KMC開催予定
80th KMC
7月15日(土)
受付:13:15
開始:14:00
参加費:1000円
定員:90人
会場:港区民センター
最寄り駅:地下鉄中央線・JR環状線  弁天町駅 徒歩7分

【今後の予定を更に見る】


関西レガシーカレンダー(間違っていても責任は負いません。)
79th KMC Final Movie

Friday Night Legacy Round2 Niwa Takahiro(Mono White control)vsAdachi Ryosuke(Pox)

Friday Night Legacy Round2 Niwa Takahiro(Mono White control)vsAdachi Ryosuke(Pox)

by TTW

IMG_2344.jpg


 京都にはFriday Night Legacyと呼ばれる平日レガシーのイベントがある。ここイエローサブマリン京都店で毎週金曜日に行われるこのイベントは4年以上続く由緒ある大会だ。創設者はあの「日本レガシー選手権2015 Autumn」の覇者、泉 優(東京)である。レガシーをこよなく愛する彼が東京に行ってからも脈々と受け継がれたこのイベントは今日も京都に根付いている。さて、今回はそんな老舗平日レガシーの常連二人の試合の様子をお送りしよう。


Game1
IMG_2347.jpg


両者7枚でキープして第1ゲームが始まった。
先手のNiwaは《アクロスの英雄、キテオン》を出しターンエンド。

対するAdachiは《思考囲い》でまずは手札から切り崩す。公開されたNiwaの手札は《古えの墳墓》《平地》《遍歴の騎士、エルズペス》《忘却の輪》《徴税の大天使》。NIwaのデッキはDeath&Taxesなどの白単ウィニー系かと思いきや、白スタックス系のデッキのようだ。Adachiは少し悩んだ上で、自分のデッキにとって最も危険な《遍歴の騎士、エルズペス》を捨てさせた。

2ターン目にNiwaは《古えの墳墓》をセットして《アクロスの英雄、キテオン》でアタック。Adachiのライフを16とする。
ターンを受けたAdachiは相手のデッキの中身が予想できないため、《不毛の大地》を《古えの墳墓》に対して起動するか悩む。しかし、手札に見えた《徴税の大天使》はトリプルシンボルのため次に出てくることはない。次のターンに脅威を出される危険性は少ないと判断したAdachiは自身のマナを伸ばすことを選択した。

Adachiの予想通り、Niwaの行動は《平地》のセットランドと《アクロスの英雄、キテオン》のアタックのみだった。しかし、その《アクロスの英雄、キテオン》もそろそろ対処しないと不味い。Adachiは《ヴェールのリリアナ》をプレイし、マイナス2能力を起動。Niwaは《アクロスの英雄、キテオン》を生け贄に捧げる。

ならばとNiwaは二の矢である《徴税の大天使》を放つ。
しかし、Adachiは落ち着いて《ヴェールのリリアナ》のプラス1能力を起動してから《The Abyss》をプレイした。
《徴税の大天使》は深淵に呑みこまれていってしまったが、Niwaも《忘却の輪》で《ヴェールのリリアナ》を追放。一進一退の攻防が続く。

Adachiは2度目の《思考囲い》を唱え、Niwaの手札を覗くとそこには《ハルマゲドン》と《オレスコスの王、ブリマーズ》が。《ハルマゲドン》は予想外だったようで、

Adachi「いったいどんなデッキなんだ…?」

と首をかしげる。

だが、目に付いた《ハルマゲドン》には釣られず《オレスコスの王、ブリマーズ》を捨てさせる。そして《世界のるつぼ》をプレイして、《ハルマゲドン》に備える。

だが、Adachiの疑問はすぐに氷解する。Niwaが《霊気の薬瓶》を唱えるとAdachiは

Adachi「すべての点が線で繋がった!」

と言い放った。

すっかり手札が尽きてしまった両者だが、Adachiには《産卵池》と《ミシュラの工廠》というクロックが場に残っている。3点づつNiwaのライフを削り始めたところでAdachiがトップデッキしたのは《女王への懇願》。《呪われた巻物》をサーチしてダメージを加速させる。

とにかく耐えなければいけないNiwaは、相手の場に《世界のるつぼ》があるのを承知の上で《ハルマゲドン》をプレイしダメージを少しでも減らす。

しかし、《霊気の薬瓶》があるとは言え《The Abyss》がどうにもならないNiwa。結局防衛線を構築する前にAdachiの復旧が先に完了してしまった。

Niwa 0-1 Adachi


Game2
先手のNiwaは1マリガン。後手のAdachiは悩んだ上で《ヨーグモスの墳墓、アーボーグ》3枚と《不毛の大地》《小悪疫》《暗黒の儀式》《女王への懇願》の手札をキープする。

NiwaはGame1と同じく《アクロスの英雄、キテオン》スタート。しかも、セットランドは《トロウケアの敷石》と上々の滑り出しだ。

IMG_2351.jpg


これに渋い顔をしながらAdachiは《女王への懇願》。サーチは《The Tabernacle at Pendrell Vale》。まずはクリーチャーの排除から取りかかる算段だ。

Niwaは《裏切り者の都》をセットして《アクロスの英雄、キテオン》でアタック。
2ターン目のAdachiは《小悪疫》。溜まりに溜まった《ヨーグモスの墳墓、アーボーグ》を処分しつつNiwaを足止めする。Niwaは後々のことを考え、ここは《トロウケアの敷石》ではなく《裏切り者の都》を生け贄に捧げる。

続くターンもAdachiはNiwaがセットした直後の《平地》を対象に《Sinkhole》。妨害を続ける。
だが、Niwaのセットランドも止まらず《スレイベンの守護者、サリア》が戦場に出てくる。
Adachiは《スレイベンの守護者、サリア》を《ヴェールのリリアナ》で対処するがこれは囮。Niwaの本命は《オレスコスの王、ブリマーズ》だった。

忠誠値が1の《ヴェールのリリアナ》は除去が間に合わず、《オレスコスの王、ブリマーズ》の前に倒れた。
流れに乗ったNiwaは《オレスコスの王、ブリマーズ》でさらに攻撃し、Adachiのライフを残り13点にする。

Adachiも《The Tabernacle at Pendrell Vale》でトークンの増殖を防ぐが、Niwaの場には《平地》と《トロウケアの敷石》があるため、自分のターンには都合3体のトークンが並ぶ。ここでAdachiは《小悪疫》をトップデッキするが、トークン軍団と《トロウケアの敷石》が壁になり攻略できそうにもない。しかし、動かないわけにもいかず《小悪疫》をプレイ。
と、ここで思わぬことが起こった。Niwaが間違えて《トロウケアの敷石》ではなく、《平地》を生け贄に捧げてしまったのだ。

これでアップキープに土地が1枚になってしまったNiwa。仕方なく、《オレスコスの王、ブリマーズ》のみを生き残らせる。《オレスコスの王、ブリマーズ》はアタックしてAdachiの残りライフは8点。

Adachiのターン。《無垢の血》をトップデッキ。まだ、足りない。
再度攻撃を受け、Adachiのライフは4。ここで除去をトップできれば………という場面でAdachiは《無垢の血》をトップデッキ!
2枚続けて《無垢の血》をプレイすることでNiwaの《オレスコスの王、ブリマーズ》をトークン諸共葬る。

これで流れを取り返したAdachiは《奈落の総ざらい》を引く。《不毛の大地》で自身の《The Tabernacle at Pendrell Vale》を破壊したあとに《奈落の総ざらい》をX=7でキャスト。
ゾンビ軍団がNiwaに一気に流れ込んだ。


Niwa 0-2 Adachi

Adachi Win!
スポンサーサイト
タグ : TTW
カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://mtgkmc.blog.fc2.com/tb.php/318-eec972b0

Blog

KMCITポイントレース

○ ポイントレースについて

SEED 過去のIT優勝者

5 Fukudome Yuu
4 Niwa Takahiro
3 Sawase Kouichi
3 Takashima Tatsuya
2 Fujihira Kouhei
2 Ideue Yuuki
2 Ishii Takuya
2 Nishikawa Seigo
2 Shiroza Shinichiro
2 Tamura Shigeyuki
2 Tutui Seiya
2 Yasuda Masayuki
【更に見る】

コミュニティ戦ランキング

0 KMC

TOP8DeckList

MOVIE

コラム

○ 10th KMCITを目指せ!New!
○ 9th KMC Invitational 特設ページNew!
○ メンタルマジック戦略考察
○ 他の人たちにはない可能性
○ 8th KMC Invitational 特設ページ

【過去の記事を読む】

WPN主催店舗について

KMCが運営するイベントは、一部の例外を除き、BIGMAGICなんば店にて主催されております。

twitter

リンク

コラムニスト一覧
検索フォーム
最新コメント
カウンター
管理用

Appendix