KMC開催予定
83th KMC
8月27日(日)
受付:13:15
開始:14:00
参加費:1000円
定員:85人
会場:駿河屋 高槻トレカ館
最寄り駅:JR「高槻駅」、阪急「高槻市駅」徒歩5分

【今後の予定を更に見る】


関西レガシーカレンダー(間違っていても責任は負いません。)
82th KMC Final Movie

メタゲームで見るKMC:17th

こんにちは、或いはこんばんは。

「メタゲームで見る17thKMC」にようこそ! 
KMC17thはプレリと被りましたが、なんのその。34名もの方に参加していただき大盛況でした。
3ヶ月連続、6ラウンド楽しめることに嬉しい悲鳴を挙げた方もいるのではないでしょうか?
 
さてさて、今回も振り返りの時期がやって来ました。
もうすぐKMC18thが迫っているとのことなので前回のメタゲームの傾向を見ていきましょう。



【デッキ分布】

17th Known Magician’s Clan

2013.4.28 参加人数34

2エルフ
2BUG続唱
2エスパー石鍛冶
2Zoo
2NicFit
2相殺奇跡

1POX
1ANT
1赤単バーン
1ゴブリン
1ドレッジ
1MUD
1エンチャントレス
1UBリアニメイト
1SneakShow
1白単純鋼
1UGポスト
1親和
1BG感染
1Deadguy Ale
1エスパーテゼレッター
1Rocks
1ドメインZoo
1ジャンド
1カラスローム
14C続唱
1URバーン
1不明




前回とは打って変わって、3人以上が選択したデッキが一つもないという大混戦。
主催者をして「サイドボードが30枚要る」と言わしめたメタは伊達ではありません。
最近は比較的落ち着いたメタゲームが続いていましたが
今回は皆さん思い思いのデッキを使用されている印象を受けました。
 
さて、今回の分布の特徴ですが…混沌の一言に尽きます。
前回以上に増えたコンボデッキの種類、ポストとロームの登場と波乱に満ちています。
 
強いて述べるなら、《石鍛冶の神秘家》を入れているのであろうデッキが4つ以上あるということです。
石鍛冶は依然として人気が高いデッキタイプと言えるでしょう。



【アーキタイプ別分布】

KMC17メタゲーム1


8>ビートダウン
7>ミッドレンジ
7>コンボ
5>コントロール
5>ビートコントロール
1>ランプ
1>不明


 
アーキタイプ別に見ても、混戦の様子が伝わってきます。
ビートダウン、ミッドレンジ、コンボが三大勢力。
その後に、残りのアーキタイプが続く形に成っています。
 
前回、会場の3割を占めていたビートコントロールは大幅に減りました。
特にテンポ系デッキはまさかの1人でした。

16thのビートダウン躍進の結果を受けて使用を控えたのでしょうか?
もしくは前回、前々回と不調気味のコンボデッキは少ないと見て
使用するメリットが低いと考えたのかもしれませんね。
 
メタゲームの観点から言えば、今回の勝者はコンボでしょう。
5割以上のデッキに対して有利が付く上に、苦手とするデッキが非常に少ないからです。
その一方、逆に負け組となってしまったのはビートダウンでした。
前回の覇者は一転、狩られる側に回ってしまいました。



【TOP8解説】

TOP8ですが(http://mtgkmc.blog.fc2.com/blog-entry-38.html)

1位 奇跡コントロール
2位 RUGb続唱
3位 ANT
4位 エスパー石鍛冶
5位 エルフ
6位 エンチャントレス
7位 Jund
8位 奇跡コントロール



コンボが大躍進!!
ベスト8に3人も残っています、今までの鬱憤を晴らすかのような大暴れでした。
しかし、奇跡コントロールや続唱と言った「常連組」には後一歩及びませんでした。
そして石鍛冶のベスト8復帰です。
前回は最多数だったにも関わらず一人も残れませんでしたが、意地のベスト8入りです。

 

【今月の注目デッキ】

4th
Player:Omonishi Kojiro
Deck Name:
Deck Designer:

Main

4《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》
4《石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mystic》

4《渦まく知識/Brainstorm》
4《剣を鍬に/Swords to Plowshares》
4《Force of Will》
3《思考囲い/Thoughtseize》
3《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》
2《思案/Ponder》
2《未練ある魂/Lingering Souls》
2《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》
1《コジレックの審問/Inquisition of Kozilek》
1《対抗呪文/Counterspell》
1《呪文貫き/Spell Pierce》
1《殴打頭蓋/Batterskull》
1《梅澤の十手/Umezawa's Jitte》

4《汚染された三角州/Polluted Delta》
4《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
3《ミシュラの工廠/Mishra's Factory》
3《Tundra》
2《Underground Sea》
1《Scrubland》
1《忍び寄るタール坑/Creeping Tar Pit》
1《Karakas》
2《島/Island》
1《平地/Plains》
1《沼/Swamp》

Side

2《至高の評決/Supreme Verdict》
2《外科的摘出/Surgical Extraction》
2《安らかなる眠り/Rest in Peace》
1《未練ある魂/Lingering Souls》
1《解呪/Disenchant》
1《饗宴と飢餓の剣/Sword of Feast and Famine》
1《呪文貫き/Spell Pierce》
1《否認/Negate》
1《狼狽の嵐/Flusterstorm》
1《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》
1《非業の死/Perish》
1《流刑への道/Path to Exile》


 
今回ご紹介するデッキは4thに進出したエスパー石鍛冶です。
完成度が非常に高いので是非参考にしたいリストです。

土地23枚+《思案》2枚と安定性を意識した構築です。
マナベースのミシュラランドが装備先を確保すると共に、PWに対する耐性を上げています。
また、メインに採用されている《未練ある魂》がコントロールに睨みを効かせています。
 
サイドボードもビートダウンが多いメタを意識し、しっかり全体除去/追加の単体除去が取られ
他にも対戦相手によって使い分けを行えるように
3種類用意された追加のカウンターなど随所に工夫が見られます。
 
ベスト8を見回しても《罰する火》を搭載したデッキが2名
コンボデッキが3名と決して有利な環境ではありません。
しかしながら今回の結果は、構築は勿論、プレイヤーの実力次第で
まだまだ勝てるということではないでしょうか。



【まとめ】
 
さて、今回はビートダウンの隆盛をコンボが粛正した形になりました。
前のメタゲームの裏をかいた人間が勝者となった訳ですが、次回はどうなるのでしょう? 
 
コンボが多い事を踏まえて、前回流行ったハンデス+カウンターのBUGを使う。
あるいは裏をかいてそれに強いビートダウンを使う。
裏の裏でビートに強い奇跡コントロールを使用する。はたまたコンボ? 

一体どれが正解なのでしょうか?気になるメタの推移は是非会場でお確かめ下さい。
 
ポイントレースもいよいよ佳境ですが、まだまだチャンスはあります。
次回KMCは5月26日(日)です。

それではまた次回!



(TTW/記者ブログ
スポンサーサイト
タグ : TTW
カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://mtgkmc.blog.fc2.com/tb.php/46-754d8069

Blog

KMCITポイントレース

○ ポイントレースについて

SEED 過去のIT優勝者

11 Fukudome Yuu
10 Fujihira Kouhei
10 Ideue Yuuki
8 Kagotani Naota
8 Yamashita Taiki
7 Ishii Takuya
7 Niwa Takahiro
6 Morisima Ryouta
6 Sawase Kouichi
6 Takashima Tatsuya
6 Tamura Shigeyuki
【更に見る】

コミュニティ戦ランキング

37 Adachi and Traitors
24 アンチ柳澤流
21 買取ゴリラPro's
18 濱田興業
15 柳澤流木っ端
13 KMC
13 黒タイタンとボンバーマンを愛する倶楽部
11 熱烈歓迎P者
9 V.I.アメリカ
9 アノアめんばーず2nd Season
2 柳澤流暴行

TOP8DeckList

MOVIE

コラム

○ 10th KMCITを目指せ!New!
○ 9th KMC Invitational 特設ページNew!
○ メンタルマジック戦略考察
○ 他の人たちにはない可能性
○ 8th KMC Invitational 特設ページ

【過去の記事を読む】

WPN主催店舗について

KMCが運営するイベントは、一部の例外を除き、BIGMAGICなんば店にて主催されております。

twitter

リンク

コラムニスト一覧
検索フォーム
最新コメント
カウンター
管理用

Appendix