KMC Schedule
127th KMC
7月5日(Sun)
受付:13:30
開始:14:00
参加費:1000円
フォーマット:Legacy
定員:100名
会場:福島区民センター
最寄り駅:地下鉄千日前線「野田阪神駅」徒歩7分

[[今後の予定を更に見る]]

関西レガシーカレンダー(間違っていても責任は負いません。)
第126回KMC決勝戦動画

KMCIT6th Round1 Yamashita Taiki(Death&Taxes) vs Tanaka Takehiro(SnT)

KMCIT6th Round1 Yamashita Taiki(Death&Taxes) vs Tanaka Takehiro(SnT)

by TTW

KMCIT6th_R1_01.jpg


KMCIT6thの招待者は17名だが、1名が欠席したため参加者16名での開始となった。スイスラウンド4回戦の後に、上位4名によるシングルエリミネーション2回戦で王者を決定する。まずはその始めの一歩。1ラウンド目の様子をお送りしよう。

お伝えする試合はKu'zの二人の対決。同大学のサークルで切磋琢磨し合う仲だが、今は敵同士。勝者一人のみが残る非情な戦いの口火が切って落とされた。

Game1
両者7枚でキープ。

KMCIT6th_R1_03.jpg
(Yamashita Taiki)

ダイスロールで勝利して先手を取ったYamashitaは勢いよく《リシャーダの港》から《霊気の薬瓶》スタート。

対するTanakaは《ギタクシア派の調査》と《思案》を唱え、《水蓮の花びら》を置いてエンド。Yamashitaの《スレイベンの守護者、サリア》に備える。

YamashitaはTanakaのアップキープに《リシャーダの港》を起動して《島》をタップ。
これに対応してTanakaは《渦まく知識》。

メインに入ったTanakaは《古えの墳墓》セットから《実物提示教育》をプレイ。前のターンの前方確認で《Karakas》がないことは知っているため強気に仕掛ける。Tanakaの場には《引き裂かれし永劫、エムラクール》。Yamashitaの場には《迷宮の霊魂》が提示される。

次のターンTanakaが見守る中、Yamashitaはセットランドをした。《平地》をセットランド−−−《Karakas》ではない。

Tanakaの《引き裂かれし永劫、エムラクール》がYamashitaの戦場を滅殺した。

Yamashita 0-1 Tanaka


Game2
先手のYamashitaは7枚キープ。後手のTanakaは1マリガンで占術の結果はトップのままだ。

先手のYamashitaは《Karakas》から《霊気の薬瓶》スタート。「先程のようにいかない」と言わんばかりの好スタートだ。

Tanakaは《沸騰する小湖》から《山》を出し《渋面の溶岩使い》で第1ターンを終える。除去を抜くであろうDeath&Taxesの裏をかいたサイドボードだが、そこはお互いの手の内を知り尽くす中。Yamashitaは涼しい顔で受け入れる。

Yamashitaは《不毛の大地》をセットから《ファイレクシアの破棄者》を唱えて《渋面の溶岩使い》を指定。さらに次のターンには《エーテル宣誓会の法学者》を唱えると《霊気の薬瓶》を起動して《スレイベンの守護者、サリア》を追加。Tanakaをヘイトベア軍団で猛然と攻め立てる。

Yamashitaの4ターン目には自分の戦闘中に唱えられたTanakaの《渦まく知識》に 《霊気の薬瓶》から《迷宮の霊魂》を合わせる完璧な動き。この戦闘でTanakaのライフは残り10まで落ち込む。

苦しくなったTanakaはフルタップで《騙し討ち》をプレイして次のターンに望みを託す。

しかし、その希望すら刈り取るかのように《ちらつき鬼火》が登場する。Tanakaのブロッカーは排除され、Yamashitaのヘイトベア軍団がTanakaのライフを0にした。

Yamashita 1-1 Tanaka


Game3
KMCIT6th_R1_04
(Tanaka Takehiro)

先手のTanakaは7枚キープ。後手のYamashitaは1マリガンの手札を悩んだ末にキープ。占術でライブラリートップを下に送った。

先手のTanakaは《沸騰する小湖》を起動して《山》をサーチ。そこから《ギタクシア派の調査》。

《平地》
《不毛の大地》
《霊気の薬瓶》
《霊気の薬瓶》
《議会の採決》
《石鍛冶の神秘家》



Yamashitaの6枚の手札を確認したTanakaは《渋面の溶岩使い》をプレイしてエンドする。

後手のYamashitaは《平地》から《霊気の薬瓶》を出してエンド。

Tanakaは《定業》を唱え《渋面の溶岩使い》でYamashitaをアタックする。これでYamashitaのライフは19点。

ターンが返ってきたYamashitaは焼かれるのを覚悟で《エーテル宣誓会の法学者》をプレイする。貴重なクロックだが止まっている暇はない。Yamashitaはエンド前に《霊気の薬瓶》を起動するがクリーチャーを出さずにTanakaの出方を窺う。Yamashitaは自分のメインフェイズに攻撃してから《石鍛冶の神秘家》を土地からプレイ。《石鍛冶の神秘家》のサーチは《火と氷の剣》だ。

YamashitaはTanakaの《溢れかえる岸辺》の起動に合わせて《霊気の薬瓶》から《スレイベンの守護者、サリア》。これに意表をつかれたTanakaの行動が止まる。このターンするべき行動が制限されたTanakaは仕方なく《渋面の溶岩使い》で《石鍛冶の神秘家》を除去するのみでターン終了。Yamashitaのクロックを止めることに注力する。

Yamasitaは《不毛の大地》で《Volcanic Island》を破壊してから2枚目の《霊気の薬瓶》をプレイ。さらに《霊気の薬瓶》から《弁論の幻霊》を戦場に送り込む。Yamashitaの場についに《渋面の溶岩使い》で対処できないクリーチャーが現れる。

それでもTanakaの手つきに淀みはない。《思案》を唱えてから《渋面の溶岩使い》で《スレイベンの守護者、サリア》を除去する。

Yamashitaも負けじと《弁論の幻霊》でアタックしTanakaのライフを11にする。

Tanakaは尚も《思案》を唱えるが次の手が見つからない。《弁論の幻霊》の攻撃を受けてライフ10になる。それでも着々と準備を進めるTanaka。《血染めの月》を唱えて《Karakas》を止める。

耐え忍んだTanakaはついに《騙し討ち》を引き込みプレイする。
Yamashitaは《騙し討ち》の起動スタックで《迷宮の霊魂》を場に出し《グリセルブランド》の登場に備えるのだが、現れたのは《引き裂かれし永劫、エムラクール》。そのまま突撃を開始した《引き裂かれし永劫、エムラクール》によってYamashitaは滅殺6と15点のダメージを受ける。これでYamashitaのライフは残り4点。

そして追い打ちの《渋面の溶岩使い》の能力起動でライフが2点まで減らされる。これでライフが尽きることを悟ったYamashitaは投了を決意した。

Yamashita 1-2 Tanaka

Tanaka win!
スポンサーサイト



カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://mtgkmc.blog.fc2.com/tb.php/358-9d8cb9b3

Blog

KMCITポイントレース

○ ポイントレースについて

SEED Hadara Danpei

8 Hori Masataka
7 Yamanaka Kousuke
6 Doi Satsuki
6 Ishii Takuya
6 Kanbara Hokuto
6 Sekimoto Tatsuo
6 Yamada Mituhiro
5 Hayashibara Kazuki
5 Naoya Kawakami
5 Kodaira Syouta
5 Naota Kagotani
5 Yanagisawa Yuta
【更に見る】

コミュニティ戦ランキング

18 コストオーバー
13 Dread of Knights
12 ちびマルイちゃん
12 MTG With プロゲーマー
12 コダイラが来る Second Season
10 どつきまわしたれ本舗
10 Traiad Primus
9 Stronger Kanbara
8 ヒゲと愉快な仲間たち
6 ヒロイン特撮研究所
6 ノーエムラさべ太郎

TOP8DeckList

MOVIE

コラム

○ Eternal Party2017 カバレージNew!
○ MMM Finals 2017参加レポートNew!
○ 関西のエターナル事情(レガシー&モダン)New!
○ EternalParty2017の事前予約迫る!!賞品も決定!!

【過去の記事を読む】

twitter

WPN主催店舗について

KMCが運営するイベントは、一部の例外を除き、BIGMAGICなんば店にて主催されております。
検索フォーム
最新コメント
カウンター
管理用

Appendix