KMC Schedule
117th KMC
10月14日(Mon-Holiday)
受付:13:30
開始:14:00
参加費:1000円(高校生以下半額)
フォーマット:Legacy
定員:100名
会場:都島区民センター
最寄り駅:長堀鶴見緑地線「京橋」駅より徒歩10分

[[今後の予定を更に見る]]

関西レガシーカレンダー(間違っていても責任は負いません。)
114th KMC Final Movie

114th KMC Top8 Deck List

114th KMC
2019.8.11
125 Players
7 Swiss Draw

114th KMC Top8 DeckList

1st Place
Player Name:Kubota Kei
Deck Name:上振れスニーク
Deck Designer:さべ


Main
4 《グリセルブランド/Griselbrand》
3 《引き裂かれし永劫、エムラクール/Emrakul, the Aeons Torn》
1 《猿人の指導霊/Simian Spirit Guide》
4 《渦まく知識/Brainstorm》
4 《思案/Ponder》
3 《定業/Preordain》
2 《呪文貫き/Spell Pierce》
2 《狼狽の嵐/Flusterstorm》
4 《Force of Will》
4 《実物提示教育/Show and Tell》
4 《騙し討ち/Sneak Attack》
2 《全知/Omniscience》
4 《水蓮の花びら/Lotus Petal》
4 《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
2 《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
1 《汚染された三角州/Polluted Delta》
3 《古えの墳墓/Ancient Tomb》
2 《裏切り者の都/City of Traitors》
3 《Volcanic Island》
1 《Tropical Island》
2 《島/Island》
1 《山/Mountain》

Side
2 《墓掘りの檻/Grafdigger's Cage》
2 《防御の光網/Defense Grid》
2 《血染めの月/Blood Moon》
2 《夏の帳/Veil of Summer》
1 《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》
1 《紅蓮地獄/Pyroclasm》
1 《赤霊破/Red Elemental Blast》
1 《削剥/Abrade》
1 《残響する真実/Echoing Truth》
1 《秘儀の職工/Arcane Artisan》
1 《反逆の先導者、チャンドラ/Chandra, Torch of Defiance》


2nd Place
Player Name:Kanbara Hokuto
Deck Name:Daze リアニメイト
Deck Designer:


Main
4 《グリセルブランド/Griselbrand》
1 《狂気の種父/Sire of Insanity》
1 《核の占い師、ジン=ギタクシアス/Jin-Gitaxias, Core Augur》
1 《墓所のタイタン/Grave Titan》
1 《灰燼の乗り手/Ashen Rider》
1 《破滅を囁くもの/Doom Whisperer》
1 《別館の大長/Chancellor of the Annex》
4 《納墓/Entomb》
4 《暗黒の儀式/Dark Ritual》
4 《再活性/Reanimate》
4 《思考囲い/Thoughtseize》
4 《信仰無き物あさり/Faithless Looting》
4 《死体発掘/Exhume》
4 《動く死体/Animate Dead》
4 《暴露/Unmask》
4 《水蓮の花びら/Lotus Petal》
4 《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire》
4 《汚染された三角州/Polluted Delta》
3 《Badlands》
1 《Underground Sea》
2 《沼/Swamp》

Side
4 《実物提示教育/Show and Tell》
2 《要塞の計略/Stronghold Gambit》
2 《コジレックの審問/Inquisition of Kozilek》
1 《島/Island》
1 《目くらまし/Daze》
1 《フェアリーの忌み者/Faerie Macabre》
1 《朽ちゆくレギサウルス/Rotting Regisaur》
1 《テラストドン/Terastodon》
1 《棺の追放/Coffin Purge》
1 《鋼の風のスフィンクス/Sphinx of the Steel Wind》


3rd Place
Player Name:Yamada Mitsuhiro
Deck Name:4Cデルバー with Mox Diamond
Deck Designer:さうすぽー


Main
4 《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets》
4 《タルモゴイフ/Tarmogoyf》
2 《グルマグのアンコウ/Gurmag Angler》
4 《渦まく知識/Brainstorm》
4 《思案/Ponder》
4 《目くらまし/Daze》
4 《Force of Will》
3 《稲妻/Lightning Bolt》
2 《思考囲い/Thoughtseize》
2 《呪文貫き/Spell Pierce》
2 《突然の衰微/Abrupt Decay》
2 《モックス・ダイアモンド/Mox Diamond》
3 《レンと六番/Wrenn and Six》
4 《不毛の大地/Wasteland》
1 《焦熱島嶼域/Fiery Islet》
4 《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
4 《汚染された三角州/Polluted Delta》
3 《Tropical Island》
2 《Volcanic Island》
1 《Underground Sea》
1 《Badlands》

Side
2 《水没/Submerge》
2 《外科的摘出/Surgical Extraction》
2 《疫病を仕組むもの/Plague Engineer》
2 《外科的摘出/Surgical Extraction》
1 《トーモッドの墓所/Tormod's Crypt》
1 《狼狽の嵐/Flusterstorm》
1 《水流破/Hydroblast》
1 《思考囲い/Thoughtseize》
1 《古えの遺恨/Ancient Grudge》
1 《森の知恵/Sylvan Library》
1 《否定の力/Force of Negation》


4th Place
Player Name:Hori Masataka
Deck Name:
Deck Designer:


Main
4 《輪作/Crop Rotation》
4 《ギャンブル/Gamble》
4 《壌土からの生命/Life from the Loam》
3 《罰する火/Punishing Fire》
3 《踏査/Exploration》
2 《森の知恵/Sylvan Library》
1 《マナ結合/Manabond》
1 《溶鉄の渦/Molten Vortex》
4 《モックス・ダイアモンド/Mox Diamond》
4 《燃え柳の木立ち/Grove of the Burnwillows》
4 《不毛の大地/Wasteland》
4 《演劇の舞台/Thespian's Stage》
3 《暗黒の深部/Dark Depths》
3 《リシャーダの港/Rishadan Port》
2 《Maze of Ith》
1 《爆発域/Blast Zone》
1 《ボジューカの沼/Bojuka Bog》
1 《幽霊街/Ghost Quarter》
1 《Karakas》
1 《The Tabernacle at Pendrell Vale》
1 《平穏な茂み/Tranquil Thicket》
1 《死者の原野/Field of the Dead》
1 《Glacial Chasm》
1 《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》
1 《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
1 《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》
2 《Taiga》
1 《森/Forest》

Side
4 《抵抗の宝球/Sphere of Resistance》
2 《クローサの掌握/Krosan Grip》
2 《不屈の追跡者/Tireless Tracker》
2 《エルフの開墾者/Elvish Reclaimer》
1 《紅蓮破/Pyroblast》
1 《古えの遺恨/Ancient Grudge》
1 《アメジストのとげ/Thorn of Amethyst》
1 《真髄の針/Pithing Needle》
1 《窒息/Choke》


5th Place
Player Name:Nishikawa Tatsuya
Deck Name:上振れデルバー
Deck Designer:しゅがはP


Main
4 《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets》
4 《僧院の速槍/Monastery Swiftspear》
4 《戦慄衆の秘儀術師/Dreadhorde Arcanist》
3 《真の名の宿敵/True-Name Nemesis》
4 《渦まく知識/Brainstorm》
4 《思案/Ponder》
4 《稲妻/Lightning Bolt》
4 《Chain Lightning》
4 《目くらまし/Daze》
4 《Force of Will》
2 《蒸気の絡みつき/Vapor Snag》
2 《定業/Preordain》
1 《発展の代価/Price of Progress》
4 《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
3 《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
1 《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire》
1 《焦熱島嶼域/Fiery Islet》
3 《Volcanic Island》
2 《島/Island》
2 《山/Mountain》

Side
2 《狼狽の嵐/Flusterstorm》
2 《紅蓮破/Pyroblast》
2 《外科的摘出/Surgical Extraction》
1 《発展の代価/Price of Progress》
1 《粉々/Smash to Smithereens》
1 《削剥/Abrade》
1 《否定の力/Force of Negation》
1 《硫黄の精霊/Sulfur Elemental》
1 《無のロッド/Null Rod》
1 《水流破/Hydroblast》
1 《紅蓮光電の柱/Pyrostatic Pillar》
1 《大祖始の遺産/Relic of Progenitus》


6th Place
Player Name:Harada Danpei
Deck Name:
Deck Designer:


Main
4 《氷牙のコアトル/Ice-Fang Coatl》
4 《護衛募集員/Recruiter of the Guard》
2 《老練の探険者/Veteran Explorer》
2 《悪意の大梟/Baleful Strix》
2 《トレストの使者、レオヴォルド/Leovold, Emissary of Trest》
1 《洞窟のハーピー/Cavern Harpy》
1 《寄生的な大梟/Parasitic Strix》
1 《永遠の証人/Eternal Witness》
1 《クイックリング/Quickling》
4 《渦まく知識/Brainstorm》
4 《陰謀団式療法/Cabal Therapy》
4 《Force of Will》
3 《思案/Ponder》
2 《突然の衰微/Abrupt Decay》
2 《緑の太陽の頂点/Green Sun's Zenith》
3 《魔の魅惑/Aluren》
4 《霧深い雨林/Misty Rainforest》
3 《汚染された三角州/Polluted Delta》
2 《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》
1 《ドライアドの東屋/Dryad Arbor》
1 《Tundra》
1 《Tropical Island》
1 《Underground Sea》
1 《Savannah》
1 《Bayou》
2 《冠雪の森/Snow-Covered Forest》
2 《冠雪の島/Snow-Covered Island》
1 《冠雪の沼/Snow-Covered Swamp》

Side
2 《花の絨毯/Carpet of Flowers》
2 《フェアリーの忌み者/Faerie Macabre》
2 《夏の帳/Veil of Summer》
2 《魔術遠眼鏡/Sorcerous Spyglass》
2 《疫病を仕組むもの/Plague Engineer》
1 《溜め込み屋のアウフ/Collector Ouphe》
1 《外科的摘出/Surgical Extraction》
1 《毒の濁流/Toxic Deluge》
1 《森の知恵/Sylvan Library》
1 《活性の力/Force of Vigor》


7th Place
Player Name:Ueno Sho
Deck Name:愛
Deck Designer:


Main
4 《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets》
3 《僧院の速槍/Monastery Swiftspear》
3 《戦慄衆の秘儀術師/Dreadhorde Arcanist》
3 《真の名の宿敵/True-Name Nemesis》
4 《渦まく知識/Brainstorm》
4 《思案/Ponder》
4 《稲妻/Lightning Bolt》
4 《目くらまし/Daze》
4 《Force of Will》
2 《Chain Lightning》
2 《呪文貫き/Spell Pierce》
1 《定業/Preordain》
1 《呪文嵌め/Spell Snare》
1 《二股の稲妻/Forked Bolt》
1 《削剥/Abrade》
4 《不毛の大地/Wasteland》
4 《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
2 《汚染された三角州/Polluted Delta》
1 《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
1 《乾燥台地/Arid Mesa》
3 《Volcanic Island》
2 《島/Island》
1 《山/Mountain》

Side
2 《粉々/Smash to Smithereens》
2 《外科的摘出/Surgical Extraction》
2 《狼狽の嵐/Flusterstorm》
2 《赤霊破/Red Elemental Blast》
1 《紅蓮破/Pyroblast》
1 《青霊破/Blue Elemental Blast》
1 《硫黄の精霊/Sulfur Elemental》
1 《基本に帰れ/Back to Basics》
1 《蒸気の絡みつき/Vapor Snag》
1 《紅蓮光電の柱/Pyrostatic Pillar》
1 《発展の代価/Price of Progress》


8th Place
Player Name:Fujimoto Masaki
Deck Name:ウルザー
Deck Designer:


Main
4 《悪意の大梟/Baleful Strix》
3 《最高工匠卿、ウルザ/Urza, Lord High Artificer》
3 《ゴブリンの技師/Goblin Engineer》
2 《歩行バリスタ/Walking Ballista》
1 《捧げ物の魔道士/Tribute Mage》
4 《Transmute Artifact》
4 《Force of Will》
1 《毒の濁流/Toxic Deluge》
1 《知識の渇望/Thirst for Knowledge》
4 《虚空の杯/Chalice of the Void》
3 《モックス・ダイアモンド/Mox Diamond》
3 《飛行機械の鋳造所/Thopter Foundry》
2 《弱者の剣/Sword of the Meek》
2 《胆液の水源/Ichor Wellspring》
1 《覆いを割く者、ナーセット/Narset, Parter of Veils》
4 《古えの墳墓/Ancient Tomb》
4 《汚染された三角州/Polluted Delta》
4 《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
2 《Underground Sea》
1 《Volcanic Island》
1 《Badlands》
1 《教議会の座席/Seat of the Synod》
1 《裏切り者の都/City of Traitors》
2 《島/Island》
1 《沼/Swamp》
1 《山/Mountain》

Side
4 《磁石のゴーレム/Lodestone Golem》
3 《虚空の力線/Leyline of the Void》
2 《削剥/Abrade》
2 《魔術遠眼鏡/Sorcerous Spyglass》
2 《ウルザの後継、カーン/Karn, Scion of Urza》
1 《罠の橋/Ensnaring Bridge》
1 《否定の力/Force of Negation》
カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

怒涛のKMCラッシュ!!9月と10月にチームレガシーが追加!!

お世話になっております!
せれでございます!
実は皆さんにお伝えしないといけないことがあります。

12月には関西と関東の両方でレガシーの大型大会エターナルパーティが開催されるわけですが、それまでの間、怒涛のレガシーラッシュが続きます!!

まず、KMCは毎月最低でも2回開催される予定です!
チームレガシーも9月と10月で2度開催されます!
さらに、11月に初となる名古屋でのKMCを開催予定です!!
9月からは、エターナルパーティのトライアルが各地で開催されます!

皆さんレガシー熱を最高潮にして全力で遊びつくしてください!!
まずは、9月に開催される追加のKMCの告知をさせていただきます!
チームレガシーです!!
このチームレガシーはガチめのチームレガシーとなります!

先日告知させていただいた10月のチームレガシーは、ハロウィンイベントとしてコスプレ推奨のチームレガシーとなります!
2種類のお祭りを遊び倒しましょう!

さらに追加されるKMCを正式に告知できるようになりましたら、まとめたスケジュールを再度告知させていただきますので、皆様楽しみにお待ちください!

最後になりましたが、今週末日曜日、8月11日はKMCです!
是非ご参加ください!
第116回KMC
日程:9月21日(Sat)
フォーマット:チームレガシー
参加費:3000円(1チーム)
受付:13:15
定員:定員32チーム(96名)

■会場
CARDBOX高槻店
大阪府高槻市北園町19-12 切目ビル 4F

■アクセス
阪急「高槻市駅」徒歩1分

WPN主催店舗:カードボックス高槻店

■予約について
「チーム名」「チーム全員のDCIと名前(ABCの席順を決め、上から順に)」をご記入いただいた上で、カードボックス高槻店様にて、電話、メール、店頭にてご予約いただけます。
電話:072-668-2244
メール:cardbox-takatuki@ekura.co.jp

第118回KMC
日程:10月26日(Sat)
フォーマット:チームレガシー
参加費:3000円(1チーム)
受付:13:15
定員:定員33チーム(99名)

■会場
カードショップ黄鶏屋
堺市堺区三国ヶ丘御幸通18-7-2F
■アクセス
南海高野線「堺東駅」徒歩3分
■ツイッター
https://twitter.com/kidoriya_osaka

WPN主催店舗:カードショップ黄鶏屋

■予約について
「チーム名」「チーム全員のDCIと名前(ABCの席順を決め、上から順に)」をご記入いただいた上で、mtgkmc@gmail.comまでメールを送信してください。
または、運営に直接何らかの方法でご連絡いただいても結構です。


【ルール】
1)3人1組でチームとなり、そのチーム同士で戦って勝敗を決めていきます。
3人1組とは言っても、6人で対戦する多人数戦というわけではなく、1対1の対戦を同時に3戦行う。具体的には、チーム内でA席・B席・C席を最初に決めておき、A席同士・B席同士・C席同士で対戦する。

2)デッキ構築において、基本土地を除いて、同名のカードは2人以上のプレイヤーのデッキ(サイドボード)に入れることができない。
(例)
プレイヤーAのメインに《霧深い雨林》を3枚。
プレイヤーBのメインに《霧深い雨林》を1枚。

プレイヤーAのサイドに 《真髄の針》を1枚。
プレイヤーCのサイドに《真髄の針》を1枚。


【KMCポイント配分】
1位チーム全員に、5点
2位チーム全員に、4点
3位チーム全員に、3点
4位チーム全員に、3点
5位~12位チーム全員に、2点
カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

シリーズ「PLAYER」第3回:ANTの申し子、Banba Taiki

シリーズ「PLAYER」第3回:ANTの申し子、Banba Taiki

by ttw

 Eternal Party2015優勝、KMC優勝経験複数。今回ご紹介するのはKMC黎明期から関西レガシーの最前線を走り続ける男Banba Taikiだ。人懐っこい性格でみんなから愛される人物だが、意外とその始まりを知る人物は少ない。Banba Taikiという男は一体どこから来たのだろうか?

Banba Taiki01
(Banba Taiki)

・Banba Taikiの軌跡

--Banbaさんがレガシーを始めたきっかけは何ですか?

Banba:もともと、レガシーに興味はあって、アグロロームが面白そうだなって思っててちょこちょこパーツは集めてたんだよね。そんな時期に、友人から「KMCって大会があるらしいけど、一人で行くのは怖いから一緒に出ようぜ!」って誘われたのがきっかけかな。確か、第2回KMCだったはず。

Banba:でも当時はまだデッキができてなくて(笑)。友人がデッキを二つ持っていたから貸してくれることになって。テラゲドンと石鍛冶の2択だったから、なら《意志の力》以外はほとんどスタンダードと同じだし石鍛冶かなーって理由で石鍛冶を借りたんだけど...当日にデッキを見たら、《戦隊の鷹》じゃなくて《呪文詰りのスプライト》が入ってて「スタンダードと全然ちゃうやん!!」みたいなやりとりをしてた。

Banba:結局、そのKMCで12位だったかな? ぐらいになって、予想外に勝てたのもあって「レガシー楽しい!!」ってなって、翌月にはバイトを初めてた。参加してた第2回KMCで上位入賞してたドメインズーがめちゃくちゃ好みだったから、頑張ってバイトして作るぞーって。

Banba:で、自分のデッキが完成して、KMCリベンジしたるで、ってことで参加したのが第10回KMC。そこからは、ほとんどのKMCに参加してる気がする。

--BanbaさんにとってKMCとは?

Banba:最初は一番レガシーをガチでできる大会という認識だったかな。もともとカジュアルプレイヤーだったのもあって、初めて優勝できたときは本当にうれしかった。

--Banbaの初優勝は第16回KMC。そのとき優勝したリストがこれだ。

1st
Player:Banba Taiki
Deck Name:Bamba Burn
Deck Designer:坂上 さつき

Main

4 《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets》
4 《野生のナカティル/Wild Nacatl》
4 《タルモゴイフ/Tarmogoyf》
3 《断片無き工作員/Shardless Agent》
4 《渦まく知識/Brainstorm》
4 《稲妻/Lightning Bolt》
4 《Chain Lightning》
4 《部族の炎/Tribal Flames》
3 《稲妻のらせん/Lightning Helix》
2 《二股の稲妻/Forked Bolt》
3 《流刑への道/Path to Exile》
4 《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》
4 《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
4 《乾燥台地/Arid Mesa》
2 《霧深い雨林/Misty Rainforest》
1 《Savannah》
1 《Taiga》
1 《Badlands》
1 《Tundra》
1 《Tropical Island》
1 《Volcanic Island》
1 《Plateau》

Side

4 《思考囲い/Thoughtseize》
3 《忘却の輪/Oblivion Ring》
3 《神聖の力線/Leyline of Sanctity》
2 《トーモッドの墓所/Tormod’s Crypt》
2 《外科的摘出/Surgical Extraction》
1 《流刑への道/Path to Exile》



Banba:ただ、今はEternal PartyみたいなKMCよりもより競技志向の大会にも出るようになったのもあって、ガチガチの競技レガシーをする場っていう認識はだいぶ消えちゃったかな。今のKMCのイメージはコミュニティの輪を広げる大会って感じ。KMCでも色々なグループがあるから、知らない人と関わるチャンスかなって。

Banba:なので、KMCに参加したことがない人は、怖がらずに一回来てみてほしい。初めての大会は緊張するし、強い人は怖く見えるけど、みんな話しかけると意外と面白い人なんで。

--ちなみにその怖く見えるという人は誰ですか?

Banba:僕が始めたときは、筆頭はFukudomeさん、仏さん、Omonishiさん、あとttwくん。上手い人はみんな怖そうに見えてた。

--ええ…。僕も怖く見えたのですか。

Banba:めちゃくちゃ怖かったよ(笑)。全然勝てなかったから、余計に怖くみえちゃってたのかも。

Banba:ちなみに、仏さんはフル中文のデッキを使ってたから、最初に当たったときは中国人だと思ってた。この人、日本語上手だなーって(笑)


*運営の一人である仏ことMizuguchiは多言語コレクターだ。特に韓文と中文を愛している。

Hotoke01.jpg
(Mizuguchi)

--KMCで「こいつは強い!」と思うプレイヤーは誰ですか?

Banba:ttwくん、Omonishiさん、Fukudomeさんが僕のなかでの強豪TOP3。

Banba:他にも各デッキのエキスパートみたいな人が多いから、挙げだしたらキリがないよね。



・ANTナビ搭載疑惑

--BanbaさんのANTを見ていて思うのですが、なんでそんなにルート検索が早いのですか? カーナビでも付いているとか?

Banba:カーナビはついてないけど、爺さんの精霊はついてる。後ろから爺さんが「こうやるんやで」って教えてくれるんで、僕はそれにしたがってるだけ(笑)

Banba:真面目な話をすると、実はかなりいきあたりばったりでやっていて、いけそうと思ったときはもうコンボスタートしちゃってる。それでプレイしながらどういうルートが最善かを考えていく感じ。だから、完全にルートを決めてから動く人よりも早く見えるのかもね。ただ、行けそうって思って実は行けなかったら恥ずかしいから、基本的には一人回しで動けそうなハンドってのを覚えるようにはしてるかな。狂ってた時は毎日最低30分は一人回ししてた気がする。

Banba:ANTをこれから回す人に言いたいのは、相手がいなくてもいいからとにかくデッキを回して欲しい。そこでルートを覚えることがスタートライン。筋トレと一緒で、一日5分、テレビを見ながらやるだけでもだいぶ変わるはず。


Banba Taiki03


--最後に今年の目標をお願いします。

Banba:去年のEternal Partyはボコボコだったので今年は頑張ってリベンジしたいかな。実はEternal Partyのグランドスラム(優勝、1没、2没、3没の制覇)を狙ってるんで、今年の目標はEternal Party2没で(笑)

Banba:あとは違うデッキも使いたい。ANT飽きたんで。何かいいデッキない? 《The Tabernacle at Pendrell Vale》を死蔵してるから、それを使うデッキがいいんだけど。


--《The Tabernacle at Pendrell Vale》も持ってるんですね。

Banba:去年の正月に知り合いの店で20万円の福袋があったんだけど、そこに《The Tabernacle at Pendrell Vale》が入ってて。

Banba:誰も買わないから頼むから買ってくれーって言われたんで、福袋の中開けて持ってるカードは抜いてくれるならって条件で値引き交渉して、《The Tabernacle at Pendrell Vale》以外にも色々入った状態で16万8000円で買ったけど、結局使わず死蔵してるやつがあって。

Banba:今じゃ《The Tabernacle at Pendrell Vale》だけで16万8000円ぐらいしてるはずだから、あそこで買えたのはラッキーだったけど、流石に死蔵してるのはもったいないから使ってあげたいんだよね。

Banba:ただ、LandsとPOXはすでにプロフェッショナルがいるから使いたくない。何かないかな?


-- アグロロームですかね?

Banba:やっぱそうだよなー。8年越しに組んでみるのもありなのかな?
カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

113thKMC結果報告と、次回告知と、追加KMCチームレガシー!

いつもお世話になっております!

第113回KMCは、にじいろくじら様主催のもと、107名の方々にご参加いただきました!
ありがとうございました!

今期ポイントレースも前回のKMCからスタートしております!
そして、今期はKMCの回数が少し多めです!
まだまだ増えますが、とりあえず10月にチームレガシーが増えました!
皆さんレガシー熱を上げて、レガシーを楽しんでください!

そんな113thKMCのDeckListと決勝戦動画をKMCサイトにアップしました!是非ご覧ください!

次回は8月11日です!
皆様のご参加を心よりお待ち申しております。
113th KMC Top8 Deck List
http://mtgkmc.blog.fc2.com/blog-entry-700.html
第113回KMC決勝戦動画
http://mtgkmc.blog.fc2.com/blog-entry-699.html

第114回KMC
日程:8月11日(Sun)
フォーマット:レガシー
参加費:1000円
受付:13:15
定員:100名

■会場

浪速区民センター

〒556-0023 大阪市浪速区稲荷2-4-3

■アクセス
地下鉄千日前線「桜川」徒歩10分

WPN主催店舗:BIGMAGICなんば店

10月に増えることとなったチームレガシーの告知
第117回KMC
日程:10月26日(Sat)
フォーマット:チームレガシー
参加費:3000円(1チーム)
受付:13:15
定員:定員33チーム(99名)

■会場
カードショップ黄鶏屋
堺市堺区三国ヶ丘御幸通18-7-2F
■アクセス
南海高野線「堺東駅」徒歩3分
■ツイッター
https://twitter.com/kidoriya_osaka

WPN主催店舗:カードショップ黄鶏屋

■予約について
「チーム名」「チーム全員のDCIと名前(ABCの席順を決め、上から順に)」をご記入いただいた上で、mtgkmc@gmail.comまでメールを送信してください。
または、運営に直接何らかの方法でご連絡いただいても結構です。

【チーム戦のルール】
1)3人1組でチームとなり、そのチーム同士で戦って勝敗を決めていきます。
3人1組とは言っても、6人で対戦する多人数戦というわけではなく、1対1の対戦を同時に3戦行う。具体的には、チーム内でA席・B席・C席を最初に決めておき、A席同士・B席同士・C席同士で対戦する。

2)デッキ構築において、基本土地を除いて、同名のカードは2人以上のプレイヤーのデッキ(サイドボード)に入れることができない。
(例)
プレイヤーAのメインに《霧深い雨林》を3枚。
プレイヤーBのメインに《霧深い雨林》を1枚。

プレイヤーAのサイドに 《真髄の針》を1枚。
プレイヤーCのサイドに《真髄の針》を1枚。


【KMCポイント配分】
1位チーム全員に、5点
2位チーム全員に、4点
3位チーム全員に、3点
4位チーム全員に、3点
5位~12位チーム全員に、2点
カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

113th KMC Top8 Deck List

113th KMC
2019.7.28
107 Players
7 Swiss Draw

113th KMC Top8 DeckList

1st Place
Player Name:Hori Masataka
Deck Name:
Deck Designer:


Main
4 《輪作/Crop Rotation》
4 《壌土からの生命/Life from the Loam》
3 《ギャンブル/Gamble》
3 《罰する火/Punishing Fire》
3 《踏査/Exploration》
2 《森の知恵/Sylvan Library》
1 《溶鉄の渦/Molten Vortex》
1 《マナ結合/Manabond》
4 《モックス・ダイアモンド/Mox Diamond》
4 《不毛の大地/Wasteland》
4 《燃え柳の木立ち/Grove of the Burnwillows》
4 《演劇の舞台/Thespian's Stage》
3 《リシャーダの港/Rishadan Port》
3 《暗黒の深部/Dark Depths》
2 《Maze of Ith》
2 《Taiga》
1 《爆発域/Blast Zone》
1 《ボジューカの沼/Bojuka Bog》
1 《幽霊街/Ghost Quarter》
1 《Glacial Chasm》
1 《Karakas》
1 《The Tabernacle at Pendrell Vale》
1 《平穏な茂み/Tranquil Thicket》
1 《死者の原野/Field of the Dead》
1 《古えの墳墓/Ancient Tomb》
1 《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》
1 《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
1 《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》
1 《森/Forest》

Side
4 《抵抗の宝球/Sphere of Resistance》
3 《不屈の追跡者/Tireless Tracker》
2 《窒息/Choke》
2 《クローサの掌握/Krosan Grip》
1 《紅蓮破/Pyroblast》
1 《古えの遺恨/Ancient Grudge》
1 《虚空の杯/Chalice of the Void》
1 《魔術遠眼鏡/Sorcerous Spyglass》


2nd Place
Player Name:Sakamoto Taiga
Deck Name:ばんびえん高田馬場店
Deck Designer:台風と鬼バトルするカーター


Main
4 《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets》
4 《グルマグのアンコウ/Gurmag Angler》
2 《若き紅蓮術士/Young Pyromancer》
2 《真の名の宿敵/True-Name Nemesis》
4 《渦まく知識/Brainstorm》
4 《思案/Ponder》
4 《稲妻/Lightning Bolt》
4 《目くらまし/Daze》
4 《Force of Will》
3 《思考掃き/Thought Scour》
2 《呪文貫き/Spell Pierce》
2 《思考囲い/Thoughtseize》
1 《削剥/Abrade》
1 《苦花/Bitterblossom》
4 《不毛の大地/Wasteland》
2 《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
2 《霧深い雨林/Misty Rainforest》
2 《汚染された三角州/Polluted Delta》
2 《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
3 《Volcanic Island》
3 《Underground Sea》
1 《島/Island》

Side
2 《紅蓮破/Pyroblast》
2 《外科的摘出/Surgical Extraction》
2 《疫病を仕組むもの/Plague Engineer》
1 《トーモッドの墓所/Tormod's Crypt》
1 《水流破/Hydroblast》
1 《真髄の針/Pithing Needle》
1 《リリアナの勝利/Liliana's Triumph》
1 《悪ふざけ/Shenanigans》
1 《暴君の嘲笑/Tyrant's Scorn》
1 《否定の力/Force of Negation》
1 《相殺/Counterbalance》
1 《最後の望み、リリアナ/Liliana, the Last Hope》


3rd Place
Player Name:Yoshimi Makoto
Deck Name:
Deck Designer:


Main
4 《ゴブリンの先達/Goblin Guide》
4 《僧院の速槍/Monastery Swiftspear》
4 《大歓楽の幻霊/Eidolon of the Great Revel》
1 《渋面の溶岩使い/Grim Lavamancer》
4 《稲妻/Lightning Bolt》
4 《Chain Lightning》
4 《溶岩の撃ち込み/Lava Spike》
4 《発展の代価/Price of Progress》
4 《火炎破/Fireblast》
3 《批判家刺殺/Skewer the Critics》
3 《舞台照らし/Light Up the Stage》
2 《裂け目の稲妻/Rift Bolt》
1 《硫黄の渦/Sulfuric Vortex》
3 《乾燥台地/Arid Mesa》
3 《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》
3 《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire》
9 《山/Mountain》

Side
4 《粉々/Smash to Smithereens》
3 《極上の炎技/Exquisite Firecraft》
2 《焼尽の猛火/Searing Blaze》
2 《火山の流弾/Volcanic Fallout》
2 《硫黄の渦/Sulfuric Vortex》
2 《紅蓮光電の柱/Pyrostatic Pillar》


4th Place
Player Name:Kanbara Hokuto
Deck Name:
Deck Designer:


Main
2 《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》
4 《渦まく知識/Brainstorm》
4 《思案/Ponder》
4 《剣を鍬に/Swords to Plowshares》
4 《Force of Will》
3 《終末/Terminus》
2 《先触れ/Portent》
2 《呪文貫き/Spell Pierce》
2 《呪文嵌め/Spell Snare》
1 《任務説明/Mission Briefing》
1 《議会の採決/Council's Judgment》
3 《相殺/Counterbalance》
1 《基本に帰れ/Back to Basics》
1 《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》
3 《覆いを割く者、ナーセット/Narset, Parter of Veils》
2 《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》
1 《ドミナリアの英雄、テフェリー/Teferi, Hero of Dominaria》
4 《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
4 《汚染された三角州/Polluted Delta》
2 《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
1 《Tundra》
1 《Tropical Island》
6 《島/Island》
2 《平地/Plains》

Side
3 《空殴り/Skylasher》
2 《外科的摘出/Surgical Extraction》
2 《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》
2 《解呪/Disenchant》
2 《基本に帰れ/Back to Basics》
1 《相殺/Counterbalance》
1 《狼狽の嵐/Flusterstorm》
1 《至高の評決/Supreme Verdict》
1 《侵襲手術/Invasive Surgery》


5th Place
Player Name:Kahata Issei
Deck Name:時間が止まるPWを使って苦悶の触手をplay
Deck Designer:


Main
4 《暗黒の儀式/Dark Ritual》
4 《渦まく知識/Brainstorm》
4 《思案/Ponder》
4 《定業/Preordain》
4 《陰謀団の儀式/Cabal Ritual》
4 《冥府の教示者/Infernal Tutor》
3 《強迫/Duress》
2 《思考囲い/Thoughtseize》
1 《陰謀団式療法/Cabal Therapy》
1 《むかつき/Ad Nauseam》
1 《炎の中の過去/Past in Flames》
1 《巣穴からの総出/Empty the Warrens》
2 《時を解す者、テフェリー/Teferi, Time Raveler》
4 《ライオンの瞳のダイアモンド/Lion's Eye Diamond》
4 《水蓮の花びら/Lotus Petal》
4 《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
4 《汚染された三角州/Polluted Delta》
2 《Underground Sea》
1 《Volcanic Island》
1 《Tundra》
1 《Scrubland》
2 《島/Island》
1 《沼/Swamp》


Side
4 《僧院の導師/Monastery Mentor》
2 《静寂/Serenity》
2 《狼狽の嵐/Flusterstorm》
1 《フェアリーの忌み者/Faerie Macabre》
1 《虚無の呪文爆弾/Nihil Spellbomb》
1 《ハーキルの召還術/Hurkyl's Recall》
1 《突然のショック/Sudden Shock》
1 《最後の望み、リリアナ/Liliana, the Last Hope》
1 《虐殺/Massacre》
1 《沈黙の墓石/Silent Gravestone》


6th Place
Player Name:Niwa Takahiro
Deck Name:青白石鍛冶
Deck Designer:Kansai Emperor 竜宮


Main
4 《石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mystic》
4 《真の名の宿敵/True-Name Nemesis》
3 《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》
4 《渦まく知識/Brainstorm》
4 《剣を鍬に/Swords to Plowshares》
4 《Force of Will》
3 《思案/Ponder》
2 《呪文貫き/Spell Pierce》
2 《否定の力/Force of Negation》
1 《議会の採決/Council's Judgment》
3 《基本に帰れ/Back to Basics》
1 《梅澤の十手/Umezawa's Jitte》
1 《殴打頭蓋/Batterskull》
2 《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》
1 《覆いを割く者、ナーセット/Narset, Parter of Veils》
1 《時を解す者、テフェリー/Teferi, Time Raveler》
4 《虹色の眺望/Prismatic Vista》
4 《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
1 《Karakas》
8 《島/Island》
3 《平地/Plains》

Side
3 《封じ込める僧侶/Containment Priest》
2 《外科的摘出/Surgical Extraction》
2 《安らかなる眠り/Rest in Peace》
2 《減衰球/Damping Sphere》
1 《解呪/Disenchant》
1 《議会の採決/Council's Judgment》
1 《狼狽の嵐/Flusterstorm》
1 《至高の評決/Supreme Verdict》
1 《ゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikar》
1 《ドビンの拒否権/Dovin's Veto》


7th Place
Player Name:Kikuchi Kazuki
Deck Name:Canadian Threshold
Deck Designer:


Main
4 《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets》
4 《敏捷なマングース/Nimble Mongoose》
2 《真の名の宿敵/True-Name Nemesis》
1 《呪詛呑み/Hexdrinker》
4 《渦まく知識/Brainstorm》
4 《思案/Ponder》
4 《稲妻/Lightning Bolt》
4 《もみ消し/Stifle》
4 《目くらまし/Daze》
4 《Force of Will》
2 《呪文嵌め/Spell Snare》
2 《呪文貫き/Spell Pierce》
1 《四肢切断/Dismember》
2 《レンと六番/Wrenn and Six》
4 《不毛の大地/Wasteland》
3 《汚染された三角州/Polluted Delta》
3 《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
2 《霧深い雨林/Misty Rainforest》
3 《Volcanic Island》
2 《Tropical Island》
1 《冠雪の島/Snow-Covered Island》

Side
2 《紅蓮破/Pyroblast》
2 《外科的摘出/Surgical Extraction》
1 《狼狽の嵐/Flusterstorm》
1 《水流破/Hydroblast》
1 《森の知恵/Sylvan Library》
1 《冬の宝珠/Winter Orb》
1 《墓掘りの檻/Grafdigger's Cage》
1 《乱暴+転落/Rough+Tumble》
1 《硫黄の精霊/Sulfur Elemental》
1 《古えの遺恨/Ancient Grudge》
1 《無のロッド/Null Rod》
1 《否定の力/Force of Negation》
1 《燃えがら蔦/Cindervines》


8th Place
Player Name:Ideue Yuuki
Deck Name:スニークショー
Deck Designer:


Main
4 《グリセルブランド/Griselbrand》
3 《引き裂かれし永劫、エムラクール/Emrakul, the Aeons Torn》
4 《実物提示教育/Show and Tell》
4 《騙し討ち/Sneak Attack》
1 《全知/Omniscience》
4 《渦まく知識/Brainstorm》
4 《思案/Ponder》
4 《定業/Preordain》
4 《Force of Will》
3 《呪文貫き/Spell Pierce》
1 《狼狽の嵐/Flusterstorm》
4 《水蓮の花びら/Lotus Petal》
1 《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》
4 《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
3 《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
1 《汚染された三角州/Polluted Delta》
2 《裏切り者の都/City of Traitors》
2 《古えの墳墓/Ancient Tomb》
3 《Volcanic Island》
3 《島/Island》
1 《山/Mountain》

Side
2 《渋面の溶岩使い/Grim Lavamancer》
2 《削剥/Abrade》
1 《狼狽の嵐/Flusterstorm》
1 《秘儀の職工/Arcane Artisan》
1 《パルン、ニヴ=ミゼット/Niv-Mizzet, Parun》
1 《紅蓮破/Pyroblast》
1 《赤霊破/Red Elemental Blast》
1 《硫黄の精霊/Sulfur Elemental》
1 《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》
1 《血染めの月/Blood Moon》
1 《突然のショック/Sudden Shock》
1 《紅蓮地獄/Pyroclasm》
1 《防御の光網/Defense Grid》
カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

第113回KMC決勝戦動画

第113回KMC決勝戦Game1動画


第113回KMC決勝戦Game2動画


第113回KMC決勝戦Game3動画


カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

【デッキ紹介】忍者

皆さんこんにちは!
レガシーを楽しんでいますか?
せれでございます。

モダンホライゾンが発売され、その名の通りモダンの環境が激変しましたが、レガシーにも新しい風がもたらされました。
《虹色の眺望/Prismatic Vista》で2色デッキのマナ基盤が更に安定したことや、《レンと六番/Wrenn and Six》によりRUGデルバーも復権しました。その他、様々なデッキに影響を与えたわけですが、その恩恵を強く受けたデッキの一つ、「忍者」デッキを今回ご紹介させていただきます。


(前回の紹介記事)
【デッキ紹介】人間(http://mtgkmc.blog.fc2.com/blog-entry-606.html)



Yuriko_20190717012727195.jpg

NINJAデッキは昔からあるアーキタイプの一つですが、《虎の影、百合子/Yuriko, the Tiger's Shadow》の登場で一度着目を浴びました。
とりあえず、見た目が美しい。

しかし実際には、55枚が通常のカードで、3枚が《虎の影、百合子/Yuriko, the Tiger's Shadow》。そして2枚の《深き刻の忍者/Ninja of the Deep Hours》が採用されるだけのNINJAデッキと呼ぶには少々物足りないものでした。
ですが、モダンホライゾンは、世にNINJAの名を轟かせるほどに強力な刃たちをもたらしてくれました!


リストをご覧ください。

NINJA.png

NINJAデッキは、1ターン目にタネとなるクリーチャーを出し、2ターン目に忍術を起動し、NINJAを出します。そうしてアドバンテージを稼いでいき、勝ちに繋げていくというのが基本動作となります。

今までは《深き刻の忍者/Ninja of the Deep Hours》が採用されていた為、一度着地した後、《深き刻の忍者/Ninja of the Deep Hours》の能力を再度誘発させる為には、どうしても《深き刻の忍者/Ninja of the Deep Hours》のアタックをプレイヤーに通す必要がありました。地を這うNINJAのアタックを通すのは中々に至難の業でした。

深き刻の忍者

ですが、《巧妙な潜入者/Ingenious Infiltrator》と《変わり身ののけ者/Changeling Outcast》の登場で、闇の世界は一変したのです!


巧妙な潜入者 変わり身ののけ者

《巧妙な潜入者/Ingenious Infiltrator》の能力は《虎の影、百合子/Yuriko, the Tiger's Shadow》と同様にNINJAがアタックするだけでよいというもので、《巧妙な潜入者/Ingenious Infiltrator》自身は立っているだけで能力が誘発します。
そこに現れる《変わり身ののけ者/Changeling Outcast》は多相持ちのブロックされないクリーチャー。ブロックされないNINJA!
忍術でNINJAを出したあとは、《変わり身ののけ者/Changeling Outcast》で殴るだけでアドバンテージを稼ぎ続けることが出来るようになりました。
もし、場に《虎の影、百合子/Yuriko, the Tiger's Shadow》と《巧妙な潜入者/Ingenious Infiltrator》がいたら!《変わり身ののけ者/Changeling Outcast》1体で殴るだけで相手は天誅されることになるのです。
また、このリストでは《呪文づまりのスプライト/Spellstutter Sprite》が採用されています。多相持ちの《変わり身ののけ者/Changeling Outcast》は、フェアリーとしてもカウントされるのです。

Spellstutter_20190717012012c94.jpg


《フェアリーの予見者/Faerie Seer》もとても素晴らしいカードで、1ターン目に出せる飛行を持ったクリーチャーで、2ターン目に忍術を起動させてくれるだけに留まらず、フェアリーであるため《呪文づまりのスプライト/Spellstutter Sprite》との相性もよく、CIP能力に占術2まで有していて《虎の影、百合子/Yuriko, the Tiger's Shadow》との相性も抜群です。

フェアリーの予見者


このリストでは青いデッキでありながら《渦まく知識/Brainstorm》を採用していません。それは《フェアリーの予見者/Faerie Seer》という強力すぎるカードによって3枚引いて2枚戻すだけのカードにデッキの4枚の枠を割くのも、青1マナを払うのも馬鹿らしいからなのです。

こんなにも美しいシナジーが形成されるNINJAデッキですが、忍術という起動型能力は非常にマナ食い虫です。常に土地はフルタップで、2マナが立っていたとしてもそれは《呪文づまりのスプライト/Spellstutter Sprite》の為の2マナです。「ドロー。土地だけ置いてエンド。」などという奇跡のような心のゆとりを持たせてはくれません。
そのため、それを補う形でピッチスペルが多数採用されています。ピッチスペルを撃つためにはディスアドバンテージを強いられるわけですが、そこはNINJAの能力でいくらでも取り返すことが出来るのでピッチスペルを強力に行使することが出来ます。
また、ピッチスペルは、点数で見たマナコストが大きく、《虎の影、百合子/Yuriko, the Tiger's Shadow》の能力を最大限に引き出すことが出来ます。

ただでさえNINJAというだけでカッコいいのに、この美しい動きを一度見てしまったら魅了されること間違いなしです!

しかし、そんなNINJAデッキにも弱点はあります。
まず、流行りの《レンと六番/Wrenn and Six》でタネクリーチャーを焼かれ続けるととても辛いです。
《最後の望み、リリアナ/Liliana, the Last Hope》に関しては、致命的です。プラス能力は凶悪で、タネクリーチャーを焼かれ続けるだけに留まらず、NINJA自体も戦闘ダメージを与えられません。NINJA達の打点は低く、なおかつ、NINJAの能力の誘発はプレイヤーにアタックしないといけない為、能力を誘発させながらPWを倒すことが出来ません。
《レンと六番/Wrenn and Six》はサイドから《水流破/Hydroblast》を採用出来るのでまだよいですが、《最後の望み、リリアナ/Liliana, the Last Hope》は《真髄の針/Pithing Needle》でしか対処できず、この1枚が場に出てしまうとほぼ負けが確定してしまいます。
また、《Maze of Ith》も苦手で、《Maze of Ith》を採用しているデッキを相手にしている時は1体しか殴れない状況が多い中、それを《Maze of Ith》でアタックしなかったことにされる為、じわじわと負けに繋がっていくことになります。

レンと六番 最後の望み、リリアナ Maze of Ith


しかし、NINJAデッキは一度回り始めると4枚ドローも日常茶飯事で、《不毛の大地/Wasteland》はそれこそスペルとして運用出来ますし、ピッチスペルを躊躇なく撃てるのは爽快です!
カッコよくて楽しいNINJAデッキ。是非皆さんも試してみてください!

それでは、またの機会に!

ドロン!
カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

第112回KMC、Top8DeckListと決勝戦動画、次回告知!

いつもお世話になっております!

第112回KMCには104名の方々にご参加いただきました!
プレリリースと被ったのにも関わらず、沢山のご参加ありがとうございました!
また、今回から新マリガンであるロンドンマリガンが採用されました。一度もロンドンマリガンによるジャッジコールが無く、皆さんの意識の高さに関心しておりました。

今回のKMC、MMM、KOSからは高校生以下参加費が半額となっております。
早速KMCには高校生が。KOSには小学生がご参加くださり、今後もより多くの学生がご参加いただける環境を作っていければと思っております。

そして、今期のポイントレースがスタートしました!
次回KMC7月28日までを期限とし、コミュニティチーム登録を承っております。メールでもTwitterでもLINEでも直接でも。ご連絡をお待ちしておりますので、是非ご登録ください。
現在9チーム(27名)の方々にご登録いただいております。

そんな113thKMCのDeckListと決勝戦動画をKMCサイトにアップしました!是非ご覧ください!

次回は7月28日です!
次回は会場の都合上、開始時間がいつもより早くなっております!
ご注意ください!

皆様のご参加を心よりお待ち申しております。
112th KMC Top8 Deck List
http://mtgkmc.blog.fc2.com/blog-entry-696.html
第112回KMC決勝戦動画
http://mtgkmc.blog.fc2.com/blog-entry-695.html

113th KMC
日程:7月28日(Sun)
フォーマット:レガシー
参加費:1000円(高校生以下500円)
受付:11:00
開始:12:00
定員:90人

■会場
苅田土地改良記念会館

大阪府大阪市住吉区苅田9丁目5-27

■アクセス
大阪市営地下鉄御堂筋線 「あびこ駅」 下車 3番出口
東側 約400m 徒歩8分   

■備考
いつもと開始時間が違います。ご注意ください。

WPN主催店舗:にじいろくじら

KMCコミュニティポイントレース登録について

KMCでは、毎回KMCポイントというものを成績の結果によって配布しております。
そのポイントの合計を半期で集計し、上位16名タイのプレイヤーだけが参加出来るKMCInvitationalというイベントにご招待しております。
それに加え、ポイントレース1位のプレイヤーには賞品を贈呈しております。

【ポイントレースについて】
http://mtgkmc.blog.fc2.com/blog-entry-17.html


また、3人一組となってチームで成績を競うコミュニティチーム登録を行っていただいております!
コミュニティチーム上位3チームに入ることが出来れば、それらのチームに賞品を贈呈しております。

登録は無料なので、登録するだけ得!
コミュニティチームメンバーとポイントレースで盛り上がることも出来、レガシーがより楽しくなること間違いなしです!
今までは、灯争大戦1BOXやKMCオリジナルトークン等を贈呈しました。

そんなKMCポイントレースの今期コミュニティチーム登録を開始いたしました。
登録締め切り期限は7月28日(日)です!
コミュニティチームメンバー集めを開始してください!
皆様のご登録を心よりお待ちしております!

チーム名とメンバー全員のDCI、カナ氏名をメール、もしくはKMC主催「せれ」にまでご連絡ください。
チーム名は簡潔に短めに。そして、良識のある名前での登録をお願いします。

mtgkmc@gmail.com

までご連絡ください。

カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

112th KMC Top8 Deck List

112th KMC
2019.7.6
104 Players
7 Swiss Draw

112th KMC Top8 DeckList

1st Place
Player Name:Mizuguchi Kiyoshi
Deck Name:アボリジニ・アグロ
Deck Designer:みゆうちゃん


Main
4 《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets》
4 《敏捷なマングース/Nimble Mongoose》
3 《真の名の宿敵/True-Name Nemesis》
4 《渦まく知識/Brainstorm》
4 《思案/Ponder》
4 《稲妻/Lightning Bolt》
4 《もみ消し/Stifle》
4 《目くらまし/Daze》
4 《Force of Will》
2 《呪文貫き/Spell Pierce》
2 《呪文嵌め/Spell Snare》
3 《レンと六番/Wrenn and Six》
4 《不毛の大地/Wasteland》
2 《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
2 《汚染された三角州/Polluted Delta》
2 《霧深い雨林/Misty Rainforest》
2 《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
3 《Volcanic Island》
3 《Tropical Island》

Side
3 《紅蓮破/Pyroblast》
2 《外科的摘出/Surgical Extraction》
2 《古えの遺恨/Ancient Grudge》
1 《イゼットの静電術師/Izzet Staticaster》
1 《硫黄の精霊/Sulfur Elemental》
1 《墓掘りの檻/Grafdigger's Cage》
1 《水流破/Hydroblast》
1 《蒸気の絡みつき/Vapor Snag》
1 《無のロッド/Null Rod》
1 《硫黄の渦/Sulfuric Vortex》
1 《破壊的な享楽/Destructive Revelry》


2nd Place
Player Name:Kadowaki Tatsuya
Deck Name:エルポ
Deck Designer:


Main
4 《作り変えるもの/Matter Reshaper》
4 《難題の予見者/Thought-Knot Seer》
4 《現実を砕くもの/Reality Smasher》
3 《歩行バリスタ/Walking Ballista》
3 《終末を招くもの/Endbringer》
2 《絶え間ない飢餓、ウラモグ/Ulamog, the Ceaseless Hunger》
4 《虚空の杯/Chalice of the Void》
4 《厳かなモノリス/Grim Monolith》
2 《魔術遠眼鏡/Sorcerous Spyglass》
2 《全ては塵/All Is Dust》
2 《人知を超えるもの、ウギン/Ugin, the Ineffable》
4 《雲上の座/Cloudpost》
4 《微光地/Glimmerpost》
4 《エルドラージの寺院/Eldrazi Temple》
4 《古えの墳墓/Ancient Tomb》
3 《ヴェズーヴァ/Vesuva》
3 《ウギンの目/Eye of Ugin》
1 《Karakas》
1 《ヨーグモスの墳墓、アーボーグ/Urborg, Tomb of Yawgmoth》
2 《荒地/Wastes》

Side
4 《虚空の力線/Leyline of the Void》
4 《アメジストのとげ/Thorn of Amethyst》
2 《歪める嘆き/Warping Wail》
2 《漸増爆弾/Ratchet Bomb》
2 《三なる宝球/Trinisphere》
1 《魔術遠眼鏡/Sorcerous Spyglass》


3rd Place
Player Name:Kotsuji Ryou
Deck Name:狡猾な吾輩
Deck Designer:こっつん


Main
3 《引き裂かれし永劫、エムラクール/Emrakul, the Aeons Torn》
4 《全知/Omniscience》
4 《実物提示教育/Show and Tell》
3 《狡猾な願い/Cunning Wish》
4 《渦まく知識/Brainstorm》
4 《思案/Ponder》
4 《定業/Preordain》
4 《Force of Will》
3 《呪文貫き/Spell Pierce》
2 《衝動/Impulse》
1 《直観/Intuition》
1 《狼狽の嵐/Flusterstorm》
1 《基本に帰れ/Back to Basics》
3 《時を解す者、テフェリー/Teferi, Time Raveler》
2 《古えの墳墓/Ancient Tomb》
2 《裏切り者の都/City of Traitors》
4 《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
4 《虹色の眺望/Prismatic Vista》
5 《島/Island》
2 《平地/Plains》

Side
2 《安らかなる眠り/Rest in Peace》
2 《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》
1 《基本に帰れ/Back to Basics》
1 《拭い捨て/Wipe Away》
1 《僧院の導師/Monastery Mentor》
1 《秘儀の職工/Arcane Artisan》
1 《火想者の予見/Firemind's Foresight》
1 《自然の詠唱/Nature's Chant》
1 《計略縛り/Trickbind》
1 《すべてを護るもの、母聖樹/Boseiju, Who Shelters All》
1 《蟻の解き放ち/Release the Ants》
1 《エラダムリーの呼び声/Eladamri's Call》
1 《解呪/Disenchant》


4th Place
Player Name:Higuchi Yuma
Deck Name:ウルザは本当に凄いんだ!
Deck Designer:


Main
4 《最高工匠卿、ウルザ/Urza, Lord High Artificer》
4 《悪意の大梟/Baleful Strix》
4 《捧げ物の魔道士/Tribute Mage》
4 《Force of Will》
4 《アンティキティー戦争/The Antiquities War》
4 《虚空の杯/Chalice of the Void》
4 《ディミーアの印鑑/Dimir Signet》
4 《飛行機械の鋳造所/Thopter Foundry》
3 《オパールのモックス/Mox Opal》
2 《弱者の剣/Sword of the Meek》
1 《威圧のタリスマン/Talisman of Dominance》
1 《魔術遠眼鏡/Sorcerous Spyglass》
4 《教議会の座席/Seat of the Synod》
4 《古えの墳墓/Ancient Tomb》
3 《裏切り者の都/City of Traitors》
3 《汚染された三角州/Polluted Delta》
4 《Underground Sea》
2 《冠雪の島/Snow-Covered Island》
1 《冠雪の沼/Snow-Covered Swamp》

Side
2 《トーモッドの墓所/Tormod's Crypt》
2 《狼狽の嵐/Flusterstorm》
2 《夜の戦慄/Dread of Night》
2 《歩行バリスタ/Walking Ballista》
2 《否定の力/Force of Negation》
1 《万力鎖/Manriki-Gusari》
1 《梅澤の十手/Umezawa's Jitte》
1 《フェアリーの忌み者/Faerie Macabre》
1 《減衰球/Damping Sphere》
1 《毒の濁流/Toxic Deluge》


5th Place
Player Name:Nakamura Ryosuke
Deck Name:Redrazi
Deck Designer:あの人

Main
4 《猿人の指導霊/Simian Spirit Guide》
4 《難題の予見者/Thought-Knot Seer》
4 《ゴブリンの熟練扇動者/Goblin Rabblemaster》
4 《現実を砕くもの/Reality Smasher》
1 《歩行バリスタ/Walking Ballista》
1 《ゴブリンのクレーター掘り/Goblin Cratermaker》
1 《戦慄衆の勇者、ネヘブ/Neheb, Dreadhorde Champion》
1 《終末を招くもの/Endbringer》
4 《罰する火/Punishing Fire》
2 《焦熱の合流点/Fiery Confluence》
1 《削剥/Abrade》
4 《血染めの太陽/Blood Sun》
4 《虚空の杯/Chalice of the Void》
2 《金属モックス/Chrome Mox》
1 《紅蓮の達人チャンドラ/Chandra, Pyromaster》
4 《燃え柳の木立ち/Grove of the Burnwillows》
4 《エルドラージの寺院/Eldrazi Temple》
4 《古えの墳墓/Ancient Tomb》
3 《裏切り者の都/City of Traitors》
3 《山/Mountain》
3 《冠雪の山/Snow-Covered Mountain》
1 《荒地/Wastes》

Side
3 《フェアリーの忌み者/Faerie Macabre》
2 《三なる宝球/Trinisphere》
2 《転倒の磁石/Tumble Magnet》
2 《魔術遠眼鏡/Sorcerous Spyglass》
1 《硫黄の精霊/Sulfur Elemental》
1 《紅蓮破/Pyroblast》
1 《赤霊破/Red Elemental Blast》
1 《削剥/Abrade》
1 《死亡+退場/Dead+Gone》
1 《没収の曲杖/Crook of Condemnation》


6th Place
Player Name:Ideue Yuuki
Deck Name:
Deck Designer:

Main
4 《グリセルブランド/Griselbrand》
3 《引き裂かれし永劫、エムラクール/Emrakul, the Aeons Torn》
1 《全知/Omniscience》
4 《実物提示教育/Show and Tell》
4 《騙し討ち/Sneak Attack》
4 《渦まく知識/Brainstorm》
4 《思案/Ponder》
4 《定業/Preordain》
4 《Force of Will》
3 《呪文貫き/Spell Pierce》
1 《狼狽の嵐/Flusterstorm》
1 《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》
4 《水蓮の花びら/Lotus Petal》
2 《古えの墳墓/Ancient Tomb》
2 《裏切り者の都/City of Traitors》
4 《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
3 《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
1 《汚染された三角州/Polluted Delta》
3 《Volcanic Island》
3 《島/Island》
1 《山/Mountain》

Side
2 《削剥/Abrade》
2 《渋面の溶岩使い/Grim Lavamancer》
1 《血染めの月/Blood Moon》
1 《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》
1 《紅蓮地獄/Pyroclasm》
1 《硫黄の精霊/Sulfur Elemental》
1 《突然のショック/Sudden Shock》
1 《狼狽の嵐/Flusterstorm》
1 《紅蓮破/Pyroblast》
1 《赤霊破/Red Elemental Blast》
1 《すべてを護るもの、母聖樹/Boseiju, Who Shelters All》
1 《パルン、ニヴ=ミゼット/Niv-Mizzet, Parun》
1 《崇高な工匠、サヒーリ/Saheeli, Sublime Artificer》


7th Place
Player Name:Matsumoto Yutaka
Deck Name:Shardless BUG
Deck Designer:

Main
4 《タルモゴイフ/Tarmogoyf》
4 《断片無き工作員/Shardless Agent》
2 《悪意の大梟/Baleful Strix》
1 《疫病を仕組むもの/Plague Engineer》
1 《トレストの使者、レオヴォルド/Leovold, Emissary of Trest》
4 《渦まく知識/Brainstorm》
4 《Hymn to Tourach》
4 《Force of Will》
3 《祖先の幻視/Ancestral Vision》
3 《突然の衰微/Abrupt Decay》
2 《致命的な一押し/Fatal Push》
2 《思案/Ponder》
1 《毒の濁流/Toxic Deluge》
2 《ヴェールのリリアナ/Liliana of the Veil》
1 《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》
3 《汚染された三角州/Polluted Delta》
3 《霧深い雨林/Misty Rainforest》
3 《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》
3 《不毛の大地/Wasteland》
1 《忍び寄るタール坑/Creeping Tar Pit》
3 《Underground Sea》
2 《Bayou》
1 《Tropical Island》
1 《島/Island》
1 《沼/Swamp》
1 《森/Forest》

Side
3 《思考囲い/Thoughtseize》
2 《外科的摘出/Surgical Extraction》
2 《暗殺者の戦利品/Assassin's Trophy》
1 《森の知恵/Sylvan Library》
1 《墓掘りの檻/Grafdigger's Cage》
1 《減衰球/Damping Sphere》
1 《真髄の針/Pithing Needle》
1 《最後の望み、リリアナ/Liliana, the Last Hope》
1 《活性の力/Force of Vigor》
1 《餌食/To the Slaughter》
1 《ムラーサの胎動/Pulse of Murasa》


8th Place
Player Name:Yamanaka Kousuke
Deck Name:
Deck Designer:

Main
3 《グリセルブランド/Griselbrand》
1 《呪文探求者/Spellseeker》
1 《コーリスの子/Children of Korlis》
1 《墓所のタイタン/Grave Titan》
1 《引き裂かれし永劫、エムラクール/Emrakul, the Aeons Torn》
4 《渦まく知識/Brainstorm》
4 《暗黒の儀式/Dark Ritual》
4 《納墓/Entomb》
4 《浅すぎる墓穴/Shallow Grave》
3 《再活性/Reanimate》
3 《思案/Ponder》
3 《思考囲い/Thoughtseize》
3 《集団的蛮行/Collective Brutality》
2 《Hymn to Tourach》
2 《暴露/Unmask》
1 《御霊の復讐/Goryo's Vengeance》
1 《動く死体/Animate Dead》
4 《水蓮の花びら/Lotus Petal》
4 《汚染された三角州/Polluted Delta》
1 《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
1 《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire》
1 《湿地の干潟/Marsh Flats》
1 《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》
1 《Lake of the Dead》
3 《Underground Sea》
1 《Scrubland》
2 《沼/Swamp》
1 《島/Island》

Side
2 《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》
2 《外科的摘出/Surgical Extraction》
2 《最後の望み、リリアナ/Liliana, the Last Hope》
1 《静寂/Serenity》
1 《残響する真実/Echoing Truth》
1 《ハーキルの召還術/Hurkyl's Recall》
1 《秘儀の職工/Arcane Artisan》
1 《致命的な一押し/Fatal Push》
1 《夜の戦慄/Dread of Night》
1 《虐殺/Massacre》
1 《墓所のタイタン/Grave Titan》
1 《Lake of the Dead》
カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

第112回 KMC決勝戦動画

第112回KMC決勝戦Game1動画


第112回KMC決勝戦Game2動画


第112回KMC決勝戦Game3動画


カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

Blog

KMCITポイントレース

○ ポイントレースについて

SEED Yamanaka Kousuke

10 Hori Masataka
10 Kubota Kei
10 Nunotani Akira
9 Higuchi Yuma
9 Kanbara Hokuto
8 Doi Satsuki
8 Mizuguchi Kiyoshi
7 Kagotani Naota
7 Kanamoto Shojun
7 Kodaira Syouta
7 Kotsuji Ryou
7 Marui Yuki
7 Yamada Mitsuhiro
【更に見る】

コミュニティ戦ランキング

27 Dread of Knights
20 とっとこさべ太郎
20 コダイラが来る
19 Pay7
18 アル中同盟
16 コチョムキン・バスター
15 黄鶏屋Ama's
13 パチンコタマデール
13 かお☆Rinれぼりゅーしょん!
12 忍者フリープレイ
11 Impulse Niwa
10 谷村組
9 おひげちゃんと愉快な仲間達
6 Team Cabagames 2
0 引きだけ連合
0 ルーザーズクラブ

TOP8DeckList

MOVIE

コラム

○ Eternal Party2017 カバレージNew!
○ MMM Finals 2017参加レポートNew!
○ 関西のエターナル事情(レガシー&モダン)New!
○ EternalParty2017の事前予約迫る!!賞品も決定!!

【過去の記事を読む】

twitter

WPN主催店舗について

KMCが運営するイベントは、一部の例外を除き、BIGMAGICなんば店にて主催されております。
検索フォーム
最新コメント
カウンター
管理用

Appendix