KMC開催予定
KMCIT 併催レガシー
6月3日(土)
受付:13:15
開始:14:00
参加費:1000円
定員:56人
会場:港区民センター
最寄り駅:地下鉄中央線・JR環状線  弁天町駅 徒歩7分

【今後の予定を更に見る】


関西レガシーカレンダー(間違っていても責任は負いません。)
77th KMC Final Movie

レガシーから見たドラゴンの迷路#前編

皆さんこんにちは。

新しいエキスパンションが登場する時期になると毎日スポイラーを追って、ゴブリンが登場しては一喜一憂を繰り返しているぐーんです。
ついにドラゴンの迷路のフルスポイラーが公開されました
先週末はプレリリース・パーティに出かけた人も多いのではないでしょうか。

今回はもうすぐ発売されるドラゴンの迷路のカードがレガシーにどんな影響を与えていくかを考えていきたいと思います。
一部を除き歴代のカード全てを使えるレガシーですが、新エキスパンションの登場でメタゲームが大きく変動することも少なくありません。

早速新カードを見ていきたいところですが、まずはこの1年のうちに登場したカードで
現在レガシーでよく見かけるカードを簡単におさらいしてみましょう。

各カードが採用理由を考えると次のようにカテゴリ分けできると思います。


1、効果が派手
 →《グリセルブランド》、《全知》、《欄干のスパイ》

2、汎用性が高い
 →《死儀礼のシャーマン》、《突然の衰微》

3、特定のデッキに刺さる
 →《魂の洞窟》、《安らかな眠り》、《至高の評決》

4、優秀なクロック
 →《秘密を掘り下げる者》


『1』と『4』はコンセプトを提供しデッキの主役になるようなカード

『2』と『3』はデッキの主役ではありませんが
デッキの潤滑油になるいぶし銀的なカードと考えるとわかりやすいです


さらに補足するならばレガシー特有のマナ域の低さも1つの項目として挙げてもいいのかもしれません。
特にアヴァシンの帰還で登場した《終末》や《天使への願い》等の奇跡カードなどは顕著ですが
基本的には2~4の項目のカードがレガシーで採用されるための前提条件のようなものなので今回は割愛します。

ドラゴンの迷路にはこれらの項目に当てはまるカードはあるのでしょうか?見ていきましょう。


1、効果が派手
デッキの華ともいえるカテゴリです。
このカテゴリに入るカードは単体での利用よりコンボなど他のカードの補助を前提とすることがほとんどですが
新デッキの登場を予感させることも多く新エキスパンションの最大の楽しみと言えます
早速見ていきましょう。


■狂気の種父  (4)(B)(R )
クリーチャー - デーモン
各終了ステップの開始時に、各プレイヤーはそれぞれ自分の手札を捨てる。

6/4



6マナ6/4、回避能力、除去耐性を持ちませんが、ターン終了時に全プレイヤーに対して
《機知の終わり》が発動します。
しかも単発ではなく各プレイヤーのターン終了時ごとにです。
つまり各プレイヤーは戦場に出ているパーマネント以外のリソースを失い
《狂気の種父》がいるかぎりライブラリートップだけでゲームを進めることになります。

マジックにはパーマネントが展開する「盤面」に加えて、自他の「手札」という2つの戦場が存在しますが
《狂気の種父》はその前提をあっさりと破壊し盤面だけが戦場という異常な光景を生み出します
スタンダードでもコントロールに対しての最終兵器という扱いで注目を集めていますが
カードプールの広がるレガシーではアンフェアな手段を駆使して早期に展開する事が可能です

1ターン目、あるいは2ターン目というと通常のデッキであればその後の展開のための下準備をする段階です
その段階で《狂気の種父》が場に出てしまうとプランを大きく変更せざるを得ない、と言うより
プランを変更するための手段を失ってしまうことになります。

《狂気の種父》をコントロールしている側のプレイヤーはパワー6で対戦相手を殴り続けるだけです
運が良ければ相手に何もさせずに勝つこともあるでしょう。

戦場に出すための「アンフェアな手段」ですが
墓地から釣上げるリアニメイト・《実物提示教育》、各種マナ加速が有力候補になります。


もっとも現在のリアニメイトや《実物提示教育》デッキではカウンターなどでサポートができる
《グリセルブランド》が有力なのは大きな懸念材料です
なんにせよほとんど前例がないチャレンジしがいのあるカードです。


■吹き荒れる潜在能力  (3)(R)(R)
エンチャント
プレイヤー1人が自分の手札から呪文を1つ唱えるたび、そのプレイヤーはそれを追放し
その後自分のライブラリーの一番上から、それと共通のカード・タイプを持つカードを追放するまでカードを追放し続ける。
そのプレイヤーはそのカードをそのマナ・コストを支払うことなく唱えてもよい。
その後、そのプレイヤーは吹き荒れる潜在能力により追放されたすべてのカードを自分のライブラリーの一番下に無作為の順番で置く。



長いテキストを持つ赤の混乱系カードです。書いてあることを要約すると・・・


「各プレイヤーが唱える呪文は打ち消され、ライブラリーの中の同じカードタイプを持つ呪文のいずれかにランダムに入れ替わる」という感じでしょうか


置いておくだけで除去やカウンターが撃ちにくくなり混沌とした状況を生み出しますが
デッキ構成をいじることで《永劫を引き裂くもの、エムラクール》のようなファッティを
強引にキャストできるコンボパーツになります。


デッキの構成を考えてみましょう
まずは《吹き荒れる潜在能力》を戦場に出す手段です。
5マナと比較的現実的なマナコストですが、可能な限り早く出してしまいたいので
《実物提示教育》やマナ加速の併用が現実的でしょう。
他の《実物提示教育》を利用するデッキと違って、このカードが出ている限り
狙ってこのカードを破壊する事は難しいので
見切り発車で《実物提示教育》をキャストすることができるのは好材料です。


次にクリーチャーの構成です。
フィニッシャーは《永劫を引き裂くもの、エムラクール》でいいとして、その他に種となるクリーチャーカードが必要です。
《エムラクール》を確実にキャストするために《エムラクール》以外のクリーチャー以外がライブラリに残っていない状況を作らなければいけないのと
《吹き荒れる潜在能力》が戦場に出たあとの隙を少しでもなくしたのを考えると《悟りの教示者》でサーチできる《羽ばたき飛行機械》を1枚だけ採用するのが有力です。
ただし《羽ばたき飛行機械》を利用する場合、《厳かなモノリス》や《睡蓮の花びら》の様な
マナ加速アーティファクトを利用できないので注意が必要です。

他の選択肢としては4枚搭載できてライブラリーから同名カードを排除できる《戦隊の鷹》あたりでしょうか
こちらの場合だとコンボの前準備として一度《戦隊の鷹》自体をキャストしないといけないのが難点です。
実際の運用を考えるとなかなか難しそうですが、もしかしたらこれ以外にも面白い活用法があるかもしれません。

また今の段階では使いにくくても単体で『対コンボ』『対コントロール』に対しては嫌らしいカードですし
今後登場するカード次第では化ける可能性も秘めています。覚えていて損はないカードでしょう


■縞痕のヴァロルズ  (1)(B)(G)
伝説のクリーチャー - トロール・戦士

あなたの墓地にある各クリーチャー・カードは、それぞれ活用を持つ。
活用コストは、それ自身のマナコストに等しい。

他のクリーチャーを1体生け贄に捧げる:縞痕のヴァロルズを再生する。

2/2



ドラゴンの迷路で各ギルドに設定された迷路走者の1人です
サイズ自体は平凡ですが、自分の墓地のクリーチャーを活用することができます。

ここで注目したいのはその活用コストが各クリーチャーのマナコストである点。

レガシーのカードプールには《ファイレクシアン・ドレッドノート》や《死の影》の様な
極端なマナレシオを持つクリーチャーがありこれらと組み合わせることで
1マナで二桁の+1/+1カウンターを、しかも《縞痕のヴァロルズ》本体だけではなく
『自軍の好きな生物に乗せられる異常なパンプアッパー』として利用できます。

《ファイレクシアン・ドレッドノート》と《死の影》はどちらも運用が独特になるので
両方入れるのは難しいですが《タルモゴイフ》を活用するだけでもそれなりにパンプアップが可能です

《もみ消し》と《ファイレクシアン・ドレッドノート》を採用するデッキならば自然と
《秘密を掘り下げる者》や《墓忍び》が入ってくるので活用の対象先に困ることもないでしょう。

文量が多くなってしまったので今回はここまでです。
2から4の項目は次回お話しすることになります、皆さんのよいレガシーライフを願って。



ぐーん/記者ブログ
スポンサーサイト
タグ : ぐーん
カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://mtgkmc.blog.fc2.com/tb.php/40-2d9f1ae8

Blog

KMCITポイントレース

○ ポイントレースについて

SEED Takisaka Toru

19 Sekimoto Tatsuo
18 Banba Taiki
15 Iwasaki Kouichi
15 Morisima Ryouta
15 Yanagisawa Yuuta
14 Adachi Ryosuke
12 Fukudome Yuu
12 Inamura Sachio
12 Kodaira Syouta
12 Mizuguchi Kiyoshi
12 Sawase Kouichi
12 Tanaka Mikito
12 Yomura Syuuta
【更に見る】

コミュニティ戦ランキング

57 足立と4人の保護者達
56 柳澤流殴打
49 黄鶏屋 Ama's
48 京都イエサブ
39 水口清志ファン倶楽部
24 Ku'z
23 グリセルシュート
18 ビデオインアメリカ福知山店
17 アノアめんばーず
16 にじいろくじら
12 KMC
10 SMC
10 柳澤流暴行
8 柳澤流幽霊部員

TOP8DeckList

MOVIE

コラム

○ メンタルマジック戦略考察New!
○ 他の人たちにはない可能性New!
○ 8th KMC Invitational 特設ページ
○ 7th KMC Invitational 特設ページ

【過去の記事を読む】

WPN主催店舗について

KMCが運営するイベントは、一部の例外を除き、BIGMAGICなんば店にて主催されております。

twitter

リンク

コラムニスト一覧
検索フォーム
最新コメント
カウンター
管理用

Appendix