KMC Schedule
96th KMC
6月2日(Sat)
受付:13:30
開始:14:00
参加費:1000円
会場:港区民センター
最寄り駅:地下鉄中央線・JR環状線  弁天町駅 徒歩7分

[[今後の予定を更に見る]]


関西レガシーカレンダー(間違っていても責任は負いません。)
95th KMC Final Movie

「レガシーを始めるきっかけ」ヤマダ ミツヒロインタビュー

「レガシーを始めるきっかけ」ヤマダ ミツヒロインタビュー

インタビュアー:ミズグチ キヨシ

ヤマダ01
(ヤマダ ミツヒロ)

レガシーを始めるきっかけは人それぞれ。昔使っていたカードが使いたくて、周囲に勧められて、イベントを見て興味を持ってなど様々だと思います。今回はなんと「レガシーの競技インベントに参加したくて」という向上心溢れる理由で参入したヤマダ ミツヒロさんをご紹介します。ヤマダさんの驚異的なところはなんといっても少ない参加経験の間に積み上げた実績の数々です。「日本レガシー選手権2017 Spring」で自身レガシー大会2回目にしてベスト4に、さらにその後KMCIT9th併催レガシーで優勝するなど期待の実力派プレイヤーです



--レガシーを始めようと思ったきっかけは何ですか?

ヤマダ:元々スタンとモダンをやっていて、PPTQ(プロツアー予備予選)やグランプリにも参加していました

--確かにヤマダさんは競技プレイヤーのイメージがありますね

ヤマダ:そうですね(笑)競技フォーマットを中心にプレイしています

ヤマダ:で、そんなときにGP千葉2016が開催されてフォーマットが「レガシー!?デッキ持ってない!」ってなって(笑)

ヤマダ:結局、グランプリは参加できなかったのですがレガシーをやりたい気持ちは強く残りました

ヤマダ:それにMMM(マンスリー・モダン・マスターズ *注1)に参加したときに、横でやっているKMCを見ていたのでレガシー自体に興味はありました

ヤマダ:それで思い切って始めてみようと(笑)


--レガシーを始めるきっかけになったカードやデッキはありますか?

ヤマダ:感染(*注2)ですね

ヤマダ:StarCityGamesのTom Ross(*注3)の感染を見て衝撃を受けました

--大量の強化呪文で《貴族の教主》が殴りかかってゲームを決めたり衝撃的でしたね

ヤマダ:ええ(笑)

ヤマダ:(Tom Rossの対戦)動画を見て「レガシーすげー!!」ってなりました!

ヤマダ:やはり強い人のプレイを見ているとやる気が出ますね

ぎらつかせのエルフ激励



--実際にレガシーをやってみてどうでしたか?

ヤマダ:《渦まく知識》が難しいですね。選択肢がいっぱいあります

ヤマダ:あと、試合を振り返ることがたくさんあるフォーマットですね

ヤマダ:スタンやモダンでも「あのときこうしていれば…」っていうのはあるのですがレガシーは特にそれが多いです

ヤマダ:《渦まく知識》1つを取ってもそうですがとにかく選択肢が多いです

--そこが面白いところですよね

ヤマダ:ええ。プレイしがいがあります

ヤマダ02



--普段活動されている地域はどこですか?

ヤマダ:アノアデザインです

--《意志の力》より《グリセルブランド》が多い魔境と聞きますが(笑)

ヤマダ:ええ、概ねその通りです(笑)

ヤマダ:青よりコンボが多いです


--最後に新しくレガシーを始めようと思っている方に向けてメッセージをいただけますか

ヤマダ:初期投資が大変です。自分の場合は思い切ってまとめて買いましたが人それぞれだと思います

--自分にあった集め方をするのが良さそうですね

ヤマダ:はい

ヤマダ:あとはとにかく考えることが多いフォーマットなので楽しいです!


その後ヤマダさんはグリクシスコントロールを使って見事3位に入賞しました。おめでとうございます!

Player Name:Yamada Mituhiro
Deck Name:グリコン(再活性いらないデス)
Deck Designer:

Main
4 《若き紅蓮術士/Young Pyromancer》
3 《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》
3 《グルマグのアンコウ/Gurmag Angler》
4 《渦まく知識/Brainstorm》
4 《思案/Ponder》
4 《ギタクシア派の調査/Gitaxian Probe》
2 《思考掃き/Thought Scour》
4 《陰謀団式療法/Cabal Therapy》
1 《思考囲い/Thoughtseize》
4 《稲妻/Lightning Bolt》
1 《再活性/Reanimate》
2 《コラガンの命令/Kolaghan's Command》
4 《Force of Will》
1 《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》
1 《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》
4 《汚染された三角州/Polluted Delta》
3 《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
2 《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire》
3 《Volcanic Island》
2 《Underground Sea》
1 《Badlands》
2 《島/Island》
1 《沼/Swamp》

Side
2 《血染めの月/Blood Moon》
2 《悪意の大梟/Baleful Strix》
2 《外科的摘出/Surgical Extraction》
2 《紅蓮破/Pyroblast》
2 《悪魔の布告/Diabolic Edict》
1 《侵襲手術/Invasive Surgery》
1 《真髄の針/Pithing Needle》
1 《対抗呪文/Counterspell》
1 《毒の濁流/Toxic Deluge》
1 《嵐の神、ケラノス/Keranos, God of Storms》



注1:MMM(マンスリー・モダン・マスターズ)
BIGMAGICなんば店が主催するモダンの草の根大会。平均70名を集める関西最大級の定期イベント。月に1度KMCと同時開催され会場には合計で150人近くのプレイヤーが集まる

注2:感染
感染とは「ミラディンの傷跡」ブロックでキーワード化された感染を持つカードを中心に構築されたデッキである。感染を持つクリーチャーはダメージを毒カウンターの形で対戦相手に与え、毒カウンターが10個貯まるとプレイヤーは敗北する。マジック・ザ:ギャザリングにおいて毒カウンターを減らす方法は非常に限られており、一度ダメージを受けると回復することはほぼ不可能である。現在は主にモダンやレガシーで活躍している。レガシーではモダンのカードに加え《激励》や《狂暴化》といった軽くて修正値の大きい強化呪文、《意志の力》や《目くらまし》などのピッチカウンターを使うことが出来る

注3:Tom Ross(トム・ロス)
アメリカのマジックプレイヤー。主な戦績はプロツアーホノルル2009ベスト8など。レガシーではグランプリニュージャージー2014で感染を使い準優勝している。StarCityGamesではTom Rossが描かれた毒カウンターが発売されるなど感染デッキの権威である
スポンサーサイト
カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://mtgkmc.blog.fc2.com/tb.php/508-63556e9d

Blog

KMCITポイントレース

○ ポイントレースについて

SEED Sekimoto Tatsuo

14 Banba Taiki
13 Adachi Ryosuke
12 Kagotani Naota
10 Fukudome Yuu
10 Sekimoto Tatsuo
9 Kashiki Tadataka
8 Harada Danpei
8 Higuchi Yuma
8 Hiroi Naoto
8 Okawa Hiroshi
8 Shibata Masataka
8 Tanaka Mikito
8 Yamanaka Kousuke
【更に見る】

コミュニティ戦ランキング

51 Adachi and Traitors
30 西成エルダーズ
29 熱烈歓迎P者【2番セカンド】
28 KAC
23 お布団会 奈良支部
17 V.I.A福知山
5 カドボHopes

TOP8DeckList

MOVIE

コラム

○ Eternal Party2017 カバレージNew!
○ MMM Finals 2017参加レポートNew!
○ 関西のエターナル事情(レガシー&モダン)New!
○ EternalParty2017の事前予約迫る!!賞品も決定!!

【過去の記事を読む】

WPN主催店舗について

KMCが運営するイベントは、一部の例外を除き、BIGMAGICなんば店にて主催されております。

twitter

リンク

コラムニスト一覧
検索フォーム
最新コメント
カウンター
管理用

Appendix