KMC Schedule
127th KMC
7月5日(Sun)
受付:13:30
開始:14:00
参加費:1000円
フォーマット:Legacy
定員:100名
会場:福島区民センター
最寄り駅:地下鉄千日前線「野田阪神駅」徒歩7分

[[今後の予定を更に見る]]

関西レガシーカレンダー(間違っていても責任は負いません。)
第126回KMC決勝戦動画

KMCIT7th プレイヤー紹介

KMCIT7th プレイヤー紹介

誰かが言った「KMCで一番強いやつは誰だ?」
また誰かが言った「一番勝っているやつだろう」
すると様々なプレイヤーの名前が上がった

最後に誰かが言った「じゃあ、そいつらみんな戦わせれば最強が決まる」
KMCITが幕をあげる

 kansei_01

SEED Ideue Yuuki
18 Takisaka Toru
17 Tamura Shigeyuki
16 Sekimoto Tatsu
15 Omonishi Kojiro
15 Yanagisawa Yuuta
14 Fukudome Yuu
14 Niwa Hotaka
13 Hosaka Yoshiteru
13 Mizuguchi Kiyoshi
12 Hori Masataka
12 Ishii Takuya
11 Arita Kazuhiro
11 Asai Hiroto
11 Iwasaki Kouichi
11 Yomura Syuuta
10 Hayaki Hirokazu
10 Morisima Ryouta
10 Tashiro Kouichi



KMCIT7th_Ideue.jpg
氏名Ideue Yuuki
今期のポイント14ポイント(Seed)
今期の主な戦績59th8位、57th7位、55th2位
前回の覇者Ideue。今期はSeedとしてすでにKMCITの出場が確定していたが、ポイントレースも手を抜くことなく戦い抜き堂々の6位タイにつける。その強さは依然健在で、前人未到の2連覇の期待が高まる


fnl_04.jpg
氏名Takisaka Toru
今期のポイント18ポイント
今期の主な戦績60th優勝、57th優勝、55th6位
今回のポイントレース首位のTakisaka。以前から強豪プレイヤーとして認知されていたが、今期は優勝2回と申し分ない成績をあげている。Lands一筋でここまで上り詰めたTakisaka。初優勝なるか


KMCIT7th_Tamura.jpg
氏名Tamura Shigeyuki
今期のポイント17ポイント
今期の主な戦績58th5位、57th4位、55th優勝
KMCIT多数出場の古豪Tamura。だが、今回のTamuraは一味違う。KMC55thで初優勝を決め、以来ポイントレースも59thまで首位を維持するなど絶好調だ。白黒をこよなく愛し様々な形の構築にトライしている。《小悪疫》や《陥没孔》で土地破壊に特化した形で優勝したかと思えば、《霊気の薬瓶》による展開からビートダウンしていく形で連続入賞するなど大活躍した


KMCIT7th_Omonishi_04.jpg
氏名Omonishi Koujiro
今期のポイント15ポイント
今期の主な戦績60th5位、59th優勝、56th2位
初代王者のOmonishi。「ストーンフォー次郎」の異名を持つ関西エスパー石鍛冶界の大御所。KMC黎明期から快進撃を続けて来たのだが、KMC6thのシーズンは成績が伸び悩んだ。だが、雌伏のときは終わった。今期は息を吹き返し再び屍の山を築いた。あとは冠を取り戻すばかりである


KMCIT7th_Yanagisawa.jpg
氏名Yanagisawa Yuuta
今期のポイント15ポイント
今期の主な戦績58th優勝、57th2位
KMCIT初出場ながら確かな存在感を見せつけるYanagisawa。それもそのはず、最後までTamuraとポイントレース首位争いを繰り広げた実力者である。使用デッキもEsper Control、RUG Delver、Eldrazi、BUG Cascadeととにかく多才。様々なデッキで結果を残せるのは実力者の証


KMCIT7th_Fukudome.jpg
氏名Fukudome Yuu
今期のポイント14ポイント
今期の主な戦績60th2位、56th3位
関西コンボ界の大御所といえばこの人。なのだが…Eternal Party 2015ではMiracleを駆り準優勝してコンボ以外のデッキの腕も一線級であることを見せつけた。KMCIT1stから唯一の皆勤賞の持ち主。悲願の優勝なるか


KMCIT7th_Niwa.jpg
氏名Niwa Hotaka
今期のポイント14ポイント
今期の主な戦績59th8位、57th8位、55th2位
Niwaも古くから活躍する強豪。カウンターバーンをこよなく愛し、これまで数多くの栄冠を飾ってきた。その構築能力の高さは「週刊デッキウォッチング」の目に止まるほど。『イニストラードを覆う影』より《氷の中の存在》という武器を得て縦横無尽に駆け抜けた。Fukudome同様、いつ優勝してもおかしくない強豪だ

KMCIT7th_Hosaka.jpg
氏名Hosaka Yoshiteru
今期のポイント13ポイント
今期の主な戦績60th6位、54th優勝
エスパー石鍛冶の使い手はOmonishiだけではない!と言わんばかりに覇気を振りまくHosaka。今期のポイントレースでエスパー石鍛冶が大きな存在感を見せたのはこの二人の活躍によるものと言って過言はないだろう。今期は優勝も経験しており勢い十分


KMCIT7th_Mizugushi.jpg
氏名Mizuguchi Kiyoshi
今期のポイント13ポイント
今期の主な戦績58th4位、54th8位
KMCから放たれた刺客Mizugushi。KMCIT2ndでは準優勝するなど経験と実績を兼ね備えたプレイヤーだ。強豪たちをなぎ倒し見事優勝なるか


KMCIT7th_Hori.jpg
氏名Hori Masataka
今期のポイント12ポイント
今期の主な戦績59th7位
KMCのメタゲームにおいてLandsは決して多い方…とは言えないのだがみんな警戒しているのには理由がある。それは使うプレイヤーが二人とも強いからだ。一人はすでに紹介したTakisaka。もう一人はこの方、Horiだ。19人と決して多くない出場者。Landsと当たることは覚悟すべきだろう


KMCIT7th_Ishii.jpg
氏名Ishii Takuya
今期のポイント12ポイント
今期の主な戦績60th3位、57th8位
Miracleの荒れ狂うメタゲームの前にElves!は消えたかと思われた。それはKMCでも例外ではない。かと思われたがここに一人、気焔を吐き続ける男がいた。Ishiiだ。57thに入賞、60thには3位に残り着実に結果を残してKMCIT進出を決めた。クリーチャー・コンボという立ち位置はKMCITのメタゲームに大きな影響を与えるだろう


KMCIT7th_Araita.jpg
氏名Arita Kazuhiro
今期のポイント11ポイント
今期の主な戦績59th3位、56th7位
こちらもKMCIT初出場のプレイヤーだ。Yanagisawa同様多様なデッキの使い手で、今期のKMCはReanimatorとGrixis Delverで入賞している。だが、彼が真に得意とするのはBUGカラーのデッキ。まだまだ底が見えない恐ろしいプレイヤーだ


KMCIT7th_Asai.jpg
氏名Asai Hiroto
今期のポイント11ポイント
今期の主な戦績56th優勝
56thの優勝者Asai。彼もすでにベテランと呼んでいいほどの経験を積んでおり、KMCIT出場も納得の腕の持ち主だ。宿敵Omonishiを撃ち破る舞台は整った。56thの雪辱を果たすことはできるのだろうか?


KMCIT7th_Iwasaki.jpg
氏名Iwasaki Kouichi
今期のポイント11ポイント
今期の主な戦績56th4位
独自のリストを使い勝ち残った異色のコンボ使いIwasaki。今期の相棒はEurekaTell。緑をタッチすることによりOmnitellとはまた違った長所を獲得することに成功した。元々ダイナミックなプレイを好むIwasakiにとってEurekaTellは性に合っているのだろう。一際楽しそうにプレイしている様子が印象的だ


KMCIT7th_Yomura.jpg
氏名Yomura Syuuta
今期のポイント11ポイント
今期の主な戦績58th6位、55th5位
過去のKMCIT優勝者は言った「KMCITに墓地対策はいらない」。だが、それがどんな事態を引き起こすのかを次のKMCITで思い知らせた男がいる。Yomuraだ。彼の使うDredgeはコンボデッキらしく速さを意識した構築になっている。どうしても対策が薄くなりがちな墓地対策。メタゲームの空隙をつくことができるか!?


KMCIT7th_Hayaki.jpg
氏名Hayaki Hirokazu
今期のポイント10ポイント
今期の主な戦績54th3位
KMCにその名を轟かす「茶単愛好会」。巷で大流行のEldraziの長所を取り入れつつも、独自のリストに仕上げて結果を残した。これも茶単に対する愛がなせる技か


KMCIT7th_Morishima.jpg
氏名Morishima Ryouta
今期のポイント10ポイント
今期の主な戦績58th7位
Eldraziの流行によりANTは死滅したかに思われた。しかし、Morishimaは諦めていなかった。その執念が実りKMCITに見事進出した。GP Pragueでも栄冠を飾ったデッキタイプ。それがこの男の手に渡るのは脅威だろう


KMCIT7th_Tashiro.jpg
氏名Tashiro Kouichi
今期のポイント10ポイント
今期の主な戦績54th4位
KMCIT3rdの王者Tashiro。間違いなく実力者なのだが、最近はKMCの参加回数に恵まれずKMCITに出場することが難しかった。だが、今期はしっかり成績を残し出場を決めた。実はKMCITは1st以来2度優勝した人間がいない。毎回変わる王者の歴史を撃ち破るのはTashiroかもしれない

スポンサーサイト



カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://mtgkmc.blog.fc2.com/tb.php/395-09ea9f75

Blog

KMCITポイントレース

○ ポイントレースについて

SEED Hadara Danpei

8 Hori Masataka
7 Yamanaka Kousuke
6 Doi Satsuki
6 Ishii Takuya
6 Kanbara Hokuto
6 Sekimoto Tatsuo
6 Yamada Mituhiro
5 Hayashibara Kazuki
5 Naoya Kawakami
5 Kodaira Syouta
5 Naota Kagotani
5 Yanagisawa Yuta
【更に見る】

コミュニティ戦ランキング

18 コストオーバー
13 Dread of Knights
12 ちびマルイちゃん
12 MTG With プロゲーマー
12 コダイラが来る Second Season
10 どつきまわしたれ本舗
10 Traiad Primus
9 Stronger Kanbara
8 ヒゲと愉快な仲間たち
6 ヒロイン特撮研究所
6 ノーエムラさべ太郎

TOP8DeckList

MOVIE

コラム

○ Eternal Party2017 カバレージNew!
○ MMM Finals 2017参加レポートNew!
○ 関西のエターナル事情(レガシー&モダン)New!
○ EternalParty2017の事前予約迫る!!賞品も決定!!

【過去の記事を読む】

twitter

WPN主催店舗について

KMCが運営するイベントは、一部の例外を除き、BIGMAGICなんば店にて主催されております。
検索フォーム
最新コメント
カウンター
管理用

Appendix