KMC Schedule
127th KMC
7月5日(Sun)
受付:13:30
開始:14:00
参加費:1000円
フォーマット:Legacy
定員:100名
会場:福島区民センター
最寄り駅:地下鉄千日前線「野田阪神駅」徒歩7分

[[今後の予定を更に見る]]

関西レガシーカレンダー(間違っていても責任は負いません。)
第126回KMC決勝戦動画

第37回:KMC カバレージ

text by Tatsuo Sekimoto (TTW)

Round:1 ヨシザワケイタ(エルフ)vsカワサキマサツグ(バント)



今日の天気はあいにくの雨………どころではなく外は集中豪雨。
それもそのはず、ここ大阪には台風11号が接近中でコンディションは最悪に近い。

devastation tide

それでも、台風すら吹き飛ばす熱意でKMCに集った参加者はなんと39名。まさに万難を排して集まった猛者たちだ。

だが、その熱意も先日の公式発表を鑑みれば納得できるかもしれない。
そう、初の国内レガシー・グランプリの発表だ。長らく開催することが困難と言われていたフォーマットによるグランプリだ。
それだけにレガシーをプレイしている人にとっては嬉しかったのではないだろうか。





►Game1

先手のヨシザワは7枚の初手をキープ。一方、カワサキは1マリガンで6枚の初手でゲームを開始した。

ヨシザワは1ターン目から《樹木茂る山麓》を起動し、《イラクサの歩哨》をプレイ。早くも自分のデッキの正体を明かした。
対するカワサキは、《霧深い雨林》をセットするのみでターンを返す。


2ターン目を迎えたヨシザワは《イラクサの歩哨》で攻撃した後に《樺の知識のレインジャー》、《ワイアウッドの共生虫》、《ドライアドの東屋》を戦場に追加しターンを終了、2ターン目にして早くもコンボの準備が整いつつある盤面だ。

もはやゲームが次のターンに動くことは疑い様がないが、カワサキは《吹きさらしの荒野》をセットして静かにエンド。
これにヨシザワは「デッキはなんだろう?」眉根を寄せる。

そう、現在のレガシーの環境で《霧深い雨林》と《吹きさらしの荒野》を同時に使うデッキは珍しい。
デュアルランドの影響で、デッキに入れるフェッチランドは片方だけ色が合えば良いと思われがちだが実はそうでもない。
レガシーでは《不毛の大地》をケアする目的で、デッキにある数少ない基本地形をサーチする事にフェッチランドはしばしば使われる。
そのため、プレイヤーは自分のデッキの色に最も合ったものを使用するはずだ。

そう、デッキを特定する手掛かりは《霧深い雨林》と《吹きさらしの荒野》の二つの中に確実にあるのだ。
一番可能性があるのはエルフだが、一向に動かないことからどうもそうではないようだ。
ヨシザワは少考した後に、結論を出すのを一旦保留しドローする。

このドローがヨシザワに転機をもたらした。
 
4枚の手札でじっくり悩んだ末に、《遺産のドルイド》をプレイした。これが場に出ると大量のマナが出てしまう。
カワサキは《呪文貫き》と1点のライフをコストに《Force of Will》をピッチでプレイ。これでカワサキの残りライフは17。

何とかコンボのエンジンとなる部分を打ち消したカワサキ。だが、ヨシザワの仕掛けは1回だけではなかった。
ヨシザワは、非情にも2枚目の《遺産のドルイド》をプレイ、これが通りまず3マナが出る。
そしてそのマナから《エルフの幻想家》を唱え《ワイアウッドの共生虫》+《エルフの幻想家》によるドローエンジンが完成する。
エルフと虫の起動能力を駆使してヨシザワは2ドローした後、もう1体の《ワイアウッドの共生虫》をプレイしてターンを終えた。


もう一刻の猶予もないカワサキは《霧深い雨林》を起動し、《貴族の教主》をプレイ。だが、セットランドはない。

エンド前に《ワイアウッドの共生虫》を起動し、《エルフの幻想家》を戻したヨシザワは自分のメインに《エルフの幻想家》をプレイ。
これが通ったことを確認したヨシザワは、相手の妨害がもう無いと判断し必殺の《自然の秩序》をプレイ。
目論み通りこれが通り《孔蹄のビヒモス》が登場する。

誘発による修正は+7/+7。

怪物へと変貌した森の住人たちが鬨の声を上げた。

 ヨシザワ 1-0 カワサキ







►Game2

両者マリガンなしでスタート。先手のカワサキは《霧深い雨林》から《貴族の教主》と最高のスタートをきった。
対するヨシザワはGame1と同様に《イラクサの歩哨》スタート。メインゲームの再現となるか。

カワサキの返答は《梅澤の十手》。エルフ軍団に皆殺しを突き付けた。だが、ヨシザワは動じない。
《梅澤の十手》をサイドインした《突然の衰微》でしっかり割って、《エルフの幻想家》を戦線に追加。


5ターン目には《イラクサの歩哨》、《死儀礼のシャーマン》を場に出し着々と勝利への準備を進める。
ここで、カワサキも6/6の《聖遺の騎士》を出し反撃を開始したいところだが…。

ヨシザワはエンド前にカワサキの手札の枚数を確認。「3枚です」という返答に小さく頷いた。  
ターンを受けたヨシザワはセットランドをする前に《クウィリーオン・レインジャー》唱え、更に《緑の太陽の頂点》をX=1でプレイ。
これが通ると、《ワイアウッドの共生虫》が場に出てドローが始まってしまう。
何としても阻止したいカワサキだが、「通ります」と短く返答するのみ。

これで相手は《Force of Will》を持っていないと判断したヨシザワは、《ワイアウッドの共生虫》ではなく《遺産のドルイド》をサーチ。
さらに《ガイアの揺籃の地》をセットし、一気に勝負に出た。

「《威厳の魔力》をプレイします」

8ドローしたヨシザワは、《自然の秩序》まで辿り着きそのままカワサキを葬り去った。

 ヨシザワ 2-0 カワサキ

 
ヨシザワWIN!!


スポンサーサイト



カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://mtgkmc.blog.fc2.com/tb.php/195-c6d28357

Blog

KMCITポイントレース

○ ポイントレースについて

SEED Hadara Danpei

8 Hori Masataka
7 Yamanaka Kousuke
6 Doi Satsuki
6 Ishii Takuya
6 Kanbara Hokuto
6 Sekimoto Tatsuo
6 Yamada Mituhiro
5 Hayashibara Kazuki
5 Naoya Kawakami
5 Kodaira Syouta
5 Naota Kagotani
5 Yanagisawa Yuta
【更に見る】

コミュニティ戦ランキング

18 コストオーバー
13 Dread of Knights
12 ちびマルイちゃん
12 MTG With プロゲーマー
12 コダイラが来る Second Season
10 どつきまわしたれ本舗
10 Traiad Primus
9 Stronger Kanbara
8 ヒゲと愉快な仲間たち
6 ヒロイン特撮研究所
6 ノーエムラさべ太郎

TOP8DeckList

MOVIE

コラム

○ Eternal Party2017 カバレージNew!
○ MMM Finals 2017参加レポートNew!
○ 関西のエターナル事情(レガシー&モダン)New!
○ EternalParty2017の事前予約迫る!!賞品も決定!!

【過去の記事を読む】

twitter

WPN主催店舗について

KMCが運営するイベントは、一部の例外を除き、BIGMAGICなんば店にて主催されております。
検索フォーム
最新コメント
カウンター
管理用

Appendix