KMC Schedule
127th KMC
7月5日(Sun)
受付:13:30
開始:14:00
参加費:1000円
フォーマット:Legacy
定員:100名
会場:福島区民センター
最寄り駅:地下鉄千日前線「野田阪神駅」徒歩7分

[[今後の予定を更に見る]]

関西レガシーカレンダー(間違っていても責任は負いません。)
第126回KMC決勝戦動画

13th KMC Invitational プレイヤー紹介 Yamano Nobuteru

13th KMC Invitational プレイヤー紹介 Yamano Nobuteru

By Miyamoto Yohei

KMCIT13th_Yamano Nobuteru01
(デザイナー:Doi Satsuki)

 過ぐる5月、マジック:ザ・ギャザリングを題材にした青春漫画『すべての人類を破壊する。それらは再生できない。』のコミックスが発売された。
 季刊誌のコロコロアニキでは昨年から『切札勝舞はマジック・ザ・ギャザリングを使いつづける』が連載され、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』や同『エンドゲーム』を手がけたルッソ兄弟がアニメシリーズの制作を発表したりと、何やらマジックのメディア展開に大きな波が来ている気がする。喜ばしい限りだ。
『すべそれ』1巻の作中時間は『エクソダス』が発売された98年6月。《発展の代価/Price of Progress》や《裏切り者の都/City of Traitors》など、お世話になっているプレイヤーも多いはずだ。
 97年には作中でも語られる名作映画『メン・イン・ブラック』や『スターシップ・トゥルーパーズ』がアメリカで公開され、『エクソダス』を率いるブロックの一番手『テンペスト』が世に出た。《水蓮の花びら/Lotus Petal》や《古えの墳墓/Ancient Tomb》がお馴染みだろう。96年にはレガシーの顔ともいえる《意志の力/Force of Will》を収録した『アライアンス』、《ライオンの瞳のダイアモンド/Lion's Eye Diamond》を擁する『ミラージュ』が界隈を賑わせた。
 そしてもうひとつ。1996年。この年、マジックは新たな歴史的分岐点を迎えることになる。
 ご存知、ヤマノ・ノブテルの誕生である。

 性格は至極謙虚――というより、いささか程度が過ぎて卑屈になっているきらいがある。SNSのHNなど、以前は『キモ之助』だとか『キモ太郎』といった、さも「私はキモい人間です」とアピールする名前を名乗っていた。誰かに斬られる前に自ら切腹しておくスタイルなのだろうが、そこまで自称して自傷するほど彼はキモくない。
 ヤマノと相対したプレイヤーならご理解いただけるはずだ。プレイは丁寧で、宣言も「《石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mystic》を起動します」とはっきりしていて分かりやすい。盤面が敗色濃厚になろうと腐ることなく、紳士的な面が崩れることもない。極まれに、そういった盤面をまくり返す際、宣言が雑n――シンプルになったうえにドヤ顔をキメてくるのはしゃらくせェ事この上ないが、まあ、概ね品行方正なプレイヤーである。
 ちなみに、執筆時点で彼のHNは以前とは異なっている。といっても、別に名前からキモさが消えたわけではない。『キモキモ山のキモの助』だ。いつの間にか3倍になっていた。ラノエルか。
 どういったシステムで名前にキモさが増していくのかは不明だが、年1ぐらいの頻度で増えている気がする。節分の豆だろうか。スナック感覚でどんどんキモくなるのは如何なものかと思う。

ラノワールの部族

 これほど酷い自称をするのも、偏に彼の自信のなさの現れだと考えている。実力はあるものの、ヤマノは未だかつて大型タイトルを手にしたことがない。記憶に新しい大会では2018年のEternal Party。優勝には及ばず、Top8に収まっている。
 他人に誇れるタイトルを勝ち取ったなら、きっと「この『キモ』は『キング・オブ・モンスター』の略なんスよww」ぐらいの事を言ってくれるはずだ。ヤマノが愛好する『Death&Taxes』はキレイなチャンねーとキレイなチャンばーと『スターシップ・トゥルーパーズ』に出てきそうなワシャワシャした奴が幅を利かせるデッキで(ハゲたおっさんもいるがハゲたおっさんは大抵どのデッキにもいる。ノーカンだ)『モンスター』と呼ぶに相応しいクリーチャーは存在しない。が、以前「アシュラマンなの?」と思うほど器用に装備品を担いだ細菌にどつかれた事がある。あれはまさしく『モンスター』だった。

 彼が『キング・オブ・モンスター・ヤマノ』を名乗るようになるか、それともまたひとつキモくなってしまうのか。13th KMCITから目が離せそうにない。
スポンサーサイト



カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://mtgkmc.blog.fc2.com/tb.php/672-1c66ef99

Blog

KMCITポイントレース

○ ポイントレースについて

SEED Hadara Danpei

8 Hori Masataka
7 Yamanaka Kousuke
6 Doi Satsuki
6 Ishii Takuya
6 Kanbara Hokuto
6 Sekimoto Tatsuo
6 Yamada Mituhiro
5 Hayashibara Kazuki
5 Naoya Kawakami
5 Kodaira Syouta
5 Naota Kagotani
5 Yanagisawa Yuta
【更に見る】

コミュニティ戦ランキング

18 コストオーバー
13 Dread of Knights
12 ちびマルイちゃん
12 MTG With プロゲーマー
12 コダイラが来る Second Season
10 どつきまわしたれ本舗
10 Traiad Primus
9 Stronger Kanbara
8 ヒゲと愉快な仲間たち
6 ヒロイン特撮研究所
6 ノーエムラさべ太郎

TOP8DeckList

MOVIE

コラム

○ Eternal Party2017 カバレージNew!
○ MMM Finals 2017参加レポートNew!
○ 関西のエターナル事情(レガシー&モダン)New!
○ EternalParty2017の事前予約迫る!!賞品も決定!!

【過去の記事を読む】

twitter

WPN主催店舗について

KMCが運営するイベントは、一部の例外を除き、BIGMAGICなんば店にて主催されております。
検索フォーム
最新コメント
カウンター
管理用

Appendix