FC2ブログ
KMC Schedule
13th KMCIT 併催レガシー
6月30日(Sun)
受付:13:30
開始:14:00
参加費:1000円
フォーマット:Legacy
定員:50名
会場:港区民センター
最寄り駅:JR環状線「弁天町」駅より徒歩約5分

[[今後の予定を更に見る]]


関西レガシーカレンダー(間違っていても責任は負いません。)
111th KMC Final Movie

<特別編>灯争大戦のカードを使った新しいデッキを作る~虹の彼方に~ 

<特別編>灯争大戦のカードを使った新しいデッキを作る~虹の彼方に~  

by chun

1
 デッキを作る楽しみは多様だ。有名な大会で勝ったデッキリストを揃える人がいる。デッキ掲載サイトでリストを眺め、そのなかでメタに合わせた調整をする人がいる。同じデッキを愛する仲間と意見を出し合い、アイデアを共有する人がいる。そして、新しいリストをこの手で生み出そうとする人がいる。  

Johnny, Combo Player

2
 5月15日。僕の元に一本の電話がかかってきた。発信元はKMC主催者であるせれ氏。LINEで簡単にやりとりができる時代に突然の電話、少し身構えながらも発信ボタンを押す。

chun「お疲れ様です、先日のKMCではお世話になりました」
せれ「こっちこそありがとー。実はそのとき、変わったデッキ持ってたやんなー」
chun「はい、まだ試作品ですが」 

 かつてインターネットが普及していなかったあの頃、熱心なプレイヤーは月刊の雑誌から情報を得ていた。雑誌の存在を知らない僕は、一からデッキを作っていた。今でも新しいカードがプレビューされる頃は全く新しいものを作りたくなるときがある。ちょうどそのときは灯争大戦発売直後。僕はあるカードを使った新デッキを仮組みしていた。

せれ「あれ、完成させてくれへん?そんで記事書いてほしいんやけど」

 せれ氏曰く、今回のパックはレガシーにも大きい影響を与えているのでKMCでも新しいデッキを紹介したいのだとか。そんなおりに僕のデッキが目に留まったのだという。

chun「え、有名どころなら色んな人が新カード試してますよ」
せれ「それやったらあかんねん、使われてるカードを1~2種類入れているだけやったらどこも記事にしてるやん」
chun「たしかにそうですが、強い人の興味はひけない気が」
せれ「新しい人は興味持ってくれるかもしれへんやろ。その人がKMC来たらもっと盛り上がるやん」


 こういう話をするとき、KMCがなぜ今も活気づいている大会なのかがよくわかる。「わかりました、人に見せられる形にしてコラム書きます。灯争大戦のってことは『基本セット2020』発売(2019年7月20日)までが期限ですね」せやなと答えるせれ氏の声には笑いが含まれていたような気がした。二ヶ月でアーキタイプの存在しないデッキを形にし、初見者に納得してもらう紹介をする。これはなかなかハードだぞと自分に言い聞かせた。このとき、あまり熱心でないプレイヤーである僕はある事実を逃していた。『モダンホライゾン』の発売日は基本セットよりも早い2019年6月14日であることに。

KMCIT5th会場風景


 カラーは5色。かねてより豪勢なデッキというものはプレイヤーの心を掴んできた。さらに実績が伴えばいうことなし。 ――KMC第2回優勝の『レインボー』ムラオカさんのデッキ―― ――KMC第34回優勝のタニグチさんのデッキ―― これらを超える。プロジェクト『Over the Rainbow』の始まりである。

 では5色の基盤となるものは何か。ここで灯争大戦で僕が惹かれたカードを紹介しよう。それは《大いなる創造者、カーン》でも《覆いを割く者、ナーセット》でもなく、これだ。

次元間の標

 ――《次元間の標》―― 2色のプレインズウォーカー(以下PW)を唱える役に立ち、またライフゲインも遅くなると思われるデッキと相性がいい。目指すは、《次元間の標》を主軸に据えたPWコントロール、いやPWアグロだ。もちろん、1種類のカードで多くを補うことはできない。ただし、2種類以上のカードがあれば十分安定した基盤を形成できる。 ――《ニッサの誓い》―― ――《極楽鳥》―― この3種12枚が5色のマナベースだ。さらに踏み込もう。PWのほぼ全てが点数でみたマナコストが3以上で、灯争大戦後もそれは変わらない。(例外は《悪鬼の血脈、ティボルト》と表面がクリーチャーのギデオン、ジェイスだけだ。 《自然に仕える者、ニッサ》は点数でみたマナコストは2だが2マナで唱えることはまずないだろう)
 悠長に3ターン目3マナを待つわけにはいかないので選択肢は2つだ。・2ターン目に3マナを出す・2ターン目までは妨害に徹するここで、1ターン目の選択にさきほどの3種類のカードを上げていることを思い出してほしい。《極楽鳥》はすでに選択している。いち早くPWを呼び出してやろうじゃないか。では《次元間の標》《ニッサの誓い》の場合2ターン目にもう2マナを捻出する方法はなんだろう。

《古の墳墓》
《裏切り者の都》
《金属モックス》

 優先順位は上から順だ。PWは一体呼んで終わりというわけにはいかない、多く展開したい。《次元間の標》があればPWを唱えたときに《古の墳墓》からのダメージが半分帰ってくる。ハンド消費は後からアドバンテージとして帰ってくるだろうが、なるべくなら避けたい。以上から導き出したマナベース+αがこちらだ。

-土地22-
5 《緑絡みのフェッチランド》
4 《緑絡みのデュアルランド》
4 《次元間の標/Interplanar Beacon》
4 《古えの墳墓/Ancient Tomb》
4 《裏切り者の都/City of Traitors》
2 《反射池/Reflecting Pool》
1 《森/Forest》

-クリーチャー4-
《極楽鳥/Birds of Paradise》

-アーティファクト1-
1 《金属モックス/Chrome Mox)》

-エンチャント4-
4 《ニッサの誓い/Oath of Nissa》



 《マナの合流点》4、《真鍮の都》4も試したが、さすがに痛かった。そして大事なことは緑マナだ。《ニッサの誓い》さえ出ればマナベースは解決するのだ。 ジャンプアップこそ可能にしたマナベースだが、やはり2マナ域の空白は気になった。PWが手薄なところはPWを守るカードがいいだろう、ということで思考を巡らせ、僕はとあるカードに思い至った。色拘束が緩く、PWとの相性がいいカード。 ――《キランの真意号》―― 攻守一体、まさにこのデッキが求めていたものであった。

キランの真意号

 あとは《ダク・フェイデン》の採用はもう決めていたので彼と相性のよい《罰する火》を選択した。マナベースもそれにあわせた。

-土地22-
4 《緑絡みのデュアルランド》
4 《次元間の標/Interplanar Beacon》
4 《古えの墳墓/Ancient Tomb》
3 《緑絡みのフェッチランド》
3 《燃え柳の木立ち/Grove of the Burnwillows》
2 《裏切り者の都/City of Traitors》
1 《反射池/Reflecting Pool》
1 《森/Forest》

-クリーチャー4-
《極楽鳥/Birds of Paradise》

-インスタント3-
3 《罰する火/Punishing Fire》

-アーティファクト4-
3 《キランの真意号/Heart of Kiran》
1 《金属モックス/Chrome Mox》

-エンチャント4-
4 《ニッサの誓い/Oath of Nissa》


 ここまでで37枚。つまり23枚もの枠をPWにあてることができる。これは前人未到の域ではなかろうか。僕は昂揚した。勢いのままにPWを投入した。2ターン目に3マナ出るんだから、ということで《三なる宝球》までいれてみた。

5月16日
5Cスーパーフレンズ

-土地22-
4 《緑絡みのデュアルランド》
4 《次元間の標/Interplanar Beacon》
4 《古えの墳墓/Ancient Tomb》
3 《緑絡みのフェッチランド》
3 《燃え柳の木立ち/Grove of the Burnwillows》
2 《裏切り者の都/City of Traitors》
1 《反射池/Reflecting Pool》
1 《森/Forest》

-クリーチャー4-
《極楽鳥/Birds of Paradise》

-インスタント3-
3 《罰する火/Punishing Fire》

-アーティファクト4-
3 《キランの真意号/Heart of Kiran》
1 《金属モックス/Chrome Mox》

-エンチャント4-
4 《ニッサの誓い/Oath of Nissa》

-プレインズウォーカー21-
2 《運命を変える者、アミナトゥ/Aminatou, the Fateshifter》
2 《巧妙な偶像破壊者、ダレッティ/Daretti, Ingenious Iconoclast》
2 《ダク・フェイデン/Dack Fayden》
2 《覆いを割く者、ナーセット/Narset, Parter of Veils》
2 《夢を引き裂く者、アショク/Ashiok, Dream Render》
2 《寛大なる者、アジャニ/Ajani, the Greathearted》
1 《崇高な工匠、サヒーリ/Saheeli, Sublime Artificer》
1 《大判事、ドビン/Dovin, Grand Arbiter》
1 《ウルザの後継、カーン/Karn, Scion of Urza》
1 《ゴルガリの女王、ヴラスカ/Vraska, Golgari Queen》
1 《野生語りのガラク/Garruk Wildspeaker》
1 《反逆の先導者、チャンドラ/Chandra, Torch of Defiance》
1 《復讐のアジャニ/Ajani Vengeant》
1 《生命の力、ニッサ/Nissa, Vital Force》
1 《人知を超えるもの、ウギン/Ugin, the Ineffable》


ダレッティアミナトゥ

4
 5月17日、ひとつの朗報が舞い込んだ。前回のKMCのときにたたき台をみせたプレイヤーの一人からデッキを使ってみたいとの声がかかったのだ。新デッキを作るのに視点は多いほうがいい。僕は使うだけでなく調整チームに入らないかと提案し、承諾を得た。プロジェクトチーム発足の瞬間である。
 彼の名はうつしの氏。BUGをメインとする続唱の研究に秀でた彼ならPWによる盤面のアドバンテージ獲得に対しての知見も広い。彼はさっそく2つの意見を用意してくれた。

・直接的なアドバンテージを有しないPWの採用は極力控える
・相手クリーチャーの攻撃からPWを守る方法があればより効果的な運用ができること


 さらに彼は《ヴェールのリリアナ》《最後の望み、リリアナ》をはじめとする、すでにレガシー環境で活躍しているPWを積極的に使うべく、黒を主体とした構築を始めることにしたのだ。(《次元間の標》、《極楽鳥》の性質上ダブルシンボルのPWを採用するにはそれなりのリスクがあり、主体となるカラーの選択が必要だった)2つの方向での研究、連日調整ライングループへの投稿は行われた。

5月20日
うつしの制作 黒ベース

-土地22-
6 《緑フェッチ》
4 《次元間の標/Interplanar Beacon》
4 《古えの墳墓/Ancient Tomb》
2 《裏切り者の都/City of Traitors》
2 《:Bayou》
1 《Tropical island》
1 《Taiga》
1 《Savannah》
1 《森/Forest》

-クリーチャー4-
4 《極楽鳥/Birds of Paradise》

-インスタント3-
3 《濃霧/Fog》

-アーティファクト6-
3 《キランの真意号/Heart of Kiran》
2 《罠の橋/Ensnaring Bridge》
1 《金属モックス/Chrome Mox》

-エンチャント4-
4 《ニッサの誓い/Oath of Nissa》

-プレインズウォーカー21-
2 《運命を変える者、アミナトゥ/Aminatou, the Fateshifter》
2 《巧妙な偶像破壊者、ダレッティ/Daretti, Ingenious Iconoclast》
2 《ダク・フェイデン/Dack Fayden》
2 《覆いを割く者、ナーセット/Narset, Parter of Veils》
2 《オルゾフの簒奪者、ケイヤ/Kaya, Orzhov Usurper》
1 《時を解す者、テフェリー/Teferi, Time Raveler》
1 《支配の片腕、ドビン/Dovin, Hand of Control》
1 《ヴェールのリリアナ/Liliana of the Veil》
1 《最後の望み、リリアナ/Liliana, the Last Hope》
1 《ウルザの後継、カーン/Karn, Scion of Urza》
1 《ゴルガリの女王、ヴラスカ/Vraska, Golgari Queen》
1 《先駆ける者、ナヒリ/Nahiri, the Harbinger》
1 《情け知らずのガラク/Garruk Relentless》
1 《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》
1 《反逆の先導者、チャンドラ/Chandra, Torch of Defiance》
1 《主無き者、サルカン/Sarkhan the Masterless》

side
3 《仕組まれた疫病/Engineered Plague》
2 《盾魔道士、テヨ/Teyo, the Shieldmage》
2 《クローサの掌握/Krosan Grip》
1 《支配の片腕、ドビン/Dovin, Hand of Control》
1 《夢を引き裂く者、アショク/Ashiok, Dream Render》
1 《最後の望み、リリアナ/Liliana, the Last Hope》
1 《花の絨毯/Carpet of Flowers》
1 《外科的摘出/Surgical Extraction》
1 《呪文貫き/Spell Pierce》
1 《真髄の針/Pithing Needle》



5
 5月25日、第110回KMC当日。モダンホライゾン発売日を考えるとこれが唯一の大舞台である。残念ながら僕は参加できなかったので、うつしの氏に全てを託した。 その日の報告を楽しみにしていたのだが、結果は無残なものだった。PWの性質上インスタントタイミングでの行動に弱く、またコンボへの耐性の低さをつかれて1勝もできなかった。特に《戦慄衆の秘儀術師》を使ったURデルバーは早い段階でアドバンテージを獲得していく厄介なもので、PWはソフトカウンターではじかれやすい。
 そう、負けたら終わりではなく、課題や気づきを持って帰れるのだ。全く新しい試みの緒戦とはそういうもの、惨敗には喫したが、得るものは大きい。さらに朗報もあった。 《レンと六番》公開。 待望の2マナPWである。チームは気づきを活かし、まずは平日大会での全勝、ゆくゆくはKMCへのリベンジを目指し、調整を再開した。僕が意識したポイントは2つ。守りきれないのであれば押し切る形をとること。使用するPWの能力に無駄を持たせないこと。要するに追加のクリーチャー採用である。打点が高く、相手への妨害手段があるもの。このデッキのマナ基盤は5色でありながら、無色マナをふんだんに使用している。つまり、《難題の予見者》を無理なく採用できるのだ。手札のカードを1枚追放はささやかだが、サイドボードで様々なヘイトPWと組み合わせれば大きな意味を持つだろう。その他のコンボ耐性はサイドボードに任せ、メインはPWと4/4クリーチャーを押し付ける形をとった。そして――

6月3日カードショップ黄鶏屋 平日大会全勝

-土地22-
4 《次元間の標/Interplanar Beacon》
4 《古えの墳墓/Ancient Tomb》
3 《緑フェッチ》
3 《燃え柳の木立ち/Grove of the Burnwillows》
2 《裏切り者の都/City of Traitors》
1 《反射池/Reflecting Pool》
1  《森/Forest》
1 《:Bayou》
1 《Tropical island》
1 《Taiga》
1 《Savannah》

-クリーチャー8-
4 《極楽鳥/Birds of Paradise》
3 《難題の予見者/Thought-Knot Seer》
1 《引き裂かれし永劫、エムラクール/Emrakul, the Aeons Torn》

-インスタント3-
3 《罰する火/Punishing Fire》

-アーティファクト3-
3 《キランの真意号/Heart of Kiran》

-エンチャント4-
4 《ニッサの誓い/Oath of Nissa》

-プレインズウォーカー20-
3 《先駆ける者、ナヒリ/Nahiri, the Harbinger》
3 《ダク・フェイデン/Dack Fayden》
2 《運命を変える者、アミナトゥ/Aminatou, the Fateshifter》
2 《巧妙な偶像破壊者、ダレッティ/Daretti, Ingenious Iconoclast》
2 《反逆の先導者、チャンドラ/Chandra, Torch of Defiance》
2 《支配の片腕、ドビン/Dovin, Hand of Control》
1 《オルゾフの簒奪者、ケイヤ/Kaya, Orzhov Usurper》
1 《最後の望み、リリアナ/Liliana, the Last Hope》
1 《覆いを割く者、ナーセット/Narset, Parter of Veils》
1 《崇高な工匠、サヒーリ/Saheeli, Sublime Artificer》
1 《ゴルガリの女王、ヴラスカ/Vraska, Golgari Queen》
1 《歓楽者ゼナゴス/Xenagos, the Reveler》

side
2 《三なる宝球/Trinisphere》
2 《盾魔道士、テヨ/Teyo, the Shieldmage》
2 《紅蓮破/Pyroblast》
2 《夢を引き裂く者、アショク/Ashiok, Dream Render》
2 《トーモッドの墓所/Tormod's Crypt》
2 《罠の橋/Ensnaring Bridge》
2 《クローサの掌握/Krosan Grip》
1 《花の絨毯/Carpet of Flowers》


小さな一歩だ。だがこれを続ければ大きな行程へと繋がっていく。モダンホライゾンのカードもまた、レガシー環境に意味を与えるだろう。新しいカードが世に出るたび、可能性が現れる。次はどんなことをしようか。
カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

111thKMC結果報告と、KMCIT権利者確定!

いつもお世話になっております!

111th KMCが行われました!
石川県や東京都からもご参加いただき、106名での開催となりました!
ありがとうございました!
今回のKMCは、モダンホライゾン発売後初のKMCでした。レンと六番や全色フェッチたちが活躍していました!
そんな111th KMCのTop8DeckListと決勝戦動画をKMCサイトにアップしました!是非ご覧ください!
111th KMC Top8 DeckList
http://mtgkmc.blog.fc2.com/blog-entry-665.html

111th KMC 決勝戦動画
http://mtgkmc.blog.fc2.com/blog-entry-666.html


また、今回でポイントレース最終回でした。
これにより、6月30日に開催される招待制イベントKMCインビテーショナルの出場者が確定しました!
以下が権利者の方々です。ご確認ください。
権利者19名

SEED Hori Masataka
15 Harada Danpei
14 Fukudome Yuu
13 Kyogoku Kyosuke
12 Kagotani Naota
11 Doi Satsuki
11 Hamada Tomoki
11 Hiroi Naoto
11 Iwasaki Kouichi
11 Sakamoto Taiga
10 Mizuguchi Kiyoshi
10 Nishikawa Tatsuya
10 Nunotani Akira
10 Sekimoto Tatsuo
10 Tanaka Mikito
10 Yamaguchi Takuya
10 Yamanaka Kousuke
10 Yamano Nobuteru
10 Yamada Mitsuhiro

ポイントレース1位通過のHarada Danpei氏にはKMCハイパーマットスリーブ1年分を進呈いたします。

コミュニティポイントレース順位

36 人間失格
30 黄鶏屋Ama's
27 (地上波初)LA・LA・LA・LANDS
26 Dread of Knights
24 Striker Niwa
24 MIKITO
23 地獄の沙汰も俺ら次第
21 ガバニキの会
20 Team Cabagames
20 ワッショイ!ゴミクズ
19 ポアスル
14 Mana Capsule HTT
6 Mana Capsule Wii
5 Mana Capsule NGN

コミュニティポイントレース3位まで賞品を授与します。
今回の1位賞品は、灯争大戦1BOXとなります。


次回KMCは、6月30日です!
次回は招待制イベントKMCインビテーショナルです。
併催で通常のレガシーイベントも開催されます!
是非ご参加ください!


KMCIT 併催レガシー
日程:6月30日(Sun)
フォーマット:レガシー
参加費:1000円
受付:13:15
定員:50人

■会場
港区民センター

大阪市港区弁天2-1-5

■アクセス
地下鉄中央線・JR環状線  弁天町駅 徒歩7分

■備考
どなたでもご参加いただける併催イベントです。
KMCポイントは入りません。

WPN主催店舗:BigMagicなんば店
13th KMC Invitational

日程:6月30日(Sun)
フォーマット:レガシー
参加費:無料
受付:13:15

■備考
このイベントは招待制です。参加権利を持つプレイヤーのみご参加いただけます。
なお、当日はどなたでもご参加いただける併催レガシーイベントも開催予定です。

■会場
港区民センター

大阪市港区弁天2-1-5

■アクセス
地下鉄中央線・JR環状線  弁天町駅 徒歩7分

WPN主催店舗:BIGMAGICなんば店
カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

第111回KMC動画

第111回KMC決勝戦Game1動画


第111回KMC決勝戦Game2動画


第111回KMC決勝戦Game3動画

カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

111th KMC Top8 Deck List

111th KMC
2019.6.15
106 Players
7 Swiss Draw

111th KMC Top8 DeckList

1st Place
Player Name:Hamada Tomoki
Deck Name:インビに出たいんや!
Deck Designer:


Main
4 《石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mystic》
3 《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》
4 《真の名の宿敵/True-Name Nemesis》
1 《宮殿の看守/Palace Jailer》
4 《渦まく知識/Brainstorm》
4 《剣を鍬に/Swords to Plowshares》
4 《思案/Ponder》
4 《Force of Will》
2 《呪文貫き/Spell Pierce》
2 《対抗呪文/Counterspell》
2 《議会の採決/Council's Judgment》
1 《梅澤の十手/Umezawa's Jitte》
1 《火と氷の剣/Sword of Fire and Ice》
1 《殴打頭蓋/Batterskull》
3 《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》
4 《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
3 《霧深い雨林/Misty Rainforest》
2 《湿地の干潟/Marsh Flats》
2 《Tundra》
6 《島/Island》
3 《平地/Plains》

Side
2 《解呪/Disenchant》
2 《封じ込める僧侶/Containment Priest》
2 《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》
2 《相殺/Counterbalance》
2 《基本に帰れ/Back to Basics》
2 《外科的摘出/Surgical Extraction》
1 《至高の評決/Supreme Verdict》
1 《ゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikar》
1 《殴打頭蓋/Batterskull》


2nd Place
Player Name:Tanaka Mikito
Deck Name:白単サルベイジャー
Deck Designer:アテリエル


Main
4 《オーリオックの廃品回収者/Auriok Salvagers》
4 《僧院の導師/Monastery Mentor》
3 《歩行バリスタ/Walking Ballista》
2 《歪める嘆き/Warping Wail》
4 《水蓮の花びら/Lotus Petal》
4 《オパールのモックス/Mox Opal》
4 《虚空の杯/Chalice of the Void》
4 《ミシュラのガラクタ/Mishra's Bauble》
3 《ライオンの瞳のダイアモンド/Lion's Eye Diamond》
4 《ウルザの後継、カーン/Karn, Scion of Urza》
4 《大いなる創造者、カーン/Karn, the Great Creator》
4 《古えの墳墓/Ancient Tomb》
4 《裏切り者の都/City of Traitors》
4 《魂の洞窟/Cavern of Souls》
4 《古えの居住地/Ancient Den》
3 《冠雪の平地/Snow-Covered Plains》
1 《Karakas》

Side
2 《過大な贈り物/Generous Gift》
2 《封じ込める僧侶/Containment Priest》
2 《エーテル宣誓会の法学者/Ethersworn Canonist》
2 《トーモッドの墓所/Tormod's Crypt》
1 《漸増爆弾/Ratchet Bomb》
1 《魔術遠眼鏡/Sorcerous Spyglass》
1 《歩行バリスタ/Walking Ballista》
1 《ワームとぐろエンジン/Wurmcoil Engine》
1 《罠の橋/Ensnaring Bridge》
1 《マイコシンスの格子/Mycosynth Lattice》
1 《ライオンの瞳のダイアモンド/Lion's Eye Diamond》


3rd Place
Player Name:Tonami Kohei
Deck Name:T-オベントウ(ノコギリ)
Deck Designer:スカイプMTG


Main
4 《エルドラージのミミック/Eldrazi Mimic》
4 《果てしなきもの/Endless One》
4 《作り変えるもの/Matter Reshaper》
4 《難題の予見者/Thought-Knot Seer》
4 《現実を砕くもの/Reality Smasher》
3 《歩行バリスタ/Walking Ballista》
3 《猿人の指導霊/Simian Spirit Guide》
2 《終末を招くもの/Endbringer》
1 《絶え間ない飢餓、ウラモグ/Ulamog, the Ceaseless Hunger》
4 《虚空の杯/Chalice of the Void》
2 《アメジストのとげ/Thorn of Amethyst》
1 《大いなる創造者、カーン/Karn, the Great Creator》
4 《ウギンの目/Eye of Ugin》
4 《エルドラージの寺院/Eldrazi Temple》
4 《古えの墳墓/Ancient Tomb》
4 《雲上の座/Cloudpost》
2 《魂の洞窟/Cavern of Souls》
2 《ヨーグモスの墳墓、アーボーグ/Urborg, Tomb of Yawgmoth》
1 《爆発域/Blast Zone》
1 《ヴェズーヴァ/Vesuva》
1 《微光地/Glimmerpost》
1 《演劇の舞台/Thespian's Stage》

Side
4 《魔術遠眼鏡/Sorcerous Spyglass》
3 《フェアリーの忌み者/Faerie Macabre》
2 《アメジストのとげ/Thorn of Amethyst》
1 《全ては塵/All Is Dust》
1 《歩行バリスタ/Walking Ballista》
1 《漸増爆弾/Ratchet Bomb》
1 《トーモッドの墓所/Tormod's Crypt》
1 《忘却蒔き/Oblivion Sower》
1 《人知を超えるもの、ウギン/Ugin, the Ineffable》


4th Place
Player Name:Furusawa Yuya
Deck Name:感染
Deck Designer:


Main
4 《金属細工師/Metalworker》
4 《磁石のゴーレム/Lodestone Golem》
3 《カルドーサの鍛冶場主/Kuldotha Forgemaster》
2 《歩行バリスタ/Walking Ballista》
2 《ワームとぐろエンジン/Wurmcoil Engine》
1 《白金の帝像/Platinum Emperion》
1 《荒廃鋼の巨像/Blightsteel Colossus》
4 《虚空の杯/Chalice of the Void》
4 《厳かなモノリス/Grim Monolith》
3 《抵抗の宝球/Sphere of Resistance》
1 《時の砂/Sands of Time》
1 《稲妻のすね当て/Lightning Greaves》
4 《大いなる創造者、カーン/Karn, the Great Creator》
2 《人知を超えるもの、ウギン/Ugin, the Ineffable》
4 《雲上の座/Cloudpost》
4 《微光地/Glimmerpost》
4 《古えの墳墓/Ancient Tomb》
3 《ヴェズーヴァ/Vesuva》
3 《爆発域/Blast Zone》
2 《演劇の舞台/Thespian's Stage》
2 《裏切り者の都/City of Traitors》
1 《Karakas》
1 《発明博覧会/Inventors' Fair》

Side
2 《トーモッドの墓所/Tormod's Crypt》
2 《魔術遠眼鏡/Sorcerous Spyglass》
2 《漸増爆弾/Ratchet Bomb》
1 《精霊龍、ウギン/Ugin, the Spirit Dragon》
1 《イシュ・サーの背骨/Spine of Ish Sah》
1 《大祖始の遺産/Relic of Progenitus》
1 《歩行バリスタ/Walking Ballista》
1 《罠の橋/Ensnaring Bridge》
1 《時の砂/Sands of Time》
1 《伝染病エンジン/Contagion Engine》
1 《ファイレクシアの変形者/Phyrexian Metamorph》
1 《マイコシンスの格子/Mycosynth Lattice》


5th Place
Player Name:Fukudome Yuu
Deck Name:
Deck Designer:


Main
3 《グリセルブランド/Griselbrand》
3 《引き裂かれし永劫、エムラクール/Emrakul, the Aeons Torn》
3 《全知/Omniscience》
4 《実物提示教育/Show and Tell》
3 《騙し討ち/Sneak Attack》
3 《狡猾な願い/Cunning Wish》
4 《渦まく知識/Brainstorm》
4 《思案/Ponder》
4 《Force of Will》
2 《呪文貫き/Spell Pierce》
1 《狼狽の嵐/Flusterstorm》
1 《定業/Preordain》
1 《衝動/Impulse》
1 《直観/Intuition》
4 《水蓮の花びら/Lotus Petal》
3 《Volcanic Island》
3 《古えの墳墓/Ancient Tomb》
2 《裏切り者の都/City of Traitors》
2 《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
2 《汚染された三角州/Polluted Delta》
2 《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
2 《霧深い雨林/Misty Rainforest》
3 《島/Island》

Side
2 《すべてを護るもの、母聖樹/Boseiju, Who Shelters All》
1 《直観/Intuition》
1 《紅蓮地獄/Pyroclasm》
1 《稲妻/Lightning Bolt》
1 《突然のショック/Sudden Shock》
1 《火想者の予見/Firemind's Foresight》
1 《蟻の解き放ち/Release the Ants》
1 《計略縛り/Trickbind》
1 《外科的摘出/Surgical Extraction》
1 《急流/Rushing River》
1 《裂け目の突破/Through the Breach》
1 《狼狽の嵐/Flusterstorm》
1 《紅蓮破/Pyroblast》
1 《コジレックの帰還/Kozilek's Return》


6th Place
Player Name:Yasuda Masayuki
Deck Name:
Deck Designer:


Main
3 《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》
2 《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》
4 《渦まく知識/Brainstorm》
4 《思案/Ponder》
4 《剣を鍬に/Swords to Plowshares》
4 《Force of Will》
3 《終末/Terminus》
2 《呪文貫き/Spell Pierce》
2 《対抗呪文/Counterspell》
2 《議会の採決/Council's Judgment》
3 《覆いを割く者、ナーセット/Narset, Parter of Veils》
2 《時を解す者、テフェリー/Teferi, Time Raveler》
2 《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》
2 《相殺/Counterbalance》
1 《基本に帰れ/Back to Basics》
4 《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
4 《霧深い雨林/Misty Rainforest》
2 《Volcanic Island》
2 《Tundra》
1 《Karakas》
5 《冠雪の島/Snow-Covered Island》
2 《冠雪の平地/Snow-Covered Plains》

Side
2 《僧院の導師/Monastery Mentor》
2 《イゼットの静電術師/Izzet Staticaster》
2 《外科的摘出/Surgical Extraction》
2 《自然の詠唱/Nature's Chant》
1 《紅蓮破/Pyroblast》
1 《赤霊破/Red Elemental Blast》
1 《水流破/Hydroblast》
1 《基本に帰れ/Back to Basics》
1 《封じ込める僧侶/Containment Priest》
1 《天界の粛清/Celestial Purge》
1 《ドビンの拒否権/Dovin's Veto》


7th Place
Player Name:Hori Masataka
Deck Name:
Deck Designer:


Main
4 《輪作/Crop Rotation》
4 《ギャンブル/Gamble》
4 《壌土からの生命/Life from the Loam》
3 《罰する火/Punishing Fire》
3 《踏査/Exploration》
2 《森の知恵/Sylvan Library》
1 《マナ結合/Manabond》
1 《溶鉄の渦/Molten Vortex》
4 《モックス・ダイアモンド/Mox Diamond》
4 《燃え柳の木立ち/Grove of the Burnwillows》
4 《リシャーダの港/Rishadan Port》
4 《不毛の大地/Wasteland》
4 《演劇の舞台/Thespian's Stage》
3 《暗黒の深部/Dark Depths》
2 《Maze of Ith》
2 《Taiga》
1 《爆発域/Blast Zone》
1 《幽霊街/Ghost Quarter》
1 《Glacial Chasm》
1 《Karakas》
1 《ボジューカの沼/Bojuka Bog》
1 《The Tabernacle at Pendrell Vale》
1 《平穏な茂み/Tranquil Thicket》
1 《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》
1 《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
1 《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》
1 《森/Forest》

Side
4 《抵抗の宝球/Sphere of Resistance》
2 《不屈の追跡者/Tireless Tracker》
2 《クローサの掌握/Krosan Grip》
2 《窒息/Choke》
1 《赤霊破/Red Elemental Blast》
1 《紅蓮破/Pyroblast》
1 《古えの遺恨/Ancient Grudge》
1 《虚空の杯/Chalice of the Void》
1 《魔術遠眼鏡/Sorcerous Spyglass》


8th Place
Player Name:Nishikawa Tatsuya
Deck Name:これしか使えない
Deck Designer:こーのさん


Main
4 《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets》
4 《戦慄衆の秘儀術師/Dreadhorde Arcanist》
3 《若き紅蓮術士/Young Pyromancer》
2 《真の名の宿敵/True-Name Nemesis》
1 《渋面の溶岩使い/Grim Lavamancer》
4 《渦まく知識/Brainstorm》
4 《思案/Ponder》
4 《稲妻/Lightning Bolt》
4 《目くらまし/Daze》
4 《Force of Will》
2 《Chain Lightning》
2 《呪文貫き/Spell Pierce》
1 《呪文嵌め/Spell Snare》
1 《定業/Preordain》
1 《削剥/Abrade》
1 《危険因子/Risk Factor》
4 《不毛の大地/Wasteland》
4 《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
3 《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
1 《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire》
3 《Volcanic Island》
2 《島/Island》
1 《山/Mountain》

Side
2 《外科的摘出/Surgical Extraction》
2 《狼狽の嵐/Flusterstorm》
2 《硫黄の渦/Sulfuric Vortex》
2 《狼狽の嵐/Flusterstorm》
2 《紅蓮破/Pyroblast》
1 《赤霊破/Red Elemental Blast》
1 《水流破/Hydroblast》
1 《硫黄の精霊/Sulfur Elemental》
1 《削剥/Abrade》
1 《発展の代価/Price of Progress》
1 《無のロッド/Null Rod》
1 《破壊放題/Shattering Spree》
カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

110thKMC結果と、次回告知!

いつもお世話になっております!

110th KMCが行われました!
95名の方々にご参加いただき、そのほとんどがリピーターの方々でした!
ありがとうございます!今後ともよろしくお願いします!
今回のKMCは、灯争大戦が発売されてから初めてのレガシーでした!(前回はチームレガシー)
一体どんなカードたちが成績を残したのでしょうか。
そんな110th KMCのTop8DeckListと決勝戦動画をKMCサイトにアップしました!是非ご覧ください!

次回KMCは、6月15日です!
次回がポイントレース最終回となります!
皆様のご参加をお待ちしております!

110th KMC Top8 DeckList
http://mtgkmc.blog.fc2.com/blog-entry-662.html

110th KMC 決勝戦動画
http://mtgkmc.blog.fc2.com/blog-entry-663.html


第111回KMC
日程:6月15日(Sat)
フォーマット:レガシー
参加費:1000円
受付:13:15
定員:100名

■会場
福島区民センター

大阪市福島区吉野3-17-23

■アクセス
千日前線「野田阪神駅」徒歩5分
阪神電車「野田駅」徒歩5分
東西線「海老江駅」徒歩5分
JR環状線「野田駅」徒歩8分

■備考
MMM、KOS合同開催

WPN主催店舗:BigMagicなんば店
最後になりましたが、KMCサイト(PCビュー)にて10月までのKMCの日程を告知しております!
全ての予定を空けておいてください!!
カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

110th KMC 決勝戦動画

第110回KMC決勝戦Game1動画


第110回KMC決勝戦Game2動画


第110回KMC決勝戦Game3動画

カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

110th KMC Top8 Deck List

110th KMC
2019.5.25
95 Players
7 Swiss Draw

110th KMC Top8 DeckList

1st Place
Player Name:Kagotani Naota
Deck Name:
Deck Designer:


Main
3 《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》
3 《僧院の導師/Monastery Mentor》
4 《渦まく知識/Brainstorm》
4 《思案/Ponder》
4 《Force of Will》
4 《剣を鍬に/Swords to Plowshares》
3 《終末/Terminus》
2 《先触れ/Portent》
2 《対抗呪文/Counterspell》
2 《予報/Predict》
1 《呪文貫き/Spell Pierce》
1 《議会の採決/Council's Judgment》
2 《相殺/Counterbalance》
3 《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》
2 《覆いを割く者、ナーセット/Narset, Parter of Veils》
4 《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
3 《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
2 《乾燥台地/Arid Mesa》
3 《Tundra》
1 《Volcanic Island》
5 《島/Island》
2 《平地/Plains》

Side
2 《外科的摘出/Surgical Extraction》
2 《解呪/Disenchant》
2 《狼狽の嵐/Flusterstorm》
2 《基本に帰れ/Back to Basics》
2 《紅蓮破/Pyroblast》
1 《赤霊破/Red Elemental Blast》
1 《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》
1 《呪文貫き/Spell Pierce》
1 《議会の採決/Council's Judgment》
1 《山/Mountain》


2nd Place
Player Name:Sekimoto Tatsuo
Deck Name:Domestic Miracle
Deck Designer:dome


Main
2 《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》
2 《僧院の導師/Monastery Mentor》
4 《渦まく知識/Brainstorm》
4 《思案/Ponder》
4 《剣を鍬に/Swords to Plowshares》
4 《Force of Will》
3 《終末/Terminus》
3 《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》
3 《相殺/Counterbalance》
2 《対抗呪文/Counterspell》
2 《呪文貫き/Spell Pierce》
2 《先触れ/Portent》
2 《覆いを割く者、ナーセット/Narset, Parter of Veils》
2 《議会の採決/Council's Judgment》
1 《基本に帰れ/Back to Basics》
4 《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
3 《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
1 《乾燥台地/Arid Mesa》
2 《Volcanic Island》
2 《Tundra》
5 《島/Island》
3 《平地/Plains》

Side
2 《紅蓮破/Pyroblast》
2 《外科的摘出/Surgical Extraction》
2 《解呪/Disenchant》
2 《狼狽の嵐/Flusterstorm》
2 《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》
1 《赤霊破/Red Elemental Blast》
1 《封じ込める僧侶/Containment Priest》
1 《基本に帰れ/Back to Basics》
1 《至高の評決/Supreme Verdict》
1 《覆いを割く者、ナーセット/Narset, Parter of Veils》


3rd Place
Player Name:Doi Satsuki
Deck Name:祝!あきらくん結婚!!
Deck Designer:あきらくん


Main
4 《ルーンの母/Mother of Runes》
4 《スレイベンの守護者、サリア/Thalia, Guardian of Thraben》
4 《石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mystic》
4 《ちらつき鬼火/Flickerwisp》
2 《セラの報復者/Serra Avenger》
2 《ファイレクシアの破棄者/Phyrexian Revoker》
2 《護衛募集員/Recruiter of the Guard》
1 《聖域の僧院長/Sanctum Prelate》
1 《異端聖戦士、サリア/Thalia, Heretic Cathar》
1 《宮殿の看守/Palace Jailer》
1 《歩行バリスタ/Walking Ballista》
4 《剣を鍬に/Swords to Plowshares》
4 《霊気の薬瓶/AEther Vial》
1 《梅澤の十手/Umezawa's Jitte》
1 《火と氷の剣/Sword of Fire and Ice》
1 《殴打頭蓋/Batterskull》
4 《不毛の大地/Wasteland》
4 《リシャーダの港/Rishadan Port》
3 《Karakas》
1 《トロウケアの敷石/Flagstones of Trokair》
11 《平地/Plains》

Side
2 《ゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikar》
2 《外科的摘出/Surgical Extraction》
2 《議会の採決/Council's Judgment》
1 《絶対の法/Absolute Law》
1 《大変動/Cataclysm》
1 《天界の粛清/Celestial Purge》
1 《墓掘りの檻/Grafdigger's Cage》
1 《レオニンの遺物囲い/Leonin Relic-Warder》
1 《減衰球/Damping Sphere》
1 《流刑への道/Path to Exile》
1 《聖域の僧院長/Sanctum Prelate》
1 《安らかなる眠り/Rest in Peace》


4th Place
Player Name:Takemoto Hiroshi
Deck Name:デスタク
Deck Designer:


Main
4 《ルーンの母/Mother of Runes》
4 《スレイベンの守護者、サリア/Thalia, Guardian of Thraben》
4 《石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mystic》
4 《ちらつき鬼火/Flickerwisp》
3 《ファイレクシアの破棄者/Phyrexian Revoker》
2 《セラの報復者/Serra Avenger》
2 《護衛募集員/Recruiter of the Guard》
1 《聖域の僧院長/Sanctum Prelate》
1 《宮殿の看守/Palace Jailer》
1 《高名な弁護士、トミク/Tomik, Distinguished Advokist》
4 《剣を鍬に/Swords to Plowshares》
4 《霊気の薬瓶/AEther Vial》
1 《梅澤の十手/Umezawa's Jitte》
1 《火と氷の剣/Sword of Fire and Ice》
1 《殴打頭蓋/Batterskull》
4 《不毛の大地/Wasteland》
4 《リシャーダの港/Rishadan Port》
3 《Karakas》
6 《冠雪の平地/Snow-Covered Plains》
6 《平地/Plains》

Side
2 《レオニンの遺物囲い/Leonin Relic-Warder》
2 《外科的摘出/Surgical Extraction》
2 《議会の採決/Council's Judgment》
1 《エーテル宣誓会の法学者/Ethersworn Canonist》
1 《天界の粛清/Celestial Purge》
1 《流刑への道/Path to Exile》
1 《安らかなる眠り/Rest in Peace》
1 《大変動/Cataclysm》
1 《ゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikar》
1 《封じ込める僧侶/Containment Priest》
1 《墓掘りの檻/Grafdigger's Cage》
1 《減衰球/Damping Sphere》


5th Place
Player Name:Asada Hiroki
Deck Name:UR Delver
Deck Designer:Mitsuhiro Yamada


Main
4 《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets》
4 《僧院の速槍/Monastery Swiftspear》
4 《戦慄衆の秘儀術師/Dreadhorde Arcanist》
3 《嵐追いの魔道士/Stormchaser Mage》
4 《渦まく知識/Brainstorm》
4 《思案/Ponder》
4 《稲妻/Lightning Bolt》
4 《稲妻の連鎖/Chain Lightning》
4 《目くらまし/Daze》
4 《Force of Will》
2 《定業/Preordain》
2 《蒸気の絡みつき/Vapor Snag》
1 《火炎破/Fireblast》
4 《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
2 《汚染された三角州/Polluted Delta》
1 《霧深い雨林/Misty Rainforest》
1 《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire》
1 《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
3 《Volcanic Island》
2 《島/Island》
2 《山/Mountain》

Side
2 《紅蓮破/Pyroblast》
2 《狼狽の嵐/Flusterstorm》
2 《外科的摘出/Surgical Extraction》
2 《発展の代価/Price of Progress》
2 《紅蓮光電の柱/Pyrostatic Pillar》
2 《粉々/Smash to Smithereens》
1 《トーモッドの墓所/Tormod's Crypt》
1 《削剥/Abrade》
1 《猛火の斉射/Blazing Volley》


6th Place
Player Name:Nakano Shohei
Deck Name:丹田的青単
Deck Designer:丹田プロ


Main
4 《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets》
4 《ニヴメイガスの精霊/Nivmagus Elemental》
4 《真の名の宿敵/True-Name Nemesis》
4 《渦まく知識/Brainstorm》
4 《思案/Ponder》
4 《狼狽の嵐/Flusterstorm》
4 《はらわた撃ち/Gut Shot》
4 《目くらまし/Daze》
4 《Force of Will》
2 《もみ消し/Stifle》
2 《呪文貫き/Spell Pierce》
2 《呪文嵌め/Spell Snare》
1 《執着的探訪/Curious Obsession》
4 《不毛の大地/Wasteland》
2 《霧深い雨林/Misty Rainforest》
2 《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
2 《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
2 《汚染された三角州/Polluted Delta》
5 《島/Island》

Side
4 《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》
2 《四肢切断/Dismember》
2 《梅澤の十手/Umezawa's Jitte》
2 《墓掘りの檻/Grafdigger's Cage》
2 《魂の洞窟/Cavern of Souls》
1 《呪文嵌め/Spell Snare》
1 《真髄の針/Pithing Needle》
1 《ファイレクシア病の支配/Grip of Phyresis》


7th Place
Player Name:Okawa Hiroshi
Deck Name:ドレッドオブジャンド
Deck Designer:


Main
4 《悪意の大梟/Baleful Strix》
4 《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》
3 《真の名の宿敵/True-Name Nemesis》
1 《グルマグのアンコウ/Gurmag Angler》
4 《渦まく知識/Brainstorm》
4 《思案/Ponder》
4 《Force of Will》
3 《致命的な一押し/Fatal Push》
3 《Hymn to Tourach》
3 《コラガンの命令/Kolaghan's Command》
2 《思考囲い/Thoughtseize》
1 《コジレックの審問/Inquisition of Kozilek》
1 《呪文貫き/Spell Pierce》
1 《アングラスの暴力/Angrath's Rampage》
2 《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》
4 《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire》
4 《汚染された三角州/Polluted Delta》
3 《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
2 《Underground Sea》
1 《Volcanic Island》
1 《Badlands》
2 《島/Island》
2 《沼/Swamp》
1 《山/Mountain》

Side
3 《外科的摘出/Surgical Extraction》
2 《基本に帰れ/Back to Basics》
2 《湿地での被災/Marsh Casualties》
2 《罠の橋/Ensnaring Bridge》
2 《紅蓮破/Pyroblast》
1 《赤霊破/Red Elemental Blast》
1 《狼狽の嵐/Flusterstorm》
1 《夜の戦慄/Dread of Night》
1 《覆いを割く者、ナーセット/Narset, Parter of Veils》


8th Place
Player Name:Nakamura Ryosuke
Deck Name:エルポス
Deck Designer:先輩


Main
4 《難題の予見者/Thought-Knot Seer》
3 《現実を砕くもの/Reality Smasher》
2 《忘却蒔き/Oblivion Sower》
2 《破滅の伝導者/Conduit of Ruin》
2 《絶え間ない飢餓、ウラモグ/Ulamog, the Ceaseless Hunger》
1 《歩行バリスタ/Walking Ballista》
1 《終末を招くもの/Endbringer》
1 《大いなる歪み、コジレック/Kozilek, the Great Distortion》
4 《虚空の杯/Chalice of the Void》
3 《厳かなモノリス/Grim Monolith》
2 《スランの発電機/Thran Dynamo》
2 《魔術遠眼鏡/Sorcerous Spyglass》
2 《全ては塵/All Is Dust》
1 《蜃気楼の鏡/Mirage Mirror》
1 《面晶体の記録庫/Hedron Archive》
2 《人知を超えるもの、ウギン/Ugin, the Ineffable》
1 《精霊龍、ウギン/Ugin, the Spirit Dragon》
4 《雲上の座/Cloudpost》
4 《微光地/Glimmerpost》
4 《エルドラージの寺院/Eldrazi Temple》
4 《古えの墳墓/Ancient Tomb》
3 《ウギンの目/Eye of Ugin》
2 《ヨーグモスの墳墓、アーボーグ/Urborg, Tomb of Yawgmoth》
2 《ヴェズーヴァ/Vesuva》
1 《Karakas》
1 《裏切り者の都/City of Traitors》
1 《爆発域/Blast Zone》

Side
4 《虚空の力線/Leyline of the Void》
2 《漸増爆弾/Ratchet Bomb》
2 《歪める嘆き/Warping Wail》
2 《三なる宝球/Trinisphere》
2 《罠の橋/Ensnaring Bridge》
2 《Helm of Obedience》
1 《魔術遠眼鏡/Sorcerous Spyglass》
カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

109thKMC結果報告と次回告知!

いつもお世話になっております!

CARDBOX高槻店様にて109th KMCが行われました!フォーマットがチームレガシーでした。
今回はなんと、チームレガシー最多参加者37チーム(111名)にてスイス6回戦で行われました!
チーム戦は回戦数が少なくなりがちですが、こんなにも沢山の方々にご参加いただき6回戦も行えました!
ありがとうございます!

また、チームレガシーというお祭りイベントということで灯争対戦のカードも多くみられ、様々な種類のデッキも多く見られ、レガシーの視野が広まったイベントになったのではないでしょうか!
定期的にチームレガシーを開催していきますので、是非ご参加ください!

そんな第109回KMCのTOP3TeamDeckListをKMCサイトにアップしました!
是非ご覧ください!

今月はKMCが2度あります!
次回KMCは、5月25日(土)です!
楽しみにしていてください!

109th KMC Top3 Team DeckList
http://mtgkmc.blog.fc2.com/blog-entry-660.html


第110回KMC
日程:5月25日(Sat)
フォーマット:レガシー
参加費:1000円
受付:13:15
定員:100名

■会場

浪速区民センター

〒556-0023 大阪市浪速区稲荷2-4-3

■アクセス
地下鉄千日前線「桜川」徒歩10分

WPN主催店舗:BIGMAGICなんば店
最後になりましたが、KMCサイト(PCビュー)にて10月までのKMCの日程を告知しております!
全ての予定を空けておいてください!!
カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

109th KMC Top3 Team DeckList

109th KMC(Team Legacy)

2019.5.12
37 Team(111 Players)
6 Swiss Draw

109th KMC Top3 Team DeckList

1st Place
Team Name:NAZE-NANI-KOCHOMU

1
Player Name:Iwasaki Kouichi
Deck Name:MIKITO
Deck Designer:


Main
3 《歩行バリスタ/Walking Ballista》
4 《僧院の導師/Monastery Mentor》
4 《オーリオックの廃品回収者/Auriok Salvagers》
3 《衝動/Impulse》
4 《アンティキティー戦争/The Antiquities War》
4 《虚空の杯/Chalice of the Void》
4 《水蓮の花びら/Lotus Petal》
3 《ライオンの瞳のダイアモンド/Lion's Eye Diamond》
3 《Lodestone Bauble》
2 《ミシュラのガラクタ/Mishra's Bauble》
2 《発展のタリスマン/Talisman of Progress》
2 《オパールのモックス/Mox Opal》
2 《時を解す者、テフェリー/Teferi, Time Raveler》
4 《裏切り者の都/City of Traitors》
4 《古えの墳墓/Ancient Tomb》
3 《教議会の座席/Seat of the Synod》
3 《Tundra》
2 《魂の洞窟/Cavern of Souls》
1 《古えの居住地/Ancient Den》
1 《発明博覧会/Inventors' Fair》
1 《冠雪の平地/Snow-Covered Plains》
1 《冠雪の島/Snow-Covered Island》

Side
4 《フェアリーの忌み者/Faerie Macabre》
3 《難題の予見者/Thought-Knot Seer》
2 《解呪/Disenchant》
2 《罠の橋/Ensnaring Bridge》
1 《天界の粛清/Celestial Purge》
1 《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》
1 《魔術遠眼鏡/Sorcerous Spyglass》
1 《ウルザの後継、カーン/Karn, Scion of Urza》


2
Player Name:Kyogoku Kyosuke
Deck Name:#なぜなにこちょむのコーナーです
Deck Designer:シュウ(マッハ)


Main
4 《聖遺の騎士/Knight of the Reliquary》
3 《貴族の教主/Noble Hierarch》
3 《ルーンの母/Mother of Runes》
3 《スレイベンの守護者、サリア/Thalia, Guardian of Thraben》
2 《石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mystic》
1 《極楽鳥/Birds of Paradise》
1 《スクリブのレインジャー/Scryb Ranger》
1 《漁る軟泥/Scavenging Ooze》
1 《クァーサルの群れ魔道士/Qasali Pridemage》
1 《ガドック・ティーグ/Gaddock Teeg》
1 《ラムナプの採掘者/Ramunap Excavator》
1 《不屈の追跡者/Tireless Tracker》の
1 《秋の騎士/Knight of Autumn》
1 《改革派の結集者/Renegade Rallier》
4 《緑の太陽の頂点/Green Sun's Zenith》
4 《剣を鍬に/Swords to Plowshares》
1 《議会の採決/Council's Judgment》
1 《森の知恵/Sylvan Library》
1 《梅澤の十手/Umezawa's Jitte》
1 《火と氷の剣/Sword of Fire and Ice》
1 《霧覆いの平地/Mistveil Plains》
1 《ビビアンのアーク弓/Vivien's Arkbow》
4 《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
3 《不毛の大地/Wasteland》
2 《Savannah》
1 《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》
1 《乾燥台地/Arid Mesa》
1 《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》
1 《Karakas》
1 《ガイアの揺籃の地/Gaea's Cradle》
1 《Maze of Ith》
1 《ドライアドの東屋/Dryad Arbor》
1 《地平線の梢/Horizon Canopy》
1 《爆発域/Blast Zone》
2 《森/Forest》
2 《平地/Plains》

Side
2 《窒息/Choke》
2 《トーモッドの墓所/Tormod's Crypt》
1 《ロクソドンの強打者/Loxodon Smiter》
1 《法の定め/Rule of Law》
1 《ボジューカの沼/Bojuka Bog》
1 《エーテル宣誓会の法学者/Ethersworn Canonist》
1 《輪作/Crop Rotation》
1 《クァーサルの群れ魔道士/Qasali Pridemage》
1 《真髄の針/Pithing Needle》
1 《流刑への道/Path to Exile》
1 《聖域の僧院長/Sanctum Prelate》
1 《封じ込める僧侶/Containment Priest》
1 《ゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikar》


3
Player Name:Harada Danpei
Deck Name:UR果敢 ver.令和
Deck Designer:


Main
4 《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets》
4 《僧院の速槍/Monastery Swiftspear》
3 《戦慄衆の秘儀術師/Dreadhorde Arcanist》
2 《嵐追いの魔道士/Stormchaser Mage》
2 《損魂魔道士/Soul-Scar Mage》
4 《渦まく知識/Brainstorm》
4 《思案/Ponder》
4 《稲妻/Lightning Bolt》
4 《目くらまし/Daze》
4 《Force of Will》
3 《Chain Lightning》
1 《蒸気の絡みつき/Vapor Snag》
1 《二股の稲妻/Forked Bolt》
1 《約束の終焉/Finale of Promise》
1 《火炎破/Fireblast》
4 《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
2 《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire》
1 《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
1 《霧深い雨林/Misty Rainforest》
1 《汚染された三角州/Polluted Delta》
3 《Volcanic Island》
2 《島/Island》
2 《山/Mountain》

Side
3 《狼狽の嵐/Flusterstorm》
3 《外科的摘出/Surgical Extraction》
3 《粉々/Smash to Smithereens》
2 《蒸気の絡みつき/Vapor Snag》
2 《紅蓮光電の柱/Pyrostatic Pillar》
1 《発展の代価/Price of Progress》
1 《猛火の斉射/Blazing Volley》


2nd Place
Team Name:

1
Player Name:Uzuki Yushi
Deck Name:
Deck Designer:


Main
4 《グリセルブランド/Griselbrand》
4 《別館の大長/Chancellor of the Annex》
1 《潮吹きの暴君/Tidespout Tyrant》
1 《灰燼の乗り手/Ashen Rider》
4 《信仰無き物あさり/Faithless Looting》
4 《思考囲い/Thoughtseize》
4 《納墓/Entomb》
4 《再活性/Reanimate》
4 《暗黒の儀式/Dark Ritual》
4 《動く死体/Animate Dead》
4 《死体発掘/Exhume》
4 《暴露/Unmask》
4 《水蓮の花びら/Lotus Petal》
1 《金属モックス/Chrome Mox》
4 《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire》
3 《汚染された三角州/Polluted Delta》
3 《Badlands》
1 《Scrubland》
2 《沼/Swamp》

Side
4 《摩耗+損耗/Wear+Tear》
3 《要塞の計略/Stronghold Gambit》
2 《渋面の溶岩使い/Grim Lavamancer》
1 《最後の望み、リリアナ/Liliana, the Last Hope》
1 《コジレックの審問/Inquisition of Kozilek》
1 《山/Mountain》
1 《墓所のタイタン/Grave Titan》
1 《大修道士、エリシュ・ノーン/Elesh Norn, Grand Cenobite》
1 《墨溜まりのリバイアサン/Inkwell Leviathan》


2
Player Name:Murayama Yuya
Deck Name:
Deck Designer:


Main
4 《ゴブリンの先達/Goblin Guide》
4 《僧院の速槍/Monastery Swiftspear》
4 《大歓楽の幻霊/Eidolon of the Great Revel》
4 《稲妻/Lightning Bolt》
4 《Chain Lightning》
4 《溶岩の撃ち込み/Lava Spike》
4 《発展の代価/Price of Progress》
4 《批判家刺殺/Skewer the Critics》
4 《裂け目の稲妻/Rift Bolt》
4 《火炎破/Fireblast》
1 《極上の炎技/Exquisite Firecraft》
4 《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》
5 《冠雪の山/Snow-Covered Mountain》
10 《山/Mountain》

Side
4 《フェアリーの忌み者/Faerie Macabre》
4 《粉々/Smash to Smithereens》
3 《焼尽の猛火/Searing Blaze》
2 《硫黄の渦/Sulfuric Vortex》
1 《破壊放題/Shattering Spree》
1 《極上の炎技/Exquisite Firecraft》


3
Player Name:Takase Ryo
Deck Name:mw Delver
Deck Designer:@mw_94gA


Main
4 《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets》
4 《石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mystic》
4 《真の名の宿敵/True-Name Nemesis》
2 《ニヴメイガスの精霊/Nivmagus Elemental》
4 《剣を鍬に/Swords to Plowshares》
4 《渦まく知識/Brainstorm》
4 《思案/Ponder》
4 《狼狽の嵐/Flusterstorm》
4 《目くらまし/Daze》
4 《Force of Will》
1 《議会の採決/Council's Judgment》
1 《火と氷の剣/Sword of Fire and Ice》
1 《殴打頭蓋/Batterskull》
4 《不毛の大地/Wasteland》
4 《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
2 《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
1 《霧深い雨林/Misty Rainforest》
1 《乾燥台地/Arid Mesa》
3 《Tundra》
3 《冠雪の島/Snow-Covered Island》
1 《冠雪の平地/Snow-Covered Plains》

Side
2 《翻弄する魔道士/Meddling Mage》
2 《解呪/Disenchant》
2 《大変動/Cataclysm》
1 《Karakas》
1 《墓掘りの檻/Grafdigger's Cage》
1 《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》
1 《梅澤の十手/Umezawa's Jitte》
1 《真髄の針/Pithing Needle》
1 《流刑への道/Path to Exile》
1 《安らかなる眠り/Rest in Peace》
1 《外科的摘出/Surgical Extraction》
1 《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》


3rd Place
Team Name:

1
Player Name:Ogata Taro
Deck Name:法務官はレズ
Deck Designer:


Main
4 《アルゴスの女魔術師/Argothian Enchantress》
1 《開花の幻霊/Eidolon of Blossoms》
1 《破滅喚起の巨人/Doomwake Giant》
1 《囁く者、シェオルドレッド/Sheoldred, Whispering One》
1 《大修道士、エリシュ・ノーン/Elesh Norn, Grand Cenobite》
1 《引き裂かれし永劫、エムラクール/Emrakul, the Aeons Torn》
1 《緑の太陽の頂点/Green Sun's Zenith》
4 《女魔術師の存在/Enchantress's Presence》
4 《楽園の拡散/Utopia Sprawl》
4 《繁茂/Wild Growth》
3 《忘却の輪/Oblivion Ring》
2 《未達への旅/Journey to Nowhere》
2 《エレファント・グラス/Elephant Grass》
2 《安らかなる眠り/Rest in Peace》
2 《豊かな成長/Abundant Growth》
2 《独房監禁/Solitary Confinement》
1 《動く死体/Animate Dead》
1 《エネルギー・フィールド/Energy Field》
2 《金属モックス/Chrome Mox》
2 《Helm of Obedience》
3 《セラの聖域/Serra's Sanctum》
2 《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
1 《Savannah》
1 《Bayou》
1 《Tropical Island》
8 《森/Forest》
3 《平地/Plains》


Side
4 《神聖の力線/Leyline of Sanctity》
3 《虚空の力線/Leyline of the Void》
2 《抑制の場/Suppression Field》
1 《The Abyss》
1 《Moat》
1 《パララクスの波/Parallax Wave》
1 《テフェリーの防御/Teferi's Protection》
1 《霊体の正義/Karmic Justice》
1 《In the Eye of Chaos》


2
Player Name:Kanamoto Shojun
Deck Name:他力本願グリコン
Deck Designer:


Main
4 《悪意の大梟/Baleful Strix》
3 《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》
2 《グルマグのアンコウ/Gurmag Angler》
4 《渦まく知識/Brainstorm》
4 《思案/Ponder》
4 《Force of Will》
3 《Hymn to Tourach》
3 《コラガンの命令/Kolaghan's Command》
2 《稲妻/Lightning Bolt》
2 《二股の稲妻/Forked Bolt》
2 《思考囲い/Thoughtseize》
2 《致命的な一押し/Fatal Push》
1 《リリアナの勝利/Liliana's Triumph》
1 《アングラスの暴力/Angrath's Rampage》
2 《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》
1 《最後の望み、リリアナ/Liliana, the Last Hope》
1 《龍神、ニコル・ボーラス/Nicol Bolas, Dragon-God》
4 《汚染された三角州/Polluted Delta》
3 《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
3 《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire》
3 《Underground Sea》
3 《Volcanic Island》
2 《Badlands》
2 《島/Island》
2 《沼/Swamp》

Side
3 《外科的摘出/Surgical Extraction》
2 《狼狽の嵐/Flusterstorm》
2 《紅蓮破/Pyroblast》
2 《罠の橋/Ensnaring Bridge》
1 《赤霊破/Red Elemental Blast》
1 《青霊破/Blue Elemental Blast》
1 《真髄の針/Pithing Needle》
1 《湿地での被災/Marsh Casualties》
1 《毒の濁流/Toxic Deluge》
1 《戦慄衆の将軍、リリアナ/Liliana, Dreadhorde General》


3
Player Name:Yamaguchi Takuya
Deck Name:他力本願エルドラージ
Deck Designer:


Main
4 《エルドラージのミミック/Eldrazi Mimic》
4 《作り変えるもの/Matter Reshaper》
4 《難題の予見者/Thought-Knot Seer》
4 《現実を砕くもの/Reality Smasher》
3 《果てしなきもの/Endless One》
3 《忘却蒔き/Oblivion Sower》
1 《終末を招くもの/Endbringer》
1 《猿人の指導霊/Simian Spirit Guide》
1 《絶え間ない飢餓、ウラモグ/Ulamog, the Ceaseless Hunger》
4 《虚空の杯/Chalice of the Void》
1 《全ては塵/All Is Dust》
1 《梅澤の十手/Umezawa's Jitte》
1 《厳かなモノリス/Grim Monolith》
2 《人知を超えるもの、ウギン/Ugin, the Ineffable》
4 《古えの墳墓/Ancient Tomb》
4 《魂の洞窟/Cavern of Souls》
4 《エルドラージの寺院/Eldrazi Temple》
3 《裏切り者の都/City of Traitors》
3 《ウギンの目/Eye of Ugin》
3 《不毛の大地/Wasteland》
2 《爆発域/Blast Zone》
1 《ミシュラの工廠/Mishra's Factory》
1 《ヨーグモスの墳墓、アーボーグ/Urborg, Tomb of Yawgmoth》
1 《荒地/Wastes》

Side
4 《フェアリーの忌み者/Faerie Macabre》
3 《アメジストのとげ/Thorn of Amethyst》
3 《転倒の磁石/Tumble Magnet》
2 《漸増爆弾/Ratchet Bomb》
2 《魔術遠眼鏡/Sorcerous Spyglass》
1 《歪める嘆き/Warping Wail》
カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

【灯争大戦】レガシーで使えそうなカードを探してみた 【プレビュー】

【灯争大戦】レガシーで使えそうなカードを探してみた 【プレビュー】

 皆さんもうすぐ灯争大戦が発売されますね。今週の土曜日、日曜日にはプレリリースでさっそく触れる機会もあるかと思います。今回はプレインズウォーカーがフィーチャーされたセットだけあって、レガシーにも影響を与えそうなカードがいくつかあります。そこでKMC運営が「これは!」と思ったカードをプレビューしていきます。


3031098.jpg

《黒き剣のギデオン/Gideon Blackblade》
 高性能化が止まらないギデオン先輩。とうとう能力を起動しなくてもクリーチャー化するようになりました。3マナと軽く、使いやすいのが高評価です。また忠誠値をマイナスする能力しか持たないプレインズウォーカーが多い中、プラス能力を持っているのもいいですね。運用方法としては対コントロール用のアタッカーとして使うのが想定されます。《ゼンディカーの同盟者、ギデオン》はレガシー級でしたが、《黒き剣のギデオン》もレガシーで見かけるようになるかもしれません。

 これを除去する場合は《突然の衰微》を相手のターンに唱えないでください。破壊不能により死にません。



3031119.jpg

《高名な弁護士、トミク/Tomik, Distinguished Advokist》
 土地単を末代まで祟っている人。かどうかは分かりませんが、徹底的に土地単をメタったカードです。《壌土からの生命》はもちろん、《暗黒の深部》+《演劇の舞台】のコンボまで停止させます。《不毛の大地や《リシャーダの港》も例外ではありません。しかし、自分のコントロールする《不毛の大地》は使えます。…そんなのあり?

 さらについでのように《世界のるつぼ》まで止めます。しかもタフネスが3あるため《罰する火》1枚で除去されません。プロテクション(赤)を持っていないのが最後の良心でしょうか。今後はデスタクや石鍛冶のサイドボードに見かけるようになるかもしれません。





3031146.jpg

《覆いを割く者、ナーセット/Narset, Parter of Veils》
 《トレストの使者、レオヴォルド》と同じ常在型能力と《衝動》に似たドロー能力を持ったカードです。アドバンテージが取りながら相手を妨害できる便利なプレインズウォーカーです。ドロースペルを頻繁に使い、プレインズウォーカーを落とす手段が限られているコンボデッキや奇跡などに刺さるカードです。

 マイナス能力を機能させるためには土地でもクリーチャーでもないカードの含有量を増やさないといけないので、実は似た者同士を倒すためのカードです。常在型効果は自分には影響しないので、遠慮なく対戦相手を歪めましょう。アンコモンで値段もお手頃なので迷うならとりあえず買いでいいと思います。





3031164.jpg

《ボーラスの城塞/Bolas's Citadel》
 可能性の塊。6マナと重いですが新しいデッキタイプが作れそうな予感がします。効果は《むかつき》を彷彿させますがライフを支払う量が事前に分かること、唱える段階でマナ加速する必要がないこと、これ自体がフィニッシャーを兼ねていることなど、以外と差別化されています。問題はこれをどうやって場に出すかですが、アーティファクトであることを利用してリアニメイトするという手段が考えられます。《ゴブリンの溶接工》や《財宝発掘》で墓地から高速で出すことが出来ます。埋める手段も《信仰無き物あさり》という丁度いい相方がいるので赤黒ベースで組むといいかもしれません。

 しかし、ANT以上に墓地対策に弱くなるのでそこは注意が必要です。



3031183.jpg

《リリアナの勝利/Liliana's Triumph》
 灯争大戦のカードパワーの高さを物語る一枚です。《帰化》の上位互換が出たのも驚きましたが、これはそれ以上のアッパー調整です。

 まず目につくのは追加のハンデス効果。リリアナ・プレインズウォーカーをコントロールしているなら、各対戦相手は手札を1枚捨てます。レガシーでは《ヴェールのリリアナ》と《最後の望み、リリアナ》の2種類のプレイアブルなリリアナ・プレインズウォーカーがいるので条件達成はそれほど難しくありません。さらに《真の名の宿敵》やマリットレイジ・トークンなどがいるため生贄除去の需要もあります。そして何気に各対戦相手になっているので《神聖の力線》を突破できます。《悪魔の布告》が泣いている…。

 インスタント・タイミングのハンデスであることを利用して手札がない対戦相手のドローステップにプレイするのもいいでしょう。上手く嵌ればドローをロックできるかもしれません。場合によっては対戦相手がクリーチャーをコントロールしていなくても使えるプレイに幅のあるカードです。




3031212.jpg

《約束の終焉/Finale of Promise》
 墓地のインスタントとソーサリーを唱えることが出来る呪文。《雷電支配》と同じく《祖先の幻視》のようなマナコストがない呪文と相性がいいです。《雷電支配》と合わせて使って青赤コントロールを作ってみるのも面白いですね。





3031245.jpg

《破滅の終焉/Finale of Devastation》
 1マナ増えたことによって墓地からもクリーチャーを出せるようになった《緑の太陽の頂点》。レガシーで1マナの差はかなり大きいので一概に《緑の太陽の頂点》より強いとは言えません。ですが採用するか考慮に値するレベルの強さです。

 《破滅の終焉》の真価はX=10以上で唱えられるかどうかです。例えばエルフデッキなら《孔蹄のビヒモス》のスロットをこれに変更することで、よりデッキの安定性が増すかもしれません。しかし、12マナを出すのはエルフデッキと言えども簡単ではないので使われるかどうかは未知数です。



3031260.jpg

《自然への回帰/Return to Nature》
 まさかの《帰化》の上位互換。ラヴニカ次元全体の危機だから呪文が強くなるのも多少は仕方ない…のでしょうか?今回のセットはやたらと強く感じるのですがその原因の一つが上位互換が多いということです。(白くて便利になった《スマッシュ》とか)

 さて性能ですが、置物破壊+墓地対策ということで真っ先に思いつくのがサイドボードの節約です。置物破壊と墓地対策の枚数を両立させたいというデッキでは使われることでしょう。



多色
3031270.jpg

《アングラスの暴力/Angrath's Rampage》
 選べる欲張りセット第2弾。比較対象は《戦慄掘り》が適切でしょうか。クリーチャーを生け贄する効果は状況によって明暗が分かれますが、アーティファクトも触れるようになったのは純粋に《戦慄掘り》より優れている部分でしょう。プレインズウォーカーを生け贄する効果は2体並べられている状況はそもそもきついので1体倒せるだけ良しということにしておきます。



3031278.jpg

《ドビンの拒否権/Dovin's Veto》
 全世界の青白ユーザーが待ちに待ったアンチ赤ブラスト最終兵器。これで相手から仕掛けてきた打ち消し合戦が一瞬で終わります。もう赤ブラストに枕を濡らす日はお終いです。

 また《真の名の宿敵》を《終末》や《議会の採決》から確実に守れるのも強いです。ただし《至高の評決》の前には無力なのでその点には注意してください。対話を拒否することに定評のあるアゾリウス



3031292.jpg

《龍神、ニコル・ボーラス/Nicol Bolas, Dragon-God》
 圧倒的な強さとロマン。5マナと出せなくはないマナ域なので何とかして使いたいところです。能力的にコントロールデッキ向きなので使うならグリクシスコントロールなどでしょうか。しかしそれでも黒3つのマナ拘束が立ちはだかるので厳しそうです。…《ヨーグモスの墳墓、アーボーグ》でも入れますか。



3031306.jpg

《時を解す者、テフェリー/Teferi, Time Raveler》
 ドミナリアに引き続きやっぱり強いテフェリー。常在型能力とマイナス能力はどの相手にも効くのでプラス能力をどう活かすがポイントです。《思考囲い》などの手札破壊はいい相方です。

 エスパー石鍛冶なら対戦相手のターン中に《瞬唱の魔道士》から《思考囲い》フラッシュバックをできるのでかなり便利です。しかも相手はレスポンスで動けません。



3031313.jpg

《夢を引き裂く者、アショク/Ashiok, Dream Render》
 せれイチオシの一枚。直接勝つ能力はなくともサーチ禁止+墓地対策と広範囲に刺さる効果を持っています。しかも《暗黒の儀式》から1ターン目に出せます。フェッチランドを多用するレガシーではゲームエンド級の動きになることもあるでしょう。その反面あとから引くとイマイチ効果が薄いのと、効かないデッキもあるので使用には工夫が必要になります。




無色
3031086.jpg

《大いなる創造者、カーン/Karn, the Great Creator》
 相手だけ《無のロッド》効果つきのプレインズウォーカー。いくら抱き合わせとはいえ、実質2マナで能力2つ持っていると考えると恐ろしい性能です。

 常在型能力はANTやテゼレッターに刺さります。モックスを全力で使うヴィンテージでは先出し勝負になるのではないでしょうか?
 次にプラス能力ですが自分のアーティファクトをクリーチャー化して殴る他にも、対戦相手の《虚空の杯》を除去するという使い方もできます。常在型能力で止めているのであまり必要ないかもしれませんが、《モックス・ダイアモンド》やアーティファクトランドも墓地に置けます。
 最後にマイナス能力ですがサイドボードのアーティファクトを持ってこられることを利用してヘルム・ヴォイドコンボを仕込んでおくなどができます。もちろん、《真髄の針》や《漸増爆弾》を持ってくるのもいいでしょう。



土地
3031329.jpg

《爆発域/Blast Zone》
 せれイチオシ。土地でありながら4マナで1マナパーマネントを一掃できるのはかなりいい性能です。しかも土地なので《もみ消し》以外では打ち消されません。エルドラージや土地単などでは即戦力ではないでしょうか。マナが出てアンタップインするのも高評価。



3031333.jpg

《カーンの拠点/Karn's Bastion》
 スティール・ストンピィなどで能動的に使うほかに、相手の《虚空の杯》や《霊気の薬瓶》のカウンターを増やして妨害もできます。土地なのでスペルのスロットを圧迫しないのがいいですね。




おまけ
個人的に気になったカード
3031188.jpg

《叫ぶ落下兵/Shriekdiver》
 Woo Guy。ラヴニカに現れた寄鷹衆。Wooooooooooo!!




終わりに

 今回は「灯争大戦」未開封製品1,000円(税込)購入ごとに1ポイントがもらえるそうです。1ポイントで限定アートポスター、10ポイントで限定スリーブがもらえるとのこと。このキャンペーンは5月3日の発売以降、キャンペーン実施店舗で行われるそうです。詳しくは公式の記事を見てください。(リンク先は外部サイトです)

3038265.jpg3038256.jpg

 さらに日本語版ブースターパックからは1/2の確率で日本オリジナルアートプレインズウォーカーが出るそうです。こちらも気になる方は公式の記事をチェックしてください。

 いかがでしたか?今回はレガシーでも即戦力級のカードがたくさんありますので発売が楽しみですね。キャンペーンもやっていますので購入する際はそちらも活用するとさらにお得になります。

 それでは次の機会、5月11日のKMCで皆さんが新カードを使っているのを楽しみにしています。ではでは。

第109回KMC
日程:5月11日(Sat)
フォーマット:チームレガシー
参加費:3000円(1チーム)
受付:13:15
定員:定員32チーム(96名)

■会場
CARDBOX高槻店
大阪府高槻市北園町19-12切目 ビル 4F

■アクセス
阪急「高槻市駅」徒歩1分

WPN主催店舗:カードボックス高槻店

■予約について
「チーム名」「チーム全員のDCIと名前(ABCの席順を決め、上から順に)」をご記入いただいた上で、カードボックス高槻店様にて、電話、メール、店頭にてご予約いただけます。
電話:072-668-2244
メール:cardbox-takatuki@ekura.co.jp 

カテゴリ : KMC記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

Blog

KMCITポイントレース

○ ポイントレースについて

SEED Hori Masataka

15 Harada Danpei
14 Fukudome Yuu
13 Kyogoku Kyosuke
12 Kagotani Naota
11 Doi Satsuki
11 Hamada Tomoki
11 Hiroi Naoto
11 Iwasaki Kouichi
11 Sakamoto Taiga
10 Mizuguchi Kiyoshi
10 Nishikawa Tatsuya
10 Nunotani Akira
10 Sekimoto Tatsuo
10 Tanaka Mikito
10 Yamaguchi Takuya
10 Yamanaka Kousuke
10 Yamano Nobuteru
10 Yamada Mitsuhiro
【更に見る】

コミュニティ戦ランキング

36 人間失格
30 黄鶏屋Ama's
27 (地上波初)LA・LA・LA・LANDS
26 Dread of Knights
24 Striker Niwa
24 MIKITO
23 地獄の沙汰も俺ら次第
21 ガバニキの会
20 Team Cabagames
20 ワッショイ!ゴミクズ
19 ポアスル
14 Mana Capsule HTT
6 Mana Capsule Wii
5 Mana Capsule NGN

TOP8DeckList

MOVIE

コラム

○ Eternal Party2017 カバレージNew!
○ MMM Finals 2017参加レポートNew!
○ 関西のエターナル事情(レガシー&モダン)New!
○ EternalParty2017の事前予約迫る!!賞品も決定!!

【過去の記事を読む】

WPN主催店舗について

KMCが運営するイベントは、一部の例外を除き、BIGMAGICなんば店にて主催されております。

twitter

リンク

コラムニスト一覧
検索フォーム
最新コメント
カウンター
管理用

Appendix