KMC Schedule
127th KMC
7月5日(Sun)
受付:13:30
開始:14:00
参加費:1000円
フォーマット:Legacy
定員:100名
会場:福島区民センター
最寄り駅:地下鉄千日前線「野田阪神駅」徒歩7分

[[今後の予定を更に見る]]

関西レガシーカレンダー(間違っていても責任は負いません。)
第126回KMC決勝戦動画

KMCIT4th R5 Yasuda Masayuki(大阪)[UWr Miracle] vs Fukudome Yuu(京都)[Omnitell]

R5 Yasuda Masayuki(大阪)[UWr Miracle] vs Fukudome Yuu(京都)[Omnitell]

KMCIT4thスイス最終ラウンド。
これに勝てば間違いなく上位4名に残れる。プレーオフを賭けた大事な一戦だ。
フクドメは過去のKMCIT全てに出場している唯一のプレイヤーだが、まだ優勝はない。
対するヤスダもKMCITの王冠はまだ戴いていない。互いに初優勝を目指して激突する。

kmcit_r5_01.jpg


気のせいか二人とも目に気合いが満ちている気がする。…決してガンをとばしあっているわけではない………と思いたい。




Game1

先手のヤスダは1マリガンから《師範の占い独楽》で開戦の狼煙をあげた。
フクドメのスタートは《ギタクシア派の調査》から《定業》と安全確認しつつ、墓地を肥やす。

Omnitellにとって墓地というものはタルキール覇王譚が発売されるまでは、余り縁のない領域だった。むしろ、《外科的摘出》される危険性のある煩わしい部分であったかもしれない。
しかし、《時を越えた探索》の登場で状況は一変した。コンボパーツとカウンターを見つけるために重ねたドロー操作がマナとして変換されるのだ。
何よりもそれまでコンボパーツ専用だった《無限への突入》の代わりとしても機能するのだ。まさにOmnitellが求めていた1枚だ。他のデッキ以上に採用率が高いところからも現状Omnitellが一番《時を越えた探索》を使いこなしているデッキと呼んでよいのかもしれない。

kmcit_r5_05.jpg


さて、《ギタクシア派の調査》で開帳されたヤスダの手札は、
《Force of Will》、《Force of Will》、《呪文貫き》、《溢れかえる岸辺》

これにはフクドメも「殺意あるねぇ」と呟く。Omnitellを使うフクドメにとっては一筋縄ではいかない手札だ。


その後のフクドメは《渦まく知識》から《溢れかえる岸辺》を挟み、《定業》。
順調にライブラリーを掘り進める。

対するヤスダも《師範の占い独楽》でドローの質を上げる。
《不毛の大地》によって土地が1枚になったフクドメは《思案》。これをヤスダは《呪文貫き》。
土地を伸ばすことを許さない…目論見だったのだが、フクドメはそしらぬ顔で手札から土地をセットする。

だが、《不毛の大地》は効いたようで次ターンのフクドメのセットランドはない。墓地を一瞥したフクドメはターンを返す。
ヤスダのアップキープにフクドメは《時を越えた探索》。ヤスダはこれに《Force of Will》。メインフェイズを受けたヤスダは2枚目の独楽を出し手札がなくなった状態でターンエンド。

今がチャンスとばかりに《ギタクシア派の調査》で土地を探しに行くフクドメ。だが、3枚目の土地が引けない。
土地があと1枚あれば。

先に有効牌を見つけたのはヤスダ。《精神を刻む者、ジェイス》を唱えフクドメを追い詰める。
ジェイスを通すわけにはいかないフクドメは《Force of Will》。簡単には譲らない。

窮地を乗り切ったフクドメは待望の3枚目の土地をトップデッキ! 《実物提示教育》を叩きつける。だがこれにはヤスダの《呪文貫き》が刺さる。

しかし今までの鬱憤を晴らすかのように爆発したフクドメの動きは止まらない。尚も、《実物提示教育》。
これにヤスダは《Force of Will》するのだが、フクドメは《狡猾な願い》を唱え攻め手を緩めない。ヤスダも《紅蓮破》で食い下がるのだが徐々に厳しくなり始める。
頼みの綱の《ヴェンディリオン三人衆》もフクドメの《狡猾な願い》からの《紅蓮破》で撃退される。

そして3度目の《実物提示教育》。ヤスダはすでに《Force of Will》を4枚、《紅蓮破》1枚、《呪文貫き》を1枚使っている。
ヤスダは《天使への願い》で食い下がるが、フクドメは《全知》を出したあとに2枚の《引き裂かれし永劫、エムラクール》を公開し、
「2回滅殺します」と宣言した。


ヤスダ 0-1 フクドメ


Game2

両者7枚キープ。
先手のヤスダはGame1のリプレイのように《師範の占い独楽》スタート。

対するフクドメは1ターン目の《思案》で考え込む。かなり悩ましい3枚が来たようだ。

kmcit_r5_03.jpg


悩みの種はすぐに分かった。《裏切り者の都》から2ターン目の《実物提示教育》だ。
ヤスダは伝家の宝刀《狼狽の嵐》で退ける。1回の《Force of Will》では太刀打ちできないフクドメは少し残念そうな顔で《実物提示教育》を墓地へ。

ターンを受けたヤスダは《翻弄する魔道士》。ラウンド1でもヤスダの勝利を支えたこのカードは今回も活躍するか。《実物提示教育》を指定されたフクドメは辛い盤面になった。

《渦まく知識》ですぐに解答が見つからないフクドメを尻目にヤスダは《師範の占い独楽》をトップに置いた上で《相殺》を唱える。ヤスダは《翻弄する魔道士》+《相殺》+《師範の占い独楽》でゲームを固定する。

それでもフクドメは活路を求めヤスダのエンドに《狡猾な願い》を通そうとするが、ヤスダのトップ3枚の中には《天使への願い》が。

いよいよ後が無くなってきたフクドメは《紅蓮破》でヤスダの包囲網を抜けにかかるも、《相殺》がそれを許さない。
さらにずっと獲物を待ち構えていた《不毛の大地》に《Volcanic Island》を壊される。これでフクドメは土地一枚。

フクドメは虎の子の《すべてを護るもの、母聖樹》を置くも2枚目の《不毛の大地》がそれを許さない。
そうもしている間に《翻弄する魔道士》をダメージを積み重ね続ける。フクドメのライフは残り5。

フクドメの土地はそのあとゲームが終わるまで1枚のままだった。

ヤスダ 1-1 フクドメ


Game3

泣いても笑ってもこの一戦で全てが決まる。
先手の勢いを得たフクドメが勝つか、覇気のヤスダがゲームを取るか。

両者あまり考えることなく7枚キープ。
《思案》で動き始めたフクドメは続くターンにも《ギタクシア派の調査》、《渦まく知識》とドロー操作を重ねたあと《仕組まれた爆薬》をX=2でプレイ。
《相殺》、《翻弄する魔道士》と2マナ圏に防御手段が集中するヤスダにとっては看過しがたい爆弾だ。
ヤスダは《呪文貫き》でこれを却下し、返す刀で《翻弄する魔道士》。指定は勿論《実物提示教育》。3枚目にセットした《不毛の大地》はすぐに起動せず《すべてを護るもの、母聖樹》にそなえる。

kmcit_r5_04.jpg


注文通りに出てきた母聖樹を破壊したが、フクドメは意に反さず《狡猾な願い》。これを《紅蓮破》で却下するヤスダ。

ことごとく解答を引かれ、追い詰められたフクドメ。
ライフは残り10。

ここでヤスダは詰めとばかりに《相殺》をプレイ。これにスタックしてフクドメは《時を越えた探索》。
だが、ヤスダは《Force of Will》で打開策を見つけることを許さない。

フクドメは《拭い捨て》で打開を図るが、何とここでヤスダは《ヴェンディリオン三人衆》を公開し《拭い捨て》をナチュラル相殺!
このビックプレイで完全にヤスダに流れが来た。

戦場に《ヴェンディリオン三人衆》を追加したヤスダは瞬く間にフクドメのライフを奪い去った。

ヤスダ 2-1 フクドメ

ヤスダ win!
スポンサーサイト



カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://mtgkmc.blog.fc2.com/tb.php/220-975a1f3b

Blog

KMCITポイントレース

○ ポイントレースについて

SEED Hadara Danpei

8 Hori Masataka
7 Yamanaka Kousuke
6 Doi Satsuki
6 Ishii Takuya
6 Kanbara Hokuto
6 Sekimoto Tatsuo
6 Yamada Mituhiro
5 Hayashibara Kazuki
5 Naoya Kawakami
5 Kodaira Syouta
5 Naota Kagotani
5 Yanagisawa Yuta
【更に見る】

コミュニティ戦ランキング

18 コストオーバー
13 Dread of Knights
12 ちびマルイちゃん
12 MTG With プロゲーマー
12 コダイラが来る Second Season
10 どつきまわしたれ本舗
10 Traiad Primus
9 Stronger Kanbara
8 ヒゲと愉快な仲間たち
6 ヒロイン特撮研究所
6 ノーエムラさべ太郎

TOP8DeckList

MOVIE

コラム

○ Eternal Party2017 カバレージNew!
○ MMM Finals 2017参加レポートNew!
○ 関西のエターナル事情(レガシー&モダン)New!
○ EternalParty2017の事前予約迫る!!賞品も決定!!

【過去の記事を読む】

twitter

WPN主催店舗について

KMCが運営するイベントは、一部の例外を除き、BIGMAGICなんば店にて主催されております。
検索フォーム
最新コメント
カウンター
管理用

Appendix