KMC Schedule
127th KMC
7月5日(Sun)
受付:13:30
開始:14:00
参加費:1000円
フォーマット:Legacy
定員:100名
会場:福島区民センター
最寄り駅:地下鉄千日前線「野田阪神駅」徒歩7分

[[今後の予定を更に見る]]

関西レガシーカレンダー(間違っていても責任は負いません。)
第126回KMC決勝戦動画

【第6回KMCデッキ紹介】 ~第21回KMC優勝・BUG Control~

こんにちは。Domeです。
今回は第21回デッキの優勝デッキ紹介を紹介します。

第21回KMCは参加者65名、スイスラウンド7回戦の大所帯で開催されました。
参加者からは驚きと同時に、レガシーをたくさんプレイできる嬉しい悲鳴のようなものが聞こえましたね。
僕もそんな大きな大会で優勝したデッキの紹介記事を書く機会をもらえて嬉しく思います。



前置きはさておき、スイス7回戦を全勝で駆け抜けたデッキを紹介します。
今回優勝したのはBUGカラーの、しかし珍しく断片無き工作員を採用していないコントロールデッキでした。
このデッキを駆ったのはリアニメイターの記事と、Omni-TellデッキでのKMC優勝で知られるヤブウチさんでした!


Border_2.jpg

Player Name:Yabuuchi Michitarou
Deck Name:No Still
Deck Designer:mitsui

/Lands
4《汚染された三角州/Polluted Delta
2《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs
2《霧深い雨林/Misty Rainforest
3《ミシュラの工廠/Mishra's Factory
4《不毛の大地/Wasteland
3《Underground Sea
2《Tropical Island
1《Bayou
1《忍び寄るタール坑/Creeping Tar Pit
1《島/Island
1《沼/Swamp

/Creature
4《死儀礼のシャーマン/Deathrite Shaman
2《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage
2《悪意の大梟/Baleful Strix
1《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique

/Spells
4《渦まく知識/Brainstorm
4《Force of Will
2《呪文嵌め/Spell Snare
1《呪文貫き/Spell Pierce
1《対抗呪文/Counterspell
2《壌土からの生命/Life from the Loam
4《突然の衰微/Abrupt Decay
4《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor
2《ヴェールのリリアナ/Liliana of the Veil
2《破滅的な行為/Pernicious Deed
1《見栄え損ない/Disfigure


■Sideboard
3《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique
2《悪意の大梟/Baleful Strix
2《外科的摘出/Surgical Extraction
2《強迫/Duress
1《ゴルガリの魔除け/Golgari Charm
1《見栄え損ない/Disfigure
1《狼狽の嵐/Flusterstorm
1《クローサの掌握/Krosan Grip
1《ヴェールのリリアナ/Liliana of the Veil
1《虚無の呪文爆弾/Nihil Spellbomb


Border_1.jpg


久しぶりの《死儀礼のシャーマン/Deathrite Shaman》デッキの優勝です。
一般的な死儀礼デッキはそのマナ能力から手札破壊や続唱やPWを連打してアドバンテージを獲得するのですが
このデッキは少し異なるアプローチをとっています。

打ち消しと除去を繰り返し、2種類のアドバンテージの採れるCIPクリーチャー
瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》と《悪意の大梟/Baleful Strix》を駆使して

SCM_fukuro.jpg

場の均衡を維持しつつ、相手が攻めてくれば《破滅的な行為/Pernicious Deed》で一掃し
                                    
                                       ディード
待てば《壌土からの生命/Life from the Loam》で《不毛の大地/Wasteland》連打と

fumou_Loam.jpg

御馴染み2種PWで盤面を固定する、という戦略をとっています。

jace_Liliana.jpg


過去に同じBUGカラーで似たようなデッキとして過去に【Deed Still】と呼ばれるデッキがありました。
ロームとPW、そして除去と打ち消しの繰り返し戦略は一緒ですが
アドバンテージ源としてマンランドと相性の良い《行き詰まり/Standstill》を使っていました。
しかし《行き詰まり/Standstill》は中々張るタイミングが難しく
またよりお手軽?に3枚引ける《断片無き工作員/Shardless Agent》+《祖先の幻視/Ancestral Vision》の
コンボもあり【Deed Still】は消えて行きました。

Vison_Agent.jpg

ヤブウチさんの今回のデッキは《行き詰まり/Standstill》の部分をCIPクリーチャーに置換することで
アドバンテージ量こそ減りますが、【Deed Still】と同じ戦略を実現しています。
デッキ名の【No Still】も《行き詰まり/Standstill》を抜いただけで、同じ系譜のデッキであることを主張していますね。


壌土からの生命/Life from the Loam》による《不毛の大地/Wasteland》の連打は環境的に非常に強力です。

     fumou_Loam.jpg

死儀礼をあてに多色化したデッキは勿論のこと、《死儀礼のシャーマン/Deathrite Shaman》を採用していなくても
【エスパー石鍛冶】や【RUG Delver】のような3色デッキもデュアルランドを並べます。
それらのデッキは継続的に《不毛の大地/Wasteland》をぶつけると
いずれ相手は行動不能に陥るので、後はゆっくりコントロールしきることが出来ます。


不毛の大地/Wasteland》を起動する余裕がなかったり、デュアルランドが出ていなかったりしても
壌土からの生命/Life from the Loam》で回収した土地は《渦まく知識/Brainstorm》や
ヴェールのリリアナ/Liliana of the Veil》の+能力へ当てることが出来るので
無駄になることはありませんし、フィニッシャーであるマンランドを回収する役割も担っています。

死儀礼が跋扈する環境なので予備として2枚目の《壌土からの生命/Life from the Loam》を用意してある辺り
この戦略への比重の大きさが伺えます。



ボードリセット手段として採用されている《破滅的な行為/Pernicious Deed》は、現在では珍しいカードですね。
同じBGカラーの《突然の衰微/Abrupt Decay》があまりにも汎用性が高すぎるため
その陰に隠れてしまった感がありますが、依然として強力な除去のようです。

先置き出来るので相手に展開を躊躇させて、PWや《壌土からの生命/Life from the Loam》等を
動かす時間を獲得したり、奇跡デッキの《相殺/Counterbalance》と天使トークンを牽制したりと
単なるリセットとは思えない働きもします。



ただ、PWには全く触ることが出来ないのが弱点なので、それを補う各種マンランドや
ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》と組み合わされているのは納得の構成です。
気になる自分のクリーチャーとのアンチシナジー面はクリーチャーの能力で穴埋めすることで無視しているようです。
死儀礼のシャーマン/Deathrite Shaman》は《破滅的な行為/Pernicious Deed》の設置を助けますし
他のクリーチャーはCIP能力でチャラになっています。

また、この様にデッキがボードコントロールに重視した構成になっている分
場をほとんど無視するコンボデッキに対して不利になってしまいますが
サイドには《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》含めて、手札破壊6枚と墓地対策3枚と
狼狽の嵐/Flusterstorm》が追加されクロックパーミッション風に立ち回ることで
苦手なコンボデッキの耐性を上げ、対抗しています。



優勝したヤブウチさんは以前からこのデッキを調整していたそうで、
ローム+不毛やディードの組み合わせの強さにたどり着いているのは流石です。
リアニメイターの考察記事と言い、ヤブウチさんのデッキ調整、構築には毎度感嘆させられますね。


今回で彼はKMC2勝目、はたして3勝目なるのか?! 
次回以降のKMCではBUG Control「No Still」に要注意です。




(dome/記者ブログ
スポンサーサイト



タグ : Dome
カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://mtgkmc.blog.fc2.com/tb.php/85-831b3428

Blog

KMCITポイントレース

○ ポイントレースについて

SEED Hadara Danpei

8 Hori Masataka
7 Yamanaka Kousuke
6 Doi Satsuki
6 Ishii Takuya
6 Kanbara Hokuto
6 Sekimoto Tatsuo
6 Yamada Mituhiro
5 Hayashibara Kazuki
5 Naoya Kawakami
5 Kodaira Syouta
5 Naota Kagotani
5 Yanagisawa Yuta
【更に見る】

コミュニティ戦ランキング

18 コストオーバー
13 Dread of Knights
12 ちびマルイちゃん
12 MTG With プロゲーマー
12 コダイラが来る Second Season
10 どつきまわしたれ本舗
10 Traiad Primus
9 Stronger Kanbara
8 ヒゲと愉快な仲間たち
6 ヒロイン特撮研究所
6 ノーエムラさべ太郎

TOP8DeckList

MOVIE

コラム

○ Eternal Party2017 カバレージNew!
○ MMM Finals 2017参加レポートNew!
○ 関西のエターナル事情(レガシー&モダン)New!
○ EternalParty2017の事前予約迫る!!賞品も決定!!

【過去の記事を読む】

twitter

WPN主催店舗について

KMCが運営するイベントは、一部の例外を除き、BIGMAGICなんば店にて主催されております。
検索フォーム
最新コメント
カウンター
管理用

Appendix