FC2ブログ
KMC Schedule
13th KMCIT 併催レガシー
6月30日(Sun)
受付:13:30
開始:14:00
参加費:1000円
フォーマット:Legacy
定員:50名
会場:港区民センター
最寄り駅:JR環状線「弁天町」駅より徒歩約5分

[[今後の予定を更に見る]]


関西レガシーカレンダー(間違っていても責任は負いません。)
111th KMC Final Movie

第13回KMC優勝デッキ紹介 ~Goblins Imperial Painter~



こんばんは。Domeです。
今回は3月のKMCを優勝したゴブリンデッキの紹介をするべきなのですが、なんと優勝した仏さん本人がデッキ紹介してくれました!
これ以上説明するのは蛇足なので3月分は飛ばすことにします。
仏さんの記事は最新型のゴブリンデッキの構成について非常に分かり易く、かつ説得力のあるものなのでぜひとも読んでみてください!
►►【デッキ解説】KMC#32 優勝デッキ-Goblins-


さて、都合よく紹介記事を1回分サボったところで今度は4月のKMCを優勝したデッキを紹介します。
今年のKMCは毎月優勝アーキタイプが変わっていて、いわゆるレガシーらしい混沌さと多様性を実感できます。
さまざまなデッキが入り乱れる中では、やはり多色化して対応力を高めた3色デッキ(エスパー、BUG何とか、ジャンド、UWRデルバー・・・)が支持を集めることになります。
そんな中で珍しい単色デッキが4月のKMCを優勝しました。
その色は「赤」、しかし漢の赤単バーンではなく、卑怯とも言える一撃必殺を搭載したデッキでした。



Player:Fukudome Yuu
Deck Name:猫山赤単
Deck Designer:dome

Creature

4《絵描きの召使い/Painter's Servant》
4《帝国の徴募兵/Imperial Recruiter》
4《猿人の指導霊/Simian Spirit Guide》
2《月の大魔術師/Magus of the Moon》
1《ゴブリンの溶接工/Goblin Welder》
1《特務魔道士ヤヤ・バラード/Jaya Ballard, Task Mage》
1《ファイレクシアの破棄者/Phyrexian Revoker》

Spells
3《赤霊破/Red Elemental Blast》
3《紅蓮破/Pyroblast》
2《稲妻/Lightning Bolt》
2《死亡+退場/Dead/Gone》
4《血染めの月/Blood Moon》
4《丸砥石/Grindstone》
3《師範の占い独楽/Sensei's Divining Top》
2《水蓮の花びら/Lotus Petal》
1《紅蓮の達人チャンドラ/Chandra, Pyromaster》

Lands

4《古えの墳墓/Ancient Tomb》
4《裏切り者の都/City of Traitors》
11《山/Mountain》

■Sideboard
3《罠の橋/Ensnaring Bridge》
3《アメジストのとげ/Thorn of Amethyst》
2《漸増爆弾/Ratchet Bomb》
2《フェアリーの忌み者/Faerie Macabre》
1《トーモッドの墓所/Tormod's Crypt》
1《ファイレクシアの破棄者/Phyrexian Revoker》
1《紅蓮破/Pyroblast》
1《ゴブリンの溶接工/Goblin Welder》
1《躁の蛮人/Manic Vandal》




何と筆者自身が優勝してしまいました(笑
まさか自分のデッキを紹介することになるとは・・・・。照れるやら嬉しいやら。

4月KMCを優勝したのは赤単ペインターでした。ペインターとは《絵描きの召使い》(ペインター)と《丸砥石》のコンボデッキです。

絵描きの召使い 丸砥石
《絵描きの召使い》でライブラリーの全てのカードに共通の色を付加することで《丸砥石》の起動型能力のボーナスを発生させ続け
ライブラリーを全て墓地に落としてライブラリーアウトさせる事ができます。

また色指定を青にすることで《赤霊破》と《紅蓮破》を1マナの《名誉回復》兼《対抗呪文》として使うコンボも盛り込まれており
このコンボを前提に《赤霊破》と《紅蓮破》がメインデッキから大量に搭載されており
レガシー環境に満ち溢れる青いデッキ・カードに対して高い耐性を持つとされています。

・コンボデッキなのに赤単色で組まれる理由は赤ブラスト以外にもペインターをサーチできる《帝国の徴募兵》
・ペインターとコンボを形成する《特務魔導士ヤヤ・バラード》
・破壊されたペインター・《丸砥石》を回収する《ゴブリン溶接工》を採用できる

帝国の徴募兵 ヤヤバラード 溶接工
など、ペインター関連で多くのコンボ・シナジーが採用できるのですが、もう1つ別口の強力な勝ち手段を赤から採用しています。


それがメインから6枚採用された「月」です。

血染めの月 月の大魔術師

4枚の《血染めの月》、2枚の《月の大魔術師》を8枚の2マナランドと、6枚の0マナ加速から高速で設置し相手の土地をロックします。
BUG、RUG、UWR、エスパー、ジャンド・・・
いずれのデッキもフェッチランドとデュアルランド満載なので月が設置されると殆ど身動きが取れなくなります。
この赤単ペインターデッキでは先手1ターン目から月を設置する事が出来るので事実上の1ターンキルが発生する事もあり得ます。

火力で対処できる《月の大魔術師》の方は兎も角、《血染めの月》をメインから対処する手段は《突然の衰微》と、打ち消しぐらいしかありません。
《突然の衰微》を使うデッキはデュアルランドによって《突然の衰微》を打つ前提なので月が出ると、ほぼ衰微することが出来ません。
(一応事前にケアすればマナを立てる事で撃つことが出来ますが。)

一方、打ち消しで対処しようとすると今度はメインから採用された赤ブラストが火を噴きます。

red elemental blast pyroblast.jpg
基本土地がそれなりに入ったデッキ・・・例えば奇跡コントロール等には月は効きにくく腐るカードに見えますが
実際はフェッチランドが起動できなくなり、《渦まく知識》や《師範の占い独楽》が弱くなるので全く腐るマッチアップは殆どありません。

赤単ペインターは上記ペインター関係のコンボか、各種"月"によるマナロック2つのどちらかを目指すのですが
ペインターよりも"月"を優先してプレイする事が多いですね。


主観ですが、月1枚で勝てるマッチアップが6~7割ほどあると思っているのでそれに期待したプレイです。もはや月がメイン
ペインターがおまけの扱いですが、月が効かないマッチでは2マナランドから高速でコンボを決めて瞬殺を狙えるようになっており
ある程度相補的な組み合わせになっています。


メインデッキはペインターコンボ+月+αで構成されており、サイドはメインで足りない部分を補うカードがほとんどです。

《罠の橋》は《タルモゴイフ》等の巨大生物から身を守るカードになります。
月が優先的に対処されるため、サイド後も割られにくい上に《ゴブリンの溶接工》で回収出来るため、かなり信用できるカードになります
・・・・が最大の採用理由は「スニークショウ」に対して抵抗するためです。

スニークショウは赤いカード(《騙し討ち》)によるコンボなので月が効きづらい上に、エムラクールの存在により
ペインター+《丸砥石》で勝つ事が出来ないと言う赤単ペインターにとって最悪のマッチアップです。
本当は4枚《罠の橋》を入れたいくらいなのですが枚数の関係で仕方なく3枚になっています。

《アメジストのとげ》は追加のコンボ対策、《漸増爆弾》は赤では触れないエンチャント対策になるのですが、《アメジストのとげ》も
《漸増爆弾》も《ゴブリン溶接工》で使い回せるのがポイントです。
《フェアリーの忌み者》と《トーモッドの墓所》は墓地対策になります。

《フェアリーの忌み者》は《帝国の徴募兵》でサーチでき、《トーモッドの墓所》はこれまた《ゴブリンの溶接工》で使い回せるのを買っての採用で、《躁の蛮人》は《帝国の徴募兵》でサーチできるアーティファクト破壊で、後の1枚挿しはメインデッキの追加分になります。



今回の赤単ペインターデッキ優勝は多色化したレガシーをメタった結果といえます。
このまま多色環境が続けば赤単ペインターで勝ち続けることが出来るとができるので筆者としてはありがたいのですが
果たして次のKMCはどうなるのでしょうか?要注目ですね!!




(dome/記者ブログ

スポンサーサイト
カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://mtgkmc.blog.fc2.com/tb.php/183-95ec5387

Blog

KMCITポイントレース

○ ポイントレースについて

SEED Hori Masataka

15 Harada Danpei
14 Fukudome Yuu
13 Kyogoku Kyosuke
12 Kagotani Naota
11 Doi Satsuki
11 Hamada Tomoki
11 Hiroi Naoto
11 Iwasaki Kouichi
11 Sakamoto Taiga
10 Mizuguchi Kiyoshi
10 Nishikawa Tatsuya
10 Nunotani Akira
10 Sekimoto Tatsuo
10 Tanaka Mikito
10 Yamaguchi Takuya
10 Yamanaka Kousuke
10 Yamano Nobuteru
10 Yamada Mitsuhiro
【更に見る】

コミュニティ戦ランキング

36 人間失格
30 黄鶏屋Ama's
27 (地上波初)LA・LA・LA・LANDS
26 Dread of Knights
24 Striker Niwa
24 MIKITO
23 地獄の沙汰も俺ら次第
21 ガバニキの会
20 Team Cabagames
20 ワッショイ!ゴミクズ
19 ポアスル
14 Mana Capsule HTT
6 Mana Capsule Wii
5 Mana Capsule NGN

TOP8DeckList

MOVIE

コラム

○ Eternal Party2017 カバレージNew!
○ MMM Finals 2017参加レポートNew!
○ 関西のエターナル事情(レガシー&モダン)New!
○ EternalParty2017の事前予約迫る!!賞品も決定!!

【過去の記事を読む】

WPN主催店舗について

KMCが運営するイベントは、一部の例外を除き、BIGMAGICなんば店にて主催されております。

twitter

リンク

コラムニスト一覧
検索フォーム
最新コメント
カウンター
管理用

Appendix