KMC開催予定
77th KMC
5月13日(土)
受付:11:00
開始:12:00
参加費:1000円
定員:80人
会場:晴れる屋大阪店
最寄り駅:御堂筋線「梅田」駅より徒歩7分

【今後の予定を更に見る】


関西レガシーカレンダー(間違っていても責任は負いません。)
76th KMC Final Movie

【コラム】スタックを確認する#前編

     ――――――パワー2以下のハローワーク―――――

2006年。
それは私たちにとって忘れられない年となった。
氷河期の再来である。

《コールドスナップ》

レガシーに置いては《相殺》や当時こそ評価されなかったものの《暗黒の深部》など
環境に与えた影響も多いエキスパンションである。因みに筆者は《占術の岩床》と《結界師ズアー》が好き。


じゃなかった2010年―《リーマンショック》―就職氷河期の再来である。


企業はより良い人材を採用するため、より若年層に企業を知ってもらう試みを行った。
説明会はもちろん、近年はSNSを活用した採用活動がメジャーになりつつある。
もちろん国側も公正な採用活動のために日々議論を交わしている。
就職活動解禁日の設定は話題となり、企業はインターンシップを中心とした活動への移行が見られる様になった。


そんな就職活動に翻弄される一つの企業があった。

株式会社《魔の魅惑》

彼らは果たしてどのような人材を採用するのだろうか?






Boder.jpg

「君はもう内定を貰っているの?」

「はい、《エスパー石鍛冶》様、《パトリオット》様に頂いております」

「tier1上場企業だよね。そんなエリート、うちじゃ肌に合わないと思うけどなぁ」

「いえ、《魔の魅惑》様の下であれば、隙なく場に出て《殴打頭蓋》をサーチする事が出来ます」

「知ってるかい?《魔の魅惑》を出した次のターンには5マナ出せるんだよねぇ」


その言葉で、もともと色白だった《石鍛冶の神秘家》の顔は、むしろ青白くなった。




すごすごと帰っていく《石鍛冶の神秘家》を見送りつつ、《帝国の徴募兵》は冷めたコーヒーをすする。
どうしてもういくつも内定が出るような時期に、わざわざインペリアルリクルーター面接を行うのか。
彼は会社の意向に疑問を持ちつつも、次に来る学生の到着を待った。
そのときだった。

《帝国の徴募兵》の背後から、言いようのない気配がする。
まるで背中を這いずり回されるような。いや、夢の中にまで忍び寄られたような……
コーヒーカップを震える手を抑え込み、《帝国の徴募兵》は振り返った。

そこにあったのは異形だった。



猿を思わせる長い手足。
病魔にでも犯されているのか、頭部と背中は赤く腫れ上がっている。
そしてなによりも、濁った水のような虚ろな目。

それに見つめられた瞬間、《帝国の徴募兵》は喫茶店から姿を消した。




「おい、なんで帰ってきたんだ!今日は面接だろう」
《帝国の徴募兵》はあたりを見渡し、ここが自分のデスクであることに気が付いた。


「そうか、俺は手札に戻されたのか……」

「聞いてるのか、面接中にここにいるなんて、せめて良い人材でも見つけてきたんだろうな」

「はい、最高の人材。いや、イリュージョンです」


《帝国の徴募兵》は《夢で忍び寄るもの》を思い浮かべながら、真っ直ぐ上司を見つめた。




Border_4.jpg

     


☆☆☆KMCは就職活動をしながらMTGをする人を応援します☆☆☆

今宵も当コラムを読んでいただきありがとうございます。
KMCの電波コラム担当、Chunです。

当初、主催からは「みんなが新しくマジックを始めたくなるようなコラムを」という依頼を受けましたが、
どっちかと言うと「ネタが解る人だけが思わずニヤッとするコラム」を作っている気しかしません。
正直、私ののコラムを読んでレガシーを始めたら、きっと電波デッキを作ることでしょう。

《Illusions of Grandeur》や《土を食うもの》は地味に高いぞ♪


さて、ようやく主題に移りたいと思います。
実は、今までは『レガシー環境で構築をしてみよう』というテーマでコラムを書いていました。
これからは、いよいよプレイするに当たって注意すべきことを述べていきたいと思います。
いわゆる『第2章 マナー編』です。


マジック・ザ・ギャザリンングは長い歴史を持つ、完成度の高いルールが敷かれたゲームです。
そのため、覚えなければいけない基本的な事、気を付けるべき事象も多数あります。
初心者はもちろん、何か月も、何年もマジックをしているプレイヤーでも自信のない部分があることでしょう。


その中で特に重要で、マジックをするにおいて必ず重要なこと。
それはスタックだと私は感じています。
意識しすぎて、日常生活でも使ってしまいそうなくらい。


「すいません、手あいてますか?」

「ごめん、今○○やってるから」

「それは後で大丈夫です、これスタック積むんで、先解決してください!」

「――え?」


みたいな感じです。仕事もマジックも優先順位が大切ですよ。



そのスタックですが、

呪文を唱えたとき(土地は唱えません)
能力を起動したとき(マナ能力は除く)
能力が誘発したとき(常在型能力との違いに要注意)

以上3つのいずれかが起こった時に発生します。
その際に、APから優先権を得るわけですが、詳しいルールに関してはより適したサイトや書物をご確認ください。
*AP:アクティブプレイヤー


私から皆さんに意識してほしいことは、スタックは必ず発生するということです。
刹那呪文もスタックには乗るので、誘発型能力は誘発しますし、特別な処理は挟むことができます。

―特別な処理?
《リシド》で、ケンサク、ケンサクゥ!!




今回、前口上で紹介しているデッキは《アルーレン》。
tier1には至っていませんが、レガシーと言う環境において通用しうるパワーを持つデッキ。
そしてスタックに対する強い理解が求められるデッキでもあります。
Samplekistはコチラ(外部リンク)


【簡単解説】

Border_4.jpg
①:《魔の魅惑》をキャスト

Aluren.jpg

Border_4.jpg

②:何度も場に出す事で勝利に直結する『青か黒』で『3マナ以下のクリーチャー』を出す(先に場にいてもOK)

low3.jpg

Border_4.jpg

③:《洞窟のハーピー》をキャスト&自身の能力で戻す事で何度も『②』のクリーチャーを場に出す

洞窟のハーピー

このデッキの強みは《魔の魅惑》さえ戦場に出てしまえば、戦場のクリーチャーと手札全てが
脅威に変わるということです。


A『手札から《洞窟のハーピー》をキャスト』

ここで優先権が発生

A『場に出た誘発で《寄生的な大梟》戻したい』

ここでも優先権が発生

B『解決前に《寄生的な大梟》に《稲妻》』

またもや優先権が発生

A『ふふふ、今だっ!《夢で忍び寄るもの》キャスト』

やっぱり優先権が発生

B『もう一発《稲妻》』

しつこいようだが優先権が発生

A『じゃあハーピー自身を1点払って戻すわ』

もう何を言うかわかるよね?優先権が発生

B『あ……』

A『ハーピー出すで』

以下略

B『無念、投了』
A『いやや、スタックで《洞窟のハーピー》また1点払って戻す』

※投了はスタックを積みません。
たとえ親しい間柄でもやりたいことを強引にする行為には注意しましょう。



さぁ、ここにはBさんのプレイミスがあります。
お解かりでしょうか?さっそく正解VTRを見てみましょう!


A『手札から《洞窟のハーピー》をキャスト』

B『解決前に、《寄生的な大梟》に《稲妻》』

A『やるな!《夢で忍び寄るもの》キャスト』

B『もう一発《稲妻》』

A『なんで2枚も持ってるねん、さっさと梟焼いとけよ!』

B『で、《夢で忍び寄るもの》出たぞ、なんか戻せ』

A『自身戻すわ』

B『ほら、ハーピー出たぞ、なんか戻せ』

A『……自身戻すわ』


ハーピーが場かスタック上かで、大きく心証が変わりますね。
そう、どこで行動するかによってゲームは揺れ動くのです。
そのため、スタック一つを慎重に取る必要があります。


A『手札から《洞窟のハーピー》をキャスト、大梟戻す』

B『いやいや、ハーピー出る前に《寄生的な大梟》に《稲妻》撃つし』


この様な事態が起こらないように注意しましょう。
このパターンだとAさんは相手にまだ知らせる必要のない未来の行動を教える事になります。
マナーの観点からはもちろん、ゲームで不利にもなりえますよ。


みなさんが行っているマジック。その行動一つ一つに優先権は潜んでいるのです。
日常の行動一つ一つに危険が潜んでいるように……



     ――――――次回予告:もうひとつのインペリアルリクルーター面接、はじまる―――――

さすがにスタックの話は長くなるので、今回は前後編に分けて掲載します。次回もお楽しみに!!



(Chun/記者ブログ
スポンサーサイト
タグ : chun
カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://mtgkmc.blog.fc2.com/tb.php/144-ea9cfc03

Blog

KMCITポイントレース

○ ポイントレースについて

SEED Takisaka Toru

16 Sekimoto Tatsuo
13 Banba Taiki
13 Yanagisawa Yuuta
11 Mizuguchi Kiyoshi
11 Morisima Ryouta
11 Yomura Syuuta
10 Tanaka Mikito
9 Adachi Ryosuke
9 Fukudome Yuu
9 Hamada Yuuki
9 Harada Danpei
9 Hayaki Hirokazu
9 Kodaira Syouta
9 Nishikawa Tatsuya
9 Watanabe Yuuichi
【更に見る】

コミュニティ戦ランキング

45 足立と4人の保護者達
42 柳澤流殴打
41 黄鶏屋 Ama's
36 京都イエサブ
23 水口清志ファン倶楽部
17 Ku'z
16 ビデオインアメリカ福知山店
16 グリセルシュート
15 にじいろくじら
15 アノアめんばーず
10 SMC
7 柳澤流暴行
5 柳澤流幽霊部員
5 KMC

TOP8DeckList

MOVIE

コラム

○ メンタルマジック戦略考察New!
○ 他の人たちにはない可能性New!
○ 8th KMC Invitational 特設ページ
○ 7th KMC Invitational 特設ページ

【過去の記事を読む】

WPN主催店舗について

KMCが運営するイベントは、一部の例外を除き、BIGMAGICなんば店にて主催されております。

twitter

リンク

コラムニスト一覧
検索フォーム
最新コメント
カウンター
管理用

Appendix