgkmc.blog.fc2.com/blog-entry-666.html


また、今回でポイントレース最終回でした。
これにより、6月30日に開催される招待制イベントKMCインビテーショナルの出場者が確定しました!
以下が権利者の方々です。ご確認ください。
権利者19名

SEED Hori Masataka
15 Harada Danpei
14 Fukudome Yuu
13 Kyogoku Kyosuke
12 Kagotani Naota
11 Doi Satsuki
11 Hamada Tomoki
11 Hiroi Naoto
11 Iwasaki Kouichi
11 Sakamoto Taiga
10 Mizuguchi Kiyoshi
10 Nishikawa Tatsuya
10 Nunotani Akira
10 Sekimoto Tatsuo
10 Tanaka Mikito
10 Yamaguchi Takuya
10 Yamanaka Kousuke
10 Yamano Nobuteru
10 Yamada Mitsuhiro

ポイントレース1位通過のHarada Danpei氏にはKMCハイパーマットスリーブ1年分を進呈いたします。

コミュニティポイントレース順位

36 人間失格
30 黄鶏屋Ama's
27 (地上波初)LA・LA・LA・LANDS
26 Dread of Knights
24 Striker Niwa
24 MIKITO
23 地獄の沙汰も俺ら次第
21 ガバニキの会
20 Team Cabagames
20 ワッショイ!ゴミクズ
19 ポアスル
14 Mana Capsule HTT
6 Mana Capsule Wii
5 Mana Capsule NGN

コミュニティポイントレース3位まで賞品を授与します。
今回の1位賞品は、灯争大戦1BOXとなります。


次回KMCは、6月30日です!
次回は招待制イベントKMCインビテーショナルです。
併催で通常のレガシーイベントも開催されます!
是非ご参加ください!


KMCIT 併催レガシー
日程:6月30日(Sun)
フォーマット:レガシー
参加費:1000円
受付:13:15
定員:50人

■会場
港区民センター

大阪市港区弁天2-1-5

■アクセス
地下鉄中央線・JR環状線  弁天町駅 徒歩7分

■備考
どなたでもご参加いただける併催イベントです。
KMCポイントは入りません。

WPN主催店舗:BigMagicなんば店
13th KMC Invitational

日程:6月30日(Sun)
フォーマット:レガシー
参加費:無料
受付:13:15

■備考
このイベントは招待制です。参加権利を持つプレイヤーのみご参加いただけます。
なお、当日はどなたでもご参加いただける併催レガシーイベントも開催予定です。

■会場
港区民センター

大阪市港区弁天2-1-5

■アクセス
地下鉄中央線・JR環状線  弁天町駅 徒歩7分

WPN主催店舗:BIGMAGICなんば店
カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

第111回KMC動画

第111回KMC決勝戦Game1動画


第111回KMC決勝戦Game2動画


第111回KMC決勝戦Game3動画

カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

111th KMC Top8 Deck List

111th KMC
2019.6.15
106 Players
7 Swiss Draw

111th KMC Top8 DeckList

1st Place
Player Name:Hamada Tomoki
Deck Name:インビに出たいんや!
Deck Designer:


Main
4 《石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mystic》
3 《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》
4 《真の名の宿敵/True-Name Nemesis》
1 《宮殿の看守/Palace Jailer》
4 《渦まく知識/Brainstorm》
4 《剣を鍬に/Swords to Plowshares》
4 《思案/Ponder》
4 《Force of Will》
2 《呪文貫き/Spell Pierce》
2 《対抗呪文/Counterspell》
2 《議会の採決/Council's Judgment》
1 《梅澤の十手/Umezawa's Jitte》
1 《火と氷の剣/Sword of Fire and Ice》
1 《殴打頭蓋/Batterskull》
3 《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》
4 《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
3 《霧深い雨林/Misty Rainforest》
2 《湿地の干潟/Marsh Flats》
2 《Tundra》
6 《島/Island》
3 《平地/Plains》

Side
2 《解呪/Disenchant》
2 《封じ込める僧侶/Containment Priest》
2 《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》
2 《相殺/Counterbalance》
2 《基本に帰れ/Back to Basics》
2 《外科的摘出/Surgical Extraction》
1 《至高の評決/Supreme Verdict》
1 《ゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikar》
1 《殴打頭蓋/Batterskull》


2nd Place
Player Name:Tanaka Mikito
Deck Name:白単サルベイジャー
Deck Designer:アテリエル


Main
4 《オーリオックの廃品回収者/Auriok Salvagers》
4 《僧院の導師/Monastery Mentor》
3 《歩行バリスタ/Walking Ballista》
2 《歪める嘆き/Warping Wail》
4 《水蓮の花びら/Lotus Petal》
4 《オパールのモックス/Mox Opal》
4 《虚空の杯/Chalice of the Void》
4 《ミシュラのガラクタ/Mishra's Bauble》
3 《ライオンの瞳のダイアモンド/Lion's Eye Diamond》
4 《ウルザの後継、カーン/Karn, Scion of Urza》
4 《大いなる創造者、カーン/Karn, the Great Creator》
4 《古えの墳墓/Ancient Tomb》
4 《裏切り者の都/City of Traitors》
4 《魂の洞窟/Cavern of Souls》
4 《古えの居住地/Ancient Den》
3 《冠雪の平地/Snow-Covered Plains》
1 《Karakas》

Side
2 《過大な贈り物/Generous Gift》
2 《封じ込める僧侶/Containment Priest》
2 《エーテル宣誓会の法学者/Ethersworn Canonist》
2 《トーモッドの墓所/Tormod's Crypt》
1 《漸増爆弾/Ratchet Bomb》
1 《魔術遠眼鏡/Sorcerous Spyglass》
1 《歩行バリスタ/Walking Ballista》
1 《ワームとぐろエンジン/Wurmcoil Engine》
1 《罠の橋/Ensnaring Bridge》
1 《マイコシンスの格子/Mycosynth Lattice》
1 《ライオンの瞳のダイアモンド/Lion's Eye Diamond》


3rd Place
Player Name:Tonami Kohei
Deck Name:T-オベントウ(ノコギリ)
Deck Designer:スカイプMTG


Main
4 《エルドラージのミミック/Eldrazi Mimic》
4 《果てしなきもの/Endless One》
4 《作り変えるもの/Matter Reshaper》
4 《難題の予見者/Thought-Knot Seer》
4 《現実を砕くもの/Reality Smasher》
3 《歩行バリスタ/Walking Ballista》
3 《猿人の指導霊/Simian Spirit Guide》
2 《終末を招くもの/Endbringer》
1 《絶え間ない飢餓、ウラモグ/Ulamog, the Ceaseless Hunger》
4 《虚空の杯/Chalice of the Void》
2 《アメジストのとげ/Thorn of Amethyst》
1 《大いなる創造者、カーン/Karn, the Great Creator》
4 《ウギンの目/Eye of Ugin》
4 《エルドラージの寺院/Eldrazi Temple》
4 《古えの墳墓/Ancient Tomb》
4 《雲上の座/Cloudpost》
2 《魂の洞窟/Cavern of Souls》
2 《ヨーグモスの墳墓、アーボーグ/Urborg, Tomb of Yawgmoth》
1 《爆発域/Blast Zone》
1 《ヴェズーヴァ/Vesuva》
1 《微光地/Glimmerpost》
1 《演劇の舞台/Thespian's Stage》

Side
4 《魔術遠眼鏡/Sorcerous Spyglass》
3 《フェアリーの忌み者/Faerie Macabre》
2 《アメジストのとげ/Thorn of Amethyst》
1 《全ては塵/All Is Dust》
1 《歩行バリスタ/Walking Ballista》
1 《漸増爆弾/Ratchet Bomb》
1 《トーモッドの墓所/Tormod's Crypt》
1 《忘却蒔き/Oblivion Sower》
1 《人知を超えるもの、ウギン/Ugin, the Ineffable》


4th Place
Player Name:Furusawa Yuya
Deck Name:感染
Deck Designer:


Main
4 《金属細工師/Metalworker》
4 《磁石のゴーレム/Lodestone Golem》
3 《カルドーサの鍛冶場主/Kuldotha Forgemaster》
2 《歩行バリスタ/Walking Ballista》
2 《ワームとぐろエンジン/Wurmcoil Engine》
1 《白金の帝像/Platinum Emperion》
1 《荒廃鋼の巨像/Blightsteel Colossus》
4 《虚空の杯/Chalice of the Void》
4 《厳かなモノリス/Grim Monolith》
3 《抵抗の宝球/Sphere of Resistance》
1 《時の砂/Sands of Time》
1 《稲妻のすね当て/Lightning Greaves》
4 《大いなる創造者、カーン/Karn, the Great Creator》
2 《人知を超えるもの、ウギン/Ugin, the Ineffable》
4 《雲上の座/Cloudpost》
4 《微光地/Glimmerpost》
4 《古えの墳墓/Ancient Tomb》
3 《ヴェズーヴァ/Vesuva》
3 《爆発域/Blast Zone》
2 《演劇の舞台/Thespian's Stage》
2 《裏切り者の都/City of Traitors》
1 《Karakas》
1 《発明博覧会/Inventors' Fair》

Side
2 《トーモッドの墓所/Tormod's Crypt》
2 《魔術遠眼鏡/Sorcerous Spyglass》
2 《漸増爆弾/Ratchet Bomb》
1 《精霊龍、ウギン/Ugin, the Spirit Dragon》
1 《イシュ・サーの背骨/Spine of Ish Sah》
1 《大祖始の遺産/Relic of Progenitus》
1 《歩行バリスタ/Walking Ballista》
1 《罠の橋/Ensnaring Bridge》
1 《時の砂/Sands of Time》
1 《伝染病エンジン/Contagion Engine》
1 《ファイレクシアの変形者/Phyrexian Metamorph》
1 《マイコシンスの格子/Mycosynth Lattice》


5th Place
Player Name:Fukudome Yuu
Deck Name:
Deck Designer:


Main
3 《グリセルブランド/Griselbrand》
3 《引き裂かれし永劫、エムラクール/Emrakul, the Aeons Torn》
3 《全知/Omniscience》
4 《実物提示教育/Show and Tell》
3 《騙し討ち/Sneak Attack》
3 《狡猾な願い/Cunning Wish》
4 《渦まく知識/Brainstorm》
4 《思案/Ponder》
4 《Force of Will》
2 《呪文貫き/Spell Pierce》
1 《狼狽の嵐/Flusterstorm》
1 《定業/Preordain》
1 《衝動/Impulse》
1 《直観/Intuition》
4 《水蓮の花びら/Lotus Petal》
3 《Volcanic Island》
3 《古えの墳墓/Ancient Tomb》
2 《裏切り者の都/City of Traitors》
2 《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
2 《汚染された三角州/Polluted Delta》
2 《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
2 《霧深い雨林/Misty Rainforest》
3 《島/Island》

Side
2 《すべてを護るもの、母聖樹/Boseiju, Who Shelters All》
1 《直観/Intuition》
1 《紅蓮地獄/Pyroclasm》
1 《稲妻/Lightning Bolt》
1 《突然のショック/Sudden Shock》
1 《火想者の予見/Firemind's Foresight》
1 《蟻の解き放ち/Release the Ants》
1 《計略縛り/Trickbind》
1 《外科的摘出/Surgical Extraction》
1 《急流/Rushing River》
1 《裂け目の突破/Through the Breach》
1 《狼狽の嵐/Flusterstorm》
1 《紅蓮破/Pyroblast》
1 《コジレックの帰還/Kozilek's Return》


6th Place
Player Name:Yasuda Masayuki
Deck Name:
Deck Designer:


Main
3 《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》
2 《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》
4 《渦まく知識/Brainstorm》
4 《思案/Ponder》
4 《剣を鍬に/Swords to Plowshares》
4 《Force of Will》
3 《終末/Terminus》
2 《呪文貫き/Spell Pierce》
2 《対抗呪文/Counterspell》
2 《議会の採決/Council's Judgment》
3 《覆いを割く者、ナーセット/Narset, Parter of Veils》
2 《時を解す者、テフェリー/Teferi, Time Raveler》
2 《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》
2 《相殺/Counterbalance》
1 《基本に帰れ/Back to Basics》
4 《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
4 《霧深い雨林/Misty Rainforest》
2 《Volcanic Island》
2 《Tundra》
1 《Karakas》
5 《冠雪の島/Snow-Covered Island》
2 《冠雪の平地/Snow-Covered Plains》

Side
2 《僧院の導師/Monastery Mentor》
2 《イゼットの静電術師/Izzet Staticaster》
2 《外科的摘出/Surgical Extraction》
2 《自然の詠唱/Nature's Chant》
1 《紅蓮破/Pyroblast》
1 《赤霊破/Red Elemental Blast》
1 《水流破/Hydroblast》
1 《基本に帰れ/Back to Basics》
1 《封じ込める僧侶/Containment Priest》
1 《天界の粛清/Celestial Purge》
1 《ドビンの拒否権/Dovin's Veto》


7th Place
Player Name:Hori Masataka
Deck Name:
Deck Designer:


Main
4 《輪作/Crop Rotation》
4 《ギャンブル/Gamble》
4 《壌土からの生命/Life from the Loam》
3 《罰する火/Punishing Fire》
3 《踏査/Exploration》
2 《森の知恵/Sylvan Library》
1 《マナ結合/Manabond》
1 《溶鉄の渦/Molten Vortex》
4 《モックス・ダイアモンド/Mox Diamond》
4 《燃え柳の木立ち/Grove of the Burnwillows》
4 《リシャーダの港/Rishadan Port》
4 《不毛の大地/Wasteland》
4 《演劇の舞台/Thespian's Stage》
3 《暗黒の深部/Dark Depths》
2 《Maze of Ith》
2 《Taiga》
1 《爆発域/Blast Zone》
1 《幽霊街/Ghost Quarter》
1 《Glacial Chasm》
1 《Karakas》
1 《ボジューカの沼/Bojuka Bog》
1 《The Tabernacle at Pendrell Vale》
1 《平穏な茂み/Tranquil Thicket》
1 《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》
1 《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
1 《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》
1 《森/Forest》

Side
4 《抵抗の宝球/Sphere of Resistance》
2 《不屈の追跡者/Tireless Tracker》
2 《クローサの掌握/Krosan Grip》
2 《窒息/Choke》
1 《赤霊破/Red Elemental Blast》
1 《紅蓮破/Pyroblast》
1 《古えの遺恨/Ancient Grudge》
1 《虚空の杯/Chalice of the Void》
1 《魔術遠眼鏡/Sorcerous Spyglass》


8th Place
Player Name:Nishikawa Tatsuya
Deck Name:これしか使えない
Deck Designer:こーのさん


Main
4 《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets》
4 《戦慄衆の秘儀術師/Dreadhorde Arcanist》
3 《若き紅蓮術士/Young Pyromancer》
2 《真の名の宿敵/True-Name Nemesis》
1 《渋面の溶岩使い/Grim Lavamancer》
4 《渦まく知識/Brainstorm》
4 《思案/Ponder》
4 《稲妻/Lightning Bolt》
4 《目くらまし/Daze》
4 《Force of Will》
2 《Chain Lightning》
2 《呪文貫き/Spell Pierce》
1 《呪文嵌め/Spell Snare》
1 《定業/Preordain》
1 《削剥/Abrade》
1 《危険因子/Risk Factor》
4 《不毛の大地/Wasteland》
4 《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
3 《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
1 《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire》
3 《Volcanic Island》
2 《島/Island》
1 《山/Mountain》

Side
2 《外科的摘出/Surgical Extraction》
2 《狼狽の嵐/Flusterstorm》
2 《硫黄の渦/Sulfuric Vortex》
2 《狼狽の嵐/Flusterstorm》
2 《紅蓮破/Pyroblast》
1 《赤霊破/Red Elemental Blast》
1 《水流破/Hydroblast》
1 《硫黄の精霊/Sulfur Elemental》
1 《削剥/Abrade》
1 《発展の代価/Price of Progress》
1 《無のロッド/Null Rod》
1 《破壊放題/Shattering Spree》
カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

Blog

KMCITポイントレース

○ ポイントレースについて

SEED Hadara Danpei

8 Hori Masataka
7 Yamanaka Kousuke
6 Doi Satsuki
6 Ishii Takuya
6 Kanbara Hokuto
6 Sekimoto Tatsuo
6 Yamada Mituhiro
5 Hayashibara Kazuki
5 Naoya Kawakami
5 Kodaira Syouta
5 Naota Kagotani
5 Yanagisawa Yuta
【更に見る】

コミュニティ戦ランキング

18 コストオーバー
13 Dread of Knights
12 ちびマルイちゃん
12 MTG With プロゲーマー
12 コダイラが来る Second Season
10 どつきまわしたれ本舗
10 Traiad Primus
9 Stronger Kanbara
8 ヒゲと愉快な仲間たち
6 ヒロイン特撮研究所
6 ノーエムラさべ太郎

TOP8DeckList

MOVIE

コラム

○ Eternal Party2017 カバレージNew!
○ MMM Finals 2017参加レポートNew!
○ 関西のエターナル事情(レガシー&モダン)New!
○ EternalParty2017の事前予約迫る!!賞品も決定!!

【過去の記事を読む】

twitter

WPN主催店舗について

KMCが運営するイベントは、一部の例外を除き、BIGMAGICなんば店にて主催されております。
検索フォーム
最新コメント
カウンター
管理用

Appendix