KMC開催予定
KMCIT 併催レガシー
6月3日(土)
受付:13:15
開始:14:00
参加費:1000円
定員:56人
会場:港区民センター
最寄り駅:地下鉄中央線・JR環状線  弁天町駅 徒歩7分

【今後の予定を更に見る】


関西レガシーカレンダー(間違っていても責任は負いません。)
77th KMC Final Movie

ネタ蒔き時のぐう面白いレガシー今昔物語ンゴwwww

どうも皆さんこんにちは!
世界を股に掛ける超実戦レガシー集団「梁山泊」代表のネタ蒔き時です。
以前はAMCと言う大会も主催してましたが、今では完全な楽隠居状態ですw
今回は友人の猫山から「新しいサイトに彩り加えたいからなんか適当に書いてチョンマゲ」とジャンピング土下座されたので、1話につき焼肉1回オゴリと言う条件でできる限り引き延ばして書きたいと思います。

とは言っても最近は余りレガシーをプレイしておらず、ぶっちゃけ「最新レガシー事情!」だとか「最強のプレイングはこうだ!」みたいな記事は書けません。
そう言ったイケイケの情報はのぶやrainさん辺りに任せて、私はロートルらしくレガシーの誕生から今に至るまでの歴史を振り返ってみようかと思います。

昔の話なので記憶が曖昧な部分も多々ありますが、その辺りはまぁそんなもんだと言う感覚で適当にご覧いただければ幸いです。


第一話 ワイ将、2chdの大会に参加する。なおスレは大炎上したもよう

いきなりレガシーの話から脱線しましたが、日本におけるレガシーの隆盛は、まさにここから始まったと言えるのです。

今から十年以上も前の話です。当時はまだオンスロート発売直後で、2chのTCG板も他の非電源系ゲームと一緒くたになった「卓上ゲーム板」と言う名前でした。
スタンダードスレや最新セットスレのような定番スレッドはその頃から健在で、その中でも話題のループに定評のある「MTGはなぜ衰退したのか?」スレッドから2chdは誕生しました。
衰退スレ内では当時から「スタンダード落ちが初心者の負担になっている」と言う主張が繰り広げられており、その解決策としてスタンダード落ちの無いスタンダードと言う発想が生まれました。
2chで誕生した事から「2chd(にちゃんだーど)」と名付けられたこのフォーマットは、好きな基本セット1つ+好きなエキスパンションブロック2つをそれぞれのプレイヤーが選択し、その範囲内でデッキを構築すると言うもので、当時としては画期的な発想でした。

この2chdは当時主流だったオンラインMTG対戦ツール「アプレンティス」を中心に大流行し、その勢いにのってオンラインだけでなく実際にオフ会を開いて集まろうじゃないかと言う話にまで発展しました。
記念すべき第一回2chdオフ会は杉井光と言うコテハンが主催となり、アメニティドリーム池袋店で何の事前打ち合わせもなく突発的に行われましたw
今にして思えば随分乱暴な話ですが、まぁ当時としては3~4人でワイワイ遊ぶだけだし別によくね?と言うノリだったのを覚えています。
ちなみに杉井光はそのままの名前で現在プロのラノベ作家として活躍中で、世界で2枚しかないネタ蒔きのサイン入り《奉納/Oblation》を持つ一人でもあります。
ところが予想に反し、このオフ会には10人以上の参加者が集まりました。
こうなるとお店側としても見て見ぬふりをする訳にもいかず、以後店内で勝手にオフ会を開くのは禁止と言う流れになります。

この反省をふまえ、その後の2chdオフ会は公民館を借りて開催される事になりました。
そして第二回2chdオフ会は、現在CDCを主催されているアラジンさん主催のもと、本八幡にて開催される運びとなります。
この頃は2chd専用スレが用意され、オフ会が企画されるたびにスレにその案内が書かれるような状態でした。実に牧歌的でしたね。
そしてその第二回2chdオフ会に私も参加したのです。
当時はスタンダードに完全に飽きていて、何か面白い事は無いかと日々探し求めている状態でした。
当時はブログもありませんでしたから、専ら2chにコテハンとして常駐し、どうでもいいような話ばかりしていた記憶がありますw
そんな時に見つけたのがこのオフ会でした。
実際に行ってみるとそこには10名ほどの参加者がおり、RebeccaさんやAP、マメーと言ったその後の2chdを牽引していくプレイヤー達の顔もありました。

しかし、このオフ会があの大炎上を生み出す事になるとは思いもしなかったのです。

オフ会自体はつつがなく進行し、当時最新エキスパンションだったレギオンのボックス差し入れがあったりとかなり盛り上がりました。
オフ会終了後は駅前の中華料理屋で打ち上げを行い、今後のオフ会の方針について色々と話し合われました。
その中で話題に上ったのが「タイプAとタイプBについて」でした。
当時の2chdには基本ルール以外に制限の無いタイプAと、ゲームとしてバランスの取れたものになるようある程度制限のかかったタイプBの2つがありました。
2chdのプレイヤーは様々な理由からスタンダードの流れについていけなくなった人が中心でしたので、そんな羊の群れに「力こそ正義。良い時代になったものだ」とパワー9やらマナドレインやらで武装した狼が乱入するような事があっては楽しく遊べないだろうと言う考えから作られたタイプBだったのですが、それを採用するオフ会は殆どありませんでした。
現代においても統率者戦などで見受けられる問題ですが、こう言ったものは最終的には場の空気感でコントロールするより他は無く、タイプBを採用したとしても狼は依然として狼のままであろうと言う考えが主流だったように思います。
そして打ち上げの席でもそう言った流れになり、以後本八幡オフ会ではタイプBは採用しないと言う事が決まりました。

ところが、帰宅後に2chdスレでこの事を報告すると「勝手に決めるとは何事だ!2chdを私物化する気か!」と一斉に非難を受けてしまいました。
「タイプB自体が不要なものだ」と主張しているように誤解されてしまったと言うのもありますが、まぁ半分は「ネタ蒔きがしたり顔で仕切ってるのがウザい」と言う理由だったのでしょうねw私は当時から好き勝手言いまくる上に人の話は聞かないし、煽ろうが叩こうが意に返さぬサウザーのような糞コテでしたので、アンチネタ蒔きと言う人も非常に多かったですね。
こうなってしまっては誰にも止める事は出来ません。
当時はID表示もなく、連投規制も無かったために「もう辞めるわ」だけで3スレを消費するほどの大炎上となってしまいました。
これが後の世に言う「2chd潜在需要三千人大離散の悲劇」です。
ちなみにオフ会の参加者数は減るどころが増加の一途を辿ったので、特に実害はありませんでした。

こうして私の2chdデビューは華々しいものとなりました。
その後も何度か本八幡まで脚を運びましたが、コミュニティが固まってくると次第に「俺も主催やってみようかな」と言う人が登場し始め、本八幡オフ会以外にも都内で2chdオフが開催されるようになります。
いろいろな場所でオフ会が開かれましたが、その中でも際だって集客力があったのが、Rebeccaさんの主催する池袋2chdオフ会でした。

そして、これこそが日本のレガシーの源流であり、彼がいなければ今のレガシー環境は無かったと言っても過言ではないでしょう。

では何故この会合がそれほどまでに大きな影響力を持つに至ったのか。
次回はそれについてお話させて頂きたいと思います。

それではまた来月!

(´・ω・`)ノシ




・・・・え?レガシーの話が一切無いって?
ネタ蒔きのやる事だからしょうがないんやな、悲劇やな。


つづく

(ネタ蒔き時/記者ブログ
スポンサーサイト
タグ : ネタ蒔き時
カテゴリ : KMC記事のURL コメント (4) トラックバック (0)

コメント

杉井先生ェ…

レガシー今昔物語、ええ話やでホンマ

ネタ蒔きさんの昔話いいね。
こういう歴史が知れるっていうのはネットの良さだねぇ。
オンスロート始まってやめたクチだし、東京なんておらんし。
それでも、マジックとネットの交差した今の状況の歴史は
興味深いものですねぇ。
企画者さんとネタ蒔きさん、すばらしいものをありがとう。
つづきを全裸待機してるで!

続きを期待させるような書き方が上手ですね。
続きが気になります^^

杉井光先生って累計発行部数120万の神様のメモ帳で有名なあの杉井光先生ですか!?
いやあこれには目から鱗です!

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://mtgkmc.blog.fc2.com/tb.php/31-c28c3c98

Blog

KMCITポイントレース

○ ポイントレースについて

SEED Takisaka Toru

19 Sekimoto Tatsuo
18 Banba Taiki
15 Iwasaki Kouichi
15 Morisima Ryouta
15 Yanagisawa Yuuta
14 Adachi Ryosuke
12 Fukudome Yuu
12 Inamura Sachio
12 Kodaira Syouta
12 Mizuguchi Kiyoshi
12 Sawase Kouichi
12 Tanaka Mikito
12 Yomura Syuuta
【更に見る】

コミュニティ戦ランキング

57 足立と4人の保護者達
56 柳澤流殴打
49 黄鶏屋 Ama's
48 京都イエサブ
39 水口清志ファン倶楽部
24 Ku'z
23 グリセルシュート
18 ビデオインアメリカ福知山店
17 アノアめんばーず
16 にじいろくじら
12 KMC
10 SMC
10 柳澤流暴行
8 柳澤流幽霊部員

TOP8DeckList

MOVIE

コラム

○ メンタルマジック戦略考察New!
○ 他の人たちにはない可能性New!
○ 8th KMC Invitational 特設ページ
○ 7th KMC Invitational 特設ページ

【過去の記事を読む】

WPN主催店舗について

KMCが運営するイベントは、一部の例外を除き、BIGMAGICなんば店にて主催されております。

twitter

リンク

コラムニスト一覧
検索フォーム
最新コメント
カウンター
管理用

Appendix