KMC Schedule
86th KMC
11月3日(Fri-Holiday)
受付:13:15
開始:14:00
参加費:1000円
会場:中央会館
最寄り駅:地下鉄堺筋線・長堀鶴見緑地線「長堀橋」下車 徒歩6分

[[今後の予定を更に見る]]


関西レガシーカレンダー(間違っていても責任は負いません。)
84th KMC Final Movie

【コラム】<番外編>あまり当たらないデッキこそ知ろう~エンチャントレス編~

このコラムを楽しみにしている全国十数名(推定)のみなさーん!
こ~んに~ちは~!!駄文系コラムニストのChunです。


今回はタイトルの通り番外編です。だから前フリはありません。
“決してネタ切れではありません!”――さて、どのように番外編かというと……
真面目にプレイング、プランニングの話をします!


「あれ、このサイトってレガシーの大会コラムだからそれが普通じゃあ?」


聞~こ~え~な~い~(><)とにかく内容のほうへGO!GO!


     →


さて、みなさんはレガシーのサイト内にある無名雑談系プレイヤーのコラムを読むほどの方々。

―つまり
K.トランプをするときに妙にシャッフルがうまくて仲間に変な目で見られる
M.中途半端に英単語に強くて仲間に変な目で見られる
C.会話に割り込むときに「スタック」と言って仲間に変な目で見られる

くらいMtGが好きなはず。
一般的にtier1と呼ばれるANTやRUG Delverを始めとする大会でよく見られるデッキとは戦い慣れているハズ。

しかしここはレガシーフォーマット。tier1だけで構成される大会環境ではないはず。

初見のため、どのような対策をしていいかわからないまま撃沈!!なんて事態も起こりえます。



いや俺ら仲間に変な目で見られるくらいレガシーしてるからそんなんないし


し、失礼しました?(汗)

てなワケで自身満々の強豪さんには何を今さらな内容です。
が、このデッキとの戦い方を知りたいという方は是非。で、今回紹介したいデッキはコチラ。


Border_4.jpg


「キヨシー!いいかげんここを開けなさい!」

「うっせぇんだよ!俺はこの部屋を一歩も出ないからな!」

いつからだろう……キヨシの考えている事が分からなくなったのは…
私のお腹の中から出てきたはずの息子は長い間自室から出てこない。
食事の問題、排泄排の問題があるから、すぐに部屋を出てくるだろうと思ってた。









甘かった


あの子は《独房監禁》状態を脱することを止めないと言う意思表示の様にアップキープ毎に排泄物を窓から捨てた。

独房監禁01
そして食事。
彼には《アルゴスの女魔術師》という友達がいて、その子が食事を与えているらしい。


憎い。
なのに《アルゴスの女魔術師》がどうやって2階にあるあの子に食事を与えているのかも分からない。
私から接触する事も出来ない。

もう、私にはキヨシを部屋から出す事は出来ないの……



Border_4.jpg





《エンチャントレス》です。
《アルゴスの女魔術師》と《女魔術師の存在》という2種類のドローサポートカード。

enchantolesss.jpg
それによって成り立つ超防御カードの《独房監禁》

独房監禁

負けない状態から少量のフィニッシャーに繋げるデッキです。


黎明期のフィニッシャーは《聖なるメサ》が有名で、その後は《空位の玉座の印章》や
《引き裂かれし永劫エムラクール》と言う選択に移っていきました。


このデッキはtier1とは遠い存在ですが、

K.ビートダウンを完全否定できうる
M.まずまず安価に組める
C.特徴的なデッキなので一定数のファンがいる

等の理由から廃れる事なく存在を続け好成績を残すポテンシャルをも秘めております。


もちろん、このデッキも切磋琢磨を続けております。
特に大きな変化があったのは、やはり《ラヴニカへの回帰》でしょう。



Border_4.jpg



「そんな……」そこにはキヨシの無残な姿があった。
決して餓死ではない。一体誰が……

警察はすぐにやってきた。
私は何度も、まるで機械人形の様に同じ質問に答え続けた。


キヨシはダメージを受けず、呪文や能力の対象にならなかった事
キヨシの部屋には《真の木立》が貼ってあり《アルゴスの女魔術師》にも《独房監禁》にも触れられなかった事


―――質問は続いた。
警察は私が息子を殺したと思っているのだろうか。


もう、疲れたのだろう。私は声を張り上げてしまった。
誰があの子を殺せるって言うんですか!対象を取らずにライフロスでもしない限り出来る訳ないじゃない!


その時、警察の目が大きく見開かれた。
このままだと両目ともポトリと落ちちゃいそうなくらい驚くものだから思わず笑っちゃった。
あれ、いつぶりだろう。笑ったの。


そこからはすごく早かったわ。
だって、全ての対戦相手へのライフロスなんて出来る人が限られているんですもの……

そう、捕まった犯人は……









まずは《死儀礼のシャーマン》。

死儀礼01




そして《突然の衰微》。

衰微01


このままだと衰退の一途かと思われるエンチャントレスですが、ラヴニカでは同時にパートナーも得たのです。



     ―――――――――――



「ごめんねキヨシ。あなたに何もしてあげられなかった……せめて安らかにお眠り」



     ―――――――――――



《安らかなる眠り》と《Helm of Obedience》のコンボはデッキの高速化に貢献しました。
同時に《タルモゴイフ》や《死儀礼のシャーマン》《瞬唱の魔道士》への解答にもなったのです。

ヘルムピース





さて、いい加減に《エンチャントレス》と当たったらどうすればいいかを考えましょう!
今回は特にオリジナリティに富んでいないR.I.P&ヘルムコンボ搭載型と過程して行います。
結局のところ前フリが長かったわけですが――と言うかいつもより長かったわけですが――

果たしてここから先の解説を読む人はいるのでしょうか……




     →




まず最初に相手がエンチャントレスかどうかに気づきましょう。
小さい大会なら顔を見れば一発です。


では大きい大会だと?


大抵エンチャントレスは1ターン目での特定が可能です。


なぜ?


エンチャントレスの多くのカードはエンチャントレス専用のカード
そう言い切っても過言ではありません。

では一般的な動きをお教えしましょう。


①.フェッチランドを挟むかどうかに関わらず、基本《森》がセットされやすい

②.その《森》に《繁茂》もしくは《楽園の拡散》が付けられる。or《ミリーの悪知恵》がキャストされる



もちろんこれらの行為を行わない場面もあります。
が、その際は相手がマナ加速をしなかったorドロー操作をしなかった事になるのです。
他にも《豊かな成長》を唱えたり《金属モックス》からいきなり《アルゴスの女魔術師》と言うパターンも有。


では特定出来たら次はどうしましょう?


白系・緑系なら
エンチャントを壊す準備が必要です。
もしくは妨害に走りながらクロックを重ねましょう。
《スレイベンの守護者サリア》は相手の動きを大幅に遅らせるどころか、動きを完全に止める可能性すらあります。
エンチャントレスはおおよそ土地が20枚とあまり多くありません。

要求される追加の1マナはそのまま敗北へと直結するかも知れない一方で
対コンボ・コントロールで活躍する《ガドック・ティーグ》は対エンチャントレスでの仕事量は意外と多くありません。
止められるカードは《Helm of Obedience》や《空位の玉座の印章》などのフィニッシャー。
フィニッシャーを探すカードや、ドローのギミックなどは止める事が出来ないので
最後のターンに《忘却の輪》で対象に取られて終わり――なんてことも。

しかし、裏を返せば《ガドック・ティーグ》を守ればフィニッシュされないので
《ルーンの母》や《森を護る者》との組み合わせは妙技です。
《引き裂かれし永劫、エムラクール》が出てきたらご愛嬌。



青系なら
マストカウンターは2種類のエンチャントレスです。
ハンドアドバンテージの観点で見ると、1つ通してしまうとグングンアドバンテージの差が発生してしまいかねません。
逆にエンチャントレスが場に無いと、多くのカードがアドバンテージを得ないレガシー級のパワーを持たないカード群
特に《独房監禁》なんかはもうただの《安全な道》です。
相手のテンポを崩した上で素早くクロックを刻むか《精神を刻むものジェイス》でアドバンテージ優位を広げましょう。



黒系なら
《ヴェールのリリアナ》が鬼畜です。コンボ系の多くに有効な毎ターンのハンド喪失。
被覆である《アルゴスの女魔術師》にもマイナス能力が有用である事。
ハンデスで言えば、やはり《アルゴスの女魔術師》を捨てる事は非常に有効です。
しかし、マナが伸びなかったりする様なハンドであれば敢えて軽量エンチャントを落とす事も一手となります。



赤系なら
最速で相手を殺す必要があります、と言うかそれが出来ないと負けです。
エンチャントレス(R.I.P型)は早くなったと言えど、4~5T目で勝てるデッキならば間にあう事が多いです。

もちろん早ければ2ターン目に《独房監禁》を張って維持に持っていく事や、
3T目にライブラリーを空にする事もあります。
しかし、あくまでもドロー操作の少ない(無いと言ってもいいかもしれない)コンボデッキ。
そうそう決まるものではありません。



無色系なら
堂々と構えて《全ては塵》を撃ちましょう。
タイミングは相手がエンチャントレスの2枚目を張った後がオススメです。
ドローが始まるとリカバリーされてしまう公算が大きくなります。



漠然とわけてみました。漠然としすぎて困りますね。
少し視点を変えてしてみると……


↓↓↓↓↓↓


テンポ系なら
《目くらまし》は前半から腐りやすいので、1ターン目の《繁茂》に対して撃つ事も重要です。
そうすれば相手は2T目にケア無しで《アルゴスの女魔術師》を置くことになるか、
はたまた《女魔術師の存在》をキャスト出来なくなるかもしれません。

もちろん《目くらまし》を撃って2T目の《アルゴスの女魔術師》や《安らかなる眠り》が打ち消せないとアウト。
ただ、3マナある状態でそれらを撃たれたら???その当たりはもう読み合いです。
このコラムは可能性を提示する事しか出来ません。

《もみ消し》は多くのカードに有効です。
例えば《安らかなる眠り》に合わせれば《タルモゴイフ》や《敏捷なマングース》のサイズを守る事が出来ます。
エンチャントレスの誘発ドローを1枚消すことが出来ます。
そもそも土地の少ないデッキなので序盤のフェッチに合わせて撃てば勝ちがいきなり近づきます。


最適なクロックは《秘密を掘り下げる者》です。

delver.jpg
先ほども述べた様に決して早いデッキではないのでカウンターや《もみ消し》で妨害しながら3点クロック!
これで十分勝ちえます。


サイド後もプランそのままでOKです。
カウンターは多めでクロックは《秘密を掘り下げる者》優先です。全体火力がサイドにあるなら入れましょう。




各種コンボなら
さっさと決めて下さい。基本妨害はしません。
サイド後は《神聖の力線》と《エレファントグラス》があると思って行動しましょう。



コントロール系なら
《石鍛冶の神秘家》はそこまで怖くありません。さすがに速度があるので。

《相殺》+《師範の占い独楽》は早く決められるかが勝負の分かれ目です。
エンチャントレスが並んでしまうと、打ち消してもドローがあるので対応しきれなくなります。
後は3マナにマストカウンターがチラホラある事には要注意です。

ハンデス・カウンターを基軸に置いたものなら、落ち着いてエンチャントレス及びコンボパーツを処理しましょう。
アドバンテージを得させなければほぼマグロです。




ビート系なら
頑張れ!



やっぱり漠然としていますね。
でも、あらゆるデッキでどうするかなんて書いていたら皆さん読むのが嫌になるでしょう?
既に現在、普段のChunコラムの2倍は書いています。

では私がエンチャントレスを使っていたときに感じた所感を簡単に書いて終わりとしましょう。



Boder.jpg

《独房監禁》について
結構初見の方は警戒されますが、あれはあらゆるカードの補助があって初めて機能するものです。
つまり《独房監禁》を処理するならエンチャントレスを処理します。
もしくは《独房監禁》をキャストした時にエンチャントが無い場面を作ります。
《独房監禁》を出して安心した所でエンチャントレスを破壊すると出し損にまでさせられます。


《繁茂》について
キープにもよりますが、打ち消す価値は大アリです。
恐らくハンデスの場合《繁茂》を落とす場面は多いでしょう。
もちろんそうでない場面も多々あるので難しくはありますが『スルーして次のエンチャントレスを消せばいい』と言う
固定観念だけは持たないようにしてください。


エンチャントレスを消さずにフィニッシャーだけ構えれば勝てるんじゃないの?
《引き裂かれし永劫エムラクール》ルートならあなたは滅します。
更に回りだしたら1Tにフィニッシュブローを複数発撃たれてもおかしくないデッキです。
フィニッシャーを消す準備は大切ですが、事前準備を見逃す理由としてはチト弱いかと。







クリーチャー除去はサイドアウトすべきだよね?



・・・



空から光が!なんということでしょう。
《セラの聖域》に天使が舞い降りました。《悪斬の天使》です。

            baneslayer angel

してやったりなエンチャントレス使いは左手の指を使い「K」を形作り、
伸ばした腕を揺らめかせながら歌いだします。


「……アグレッシッッ







著作権の観点からここまで。

少数派ですが、サイドからのクリーチャーinは起こりえます。
確実にいらないから抜く、それで入れるカードは確実にいるものですか?
まぁ普通は抜いていいと思います。そこまで読み切れませんよね。



長々と書きましたが、結局のところ漠然としたものしか書けません。
しかし、この漠然をもとにエンチャントレスと当たった時、0スタートより良い結果が掴める事を私は望んでいます。

あれですね、デッキ解説はやっぱり上手い人が書くべきです。
私はまた駄文を綴るとしましょう。




(Chun/記者ブログ
スポンサーサイト
タグ : chun
カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://mtgkmc.blog.fc2.com/tb.php/152-abd42835

Blog

KMCITポイントレース

○ ポイントレースについて

SEED 過去のIT優勝者

15 Fukudome Yuu
12 Banba Taiki
12 Fujihira Kouhei
12 Ideue Yuuki
12 Ishii Takuya
12 Kagotani Naota
11 Okawa Hiroshi
10 Higuchi Yuma
10 Kodaira Syouta
10 Nishikawa Tatsuya
10 Niwa Takahiro
10 Sakamoto Taiga
10 Sawase Kouichi
10 Yamashita Taiki
9 Mizuguchi Kiyoshi
8 Hori Masataka
8 Morisima Ryouta
【更に見る】

コミュニティ戦ランキング

52 Adachi and Traitors
40 アンチ柳澤流
37 熱烈歓迎P者
36 買取ゴリラPro's
30 濱田興業
27 柳澤流木っ端
23 V.I.アメリカ
20 黒タイタンとボンバーマンを愛する倶楽部
17 アノアめんばーず2nd Season
16 KMC
3 柳澤流暴行

TOP8DeckList

MOVIE

コラム

○ 10th KMCITを目指せ!New!
○ 9th KMC Invitational 特設ページNew!
○ メンタルマジック戦略考察
○ 他の人たちにはない可能性
○ 8th KMC Invitational 特設ページ

【過去の記事を読む】

WPN主催店舗について

KMCが運営するイベントは、一部の例外を除き、BIGMAGICなんば店にて主催されております。

twitter

リンク

コラムニスト一覧
検索フォーム
最新コメント
カウンター
管理用

Appendix