KMC Schedule
84th KMC
9月23日(Sat)
受付:13:15
開始:14:00
参加費:1000円
会場:港区民センター
最寄り駅:地下鉄中央線、JR環状線「弁天町」下車 徒歩7分

[[今後の予定を更に見る]]


関西レガシーカレンダー(間違っていても責任は負いません。)
83th KMC Final Movie

【コラム】第三話 ワイ将、大会を立ち上げる

なお、会場までの道のりはロンダルキア並に難解だったもよう


やあ、みんな。元気だったかな?

前回までは日本におけるレガシーの前身とも言える2chdの誕生と
それに伴うコミュニティの成長について話してきた。
読者の中には「レガシー今昔物語なのにレガシーの話が無いじゃないか!」と
憤った方もあるかも知れないがどうか安心して欲しい
今回からはいよいよレガシーの誕生と、それに伴うエピソードを話していく事になる。


さて、コミュニティも安定し、メンバーも半ば固定化されてくると
どうしても遊びそのものに飽きてくるものだ。
2chdもその例外ではなく、定期的に集まりはするものの、既に2chdと言う名目は形骸化しており
遊び方としての2chdは倦怠期に突入していた。

そんな時に新しいフォーマットが発表されたのだから、私たちが飛びつかないはずがない。
レガシーの誕生は多くのプレイヤーが注目する所だったが
それは新たな遊び方への期待だけではなく、「本当に遊べるのだろうか?」と言う不安でもあった。

当時のMTGは俗にスタンダード絶対主義と呼ばれるような状態で
スタンダード以外の遊び方でプレイする人は現在と比べて遙かに少なかった。
勿論フォーマット自体は存在していた。

エクステンデッド、クラシック、クラシック・リストラクテッドは
現在に置き換えるとモダン、ヴィンテージ、レガシーのような位置づけだったが
それらを遊ぼうとするプレイヤーは私に知る限りにおいては殆ど皆無と言っても差し支えないレベルだった。

カードの価値もスタンダードが全ての基準となっており3000円を超える様なトップレアが
スタンダード落ちと同時にワンコインまで値下がりするのもごくありふれた光景だった。

例えば《汚染された三角州/Polluted Delta》は当時700円も出せば入手する事が出来た
デュアルランドが使える環境におけるフェッチランドの強さは今と変わらないが
それでも「ワンコインじゃないから高い」と買い渋っていたのだ。

そんな状態だったので、そもそも大会自体開かれるのだろうか?と言う点に
プレイヤーの関心が集まったのは自然な流れだったろう。

新しいフォーマットだから誰かに大会を開いて欲しい。しかし自分が開くことで赤字を出したくは無い。
そんな二律背反の思いを誰しもが抱いてた中、当時帰国直後だったすずけんさんが動いた。
すずけんさんは当時から古参主催者と呼ばれており
つい先日まで国内の認定ジャッジを束ねる立場だった程MTGと深く関わりのある人なのだが
そんな彼の開いたMTG Today Cupこそが私の知る限りにおいて国内初のレガシー大会だった。

ふたを開けてみれば参加者50人超の大盛況。
当初の不安は何処吹く風の大盛り上がりだったと記憶している。
2chdメンバーも多数参加しており、是非とも定期開催して欲しいと言う要望が相次いだ。
そう言った声に応え、第二回MTG Today Cupが開催されるも第三回が開催される事は無かった。
人気が無くなった訳では無く、単純にすずけんさんが多忙になり
主催者としての時間を取ることが出来なくなったからだった。

この流れを止めるのは勿体ない。だれかすずけんさんに続く人間はいないのか?
そう言った声はネット上に溢れていたし、2chdメンバーの意見も同様だった。
そんな中、事態は意外な方向へと進む。

当時はまだメッセンジャーや、スカイプの様なSNSが今ほど充実しておらず
ウェブサイトを通してのチャットも普通に使われていた。

2chdメンバーもメンバー同士の専用チャットサイトを用意して
そこでは毎日くだらない会話が繰り広げられていた。
余談ではあるがそこのチャットの管理人は「よみ」「おおさか」と言う2人だった。
当時高校生だった彼らと連絡を取り合わなくなってもう8年近くにもなるが
彼らはいまでもあずまんが大王を愛しているのだろうか・・・。

ある日、いつも通りメンバーで会話をしていると、レガシーの話題になった。
誰か大会を開かないかねえ・・・と言う流れになった時、
私がふざけて「じゃあワイ将がやったろか?www」と書き込んだ、勿論本心ではない。
大会主催なんて面倒な上に実りの少ない損な役回りを引き受けるつもりなんて毛頭無かったし、
その場のノリで適当に発言しただけだった。

しかし、その発言を投げた直後にアラジンさんが入室してきたのが不味かった。

アラジンさんは千葉でCDCと言う大会を主催しており
まだ私がスタンダードプレイヤーだった頃はよく遊びに行っていたのだ。
そしてアラジンさんには大きな借りがあった。


その昔、Lord of Magic Championshipと言う大会があった。
LMCを主催するみやけんさんがプロデュースしたもので
関東圏の各大会で優勝したプレイヤー達を一堂に集め
『関東最強を決めようじゃないか!!』と言うものだった。
年に一度のお祭り的イベントで、どの大会も自分の大会から覇者を作りだそうと躍起になっていた。

私とAPはCDC代表としてLOM出場権を所持していたのだが
なんと当日2人ともLOMをサボってしまったのだwwwwwwwwwwwwww
その時の事は今でも記憶に残っている。


起床

すでに時刻はギリギリ

俺「デッキ出来てないしなぁ。ダルいしサボるかwww」

チャット入る

AP「おいすーwww」

俺「ちょwwwお前もLOMサボったのかwww」

AP「せやなwwwwだるいwwww」

俺「だよなーwwwwwwww」



暫く後にLOMのカバレッジがアップされ始め、その中の記事の一つに
『各主催者が選ぶ優勝候補は!?』と言うものがあった。
内容としては各主催者達が『コイツこそは!!』と
自信を持ってプッシュ出来るプレイヤーを挙げていくと言うもので
そこでアラジンさんはそこでハッキリと・・・

「CDCとしてはネタ蒔きさんとAPさんの2人に期待しています!」

と発言していたのだった。

俺、AP「・・・・」

俺「こ、これアカンやつやないか?wwww」

AP「どーみてもアカンやつやwwwwwwww」




その夜


俺「まぁ過ぎたことだししゃーないよなwwww」

AP「せやせやwwwLOMがナンボのもんじゃwww」

・アラジンさんが入室しました・

アラジンさん「やぁ^^」

俺「ぎゃああああああああああああああああああああ」

AP「ひぃぃぃぃぃぃぃ おたすけえええええええええ」





・・・・



このような経緯からアラジンさんにはノーと言えない状態だったのだが
入室するなりそれまでのログを見たアラジンさんが一言
「おー、ネタ蒔き主催やるんだ。すげえじゃん。がんばれよ!」



この時ほど自分のサボり癖を恨んだことも無いだろう。


かくして私は不本意にも大会を主催する事になってしまった。
しかしやるからには損したくない、ちゃんと黒字経営をしたいと思ったので引き受ける条件として
「記念大会などでわざと赤字にするのでない限り、二度赤字を出したらそこで辞める」

と言う事を宣言した。

これは心底本心だったが、打算が無かった訳では無い。
賞品は参加者数に応じて出せば良いので、赤字になるためには
スタッフの給料と会場費との合計が徴収した参加費を上回らなければ良いだけの話だ。
計算した所、損益分岐点は8名であり、当時の2chdコミュニティの半分が来てくれれば
それだけで黒字運営が出来るのだった。
しかし実際に主催業務をやってみると、赤字云々よりも手続きと事務作業の繁雑さが面倒だった。

当時は大会の申請・報告を書類で行う必要があり
大会終了後はその大会の全ペアリングと結果をイチイチ記入し
次回大会申請希望用紙と一緒に郵便で送ると言う手間が必要だった。
WERでポチポチすればそれだけで終了する現在の申請方法と比べればまさに月とスッポンだろう。

そんな面倒臭い業務に耐え、赤字の心配もしながら迎えた記念すべき第一回AMCは
予想に反して14名ものプレイヤーが集まる普通の大会になった。
今なら14人の大会など1人で十分回す事が可能だが
当時は主催するのも初めてなら、ジャッジをするのも二度目と言うド素人だったことも有り
色々とヒドい運営をしていたなぁ・・・と思うが
参加者の協力に助けられ何とか1日を乗り切ることが出来た。
*ちなみにこの時サイドボードに禁止カードである《噴出/Gush》を入れていたプレイヤーがいて
彼に対してあやうくDQを出そうとしてしまったのは良い思い出である。
なおそのプレイヤーの名はニコラ・プジョール。
ニコちゃんの愛称で知られるフランス人プレイヤーで、最近はタレントとして活躍中だ。




なんとか打ち上げ代程度の黒字は達成し、以後AMCは月1回のペースで開催されるようになる。
第2回の時には現エタフェス主催者であるツゴも参加するようになるが
会場までの道のりにケチをつけたのもこのツゴであったのは秘密である。

今にして思えば時流もあったのだろう。
AMCは少しずつではあるが参加者増加の一途を辿り、それに応じて収益も増していった。
と言っても打ち上げの時に追加で1品頼めるかどうかと言った程度ではあるが
右肩上がりを続けると言うのは気持ちの良いものだ。

AMCは気づけば一周年を迎え、参加者は安定して20人を超えるようになった。
会場の定員数は32名であり、そう遠くない未来には移転しなければならないのは
誰の目からも明らかだったのだが、しかし自宅付近には他に同様の施設がなく
公民館の利用は原則的にその地区の住人でなければいけないため
他の地区の公民館を使うのも難しい、どうしたものか。

そんな時、悩んでいた私を救ったのは、意外な人物だった。

果たしてその人物とは?そしてAMCのその後とは?

次回はその辺りをお話したいと思います。


それではまた次回をお楽しみに!!



(`・ω・´)ノシ



・・・・え?
肝心のメタゲームや主要なデッキの紹介はどうしたって?

そんなんMTGwiki見れば一発やん(´・ω・`)
タルモもジェイスもエムラもグリセルもむかつきも無い牧歌的な世界だったよ。


つづく



(ネタ蒔き時/記者ブログ
スポンサーサイト
タグ : ネタ蒔き時
カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://mtgkmc.blog.fc2.com/tb.php/58-c5227dd9

Blog

KMCITポイントレース

○ ポイントレースについて

SEED 過去のIT優勝者

12 Fukudome Yuu
11 Ideue Yuuki
10 Fujihira Kouhei
9 Kagotani Naota
9 Yamashita Taiki
9 Ishii Takuya
9 Okawa Hiroshi
8 Niwa Takahiro
8 Banba Taiki
8 Mizuguchi Kiyoshi
【更に見る】

コミュニティ戦ランキング

41 Adachi and Traitors
30 アンチ柳澤流
28 買取ゴリラPro's
22 濱田興業
21 柳澤流木っ端
21 熱烈歓迎P者
16 KMC
15 黒タイタンとボンバーマンを愛する倶楽部
13 アノアめんばーず2nd Season
12 V.I.アメリカ
2 柳澤流暴行

TOP8DeckList

MOVIE

コラム

○ 10th KMCITを目指せ!New!
○ 9th KMC Invitational 特設ページNew!
○ メンタルマジック戦略考察
○ 他の人たちにはない可能性
○ 8th KMC Invitational 特設ページ

【過去の記事を読む】

WPN主催店舗について

KMCが運営するイベントは、一部の例外を除き、BIGMAGICなんば店にて主催されております。

twitter

リンク

コラムニスト一覧
検索フォーム
最新コメント
カウンター
管理用

Appendix