KMC開催予定
83th KMC
8月27日(日)
受付:13:15
開始:14:00
参加費:1000円
定員:85人
会場:駿河屋 高槻トレカ館
最寄り駅:JR「高槻駅」、阪急「高槻市駅」徒歩5分

【今後の予定を更に見る】


関西レガシーカレンダー(間違っていても責任は負いません。)
82th KMC Final Movie

【デッキ特集】Reanimatorの構築の仕方

皆さん初めまして。
京都のマジックプレイヤー、レガシーを中心に様々なフォーマットで遊んでいるmitsuiと申します。

「Reanimatorの構築の仕方」についてコラムを書かないか?とお誘いがあり
このたび筆を執らせて頂きました。
私は一つのデッキを使い続けるタイプではないのですが
Reanimatorはここ1年くらい結構な頻度で使っており愛着があります。
このデッキについて書く機会を頂けたこと、この場を借りて感謝したいと思います。


レガシーにおけるReanimatorとは…


《納墓》や《入念な研究》によって墓地に大型クリーチャー(ファッティ)を落とし
デッキ名にもなっている《再活性》や《死体発掘》、《動く死体》などにより
正規のマナコストを払うことなくファッティを場に出すというコンボデッキです。



まずは、最近のReanimatorを取り巻く環境について軽くお話しします。

私が初めてReanimatorを手にとった時、デッキで最強の動きは2ターン目に
《核の占い師、ジン=ギタクシアス》を場に出すというものでした。
アヴァシンの帰還の発売後は獄庫から開放された《グリセルブランド》が
デッキ内最強クリーチャーの座を取って代わり、それは今のところ変わっていません。

この頃は同じく凶悪なデーモンクリーチャーを手に入れたSneak Showが流行しており
それに有利となるReanimatorはメタゲーム上でいい位置にありました。
しかし、ラヴニカへの回帰で登場した1マナクリーチャーは世界を変えてしまいました。
本来墓地に触れないはずのメインのゲームにおいて墓地対策の役割もこなす
《死儀礼のシャーマン》によって、Reanimatorにとっては厳しい環境となってしまったのでした。
今回のコラムでは、そんな環境の中でReanimatorが見付けた生き残りへの道についても
触れて行きたいと思います。

では、実際に現在のReanimatorの構築の仕方について見ていきましょう。
以下がサンプルレシピです。

Roon (1st Place)
Legacy MOCS #4965124 on 02/02/2013

60 メインボード
16 土地
2 《島/Island》
1 《湿地の干潟/Marsh Flats》
2 《霧深い雨林/Misty Rainforest》
4 《汚染された三角州/Polluted Delta》
1 《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
1 《沼/Swamp》
4 《Underground Sea》
1 《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》

7 クリーチャー
1 《大修道士、エリシュ・ノーン/Elesh Norn, Grand Cenobite》
4 《グリセルブランド/Griselbrand》
1 《エメリアの盾、イオナ/Iona, Shield of Emeria》
1 《潮吹きの暴君/Tidespout Tyrant》

37 スペル
4 《渦まく知識/Brainstorm》
4 《納墓/Entomb》
4 《Force of Will》
4 《入念な研究/Careful Study》
4 《死体発掘/Exhume》
4 《思案/Ponder》
3 《再活性/Reanimate》
2 《実物提示教育/Show and Tell》
2 《思考囲い/Thoughtseize》
2 《動く死体/Animate Dead》
4 《水蓮の花びら/Lotus Petal》

15 サイドボード
2 《裏切り者の都/City of Traitors》
1 《狼狽の嵐/Flusterstorm》
2 《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》
2 《Karakas》
2 《真髄の針/Pithing Needle》
1 《撤廃/Repeal》
2 《実物提示教育/Show and Tell》
1 《呪文貫き/Spell Pierce》
2 《思考囲い/Thoughtseize》

(引用元) 
http://www.wizards.com/Magic/Digital/MagicOnlineTourn.aspx?x=mtg/digital/magiconline/tourn/4965124

Reanimatorの基本的な戦術とは・・・

『ファッティを墓地に落とす』⇒『ファッティを釣ってくる』と言うツーステップです。

このレシピでも安定して上記の動きをするようになっており
そのためには次のような材料を使ってデッキを構築することになります。

1.ファッティ
2.釣竿
3.ディスカード
4.ドロー
5.妨害
6.マナ
7.隠し味

基本の材料はたったこれだけのシンプルなレシピです。それぞれを詳しく見ていきましょう。

1.ファッティ


《納墓》の存在により、対戦相手に合わせて墓地に落とすファッティを選べる点が
Reanimatorと言うデッキの最大の強みです。
逆に言うと通常クリーチャーが1体場に出た程度では傾かないレガシーのゲームを
最適なクリーチャーを選択することで強引に自分の流れにしていきます。

その為、メタゲームに合わせてクリーチャーを選択することがとても重要です。
枚数としてはメインボード7~8枚+サイドボード0~2枚くらいが一般的と言われています。
ここでポイントとなるのは《Karakas》1枚で負けないように
非伝説のクリーチャーをある程度の枚数採っておく必要があるということで
少なくともメインボードから1枚はある方がよいでしょう。

以下に主な選択肢となるファッティを挙げます。
《納墓》からのサーチを前提としているため、どれも1枚ずつ積むのがよいでしょう(※例外アリ)



■《グリセルブランド/Griselbrand》

いきなり上記の内容と矛盾するようなことを書いてしまいますが
このクリーチャーは現在のReanimatorを支えているといっても過言ではない程の存在で
4枚積みが推奨とされています。
というのも、通常ファッティを墓地に落とす手段は《納墓》以外に
《入念な研究/》を入れることが多いのですが、このカードを上手く使うためには
墓地に落として嬉しいクリーチャーを手札に持っている必要があります。
この事から、デッキを安定して動かすためには何のデッキ相手にも強力に働くクリーチャーが
ある程度の枚数が必要と言うことになります。

《グリセルブランド》はライフを詰めてくる相手にはパワー7の絆魂
コントロールとコンボ相手には無慈悲な7ドロー能力と万能選手である為
その条件にぴったりのカードというわけです。



■《エメリアの盾、イオナ/Iona, Shield of Emeria》

このクリーチャーはコンボデッキ同士のマッチや対BUG系デッキのマッチで活躍します。
例えばANTに対して黒を指定すればデッキの機能がほぼ停止しますし
バウンスを打とうにもハンデスによる前方確認が出来ないので、カウンターし放題となります
対Elvesではもっと残酷で、緑を指定すれば相手は土地を置くことしか出来なくなるでしょう。

対BUGに措いても黒を指定することにより単体除去は勿論のこと
《ヴェールのリリアナ》も止めることが出来るので非常に場持ちが良いです。
能力でゲームを支配した後は、飛行7点クロックで迅速にゲームを終わらせられるのも評価ポイントです。



■《鋼の風のスフィンクス/Sphinx of the Steel Wind》

やたらとテキストが付いていますので、ちょっと確認してみましょう。
“飛行、先制攻撃、警戒、絆魂、プロテクション(赤)(緑)6/6” コンバット最強と書いてありますね
詳しく説明しますと、ただでさえパワー6の先制攻撃は乗り越えられないのに
警戒によって隙きなくアタックも出来てしまい、数で押し込もうとしても
絆魂によってどんどんライフを離されてしまう、という感じになります。

特にRUG Delverに対しては出すと勝てると言っても過言ではないクリーチャーですし
もちろん他のクリーチャーデッキにも効きます。



■《大修道士、エリシュ・ノーン/Elesh Norn, Grand Cenobite》

歩く全体除去であり、ElvesやDredgeに対してはロック状態を生み出すクリーチャーでもあります。
場に出した段階でかならず仕事をするという点が優秀で
厄介なシステムクリーチャーを排除したり、Goblinsなど数が並ぶデッキを壊滅させたり
その仕事は想像以上に多いです。

また、上述のようにクリーチャーベースのコンボを止める働きも重要です。



■《潮吹きの暴君/Tidespout Tyrant》《絶望の天使/Angel of Despair》

Reanimatorは場に出てしまったプレインズウォーカーなど弱点となるパーマネントが意外と多い為
パーマネント対策が出来るクリーチャーがメインボードから1枚はあると心強いです。
その枠となるのが、この2種類のどちらかです。
《潮吹きの暴君》の方が継続的に効果を発揮できる為、汎用性が高い一方
《絶望の天使》は場に出た時のみの効果ですが、《実物提示教育》を使うデッキに対してより強いといえます。



ここからは以前はよく見たものの、最近はあまり出番がないクリーチャー達です。

◆《テラストドン》
少し癖のあるパーマネント対策

◆《魅力的な執政官》
Sneak Showなどのエルドラージ、ビートダウン全般に強い

◆《墨溜まりのリバイアサン》
被覆、青系のコントロールに強い

◆《浄火の大天使》
被覆、Burnに強い

◆《核の占い師、ジン=ギタクシアス》
全般的に強く《グリセルブランド》に対する《根絶》対策として散らす


2.釣竿


釣竿とは墓地からクリーチャー・カードを場に戻すカードのことを指しており
主に使われているのは次の3種類です、それぞれの特徴を簡単に説明します。
デッキに入れる枚数としては複数種類の組み合わせで8枚以上が望ましいでしょう。

■《再活性》

1マナと非常に軽く、《呪文嵌め》や《呪文貫き》の様な
レガシー環境でよく見かけるカウンター呪文に引っ掛かりにくいのが素晴らしいです。
ただし、ライフが残っていないと使う事が出来ないので
2枚目以降を引いてしまうと無駄になってしまいがちですので、そこは絆魂によるライフゲインや
相手のクリーチャーを奪う使い方をするなどしてカバーしましょう。


■《死体発掘/Exhume》

相手の墓地にクリーチャーがいなければデメリットなしの2マナ釣竿として使うことが出来るので
一直線でコンボを決めに行く場合にはほぼデメリットなしとなります。
また、このカードは対象を取らないのでサイド後に想定される相手の墓地対策に強いです。
2種類以上のファッティを落としておけば《外科的摘出》などでコンボを止めることは出来ませんし
《トーモッドの墓所》なども使ってもらった後で《納墓》で改めてファッティを落とすことで
コンボ成立させることが出来ます。


■《動く死体/Animate Dead》

元祖釣竿であるこのカードは大きく分けて2つのデメリットを持ちます。
1つ目はカードに書いている通りパワーがマイナス1下がるという点で
結果的にキルターンに影響を及ぼしてしまうことが多いです。
2つ目は通常のカウンターではないスペルでも実質的にカウンターされてしまうという点です。

例えばメインボードから採用率の高い《突然の衰微》や、《解呪》系のスペル
《もみ消し/Stifle》などが刺さってしまいます。
一方で《狼狽の嵐》が回避できるなどのメリットもあるので、他に劣るというわけではありません。


・・・以上のような特性を考慮しつつ、環境に合わせて選ぶことになります。

3.ディスカード


ここでのディスカードとは相手へのハンデスではなくファッティを墓地に落とす手段のことです
前述の通り《納墓》によるサーチがメインプランになるので、《納墓》は4枚推奨です。

他の手段としては《入念な研究》が入ることが多いですが
《不運な研究者》や《朽ちゆくインプ》など共鳴者も使用出来ます。
また、《思考囲い》の様な対象を取る手札破壊を意図的に自分に対して打ったり
後手7枚キープ時のクリナップ・ステップでディスカードしたりという手段もたまには使います。


4.ドロー


Reanimatorはコンボデッキなので、他のコンボデッキ同様安定してコンボパーツを揃えるために
ドロー操作を使う必要があります
《渦まく知識》や《思案》はこの手のスペルの基本として
デッキ特有のドロースペルとして《入念な研究》が挙げられます。
このカードは普通に使うとディスアドバンテージがあるものの
コンボパーツになりつつドローも進められるということでデッキにピッタリの1枚です。

《思案》に関しては、上記レシピでは4枚採用されていますが
枚数を減らして釣竿自体を多めにするというアプローチも考えられるでしょう。
そうすることで2ターン目コンボ成立のブン回りは増やせるのですが
柔軟性は失われてしまう為、コンセプト次第で使い分けが必要です。


5.妨害


Reanimatorは《ゴブリンの放火砲》デッキほど高速なわけではないので
コンボデッキといえども相手の行動に干渉していく必要があります
《Force of Will》、《思考囲い》といった定番スペルや
上記レシピには入っていませんが《目くらまし》などで相手の行動を妨害しましょう。
もちろん、基本的にはコンボを通すために使うのが強い使い方になります。

また、相手を倒し切る為にはファッティに対する除去も障害となり
序盤に釣竿を使うとマナを全て使いきってしまいがちですので
《暴露》や《誤った指図》と言ったピッチスペルの妨害手段を増やしておくのも良いでしょう。


6.マナ


2マナあれば動くデッキですし、最悪1マナで済むこともあるので土地は少なめでも良いです。
上記レシピでは土地16枚ですが、他の多くのレシピでも17枚前後の枚数が一般的になっています

ほとんどの行動はシングルシンボルで行えますが
ターン中に1マナ行動2回という動きをすることも多いので
手札次第では《Underground Sea》は優先的に場に出したい土地になります。
そのためフェッチランドが8枚+《Underground Sea》が4枚、そして基本土地4枚を主軸とし
マナベースを構築するのが理想的と言えるでしょう。

また、対消滅要員としても使える《Karakas》を足すのもあり得ると思います。


7.隠し味


《死儀礼のシャーマン》環境における現在のレガシー環境でReanimator生き残りへの道
それは、メインデッキから《実物提示教育》を採用することでした。
これにより《死儀礼のシャーマン》を延々構えられリアニメイトが困難な場合でも
悠々とファッティを場に送り出すことが可能になります。

従来のマナベースでは《実物提示教育》の3マナを支払うにはタイト過ぎるため
このレシピでは追加のマナ加速で《水蓮の花びら》が4枚入っています。
その副次効果として、仮に《死儀礼のシャーマン》を出されてしまっても
能力を起動される前のターンに通常のコンボを決めることが出来るようになりました。


まとめると、オススメのカード配分は以下のようになります。

1.ファッティ
《グリセルブランド》4枚+3~4種類各1枚

2.釣竿
《再活性》、《死体発掘》、《動く死体》の中から8枚以上

3.ディスカード
《納墓》4枚+《入念な研究》4枚+α

4.ドロー
《渦まく知識》4枚(+《入念な研究》4枚)+《思案/》数枚

5.妨害
《Force of Will》4枚+《思考囲い》、《目くらまし》などから数枚

6.マナ
土地17枚前後が理想

7.隠し味
無くても良いが、《実物提示教育》を入れる場合なら《水蓮の花びら》も数枚あると良い




メインボードに関してはここまでですが、サイドボードについても軽く説明しておきたいと思います
ほとんどのレガシーのデッキのサイドボードには嗜みとして採用されている墓地対策
つまり墓地を利用して悪さをしようとするデッキへの対策カードが複数枚用意されています。
Reanimatorとしてはサイドボード後のゲームには、これらを意識したカード
つまりは『墓地対策の対策』が必要となります。

また、発想を逆転して墓地とは関係ない勝ち筋《実物提示教育》や
《精神を刻む者ジェイス》などを入れておくのも良いプランと言えるでしょう。
上記のレシピではそれらのハイブリッドの形となっており、マナベースの調整も可能となっています。


以上、簡単ではありますがReanimatorについてお話させて頂きました
何かと弱点は多いデッキですが、使えば使うほどに癖になる楽しさがあるデッキです
もしこの記事を読んで興味が湧いた方がおられましたら、是非手にとってみて頂きたいと思います

それでは、今回の記事はここで筆を置かせてもらいます、読んでくださってありがとうございます。



mitsui/記者ブログ
スポンサーサイト
タグ : mitsui
カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://mtgkmc.blog.fc2.com/tb.php/45-690bb7dc

Blog

KMCITポイントレース

○ ポイントレースについて

SEED 過去のIT優勝者

11 Fukudome Yuu
10 Fujihira Kouhei
10 Ideue Yuuki
8 Kagotani Naota
8 Yamashita Taiki
7 Ishii Takuya
7 Niwa Takahiro
6 Morisima Ryouta
6 Sawase Kouichi
6 Takashima Tatsuya
6 Tamura Shigeyuki
【更に見る】

コミュニティ戦ランキング

37 Adachi and Traitors
24 アンチ柳澤流
21 買取ゴリラPro's
18 濱田興業
15 柳澤流木っ端
13 KMC
13 黒タイタンとボンバーマンを愛する倶楽部
11 熱烈歓迎P者
9 V.I.アメリカ
9 アノアめんばーず2nd Season
2 柳澤流暴行

TOP8DeckList

MOVIE

コラム

○ 10th KMCITを目指せ!New!
○ 9th KMC Invitational 特設ページNew!
○ メンタルマジック戦略考察
○ 他の人たちにはない可能性
○ 8th KMC Invitational 特設ページ

【過去の記事を読む】

WPN主催店舗について

KMCが運営するイベントは、一部の例外を除き、BIGMAGICなんば店にて主催されております。

twitter

リンク

コラムニスト一覧
検索フォーム
最新コメント
カウンター
管理用

Appendix