KMC Schedule
127th KMC
7月5日(Sun)
受付:13:30
開始:14:00
参加費:1000円
フォーマット:Legacy
定員:100名
会場:福島区民センター
最寄り駅:地下鉄千日前線「野田阪神駅」徒歩7分

[[今後の予定を更に見る]]

関西レガシーカレンダー(間違っていても責任は負いません。)
第126回KMC決勝戦動画

KMCIT4th SF Yasuda Masayuki(大阪)[UWr Miracle] vs Kagotani Naota(京都)[エスパー石鍛冶]

SF Yasuda Masayuki(大阪)[UWr Miracle] vs Kagotani Naota(京都)[エスパー石鍛冶]

kmcit_sf_03.jpg


KMCIT4thの王者を決める戦いも残り2戦。
ここまでカバレージで取り上げたデッキの内、モリシマのRUG Delver以外全てのデッキに《時を越えた探索》が入っていた。そして、このマッチどちらも《時を越えた探索》が入っている。KMCIT4thを象徴するにふさわしい一戦だ。
優勝への道筋を探索できるのはどちらだ。


Game1
後手のカゴタニの初動《コジレックの審問》で公開されたヤスダの手札は以下のようなものだ。

《平地》《Karakas》《相殺》《相殺》《議会の採決》《時を越えた探索》

《相殺》を通したくないカゴタニに取って中々頭の痛い手札だ。カゴタニは少し悩み《相殺》を選択して墓地へ。
カゴタニにもまだ希望はある。幸いヤスダの手札には2枚目の青マナが出る土地がないので、次のターンに青マナ源をトップデッキされなければ猶予はある。
しかし、そこは今日の人ヤスダ。しっかり《Tundra》を引き当てたヤスダは《相殺》を力強くプレイ。恐れていた事態が起こってしまう。

kmcit_sf_02.jpg


しかも、返しのカゴタニの《石鍛冶の神秘家》はなんと《相殺》をめくり生相殺! 前ラウンドの《拭い捨て》を生相殺したことといい、今日のヤスダには何かがついている。
それでも《未練ある魂》で何とか攻めるカゴタニだが《終末》が降ってくる奇跡相手にはいささか心もとない。

その後もヤスダは《渦まく知識》を生相殺するなど快調だ。
そしてついに待望の相棒《師範の占い独楽》を見つけロックを盤石なものにする。


こうなるとあとはどこまでスピリット・トークンで削れるかが勝負のカゴタニ。
返り討ちを目論むヤスダの《天使への願い》を《Force of Will》で退け戦闘を続行する。

ヤスダは《剣を鍬に》でトークンによるダメージを減速させ、生き残れる時間を延ばす。一見損な取引だが《師範の占い独楽》+《相殺》が決まっているヤスダにとっては誤差の範囲内だ。
この時点でヤスダのライフは8。だが、カゴタニにとっては果てしなく遠い。


ヤスダは《精神を刻む者、ジェイス》で今度こそカゴタニにとどめを刺しにかかるが、カゴタニも食い下がる。
2度目の《Force of Will》で2度目の危機を切り抜ける。

しかし、ヤスダは無情の《天使への願い》X=3。今度こそ願いが届き戦場に3体の天使トークンが舞い降りる。
ヤスダはカゴタニが9ターンかけて走った道のりを僅か2ターンで抜き去った。

ヤスダ 1-0 カゴタニ


Game2
kmcit_sf_01.jpg

先手のカゴタニは7枚の手札をキープ。後手のヤスダは1マリガン。

カゴタニの立ち上がりは《石鍛冶の神秘家》から。《殴打頭蓋》をサーチし手札へ。

ヤスダは《呪文貫き》が飛んでこない間に《師範の占い独楽》をセット。
さらに次のターンには《紅蓮破》を構えつつ、《相殺》をプレイ。カゴタニの《対抗呪文》を退けてロックを完成させる。

早くもカゴタニには辛い局面がやってきた。
だが、ヤスダがフルタップの間に《精神を刻む者、ジェイス》を通し、ただでは引き下がらない。
しかし、ヤスダは《紅蓮破》で《精神を刻む者、ジェイス》を破壊。被害を最小限に抑える。さらに《殴打頭蓋》が出る前に《剣を鍬に》で《石鍛冶の神秘家》を除去する。

カゴタニは2枚目の《精神を刻む者、ジェイス》。
ヤスダの口から「ジェイスか…」とため息が漏れる。

すでに2枚の赤ブラストを使っているヤスダは今度もジェイスは破壊出来るのか。
ジェイスを元手に盤面を広げるカゴタニ。まずは小手調べと《石鍛冶の神秘家》。意外やこれが通る。

しかし、ヤスダも《議会の採決》で盤面に居座る脅威に対処し始める。
カゴタニは何とか掴んだ束の間の優位を保つために《時を越えた探索》から《Force of Will》を引き当て主導権を渡さない。
だが、ヤスダは《世界のるつぼ》と《不毛の大地》でカゴタニの白マナ源を全て破壊する。

カゴタニは《終末》こそ《ヴェンディリオン三人衆》で回避するもまだまだ勝負の行方は分からない。
だが、《真髄の針》でついにヤスダの《不毛の大地》を止めジェイスの+2で勝利を目指す。

《平地》を引き込めたカゴタニは《殴打頭蓋》を送り込み、ライフとジェイスの奥義の二面作戦を取る。
ヤスダの遅れてきた《精神を刻む者、ジェイス》もきっちり《Force of Will》しラストスパートをかける。そして《時を越えた探索》で手札を固め、ヤスダの逆転の目を潰す。

ヤスダのライフは4。カゴタニの《精神を刻む者、ジェイス》のカウンターは13。最後の望みをかけたヤスダの《時を越えた探索》は答えを齎さなかった。


序盤の《相殺》と《師範の占い独楽》のロックに諦めずに立ち向かったカゴタニの劇的な逆転だった。


ヤスダ 1-1 カゴタニ



Game3
両者7枚キープ。ヤスダは独楽からスタート
続けて《大祖始の遺産》と置き、《時を越えた探索》をけん制する。

ヤスダは遠慮なく《不毛の大地》を起動し、カゴタニの土地を縛る。
カゴタニの土地は島と沼のみ。このマッチアップで基本地形をフェッチしないといけないカゴタニはかなり窮屈そうだ。

しかし、カゴタニは奇跡が最も嫌がるカードである《未練ある魂》をプレイ。流れを断ち切りにいく。
ヤスダはフラッシュバックされる前に《大祖始の遺産》を起動し、墓地を全て掃除。さらに《終末》をドローし盤面も一掃。


振り出しに戻ったカゴタニは《コジレックの審問》をプレイ。

《仕組まれた爆薬》《師範の占い独楽》《議会の採決》《時を越えた探索》
公開された手札から《議会の採決》を落とす。

エンド前に《ヴェンディリオン三人衆》で仕掛けたヤスダはカゴタニの《対抗呪文》を《赤霊破》するも、カゴタニは《Force of Will》を追加することでカウンター仕切る。
しかし、本命の《世界のるつぼ》が通り、《不毛の大地》による土地はめが始まる。
カゴタニは《真髄の針》はプレイし、《師範の占い独楽》を指定したいところだが…。ここはそうも言ってられない《不毛の大地》を宣言する。

だが、ヤスダはそれをあざ笑うかのように《相殺》をプレイ。
さらに先程見せた虎の子《時を越えた探索》で勝負の趨勢を大きくヤスダ側に傾ける。

カゴタニは《思考囲い》でヤスダの手を確認しようとするが《渦まく知識》からの《摩耗+損耗》公開で打ち消す。
カゴタニは何とか《時を越えた探索》を通すも、フルタップ状態。そこへヤスダは嬉々として《精神を刻む者、ジェイス》をプレイする。

ヤスダは消術でカゴタニの逆転の目を摘みに行く。
カウンターが11を越えようといういタイミングでカゴタニは投了した。


ヤスダ 2-1 カゴタニ
ヤスダ win!

ヤスダ決勝進出!!
スポンサーサイト



カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://mtgkmc.blog.fc2.com/tb.php/222-5b4e3580

Blog

KMCITポイントレース

○ ポイントレースについて

SEED Hadara Danpei

8 Hori Masataka
7 Yamanaka Kousuke
6 Doi Satsuki
6 Ishii Takuya
6 Kanbara Hokuto
6 Sekimoto Tatsuo
6 Yamada Mituhiro
5 Hayashibara Kazuki
5 Naoya Kawakami
5 Kodaira Syouta
5 Naota Kagotani
5 Yanagisawa Yuta
【更に見る】

コミュニティ戦ランキング

18 コストオーバー
13 Dread of Knights
12 ちびマルイちゃん
12 MTG With プロゲーマー
12 コダイラが来る Second Season
10 どつきまわしたれ本舗
10 Traiad Primus
9 Stronger Kanbara
8 ヒゲと愉快な仲間たち
6 ヒロイン特撮研究所
6 ノーエムラさべ太郎

TOP8DeckList

MOVIE

コラム

○ Eternal Party2017 カバレージNew!
○ MMM Finals 2017参加レポートNew!
○ 関西のエターナル事情(レガシー&モダン)New!
○ EternalParty2017の事前予約迫る!!賞品も決定!!

【過去の記事を読む】

twitter

WPN主催店舗について

KMCが運営するイベントは、一部の例外を除き、BIGMAGICなんば店にて主催されております。
検索フォーム
最新コメント
カウンター
管理用

Appendix