KMC Schedule
127th KMC
7月5日(Sun)
受付:13:30
開始:14:00
参加費:1000円
フォーマット:Legacy
定員:100名
会場:福島区民センター
最寄り駅:地下鉄千日前線「野田阪神駅」徒歩7分

[[今後の予定を更に見る]]

関西レガシーカレンダー(間違っていても責任は負いません。)
第126回KMC決勝戦動画

【デッキ紹介】忍者

皆さんこんにちは!
レガシーを楽しんでいますか?
せれでございます。

モダンホライゾンが発売され、その名の通りモダンの環境が激変しましたが、レガシーにも新しい風がもたらされました。
《虹色の眺望/Prismatic Vista》で2色デッキのマナ基盤が更に安定したことや、《レンと六番/Wrenn and Six》によりRUGデルバーも復権しました。その他、様々なデッキに影響を与えたわけですが、その恩恵を強く受けたデッキの一つ、「忍者」デッキを今回ご紹介させていただきます。


(前回の紹介記事)
【デッキ紹介】人間(http://mtgkmc.blog.fc2.com/blog-entry-606.html)



Yuriko_20190717012727195.jpg

NINJAデッキは昔からあるアーキタイプの一つですが、《虎の影、百合子/Yuriko, the Tiger's Shadow》の登場で一度着目を浴びました。
とりあえず、見た目が美しい。

しかし実際には、55枚が通常のカードで、3枚が《虎の影、百合子/Yuriko, the Tiger's Shadow》。そして2枚の《深き刻の忍者/Ninja of the Deep Hours》が採用されるだけのNINJAデッキと呼ぶには少々物足りないものでした。
ですが、モダンホライゾンは、世にNINJAの名を轟かせるほどに強力な刃たちをもたらしてくれました!


リストをご覧ください。

NINJA.png

NINJAデッキは、1ターン目にタネとなるクリーチャーを出し、2ターン目に忍術を起動し、NINJAを出します。そうしてアドバンテージを稼いでいき、勝ちに繋げていくというのが基本動作となります。

今までは《深き刻の忍者/Ninja of the Deep Hours》が採用されていた為、一度着地した後、《深き刻の忍者/Ninja of the Deep Hours》の能力を再度誘発させる為には、どうしても《深き刻の忍者/Ninja of the Deep Hours》のアタックをプレイヤーに通す必要がありました。地を這うNINJAのアタックを通すのは中々に至難の業でした。

深き刻の忍者

ですが、《巧妙な潜入者/Ingenious Infiltrator》と《変わり身ののけ者/Changeling Outcast》の登場で、闇の世界は一変したのです!


巧妙な潜入者 変わり身ののけ者

《巧妙な潜入者/Ingenious Infiltrator》の能力は《虎の影、百合子/Yuriko, the Tiger's Shadow》と同様にNINJAがアタックするだけでよいというもので、《巧妙な潜入者/Ingenious Infiltrator》自身は立っているだけで能力が誘発します。
そこに現れる《変わり身ののけ者/Changeling Outcast》は多相持ちのブロックされないクリーチャー。ブロックされないNINJA!
忍術でNINJAを出したあとは、《変わり身ののけ者/Changeling Outcast》で殴るだけでアドバンテージを稼ぎ続けることが出来るようになりました。
もし、場に《虎の影、百合子/Yuriko, the Tiger's Shadow》と《巧妙な潜入者/Ingenious Infiltrator》がいたら!《変わり身ののけ者/Changeling Outcast》1体で殴るだけで相手は天誅されることになるのです。
また、このリストでは《呪文づまりのスプライト/Spellstutter Sprite》が採用されています。多相持ちの《変わり身ののけ者/Changeling Outcast》は、フェアリーとしてもカウントされるのです。

Spellstutter_20190717012012c94.jpg


《フェアリーの予見者/Faerie Seer》もとても素晴らしいカードで、1ターン目に出せる飛行を持ったクリーチャーで、2ターン目に忍術を起動させてくれるだけに留まらず、フェアリーであるため《呪文づまりのスプライト/Spellstutter Sprite》との相性もよく、CIP能力に占術2まで有していて《虎の影、百合子/Yuriko, the Tiger's Shadow》との相性も抜群です。

フェアリーの予見者


このリストでは青いデッキでありながら《渦まく知識/Brainstorm》を採用していません。それは《フェアリーの予見者/Faerie Seer》という強力すぎるカードによって3枚引いて2枚戻すだけのカードにデッキの4枚の枠を割くのも、青1マナを払うのも馬鹿らしいからなのです。

こんなにも美しいシナジーが形成されるNINJAデッキですが、忍術という起動型能力は非常にマナ食い虫です。常に土地はフルタップで、2マナが立っていたとしてもそれは《呪文づまりのスプライト/Spellstutter Sprite》の為の2マナです。「ドロー。土地だけ置いてエンド。」などという奇跡のような心のゆとりを持たせてはくれません。
そのため、それを補う形でピッチスペルが多数採用されています。ピッチスペルを撃つためにはディスアドバンテージを強いられるわけですが、そこはNINJAの能力でいくらでも取り返すことが出来るのでピッチスペルを強力に行使することが出来ます。
また、ピッチスペルは、点数で見たマナコストが大きく、《虎の影、百合子/Yuriko, the Tiger's Shadow》の能力を最大限に引き出すことが出来ます。

ただでさえNINJAというだけでカッコいいのに、この美しい動きを一度見てしまったら魅了されること間違いなしです!

しかし、そんなNINJAデッキにも弱点はあります。
まず、流行りの《レンと六番/Wrenn and Six》でタネクリーチャーを焼かれ続けるととても辛いです。
《最後の望み、リリアナ/Liliana, the Last Hope》に関しては、致命的です。プラス能力は凶悪で、タネクリーチャーを焼かれ続けるだけに留まらず、NINJA自体も戦闘ダメージを与えられません。NINJA達の打点は低く、なおかつ、NINJAの能力の誘発はプレイヤーにアタックしないといけない為、能力を誘発させながらPWを倒すことが出来ません。
《レンと六番/Wrenn and Six》はサイドから《水流破/Hydroblast》を採用出来るのでまだよいですが、《最後の望み、リリアナ/Liliana, the Last Hope》は《真髄の針/Pithing Needle》でしか対処できず、この1枚が場に出てしまうとほぼ負けが確定してしまいます。
また、《Maze of Ith》も苦手で、《Maze of Ith》を採用しているデッキを相手にしている時は1体しか殴れない状況が多い中、それを《Maze of Ith》でアタックしなかったことにされる為、じわじわと負けに繋がっていくことになります。

レンと六番 最後の望み、リリアナ Maze of Ith


しかし、NINJAデッキは一度回り始めると4枚ドローも日常茶飯事で、《不毛の大地/Wasteland》はそれこそスペルとして運用出来ますし、ピッチスペルを躊躇なく撃てるのは爽快です!
カッコよくて楽しいNINJAデッキ。是非皆さんも試してみてください!

それでは、またの機会に!

ドロン!
スポンサーサイト



カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://mtgkmc.blog.fc2.com/tb.php/698-dc163c95

Blog

KMCITポイントレース

○ ポイントレースについて

SEED Hadara Danpei

8 Hori Masataka
7 Yamanaka Kousuke
6 Doi Satsuki
6 Ishii Takuya
6 Kanbara Hokuto
6 Sekimoto Tatsuo
6 Yamada Mituhiro
5 Hayashibara Kazuki
5 Naoya Kawakami
5 Kodaira Syouta
5 Naota Kagotani
5 Yanagisawa Yuta
【更に見る】

コミュニティ戦ランキング

18 コストオーバー
13 Dread of Knights
12 ちびマルイちゃん
12 MTG With プロゲーマー
12 コダイラが来る Second Season
10 どつきまわしたれ本舗
10 Traiad Primus
9 Stronger Kanbara
8 ヒゲと愉快な仲間たち
6 ヒロイン特撮研究所
6 ノーエムラさべ太郎

TOP8DeckList

MOVIE

コラム

○ Eternal Party2017 カバレージNew!
○ MMM Finals 2017参加レポートNew!
○ 関西のエターナル事情(レガシー&モダン)New!
○ EternalParty2017の事前予約迫る!!賞品も決定!!

【過去の記事を読む】

twitter

WPN主催店舗について

KMCが運営するイベントは、一部の例外を除き、BIGMAGICなんば店にて主催されております。
検索フォーム
最新コメント
カウンター
管理用

Appendix