KMC Schedule
127th KMC
7月5日(Sun)
受付:13:30
開始:14:00
参加費:1000円
フォーマット:Legacy
定員:100名
会場:福島区民センター
最寄り駅:地下鉄千日前線「野田阪神駅」徒歩7分

[[今後の予定を更に見る]]

関西レガシーカレンダー(間違っていても責任は負いません。)
第126回KMC決勝戦動画

KMCIT7th 準優勝 Niwa Hotaka vs Omonishi Koujirou

KMCIT7th 準優勝 Niwa Hotaka(URg Control) vs Omonishi Koujirou(Esper Stoneblade)

KMCIT7th_01.jpg

集った19人の猛者たちも4人まで絞り込まれた。残ったのはOmonishi、Morishima、Mizuguchi、Niwaの4名。ここまで激戦の連続だったが、4人の表情には歓喜が満ちている。

そして残り2戦、KMCIT7thの王座を目指してそれぞれの戦場へと向かう。
この記事ではその一つ、 Niwa HotakaとOmonishi Koujirouの対戦の様子をお送りする。


KMCIT7th_02.jpg

OmonishiはKMCIT1stの優勝者、これまで何度もKMCITに出場したまごうことなき強者だ。前人未到の2度のKMCIT優勝を目指してここまでやってきた。対するNiwaも負けていない。彼もKMCITに出場した回数はOmonishiに引けをとっていない。彼にとって初の戴冠まで残り2勝。その前に立ちはだかる相手が初代王者なのは運命だろうか?

Game1
7枚の手札をキープした両者。先手はスイスラウンド上位のOmonishiだ。
戦いの口火を切るのはOmonishiの《思案》。3枚見て順番を並び替えてドロー。
後手のNIwaは《沸騰する小湖》を置いてエンドする静かな立ち上がり。

KMCIT7th_03.jpg
(Omonishi Koujirou)

Omonishiは3ターン目に《未練ある魂》で攻める。
Niwaは焦らずエンド前に2枚のフェッチランドを起動して《罰する火》でスピリット・トークンを1体始末する。さらに自分のターンに《真の名の宿敵》をプレイして反撃する。
これに危険を察知したOmonishiは間髪いれず《意志の力》で打ち消す。

Omonishiは前のターンから生き残っているスピリット・トークンの片割れでアタックしてNiwaのライフは17点にする。さらに、第2メインフェイズにOmonishiは2枚目の《未練ある魂》唱えて戦線を拡大する。これで墓地には2枚の《未練ある魂》があり、しばらくOmonishiの戦力は尽きることがなさそうだ。だが、あまりゆっくりもしていられない。何故ならNiwaの墓地には《罰する火》があり、Niwaが《燃え柳の木立》をトップデッキした瞬間に殲滅戦が始まってしまう。

Niwaは2枚目の《罰する火》をターン終了時に唱えてスピリット・トークンを1体減らす。これで、Omonishiの場にスピリット・トークンは2体だけになる。

だが、Omonishiの攻撃の手は緩まない。次のターンには2枚の《未練ある魂》をフラッシュバックさせる。その内1枚はNiwaの《呪文貫き》によって打ち消されるが都合4体の1/1飛行が並ぶ。Omonishiは召喚酔いしていない2体のトークンを攻撃に向かわせNiwaのライフを15点まで削る。

次のターンにNiwaがセットした4枚目の土地は《燃え柳の木立》!
Omonishiは4体のトークンを突撃させるが1体が焼かれ3点ダメージ。しかし、Niwaのライフは12点とまだまだ遠い。時間のなくなったOmonishiは5マナを払い《殴打頭蓋》を戦場に送り込む。ここからは時間との勝負だ。

KMCIT_04.jpg
(Niwa Hotaka)

だが、Niwaの方も苦しい。土地が4枚でストップしてしまったため思うように《罰する火》を回すことができない。それでも次のOmonishiの戦闘フェイズ中に《稲妻》2枚でスピリット・トークン2体を除去し、ついにスピリット・トークンを全滅させる。だが、《殴打頭蓋》のアタックが通ってしまい残りライフ8点。ここまで《殴打頭蓋》の細菌・トークンを除去しようとしなかったNiwaの意図はおそらく《ダグ・フェイデン》による逆転を狙ったものだろう。仮に引けなくとも、5枚目の土地が引き込めれば2枚の《罰する火》によって細菌・トークンを焼くこともできる。追い詰められても冷静に逆転の1手を見据えるNiwa。プレイングは勿論、胆力も凄まじい。

ターンとの勝負のOmonishi。
ライフとの勝負のNiwa。
それぞれにタイムリミットが突きつけられる。

一方、戦闘フェイズを終えたOmonishi。残り8点をどう削るつもりなのか。戦場にクリーチャーが欲しいOmonishiは第2メインフェイズに《瞬唱の魔道士》を唱え、墓地から《思案》をフラッシュバック。さらに《梅澤の十手》を場に出して細菌・トークンに装備してターンエンド。

次のドローでも土地が来ないNiwa。土地を求め《思案》を唱えるがシャッフルからのドローでも土地を引き込むことができない。

Omonishiは《殴打頭蓋》と《梅澤の十手》が装備された細菌・トークンと《瞬唱の魔道士》を突っ込ませるが、《瞬唱の魔道士》は《罰する火》で除去される。だが、細菌・トークンのアタックが通りNiwaのライフは4点に。さらに《梅澤の十手》にカウンターが乗り細菌・トークンは容易に除去されない状態になる。

そしてOmonishiは追撃となる《黄金牙、タシグル》!
これがとどめとなった。

Niwa 0-1 Omonishi


Game2
Game1と同じく両者7枚でキープを決めた。
Niwaの立ち上がりは《渦まく知識》。2ターン目の自分のメインフェイズで唱えるが、なんと土地が1枚も来ない。

その隙に《石鍛冶の神秘家》を通したOmonishiは《殴打頭蓋》をサーチ。

次のターン、Niwaはディスカードするしかない。そして終了ステップ中に《殴打頭蓋》が現れる。

4ターン目にもう一度《石鍛冶の神秘家》を起動するOmonishi。《梅澤の十手》を場に出し細菌・トークンに装備する。これで一気にダメージが加速した。

結局、Niwaはゲームが終了するまで2枚目の土地を引くことができなかった。

Niwa 0-2 Omonishi

Omonishi WIn!
 
スポンサーサイト



カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://mtgkmc.blog.fc2.com/tb.php/400-52f3a314

Blog

KMCITポイントレース

○ ポイントレースについて

SEED Hadara Danpei

8 Hori Masataka
7 Yamanaka Kousuke
6 Doi Satsuki
6 Ishii Takuya
6 Kanbara Hokuto
6 Sekimoto Tatsuo
6 Yamada Mituhiro
5 Hayashibara Kazuki
5 Naoya Kawakami
5 Kodaira Syouta
5 Naota Kagotani
5 Yanagisawa Yuta
【更に見る】

コミュニティ戦ランキング

18 コストオーバー
13 Dread of Knights
12 ちびマルイちゃん
12 MTG With プロゲーマー
12 コダイラが来る Second Season
10 どつきまわしたれ本舗
10 Traiad Primus
9 Stronger Kanbara
8 ヒゲと愉快な仲間たち
6 ヒロイン特撮研究所
6 ノーエムラさべ太郎

TOP8DeckList

MOVIE

コラム

○ Eternal Party2017 カバレージNew!
○ MMM Finals 2017参加レポートNew!
○ 関西のエターナル事情(レガシー&モダン)New!
○ EternalParty2017の事前予約迫る!!賞品も決定!!

【過去の記事を読む】

twitter

WPN主催店舗について

KMCが運営するイベントは、一部の例外を除き、BIGMAGICなんば店にて主催されております。
検索フォーム
最新コメント
カウンター
管理用

Appendix