KMC Schedule
86th KMC
11月3日(Fri-Holiday)
受付:13:15
開始:14:00
参加費:1000円
会場:中央会館
最寄り駅:地下鉄堺筋線・長堀鶴見緑地線「長堀橋」下車 徒歩6分

[[今後の予定を更に見る]]


関西レガシーカレンダー(間違っていても責任は負いません。)
84th KMC Final Movie

【第4回KMCデッキ紹介】~KMCインビテーショナル:優勝DECK~

こんにちは。Domeです。

はじめにデッキ紹介の記事掲載が遅れたことをお詫び申し上げます。
インビテーショナルのカバレージ等と一緒に掲載できればよかったのですが
間に合わせることができませんでした、今後はいち早くデッキ紹介ができるよう努めてまいります。



さて、先日KMCポイント上位者による関西最強のレガシープレイヤー決定戦?こと
KMCインビテーショナル・トーナメントが行われました。

参加者は全員KMC常連ということで、使用デッキが事前にばれているという異質な環境ではありましたが
裏をかいたシークレットデッキを持ちこむようなこともなく、皆さん使い慣れた
お気に入りのデッキで臨んでいたように思います。
参加者全員のデッキリストは公開されていますので気になる方はぜひご覧ください。

KMCITデッキリスト

さて、前置きはここまで、いよいよインビテーショナルを優勝した、関西最強のデッキを紹介します。
前回まで、レガシーは「死儀礼デッキ」と「非死儀礼デッキ」が交互に勝つメタゲームだと繰り返し述べてきましたが
今回優勝したのは、前回に引き続き「非死儀礼」デッキでした。
しかし、立ち位置は死儀礼デッキに近い中速デッキで、石鍛冶の神秘家を軸に据えた、Esper Stonebladeでした。

Player Name:Omonishi Koujirou

//Lands
4《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
4《汚染された三角州/Polluted Delta》
3《ミシュラの工廠/Mishra's Factory》
1《忍び寄るタール坑/Creeping Tar Pit》
3《Tundra》
2《Underground Sea》
1《Scrubland》
2《島/Island》
1《平地/Plains》
1《沼/Swamp》
1《Karakas》

//Creature
4《石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mystic》
4《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》
1《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》

//Spells
4《渦まく知識/Brainstorm》
4《剣を鍬に/Swords to Plowshares》
4《Force of Will》
3《思考囲い/Thoughtseize》
1《コジレックの審問/Inquisition of Kozilek》
1《思案/Ponder》
1《対抗呪文/Counterspell》
1《呪文貫き/Spell Pierce》
2《未練ある魂/Lingering Souls》
1《殴打頭蓋/Batterskull》
1《梅澤の十手/Umezawa's Jitte》
2《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》
3《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》

■Sideboard
2《至高の評決/Supreme Verdict》
2《エーテル宣誓会の法学者/Ethersworn Canonist》
2《安らかなる眠り/Rest in Peace》
1《呪文貫き/Spell Pierce》
1《狼狽の嵐/Flusterstorm》
1《否認/Negate》
1《解呪/Disenchant》
1《流刑への道/Path to Exile》
1《未練ある魂/Lingering Souls》
1《外科的摘出/Surgical Extraction》
1《思考囲い/Thoughtseize》
1《饗宴と飢餓の剣/Sword of Feast and Famine》




優勝したオモニシさんはひたすら石鍛冶デッキを使いこんでいる方で、常にKMC上位に食い込んでいます。
1マナ手札破壊と、お馴染みの《剣を鍬に》を使って効率よくリソース交換を挑み
《瞬唱の魔道士》と《精神を刻む者ジェイス》のアドバンテージによって
リソース交換をさらに繰り返して相手を押しつぶします。

ハンデスをすり抜けた非クリーチャーカードは《仕組まれた爆薬》で落とせますし
PWならば《未練ある魂》と4枚のマンランドで倒すことが出来ます。

miren1543069847_1.jpg

manland.jpg

《突然の衰微》より軽い除去を持ち、衰微できない《殴打頭蓋》
《ヴェールのリリアナ》をはじめとするPWに強いクロックのおかげで
BUGに特に強く全体的に中速以下の闘いで非常に強く構築されていますね。

また、手札破壊連打と定番の《Force of Will》のお陰でコンボデッキにもある程度干渉できるので
多くのマッチアップに対して五分以上に渡り合えるオールラウンダーなデッキだといえます。

サイドボードは数少ない苦手なデッキである、『RUGデルバー』を意識した、《至高の評決》と《安らかな眠り》

VDCT 1

ストームデッキとエルフデルフを意識した《エーテル宣誓会の法学者》が2枚ずつ採られており
インビテーショナルのメタ上で厳しいところはしっかり対策しています。

e-teru5466736_1.jpg

残りのサイドは大量の1枚差しは、多目的なカードばかりで、サイドボードの柔軟性向上が図られていますね。
メインデッキが全方位的なので相手に合わせて足りない部分を補強する形になっていますが
追加の除去よりも追加のカウンターや手札破壊が多いので、コントロールとコンボを特に意識している感じです。


オモニシさんはインビテーショナルをID挟んで2-0を5回で駆け抜けて優勝しました。
それ以前のKMCでも優勝も含めて、かなりの回数の上位入賞を果たしており
エスパー石鍛冶が現在のレガシー環境で優位に立っていることを証明しています。

果たしてエスパー石鍛冶が他の非死儀礼デッキから抜け出して、第3極として環境に定着するのでしょうか?
その答えが分かる次回KMCが待ち遠しいですね!!




(dome/記者ブログ
スポンサーサイト
カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://mtgkmc.blog.fc2.com/tb.php/73-f2b99afa

Blog

KMCITポイントレース

○ ポイントレースについて

SEED 過去のIT優勝者

15 Fukudome Yuu
12 Banba Taiki
12 Fujihira Kouhei
12 Ideue Yuuki
12 Ishii Takuya
12 Kagotani Naota
11 Okawa Hiroshi
10 Higuchi Yuma
10 Kodaira Syouta
10 Nishikawa Tatsuya
10 Niwa Takahiro
10 Sakamoto Taiga
10 Sawase Kouichi
10 Yamashita Taiki
9 Mizuguchi Kiyoshi
8 Hori Masataka
8 Morisima Ryouta
【更に見る】

コミュニティ戦ランキング

52 Adachi and Traitors
40 アンチ柳澤流
37 熱烈歓迎P者
36 買取ゴリラPro's
30 濱田興業
27 柳澤流木っ端
23 V.I.アメリカ
20 黒タイタンとボンバーマンを愛する倶楽部
17 アノアめんばーず2nd Season
16 KMC
3 柳澤流暴行

TOP8DeckList

MOVIE

コラム

○ 10th KMCITを目指せ!New!
○ 9th KMC Invitational 特設ページNew!
○ メンタルマジック戦略考察
○ 他の人たちにはない可能性
○ 8th KMC Invitational 特設ページ

【過去の記事を読む】

WPN主催店舗について

KMCが運営するイベントは、一部の例外を除き、BIGMAGICなんば店にて主催されております。

twitter

リンク

コラムニスト一覧
検索フォーム
最新コメント
カウンター
管理用

Appendix