KMC Schedule
127th KMC
7月5日(Sun)
受付:13:30
開始:14:00
参加費:1000円
フォーマット:Legacy
定員:100名
会場:福島区民センター
最寄り駅:地下鉄千日前線「野田阪神駅」徒歩7分

[[今後の予定を更に見る]]

関西レガシーカレンダー(間違っていても責任は負いません。)
第126回KMC決勝戦動画

メタゲームで見るKMC:18th

メタゲームで見るKMC:18thの時期がやって来ました。

今回は参加者がなんと61名!! 草の根大会としては驚くべき快挙ではないでしょうか? 
これだけの方にお集りして頂いたことに主催者も感激している様です。
7回戦が出来る日もそう遠くないかもしれませんね。
勿論、毎回序文に頭を悩ます筆者にとっても話題があることはこの上なく助かります(笑)

さてさて、前回の18thから1週間と少しですが
KMC19thも今週末には開催と駆け足で迫って参りました、ポイントレースもいよいよ最終戦。
しかし、優勝すれば招待試合に参加することも夢ではありません。

それでは今月も前回のメタゲームを振り返っていきましょう。


【デッキ分布】
18th Known Magician’s Clan

参加人数61

6回戦

【デッキ分布】

5>エスパー石鍛冶
5>BUG
4>ZOO(3 ドメイン、1 罰する火)
3>UW奇跡
2>トリコ石鍛冶
2>UW石鍛冶(1 CawGO)
2>トリコ奇跡
2>マーベリック
2>ジャンド(1 蔦ジャンド)
2>ジャンク
2>ゴブリン
2>デスタク
2>ゾンビ
2>バーン
2>マーフォーク
2>POX
2>ANT
2>エンチャントレス
2>SNT(1 青単ドリホ)
1>MUD
1>Post
1>UWトラフト
1>黒コン
1>BG感染
1>バント
1>チームアメリカ
1>Nicfit
1>4Cカスケード
1>5Cオーダーカスケード
1>ドレッジ
1>超起源
2>不明




参加者が増えるほど顕著になる傾向がある石鍛冶の流行。
特に今回はエスパー石鍛冶の使用者が非常に多く、5人ものプレイヤーが選択しました。
レガシー全体を通して非常に有力な選択肢なので納得の選択ですね。
 
またデッキ構成の内容は多岐に渡りますが、BUGを選択したプレイヤーも多く見受けられました。

・《死儀礼のシャーマン》が使える事
・《断片の工作員》で泥沼の展開に強い

等が人気の理由なのでしょうか?
唯一気になる事と言えば、『RUG Delver』の使用者がいないのが気になります。

メタゲーム的に見ても十分選択肢に入りうるデッキタイプにあると思われますが
難しいデッキという事で敬遠されているのでしょうか。
あるいは死儀礼と《突然の衰微》の流行で使用を避けているのかもしれませんね。
最も《秘密を掘り下げる者》を使用したデッキは『ドメイン(5色)Zoo』という意外な結果になりました。


【アーキタイプ別分布】

18thグラフ

16 ビートコントロール
14 ミッドレンジ
12 ビートダウン
8  コンボ
8  コントロール
1  ランプ
2  不明

前回増加したコンボを狙うかの如く、ビートコントロールが増加。
ビートコントロール、ビートダウン、ミッドレンジが7割近くを占め
盤面にリソースを展開するタイプのデッキが人気の様です。
最近じわじわと減っているコントロールはとうとう一割近くまで減衰してきました。

【TOP8解説】
1位 BUG Cascade
2位 5c Cascade
3位 Mono Brown Post
4位 SnT(Dream Halls)
5位 BW Junk
6位 UW Miracle
7位 Jund
8位 Team America

http://mtgkmc.blog.fc2.com/blog-entry-49.html

続唱デッキがワン・ツーフィニッシュ、アドバンテージこそ正義と言わんばかりのメタゲーム。
相手の妨害よりも自分のやりたいことをするデッキが全体的に多く
ここに『Mono Brown Post』が割り込んだのはある種納得の結果でした。
 
ですが《不毛の大地》が使われいないかと言えばそうでもなく
続唱系でないデッキは弱点であるマナベースを攻めるべく、きっちり投入されています。
上位のデッキはこういったところ工夫が見られます。

特筆すべきは《死儀礼のシャーマン》の使用率で、ベスト8で合計16枚使われています。
その強さと人気をうかがえ、今回は緑黒系のデッキが勝者といっても過言でないでしょう。

【今月の注目デッキ】

Player:Taniguchi Ryou
Deck Name:Mono-Brown 12 POST
Deck Designer:Ryo Taniguchi

Main
//Creature
4《真実の解体者、コジレック/Kozilek, Butcher of Truth》
3《引き裂かれし永劫、エムラクール/Emrakul, the Aeons Torn》
1《無限に廻るもの、ウラモグ/Ulamog, the Infinite Gyre》
1《隔離するタイタン/Sundering Titan》

//Spells
4《真髄の針/Pithing Needle》
4《探検の地図/Expedition Map》
2《Candelabra of Tawnos》
2《通電式キー/Voltaic Key》
1《師範の占い独楽/Sensei's Divining Top》
4《厳かなモノリス/Grim Monolith》
3《スランの発電機/Thran Dynamo》
3《からみつく鉄線/Tangle Wire》
2《全ては塵/All Is Dust》
2《解放された者、カーン/Karn Liberated》

//Lands
4《雲上の座/Cloudpost》
4《ヴェズーヴァ/Vesuva》
4《微光地/Glimmerpost》
3《古えの墳墓/Ancient Tomb》
2《魂の洞窟/Cavern of Souls》
2《演劇の舞台/Thespian's Stage》
1《Karakas》
1《ヨーグモスの墳墓、アーボーグ/Urborg, Tomb of Yawgmoth》
1《裏切り者の都/City of Traitors》
1《Maze of Ith》
1《ウギンの目/Eye of Ugin》
1《The Tabernacle at Pendrell Vale》



続唱システムでもなく《精神を刻む者ジェイス》でもなく
しかし、それらと互角以上のアドバンテージ勝負で渡り合えるデッキ。

それが『POST:ポスト』です。

フル投入された神座を利用し圧倒的な量のマナを生み出し
レガシーではあり得ないマナ域のスペルのハードキャストを目指し、相手を圧殺するデッキです。
汎用性のある追加の各種土地である《演劇の舞台/Thespian's Stage》と
各種1枚差しの伝説の土地に制作者の調整が感じられますね。
他のデッキにはない興味深いアプローチで勝ち上がったデッキです。


【まとめ】
優勝デッキは毎回変わっても、上位組に食い込み続ける「常連」がいます。
すなわち『続唱』と『奇跡コントロール』です。
どちらのデッキもデッキパワーとしては申し分なく
また現在のレガシーの試合において陥りやすい「泥沼の展開」に強いデッキです。
両者ともアドバンテージ獲得の方法が多彩で、長期戦も戦い抜ける対応力が魅力のデッキです。
続唱デッキはカードパワーで、奇跡デッキはシステムによるアドバンテージの最適化と
アプローチは異なりますが、共通するのはどちらも「泥仕合上等!」を掲げていることです。
 
ですから、構築の段階で『中〜長期戦に強いカード』を用意しておくことが
これらのデッキを攻略する鍵になるのかもしれません。

ややこしいからコンボで踏みつぶす?それもありかもしれません。
ハンデス系の妨害を仕掛けてくるデッキが多いので《神聖の力線》とか良いかもしれないですね。


ポイントレースもいよいよ最終戦。最後に笑うのは貴方かも知れません・・・



(TTW/記者ブログ
スポンサーサイト



タグ : TTW
カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://mtgkmc.blog.fc2.com/tb.php/54-d770fb9c

Blog

KMCITポイントレース

○ ポイントレースについて

SEED Hadara Danpei

8 Hori Masataka
7 Yamanaka Kousuke
6 Doi Satsuki
6 Ishii Takuya
6 Kanbara Hokuto
6 Sekimoto Tatsuo
6 Yamada Mituhiro
5 Hayashibara Kazuki
5 Naoya Kawakami
5 Kodaira Syouta
5 Naota Kagotani
5 Yanagisawa Yuta
【更に見る】

コミュニティ戦ランキング

18 コストオーバー
13 Dread of Knights
12 ちびマルイちゃん
12 MTG With プロゲーマー
12 コダイラが来る Second Season
10 どつきまわしたれ本舗
10 Traiad Primus
9 Stronger Kanbara
8 ヒゲと愉快な仲間たち
6 ヒロイン特撮研究所
6 ノーエムラさべ太郎

TOP8DeckList

MOVIE

コラム

○ Eternal Party2017 カバレージNew!
○ MMM Finals 2017参加レポートNew!
○ 関西のエターナル事情(レガシー&モダン)New!
○ EternalParty2017の事前予約迫る!!賞品も決定!!

【過去の記事を読む】

twitter

WPN主催店舗について

KMCが運営するイベントは、一部の例外を除き、BIGMAGICなんば店にて主催されております。
検索フォーム
最新コメント
カウンター
管理用

Appendix