KMC開催予定
83th KMC
8月27日(日)
受付:13:15
開始:14:00
参加費:1000円
定員:85人
会場:駿河屋 高槻トレカ館
最寄り駅:JR「高槻駅」、阪急「高槻市駅」徒歩5分

【今後の予定を更に見る】


関西レガシーカレンダー(間違っていても責任は負いません。)
82th KMC Final Movie

【コラム】第五話「レガシー選手権悲喜交々」

皆さんこんにちは、ネタ蒔き時です。
前回までは自分が主催していたAMCの成り立ちを振り返ることで、日本のレガシー環境の変遷を見てきましたが
今回からはプレイヤーとしての視点でレガシー環境を振り返って見ましょう。



私にとって最も重要なイベントといえば、他でもない『第一回日本レガシー選手権』です。
日本で最初に開催されたこの大会で優勝したことこそが、私のプレイヤーとしての最高潮だったと言えるでしょう。



当時、私は《Counter Top Goyf(CTG)》と呼ばれるデッキを使用していました。

CTG1.jpg
Border_3.jpg

相殺/Counterbalance》と《師範の占い独楽/Sensei's Divining Top》によるハーフロックでゲームを支配し
タルモゴイフ/Tarmogoyf》で速やかに殴りきる事を目的としたデッキです。


現在では相殺ロックと言えば《青白ミラクル》が代表的ですが、
当時はまだ《石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mystic》も《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》も
存在しておらず、どっしり構えてコントロールしきることは難しかったため
タルモゴイフ/Tarmogoyf》によってさっさと殴り勝つプランが一般的でしたね。


現在でもレガシー環境を代表するクリーチャーの一角である《タルモゴイフ/Tarmogoyf》ですが
当時は今以上に絶対的な存在でした。
聖遺の騎士/Knight of the Reliquary》が登場するまでの間、レガシーにおいて《タルモゴイフ/Tarmogoyf》は
2マナ域最大」ではなく「全マナ域最大」のクリーチャーであり
すべてのデッキは《タルモゴイフ/Tarmogoyf》を使うか、無視するかに分類されていました。

【CTG】はこのタルモゴイフ絶対王政の時代に誕生したデッキで、タルモゴイフが最強であり、
その最強のタルモを相殺独楽で除去から守れば勝利が約束されると言うロジックで構築されていました。


しかし、時代が進むにつれ、タルモゴイフ王朝にも陰りが見えてきます。
ZOOは《聖遺の騎士/Knight of the Reliquary》と《クァーサルの群れ魔道士/Qasali Pridemage》によって

レリカリ猫魔
タルモゴイフの壁を突破する手段を手に入れ、ローウィンの登場で劇的に強化されたマーフォークは島渡りによってタルモゴイフを無視してくるようになりました、そしてCTGは次第にその輝きを失っていきます。



第一回レガシー選手権は、丁度そんな環境で開催されました。
王者【CTG】を克服した【ZOO』、【マーフォーク】に加え
CTGが衰退したことで息を吹き返した【ANT】の三つがトップメタであろうと言われていました。

そんな中で私はあくまで【CTG】で戦いたいと考えており
どうすればCTGを復権させられるかを模索する中で見つけたのが《炎渦竜巻/Firespout》でした。
炎渦竜巻_ora1

横に展開するデッキである【ZOO】【マーフォーク】の両方に効果覿面で
1枚で完全に盤面を掌握する事が可能になりました。
同じ横展開デッキである【ゴブリン】に対しても効果が高かったのもよかったですね。

当時、【CTG】と言えばクロックパーミッションに分類されており
リセットが飛んでくる事が相手に予想出来なかったと言うのも《炎渦竜巻/Firespout》の強さを押し上げていました。



そうして出来たデッキがこちらです。

Border_2.jpg
20//Lands
4《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
4《汚染された三角州/Polluted Delta》
4《Tropical Island》
4《Tundra》
2《Volcanic Island》
2《島/Island》

10//Creature
4《タルモゴイフ/Tarmogoyf》
4《ロウクスの戦修道士/Rhox War Monk》
2《三角エイの捕食者/Trygon Predator》

30//Spells
4《Force of Will》
4《目くらまし/Daze》
4《相殺/Counterbalance》
4《師範の占い独楽/Sensei's Divining Top》
4《渦まく知識/Brainstorm》
3《思案/Ponder》
4《剣を鍬に/Swords to Plowshares》
3《炎渦竜巻/Firespout》


-Sideboard-
3《ガドック・ティーグ/Gaddock Teeg》
3《クローサの掌握/Krosan Grip》
3《水流破/Hydroblast》
2《トーモッドの墓所/Tormod's Crypt》
2《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》
2《大祖始の遺産/Relic of Progenitus》

Border_1.jpg


一般的な【CTG】と比較して、若干クリーチャーの枚数を増量する事で
炎渦竜巻/Firespout》を引かなくてもある程度盤面を支えられるようになっています。
クリーチャーは自分の竜巻で死なないものが選ばれており
特に《ロウクスの戦修道士/Rhox War Monk》はその固さと絆魂の強さとが相まって
タルモゴイフ/Tarmogoyf》以上の活躍をする事も多かったですね。

ロウクストライゴン

三角エイの捕食者/Trygon Predator》は《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》との二択でしたが
タフネスが高くブロッカーとして期待できる事と《霊気の薬瓶/AEther Vial》や
虚空の杯/Chalice of the Void》を見る頻度が今よりも高かったために採用しました。


またスペルに関しても、最近の相殺デッキとはだいぶ異なる構成になっています。
目くらまし/Daze》が入っていたり、また《思案/Ponder》が採用された上で土地が切り詰められているのも
クロックパーミッションとしての面影を強く残していると言えるでしょう。


サイドボードに関しては当時としてはかなり丸い構成でした。
ガドック・ティーグ/Gaddock Teeg》はANTに刺さるだけでなく
当時のコントロール筆頭でありCTGの天敵だった【青白ランドスティル】に対して効果覿面のカードです。
水流破/Hydroblast》は先手1ターン目の《ゴブリンの従僕/Goblin Lackey》に間に合うだけでなく
当時は地雷デッキとして一定の人気を確立していた【ドラゴンストンピィ】に対して効果的なカードでした。
墓地対策が散らされているのは《真髄の針/Pithing Needle》対策ですね。


当時はまだ《外科的摘出/Surgical Extraction》が無かったため、墓地対策対策と言えば針と言った感じでした。
クローサの掌握/Krosan Grip》《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》は追加のユーティリティカードです。

ぐりっぷばくやく

CTGのミラーマッチ戦は《師範の占い独楽/Sensei's Divining Top》を通した方が絶対的有利になるため
師範の占い独楽/Sensei's Divining Top》を割れる《クローサの掌握/Krosan Grip》は重宝しました。



そして満を持して当日を迎えます。
蓋を開けてみれば、三大メタとは何だったのか・・・と言うような多彩なデッキが存在しており
私も【青白対立】のような予想外のローグデッキに当たり苦戦を強いられましたが
何とか5-0-2の無敗でトップ8に駒を進めることが出来ました。

準々決勝のゴブリン、準決勝のZOOを《炎渦竜巻/Firespout》の力で退け、いよいよ残すは決勝戦です。
決勝戦はビデオが残っているので詳しい内容はそちらをご覧下さい。

■Game1 http://www.youtube.com/watch?v=dWi9adtDaMA
■Game2 http://www.youtube.com/watch?v=wae-5yNoavo
■Game3 http://www.youtube.com/watch?v=BRl77xjvxJU



初めての大舞台だったので、置かなくても良い《大祖始の遺産/Relic of Progenitus》を置いてしまうミスなんかもありましたが
(そして、そのせいでGame3で切らなくて良い《Force of Will》を切らざるを得なくなってしまった訳ですがw)
最後の最後で《クローサの掌握/Krosan Grip》をトップデックした時は震えましたね。


こうして私は初代レガシー選手権覇者の称号を得ました。
あれから早四年、レガシーのプレイ人口は当時とは比較にならないほど増え
プレイヤースキルの面でもデッキ戦術の面でも大きな進歩を遂げました。
日本レガシー選手権も定番化し、今月末のGP北九州では今年の日本レガシー選手権が開催されるそうです。



もう一度あの舞台に立ちたくないか、と聞かれる事があります。
勿論立ちたくないと言えば嘘になるでしょう、あわよくば・・・と言う気持ちが全く無い訳ではありません。
しかし、現役で頑張っている諸氏と自分とを見比べるに、それは余りにも都合の良い夢物語でありますし
現役復帰して彼らに追いつくだけの努力をするのも難しいでしょう。
老兵は老兵らしく、現役勢の活躍を静かに見守るのが良いのかもしれませんね。





さて、しっとりと話を締めて置いてナンですが、そろそろ書くネタが尽きて参りましたw
横浜レガシー準優勝や、レガシー選手権ベスト8の話もしたい所なのですが
さすがに記憶が飛びすぎてて厳しいものがあったりしますw
そこで!話のネタを皆さんから広く募集したいと思います。


「ネタ蒔きにあの話題を語って欲しい!」と思っているそこのあなた!!どうか人助けだと思ってコメントして下さい!


それではまた来月(`・ω・´)ノシ






・・・・え?話題ぐらい自分で用意出来ないのかって?


・・・・でもそうすると八割方グルメと旅行の話になっちゃうよ(´・ω・`)?



つづく



(ネタ蒔き時/記者ブログ
スポンサーサイト
タグ : ネタ蒔き時
カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://mtgkmc.blog.fc2.com/tb.php/83-b9219700

Blog

KMCITポイントレース

○ ポイントレースについて

SEED 過去のIT優勝者

11 Fukudome Yuu
10 Fujihira Kouhei
10 Ideue Yuuki
8 Kagotani Naota
8 Yamashita Taiki
7 Ishii Takuya
7 Niwa Takahiro
6 Morisima Ryouta
6 Sawase Kouichi
6 Takashima Tatsuya
6 Tamura Shigeyuki
【更に見る】

コミュニティ戦ランキング

37 Adachi and Traitors
24 アンチ柳澤流
21 買取ゴリラPro's
18 濱田興業
15 柳澤流木っ端
13 KMC
13 黒タイタンとボンバーマンを愛する倶楽部
11 熱烈歓迎P者
9 V.I.アメリカ
9 アノアめんばーず2nd Season
2 柳澤流暴行

TOP8DeckList

MOVIE

コラム

○ 10th KMCITを目指せ!New!
○ 9th KMC Invitational 特設ページNew!
○ メンタルマジック戦略考察
○ 他の人たちにはない可能性
○ 8th KMC Invitational 特設ページ

【過去の記事を読む】

WPN主催店舗について

KMCが運営するイベントは、一部の例外を除き、BIGMAGICなんば店にて主催されております。

twitter

リンク

コラムニスト一覧
検索フォーム
最新コメント
カウンター
管理用

Appendix