KMC Schedule
127th KMC
7月5日(Sun)
受付:13:30
開始:14:00
参加費:1000円
フォーマット:Legacy
定員:100名
会場:福島区民センター
最寄り駅:地下鉄千日前線「野田阪神駅」徒歩7分

[[今後の予定を更に見る]]

関西レガシーカレンダー(間違っていても責任は負いません。)
第126回KMC決勝戦動画

第3回KMCIT、予選スイスラウンド第5回戦

トクヤマ コウタ(石鍛冶マーフォーク) vs サタケ ユキヒロ(パトリオット)
〜《真の名の宿敵/True-Name Nemesis》〜


DSC_0871.jpg サタケ


4回戦を終え上位二人(オモニシ・セキモト)は悠々のIDでシングル進出を決めた。
残りの2席は3位〜6位の4人から、3位vs4位の勝利者と5位vs6位の勝利者に与えられる。
ここでは正真正銘のバブルマッチ、5位トクヤマと6位サタケの一戦をお送りしたい。


■Game1

ダイスロールに勝利したサタケは、しかし手札を見て若干表情を曇らせる。
じっくりとプランを検討した後、やむなくと言った感じでマリガン。トクヤマは静かに、しかし力強く「やります」と一言。

相手の手札が強いと判断したのか、サタケはマリガン後の手札にもやや納得がいっていない感じだったが、これ以上遅れを取るわけにはいかないとゲームを開始することを了承する。



両者《島》をセットしてから、トクヤマが《Force of Will》をバックアップに《霊気の薬瓶》。
続くターンには《梅澤の十手》を設置していく。


サタケは自身3ターン目に《真の名の宿敵》。
それを見てトクヤマ、思わず「あー」と声が漏れるも、直ぐに気持ちを落ち着けて、薬瓶から《トリトンの岸忍び》。
自ターンにはこれに十手を持たせると、《アトランティスの王》を追加、まずは先制の一太刀を浴びせる。

しかしながら、《アトランティスの王》の加護にいるのは、トクヤマのマーフォーク軍団のみならず。
サタケの《真の名の宿敵》もまたマーフォーク。4点の反撃を行うと《稲妻》で王を打ち落とした。

アップキープに少し首を捻ったトクヤマ。
《霊気の薬瓶》の上に載せているダイスを暫し触った後、意を決したようにカウンターを3に。
手札から二人目の《アトランティスの王》をキャストすると、再び《トリトンの岸忍び》に攻撃指示。

トクヤマが《霊気の薬瓶》のカウンターを上げたのを受け、しばし考え込むサタケ。恐らく相手から出てくるのは《真の名の宿敵》。
とは言え、そこに対処する術があるわけでもない。
こちらも《梅澤の十手》を場に送り込み、《真の名の宿敵》に持たせて反撃を行う。そしてエンドを宣言

当然のように、トクヤマの旗下には《真の名の宿敵》。
《真の名の宿敵》+《梅澤の十手》合戦の泥仕合を呈し始める。

……かと思われたが

トクヤマのライブラリートップに潜むは、3枚目となる《アトランティスの王》。堪らず《梅澤の十手》の能力で第2の王は退けるも
第3の王の力を受けた《トリトンの岸忍び》と《真の名の宿敵》の攻撃を交わす術がないサタケ。
トクヤマが《梅澤の十手》の能力を起動すること三度。一気に12点のライフを失い残り4。

サタケは祈るようにライブラリートップを覗くも、そこに解決策はなし。
《霊気の薬瓶》のために、毎ターンのアクションが一つずつ多かったトクヤマが、《梅澤の十手》の力を使いきって押し切る形となった。


サイドボードに入るや否や、あっという間に作業を完了するトクヤマ。思わずサタケからは「早っ‼‼」という声が漏れる。
しかしながら、相手につられる事なく、最後の一枚までじっくりと吟味する姿にはどこか風格めいたものも感じられる。

 が、「入れたくないカードしかない……」思わず漏れるサタケの本音。



■Game2

少し首を傾けながら「行きます」というサタケに対し、即座にキープを宣言したトクヤマ。Game1の勢いはいまだ生きているか。

Game1よろしく《変わり谷》から《霊気の薬瓶》というスタートに対して、今再びの《呪文貫き》。
今度はトクヤマから《Force of Will》が飛んで来る事はなく、まずは一息のサタケ。

トクヤマの二の矢は《石鍛冶の神秘家》、これで《火と氷の剣》を手札に加えていく。
パトリオットであるサタケにとって癌となりかねないこの剣を対処すべく、サタケは《ヴェンディリオン三人衆》を向かわせる。

そこで公開されたトクヤマのハンドが

《アトランティスの王》
《石鍛冶の神秘家》
《ヴェンディリオン三人衆》
《火と氷の剣》
《変わり谷》
《魂の洞窟》

と言うもの。

剣を狙っても、《石鍛冶の神秘家》のおかわりがある。
若干出鼻を挫かれた感じのサタケではあるが、ここは《ヴェンディリオン三人衆》を抜くことに方針転換。
自身の手札を守る形を選択していく。ここでトクヤマにもたらされたのは《トリトンの岸忍び》。

そして次のターン、トップから引き込んだのは

《真の名の宿敵》!即座に《魂の洞窟》経由でこれが場に降り立つ。


魂の洞窟 

思わず笑みがこぼれるサタケ。
手札とマナ、そして相手の《真の名の宿敵》に順番に目をやりやや思考にもぐった後、《ヴェンディリオン三人衆》で攻撃をしかけるとターンを返す。

そしてトクヤマ、ここでの更なる《真の名の宿敵》ドロー!!

true-name nemesis

思わぬ福音を前に《火と氷の剣》を出すか、それとも追加の《真の名の宿敵》か・・・よりダメージ効率が高い方法を検討するトクヤマ。
最終的には、先のサタケの《ヴェンディリオン三人衆》で、自身の三人衆が底に送られたことから、

相手には剣に対抗する術がある」と判断。《石鍛冶の神秘家》と《真の名の宿敵》をレッドゾーンに送り込む。


この動きで、剣ではない新たな何かがあることを察するサタケ。
数秒後それが追加の《真の名の宿敵》である事が判明すると、流石に苦笑を禁じえない。

更なる次ターンにはトクヤマが《真珠三叉矛の達人》。マーフォークを信じたトクヤマにデッキも答えを返していく。

サタケは、《真珠三叉矛の達人》と、マーフォークの化身たる《変わり谷》こそは《稲妻》で落とすものの、肝心要の《真の名の宿敵》が止まらない。

サタケは《精神を刻む者、ジェイス》に全てを託し、ライブラリーを掘り進めるものの、さしもの神と言えど
相手が触れられぬ存在ではどうにもならず。目の前にいる3/1は正真正銘サタケの真の宿敵となったのであった。


トクヤマWin。KMCIT、決勝トーナメント進出!




スポンサーサイト



カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://mtgkmc.blog.fc2.com/tb.php/178-ad797f8a

Blog

KMCITポイントレース

○ ポイントレースについて

SEED Hadara Danpei

8 Hori Masataka
7 Yamanaka Kousuke
6 Doi Satsuki
6 Ishii Takuya
6 Kanbara Hokuto
6 Sekimoto Tatsuo
6 Yamada Mituhiro
5 Hayashibara Kazuki
5 Naoya Kawakami
5 Kodaira Syouta
5 Naota Kagotani
5 Yanagisawa Yuta
【更に見る】

コミュニティ戦ランキング

18 コストオーバー
13 Dread of Knights
12 ちびマルイちゃん
12 MTG With プロゲーマー
12 コダイラが来る Second Season
10 どつきまわしたれ本舗
10 Traiad Primus
9 Stronger Kanbara
8 ヒゲと愉快な仲間たち
6 ヒロイン特撮研究所
6 ノーエムラさべ太郎

TOP8DeckList

MOVIE

コラム

○ Eternal Party2017 カバレージNew!
○ MMM Finals 2017参加レポートNew!
○ 関西のエターナル事情(レガシー&モダン)New!
○ EternalParty2017の事前予約迫る!!賞品も決定!!

【過去の記事を読む】

twitter

WPN主催店舗について

KMCが運営するイベントは、一部の例外を除き、BIGMAGICなんば店にて主催されております。
検索フォーム
最新コメント
カウンター
管理用

Appendix